« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月31日 (金)

遅いBBのシュ-トとポポ-

このところ一気に寒くなって、朝など暖房器具が必要なくらいです。

当地では夏の後は冬で秋がないとよく言われている。

わが家のBB達は寒さにもめげず、小さなシュ-トを出している。

013 008

これは左が実生で右フクベリ-。

実生はあまりにもシュ-トが出るので、上を伸ばそうと思って一度カットした。
ところがまた沢山のシュ-ト。これはいったい何なのでしょう。

フクベリ-は左のシュ-トが弱々しく伸びてきた。一冬超えるとがっしりなるかな。
添え木をしなくてはいけない。

このフクベリ-近所の園芸店で3060円の白札を付けて売っていた。
それも1本だけ。

本物だろうかと思いつつ、葉色や大きさはウチのと同じ、
顧客の希望で何本か購入しての余り苗の販売かもと思った。
それにしても変な値段? 

 

 

010 012_2

これは左右ともチャンドラ-の苗。

左は弱々しいがこれもお愛嬌。多分冬剪定で切り落とし。

右のシュ-トは挿し木の物、随分大きくなった。

 

001

このピンボケはカロラインブル-。

今年購入の接ぎ木苗。これにも小さなシュ-トが。

これも時期的には遅すぎで無理でしょうね。伸張は。

まあこんな感じでベランダ苗も少しは成長しています。

 

 

016 

ポポ-の接ぎ木サンフラワ-。

欲しいと思ってた苗ついに買いました。
Kさんにご助言頂いて品種選択の迷いも解消し購入、ラベルにTAKIIとありました。

ポポ-は全く分かりませんが将来的にはあと1本購入して、早期の実なりを促したい。

とろ~り甘いと書いてある実を賞味してみたい、と勝手に考えています。

これもBB同様、低温に耐え病害虫も少ないとの謳い文句にも心躍っています。

期待を込めての楽しみが又増えました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年10月30日 (木)

大学病院と新入りBB

011

今日は会社を休んで、大学病院に検診に行った。

ここに通院して1年余り。

2005年11月から様々な病気にかかり、何軒もの病院に通院し、最後に此処にお世話になった。

この間仕事もパソコンもBBの世話も出来なくて、飼っていたインコはショップに引き取って貰った。
体が治ったら今度こそ本気でBB栽培をと思っていた。
ただこの間も気分の良い時はBBの持ってない品種を求めて県外などにも行き、希望を繋いでいた。

病気は薬で有る程度治る。ただ、最後に一番苦労したのは睡眠薬中毒。

体調の悪さと病苦に睡眠薬の量が増えるばかりで、このままでは駄目だと思いつつ、止められない。
無理に止めると何日も眠れず、やっと眠れても恐ろしい夢を見る。

数種類の睡眠薬を1度に飲むようになって3年ばかり、たまに眠れないときの入眠剤を入れると通算10数年位睡眠薬を飲み続けた。

この状態の私を助けてくれたのが、この病院の精神科のドクタ-。

1ヶ月あまり治験で睡眠行動療法を指導して貰い、3月位掛かって立ち直れた。

2008年1月頃から体調は良くなり、今は何とか元気になっている。
睡眠薬も一切飲んでない。

今日の検診の結果も問題ないとの事で、明日からもまた楽しくBBと遊べる。

私がこのブログを始めたのは自分自身の再確認のため、少々変なことも書いたが、
美味しいBBに初めて巡り会った時を忘れず、これからもBB栽培を楽しみたいと思っている。

 

今日は大分余分なことを書いてしまいましたが、下は新入りブル-ベリ-。

016 018

左はダロ-接ぎ木、 右はブリジェッタ接ぎ木。

ダロ-は自根購入苗を枯らして最後の挑戦。

ブリジッタは甘くて生食最適品の商品説明に惹かれて購入。

もうこれで接ぎ木苗購入はお終いにするつもりです。

暖地で無理なNHを育てるより、自根で育つSHやREを見直そうと思っています。

まあNHの接ぎ木も結構購入しましたからね~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年10月29日 (水)

復活の兆し

今日は少し明るい話です。

先日不調でアップしたジョ-ジアジェム、今朝見ると芽吹きが。

004 005 

左は新芽が数カ所。右は上の方に膨らんだ葉芽がついています。

ほとんど諦めム-ドだったのですが、大丈夫のようです。 

 

012 013 

これはやはり異常な紅葉のラヒ。

下葉の方に花芽らしき物が出来ています。

こんなの見ると少し希望が。でも完全復活までの道のりは遠そうですが。

 

010_2 

このラヒも枝先は依然赤銅色で、

中央上の欠けた葉にはまだあいつがへばり付いています。

そうテングイラガらしい。

もう元気はないようでしたが、まだ数枚の葉に生存していました。
もちろんすぐ葉ごと取り去り、市の生ゴミに。 

   

 

006  

これはホ-ムベル、BBの基本の基本。

我が家では6年生。

最初はバルコニ-、次花壇、次畑に地植え、最後に畑のコンテナ。

数々の試練に耐えて生き抜き、今2M以上。 

 

穂木も沢山採らせてくれて、お世話になっています。

ただその台木は接ぎ木に失敗し、何度も切りまくって今は下の株だけなのですが。

008 009 

葉は当然テングイラガやその他の害虫にやられて欠けたのばかり、

それでも大きな花芽を着けています。

 

来年には甘い小さな黒真珠のような実をつけてくれるでしょう。

新品種も良いけど、やっぱりホ-ムベル様の貫禄です。  
  

 

これは昨日書いた業者さんの砂を使った用土。

021 022

024 025

これもホ-ムベルですが土はこんな感じです。配合は分かりません。

度々の接ぎ木失敗で諦めて倉庫の隅の日がささない場所で半年以上も放置していた苗。

今朝見たら芽が伸びていました。全く忘れていたのです。
暗い場所なので下根は張ってないですが。表面に根が盛り上がっています。

その業者さんを訪問した折、台木にと貰ったものの残りです。

貰ったまんまの土。参考までにアップします。

業者さんすみません。この子にもまた活躍して貰いますから。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年10月28日 (火)

鉢まし雑感

今日もまた3品種の鉢ましです。

003   

左からジョ-ジアジェム、ブラッデン、パ-ルリバ-です。

この3本は昨年秋位の挿し木、大きくならないので鉢から抜いてみました。

根張りはすごく良い。白根がぎっしりになっていました。 

 

上の枝と葉は下画像のようでお寒いのですが。

005 007 

左ジョ-ジアジェム新芽が出てきています。

右はブラッデン葉の傷みが、水切れのようです。

 

009_2 左パ-ルリバ-も

葉の痛みが・・・・。

3本ともサザン3兄弟。

私の下手な挿し木。  

愛着ひとしおで、根を弛めて6号5号5号に植え替えました。

挿し木の為か、買った苗より用土の違和感がないようで、

根を見た限りでは、成長不良の原因は鉢の狭さにあるようです。

今植え替えて、又春にはもう少し大きい鉢にと考えています。

地上部が小さいのでこまめに鉢ましです。 

 

私の場合の用土はラトビア産ピ-ト、チップ、パ-ライトで昨年秋頃からやっています。

今までは最初カナダ産、これはすぐ腐敗してどろどろになる。

次は北海道産長短混合、水遣りの度に異様に真っ黒の水が出て、バルコニ-栽培には向かないと思いました。
ほとんど畑に使いましたが、根の張り具合は良いようでした。
ただ、この黒水は私購入のものだけかも分かりません。

そして今のお気に入りがラトビア産。適当に粒々ありです。
給水が良いので、用土作りが簡単で単用も出来そう。
 

先日、知り合いの生産業者さんが山砂を使った用土について教えてくれました。
その方の苗木は生長も良く、根洗などしなくても良く育つ、
前にアップしたミスティもそこで購入の2年苗をそのままの植え替えで大きくした物です。

この用土については今研究中です。

色々試してはいるのですが、まあこんな事は各々気に入った自分の栽培方法が一番ですよね。

 

これからの私の関心事は剪定のこと。

どう剪ったら綺麗な樹形になるか?テキストと実践は違いますから、私の場合は。

縦にすっと伸びた綺麗なBB、憧れますよ。

へんな樹形でも豊産にはなるのですが、やはり趣味栽培ですからね~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年10月26日 (日)

山の喫茶店

今日は朝から雨で植え替え作業などができません。

ネットで見た山奥の喫茶店に行ってみました。

行けども行けどもそのお店は見つからず、TELして教えて貰いました。

014_2 004  

周囲はこんな環境で山と田んぼのまっただ中。 

 

お店はガレ-ジを改装されて作った下画像の感じ。

015 009

市内中心部に住んでいる私には心休まる風景。 

 

モ-ニングは下画像にコ-ヒ-付きで500円。

008_2 

真ん中の山栗の渋皮煮が珍しい。 

 

テ-ブルの上に素敵な物が生けてありました。

011_2                   

006_4

山葡萄とのことです。ほのかなパ-プルが素敵。

一枝おねだりすると、着けてあった苗を頂けることに。 

 

これが頂いた山葡萄を植えたところです。 

Photo  

少し調べてみたら葉の形や特徴が野葡萄のようでも有るのですが・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年10月25日 (土)

小桜インコの近況

小桜インコ達の近況です。

マルと葉っぱは又ラブラブになったようで、困っています。

年に何回も巣引きをすると、雛のお世話がきつい。

フクとベリ-の方もすっかりうちの生活になれて仲良しになった様子。

002 005

放鳥時もそれぞれのペアが離れません。

うちでは毎日、朝、帰宅後、夕食後の3回自由に飛んで貰っています。

マルと葉っぱは疲れると人間の肩に止まって動こうとしません。

居眠りしているときもあります。

何の為にゲ-ジの外に出て居るんだ、もっと遊んだらとの思いは人間だけ。

この子達は水遊びが大好きで、1日1回は銭湯で御入浴。

012

ストレス解消の遊びは冬になってもやまりません。

体中びしょ濡れになって、私の服で拭いて乾かす困ったちゃんです。

 

 

今日のブル-ベリ-は前、虫穴の開いていたジョ-ジアジェム。

捨てようと思いつつ、まだ諦めがつきません。

007_2

葉もなく全くの裸、でも枝が枯れ込みません。

下画像のように穴にはトップジンペ-ストで蓋をしました。

008

自分の優柔不断な性格に呆れつつ、春まで様子を見てみます。

 

