2017年2月18日 (土)

ア-アの接ぎ木たち

我が家の接ぎ木お見せするにはあまりにも恥ずかしいですが
手入れが行き届かず変な樹形です 。
 
これは2年経過のスパルタン
 
Img_2720  
 
 
こちらはデニスブル-
 
Img_2723
 
 
オニ-ル 
さすがに早生種 主幹らしき枝の立ち上がりが多いです。
下画像はトップのオニ-ル花芽のアップ
 
Img_2725
Img_2728
 
 
デュ-クは伸びてはいるのですが、樹形が悲しい・・・
 
Img_2729
 
 
チャンドラ-に至っては哀れの一言 台とつながっているの?
 
Img_2733
 
でもチャンドラ-は成長差があるようで、同じ時期の接ぎ挿しでも
遠い畑に行ってるのは凄く立派なガッチリした中苗になっています。
次回にお見せしますね。
 
これらは全部一昨年の2月ごろ、ホームベルの小さな枝に接いだ接ぎ挿し。
自分でナイフでやったのもあれば実験的に接ぎ木ハサミでカットしたのも。
2年経過でこれだから 小さな苗にため息が出ますね~
今年はもっと成長してくれるといいのですが・・・?
 
 
 
先日色づきの気配として記事にしたナイトジェムのその後です。
枝先トップの1クラスタ-ミスで落果してしまい一番果は断念ながら廃棄、
でもその他の果実もブル-になってきました。
今この枝で5個のブル-果
 
Img_2743
 
 
2番目の枝でも1個だけ薄めのブル-果
 
Img_2738
 
せめて10個ブル-になったら試食してみようと思います。
 
 
今日は風が少ないから遠い畑に行ってみたいと思っています。
あちらがどうなっているか、オニ-ルや新品種たちの様子も気がかりです。

| | コメント (9)

2017年2月16日 (木)

今年のサザンと蜂(市民農園)

 
今日は昨日とは大違いの暖かい春日和ですね。
高知市も最高で15度ありました。
 
市民農園のサザンがどうなっているかちょっと様子見に。
 
最初の2枚はエメラルド自根 もう咲いてるのもあります。
酸味系ですが美味しい品種で年を経るごとに美味しくなる気がします。
大粒ですが、初めは少し味がっかり品種だったのですよ。
 
Img_2694
Img_2696
 
 
次はジュエル接ぎ木  これも早い中粒、毎年少し酸味系の美味しい果実で
強健豊産品種です。
親木は枯れましたが、接ぎ木は粒が大きめになります。
硫黄合剤散布の葉が生々しいですね。
 
Img_2689
Img_2692
 
 
以下はスタ-自根 味は最高サザン早生種では一番でしょうね。
これも数日暖かい日が続けば咲いてきそうです。
 
Img_2700
Img_2714
 
 
最後は新品種のホープ ス-ジ-ブル-自根です。
去年もならせたけど これも強健豊産で大粒しかも味が良い。
購入したその年からもう大のお気に入りです~
 
開花まではまだ時間かかりそうですね。
 
Img_2711
Img_2713
 
他にも数種類花が咲きつつですが それはまたこの次の機会に。
 
 
 
この花たちのために待機してくれてる西洋ミツバチ
一群め
 
Img_2717
 
これは2群め
 
Img_2719
 
どちらも今すごい勢いで出入りの蜂は数知れず
でも私怖くて 横の方からカメラ伸ばしてめちゃくちゃ撮影しました。
 
日本ミツバチと違って西洋はしつこいのがいて追っかけて来るのです。
蜂の数あまり写ってないですが、宙を舞う蜂が多くてデジカメでは写らない。
出入りの蜂は恐ろしいほどいるのですよ。
 
この蜂たちは農園の中にもう入ってきて、受粉を始めています。
でも本格的には3月になってもっと多くの品種が咲きそろったら
大活躍してくれるのですが・・・

| | コメント (4)

2017年2月 9日 (木)

色づきの気配?

またまたお久しぶりの記事になってしまいましたが
去年の12月24日室内に取り込んだナイトジェムのその後です。
 
 
鉢植えは8号で撮影のため屋外に出したのですが
今日の全体像  上のほうが写ってない変な写真ですけどごめんなさい。
 
Img_2683
 
 
12月24日撮影のトップの枝はこれです。
 
Img_2609
 
この同じ枝の今日は
 
Img_2678  
 
撮影角度変えると これ
 
Img_2684
 
少しピンク感じませんか?
 
 
これはすぐ下の別枝
 
Img_2682
 
さらに下枝3画像
画像は全部別の枝です。
 
Img_2679
Img_2680
Img_2681_2
 
実が可愛くてかわいくて しかたがない!
 
 
この子を見たら今日一日幸せ! やっぱりブル-ベリ-ばかですね~
 
1本の苗に本当はこんなに生らせてはいけませんよ  念のため・・・
 
 
 
後からの補足ですがこのナイトジェムは1本だけ室内に取り込みで
周りにはブル-ベリ-仲間はいません。
 
自家受粉による果実のようです。
小さなお花に鼻を近づけると甘い香り 僅かですが確かに匂っているのです。
 
1月ごろテントウムシを見かけた事があるから受粉に一役かってくれたのかも。
探したけど今は何処にもムシはいません。
 
でも露地の分もサザンは3月8日にはジュエルやスタ-、エメなどが満開になり
4月5日頃にはスパやア-リ-などの早生ノ-ザンが満開になります。
春はもうすぐです!
 
今日は思い切り寒く最高も8度ですが、気持ちが高揚してきました。
明日、明後日は畑作業頑張ってみますね~
 
 
 

| | コメント (12)

2017年1月30日 (月)

市民農園の花芽

エメラルドは 先の記事のブル-リッジの横に並んでいます。
この品種はほとんどすべての枝に花芽が着いている。
 
画像では わかりにくいのですが丈は短く横に開帳しています。
 
Img_2670
 
花芽はしっかりと大きく 中身はガッチリしている様子で
 
Img_2671
 
もう開花している蕾もある~
 
Img_2672
 
Img_2673
 
これも短果枝が多いのはブル-リッジと同じですが
こちらはもっと希望が見えます。
ブル-リッジとは隣同士なのに花芽が大丈夫なのはなぜでしょうか。
鳥による被害と推察すれば 単なる樹高の違いでしょうか。
この畑では好調、不調が極端でいまだに決定的な理由がわかりません。
 
 
全般に不調木が多いのですが、今年はスタ-や去年に続いてのトロ、
ジュエル、プル、そしてブル-クロップなどは調子が良いようです。
ア-リ-ブル-も花芽はまずまずですが、
ア-リ-は本番に弱い つまり花の割に実着きが少ないです。
スパルタンは花芽も少なめですが しっかり収穫出来たりするから、
未知数ですね。
それとス-ジ-ブル-果実品質も良いし、強健で小苗ながら奮闘中
良い花芽着けていますよ。
新品種のユ-リカ、トワイライトはここでは今年は細枝ばかり・・・
枝先に気の毒なような花芽が少しで、すべて剪定しました。
これも僅かとはいえ去年生らせたからかもしれません。
 
同じ条件ですが購入後すぐ鉢植えにした分の2品種は今年は花芽も多いです。
鉢植えは遠い畑のほうに置いています。
 
西洋蜂が2群いて、受粉の心配のない市民農園は花芽少なく、
日本ミツバチに逃げられて今は蜂いないで害虫ばかりの遠い畑には
もっと花芽が多いなんて皮肉なものです~
 
結論 今年の収穫は高望みはしない事ですね・・・

| | コメント (8)

«ブル-リッジは悲しい