2016年11月11日 (金)

最後の花

いよいよ秋も深まって 昨日は高知市でも朝は7度日中16度の寒い一日でした。
ところが今日は最低12度最高は22度の暖かさ 小春日和です。
 
暖かさに浮かれて畑に行くと今年最後の可愛い花オニ-ルが咲いていました。
咲き残りのようでもないから、来期の花の狂い咲きなのでしょうね。
 
休眠時間の少ない種類は近年入手の新品種にも多いのですが
そちらの地植えはまだ咲いていません。
このオニ-ルはやっぱり早くて美しい花です。樹が大きくて10年位は経ってるから
大樹の貫禄いえ生命力でしょうか。
 
鉢植えにはサザンなど咲いてる品種も多いのですが、やっぱり大きな緑樹の中で
オニ-ルの花は一番印象的です。
 
Img_2600
 
 
蕾も大きく逞しくて真紅になっているのが多く、来年への期待というか喜びが
湧き上がってきます~
 
Img_2602
Img_2603
 
 
 
これはラビットタカヘの残り果ですが、可愛いくてやっぱり嬉しいです。
 
Img_2604
 
 
 
思えばこのブログ2008年8月18日が最初、随分長く勝手な事書き続けて
きました。
今日は古い記事を少しだけ読み返してみました。
稚拙な記事ばかり書いて・・・ブログ8年経過です。
栽培はもっと前だから、ほとんどの害虫や病気は経験済みになりました。
ブログの記事数は1432件だからとても全部は見られないのですが、改めて
一部を読むと毎年同じような内容の繰り返しで、恥ずかしく消え入るような思いです。
 
懐かしいあの頃のお友達も今は長期のお休みに入ってる方が多くて
とてもとても残念に思います。
かいづさん、NHさん、moritaさん、クロボンさん、Sappiさん、samudayさん、
ぴんさんそしてveryblueさん仲良くしていただいた皆様お元気でしょうか。
 
 
今日は何を言いたいのかというと、私もしばらく短期のお休みをしますね。
また春になれば新品種の事など書きたくなってしまうからまあ冬休みってところです。
勝手ですがよろしくお願いいたします。
 
 
 

|

2016年11月 2日 (水)

少しの紅葉と変葉

 
朝夕15度以下の日も多くなって もう紅葉の季節なのに
今年は猛暑が長く続いたせいかちっとも紅葉しません。
 
この畑で一番の紅葉はサザンのブラッデン赤花の品種です。
これは植替えをしたことが影響しているかもしれませんが
他の植替え品種と違って一番に美しい色になりました。
 
Img_2587
 
 
こちらは僅かな紅葉 レビ-ル白花ですが葉の表面恥じらいがちの
頬を染めたような色です。
 
Img_2589
 
 
 
以下は全部スパルタンですが
まだ緑が多くほんのわずかな色づきです。
ただし下画像は一番色づいてる枝です。
 
Img_2591
 
Img_2592
 
Img_2594
 
全体の紅葉は以下の画像程度です。
 
Img_2595
 
この画像見てお気づきでしょうが、今年は少し変なのです。
ほとんどの葉が外側に撓んで 葉脈の中心線が赤いのもあります。
ここには3本の大樹があるのですが、全部こんな様子です。
少々の葉なら気にしませんが、今年は全葉なのですよ!
多分何らかの根の異常かもしれませんね。
 
地植えだから少々のコガネ幼虫は平気なのですが
多分加湿か9月の日照不足の影響かと・・・
まああんまり根をいじるのもと思い、葉は冬には大部分落葉するから
春の芽生えの様子を見てからのことと思っています。
 
他のノ-ザンやサザンもちろんラビットなんてまだ緑一色
今年の異常気象の影響なのでしょうか。
 
 
そういえば今年は原木シイタケがちっとも生えてこないと思っていたら
近所の方たちからも知り合い皆がそう言ってるとか。
名産の新高梨も高温障害で中身がぐちゃぐちゃのが多くて今年は不作と
聞きました。
当地では色んな作物に影響出ているようです。
 
ただブル-ベリ-には大きな影響が出ない事を願うのみですね~

| | コメント (5)

2016年10月31日 (月)

新品種到着

 
あの忙しかった時期が終わり、腑抜けになっているような毎日。
毎年そうなのですが、土日の畑作業も一段落で、後は定期的な草ぬきが
残るばかりです。 
 
昨日曜日も好天に恵まれ、日焼けするから畑仕事はまたの日にと
高知市の西南足摺岬方面に遊びに行っていました。
 
暑くもなく寒くもなくて自宅から3時間の幡多路のドライブは気分最高。
カツオの町土佐佐賀や大方町を通ってお公家さんの開いた雅な街四万十市
などを通過して目的地大月町道の駅まで。
海沿いの道が多いからゆったりした気持ちになって、生きてて良かったと思う。
 
70代になってから、明日の命の保証はないから、毎日を気持ちよく過ごしたい。
新聞の死亡広告などみたら、やっぱり暗くなりますね。
 
まだ高齢者の開き直りの覚悟も出来てなくて、中途半端な自分が情けない。
気持ちは若いのですが、今年は夏のブル-ベリ-収穫で顔にシミが出来て
皮膚科にも今度の受診日で4ヵ月通ったことになる。
今まではそんなことはなかったのにと思うと悲しいです。
でも来年もやっぱりブル-ベリ-は栽培するだろうな・・・
 
 
 
話が脱線したけど夕方その大月町道の駅から魚を沢山買って帰宅したら
ブル-ベリ-の新品種が来ていた。
今年の新品種はサザンが多く、どれも似たようなもので迷ったけれど
購入の2本。
 
新しい仲間をご紹介しますね。
 
これはケストラル
 
Img_2597
 
 
そしてプリマドンナ
 
Img_2596
 
それぞれの特徴は大関ナ-セリ-のホ-ムペ-ジに詳しく出ているから
省略ですが これは3年生。
 
次の日曜に10号に植え付け予定。
去年購入の3年生は鉢と地植えの両方に植えたのですが、1年での成長は
鉢植えが大きくなりますね。
これはいつも書いてることですが
地植えはゆっくり大きくなるから、鉢でしっかり根を張らせてから地植えしようと
思います。
今はいっぱいの畑ですが、そのうち脱落ブル-ベリ-が出てくるでしょうから
その時植替えですね。
 
最近更新が遅くなっていますが、そんなこんなでちょっとサボってる状態です。
まあもう少し寒くなるとマシンオイルの散布とか、大物ブル-ベリ-の植替えとか
することは出てくるのですが・・・
今は忙中閑ありってところです~
 

| | コメント (4)

2016年10月20日 (木)

遠い畑のその他の植物たち

 
撮影日時は昨日の記事と同じですが
遠い畑には他にも色々植えてあって、またそれがどうしょうもないほど
大きく成長で ちょっと困っています。
この畑を入手したとき、嬉しくて苗木を買いあさったのです。
もちろんブル-ベリ-とはまったく別の場所で、ブル-ベリ-畑には影響は
ないのですが、鉢物などもう置き場がないのが現状です。
 
 
少しご紹介すると 
ビニ-ルハウスの中の無花果の地植え この果は品種はダルマティ 
もう1カ月くらいなり続けてます。
甘くて超美味です。
ハウス外のビオレソリエスはもうとうに終わりましたが、これは時期が長い
夏果と秋果が連続でなったのでしょうか。
地植えだから樹はハウスいっぱいに広がって・・・収穫終わったら大幅剪定予定。   
 
Img_2565
 
 
こちらはミニいちじく 3本あります。 全部鉢35L植えで果実もやっぱりミニ。
これも今年は異様に沢山なっているのですよ。
枝が4本くらい出ていてそれ全部に下のような果実が・・・
でもミニって味はどうなんでしょうね~
 
Img_2570
 
Img_2572
 
 
そしてオリ-ブ この畑の通路に植えた分
今では見上げるくらいの高さになって 果実はちょこちょこ少ないですが
樹は4本、だいぶん熟れてきました。
 
Img_2566
Img_2567
 
 
そしてレモン鉢植え  今年は8個くらいで貴重なジャム用です。
 
Img_2575
 
 
そしてこの畑の花壇には大きなポポ-樹の下にはクリスマスロ-ズ、
ハ-ブ類が雑多に広がっています。
まだお花の咲いてるロ-ズマリ-の柔らかい花色が気持ちを癒してくれます。
 
Img_2573
 
 
今日はこのロ-ズマリ-、イタリアンパセリ、バジルをお持ち帰り!
 
Img_2579
 
このミックスで もの凄い強い香り、バジルが一番強いかな~
野生種のように育てているから 午後の目覚ましになります。
 
ブル-ベリ-は終わったけど、これらの植物がまだ食卓を賑わせてくれますね。
 
冬になると文旦、小夏、はるかなど柑橘系が熟してくるし 寒椿の花が咲く
やっぱり畑は楽しいで~す(◎´∀`)ノ
 
 

| | コメント (8)

«遠い畑の今日