2017年6月25日 (日)

困ったちゃんどうなるか

 
今年は果実が全部味が最高、先日までは雨も少なく 温暖で推移してきた。
文句なしのブル-ベリ-日和だったのですが、
それでも問題は発生する。
 
 
これはスパルタン接ぎ木 見てみてこの小果!
 
Img_3755
 
樹の姿はこれ  情けないですね~
手前の葉はやや大きいのですが、これは別の品種の枝の分で
この樹は枝先に小果着けてるメイン三枝です。
 
去年もこんなだったし、梅雨にあっても変わりなければ、抜くしかないですね。
 
Img_3756
 
 
 
 
 
これはエメラルド自根  果実は豊産だけど小粒が多いから
画像は小粒を採り、中粒大粒残したものです。
 
Img_3753
Img_3752
 
食べてみると確かに甘いが、皮が硬いし、口に残る。
これもどうしたものかと迷っている。
果実の大きさの問題は摘花・摘果で大粒になるだろうけど、私は皮の厚いの嫌い。
改善の余地があるんだろうか。
果実少ないミレニアの方がまだましな気もするが、収量の問題がある。
 
 
 
 
 
これは元高接ぎのジュエル、毎年小粒がなるし、味もいまいちで収穫もめんどい
根元で伐って鉢巻巻いちゃった。
 
今の時期の接ぎ木はむりがあるはずだから
台のベルが出て来たらそちらにも接ぐつもり・・・立ち枯れも覚悟です。
まあ冬にやるべきだけど、そのころには花芽ついて決心にぶるから。
 
Img_3750
 
 
 
 
 
最後はサファイア自根、これも豊作だが年々果実小さくなりすぎ
ここらで立て直しに挑戦で主幹を切除。
小さな一枝だけ残したのよね。
 
Img_3762
 
 
これらの切除や接ぎ木は本来冬の作業。
特に夏の主幹の切除は枯れこみの恐れ大、くれぐれもご注意くださいね。
枯れても良いとの覚悟無ければ 絶対にやったらいけませんよ。

|

2017年6月22日 (木)

ブル-クロップとプル

 
先ほどの品種Xの偽物はブル-クロップの場合が多いとかで
うちのブル-クロップ見てみました。
 
果実は中粒ですがめちゃくちゃ密に着いています。
品種Xの画像と比べると果柄の長さも全然違うでしょう。
 
Img_3741
 
 
今年はこんな風に葉が少なめだけど 少し不調気味でしょうかね~
その割には果実着きすぎ 元気な不調樹は子孫繁栄のため実が多くなるとか・・ 
 
Img_3742
 
 
 
 
 
こちらは毎年豊作手間いらずのプル
 
去年も酸味強かったから、今年もジャムかと思っていたら
まあビックリするほど美味しいのです。
これが本来のプルの味でしょうね。
 
完熟果は甘く酸味もあって、パリッとした食感もある。
それに何といっても大豊作 実は中粒より大粒に近いのです。 
 
Img_3738
Img_3737
Img_3735
 
ほらね  こんなに沢山生るんです。
なんか嬉しくて3枚もアップしちゃったよ~

|

マニアックな品種はいかが

 
何度か記事にもしたけどこれは品種X 
有名なブル-ベリ-大図鑑巻末にある
古い産地にはかならず存在する強健な品種とか。
 
サイズは中粒とあるが、本の説明にある通り甘酸調和した美味しい品種。
密につかない粒揃いも完熟度が分かりやすい。  
 
Img_3748
Img_3749
 
今年はまあまあ着果したほうでしょうかね~
味は甘くて食べやすい。  
どこにでもありそう でも当地は暖地 接ぎ木にしました。
東北の友人からの頂き物だけど、本物かどうかは確認できないと
ご本人も言ってらした。
でも美味しくて大満足ですよ~
 
 
 
 
 
こちらも購入した小町園の証明書つきの頂き物 大粒品種じんば青。
スパルタンの交配からできた品種のようでさすがにでっかいです。
 
画像よりもっと大粒あったけど、先に食べてしまった。
味は濃厚でヌイとスパルタン足して半分にしたような味、皮や種も気になりません。
同じシリ-ズで青い流星って品種もあるのですが、じんば青の味が私は好きです。
 
Img_3745
Img_3746
 
完熟するまでは酸味の強いノ-ザンらしい品種ですが
美味しくなるまで気長に待つことですね。
 
 
両品種とも完熟で今が採り時です。
この時期は毎日違う品種の味見して、舌が真っ青です。

|

2017年6月21日 (水)

雨後の畑は悲しい~

 
昨夜の雨は酷かったですね~
雨だけならまだしも大風が吹き荒れた模様で、その風音に夜中の2時に
目覚めました。
 
いつもの5時起きで最初の仕事は畑のみまわりです。
 
 
 
まずは遠い畑 デニスブル-ですがしなりはますますひどくて
下枝は完全に地に着いています。
 
Img_3726
 
 
 
そしてブル-ベリ-畑の鉢が倒れ、果実は廃り、マルチは飛散
この鉢はレノアですが、ベッキ-ブル-とフクベリ-も転がっていました。
 
Img_3727
 
 
 
そして小苗ハウスの中もだだっと5鉢でしたね。
 
Img_3730
 
 
 
何より辛いのは大きなスパルタンの下 いっぱいの落果です。
これはマルチの上の一部ですが
 
Img_3729
 
 
 
通路だけでこの落果!
ともかくマルチの上を拾うにしても通路を確保しないと
果実潰して靴底が汚れるから一番に掃き集めたものです。
 
Img_3734
 
それから元の画像のすべての樹の下、一個一個ひろいましたよ。
今度の風は凄かったようでまるで台風なみ。
ラビットまでが熟れてない多数の幼果落ちていました。
まあラビットは摘果と諦めるのですが、スパルタンの完熟果はさすがに
落ち込みますね。
 
実質的な梅雨のスタ-トがこれですから、この先が恐怖です。
 
結局今朝の落果は約6キロくらいでポリ破れるから小分けして持ち帰りました。
市のゴミ収集は金曜日、それまで保管です~
 
 
 
 
ちょっと良かったことは先日仕掛けたトラップニュ-ウィンズパックですが、
一度空にしていたのに またまた沢山捕獲できました。
撮影しようと蓋を開けたら元気なコガネ1匹に逃げられました。
 
Img_3733
 
 
大樹の歪んだものもあり その樹の立て直しなどで 時間がかかり
市民農園はまだ様子見していません。
どうなっているかとても心配ですが明日まで仕方がないです。
 
皆様にも被害のない事を祈っています。
 
 

|

«大実の品種