« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月29日 (土)

フクベリ-とあまつぶ、おおつぶ星

9月12日に家に来たフクベリ-です。

 

030 

節の間が大きく、間延びした感じですが、大分大きくなりました。

左のシュ-ト前の時と比べるとかなり伸びています。

肥料をやらなっかったせいか、がっちりした樹形にはほど遠いです。

これも全部の根洗はせず、カナダ産ピ-ト主体の用土をかなり落とした状態で植え込みました。やはり根洗して自分の土にしないと、親和性がなくて無理でしょうか。 

 

こちらはおおつぶ星、あまつぶ星。

 

033 

10月20日に来て間がないため、まだあまり成長していません。

これが前の画像、代わり映えがないでしょう。

これはいつもの用土ではなく、ベリ-公さんのデネブエクストラをブレンドして植えたもの。

この用土の中身は分かりませんが、排水が良く、NHを多湿で枯らす自分には丁度かな。

どちらも縁あって今年やって来た新人BB、果実取れるまで後3年は掛かりそうです。

BB栽培は長いスパンですね。

 

 

昨夜、蜜蜂置いてる山のオ-ナ-である友人と韓国料理を食べに行きました。

029_2  

店の名前はキョンボックン、普通の民家のたたずまい。

食事は

 

002 005 

009 012 

014 015  

全15品でフルコ-スが3000円、韓国宮廷料理とチジミ、ビビンバ、韓国鍋などお馴染みメニュ-満載、最後にデザ-トりんごのゼリ-と蜂蜜入り柚子茶でマイウ-でした。

 

最近いつもグルメブログになってすみません。

寒くなってBBも動きが止まり、新しい発見が少ないのです。

明日は日曜日、そろそろ畑のコンテナBBの剪定準備をしなくてはいけませんね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年11月28日 (金)

新品種の植え替え

昨日届いた苗達の植え替えをしました。

 

006 017  

パマリコです。少し根元が黒い、枯れ込みでは無いようだが、不安は否めない。

小苗に肥料が多かった場合になる色によく似ているんです。

用土はピ-トモスと鹿沼土の混合、崩れ具合からして急遽ポットにあげた様子。

4号ポットに収めました。

 

010 021 

ホルトブル-。根張りはまずまず、此処の苗としては良い方でしょうか。

根が今にも外れそうでそっと土を落とし、

これも4号鉢に慌てて収めました。

 

012 019 

これはサンプソン。パマリコ同様根元が黒い。大丈夫でしょうか。

葉は新葉が展開して少し赤っぽい柔らかな感じ、小さいけど元気は良さそうだしまあOKとしましょうか。

これも根がぽこっと落ちそうな苗。やっと土落としをして、4号鉢に。

 

015 025 

これはコロンブス、根張りも、樹勢も一番で、良い苗みたい。

5号鉢に収めました。

ブログに通販での買い物は、一種の賭ですと書かれていた方もいたようですが、それはいつも痛感しています。ただ、新品種などは見て買うことも出来ないし、販売元の良心に任すしかないですから。

悲しいことに私などは送付された苗の善し悪しも判断できない、HC苗であっても同じで、見分ける目がないと言うことです。

グチ言っても仕方ないので、縁あって家に来た苗は出来る限りの注意をして、健全に育てる事です。これからの育て方が腕の見せ所かな。(生意気?) 

 

 

先日アップしたSHのピンクシャンデリア。大分花が開いてきました。

 

026 029 

031

花はほとんど下向きに咲いて、画像は全部持ち上げて撮ったものです。

葉裏が見えるでしょう。こんなに花が着いて、もし実なりさせたら、どうなるんでしょうね。案外サンシャインブル-の様に花の割には実着きが悪いかも。

ちなみに私は花も初めてだし、果実味わったことありません。花の次には実なりを思う欲張りな性格です。

下画像は今朝の撮影、シャンデリアでそこだけ明るく照らしていますよ。(ホントは朝日が当たっただけなんですが・・・。)

これもお花鑑賞には面白い品種だと思います。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年11月27日 (木)

新品種

忘れる位前に注文していたブル-ベリ-の新品種がやっと来ました。 

 

006 

左からパマリコ、サンプソン、ホルトブル-、コロンブスです。

性懲りもなくまたまた買ってしまいました。自分への言い訳はまだ小さいからスペ-スは何とかなる、病院に払うよりマシです。 

 

垂れ幕の様なこの小さな紙には 

009 

登録品種苗のため増殖、販売を禁止と書いてあります。ホルトブル-以外全部に付いています。

自分用の挿し木も作ったら駄目と言うこと?これ枯れたらどうなるんでしょうか。

ここのチビ苗は前にも購入して、小さいのは覚悟していました。でも左端いちばんヤバそうなパマリコにも葉芽風が着いてるし、他のもまずまず良い方でしょうね。

やはり大きいコロンブスはラビットだからでしょうか。

この子達が活躍するにはまだ2,3年掛かりそうだからそのうち置き場の問題も何とかなると楽観しています。 

  

 

さて今日のブル-ベリ-。

畑のブル-ベリ-は全部紅葉してしまって、未だに出遅れの緑葉はシャ-プブル-のみ。

017 018

まだのんびりと花など着けて遊んでいます。

もう眠って貰わないと来年の目覚めが遅くなると自分ばかりがヤキモキ。

でもシャ-プブル-は生来強健で常緑だから、心配はないよね。

 

こちらは夏にコガネが入って根洗全面植え替えをしたSHのナイトジェム。

この樹も回復した様子です。

020 

021 

葉が少なくてそれが気に入らないのですが、花芽らしき物も出てきて、持ち直した様子。

今年は制限なしに実なりさせ、それも不調の一因だったと今思います。

ナイトジェムは強健で、繁殖力も強く(挿し木は容易)、果実の味も良い手の掛からないBB。

味は最初から余り酸味の無い感じで、酸味の好きな方には少し物足りないかも知れません。大きさは中粒、オニ-ルなどと同時期で最初に味見できる早生品種。

今あまり栽培されてないように聞きましたが、悪くない品種だと思いますけどね。

品種的に古いんでしょうか。もっと見直して欲しい品種のひとつだと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

BBの配置変え

我が家のままごとブル-ベリ-の配置をかえました。

 

001 

今まで、南のコンクリ-ト壁側に並べていたのですが、ひな壇式にして北側窓際に並べてみました。冬は南からの日差しがバルコニ-の奥まで差し込むからです。

今まではハダニの被害が多いので、少しでも雨水が当たるようにと思ってのことでしたが、多分もうハダニはいないと思い、日当たり重視の冬配置です。

全部並べきれないで、南にも少しは置いてるのですが、こうして見ると、チビ苗が多く本数も余りない、もっと置けそうな感じですね。

こちらは苗の養成所で大きな樹はほとんど畑のコンテナに持って行ったので、余計さっぱりとした様子です。

 

ここでの大苗は

003 

正面10号スリットのデュ-ク自根。

樹が古そうで、突然死しそうな気配です。

来年制限なしで生らせて、その後不調なら処分対象苗。

左手前にピンクシャンデリアがのぞいています。これの花はまた後日。 

 

005_2 

上画像はコリンズ自根、購入後、味見したことがありません。

確か4年生のはず、来年実なりさせて美味しければ接ぎ木で残し、不味ければ処分します。

 

007 

008   

 

これはチャンドラ-自根。枯れこみそうなので設置場所もいまいちの壁際。 

以上3本はノ-ザンなので、実なりさせたら後が保証できないBBです。

 

 

最後に現在のチェリ-の様子。

 

012 

フクとベリ-です。左かごのマル達をいつも覗いています。マル達はラブラブでデ-プキスの真っ最中ですが、嘴が動くので画像がピンボケでアップできません。

 

015

この2羽も、意味ありげに目を見つめ合ってるでしょう。

また巣引きを始めそうで、ちょっと怖い。お正月休みに子守は嫌ですからね。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

室戸岬に行く

今日は久しぶりの陽気に誘われて、友人と4人で室戸岬にドライブ。

室戸が近くなると、車窓の風景が変わってくるのです。

夏涼しく冬暖かい温暖な気候に道路脇にはハイビスカス、ブ-ゲンビリアが咲いていて南国気分も高揚します。下画像は道ばたに咲くアロエの花。

 

043 

花をアップすると 

 

041 042 

オレンジの濃淡で、珍しい花。室戸では至る所に有りました。 

 

道路のすぐ横には太平洋が。

今日は海も凪いで、キラキラと光る海面がとても綺麗でした。

 

035 

036 

海を渡ってくる心地よい風に吹かれながらのドライブは快適そのもの。

台風銀座も風の無いときは最高です。

 

お腹が空いて、室戸市内の釜飯屋さんに

 

029  

鯨の釜飯、牡蠣釜飯、ミックス釜飯など注文して、今日は豪華版のお昼です。

 

027

お刺身はカジキマグロ、カンパチ、ハガツオの3品、結構いけましたよ。

ここは鯨のお刺身、タタキ、さえずりなども有るのですが、今回は予算の都合で・・・・。

田野町、安芸駅の道の駅など寄りながら、4人でわいわい楽しいドライブでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月22日 (土)

挿し木とティフブル-の子供

10月22日に挿した挿し木の状況です。

002_2 

差し穂が10~15センチ位で斜め挿し、2芽位を埋めています。

今回はいつもより長めにしたのですが、発芽はまずまずのようで

005 

展葉しているのやこれから芽が伸びるのなど動きが出てきました。

画像はオニ-ルですが、後ラビットのT100、デライト、バルドウィン、ウィトウなどとシャシャンボです。今のところ黒くなる枯れ込みは見あたりませんが、これから寒さに向かう季節、上部の成長は無理がありそうです。。
やはり、晩秋の挿し木は地上部の展葉がなければ、難しそうですね。ちなみにこんなに遅く挿し木をしたのは初めてです。

地上部が動かなくても、根は張っていくものでしょうか。 

 

 

015 

これはティフブル-。先日のサンシャインチビ苗と同じたった1本の残り苗です。

前にもちょっと書きましたが、この苗の親は今年の春、BB初めての友人たちに貰っていただき、その時の忘れ形見になりました。

と言っても決して枯れ死にしたわけではなく、BBの整理を兼ねて、ウッタ-ド、ティフ、ブル-ジェム、ホ-ムベル、プレミア、サンシャインブル-等と同時期に実着きで嫁に行ったのです。気前よくじゃんじゃんあげて、気づいたらコピ-まで持たして、後は何にも無くなっていたのですが。

これらは決して不味い訳ではなく、栽培の稚拙さゆえに、私的には多少皮が気になって。(横着にもその頃ハイブシュの滑らかさに心動かされていたのも事実です・・・)

でも自分がそうであったように初心者が当地で育てるには1番と思い、数人の方に貰っていただいたのです。
結果、他の品種も栽培したい、肥料はどうすればとか、赤くなって葉が落ちたけど枯れるんじゃないかと写真持ってきたりでBB仲間が増え、一石二鳥の役割を果たしてくれました。

こんなBB達の子供です。大事にしてやらなくてはいけませんね。スペ-スの問題もまだ小苗だからその内何とかなるかも~。

こんな私ですからBBの整理には相当の覚悟が必要なようです。

でもやりますよ、来年こそは。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年11月21日 (金)

サザンの紅葉とピンクシャンデリア

今日は花壇のサザンハイの紅葉の様子です。
 

019 

これはビロキシ-。シュ-トの下から紅色が上がってきます。

とても綺麗な良い色です。

 

020_2   

全体見るとこんな感じで、下葉からの紅葉は正常範囲なのでしょうね。 

 

 

下画像はブラッデン。日照の方に枝が偏って伸び、紅葉はチラホラです。 

021_2   

023 024  

部分的に見るとこんな感じで、我が家の快調苗です。

午前中はとても日当たり良く、午後には欠ける花壇のBBです。

ノ-ザンと比較してもやはりサザンの紅葉は遅いようです。 

  

  

  

002

これはピンクシャンデリア、例の挿し木苗です。

非常に花が多く、右の枝蕾だらけ、左や前の分には、花芽一杯。

004  

007 008  

下から見るとこんな垂れ下がった花ばかりです。どうやらピンクシャンデリアはお花の観賞用ブル-ベリ-のようです。

来年の結実は諦めて、この花たち全部咲かせてみます。この寒さでお花の少ない時期ですから。

例え不調になってもこの樹は3~5センチの差し穂で根付いた実績が有りますからね~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木)

接ぎ木の成長

今朝も1度の気温寒くなりました。この頃の我が家の接ぎ木の様子です。

 

016 

接ぎ木ボ-ナス、10月初めに根洗して8号に植え替えた物。

購入は20年1月頃か?鉢土も崩さずそのまま6号に植えていた。そのせいかほとんど成長せず、余り新芽も出なかった株です。やはり最初が肝心なのか、根洗い植え替え後も目立った変化はないのです。不調苗の予感もします。

 

 

018 

接ぎ木サミット。美味しいとの噂に昨年秋頃岡山のHCにて購入苗。

数粒果実を食したのに、その後小葉が多く出て、縦長の樹形に成ったが、シュ-トは発生しない。これも鉢にそのまま収めた苗なので、10月初めに根洗いして8号スリットに植え替え。

上記2本は接ぎ木でも成長の悪い苗で、根洗の結果がまだ出ていません。 

 

反対にこんな苗も有ります。

 

006

接ぎ木ヌイです。今年3月購入9月植え替えです。

害虫にも蝕まれる事もなくまずまずの成長です。

花芽も

008 009

しっかり着いています。

今年も数粒生らして味見したのですが、勢いが衰えません。  

  

 

011 012 

 

これは接ぎ木チッペワ。3月購入9月植え替えです。

枝は四方に広がり樹形はとても悪いのですが樹に勢いがあります。 

 

 

最初の2本、接ぎ木でさえもこのように成長の悪いのが有るのですから、自根のHBは当地では細心の注意を払って、特に高温と過湿に気をつけないと育てられないと今更ながら実感しました。

でも何年かは当地でも自根で行ける品種があるとも思うのです。家のサザンハイや一部のノ-ザン、ウェイマウスやレカ、デュ-ク等は5年生位が不調にならず生きています。それに移動の簡単な小苗達も。ただ将来にわたっては保証の限りでは有りません。いつ突然死がくるかも知れません。

だから暖地栽培では美味しい品種のみを自根の力の衰えないうちにホ-ムベルやブル-シャワ-等に自作接ぎ木として残すことでしょうか。出来ればシャシャンボに接げたら尚グッドですがね。

接ぎ木に自信のない自分には大きな課題ですが・・・。 

 

 

それと今後当地で適作であるラビットを見直す事も自分の課題のひとつです。今までHBばかりに重きを置いてラビットを軽々に扱ってきました。

けれども最近、ラビットが美味しく感じられなかったのは、自分の栽培収穫技術の未熟さ故で、美味な品種、皮の気にならない品種等素晴らしいBBもあると思えてきました。

ただそれに気づかなかったのです。

何度も初心に戻って恥ずかしいのですが、来年はこんな意味でもBBの整理をしたいと思っています。

 

 

  

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

マルって気難しい?

今朝の温度は3度C、当地でも珍しいくらい寒い朝。1月上旬の気温とか。

毎日快晴なのにほとんど水遣りの必要のない季節になりました。

今日のブル-ベリ-は晩生ラビットアイマルの話。

 

003_2 

10号鉢のマル。今年実生りさせて、20粒ほど収穫 し、お疲れの株。

ラビットアイとは言え、樹勢の割に合わない無理をさせてしまいました。

樹に不釣り合いな大きな鉢はメンテナンスフリ-で育てるためですが・・・。

002 

上から見ると紅葉も進んで、当地では常緑のマルとしては困った様子です。

005 006 

花芽か葉芽かまだ判別出来ないのですが、葉先には芽も見えています。
植え替えの無理か、生らせた事への抗議か、不調のマルです。

 

005_2

これは6号鉢マル、素直に伸びています。
上の枝が曲がって矯正しなくてはいけませんね。 

 

006_2 

挿し時期がずれたため、成長に差は有るのですが、この3本と上6号マルは全部挿し木。

最初の画像のマルの子供です。左など酷い横枝で支柱で矯正しなくては。

これ以外にもチビ苗同級生が数本あって、各々友人に配りました。 

 

最近はあまり美味しいとの評判も聞かないマルですが、私は大好きなのです。

3年前のある日のこと、ドライブの途中、田んぼの真ん中でブル-ベリ-をポットで多量に栽培されているのを見かけ、私はトコトコと歩いてそのハウス風に行ったのです。
ハウス風は周りを囲っただけで屋根はついてないし、BBのポットには何やら配管がしてある、チュ-ブらしきものが。
近所のお家を訪ね、園内を見せて貰いました。

これが噂には聞いていたオ-シャン貿易のバッグカルチャ-栽培。ポットの中にアクアフォ-ムなる花挿しスポンジみたいなのを敷き、その中にBBを植えて、養液を点滴灌水して育てていました。

去年の秋に植えた小さな苗が(2年生くらいか)もうこんなになりましたよとの事で外観は4、5年生位の成長。3月頃です。目を見張るほど成長が速い。養液栽培恐るべしです。
品種はあちらの指定でラヒ、マル、プレミア、ブライトウェル。

その後も何度かお訪ねして、その都度園内を見せていただきました。

最初の収穫の時、ご好意に甘えてつみ取りをさせていただき、マルに巡り会ったのです。
訪問時には収穫も終盤になったから、今1番はマルがいいよ。とのことに初めての生BBを味見させて貰いました。

ラヒとプレミア、ブライトウェルは最盛期は過ぎているようでしたが、甘くて良い味。
マルは十分に熟していて、素晴らしい大実、味もコクがあって最高。紙パック1杯頂いたのですが、食べ応えがあり、これこそブル-ベリ-と感じました。

BBとはこんなに美味しいものか、市販のブル-ベリ-にはない新鮮な奥行きのある味に、これを是非自分の手で育てたいと感動しました。
この後マルがニュ-ジ-ランド品種でラヒ、オノ、ウィトウ、タカヘと同系統品種で、晩生種、完熟判断が難しいなどの事を知りました。

これ以来、マルが1番のお気に入り、その後もう1種お気に入りに追加のスパ-タンに巡り会うのですが。

こんな訳で私はマルが大好きなのです。自分の家族の小鳥までその名前にしてしまいました。

それから3年、それ以来のお付き合いでそこの園主さんにも、色々教えていただきました。

先日久しぶりに収穫後お邪魔したとき、BB達は益々大きくなっていましたが、マルは難しくてほとんど枯れたので、品種変えようと思っているよと言われました。養液栽培でも枯れる場合が有るのか、驚きでした。マルって気難しい品種なのでしょうか。

話し戻りますが家の生らせたマルは、収穫を焦りすぎて、味が乗りませんでした。来年こそはヘタまで色づいてさらに1週間を守って美味しいマルが食べれますように。

おっとその前にもう少し樹に体力付けないといけませんね~。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年11月18日 (火)

葉が大きいでしょう

今朝も畑のコンテナBBを見回りにいってみました。

 

030 

このでっかい葉、何だと思いますか。

接ぎ木スパルタンなんです。それも偶然成功した自作。

構わないものですねえ。下手な高接ぎでも。

032 

この枝の先にはこんな芽が、大きい実の嬉しい予感がします。

後は剪定の問題でしょうね。

今まで、自根のスパルタン数本育ててきました。でもこんなに大きな葉が出来たのは初めてです。やはり接ぎ木の威力でしょうか。私のような滅多に着かない人の作った物ですら、これですから、プロの方のは言うに及ばずですよね。 

 

 

昨日、仕事帰りにポ-ムダム-ルのケ-キを買いました。 

004

たった3個です。ケ-キ屋さんで2個の購入は気恥ずかしくて、かといって4個は多すぎるし、ケ-キってその日しか保ちませんよね。

これは勿論私が2個でメタボ心配な相棒は1個ですよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

山の柚子

昨夜からの雨も今朝には止んで、快晴の予感。温度も上がりそう。

日曜のモ-ニングは市内南西部に行きました。

 

012

駐車場の広い喫茶店。

モ-ニンガを愉しむ人が一杯で店はかなり混雑。 

 

010

モ-ニングプレ-トはス-プ、柚子ゼリ-、ミニジュ-ス、サラダ、黒パン、サンドイッチ2種にグラタンの豪華版これにコ-ヒ-です。 

 

 

 

午後から相棒の実家の山に柚子取りに行ってみました。市内から1時間半の山の中、画像のような道をドンドン上るのです。

017 

山の上の柚子畑。相棒の母が自家用に15年くらい前に植えた柚の木。

写真穫れなかったのですが、樹は4M位に伸びて、手入れをしないので、ただ大きいばかりでした。作業は1時間余り、山里は日暮れが早く早々に帰宅しました。帰りの車の中はむせかえるような柚子の香りで一杯。 

 

それでも少しは柚子玉が穫れて以下の画像のようです。

021 

ただまったくの放りっぱなしのため、無農薬、無肥料で玉の表面はボコボコで傷が多く、ス-パ-などで販売している綺麗な物には到底及びません。

 

023

アップするとこんな感じ。

柚子酢を絞ったり、入浴剤がわりにお風呂に入れるには、遜色なく使えると思いますが、自然栽培そのもので、至って器量が悪いのです。

コメントを下さる皆様、こんな柚子ですが貰って下さる方がいれば、ご送付します。

住所をメ-ル下さいね。 

 

昨日アップしたHCのチビ苗チャンドラ-が今日は1980円が500円に値下がりしていました。

他のBBもエミ-ルは1本も無くなってて、ブル-クロップの3年苗風が1680円で新しく入荷されていました。ブル-クロップは家にはまだ無いし、NHK趣味の園芸には初心者向きの優良品種でいうことなしの美味、毎年安定して沢山穫れると書いてあって心動いたのですが・・・。

当地では難しいHB、自根は買ったら駄目と思い諦めました~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)

教えて下さい

今日は近所のホ-ムセンタ-のBB売り場にちょっとお散歩してみました。

最近は余り売れないのか変わった品種もなくて

022 

プラ容器入りがバルドウィン、パ-ルブル-、エミ-ルなど1280円。

オレンジネットの分がホ-ムベル980円で商品も余りないようです。

 

少し離れたところに 

 

027 

花の大和の苗マイヤ-ズ、メンデイトなど。680円だったかな。

その横に大実ブル-ベリ-タキイのチャンドラ-1980円、こちらは春から販売していて大分売れて(枯れて?)いるようです。まあこんな具合ですので、非常に品種が少なく寂しい限りです。

当地では地元の大手HCが2軒くらい、各地に支店がありますがほとんど似通った品揃え。

園芸店にも花の大和シリ-ズが多く、他の品種は少なくて、残念な思いです。多分今年はもうこのままで、来年の開花期まで新入荷は期待できないでしょうね。

 

このHC別の場所でこんなの見つけました。 

 

029 

バジル苗100円。これの方が良いよ安いもの。パスタ料理にも使えるし~。

でもこのHC県外には無かったポポ-の木があったり、商品によっては品揃えが良いのです。
当地ではBB栽培のプロは多いのですが、家庭栽培の人は少ないんでしょうか。

それにしても1980円のチャンドラ-はかなり売れていますが・・・・。  

 

 

こちらは今朝、自宅のBBプルの葉に付いていた虫。

プルはハダニには特に好かれて、振り払うことも出来ない優しい子なのです。

初めて見た虫です、これもハダニでしょうか。何かご存じの方いたら、是非教えて下さい。

 

010_2 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年11月13日 (木)

天敵栽培

今日は土曜日からの風邪が酷く、取材に出歩くことが出来ません。

我が家のBB達の植え替えも終わったのでぼんやりとTVを見ていました。

8日のDVD、当地の安芸市のビニ-ルハウスで天敵栽培をされてる方の話しでした。

天敵栽培、害虫を虫でやっつけるというあれです。

アザミウマにはタイリクヒメカメムシ、アブラムシにはメヒカカメノコテントウ、コナジラミ等にはクロヒョウタンカスミカメとか良い成績あげているようでした。

BBにも応用できないかなと考えていたら、この虫たちはJAでミニプラボトル1杯分位で1万円とか、ええ~こりゃ駄目だよ。趣味栽培の身には。

どっかでカメムシとテントウムシ探してネットの中に放り込んでみようか。でもその前の長たらしい名前、やっぱりそこら辺に居る虫では駄目のようですね。

BBもシャシャンボ接ぎ木にすれば、ピ-ト使わないから、コガネも入りにくいの図式で、相棒にさっさとシャシャンボ挿し木手伝ってよ。ということで明日から挿し木またする事にしました。

実生が発芽率が高いと聞きますが、家のは実がほとんど生らないのです。花が咲くだけで・・・。

シャシャンボ2本を花壇に地植えしてみようかな。早く成長して実が生るかも知れない。 

 

 

001

挿し木サンシャインブル-。親は今年の初夏、嫁に行きました。

鉢の右側分かりますか。噂のカメムシ君。 

 

003 

ポポ-は6枚の葉を残すのみ。まもなく丸裸です。

今夜は風のガ-デンでも見て、寝ましょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月12日 (水)

ガルフコ-ストの植え替え

今日は久しぶりに快晴で、前々から気になっていた花壇のガルフコ-ストを植え替えました。

葉に早く紅葉の来た部分もあり、もしやコガネではと思いつつ、最近は少し落ち着いた様子も見え延び延びになっていました。

掘り上げてみると

003

根はこんな感じで、植穴も見ましたが、さして怪しい様子はない。

 

002_2 

樹の上の方はまだ十分青々しています。

007 011

ただ花芽らしきはほとんどないし、下枝には枯れ枝が数本。

サザンの花芽はもうとうに着いていて良いはず、この苗の不調の原因は?

とりあえず、コンテナに植え替えることにしました。

 

013 015 

さらに根の周りをシャベルで崩してみるがしっかり根は張っている様子です。

ただ白根が余りないのが気に掛かるところですが、判定は加湿と言うことにして、
コンテナに納めました。

下の画像です。

019 

今日の植え替えで手持ちのチップはすべて使い果たし、再注文しました。

本数が増えると資材の費用に結構掛かりますね。
昨年秋頃からピ-トは大袋170リットル3個買いました。まだ1袋の半分以上は残っているのですが。

最初の買い物は10号スリットをBBハウスさんで10個購入からで、その時は10本までと決めていたのです。それも当地に適したラビットアイばかりを。

ところが、ハイブッシュの美味しさに目覚め、次々と買い求め、今では大鉢(10号~コンテナ)約35本小苗6~8号まで30本、チビ苗数知れずの大世帯になってしまいました。

不調苗も多いのですが3年前と比べると、枯らす率も少なくなったし、挿し木の確率も高くなって増えるばかり、その上新品種を買い重ねるので、もう一杯を通り越して困ったことになりつつあります。
 

それで郊外に安い畑付きの家でも買いたいと思い、何度か見に行ったのです。

ところが、自宅マンションを売却して購入出来る畑付き家は、中心地から1、2時間以上離れ、車も入らない山のてっぺんとか絶壁を上ってポツンとある一軒家とか畑100坪付きでも、病院はス-パ-はと考えれば、空恐ろしいばかり。
案内の人に聞くと移動ス-パ-が週2回ぐらいとのこと。

救急車は間に合わないよ。病院狂いの私にはとても住めません。
 

そんなこんなでこの計画は断念。狭いバルコニ-と小さな畑に満足して、雑念を払いBBの整理をしなくてはなりません。 
 

でももう少し後で、来年に先延ばししま~す。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

畑の鉢植え

流れる鼻水を抑えつつ、久しぶりに畑に行きました。

思えば畑の地植えを鉢取りしてから、たった1度しか水遣りをしてない。

原則メンテナンスフリ-と思ってはいたが、大丈夫だろうか。

今日もマルチの下の用土に触ってみる。うんまだ湿っている様子。

マルチは予算の都合で5センチほどだが、下の方はまだ湿っている。

これはレカ。

002

害虫にやられてはいるが、大丈夫そう。

この品種は暖地でも強いとの事で、小さめを10号スリットで畑に運んだのです。

3月にはたっぷりの肥料をあげるから、ゆっくり休んでいてね。  

 

 

007  

これは家では評判の悪いエリザベス。

あちこちのブログに酸いし美味しくないと書き込み、落ち込ませてしまった苗。

010_2  

品種疑いまでしていたのですが、それがこの子に聞こえたらしく、
枯れこんで2本枝を剪りました。少し反省。

植物は美味しくな~れって言いつつ愛情持って育ててやらないと力発揮出来ないですよね。

この子にも気持ちを優しく持って、もう1年頑張って貰います。

味が安定して美味しくなるようにと願いをこめて。 

 

 

012_2 014

この白く丸い実はたった1個残ったラヒの果実。

もう前から落ちもしないし、熟す様子もない残り実です。

ちょっと寂しい-。

 

気分を変えて、いつのまにか咲いていた名前も知らない花。

真っ白で可愛い小さな花です。種が何処かから飛んできたのでしょうね。

034

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

切り株ホ-ムベル

土曜日からの寒さに昨日曜日は風邪をひいて1日寝てしまった。

風邪が流行るとすぐ引いてしまう、抵抗力のない自分が腹立たしい。

友人にも風邪なんか引いたこと無いと言う人も居て、同じ人間なのに生来元気な人と全くそうでない人と両極端。

神様は不公平です。

自分の場合、風邪は万病の元なので、次の病気を引き起こさないよう、安静にして気弱くなってしまう。

今日は少しマシになって、BBの話です。 

 

これはすべてホ-ムベル接ぎ木台木のなれのはて。

006

少し上から何回か接ぎ木に挑戦し失敗して短くなった樹達。

株はスカスカになっているが、まだ生きてはいる様子です。

もすこし元気になったらまた台木として活躍して貰いたい、そんな子達です。

016

これもホ-ムベル。

最近皆さんがされている多品種接ぎをしたいと、準備している樹。

テキスト通り、3、4月頃試してみます。

上の方から何回か接いでいったら少しは出来るかなの甘い予測です。

確率悪くて恥ずかしいのですが、上手くいかないのもまた良いかな、パ-フェクトに出来たら楽しみ少ないじゃないと負け惜しみで思っています。 

  

 

次は私でも出来そうな挿し木。 

 

014 

エアコン室外機カバ-の上。 

012 010 

左は10月23日挿したばかり、でももう芽が動いているの有りますよ。

一応斜めに挿して居るんですが穂木が長すぎたかな。

ラビットのT100、T172、バルドウィン、デライト、ウィトウ、オニ-ル等。

知り合いがネパ-ルに持って行くとのことで挿したのですが、どうなるでしょう。

ネパ-ルは沖縄のような気候でBBは全然栽培されてないとの話しで、
ラビットなら育つかなと思ったのですが・・・・。

その人は今年も春、何本か買って持って行ったようです。もちろんボランティアで。

ホ-ムベルは彼が持ってるとのことで、違うの用意してみたのですが、役立つようになるには1年以上時間が必要ですね。

蘭を輸入している方なので、この話し夢があると思いませんか? 

右は少し根付いて鉢上げした分、4号チビ苗達です。6号以上は別の場所。

水切れしないよういつも目に付く一等席に鎮座。先日頂いたキセもここに居ます。

 

 

今日は最後に前にアップしたビオラ、大分きれいに咲いてきましたよ。 

007

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土)

雨の土曜日

朝から冷たい雨が降って、温度も20度位。 

 

今日のBBは花壇に植えてるベッキ-ブル-。去年9月収穫の後、コガネの被害に気づいて植え替えしたもの。 
下画像の真ん中、緑の薄い色のBBです。

 

009_4  

010  011 

今年は1個も実は生らず、春僅かに咲いた花も結実しないまま散っていました。
この時は隣にウッタ-ド、パウダ-ブル-、ティフブル-がいて、他のは満開の花、沢山の果実。

去年にはこのベッキ-も良く生り、友人達も味は一番と言ってくれたのに、その後の植え替えで今年は不調。

他のは満艦飾の実を着けて、ホ-ムベルの2年生をお供に各々嫁入りをしました。。

ベッキ-はラビットとしては脆弱なのでしょうか。回復が遅いようです。

画像のように新芽もシュ-トも余り出ません。花芽らしきは少しは有るんですが。

他にもベッキ-の苗は2本あり元気に成長を続けていて問題ないのですが。

この苗に限り、来春回復が見込まれなければ処分になりそうです。  

 

 

001 004

先日道の駅で買った愛媛県作出の「甘おとめ」小さな花が。

まだ肥料を入れてないのでIB化成でも置かなくちゃあ。

前に有機肥料を置いて虫が発生し失敗したことがあるから、今度は慎重に。

たった2本の苗、でも面白いです。

そう言えば最初の失敗はイチゴの土、イチゴ専用肥料と揃え、品種もタキイから購入のジャンボイチゴにHCのさちのか、赤い花のイチゴ(名前は忘れた)を加えプランタ-も新規購入で結構張り切ってやったのですよ。3年ほど前のことです。

でもジャンボは小さく2~3個とれただけ、他のは色づくとすぐ何かに食べられて駄目になり、今度で3度目の挑戦。

置き場所か肥料の問題かと思い色々試したのですけど、食べるまではいきません。

先日TVでハウスの中に石垣ついての育苗を見て驚愕しました。
あんなん有りか~。

家は今度はお金を掛けないお気楽栽培2本のみ、さてどうなるでしょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月 7日 (金)

ピンクシャンデリアとチェリ-達

バルコニ-のピンクシャンデリアが大きくなってきました。

002 

6号鉢に鉢上げして2ヶ月ばかり、ぐんぐん成長しています。

右上の枝は花芽が多く、異常な膨らみ方。 

 

004 007 

画像大分ピンボケなのですが、花芽のなかのピンク分かりますか。

この蕾たちが今にも咲きそうで、

今回は成長を二の次にしてこのピンクの花咲かせてみようかなど迷っています。

思えば3センチの差し穂、大きくなったものです。

それもたった1本の差し穂。元来着きやすい丈夫な品種かも知れません。

丈夫な品種なら少し咲かせても少し生らせても大丈夫か?

甘いかな。 

 

 

小桜インコ達、毎日ギャアギャアと喧しく遊んでいます。

022

マルちゃん居なくて、葉っぱとベリ-とフク。

何か相談中です。

真ん中のベリ-は県外のショップから来た子、来た当時は飛べなくて、人間に怯えている鳥だったのですが、
今では我が家の一員。皆とも仲良しになってとても可愛い子です。

017 これは4羽勢揃い。

スカ-フをしないと肩にウンチが掛かります。

この子達の室内遊びの後はティッシュ片手にウンチ取り。

多少困り事もあるのですが、

良い子達に癒されています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年11月 6日 (木)

新しい仲間

とても嬉しいことがありました。新しい仲間が増えたのです。

NHさんのご好意で欲しかったデニスブル-を送って頂いたのです。

 

023 

しかもこのデニスブル-は接ぎ木です。

一緒に送っていただいた茶色の名札の挿し木。

何だと思いますか?  

 

キセと書いてあります。よく見れば2本。

欲しいと思っていたマニアックな品種。

もう嬉しくて嬉しくて夢見心地です。

NHさん有り難う御座いました。

どちらも今日少しだけ大きいスリットに植え替えます。

挿し木はもちろん2本に分けて、水はけの良い用土で。

枯らさないよう成長させます。有り難う感謝で一杯です。  

 

変わってお寒い自宅のBB。

まずはプルです。 

008 011 

ハダニ被害で落葉、産毛の生えた棒のよう、

花芽だけしっかり着いてます。

少し可哀想になりましたが人間に出来ることは余りないようです。

ハダニにやられたBBは多いのですが、特にプルは好かれているようです。

 

017 009

プルの兄弟ヌイです。これは接ぎ木。

これはハダニ君に嫌われたのか、落葉はありません。

花芽もバッチリ。先の方今にも咲きそうです。来年は少し実生りをと企んでいます。

 

018 020

接ぎ木チッペワです。

アザミウマにやられて葉が丸くなっていますが、旺盛な繁殖力。

今年半年で大変成長しました。20年3月頃購入の売れ残りインパルスです。

今頃のBBは花芽と紅葉ぐらいしか無いのですが、日々の変化が楽しいのです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年11月 5日 (水)

シャ-プブル-の芽

昨日の花芽の続きのようですが、

畑のシャ-プブル-に勢いの良いピンクの芽が出てきました。 

 

 

007 010  

左の根元の横少し分かり辛いのですが、大きな芽でしょう。

今頃出てどうなるんでしょうかね。

右画像は花芽の方、シャ-プブル-はやはり凄い。

画像大きくして見て下さいね。

これは快調苗で少しも色づいていません。  

 

色と言えば大分前に葉に白が混ざるのでアップしたことのあるビロキシ-。

004 007_2 

その後は上のようになりました。

白の斑の入っていたところは、赤っぽくなって綺麗でない。

やはりウチのは成長不良に依るアンバランスな葉だったのでしょうか。

前の画像と比べたら断然違いますよね。

こんな小さな変化がまた面白いBB栽培なのです。 

 

これは最近出したノニの実、だんだんボ-ルのように膨らんできます。

白く熟れてきたらジュ-スになるそうですが、美味とはほど遠そうです。

010_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

紅葉きれいになりました

今朝は畑の見回りに行った。

紅葉も大分綺麗になってきた。

 

012 

これはバルドウィンかなり赤くなってきた。

植え替えのせいで紅葉が早い。

 

014 015

下葉は色が濃いくて、右の上の葉は赤が薄い。  
 

 

016 017 

これはオニ-ル。

通常なら常緑に近いのだが、これも綺麗な色。 

  

 

018_2  

スパルタン接ぎ木。

下葉はまだ緑だが、上の方赤くなってきた。

これは前から畑にいたBB。

植え替えもコガネ被害など無かったので、無理は掛かって無いはずだが。  

 

同じスパルタン接ぎ木でも別の分、バルコニ-からこちらに来た分は、

まだ全然紅葉して無くて、下画像のようです。

花芽メチャクチャ着いています。

020 

来年はこの花芽をどの位落とすかが、これからの嬉しい悩みです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

山の蜂箱の事

今日のモ-ニングは職場の近く、

町中の平凡な500円モ-ニングです。

001_2

サラダ、パン2種、ゆで卵、プリン。

今日はホットミルクで1週間のストレス解消。

 

午後から山の蜂蜜を取ろうと思っていたのですが、

天気も悪く、蜂の機嫌も悪く、蜜の溜まりも悪くて思いとどまりました。

005 006 

左が蜂箱、手が少し写ってる短足は相棒です。

蓋を除けたのですが、中は右の画像。

採蜜は来年になりそうです。

 

この山に植えている蜜柑は最盛期を迎え、色づいてきました。

蜂箱は置かせていただいているので山の持ち主は友人です。 

 

001_3 006_2

こんな感じの色づき。

右のは木が倒れて地面に着いてます。奥に見えるのが蜂箱。

今日はこの蜜柑を沢山頂いて帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

肱川道の駅にいく

今日は紅葉を見がてら、愛媛県大洲市道の駅肱川に行った。

ここでポポ-の果実など販売されているとの情報をいただいたからである。

途中、日吉夢産地にていちご苗購入。

 

009_2

いちごは前にも挑戦したことがあるが、虫が付いたり、ウドンコ病になったりで、
上手くいかず諦めていたが、色んなブログなど見てまた作ってみたくなった。

とりあえず2本購入、1本250円。 

 

快晴で気持ちの良い道をドライブして、肱川についた。

農産物直売コ-ナ-に行く。

う-んそれらしき物はない。

レジの女性に聞くと、
ポポ-の果実は9月頃期間限定でほんのちょっとの間とのこと、
ポポ-はあけびのようなものでなかにビワの種みたいなのが入っていて、
黄色の実は甘いとの事だった。

実生苗は冬に販売していて1000円もしない2本買うと良いよとのこと。
こちらでも生産農家は1軒くらいの感じ、時々電話したら取り置きしてくれるそうでした。

また後日、機会が有れば行ってみよう。

 

特産物売り場でブル-ベリ-ジュ-スを見つけた。お値段にびっくり。

 

011

内子の高山ガ-デンさんの製品。左のストレ-トより右の希釈用が売れていた。

高級品、私にはとても買えない。

自宅の冷凍室のBBも何か加工して、早めに処理しなければと思った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 1日 (土)

バルコニ-BBの花芽

今日から11月。バルコニ-のブル-ベリ-に花芽らしき物が付いてきました。 

006 008

左ダップリンに右カロラインです。  

  

 

010 012

これはブル-リッジとチャンドラ-。  

 

 

014 019

ナイトジェムにサミット。 

  

画像はピンボケでアップできなかったのですが

ヌイが花芽膨らんで今にも咲きそう。

いつも書いてるように自宅のバルコニ-はコンクリの壁で風通し悪く、

南向きですが屋上のひさしが出っ張り、日当たり今一。

こんな環境でもめげずにBB達は花芽をつけてくれました。

小苗の花芽も数知れず、ここにアップした子達は木も大きいので少しは生らしてみたいと思っています。

受粉には新しい問題が発生するかも知れませんが・・・・。 

 

 

003

これは今年6月に仕込んだブル-ベリ-酒。

BBはスパ-タンだけの使用です。味は極上。

大分減りました。

まあ~一杯如何ですか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »