トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月29日 (金)

ネルソンのその後

畑の枯れ枝のネルソンのその後です。枯れ込みが別の枝にも広がってきて、もうほとんど駄目な感じになりました。1本1本手を切って気の毒な事になりました。もう助ける事は出来そうもありません。まったく急な枯れ込みで、私の栽培技術ではとても、とても。

3枚の画像は全部そのネルソンです。左の手前は紅葉したエリザベス。これも大丈夫でしょうか。早く紅葉が来てしまいました。

ネルソンは抜いて根を見てみるつもりですが、おそらくコガネなどではなく、暑さ負けのような気がします。肥料は過多と言うほどやってません。これもバルコニ-で数年養成した苗でした。日当たりの強いところでは、合わないのでしょうか。畑での地植えのNHは本当に難しい。当地でもプロの方はスパ-タンを何年も育てて毎年収穫もされているのに。やっぱりおばかの自分では・・・・落ち込んでしまいますheart03

Pict006_2                    Pict008                       Pict009  栽培技術については、本やネットを見てもやはり身につかないことが多々あります。難しいことはまったく理解できません。 まあクヨクヨしないで栽培しやすく美味しい実が沢山収穫出来る品種を求めて また秋の買い物ですね~。

あくまでもベリ-を楽しむ趣味栽培ですからね~。Pict001 Pict002 Pict003

でもやっぱりネルソン植え替えました。上の左、右は不調のリベイル、両方根洗して植えましたが、可能性はうすいです。リベイルなど根ありませんよ。どちらもあやしいものは居ませんでした。

| | トラックバック (0)

2008年8月28日 (木)

ブル-ベリ-酢

Pict002_2 バルドウィンとディライトの残りの小さな実でビネガ-風を作ってみた。

レシピは酢500CCに果実500グラム氷砂糖300グラム蜂蜜少々。砂糖はあんまり甘くない方が良いと思い少なめ。隣には市販のもの。

10日くらいで氷砂糖が溶けたらOK との事ですが、さてお味のほどは?

小さな畑のREも残り少なくなって、マルとウィトウが少し。

盛りを過ぎたらもうあんまり果実肥大にはならないみたい。

来年こそ、も少し上手に育てたい~。

| | トラックバック (0)

2008年8月27日 (水)

スパルタンの植え替え

Pict019 2カ所だけ高接ぎをしたスパルタン。

畑に行くようにコンテナに植え替えしました。台木はパウダ-ブル- 来年の実生りを期待して・・・・

コンテナって結構用土入りますよね~。北欧産ピ-ト足りるかな。

左は植え替えたもの。右はコンテナ、沢山買ってしまいました。色々ホ-ムセンタ-まわって 一番安いのアンパンマンの近くの店で買いました。これからぼつぼつと畑のラビットなど植え替えます。コンテナ画像の1個には3個入っています。

Pict001_2 Pict004 高接ぎスパルタンの説明をちょっと。

5年生位の台木に6年生位の差し穂 この差し穂は多分枯れると思うよとプロの方から鉢代だけで譲って貰った大苗から採ったもの、大苗は予告通り昨年9月頃駄目になりました。駄目になるまえ急遽採ったものです。4本接いだのですが、2本しかものになりません。いつ駄目になるか分からないスパルタンですが、来年の収穫を狙ってみます。

| | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

我が家のチェリ-

我が家では小桜インコを4羽飼っている。今日はこの子達の紹介です。Pict001_3

最初は、4年ほどいるマルちゃん。アメリカン・イエロ-・パイドいわゆるタイガ-チェリ-。 人間にいちばんなれていて放鳥時には肩までまっしぐら。優しい性格の男の子です。家出して一晩野宿し帰った事もある苦労鳥です。香川県丸亀のショップから来ました。

Pict008_2 この子は葉っぱちゃん。WF・オ-ストラリアン・シナモンとても気が強く、しっかりした子で、前飼っていた子達の子供。うちの孫です。両親は私が体調悪くお世話が出来なくなったとき、近所の小鳥やさんに貰っていただきました。今もそちらでじゃんじゃん子供を作り、喜んで頂いているそうです。

Pictp1000721 次にフクちゃん。WF・コバルト・パイド ブル-チェリ-です。昨年11月生まれのやんちゃさん。どの鳥よりも力強い飛び方で放鳥後のお帰りもちょと手間のかかる子です。はりまや町の小鳥やさんから来ました。最近人慣れしてきました。性別不明です。

Pictp1010012_2 最後にベリ-ちゃん。今年の7月岡山のショップから来ました。お年も不明ですが、目があったら、連れてってと私に語りかけました。生まれてからかなりの期間ショップ暮らしだったようで、最初の放鳥タイムにはゲ-ジから出てくる事もできなくて、そっと出しても飛ぶことも出来ませんでした。今はこちらの生活になれて飛びも上手になりました。WF・アメリカン・シナモン・モ-ブのとてもシックな女の子です。フクがお世話をしています。

4羽の小鳥とBBとで家族のような毎日を過ごしています。

今日のBBはやっと降った朝からの雨で一息。水やり休みでこちらものんびり。明日は大きな接ぎ木スパ-タンを畑用にコンテナに植え替えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

レカとプル

004 自宅バルコニ-の左がプルで右がレカ。

どちらも停滞苗でプルは半ばあきらめていた。昨年11月くらいに植え替えしたが、あまりはかばかしくなかった。ところがこのところ涼しくなって枝先の新梢が勢いよく伸びる~。昨年の植え替えが良かったのか、プルとレカと接ぎ木ヌイを並べて置いたのが良かったのかとても嬉しい事になりました。

植え替えの用土は前のが北海道ピ-トと鹿沼土、パ-ライトの混合 今度のは北欧産ピ-ト粗めと細かい分とパ-ライト、木片チップなどの混合今は明らかに成長が良い。

ただプルは異常にハダニが好きらしく、ほとんどの下葉は裏全体にハダニの害で葉を取ってしまいました。幹はびっしりやわらかい毛みたいなのが生えています。花芽らしきのもついています。レカはドンドン横のび 支柱で矯正しかないようです。やっと元気になったのですから横枝でも切るわけにはいきません。

| | トラックバック (0)

土佐久礼に行く

昨日は友人と土佐久礼の黒潮工房にカツオのたたき定食を食べに行った。すごい暑さにもかかわらずお客でいっぱい。県外の観光客の方が多いようで、中にはハ-レ-に乗ったツ-リングのおじさんグル-プも。ベルトに付けてるレザ-バックがすてきで印象に残った。

るるぶとかに載ってるのでしょうか、鍋焼きラ-メンのパンフ持った人も多く、安くて美味しいたたき定食は大人気。その場で焼いた物を次々切ってさしみにしている。値段は980円ボリュ-ムたっぷり。

015 楽しく遊んで帰ってきたら、小さな畑の自根のネルソンが枝枯れしていた。とりあえず枝の下から切り、トップジンをぬる。

沢山生らしたから、やはり無理だったのだろう、元気な枝を残し、冬まで現状維持できれば、その後鉢に植え替えるつもり。以後は自宅バルコニ-の半日陰で静養してもらおう。

これで畑の自根はNHBではウエイマウス?(品種間違いの可能性あり)とエリザベスのみ。後は全部接ぎ木になった。畑で枯れたのチャンドラ-に次いで2本目である。

自根のレカとデュ-クで再挑戦するか 、高接ぎのスパ-タンで即収穫をねらうか~。迷ってしまう。レカなどは暖地でもいけると思うが、無駄なことをして、苗を減すより、さっさと接ぎ木でもした方がましかな~。でも技術がついていかないよ~。それなら挿し木を?レカの挿し木苗1本もない。何たる不覚か、あんまり増やしても置く場所ないので、最近は挿し木ほとんどしてなかったのです・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

花壇のブル-ベリ-

011_2

昨夜はやっと待望の雨が降った。仁淀川大渡ダムの取水制限も解除されるだろうか。そこまでの雨量はなかったのかな。

今日は職場の花壇のBBの様子。 左はベッキ-ブル-、昨年8月こがね掃除をして、根をむき出しにして以来、だんまりを決め込み今年は実も生らなかった。引き抜こうかと思いつつ、6月頃ピ-トを追加し、これ以外を植え替えた。それが下の3本。左からガルフコ-スト・ブラッデン・ビロキシ-のSHBの面々。この花壇はとても狭くて4本しか無理。去年はラビットばかりだったので、来年はどうなるかな~。ハイブリットとサザンでどのくらい受粉出来るか。ベッキ-は少し元気になってシュ-トが出てきた。この調子で結実してくれればと思うが、結果枝予備軍が少ない。晩秋に少し花芽がつくか 経過観察中です。

008 010 013 下のネットは百均の猫よけ。植え替えの時ひどい目にあいました~bearing 。           

| | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金)

夏の終わりのHB

023_2  昨日からずいぶん涼しくなって、9月中旬の気候だと新聞に書いていた。けど今日も雨は降らない。今夜あたりは一雨ほしいよ~

左の画像はスパルタンの接ぎ木昨年通販で買った分、4個だけ実なりさせたら、もう紅葉してます。お疲れさまです。

026_2  025 中のはマグノリア大きくくっついたような実が500グラム位採れました。木のわりに生らせすぎですが、こんなに元気。この画像では夏剪定した後。

右はネルソンこれもたくさん生ってくれました。無理をさせたのか、葉が落ちてぐったり調子を崩しています。収穫後、少し内向き枝など剪定しました。

今日はねぎらいの意を込めて窒素の多めの施肥を再度しました。収穫終わりのお礼肥の上にまた少し。本当はカリ分多めがよいのかな?何ならまた9月に少し。やりすぎか~。

今年のHBの反省は生らせ過ぎないこと、寒冷紗をかける時期をもっと的確にです。生らせすぎは、実も小さくなるし、ラビットなどでもウイトウの1本は実が小さすぎて、その上しわしわが続出で実の部分全部処理してしまいました。もう1本はまずまずだけど昨年のに比べると2まわりほど小さい。冬の剪定と花芽調整の重要性を実感です。

ところで食味のほう スパルタンはサイコ-。マグノリアも自分的には悪くない、皮のぱりっとした食感さわやかな風味。ネルソンは完熟まで酸っぱいが、だんだん甘酸のバランスがとれてくる。香りはあるが味はいまいちかな。

でもやっぱブル-ベリ-いいよネ~。特にハイブシュは。

| | トラックバック (0)

2008年8月21日 (木)

ビロキシ-の白斑について

今日は朝からグット涼しくて、7月中旬から休んでいた鉢替えを再開。水切れを起こしかけた小さな鉢スパ-タン、ピンクシャンデリア、ベッキ-ブル-他数本を6号8号に。いずれも挿し木や接ぎ木した自分の苗 愛着もひとしお~。

一般に夏の鉢替えは問題ありと言うけど、7月中旬最後に植え替えたミスティ、デュ-クの10号スリットは元気に新梢を伸ばして、びっくりするほど成長しています。条件によっては影響ないようですね。

031 最近ビロキシ-の白斑についての書き込みを見たけど、うちのにもこんな枝があります。これは昨日のイメ-ジですが、今日は白まじりの葉が8枚くらいに増えてるんです。 少し葉も変形してるようだし、うちのは病気かもネ。 木も葉も元気だから様子見ですね。

でもこれは内向き枝、いずれ切ります。切ったの挿し木にしてみようかな。

病気でなければ。

| | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

バルドウィンとマル

012

朝夕涼しくなってBB達も少し元気になりました。

上は右がバルドウィン左がマルですが、バルドウィンはほとんど終わりで最後の大房です。重みでマルによってしまって、生らせすぎですね~。

マルは木が小さいのですが、味見したくって生らせてしまいました。重なっているのでわかりずらいのですが結構できてます。味はまあ美味しいでしょうか。皮が気になります。

018_2

下は小さな畑の中ですが、今年の収穫が終わったら、コンテナ栽培に切り替えたいと思っています。現状ではチップやピ-トが防草ネットの中に流れて、肝心のBBは水やりの度にはだかになる始末。全体にピ-トとチップを入れることも考えたのですが、そうなると畑が高くなり水が他に流れるし、元々の地面は石ころが多く耕すにも無理があるし~。

それにこの畑は借り物なのです。農家の方が苗床に利用されていたのをお米を作らなくなったのでお借りした物です。形状変更は無理でしょうねえ。

そんなわけで、自分のものは日当たりの良くないバルコニ-のみ。

まあ深く考えないでcoldsweats01 BBを楽しみます。

| | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

ノビリスの収穫

S006_2  畑のノビリスが毎日とれています。

1本でもかなりの収量。さすがラビットアイ。

左のざるがノビリスとフェスティバル少々。やはり味はよい。

フェスティバルはなんか香りと言うか風味ぽいものがあってとても美味しい。想定外か。

右はラヒとタカヘの残りにホ-ムベル少しのまざり。ラヒ、タカヘはどちらも甘い。

上は当地の名産?仏手柑(ブシュカン)お刺身や冷や奴にサイコ-です。

| | トラックバック (0)

2008年8月18日 (月)

ブログはじめます。

ブル-ベリ-を栽培し始めたのが、2004年の8月。 最初はティフブル-のみ 当然花もいつ咲いたか分からず、実も生らない。 ネットや本で少し勉強して、以来ずっとはまってしまって ほんとにBBばかです。

スペ-スもないので自分の好みの品種だけと思いつつ。新品種が出るとつい買いたくなってしまう。気がついたら6坪の小さな畑と 自宅バルコニ-は一杯。

自宅ではマンションの10階のため蜂は来ないし、日当たり悪くほとんど葉っぱばかり。元気な葉を見つめつつ嬉しがっています。

そんな自分自身の再確認に、今日からブログはじめます。

| | トラックバック (0)

トップページ | 2008年9月 »