 

最後にスイ-ツをご紹介。

四万十町下津井の利平栗で作ったモンブラン。美味しそうでしょ。

この茶色い色が利平栗の特徴とかで自然の色。

地元のケ-キ屋さんの限定品です。

026 

早く食べたくて少々手が震えました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月24日 (金)

ラビットの紅葉?色々

昨日は酷い雨だった。

こんなに雨が続くと根腐れが気になってくる。

今日はやっと止んだので畑に掃除に行った。

無理な植え替えのせいか、ラビットに紅葉が目立つ。

毎年ラビットの紅葉はもっと先だったと思う。

009 

まずはバルドウィンきれいに赤くなってきた。

まだ早すぎる。 

 

010 

これはノビリス標準的。

まだ色が薄い。

 

013 

タカヘ。色が綺麗。

甘い実とコンパクトな樹形。

今年は植え替え時大分剪定し変な形になったが・・・

 

011 

ラヒ、変な色、赤銅色と言うのか。

植え替え時コガネがいた樹、根洗の無理が祟ったのか。

012 

ラヒの下葉は全然変色してない。

去年の今頃はまだこんなに紅葉してなかったのに。

枝などに大きな枯れ込みの前兆もないので、

春には復活してくれると、この子達を信じています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年10月23日 (木)

またまた不調苗

毎日毎日、不調苗の植え替えばかりです。

003

004

これはバ-クレイ、ビックセブンとかの大分古い品種みたいです。

家ではこれもバルコニ-の隅の住人。 

 

趣味の園芸11月号に甘く風味があって酸っぱくないとあったので、

来年は是非実らせてみたいと思っています。

もう何年か家でも古株なのですが、1度も味見をしたことがありません。

下葉はハダニで落葉、ついてる葉も右画像のようです。 

9号鉢に植え替えました。

 

管理の悪さで下画像のようなのも多々あります。

006 007 

左ボ-ナス接ぎ木、右自根パ-ルリバ-です。葉が縮れています。

自分では暑さ負けくらいに思って気にしてませんけど、やっぱり酷いですね。

色々品種を集めてきたが、ほとんどこの状態。

今後は不調苗、美味しくない樹など少しずつ処分して行こうと思っています。

狭いバルコニ-と畑ですから。 

 

減少の後は増殖です。少しの剪定で差し穂が出来ました。

貰って下さる方も出来たので、挿し木少ししました。

012

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月22日 (水)

ポラリスとシャシャンボ

今日は朝寝坊をして、早朝のBB作業の時間が取れませんでした。

9時からは会社、少し自由時間の取れる勤務ですけど・・・。

夕方仕事が終り帰宅すると真っ暗、夕方の作業は無理。

チェリ-達の出せ出せコ-ルで夜の家庭仕事の始まりです。

さて今日のBBはポラリスの花。

ちょと前から咲いています。いつの間にか・・・・

006007 

これは昨年秋、自根を1度枯らして再挑戦の接ぎ木。

今年は結実させません。

花を楽しんだらすぐ摘みます。

         

 

010 011

こちらは前にアップしたシャシャンボ。

横伸びがすごいです。実もまだ1個だけついています。(右の中央丸いの)

剪って挿し木に挑戦してみます。

 

008_2  

009_2

 

  

  

これは接ぎ木デュ-ク。うちには自根、接ぎ木多数です。

下葉は例のハダニ被害で落ちまくり、

おまけに残り葉も画像のように痛んでいます。

家のバルコニ-でも実なりする希少品種。確かに自家結実率が高い。

この樹は、近々今の8号から10号に鉢増しします。

こんな外観でも根はしっかり張っているようですから。

 

一昨日貰ったビオラ?(パンジ-かも) を植え付けました。

BBも寂しい今年の冬はこれで楽しくさせて頂きます。

001

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月21日 (火)

オニ-ルの植え替え

003 005 

これは自根オニ-ルです。

長いことほったらかしで、バルコニ-の隅にいました。

購入日を見ると17年9月と書いてあります。花芽も少し付いています。

今年も数粒の果実は穫れたのですが、この子の印象は浅かったのです。

オニ-ルは畑に良く実なりしたものがあり、こちらは霞んでいました。

現在8号鉢で思いっきり樹形が悪い。

今日のBB仕事はこの子を少し剪定して、10号鉢に植え替えます。

前の用土は北海道ピ-トの長短混合に鹿沼土、樹形の割に根は良く張っていました。

今度はラトビアピ-ト混合と木材チップ、パ-ライト、チップは安物です。

さてどうなるかな?結果は来年かな?

011

これは植え替え後のオニ-ル。

シュ-トの剪り位置が上すぎでしょうか?

