2017年5月29日 (月)

スパルタン収穫

 
最近暑い日の連続でノ-ザンはどんどん熟れてきました。
 
ついにスパルタンも僅かに収穫。
まずはお顔見てくださいね。
 
Img_3568
Img_3569
 
 
この苗は小さめですが、この列にあと2本あってどれも同じような熟れ具合。
 
Img_3570
 
地植えして2年目まだまだ中苗程度だからわさわさは茂ってないです。
遠い農園の大苗スパ3本が熟れると大収穫になるのですが
まだ色づき果増えてる段階で収穫まで1、2週間かかりそうです。
 
 
 
 
他にもエチョ-タ  これ果実大きいですね~
 
Img_3561
Img_3562
 
 
 
これはハナンズチョイス
 
Img_3564
Img_3565
 
今年は収穫遅かったけれど、今はサザンはピ-ク過ぎてノ-ザンの早生種
収穫始まりました。
 
コリンズやプル、レビ-ル、デュ-ク、ヌイなど毎日熟れが出てきます。
さすがにダロウや品種Xなどはまだまだ先ですね。
全体に色づきは昨年より遅かったのですが、完熟までのスピ-ド速いですね。
 
 
 
 
話変わりますが昨日の作業の話聞いてくださいね。
 
遠い畑の小苗ハウスに寒冷紗をかけること、資材入れてるビニ-ルハウスの
半分をネットハウスにすることの2つです。
 
小苗の水きれは著しく散水タイマ-も毎日2回に設定しなおし。
散水装置は市販の安物スプリンクラ-です。
最近鉢が熱いからネットの天井の上に寒冷紗設置。
これで少しはましでしょうか。   
そして小苗を整理して ラビットを資材ハウスのネット部分に移動です。
 
資材ハウスは元々ビニ-ルハウスとしての購入品。
最初遠い畑を入手したとき自分たちで組み立てたセット商品約6坪。
その半分を防風ネット4ミリに張替。これはパッカ-で止めるだけだから
楽な仕事でした。
このハウスの奥に資材を片付けて、ネット張りの部分に小苗ハウスのラビット種
を移動、そして地植えネットハウスからも数鉢移動しました。
この移動組の水はネットを通しての雨水とキムチタンク(大型水入れ)を設置。
 
この遠い畑には汲み上げ井戸を掘ってあるのですが、水量が少なく分岐して
使える量がないから、苦労しています・・・
 
 
何とか小苗ハウスと地植えネットハウスを整理してスペ-スを空けた。
これで別に置いてる自前の接ぎ挿しなどの鉢も小苗ハウスで収納するつもり。
 
そして最後の仕事が遠い畑の地植えネットハウスのヌイの垂れ下がり枝直したり、
大きな枝を切り込んでジャングルの通路の確保、そして1時間かけての水やり。
水は普段は雨水だけですが、さすがに猛暑大苗にもストレスが出てきました。
ラビットの果実のシワシワや新梢の項垂れなどですね。
 
 
作業はこれで終わりではなく
その帰りに市民農園に 暑いから誰もいなーい
ここでも水きれ状態。
近くの水路からポンプでくみ上げ。何度もひも引っ張ってババってかかるタイプ。
工進4サイクルエンジンポンプとかいう名前だったかな。
ここでも約1時間。この水やりは夫がやってくれて私はひたすら草引き。
 
まあそんなこんなで、作業着着込んで張り切ってやったのですが、頭や体が熱く
くたびれもうけの日でした・・・
 
でも一応一区切り。達成感はあります!
後は残りの草引きとこれからの収穫が忙しくなりそうです。
 
 
これで日記は終わりですが、今朝、ネットの隅で熟れていました~
 
Img_3571
 
 
 
 
 
 

|

2017年5月26日 (金)

果実着けすぎ

 
今日は29度になるらしい・・・暑いね~
 
ス-ジ-は果実多すぎて中粒になってしまったよ。
これ上からの画像です。
 
Img_3528
 
 
もうほとんど熟れて こんなのばかり!
 
Img_3529  
 
幼果の段階で摘果すべきでしたね~ 反省です。
 
本来よりは小さくても味はいいですね~
 

|

2017年5月24日 (水)

うちの☆3本

 
昨日はあんなに暑かったのに、今日は午後から雨がほんの少し 
でも降雨量少なく雨不足の解消にはなりませんね。
当地ではもう10日も雨が降らなくて、市民農園はエンジンポンプの出番でした。
枝先萎れたり、ラビットなど幼果もシワシワでした・・・
 
画像は昨日の朝のものですが、今現在のお☆さま3本をご紹介しますね。
 
 
まずは何度も記事にしたユ-リカ。
地植えの小さめ果実1本分は食べてしまったから、地植えの大粒果実と鉢植えです。
この画像は鉢植えの方ですが、地植えもこれと同等の大粒になっています。
 
Img_3515
 
 
 
この果実は地植えの残り1本で、
地植え2本のうち1本は色づきも早く試食も早くもう終わりですが
残り1本はゆっくりながら果実見るたび大粒に変身で不思議に思います。
 
Img_3514
 
 
 
こちらの2枚は画像の鉢植えの分
 
Img_3516
Img_3517
 
5本購入で後2本は別場所ですが、
どれも樹は元気で緑の葉多く果実ならなくても来年の希望があるし
品種としては合格と思いました。
 
 
大きさはノギス手じかになかったから百円玉との比較です。
 
Img_3524
 
 
 
 
 
2本目の☆はレベル。
味が薄いと言われる方もいるけど、うちではオニ-ル似のサッパリ甘い果実。
樹はこんなに大きく開帳性ですが、果実の量は非常に多い。
当初の開拓団ではなく後入りですが、3年ほど前から大量に生るのです。
 
 
Img_3518
 
 
 
収量多くても果実が小粒にはならないし、採ると順に次のが急に太る
嬉しい品種です。
何といっても毎年安定して収量多い品種はサザンでは少ないです。
 
Img_3519
Img_3520
 
 
 
 
 
さて3番目☆はノーザンヌイ  下画像見たら変でしょ。
昨年半分以上の枝を根元から剪定したのです。
もう枯れてもいいとの思いだったのですが 残り枝のこの復活力。
切り口アップしなかったけど新芽の発生前のポチがあちこち着いています。
余りにも場所を取りすぎだし、果実はチャンドラ-並みの大粒だけど
酸味が強いからジャム用にしかならないのが剪定の理由。
 
でもこの回復力、強健さ脱帽。  それで☆です~負けました。
 
Img_3521
 
 
 
クラスタ-も大きく まだ幼果だけどそれはそれはでっかい果実になります。
 
Img_3522
Img_3523
 
収穫期は梅雨の最中にかかるのですが 収穫はスパルタンと同期か
少し遅いくらいでしょうか。
収量も多いのですが、完熟時期が難しくて・・・それが極められないです。
 

|

2017年5月22日 (月)

寿命ってありますか?

 
暑い毎日続いていますね~
東京や北海道、群馬まで当地より温度高いようだから
ブル-ベリ-はいかがでしょうか? もう収穫始まっていたりして・・・
いまや暖地ではなくなった土佐のブル-ベリ-
あとでちょっとアップしますね。
 
 
 
その前にタイトルの件 
画像はサミット これは遠い畑の大樹の方ですよ。
全体こんな感じですが、今年は果実の大きさにむらが有って
去年より玉太りが悪いようです。
 
これは大粒のよい果実ですが
 
Img_3487
 
 
まだこんな小さなものもありますよ。
 
Img_3490
Img_3485
 
 
遅れ花も咲いていて、GWには天井閉じてるから取り残されたようです。
 
Img_3486
 
 
若い新梢にはカミキリムシ幼虫が入ったようで、2枝被害に。
もちろん痕跡のないところまで切除しました。
この新梢には果実はないから、これのせいではないと思うのですが。
弱った樹に虫は侵入してきますよね。
 
Img_3482
 
毎日見回りしているのに見残しもあったようです。
 
大樹の回復力を信じたいですが 今年は果実の肥大が望めないようです。
他にスパルタンやデュ-クなどの大樹が例年より果実小さい気がします。
 
もうそろそろ寿命か?接ぎ木の更新時期なのか?
なり始めから約7年位です。樹は10年生くらいになりますね。
知り合いのプロの方から生りだして5年間多肥でめいっぱいならして廃棄する。
そんな話も聞いたことあります。
うちは施肥も少なく、ぼつぼつの生らせ方だけど、やっぱり力落ちるのでしょうか?
 
 
 
こちらは同じサミットですが、樹は若く5年生くらいでしょうか。
全体像これです。
去年もこれくらいは生りましたが、全然堪えてはいません。
葉が少ない気もしますが、雨季にはいっぱいになるでしょう。
 
Img_3415
 
 
こちらは大きな果実着いて無駄果が少ないです。
 
Img_3414
Img_3464
 
もう間もなく色づいてきそうな気配もしています。
 
 
 
 
タイトルと外れますが
ノ-ザンも色づきが増えて 最近はスパルタン
 
Img_3503
 
他にレガシ-、エチョ-タ、コリンズが色づいてきました。
 
 
この時期の一番はスタ-で 80%色づきです。
裂果線入っているのを少し食べてみましたが十分甘いですね。
色づいたら3日ほどで味が乗るタイプのようです。
 
Img_3498
 
 
これも80%色づきのファ-シング
ちょっと遊んでみましたが 味が乗るまでまだ数日かかりそうです。
 
Img_3509
 
 
いよいよスパさまが色づいたし、大樹のオニ-ルやレベルがブル-果
増えてきたから、毎朝畑を見回るのが楽しみになりました。
朝は5時起きですよ~
ユ-リカもほとんど90%になりました。
 
 
少しばかり朝の採れたてを毎日食べています。
 
Img_3494

| | コメント (8)

«不調樹達