« サザンの紅葉とピンクシャンデリア | トップページ | 室戸岬に行く »

2008年11月22日 (土)

挿し木とティフブル-の子供

10月22日に挿した挿し木の状況です。

002_2 

差し穂が10~15センチ位で斜め挿し、2芽位を埋めています。

今回はいつもより長めにしたのですが、発芽はまずまずのようで

005 

展葉しているのやこれから芽が伸びるのなど動きが出てきました。

画像はオニ-ルですが、後ラビットのT100、デライト、バルドウィン、ウィトウなどとシャシャンボです。今のところ黒くなる枯れ込みは見あたりませんが、これから寒さに向かう季節、上部の成長は無理がありそうです。。
やはり、晩秋の挿し木は地上部の展葉がなければ、難しそうですね。ちなみにこんなに遅く挿し木をしたのは初めてです。

地上部が動かなくても、根は張っていくものでしょうか。 

 

 

015 

これはティフブル-。先日のサンシャインチビ苗と同じたった1本の残り苗です。

前にもちょっと書きましたが、この苗の親は今年の春、BB初めての友人たちに貰っていただき、その時の忘れ形見になりました。

と言っても決して枯れ死にしたわけではなく、BBの整理を兼ねて、ウッタ-ド、ティフ、ブル-ジェム、ホ-ムベル、プレミア、サンシャインブル-等と同時期に実着きで嫁に行ったのです。気前よくじゃんじゃんあげて、気づいたらコピ-まで持たして、後は何にも無くなっていたのですが。

これらは決して不味い訳ではなく、栽培の稚拙さゆえに、私的には多少皮が気になって。(横着にもその頃ハイブシュの滑らかさに心動かされていたのも事実です・・・)

でも自分がそうであったように初心者が当地で育てるには1番と思い、数人の方に貰っていただいたのです。
結果、他の品種も栽培したい、肥料はどうすればとか、赤くなって葉が落ちたけど枯れるんじゃないかと写真持ってきたりでBB仲間が増え、一石二鳥の役割を果たしてくれました。

こんなBB達の子供です。大事にしてやらなくてはいけませんね。スペ-スの問題もまだ小苗だからその内何とかなるかも~。

こんな私ですからBBの整理には相当の覚悟が必要なようです。

でもやりますよ、来年こそは。

|

« サザンの紅葉とピンクシャンデリア | トップページ | 室戸岬に行く »

SHオニ-ル」カテゴリの記事

コメント

近くにBB仲間がいるってのはいいですね。励みになりますし情報交換や品種交換も容易ですからcatface
三連休は実家に法事で帰るので、実家の庭に植えたブルーベリー達を愛でてこようと思っています。また近くにブルーベリーの苗木を専門で販売している方がいますので情報交換&新品種購入&ブルーベリー園の見学をしてこようかなって。マルやピンクシャンデリアあるかなぁ~happy02

投稿: morita | 2008年11月22日 (土) 12時21分

moritaさん

近くのBB仲間はこれからの方で、今は生意気にも私が教える立場なんです。早くのめり込んでくれると良いんですけどね。まだそこまでは行ってない。
連休はご実家にお帰りですか。お庭には何を植えてるんでしょうか。
情報交換、新品種購入、BB園見学、魅力的なこと一杯ですね。羨ましい~、私も行きたいですよ。

もしマルやピンクシャンデリアお望みでしたらいつでも送りますよ。シャンデリアは差し穂になりますけどね。

投稿: はっぱ | 2008年11月22日 (土) 15時03分

秋の挿し木は地上部が動かないから心もとないですけれど私も去年、一昨年とやって大体成功していた思います。時期が時期だけに成長は早いとはいえないかもしれませんが私は割りと気に入っています。確かにもうちょっと早い時期だと冬前に発根しそうだからその方が良さそうには思いますけど多分良い確率で成功しそうに思います。そちらは暖かいから尚更良さそうに思います。

投稿: Berry | 2008年11月22日 (土) 17時48分

長めで斜めに挿しておられるんですね。皆さん色々と工夫なさって参考になります。
来年は思い切って整理なさるとのことですが、適地の品種を残されるのでしょうか?私もハイブッシュの果実品質が気に入ってますが、難易度が高く、残せる品種は限られてくると思っています。いつかは整理しないと、全部は大きくできないので、悩むところです。

投稿: かいづ | 2008年11月22日 (土) 20時14分

Berryさん

挿し木なんとかいけそうみたいですね。
Berryさんに多分良い確率で成功しそうと言って頂くと安心です。
接ぎ木失敗ばかりですから、せめて挿し木だけでも成功させたいです。
ノ-ザンは挿し木でもつきぬくいですね。特に家ではエチョ-タとかカロラインが難しいです。

投稿: はっぱ | 2008年11月23日 (日) 08時15分

かいづさん

残そうと思っているのは、ハイブシュは接ぎ木分全部とラビットは自分的に美味しい品種なのですが、これが迷ってしまって困っています。後、特に思い入れのある品種、頂き物の品種などですが。
サザンについては、家は自根が多いので味をみて、接ぎ木に更新したいので、時間が掛かるかもと思っています。
栽培場所が狭いのは、辛いのですが、多少新品種も増やしたいしで、整理してスペ-ス作らなければどうにもなりません。
おっしゃるように、いつかは整理しないといけないのですが大いに悩むところです。

投稿: はっぱ | 2008年11月23日 (日) 08時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1087562/25539342

この記事へのトラックバック一覧です: 挿し木とティフブル-の子供:

« サザンの紅葉とピンクシャンデリア | トップページ | 室戸岬に行く »