車枝は下から芽が出てから調整予定です。

 

下左画像はこの用土で最近鉢上げ植え替えをしたチャンドラ-。

006_2 008_2  

シュ-トがどんどん大きくなってきました。

この用土でもまあまあ往けるかなと思っています。

今日のBBもう1本は右画像のウイトウ挿し木苗。

2本が一緒に植わっているみたい、別々にして先を剪って植え替えます。

元樹はこれも畑で豊産だった大物の子。保険苗です。

 

 

009_2

これは私が使っているラベル。使い切っての再購入品。

右黄色はSHにブル-はNHに白がREYEに使い分けています。

左木製黄色はダイソ-品、植え替え年月日を記入して差し込んでいます。

家ではほったらかし苗が多く、

まだまだ鉢替えが終わりそうも有りません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月20日 (月)

今日はいい日でした

私にもおおつぶ星あまつぶ星が当たりました。

当地でも苗は去年くらいから売ってたのですが、NHなので難しいかもと思い、

購入してなかった品種。

すごく得した気分。枯れ死にさせないよう大事に育てます。

Rinnaiさんに約束したチャレンジ宣言CO1キロ削減も頑張ります。

047 034

右のあまつぶ星がちょと小さいんですが、下のように芽が付いてます。

絶対大きくするぞ-と決心です。

035   

 

うちのBBはブライトウェルの親子。

030_3 

左が親で右がその子の挿し木苗。

どちらも6号鉢。右は植え替えたばかり。黄色タグが植え替えマ-ク。

左は鉢が小さくて根が回っている様子。 下葉はハダニ被害。

今夕時間が取れれば8号に親を植え替えます。

ブライトウエルはラビットなので5個くらい生らせてみましたが、

ちゃんとした結実を待たず落果、バルコニ-にはREが無いので

受粉が上手くいかなかったようです。

それで、果実の味は分かりません。

 

048

いつもお世話になっている方がビオラをプレゼントしてくれました。

これからの花、楽しませて頂きます。

今日はとても良い日で嬉しい事が重なりました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

モ-ニングとブル-リッジ

今日は日曜日。

友人に誘われていつものモ-ニング。

お店は郊外の田園地帯の中。

見渡す限り田んぼが広がっています。

012 014 

モ-ニングの中身はこんな感じ。 

002  

010_3 

BBジャムト-スト、マンゴ-ジュ-ス、マンゴ-ゼリ-、半熟卵のせサラダなど。

ドリンクはプレ-トを食べ終わったら、私はロイヤルミルクティ-。

 

楽しい一時を過ごし、その後は数時間の虫退治。

裏を確認して、虫の付いてる葉を剪っては捨て剪っては捨て、これで大分少なくなった。

ついでに畑の不調のミスティを元気な樹と入れ替える。

そして全部の樹少しだけ剪定。枝の整理。

下の画像のブル-リッジも鉢増し植え替え。

002_3  これは1年以上つついてない。

 

画像は植え替え前のもの。

 

枝振りは至って悪い。

 

その上ハダニ被害でこれも下葉は全滅。 

でも、もうすぐハダニも出なくなる。

 

8号から9号へ。10号鉢は後2個、必要なもっと大きな子がいる。

そんなこんなでとても忙しい日曜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)

畑の何かとブラッデン

毎朝の恒例、畑の水遣りと落ち葉掃きにいった。

BBコンテナの中に何か緑の物体が。

花芽でも落ちたのか?

取り除こうとすると動く。虫?

葉をよく見ると囓られている葉にやつが。今度は茶色になっている。

よくよく見ると葉が欠けている木にはほとんど付いている。無数にいる。

気持ち悪さに逃げ帰った。

これは農薬でも散布しないとどうにもならないかも。

今までで初めての事。マルチのチップにでも湧いたのか?

畑はネットを張っているのに。

下に画像をアップします。

下画像のようにネットを開けました。虫さんどうぞ出て行ってね。

020 017   

035

 

  
気持ちの悪い物お見せしましたが、前にも記事にしたブラッデンの事。

001_2 003_2 

 

   

こんなに葉が赤くなってしまいました。

007_2037_3 

紅葉の始まりでしょうか。

それにしては汚い斑点の入った葉です。もしやコガネが?

株元は最近、鉢置きに使っておられる方もいる百均の猫よけ。

そばのロ-ズマリ-は多少コンパニオンプランツのつもりですが・・・?

011 013

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年10月17日 (金)

丈夫なシャ-プブル-

002 003_2

 

 

これはシャ-プブル-、勿論自根。

真夏の植え替えにも耐えて益々元気。画像ピンボケですが花芽もバッチリ。

17年9月頃HCで398円だったチビ苗。

これも水遣りだけの放任栽培で、こんなに大きくなりました。

今年は畑の形状変更前、地植で実生りもさせました。

果実は酸味が多かったですが、完熟すると濃厚な旨みが出るようで、私は好きな味。

果実の大きさは家ではやたら小さい。

木の割に実の着けすぎだったのかも知れません。

丈夫で自分向けの品種、これで実の大きさ、もう少しマグノリアくらい有れば言うこと有りません。接ぎ木をすれば果実の肥大が見込めるでしょうか?

 

005 

過日注文していたラトビア産ピ-トモスやっと昨夕配送されました。

サイズは10~30で、これで今年は3個目。

このサイズは私的には水捌けが良すぎて、乾燥が速い。

前に買った0~20と混合して使っている。

いつもは台車で運ぶのですが今回は手で引っ張って

今日は腰が少々痛い・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月16日 (木)

BBの整理

一昨日、チビ苗を含めた栽培品種のカテゴリ-を作ってみた。

結構、品種が増えている?いつのまにか。

家では栽培スペ-スが狭いのに、どうなるんだ。まだ欲しい品種もあるのに。

 

4月に苗の整理をした。

4~5年の10号鉢は5.6月に果実を付けてBB初めての友人に。

これはとても喜んで貰えた。

果実の美味しさを味わってBBを作る楽しみを知って貰いたい。

かつての自分のように。

ウッタ-ド、ティフブル-、サンシャインブル-、プレミア、ブル-ジェム、サミット、ホ-ムベル等。

自分も大鉢の整理が出来たし、友人からも栽培してみたいとの話しが出てきた。

 

004

さて挿し木のチビ苗。

これはどちらもマルなのだが、この程度のもの。良い物ではない。

こんな苗はBB経験者でないと育てられない。

4月時点ではこれが結構あった。

 

困った私はHCで貰ってくれる人を見つける事にした。

HCのBB売り場の商売の邪魔にならない程度に、BBを買う人に話しかける。

もし良かったら、BBの小苗貰っていただけないかと丁寧に打診。

これでBB友達も出来た。

  

でもあまり自信のない苗を人に貰っていただくのは抵抗がある。

それで挿し木も今後余分は作らないことにした。
 

今もHCのBB売り場に佇んでいる変なおばさんを見かけたら

それが私なのです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月15日 (水)

接ぎ木スパルタン

002_2 008 

この画像はどちらも自作接ぎ木スパルタン。

左は去年の今頃接いだチビ苗。6号鉢に植えている。

右は1番手前が同時期の高接ぎスパルタン。

これは枯れそうな大苗から採った差し穂で作成。

どちらも同級生。

 

009_2 010_2

高接ぎ箇所はたった2カ所。

至って危うい苗だが何とか直立している。

数カ所接いだが、着いたのはこれだけ。

自分の接ぎ木なんてこの程度なのです。

恥ずかしながら自作接ぎ木はこの2本のみです。

スパルタンは美味しいと評判の品種。何度も自根を購入しては失敗し、また買うの繰り返し。

今年は、県外のつみ取り園まで出かけ、ますますその魅力に取り憑かれてしまった。

暖地でもスパルタン栽培をしたくなり、市販の接ぎ木苗も購入した。

当地ではノ-ザンはやはり難しい。NHの接ぎ木に何度か挑戦すれど失敗ばかり。

最近ではそれも面倒になっています。 

当地では接ぎ木苗の販売はまったくないが、これからもNHや失敗したSH等は作れなければ、購入していきたいと思っています。

 

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

ハイブシュの快調?苗

最近、不調苗ばかりアップしていたので、今日は快調苗とまずまずの苗で気分を変えます。

 

005 006

これはサザンの自根ミスティ。

いつの購入かも忘れた品種ですが、水遣りだけの放りっぱなし栽培でも生き残り、

今は立派に大きくなりました。

バルコニ-栽培の分です。

ミスティは前にも枯らし2度目の購入苗だったと思います。

今年から初心者として本気で取り組むと決心して、3月に8号から10号に植え替え、

勿論用土も今のに替えて、水遣りにも気を配り育てて来ました。

10号でもぐんぐん成長したので、今度はミカンコンテナで畑に置こう、来年は結実させてみたいと希望をもっています。

花芽もまあまあ付いてますよねえ。

 

002

この画像はまずまずのコリンズ、NHだから家では難しいと先入観。

でもこれも放りっぱなし栽培に良く耐えてくれました。

この画像は8号から10号に植え替え後のもの。この子にはこの10号でもっと成長して貰いたい、大きくなったら日当たりの良い畑に行こうね。

調子が良ければ少し結実させてみたい、購入時小苗で味見はしてませんので。

 

 

007 003_3

これはノニ。

今年初めて結実。

実が白くなったら食べれるようです。

おそらくひどい味。

余り期待はしていないが、ジュ-スや葉のお茶に健康に役立つ成分があるとか。

まあこれも楽しみのひとつです。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

今日の出来事

日曜日、おっと今日は月曜日で体育の日でした。

週に一度の楽しみモ-ニングに行ってきました。

場所は広いガ-デンのある民家風の喫茶です。我が家に庭のない私はこんな所に憧れます。

    002

003


これがガ-デンの風景。奥が喫茶です。

モ-ニングは下の画像。お値段安くて素敵な喫茶です。

007

此処の近くにやなせたかしのアンパンマンミュ-ジアムがあり、

その公園の近くに行ってみました。

009 016

日曜でないせいかお母さんや子供達もまばらで、静かな休日を楽しんでいる様子。

帰りに相棒の知り合いの蘭ナ-セリ-により、蘭の培養やネパ-ルの山芋、

当地では冬に咲くヒマラヤ桜等の話を面白く聞いた。

それらの実物を見せて貰い、今度ネパ-ルに行くときにBBを持って行こうかとの話が出た。

もうあまり挿し木は作らないと思ったばかりだったが、

またぼつぼつと下手な苗づくりに挑戦してみようかな。

018 019

022

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)

不調苗プルとヒトミ

昨日チェリ-の雛たちが行ってから、今日はとても寂しい気持ちになってます。

親たちも何時までも捜している様子で、放鳥時には雛たちのいた部屋に何度も行ってキョロキョロしています。

でも子達は次々と生まれるので、すべて置いたら我が家は小桜インコに占領されてしまいます。年2~3回くらいで3~4羽、1年で8羽位になり、親たちと合わせると12羽。

騒音とお世話で大変。いくら鳥好きでも駄目ですね。

いままで飼ってたマル、葉っぱ、フク、ベリ-には愛着があって手放せません。

さて今日のBBは延々と続く不調苗の植え替え。

004






001_2



先日ハダニの被害でもUPしたプル。

こんな状態で益々裸が進んでいます。でも根はまずまずで、9号に格上げ。

葉はどうせ落ちるから、早く紅葉したと思えばいいやと暢気にしています。



006
これは18年秋購入のヒトミ。

19年果実を数粒収穫。

とても甘い実だった印象がある。

以後構えなかった事もあるが、まったく成長しない。

この画像は根洗いして植え替え後のものですが、

根はほとんど張ってなかった。

鉢の半分下はまったく根が動いてきてない。

明らかに加湿。

水の遣り過ぎ。用土を替えて再挑戦。



家の不調苗の原因はほとんど加湿による根腐れと根鉢の外に根が動かないことだと思う。

結論は基本の用土の問題。

水捌け良く保湿性の高い用土で栽培していく事。

用土については諸先輩方が色々考察されているので、その中で自分なりの物を見つける事。

栽培環境や栽培技術など更に品種選択によっても変わってくると思う。

ともかく我が家では不調苗が多くほとんどが植え替えを必要としている。

今まで何をしていたのか。

これで生意気にもBB栽培してるなんて大口たたける訳はない。

失敗ばかりの栽培。栽培ばかりでなく人間の生き方も・・・・?

落ち込んでしまいます。今日はすべてがブル-な気分。





少し気分を変えてオリ-ブの実の色づきをアップします。

009_3 010_3

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年10月10日 (金)

パ-プルジュエリ-?

今日は栽培情報のあまりないパ-プルジュエリ-の話です。

001_4

          

004

これがパ-プルジュエリ-として購入した苗。19年春のもの。

購入時1年苗であったためか成長は至って悪い。

葉はこのような感じで垂れ下がっている。

そもそもパ-プルジュエリ-とは何か。サイトで見てみたら品種不明苗の分類。

フロリダブル-との説もあるらしい。

そこでフロリダブル-を見てみると・・・・・

003_2 005

こんな感じ。

これは小苗のため定かでは無いが明らかに葉が違う。                           

                                                            


パ-プルジュエリ-も花を咲かせた事も無いので、もちろん果実の味は分からない。

数年前、私の2年間の栽培ブランクの前、リ-フさんのブログで見て、欲しいと思った品種。

ちょっと洒落た名前に惹かれたのかも。

去年やっと近所のHCで見つけた。

HC購入だから、これ自体品種同定の出来ないものだけど、そもそもパ-プルジュエリ-って怪しい品種?

ラビットと言う人もいるし、買った時はサザンと書いてあった。

今日はこれの根をチェックして植え替えます。

今後の成長を期待して。

品種不明苗を育ててみるのもまた違った楽しみです。

     

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月 9日 (木)

小桜インコの雛旅立ち

今日は家で生まれたチェリ-の雛たちの事です。

5個の卵で4羽孵りました。

9月28日巣箱から出して以来、毎日5時間おきの給餌、いささか疲れましたが、やっと大きくなりました。

明日は各々養子に行きます。

              044

1番のお姉ちゃん。ノ-マルより少し薄い羽色で、随分しっかりしてきました。

最近はトビトビの練習もしています。

              047

2番目は長男、大きい目が印象的なイケメンさん。

性格が穏やかで食事も控えめ、一番の甘えん坊です。水色の尾羽が素敵でしょう。

       048

              050

3番は次女のギャルマルちゃん。大食いで最後まで餌を食べ、足りないとしつこく鳴く子。

お父さんのマルにそっくり、小さなお目々のタイガ-もどき。

      045

最後の子はもっと黄色の強いタイガ-チェリ-。まだはっきりしませんが、かなり良い色が出てくると思います。

親から離すのが早かったのですが、それが幸いして人間を親と思っています。

呼べば、ヨチヨチ転げながら走ってきます。

手の中で眠ってしまいます。

       019_2

              016

最後のお別れに親に会わせました。

親の葉っぱちゃんは感無量で雛の方に寄っていくのですが、子供達は敵が来たと認識し、怒って威嚇する始末。

親共々人間のはっぱも雛たちの幸せを願って、送り出しましょう。

良い飼い主に巡り会い可愛がって貰えますように。

明日から寂しくなります。賑やかなチビ軍団に振り回された10日間でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

畑のBB達のその後

久しぶりの秋晴れの天気。気になっていた畑の点検に出かけました。

        021_2         

028                

     

                                 

左のように枠全体にネットを張っています。一昨年よりこの状態なのですが、それでも蝶や蛾の侵入があり、BBには毛虫がいたり、土の中にはコガネの幼虫もいました。

それで、今まで地植えをしていたBBを夏にコンテナ取りしたのですが、真夏の植え替えが気になってその後の経過が心配でした。

やはり数本不調苗がありました。

          

034_2            

まずア-リブル-接ぎ木。もう紅葉してしまいました。

 

035           

これもア-リブル-接ぎ木。部分的な紅葉だからまだ軽症でしょうか。

029           

これはウイトウ。この子の根にも沢山のコガネの幼虫が・・・・。

根洗いしました。まだ回復しません。

030

          

取り残りの果実がぽつんと。何か寂しくなります。

    

036           

一度は捨てようと思ったジョ-ジアジェムなのですが、
捨てきれずここに来ています。

もう葉もほとんど無く、ボロボロの状態です。

          

037 

虫穴は相変わらず、写真撮影後トップジンペ-ストで蓋します。

032           

これは最悪のミスティ。当地では冬も常緑なのに、この状態です。

このBB達今年の冬を越したらどうなるでしょうか。

最後にお目直しにお花の画像を。


028

          

         

                 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 7日 (火)

フクベリ-とチャンドラ-のシュ-ト

朝から小雨が降り続き、畑のコンテナBBには良いと思いつつ、

また加湿が心配でもある。

BB栽培をする前はこんなに気候が気になったことは無いのに。                    

011

これは先日購入のフクベリ-。

                                       

またまた、ハダニにやられて葉 がまばら。 

                                                                                                


021

 でも心配御無用。

こんな芽が株元から出てきました。

シュ-トでしょうか。

       

022_10 023_8

 

これは挿し木鉢上げのチャンドラ-。

下の方見て下さい。 復活の兆しが。

ほら、

シュ-トらしき物が2本。

こんな小さな事が私は嬉しいのです。  

 

033_5

イングリッシュロ-スのグラハムト-マスです。

今年は余りお世話が出来なくて、花壇の隅にぼんやり。

春に咲かせた花をそのままにしていたら、ロ-ズヒップが出来ました。

この花なりに生存の危機を感じたのでしょうか。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

パ-ルリバ-とプルのハダニ被害

002

これは挿し木で大きくしたパ-ルリバ-。


右の枝葉がとても少ない。


ハダニらしきものの被害で葉は減るばかり。


しばらくニ-ムオイルヨッテコンを散布したのですがほとんど効果なしです。







005 004










葉はこれで裏返すと右のよう。


バルコニ-で風が吹かないからでしょうか。ハダニの天国。


006 008














     

 

これはプル。


枝に葉がほとんどありません。


ハダニ被害で丸裸。


沢山のBBがこんなになっています。強い農薬使うのも嫌で葉をムシリト-ルで対処しています。もう少し温度が下がったら、ハダニは出てこなくなるんでしょうか。


私の自宅の栽培環境は下の画像のようなものです。


008 009_2














 

             

いま南側の画像ですが北側にもこのように2列幅で置いています。壁面がコンクリ-トだから空気の流通が悪く、屋上の屋根が出っ張って通常の雨は入りません。

ハダニは水に弱いとも聞いていますので、時々上から 散水してますが、ハダニの被害は防げません。多数のBBが被害にあって、丸裸になっています。


葉を落としたら、成長にも多少影響あるでしょうけど、仕方のない事ですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

喫茶店のモ-ニング

006_5

おはようございます。

今日は日曜日。

朝から雨も降って、久しぶりで市内東部のカフェレストラン
ツバメ食堂に行った。


お洒落な外観。ハ-ブも沢山植えられている。


004_3 001_2  










お目当てのモ-ニング。画像の左がモ-ニングプレ-ト。

右がホットサンド です。


楽しいひとときを過ごし、午後から畑の近くの狭い倉庫でBB作業。


013
これは19年5月兵庫県三木のHCで購入の接ぎ木デュ-ク。


自宅の日当たり今一のバルコニ-で、こんなに大きくなりました。



鉢上、1.5mあります。



今日はこれをコンテナに鉢増しして畑に置きます。






009 010





こんな感じで、葉は下向いていますが、まあ元気そう。



これも購入時、鉢土ゆるめた程度でそのまま植えた物。最初8号鉢で今年5月10号に鉢増ししたもの。


購入時の用土によっては、根洗しなくても良く育つ物もあるかなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

自根デュ-クと陶器のこと

026

今年4月25日HC購入の自根デュ-ク。

 破格の安さで疑問の樹。



6月に水切れのためか、主軸枝の1本とシュ-トが枯れ込み、季節外れの大枝剪りをした。

一応成長してきたので10号に鉢増しします。








028 027
一応花芽も付いているのですが、

木が古い。

素人目にも怪しい感じ。






030 大きくアップするとこんな感じ。

8月記事にもした、業者さんに枯れると思うけどと鉢代500円だけで譲って貰った大鉢スパ-タンとよく似ている。

そのスパ-タンは予告通り1~2ヶ月で枯れた。

その時、どうして枯れるのが分かるのか聞けば良かったのですが、時価1万はするスパ-タンの大鉢500円に目が眩み、気が動転して、即車まで運んでしまった。

外見は枯れ込みの一つもない葉も活き活きしたスパ-タンだった。

その後このスパ-タンは高接ぎの差し穂となり、現在も生きている。

昨日BBの寿命について、ちょと考えてみたので、これはあの時の大鉢スパ-タンのようにその寿命の尽きかけのものではないか、と思っています。

シュ-トらしい物が出ても、先が枯れ込んだのです。画像のシュ-トの付いてる古枝を途中で剪っています。そこが写っていませんが。

水切れにしても枝先の枯れ込みがシュ-トの付いてる1本だけで、その枝だけシワシワになり、剪定後トップジンペ-ストを塗り、後は数ヶ月たつけど他の枝も何ともない。

これも破格の値段の安さに迷った買い物なのですが、こんなのでも枝更新まで行けるか、その後どうなるか。いつまで保つか。

様子見がまた楽しいのです。




010 012
015







これは愛媛県の砥部焼の盛り鉢と湯飲み、BBには何の関係もありません。

砥部焼特有の模様ではないのですが、白地に紺の優しい色遣いが好きで数年前に買った物。

食洗機の水圧にも耐えて日用食器として役立っています。



008
こちらは四万十窯で焼いた甥の作品。

飯椀だそうですが、かなり大きい。

趣味にしてはいいせんいってると身内自慢?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月 3日 (金)

接ぎ木サミットの植え替え

006_2 昨日植え替えた接ぎ木ダップリンと一緒に購入した接ぎ木サミットです。


購入後1度数粒の実なりをさせ、味を確認。


とても美味でございます~でした。


今日はこれを植え替えます。


昨日の根からしてこれも間違いなく根鉢が出来ていると思います。



008 010  花芽もこのように出来ていて、

シュ-トもどくれたような小さいのが、中途半端に伸びています。






018 根はこのような感じ。やはり中心にもの凄く硬い根の塊が。

昨日のよりは少しましですが、根洗しました。


020 後は昨日と同じ手順での植え替えです。







最近植え替えしながら思うのですが、このBB達、どの位の寿命なのでしょうか。

地植はネットなどでも20年以上の大木などを見かけるのですが、さて鉢植えは?

生らせて5~6年と言う人もいます。

主軸枝更新にラビットなどで5年くらいの枝を剪定し、新梢の発生を促すと本などにもありますが、主軸枝の切り株は大きく、根の成長範囲が限られる鉢植えの場合そこから多数の新梢が出たとしても全部を伸ばすわけにもいかず、鉢の中一杯になって先はどうなるんでしょうか。体裁の悪い物になりますよねえ。

何年もの樹は切り株だらけで、地植は良いとしても鉢植えは?と初心者は疑問を持ってしまいます。

それも接ぎ木の場合は接ぎ部分より上の更新になるでしょうから更に分からなくなります。

まあとりあえず、くだらない事考えるより、数年先までの実なりを夢見て、さっさと小苗を作ることでしょうか。




012 さて、小桜インコの雛、大分大きくなってきました。
4羽ともガサガサと忙しく動き、なかなか写真が撮れません。

毎朝、5時には起きてくれて、メシクレコ-ルが始まります。

別室にいる親どもも声を聞きつけ大合唱。

賑やかな1日がスタ-トです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木)

接ぎ木ダップリン

009_3  今日は朝から快晴で清々しい。空も雲一つ無く気温はぐんぐん上がりそう。

でも今日も接ぎ木の植え替えやります。

昨年秋購入した接ぎ木ダップリン。

立ち姿は良いのですが、不調で枝が伸びない。

シュ-トも出てこないのです。






006007_2 花芽はみごと付いているのですが。

木に勢いがない。

                                                

                                 

010_2 根を抜いてみるとこんな感じ。

中央の茶色の部分根鉢が出来ています。

この根鉢を崩すと鹿沼土ぽい粒々が1カップ以上も出てきました。土も粘土のような赤土。 

この粒々に絡まっている根を外すのに苦労しました。

                           

013 根洗いしてみると左の画像のようになりました。









011 さっそく植え替えます。

ス-パ-で貰った発泡スチロ-ルの中はラトビアピ-ト中、細粒、ココハスク、パ-ライト等分量は適当でこの上に水を入れ、おねりを作ります。

後はTさんの真似をして水決めで植え付けし、ココチップを鉢の表面に置き完成です。

まあこんな適当なところでやっていますが、夏に植え替えた絶望のネルソンも何とか生きています。

もう捨てようと思って鉢から抜いたら少し細根が広がっているようで、慌ててまた鉢に戻しました。                         

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)

接ぎ木ボ-ナスとブラッデン

010_5 20年1月3日購入のインパルス苗ボ-ナス。

多分秋苗の売れ残り。

一応シュ-トも出てますが、余り成長しないので、根洗して植え替えします。



この苗も買ってすぐ6号鉢にそのままストンと入れた物。

家ではこんな植え方ばかり。


枝先も車枝の変なの。

 

018_2 鉢から抜くとこんな感じ。 

019_2

少し崩すと中心に茶色の土の塊。

 

020_2 根洗いしたらこんなに小さくなりました。


今後の成長を見越して期待の8号鉢に納めました。 

 

013_3 これは自根ブラッデン。




これも思いっきり変なやつ。



この枝振りの悪さ。

育てている人の顔が見たいよね。

 

015_4

この枝の凄さ。 

 

017_3 

枝先はこの通り、四方八方へ。

これ近々切ろうと思ってますが、


冬まで置いた方が良いか迷っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »