« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

本年の決算

昨日から昼間は15度温暖な気候です。やっと掃除も終わり一段落です。 

去年の今日を考えると、今頃は病院のベットで点滴、今年はBBや皆様のおかげで元気に過ごせました。何かに熱中していると健康でいられますね。

 

皆様とブル-ベリ-達、小鳥たちに心からの感謝をおくります。

 

今日は本年の決算と反省をしてみたいと思います。

下画像は今年購入の接ぎ木

006_6

左上からミスティ、ブリジェッタ、ダロ-。

左下ポラリス、チャンドラ-、ダップリンの6本と 

 

001

左上からパウダ-ブル-、フクベリ-、カロラインブル-接ぎ木

下がサンプソン、パマリコ、ホルトブル-、コロンブスの国華園苗。

以上が購入苗です。 

 

後ピ-トモス170L×3、チップ100L×2、防草シ-ト、コンテナ20個、肥料などの支出は多く、経費ばかりでバランスシ-トが合いません。

結構お金かけてしまいました。でもこれが趣味栽培ですから、仕方有りませんね。
 

 

でも来年こそ余り費用を掛けないで楽しく育てる方法を考えなくてはいけません。苗木代は資産ですけど仕方ないとも言ってられないし、その他の経費も極力抑えることが課題です。

接ぎ木も大分買ったし、資産も余り増やしてはいけない、置く場所に困ります。 

 

 

本年の反省を踏まえた来年の抱負です。

①接ぎ木挿し木などの必要最小限の自家増殖に力を入れ、もうあまり購入しないこと。

②増やしすぎた苗を整理して、少数精鋭にすること。

③用土資材の再吟味をして、費用を抑えること。

④適地適作でラビットを見直すこと。

 

①②が一番問題なのですが、一応努力目標です。その気になってるうちに書き残さないと守れなくなりますから。

栽培特に剪定技術の向上や接ぎ木が上手に出来ることなどはまあゆっくり楽しみながらやっていきます。

間違いばかりですが完璧に出来たらつまらないと思いませんか? 

こんな調子で来年ものんびり楽しくBB達に遊んで貰おうと思っています。

 

年の最後に

稚拙で自分勝手なブログにご訪問下さった皆様、本当に有り難う御座いました。心からお礼申し上げます。

来年もよろしくご指導下さいませ。 

2009年の皆様の健康とお幸せをお祈りします。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年12月30日 (火)

シャ-プブル-の剪定

お正月も近くなったのでブログにしめ縄を飾ってみました。クリックすると福笑いになるようです。お福さんにカ-ソル合わせて目鼻を入れて下さいね。

 

さて今日のBB仕事は当地での常緑樹シャ-プブル-の剪定です。

 

010

まだまだ繁殖力強く、葉は青々と、花芽も一杯

 

002_3 005_3 

花芽だけでなく沢山咲いています。クリックして見て下さいね。

 

 

027 

こんなに剪ってしまいました。

枝先の花芽は、今剪り戻すと先になったところが、又咲いてしまいそうで2月頃の花芽調整にしたいと思います。

 

枝を大分剪ったので

 

012

この枝でお花見が出来そう・・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年12月29日 (月)

また失敗です

昨日曜日は風も止んで暖かく、ほとんど1日中家の掃除や畑のBBの剪定などして過ごした。

バルコニ-の片付けをしていて、ブル-ベリ-点検をするとはっと気づいたのです。

 

27日の記事接ぎ木サミットの剪定

 

002_2

これはサミットではない。

この葉っぱ細くてしなやか、小さな枝先にも花芽。

ラベルを見るとダップリン。

 

ああ恥ずかしい~またやってしまった。

サミットだとばかり思いこんでいたのです。

皆様はお優しく気づかないふりして下さって・・・

すみません。ここで訂正させて下さい。 

 

ちなみに本当のサミットは

 

003_2

赤銅色ですが葉がもっと幅広で先端が尖る大図鑑の特徴です。

 

幹や枝の様子も

 

005_2 006_2

ダップリンとは全然違います。

左は天香園、右はブル-インパルスの接ぎ木です。

思いこみは恐ろしいものでラベルも見なかったのですよ。

これが今年最後の失敗になれば良いのですが・・・・?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年12月28日 (日)

ブル-ベリ-学のテキスト

私のお勉強の本です。

 

001

大体この5冊に各園芸会社さん発行のカタログなどです。

年々新しい物が出ているようですが、ブル-ベリ-12か月以来買っていません。

 

お勧めの本有りましたら教えて下さいね。

 

最近1ペ-ジてんこ盛りの記事を止めてパタ-ンを変えました。

自分では気づかなかったのですが、トップが結構重くなっていたみたいで、見て下さる皆様にご不便をおかけしました。

今は改善されているでしょうか? えっまだ駄目?

デジカメ画像を縮小してさらにもう一度縮小して400ピクセル以下の画像を入れているのですが、最初の縮小をもっと小さな分にしなくちゃいけないかな? 

 

  

こちらはクリスマスも終わって尚華やかなポインセチア。

 

005

毎年贈って下さる方がいて12月いっぱい愉しませて貰って、1月頃には始末するのですが上手く管理すれば来年もこの華やかな赤見られるんでしょうか。

シクラメンとかは夏越しさせて、翌年には小さな花咲かせたことも有るんですけど。

ポインセチアは使い捨てみたいで、越年させても来年はこのように葉が赤くならない等の噂を聞きます。考えてみたらもったいないですよねえ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年12月27日 (土)

サミット剪定

こちらは接ぎ木サミットの剪定です。

 

剪定前は

 

005

このようにチマチマとした小枝一杯の箒状態

 

枝先を見ても

 

006

これなんですよ。

メチャクチャな小枝  でも一応花芽は着いています。

 

剪定すると

 

008

こうなってしまいました。

ほとんどな-んにも無くなってしまいましたー。こんなに剪って大丈夫でしょうか。

大丈夫でなくとももう剪った後、仕方ないですね。

 

またまた失敗したみたいで、我ながら嫌になってきましたよ。

すみません、サミットは間違いで正しくはダップリンでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ヌイの剪定

今年も大分押し迫ってきて、今日はすでに休暇に入った方も多いみたいです。

昼休みにス-パ-に行くと皆さんもうどっさりのお買い物。

会社は29日の掃除で終わりなのですが、その他の雑用が多く中々終われません。

今日は接ぎ木ヌイを剪定してみました。

001

剪定前 

枝先には花も着いています。 

 

004

剪定後

左側の枝、分岐している内向き枝の方を残してしまいました。こちらの枝の方が大きく力強く思えたのですが、 

成長後の樹形を考えると 

 

どうやら失敗したみたいです。普通に考えたら内向き枝剪るべきですよね。

枝先は後日花芽調整のため、切り詰め予定です。

 
 

これも剪定としては甘く、散髪程度でお茶を濁しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月26日 (金)

室内の挿し木苗

挿し木苗の一部を日当たりの良い室内の窓際においてみました。

 

003_2   

 

左端の1本はサンシィンブル-、赤い受け皿のはエチョ-タ3本2ポットフェスティバル2本1ポットピンクシャンデリア3本1ポットS苗1本1ポット。

グリ-ンのスリットは受け皿なしでティフブル-、これは前に鉢上げしたもの。

 

この挿し木達活着して少しは大きくなるでしょうか。日当たりはとても良くて、昼間は加温した状態です。加温と言ってもただ部屋を暖房しているだけですが・・ 

 

 

 

これは、前に山の喫茶店で貰った山葡萄なのですが、植え替えをしたら、その翌日に無惨にも枯れ果て、半ば諦めていたのですが・・・ 

 

最近新芽が出てきて

001   

こんなになってきました。地上部は枯れても根は大丈夫だったのですね。

ちなみに前の画像もご覧下さい。 

  

これで山葡萄か野葡萄かの同定も出来そうです。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

パウダ-ブル-の植え替え

今日もとても寒いのですが、昨日のパウダ-ブル-の植え替えです。

 

まず用土を落とし根を洗うと 

 

019

ホ-スのシャワ-で洗ってこれだから、根張りは良いほう

 

さらにアップすると

 

020

ピンボケ画像だが、大きな白根が見える

 

我が家の土に埋めて6号スリットでマルチングして仕上がり。

 

021  

中心の主軸の左芽から芽だしをしたいのですが、先の枯れ込みを予想して少々上で剪りました。

さて来年はこちらの予想のように枝が伸びてくれるでしょうか?

 

 

チッペワ接ぎ木余りにも繁りすぎ

 

003 

画像では分かり辛いのですが、枝先には結構花も咲いています。

枝振りも悪いので、少し散髪を

剪定と言えるほどのものではありません。

 

 

005

少しさっぱりしました。花芽は先を剪って軽く調整してあります。

この画像の右枝の左に出ている内向き枝3本、剪ろうか迷っています。将来の樹形を考えたら剪るべきなのですが、特に上のシュ-ト少しだけ収穫してからでも良いような・・・・

横向きではなく少し前にせり出した枝で、見る角度によっては許せる枝かも

等と思ってしまって、欲張りに枝を残しています。

 

前に剪定した分も後から見ると甘い剪定でまたハサミを入れる、暇があるといつもBBをつついています。このチッペワも又つついて剪ってしまい最後には裸同然になるかも知れませんね。

まるで盆栽いじりのようですが、これが又楽しいのです。 

 

散髪もまだまだで、コンテナにシャ-プブル-、ミスティ、デュ-ク、ナイトジェム等の大物が残っています。これも迷って時間掛かるだろうな・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

自然の休憩所

ガソリンも93円になったので、久々にさぬき市の自然の休憩所さんに行った。

1周年記念のご案内を頂いたままだったので、ランチを予約しての訪問。

 

015  

この看板の左後ろが玄関で

アプロ-チは下画像

002  

 

さて今日のランチは 

014

ほうれん草のフラン牡蛎添え

白菜、カブ、じゃがいものス-プ煮

大根と大根葉の混ぜご飯

レタスサラダ豆腐ドレッシングかけ

手作りデザ-ト・コ-ヒ-または紅茶

1200円です。 

 

お料理は下画像のよう

004  

006

010

こだわりの地元野菜料理が多くて、すごくヘルシ-。健康オタクの私には嬉しいメニュ-でした。

最後のシフォンケ-キはブル-ベリ-入りです。

 

カフェの横には資材ショップとBB苗木売り場になっていて、私は今年最後の買い物にパウダ-ブル-小苗を購入することにした。

ベリ-公さんに選んで貰う。

 

017  

多くの小苗の中から選んで頂いたのがこれ。

これだけしっかりしたシュ-トが出てれば、来年はもう1本株元から出るはずだから、その時右側の枝は枝元から剪ったらいいし、この主幹も途中で剪って脇芽を出したら良いとのこと。

剪定についても、2月には芽が動き出してくるので、遅くとも2月一杯までに終えること、シャ-プブル-やミスティはほとんど常緑だから、葉が青々しててももう剪定してもよい。
等のアドバイスを頂いた。 

前にお訪ねしたときも店から離れた広い農園を案内して頂いたり、初心者のつまらない質問に色々ご教授頂いたりでお世話を掛けてしまいました。

018

ベリ-公さん有り難う御座いました。

近日中にこの小苗を我が家の土に、今年最後の植え替えをします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年12月22日 (月)

小苗の経過報告

秋に家に来た小苗達のその後です。

 

017

これは11月6日NHさんに頂いたデニスブルー接ぎ木、気のせいか少し大きくなったような・・・。

 

過湿が怖くてチップ配合率の多い用土に植えています。まだ紅葉してきません。

 

 

020

こちらは同時期に頂いたキセ、葉は紅葉して、数枚落葉しました。

 

あまり成長していませんが、
この時期に成長を期待する方が非常識と言うものでしょうね。 

 

 

10月20日リンナイさんで当たったあまつぶ星、おおつぶ星は

012

左あまつぶ右おおつぶです。

 

おおつぶ星の葉の表面よくみると

013

何かブツブツのような感じで、色もパウダ-がかかった様な

 

016

これは朝日が当たっているところ、ゴツゴツの葉さらに目立つでしょう。

これも1種の紅葉みたいな、急な温度低下による現象でしょうか。
  

 

あまつぶ星は間延びしているけど、ごく普通なのですよ。

 

015_2

 

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008年12月20日 (土)

忘年会です

昨夜、仕事関係の方達とフレンチディナ-の忘年会をしました。

 

お料理は下画像のようです。

 

まずはオ-ドブル  生ハムとホタテ  

003_2   

 

次に牡蛎のグラタン、これがとても美味しかったです。  

004_2  

 

タイのポワレとエビのソテ- 

006_2  

 

宮崎和牛のヒレステ-キ 

009_2

 

地元野菜のサラダ 

011

 

チ-ズケ-キとアイスクリ-ムのデザ-ト 

012_2

これ以外にパン、ス-プ、コ-ヒ-が付いていました。

 

当地での忘年会は、普通は皿鉢と鍋を囲んで献杯返杯で大騒ぎ、いわゆる土佐のおきゃくなのですが、たまにはワイン傾けてのディナ-も良いものでした。

 

今日は食べ過ぎでカロリ-高かったようです。体重が47.2キロ1キロ以上のオ-バ-、気を付けないとね。

 
  

  

畑でブル-ベリ-の葉っぱを集めてみました。

 

017

左からスパ-タン接ぎ木、オニ-ル、ウェイマウス、黄色がレビ-ル接ぎ木、T100、デライトです。
 

このスパ-タン14センチありました。葉が大きくなると、栄養回らなくて果実小さくなるかもと恐れていますが、実際どうなんでしょうね。

黄色のレビ-ル綺麗でしょう。この葉だけでなくほとんど全部この色なんですよ。インパルス接ぎ木です。
 

オニ-ルは左上の葉が重なっていたところ、紅葉していません。
 

右端のデライトも紅葉がこの程度、でも自分好みの綺麗な色です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

畑の出来事

畑に落ち葉拾いに行きました。

さすがにハイブッシュ、ラビットともに落葉してもの凄い有様。拾えど拾えど、風の度にはらりと落ちて切りがないし、ちぎっても限界があるみたいです。

 

数本剪定もしようと思っていたので、目の前のラヒをすることにしました。

 

004

小枝ばかりで花芽は極端に少ないし、今年の収穫後の成長は植え替えのためかほとんど動きがない。
 

とりあえず、短い枝、内向き枝を剪定して、簡単に剪定を終えました。
 

 

出来上がりは下の画像です。あまり変わり映えしません。

 

006

葉も散って、少し落ち着いたら、もう一度見直し剪定をしなければいけません。

 

 

こんな株が多くて、その後数本中途半端に剪定し、畑の奥の鉢の所に行くと

ウィトウの主幹になにか異様な物がくっついているのです。

 

012

何か害虫の死骸か?

 

よくよく見ると

 

009

無念の形相をしたトカゲのハリツケ。トカゲはまだ子供のようです。

勇気のある方はクリックしてご覧下さい。

 

これが前にBerryさんのブログ(11月23日)で見た百舌のハヤニエ?

先週まではこんなもの無かったのに

 

このところの小春日和にひなたぼっこでもしていて襲われたのでしょうか。トカゲの断末魔の叫びが聞こえてきそう・・怖い物見てしまいました。
 

10月頃からネットの天井開けてたから鳥が入ってきたのでしょうか。

気持ち悪く取り外しも出来ませんので百舌が早く回収に来てくれるのを願うばかりです。

 

それにしても鳥は残酷なことするのですね。うちの小桜達も同じ鳥だと思うと複雑な気持ちでした。
  

勿論、剪定作業も落ち葉拾いも中止になったことは言うまでも有りません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

BBム-ス作りました

週末に作るつもりでいたブル-ベリ-のム-スを昨夜作ってみました。

レシピはブログサイトの真似っこで、砂糖だけ10グラムほど減らしました。

031

少しBBの量が少なかったようで、色はかなり薄めですが、美味しく頂きました。

調理の課程ではBBをミキシングする際、瓶に付いて上手く取れなかったことと生クリ-ムとメレンゲ2種類のほぼ同時の泡立てがちょっと忙しかったです。トッピングは自家製BBジャム前に作ったものです。

 

出来上がりは、フル-チェみたいと思ったのですが、今朝食べると大変身。

昨夜より適当に固まって口当たりが良いし、甘みを抑えたのでマイルドで滑らか、市販品にないあっさりとした後味で、相棒にこれなら商売になるよと誉めて貰いました。

 

BBと言えばジャムに果実酒、BB酢、簡単なケ-キくらいしか出来ない私、新しいメニュ-が増えました。来年はBBを増やして再挑戦します。

veryblueさん有り難う御座います。レシピはプリントアウトしてファイルに取っていますよ。

 

 

さて今日のブル-ベリ-は自宅バルコニ-の自根の様子。

033

これは10号鉢のデュ-ク、紅葉も散りかかりです。 

 

036

バ-クレイ、殆ど落葉して幹だけで枝先に僅かな残り葉。

休眠と言うより枯れたみたいな様子、でもまだ枝にシワは出来てないから大丈夫かな。 

 

040_2 

コリンズ、紅葉の最中か。

樹形が至って悪く、剪定の仕方を迷っています。

 

043 

最後にプル。

自然落葉ではなく、ハダニにやられてムシリト-ルの後。

可哀想な状態です。来年はどうなるでしょうか。

 

この4本全部自根のノ-ザンです。実を生らしてないのですから、まだお疲れになっては困りますよ。

10号のデュ-ク以外は、果実も期待できそうにないから、接ぎ木用の差し穂候補になりそうです。

でも、バークレイ、コリンズは食べたこと無いし、プルは1度だけ数粒で味も覚えてない有様ですから、接ぎ木にするような品種でしょうか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火)

東京から来たBB達

昨日、東京のかいづさんよりBBを3鉢送って頂きました。

 

001

左からクライマックス、オノ、プレミアのラビット達です。

クライマックスは前に高松で買おうか、どうしょうかと迷った苗、機会を逃すと当地ではとても手に入らない苗です。

オノはBB始めた頃1度サカタから購入し、不覚にも枯らしてしまった品種。欲しい欲しいと思いつつ、通販でも結構高くて手が届かなかったBBです。

またプレミアは果実品質も評判良く、上品な味との事、期待が一杯です。

3本とも親は大関やサカタの名門出、家の怪しいHC苗とは安心感が違います。 

 

これからは当地にあったラビットを見直して行きたいとの私の思いをご理解下さり、ご送付頂いた苗、大事に育てていきます。

梱包がとても丁寧で、かつ苗もしっかりしていて、先日購入のK園の苗とは大違い、やはり製作者の真心がこもっています。

かいづさん有り難う御座います。きっと成長させて、果実を味わってみますよ。
1年後の予約のつもりでお願いしたのに、こんなに早く譲って頂けるとは、心からお礼申し上げます。
 

前に送って下さったNHさん、かいづさんお目に掛かった事もない方にネットの上でご縁があり、欲しかった品種、当地では手に入らない貴重な品種ご送付までして頂きました。本当に夢のように嬉しいことです。
 

自宅に連れて帰るとマル、ラヒ、ウィトウ、タカヘの挿し木達がオノをブライトウエルがプレミアを歓迎していました。クライマックスは親戚が分かりませんが、BB達皆が旗持って東京からの新しい仲間を出迎えていましたよ。私にはそんな気がしました。

今日からこの子達もうちの子に仲間入りです。 

 

  

  

バルコニ-の接ぎ木ヌイです。まだ花が咲いています。

015 

この花は取るとしても後今にも咲きそうな蕾が多数。  

 

 

019

これはチッペワ、こちらにも花が

021 

チッペワの花の周辺、まだ沢山の蕾が 

 

今まで、深く考えてなかったのですが、こんな枝はどうしたら良いのでしょうか?

枝を剪ったりすれば、ほとんどの枝を失ってしまいます。花芽を除けたら、その枝には次に花芽が着くのは何時なのでしょう?来年少し生らせたいと思っても無理でしょうか。

自根シャ-プブル-の様に枝が多いとどうにかなると暢気に居られるのですが・・・

接ぎ木BBにはこういった苗が多くて、困っています。

皆様はどうされていますか?処理の仕方教えて頂けませんか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

冬のガ-デン

昨日14日に久々に香美市のガ-デン喫茶に行ってきました。

もうすっかり冬バ-ジョンで、アプロ-チも寂しそう・・・

 

018   

 

ご自慢のガ-デンも草木の葉が落ちて、もの悲しい感じ。

001 004 

たった3本のブル-ベリ-もすっかり紅葉しています。 

  

006 009 

寂しいけど冬には静かで、空気が澄んでるような、清廉な良さがあると思いません?

この喫茶に行くたびに季節毎の楽しみがあります。

 

さてモーニングはサンドイッチ、下画像のようです。

001_3 

帰りには外でひなたぼっこをしているヒデヨシ君に別れを告げて、来月の再会を約束しました。

しっぽを振ってバイバイです。

016  

 

   

  

ここまで来たので、香美市のホ-ムセンタ-に寄ってBB売り場を点検。

022

根巻き苗、御三家とブル-シャワ-がバ-ゲンで1480円、これって2年苗位。

 

024  

こちらはウッタ-ドとブル-シャワ-、左端の紅葉してるのがコ-スタル。

3本の大きな分は4800円、畑から引き抜いてそのまま根巻きしたようなBB。

あちこち、葉も痛んでいるが花芽は沢山着いている。何年生なのか、地植えしたら、即収穫できそうな株。コンテナにも収まるかどうか微妙な大きさです。 

  

昔の私ならすぐに買っただろうな~。あの頃は大きな苗で即収穫を狙っていたから。

訳も分からず買った大きな苗は、数年掛けてほとんど枯らしてしまったけど。

枯れ死にの理由を今考えると、過湿と夏期のメチャクチャな剪定か。株元からの剪定で、突然死したのも数本ありますよ。

その頃は夏に剪定したら、すぐシュ-トが出て、花芽の着生期に間に合い、来年には実なりさせられると姑息にも思っていたのでした。色々焦っていたのですよ。

そんなに急ぐことないのにね~。 

 

 

このHCで最近話題の籾殻を見つけました。道の駅にもなかったから即購入です。

10L350円、高いでしょうか?農家に知り合い無いからまあ試しにね。

044

本格的にこれを使うとなると、安いル-トを探さないといけませんね~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月12日 (金)

花壇のBB剪定

今日は暖かいので、花壇のBBを少し剪定してみます。

 

まずはサザンのビロキシ-、剪定前です。  

001

よくもまあこんな幅広な樹形にしたこと、小苗の時の剪定が悪く、この場所に来てからは、左が南面なのでそちらにばかり枝が伸び変な形になりました。

左側ばかりにシュ-トが発生し樹形の悪さに拍車が掛かり、BBにとっては日当たりがいかに重要か改めて思い至りました。 

 

とりあえず、テキスト通り5センチ位の枝、傷害枝、下垂枝、交差枝など切り進み、シュ-トの切り返しで、戸惑ってしまいました。

枝先に花芽が着いているのです。花芽と葉芽が混在し何処までが花芽か判別つきにくい枝が多くて、そこだけ2月頃の2次剪定にする事にしたのです。 

 

お恥ずかしいのですが欲張りさんのビロキシ-の剪定後の画像です。 

014

右横のラビットベッキ-ブル-は今夏不調だったため、剪定は行いません。 

 

ビロキシ-はシュ-トの切り返しはしていなくても沢山花芽を切ってしまいました。 

005

花芽の着いてるところだけの画像です。その他の枝も結構有りましたよ。 

  

 

 

これも最悪の樹形サザンのブラッデンです。  

010_2

ビロキシ-と同じに日照の方にばかりシュ-トが出ています。

これも間引き剪定が主で、切り返し剪定をすると、花芽が無くなるのです。

とりあえず途中までの剪定にして、後は2月頃様子を見てになります。 

 

下画像のように剪定しました。  

018

剪定しても尚、樹形の悪いブラッデンです。中央の内向きシュ-トは中途半端なので、撮影後株元で切り直ししました。

右横はポポ-、先日の寒さで最後の葉が落ちて棒だけになってしまいました。

 

この2本のBB来年は少しでも結実させたいと思って、花芽を摘むのが惜しい、どちらも自根だから生らせ過ぎの不調は分かっているのに、欲張りな私です。
  

シュ-トを切ると、そこから新芽が出て、再来年の結果枝になるんでしょうけど、自根がそれまで枯れないでいられるか、どうせなら果実味わって後の枯れ死になら許せる等と考えたりしています。 
 

さてどうしましょう?

まあ来春までゆっくり迷ってみましょうか。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年12月11日 (木)

評判の品種その後

昨日今日と暖かい日が続き、11月上旬の気候に逆戻りしているそうです。

昨日に続いて、不調のエチョ-タが気になり、鉢から抜いてみました。

 

002 004

外観上はさして問題は無いが、用土がオ-ルピ-トのようで空気層がない。

さらに根を崩すと

 

005_2 007

植え替え前の用土で、根鉢風になっているみたいです。

さらに根を崩すと

 

009

最終的には、こんなに小さくなってしまいました。

これでは、大きく為れ、動けと言っても無理。根に付いた前の用土を洗い流し、チップをたっぷり入れた用土で、今までの8号鉢に植え付けました。

勿論剪定して、エチョ-タの挿し木も室内に作りましたが、無事発根出来るでしょうか。

 

 

これは接ぎ木カロラインブル-。評判の良さにどうしても欲しかった品種。

 

001

 

樹形はいまいちですが、樹に勢いがあります。

 

004_2 005_3

左は夏のシュ-トの名残りで、右は来年の花芽達。

株元を見ると

 

003

左右に大きな芽が・・・  

今頃こんなに下向いて伸びられても困るから、泣く泣く取り除きます。

カロライン開帳性品種でしたっけ、調べてみなくちゃ~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

浅植えBBの植え替え

前回8日にアップした接ぎ木ポラリス、浅植えグラグラ株です。

今日植え直しをします。

011

側面は根もかなり張っている。

 

012_2

これは底から見たところチップの中にかなり白根も見えます。

少し崩してみましたが、変な侵入者は居なかったようです。  

 

013

マルチを除けると根が上にもはみ出しています。画像わかりますでしょうか。

根から接ぎ口までが長く、6号鉢には入りきらず、少々剪定して小苗ながら8号に収めました。

 

 

さてこちらはチャンドラ-インパルス苗です。

 

006

これも浅植えで植え直しです。テ-プの位置で分かりますでしょう。

 

008  

上部はしっかりしているのですが、樹勢の割には株がグラグラの浅植え。

当然鉢の中を見ますと

 

009 010

白根は張っているのですが、左の画像支柱の下に空洞があり、鉢底まで根が届いてないのです。

これは根洗し下手な水決めまでやった株なのに。

 

ポラリスと一緒に用土にチップを足して(前の時チップが切れていたようで空気層が無いようでした)ホ-ス水出しっぱなしの水決めをやり直ししました。

今回は鉢の周りをタタキながら慎重に、勿論浅植え解消もバッチリです。

 

この2本完成図はこちらです。支柱は自宅に帰ってからになりますけどね。 

 

002 

どちらも今度こそ8号に綺麗に収まりました。左のポラリスは鉢の隅っこに寄ってしまいましたけど、今度植え替えの機会までこのままで居て貰いましょう。

 

どちらも根洗い水決めのはずでしたが、用土がポラリスが乾燥気味、右チャンドラ-が空洞ありで、いずれも問題有りの植え方。

時々根をみておかしい物は随時植え替えしないといけませんね。

 

 

下は前に貰ったビオラ、鉢一杯になってきました。最初から見ると結構綺麗に咲きましたでしょう。

 

005  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

12月の挿し木苗

毎日お寒くなりました。この寒さにもめげず、少しづつ成長しているチビ苗達です。

 

まずはサンシャインブル-。  

 002  

あまりの小さな苗で何の変化もないので、2週間ほど前に室内に取り込みました。

日当たりの良いガラス窓の近く、気づくとシュ-トが3本出て居るではありませんか。

2週間のシュ-トは早すぎるので、取り込む前に小さな芽が付いていて気づかなかったのでしょうね。こんなの見るととても嬉しく又BBの底力に驚きます。

 

 

001 

これはスパ-タン。春挿しチビ苗。秋になって涼しくなってから大きなシュ-トが出てきました。先は少し赤くなっている様子。

緑葉の部分が多くて、これほんとにスパ-タン?挿し木の名札の付け間違いの可能性も無いとは断言できないし、でも品種同定は先の話にしましょうね。

スパ-タンもこの位の時は希望を持てて良いんですけどね。大きく成長したら、実を生らせ枯れ死にしてしまう・・・・?

 

 

003 

ナイトジェム、畑の親にコガネが入って慌てて挿した保険苗。今年の9月頃です。

前にも書いたのですが、このBBはとても丈夫で繁殖力も強く、挿し木は高確率で着く。

サザンハイのためか、幹まで真っ赤になりました。でもスパ-タンやこの後アップのノ-スランドが紅葉しないのに何故なのか?不思議に思います。置き場はサンシャイン以外は全部自宅バルコニ-、屋外で同条件なのですよ。 

 

 

004

今年9月20日挿しのノビリス、こちらも保険苗のチビ。ラビットですからこんなに小さくても大丈夫の安心感があります。これらは11月に大量に挿したものとは別のその前挿した苗。

 

 

007 

このチビ苗もサザン系のオニ-ル。今年の収穫後の挿し木で6月頃。

あまり大きくはないのですが、幹まで赤くナイトジェムと同じ色。

サザンはこんなになるんでしょうかね~。

 

 

 

008  

 

最後はハ-フハイのノ-スランド。これも緑のままです。スパ-タンと同時期の挿し木。

ノ-スランドは親木がなく、差し穂だけ頂いたもので、味も分かりません。

ブル-ベリ-大図鑑によると、耐寒性と耐暑性双方に優れた品種で果実品質は甘く酸味を感じさせないと有ります。これが成長したらどんな味の果実?期待しています。

大きくなり果実を賞味出来るまでの道のりは遠いのですが、これが又つきない楽しみでもあるのです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年12月 5日 (金)

ブル-ベリ-の味

今朝の凄い雷で停電が有ったらしく、パソコンが具合悪くなり、やっと午後に回復しました。

きょうのブル-ベリ-はNHア-リ-ブル-接ぎ木です。

 

011 

この真ん中のコンテナ、思いっきり開帳性のア-リ-ブル-。

葉も落ちて枝ばかりが目に付きます。

これも欲張りな私が今年生らせた株で、無理をさせたのか、あまり成長しません。

シュ-トもなく、樹形は悪いのですが、剪定するほど枝のない状態です。

3年生での果実は酸味は多いけどジュ-シ-なこれも私の好きな味、考えてみるとHBはほとんどのBBが好きな味、甲乙付けがたいのです。 

 

今年は畑は芽だしの時からずっと有機肥料に拘って施肥してきました。そのせいか、バルコニ-栽培では不味かったウェイマウスですら美味しいと感じる味で、これは肥料のせいか、樹が成長して本来の味が出たのか、分からないで居ます。
ちなみにバルコニ-では虫が湧いたりカビったりが嫌で化成肥料を使っているのですけど。 

 

多少不調はあるようですが下画像のように花芽も着いて、来年を待っています。 

 

006 008   

 

こちらはラビット系のデライト、この高さを見て下さい。

 

017  

家で一番のっぽのホ-ムベルに迫る樹勢です。

葉の色も黄緑で紅葉ではありませんが、これはこれで綺麗な色。

今年はかなり収穫できましたが、バルドウィンと比較すると樹自体があまり豊産では無いような、摘花しなくても丁度良い具合に樹がなってる感じでした。

果実は丸く、味はラビットとしては定評のある甘くて期待を裏切らないものでした。ただ私的にはノビリスの方が好きですけど・・・。 

 

黄緑の葉を見ると

 

019  

赤のフレ-ムが綺麗でしょう。 

  

毎日、違った表情を見せてくれるブル-ベリ-見物もまた良い味なんですよ。

 

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2008年12月 4日 (木)

畑のブル-ベリ-

今日は畑の10号鉢、レガシ-の紹介です。

 

014 

これはノ-ザンにもサザンにも分類されているハイブリッドとかで、暖地向きのハイブシュで強健、直立性との謳い文句に心動かされ購入したBBです。

去年2年苗を購入して、少し大きくしたいと思って今年始め畑に地植えして、、畑の形状変更で、9月に鉢上げしました。今3年苗位ですので10号は不釣り合いですが、畑にはほとんど灌水しないつもりなので、何とか収まって貰っています。 

  

  

016_3 019_2 

全体はこのように、まだ紅葉が少ないです。 他のBBと比べると緑葉が多く、この時期でこれなら、このまま来年まで現状でいきそう。

小さな花芽も出来ていますが、来年の実生りはまだ早いでしょうね。

果実を味見したことがないので、本当は1粒でもと興味津々なのですけど。

 

 

025 

根元には、遅くに出たシュ-トがまだ付いています。落ち葉がすこしパラパラ。

自根に早く実を着けて失敗ばかりですから、今回は忍耐強く待つつもりです。

でも待ってる間に枯れたら、それは運命ですね。 

 

 

 

 

024 

同じく畑のコンテナ植えのタカヘです。前に紹介したマルの10号鉢と同級生。

こちらは今年果実を沢山収穫したのに、堪える事無く成長しています。マルと比べると格段に樹勢が強い、ただ横広がりでこちらも場所を取ります。剪定で直立に育てることが出来るかも知れませんが。

果実も渋み果が出る場合ありと聞いていたのですが、家では全部甘味の強いお菓子の味。ほとんど酸味がないようでした。安心して食味を楽しめるBBのひとつ。ただ小粒です。

紅葉はとても綺麗で、画像は上手く色が出なかったのですが、実物はいい色ですよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月 3日 (水)

コンテナのマグノリア

昨日から小春日和で、今日も日中は17度になるらしいです。

久々に畑に置いてるコンテナと10号鉢のBBに水遣りに行きました。

水遣りは2ヶ月ぶりで、幾ら根を伸ばすと言ってもたまにはたっぷりと灌水しないとね。

 

009 

これはマグノリア。かなり紅葉しています。

今年は多数の収穫をさせてくれて、その上コガネにも入られ多少お疲れの株。

果実は比較的大粒で味は中盤から凄く良くなり、パリパリした食感で私的には好みの味。ただ、果実が密集して付くため収穫がしにくいし、樹が横広がりで全体の樹形が悪いのが欠点かな。 

 

すごく強健で異様にサッカ-が多いのです。夏の植え替え時に取り木、(株分けか)をしたのですが、それでも大きくなったのもあって、放置しています。

 

011 

株元はこんな風で分かりずらいのですが、手前の1本サッカ-がそのままです。

植え替え時、株が安定しないので、黄色の荷造りテ-プでコンテナの両サイドに縛ってそのままにしていました。もう剪っても大丈夫になったようです。

下敷きの不織布が大きいのは、春にはこれを被せて虫の侵入を阻止するつもりのおまじない?

 

012

こんな感じでぼつぼつ小さな花芽も付いてきたので、来年は控えめに生らせてみようと思っています。

この株は根元から数本切って、剪定したのですが、横にばかり伸びて非常に場所を取りますからご用心。ただ私の仕立て方が悪かっただけかも知れませんが・・・。 

 

花芽も快調苗と比べるとかなり小さいのですが、強健な性質のようで、自根でもかなり回復しています。 

  

 

  

  

001 005 

これは今朝の家の子達。左葉っぱとフク、右おすましマルで、ベリ-ちゃんはピンボケでアップ出来ません。

この子達にもそれぞれ性格があって、面白いものです。わがまま葉っぱにぼんやりフク、人間大好きマルと人間不審のベリ-です。 

 

マルはこの小さな頭の中にちゃんと帰巣本能があって、1度こちらの不注意で家出したのですが、まる1日経って瀕死の状態で帰って来ました。帰宅後半日食べ続けたのには、驚きました。同じバルコニ-が並ぶ10階の我が家がどうして分かったのか、今も不思議な気がします。

その頃はBB達もまだ小さくて外からは見えなかったのですが、何か雰囲気でわかったのでしょうかねえ。 

 

 

昨日のHCのポポ-は半額以下にはならなかったので、購入を止めました。またゆっくりと探してみます。どちらにしろ実のなるのは3年位後とのことですから気長にいきます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

近所のHC

会社の近所のホ-ムセンタ-を覗いてみました。

例のごとくBB売り場は

 

041 

こんな風で品種はホ-ムベル、ミノウリベ-ル、ブラッデンでホ-ムベル以外は980円。ホ-ムベルは何と1280円でした。

右の方がホ-ムベルで左の写ってない名札がブラッデン大実と書いてありましたよ。

またその左横を見ると 

 

043 

ビックブル-にサミ-ル。

聞いたこと無い名前でした。前の時はエミ-ルが有ったし、知らないのばかりです。

お値段いずれも980円、これはSHでしょうか。 

 

このホ-ムセンタ-で前にポポ-のサンフラワ-を買ったのですが、その売り場見ると、ポポ-の売れ残り2本のみ、1本は葉も萎れかけのオ-バ-リ-スで、もう1本は棒になってるサンフラワ-、先も縮れている。お値段はそのままなので、安くなりませんかと相談、明日来たら相談しとくからと店員さん。

明日行ってみて、安ければ購入しようかな?通販で買っても結構するし、愛媛県の道の駅にも再度電話したけど、業者が忙しく何時出せるか分からないとの返事で当てにならないようです。

一見、枯れかけのポポ-は安くてもどうでしょうかねえ。下画像の黄色葉が私の狙っているオ-バ-リ-ス。先部分の黒いボチが気になります。 

ポポ-については情報が少ないのでどの品種でも鉢栽培が出来るかどうか等、分からない事も多く今思案中です。でも半額位になれば購入してしまいそう・・・。

 

006 008   

005

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

色々自信が有りません

今日から12月。仕事も個人も忙しく、気分も慌ただしい1日でした。

ブル-ベリ-作業は接ぎ木ブリジェッタ、よく見ると少し深植えでした。

 

020 

接合部が、マルチの下の用土の中に埋まっています。 

用土を除いて大きくすると

023   

台木部分が黒ずんで来ています。

今のところ成長に問題は無さそうですが、接ぎ口は用土から上が良いのではと思い、植え替えることにしました。これって成長には余り関係ないでしょうか? 

 

インパルスの用土は問題有りと聞いていたので根洗して植えて間もないのですが、結構白根が出ています。  (10月末頃植え替え)

047 

底に木片チップと用土を入れて上部を減らして、簡単に修正しました。

テ-プも巻き直した方が良いかなと思いつつ、活着が悪くなりそうでこれも自信がなく、現状です。 

  

 

 

こちらはコンテナの自根エリザベス。

027 

あちこちの枝が葉が枯れて、瀕死状態です。

この株にはコガネも居なかったし、枯れる原因が分かりません。

19年春花の咲いた3~4年の大苗を買ってきて、ウチで2回目の実生り、最初は5粒くらい、今年は12粒くらいの果実で、無理は掛かってないと思っていました。

やはり、当地での夏越しに耐えられなかったのでしょうか。それとも最初生らせたのが早かったのでしょうか。 

 

枝は下画像のようで、幹にはシワシワが

 

034 039 

大きくして見て下さい。

これってもう駄目でしょうか。花芽はあるけどねえ。

未練たらしくまだ処分出来ないで居るのですが、でも駄目そうなら場所を空けて貰いたいのが本音です。不調苗は回復にも数年かかるらしいし・・・。処分を迷っています。

枯れた原因は私が色々なブログに書き込んだエリザベスの悪口が聞こえたのかも知れませんね。

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »