« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月28日 (土)

チッペワの蕾

ハ-フハイチッペワの蕾の様子です。

ノ-ザンハイブシュ系は動きが遅く、まだ蕾に変化はありません。

あまりにも芽が多くて花芽、葉芽の区別がつきません。

 

015

これは花芽ばかり? でしょうか。

  

 

016

これも全部花芽みたい?

こんなのどれを摘蕾したら、良いのでしょうか。両側1個ずつにするべきでしょうね。

  

 

 

017

こちらは下2つ葉芽かしら?先が尖ってる分。

  

これでも去年の暮れ、摘蕾のため枝先を剪ったのです。切り口が判りますでしょう。

葉芽も混ざっていると思うのですがあまりのぷっくり芽の為分かりません。

赤葉もまだ残っているし、この樹はまだ休眠中なのでしょうか。

  

少しは生らせてみたいと思っているのですが、この芽は再度枝をカットするか、花芽だけ摘むか迷っています。

少しの花芽でもノ-ザンとの受粉でOKですよね~。

ハ-フハイは経験がなくて、チッペワのこの強健さに驚いています。

もう1本のHHポラリスは葉を落としたまま、棒が数本であまり変化はないのですよ。

 

チッペワの全体はこんな感じです。

007

昨年秋のシュ-トは緑の葉まだ付けています。

もう少し剪った方が良いと思いますか?

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年2月27日 (金)

東京からの苗達の近況

今日は1日中雨の予報で、最高温度12度高知では寒い日です。

  

去年東京から我が家に来てくれた苗達です。

天気が悪く写真の写りも悪いのですが、見て下さいね、今朝の画像です。

001

左プレミア、右アイバンホ-です。ネ-ムプレ-トは製作者様の分そのままですが、

こんな綺麗なの家ではとても作れません。あとしばらくお世話下さいね。

  

プレミアは

002

ほら、こんなに芽が伸びてきました。

今年の成長は期待できそう~。

  

アイバンホ-は画像がピンボケですが、やはり枝先に葉芽が芽吹いてきました。

002004 

  

これはラビット系オノです。

006

植え替えで株がグラグラしたので割り箸固定です。

   

こちらも節毎に葉芽が芽吹いてきました。

005

この3本都会のBB達も我が家の環境に慣れてくれたみたい。

東京の環境とは違うけど、田舎とは言え、バルコニ-からはよさこい祭りも花火も見物出来ますよ。

これからの成長期、より大きく成長して貰うため、根を見ながら鉢ましをしていこうと思っています。

 

やはり最初が良い苗は成長が違いますね~。

  

ちなみに我が家の挿し木鉢上げ苗はまだこれです。

アイバンホ-と比べて見て下さい。貧弱苗で恥ずかしいで~す。

005

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年2月26日 (木)

ブル-リッジの新葉

バルコニ-に置いてあるブル-リッジです。

これは日当たりの悪い奥の隅、9号の大苗なので邪魔にならない場所におります。

最近の様子です。

008

010

画像がピンボケですが、新緑がきれいです。

ポツポツと展葉して来ましたよ。

020

蕾はまだ堅いのですが確実に春の気配です。

  

ブル-リッジはサザンとしては初期の品種、オニ-ル、ケ-プフィアと同時期とのこと、葉の形状や色合いがラビットアイに似ているとか、今年はじっくり観察してみたいと思っています。

   

この樹はラビット系のバルドウィンと共に18年にベリ-公さんから購入の樹。

あまり実なりさせないで、ゆっくり大きくなりました。もっとも置き場が10階のバルコニ-ですから花は咲いても実なりは悪い我が家の特徴です。

開花の前に畑に引っ越しして貰う予定ですが、大きめで運搬が大変そうです。多分枝先を摘蕾をかねての剪定が必要でしょうね。

今年はチャンドラ-、デュ-ク、プル等も畑に連れて行って、自宅のスペ-スを空けないと中苗、小苗の置き場がないのです。

本当に狭いスペ-スをやりくりしての栽培なのですよ。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2009年2月25日 (水)

品種不明苗

今朝からの雨も降り止み、温度も思いっきり上がって18度の予報、暖かいです。

  

これは昨年友人より一枝貰った小枝を挿したものです。こんなものが着くのかと思えるようなひ弱な枝でした。

長い時間を掛けて、先日鉢上げしました。

 

012

やっとこの位で、地上部には堅い頂芽と節芽が少し、根は少しは有るのですが至ってお粗末です。

  

昨年暮れ鉢上げの分は

015

もう少しマシで、こんな感じで展葉してきています。此処まで来れば大丈夫みたい。

この新葉の柔らかい色見て下さい。

喜びがこみ上げてきます。

  

さらにその前の鉢上げの分は

017

こんなになってきました。下からはシュ-トらしきが出ています。

今年は温度の上昇と共にこの苗達が大きくなってくれますように。

  

これは3本勢揃いです。全部昨年6月10日の挿し木品種です。

  

018

同時期に挿しても成長は異なるものですね。これはどうして?

でもこんな小さな棒から芽が出て、やがて大きな樹になると思うと言葉で表現出来ないような感動が有りますね~。

この品種は枝をくれた友人も正しい品種名分からない品種不明苗です。

  

ただこの果実の特徴がSに似ているだけなのですが、私には大切な3本なのですよ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年2月24日 (火)

穫らぬBBの実算用

今日は一日中雨模様です。冷たい雨に叩かれてブル-ベリ-の新芽が大丈夫か、傘をかけてやりたい心境です。

  

通販で注文していたスリット鉢が来ました。

004

こんなに沢山どうするんだよ~。

相棒に顔をしかめられながらマイペ-スの私。

使い道はあるのですよ、まだ足りないくらいに・・・

  

今回は下画像の2.5号ポット、これが特に欲しかったのです。

005

この小ささが挿し木にぴったりなのです。

1個9円の分50個、これと前に買った24個の角ポットで挿し木は完了。

これの使い回しでやっていこうと思います。

自宅エアコン上の挿し木置き場はもうすでに一杯なのですが、後の置き場をどう確保したら良いのか思案中です。

   

それとこちらは果実のケ-ス。

003

丸型120グラムと角型200グラム。

去年知り合いへのプレゼントにあちこち探したのですが、ブル-ベリ-専用のパンチ穴あきが無くて今年やっと見つけました。

業務用の大量なら有るでしょうが、個人が友達に分けるくらいの量あまり売ってませんよね。

今年は畑のコンテナ苗が不調で収穫は大幅に落ち込むのですが、希望を持ってこれに品種毎に入れて、知り合いに配りたい~の思いだけは一杯なのです。

 

さてこれは昨日の作業

002

ショボ苗の4号スリットへの鉢上げ、品種はT100やオニ-ル、シャシャンボ、スパ-タンなど。左のちょと大きめがデュ-クです。

画像が見づらいですが、半年経過の割に芽の動きは小さくても、根は確認済み。

用土を替えて成長を促します。と言うより挿し木置き場を空けて貰うためですね。

  

それにしても小さな挿し木、差し穂が細すぎだからこんなになるのですが。

今回は特に小さい、今度挿す場合は穂木も太いのを使おうと決心しています。

(もっとも樹によっては小さな穂木しか取れない場合も有るのですが)

でもやはり太い穂からの芽は大きく力強い、皆さんに頂いた差し穂の大きさを見ながらの反省です。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2009年2月23日 (月)

花壇のサザンの蕾

朝しか日の当たらない花壇に植えているサザン系ブル-ベリ-です。

    

まずビロキシ-。

今は下画像の様子です。

 

007

  

もう少し近くで見ると

 

011

未だに紅葉が枝先には残って

  

花芽は

005 009

もう開花しているのも有ります。

これは葉に白斑の枝も出たり、夏には凄い勢いの株だったのですが、実は2,3粒しか賞味していません。

今年は結実を期待していますが、隣がラビットのベッキ-ブル-でその隣がブラッデンなので受粉が上手くいくでしょうか。

ベッキ-はラビットでもサザンとの相性は良いと何かで見たように思いますが、実際はどうなのでしょうね。地植なので軽々に植え替えも出来ないし・・・・

    

もう1本のブラッデンは

016

南になびいて変な樹形です。

    

枝先は

017

ブラッデン特有のピンクの蕾が

まもなくでしょうね。

    

リヴェイルよりも赤い濃いピンクの花、咲くのが楽しみです。

他の枝先もこんな具合でこの樹には葉は全然ありません。

018_2 021_2  

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日)

ナイトジェムのその後

前にアップしたサザン系ナイトジェムのその後です。

自作挿し木苗が農園の本物と比較して正しいか品種同定の続きです。

前回は葉の比較をしました。

 

004

左が農園で買った苗、右が家で挿し木した苗です。

どちらも開花してきました。

    

  

農園の分アップすると

 

012

一杯の花芽です。まだ蕾が多いです。

この株の下の左右2本は撮影後カットし、挿し木をする予定です。

花は

011 

 

 

自作挿し木の分は

007

シュ-トかサッカ-か出てきました。

花は

005_2

006_2

こんな様子でこちらの分は終わって来ました。

画像クリックして下さい。蕾はやはりピンクです。

  

    

この両方の花を比較すると

009_2

010 

上画像  農園の分    対     下画像  自作挿し木

   

花の形や花幹の色は似てるとも思うのですが・・・

強いて言えば農園の分が花が長い。自作はもう少し提灯型です。

それに蕾の色も農園がピンクが濃いようです。

はっきり言って微妙です。多少不安もあります。

自作挿し木、私が間違えるとしたら、ベッキ-ブル-とマル位ですが、どちらの木もまだ花は咲いてないのです。(勿論同環境で)

   

幹全体の色とか、花の時期は12月までの環境の差とも言えるでしょうか。

この品種同定はそれぞれの果実を比較できるまで、延長戦ですね。

2本とも今年の収穫は期待しませんので、午後から花を取っての剪定作業をするつもりです。

ただ果実の比較のため一枝だけの実なりはさせようと思っています。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年2月21日 (土)

接ぎ木の追加

先日、練習の積もりでまた接ぎ木2本しました。

003

これはラビット台にエチョ-タ、ホ-タイぐるぐる巻きで期待薄の仕上がり。

駄目なら、何度でもやり直しします。

 

004

これもホ-ムベル台のカロラインブル-。

  

差し穂の切り込みは出来るのですが、台木に切り込みを入れる時が難しく一息にいきません。軍手をして手を切らないようにしているのですが、包丁で大根切るようにはいかないですね~。

これも上の方で接いで次回の挑戦時困らないようにしています。

あと3本と多品種接ぎの真似事1本で今年のホ-ムベルはお終いです。

せめて1,2本でも成功させたい、切実な願いです。

   

皆さんの接ぎ木を見ると恥ずかしくて穴があったら・・の心境ですが、下手は数をこなして経験を積むしか仕方がないようです。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2009年2月20日 (金)

新品種なのにどうして?

今日は昨日の寒さが嘘のように良い天気、風は強いけど陽気に誘われて、
昼休みに近所のホ-ムセンタ-に行ってみました。

   

ブル-ベリ-売り場には花の大和の苗が

 

005

左からサザンオニ-ル、リヴェイル、ダップリン全部大実と書いてある。

  

よくよく見ると、隅の方に

 

006

青いポットの分、分かりますか。

サンプソン・・・・ 

       

ええ~

私が去年K園で買ったの何?

1280円で家のよりずっと大きいし安い、おまけに増殖禁止とは書いてない。

花の大和さんは全国のHCに卸されている育苗業者さんでしょう。

これから挿し木もじゃんじゃん出てきますよね。

新品種を通販で買うのもばかみたい~。

   

この青いポットの名札をアップすると

013

014

これなんですよ~。

   

私も早く大きくして挿し木を作ろう-と。

今日はちょっとショックな日ですね~。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2009年2月19日 (木)

ジョ-ジアジェムの花

今日も寒い朝でした。今夜から雨が降るとのことで、昨日は畑のコンテナと花壇に少し有機肥料を蒔きました。

肥料の時期にはまだ早いのですが、随分花芽、葉芽が動いてきたし、当地は他県よりはずっと暖地だからとの勝手な解釈です。

冬の間密閉していた肥料にも有機の為か白カビが少し、でも構わずに施肥してしまいました。間違っても枯れるほどの事はないとの暢気な栽培です。

バルコニ-の苗達には週末くらいの施肥を考えています。こちらはIB化成、匂いや小虫の発生が嫌だからです。

しばらく見ないうちに小苗のサザン系ジョ-ジアジェムに花が着いていました。

 

005

畑の不調苗の子、挿し木して2年くらいでしょうか。

親のジョ-ジアジェムは、去年は小粒の実ながら、甘い実を生らせてくれて、その後株元に虫穴を開けられ不調に陥りました。

この子は余り目に見えた成長のない、インパクトの薄い小苗です。

   

ヒョロヒョロの情けない株ですが花は

 

006

007

ほんのりピンクが掛かって可愛い感じでしょ。

   

自分の挿し木でこんなの見ると頬が緩んでしまいます。

これは6号スリットなので、結実にはもう1年くらいかな。

   

それにしても家のブル-ベリ-はほとんどこの体型、何が原因なのでしょうか。

ピンとまっすぐに伸びた樹形に憧れていますけどね~。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

パウダ-ブル-

去年の12月24日住民になったラビット系パウダ-ブル-です。

ベリ-公さんからの購入で、3番目の画像に可愛いラベルが有りますよ。

購入時迷った上、主幹を切りました。

その後の様子がこれです。

001

両方に伸びた枝には見事に葉芽が展開しています。購入時には棒だったのです。

葉の展開の勢いはさすがプロの作品。

002

メインの主軸は芽吹いていますが、あらら~上が長過ぎみたい~

もう少し剪るかな~ 今度はトップジン塗らなくちゃ~ね。

003 004 005

主幹の芽がしっかりしたら、両横の小枝は元から剪る予定です。

今は挿し木のポットが不足で~す。

BBHさんにお願いして居ますから到着次第ですね。

    

最近はせこくなって剪ったら挿すが定着して・・・こんなに作ってどうするんだろうって思ったりもするのですが。又挿しています。

去年は挿し木の始末に困って、チャンドラ-やマル、ナイトジェム、ブラッデン等貰って下さる方を捜しにHCにたむろしたのを忘れたみたいですね~。

でも挿し木の取り持つ縁で友達出来たし~まあいいか。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

挿し木鉢上げしました

今日は寒いですね~。

朝から大学病院に行ってて、帰ったら仕事もどっさり貯まっていて、自由時間が余り取れなかった。ちょこっと空いた時間にした作業です。

我が家で6ヶ月以上経過の挿し木達です。

芽の動きは無いものも多く、不安もあるのですが枯れてはないの確信の元、鉢上げすることにしました。

 

006

とりあえず4鉢、去年の6月~8月の分。

手前から品種不明苗とフロリダブル-、後ろがサンシャインブル-、ノ-スランドです。

サンシャインブル-が一番成長が良く、これはもっと前に挿した物かもしれません。

余りにもアバウトなやりかたで、ラベルの裏に挿し木した月日を書いてないのも稀に有るのです。

でもこれは過去のことで、今はしっかり記入していますけどね。

   

枝先にはすでにロ-ズピンクの蕾が

 

011

綺麗な色です。    ・・・・でもこの枝は剪りました。

   

鉢から出して見ると

 

010

根はまあまあ張っている様子。

この頃はラトビア産ピ-ト単用の土だったので、有る程度土を落としての植え替えです。

他の3品種は地上部の動きは殆ど無いのです。

根がなければ捨てても良いし~で気軽に開けてみました。

  

鉢から出すと

 

013

左から品種不明、フロリダブル-、ノ-スランド、ピ-ト主体のポット土は全部は落としません。フロリダブル-の株元が黄変しているのですが、3本中では根張りは一番。

少しの根ですが、この位有れば、今までの経験では大丈夫。

この画像よりは土落としをして根を広げて、混合用土に鉢上げしました。

植え替えた後は根元部分の土をきゅっと押しつけて根を固定させます。

  

植え替え後は

 

017

こんな感じでサンシャインブル-は枝を剪っての植え替え。

鉢の周りはピ-トだらけで恥ずかしいのですが、手抜き植え替えです。今までこの植え替えでも結構大丈夫に成長したのですよ。

 

ちなみに我が家の普通の用土は

 

018

ス-パ-で貰った発泡スチロ-ルの蓋付きに、こんな用土詰めています。

これも手間の掛からない簡略植え替えのため、お粗末ですね~。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年2月16日 (月)

冬の挿し木のその後

今日は12月20日の挿し木の一部のご紹介です。

 

まずオ-スチン

 

008

1本を除いてすべてから芽がでています。残りもまもなく発芽するでしょう。

   

次にブライトブル-

 

004_3

4本すべてから発芽しています。

 

アリスブル-は

 

010

こちらもほぼ大丈夫でしょう。

  

最後にナイトジェム

 

007_2

5本も挿しているのに、全部に芽の動きが。

これは親木が家なので余り土にぶっ込んだ手抜き挿し木。

ナイトジェムが品種的にも増殖が易しい事お分かり頂けますよね。

   

さてこちらは今年の2月5日の挿し木の一部

オレゴンブル-とボニタブル-はもう芽が動いてきました。

006_2 007

親木からの状態が良かったのか、この暖かさの関係かもう芽吹いてきました。

同時期挿しのミノウベルとエイボンブル-はまだ動きません。早すぎる~。

でもこれからこの芽達を枯らさないように成長させて発根を待つのです。

水遣りに注意して、遣り過ぎも腐ってくるし、乾燥は葉が萎れるしで、スプレ-と水遣りのタイミングが難しくなります。

 

でもこの挿し木の手法が初心者には一番の増殖の方法、案外土を選ばなくても、発根はします。ただ早い遅いと確率の問題でしょうか。

私は今まで鹿沼単用、ピ-ト単用、チップ混ぜのピ-ト、山砂混合など色々試してきました。

今は又初心に返って、ピ-トと鹿沼の混合ですが、発根は変わらないけど鹿沼のパラパラ土で鉢上げが簡単に出来ると感じたからです。パラパラと落ちて根洗の必要が無いのです。

鉢上げしてからは普通の用土、4号スリットで半年くらいでしっかりした株になります。

ただ成長の度合いは品種の種類によりかなり差が出てきますけどね。

その後は成長に合わせてまめに鉢替えです。

    

初心者の頃は大きければよいと思い買ってきた1~2年生をそのまま10号鉢に。

テキスト通りに夏は朝夕2回位春秋で日に1回、冬は1週間に1回位の水遣りをして過湿で枯らしてしまいました。今は表面が乾燥したらとか鉢を持ち上げて軽ければ等と書いてありますが、結構面倒ですよね。

色々失敗しながら自分にあった栽培法が見えてくると思います。私はずぼらで手抜き栽培ばかりしていますが、それなりに収穫も出来たりしていますのでブル-ベリ-は元来丈夫な樹でしょうね。

挿し木の小さな小苗が収穫出来るまで成長するのは言葉に出来ないくらい感激するものですよ。

   

おっとちょと「ヨ-ダイ」になってしまいましたね。

今日確認した挿し木達の明日を夢見て、ゆるゆると手抜きしながら頑張ります。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

新品種芽吹いてきました

昨年秋購入のサザンのホルトブル-です。

このところの暖かさで少し芽吹いてきました。

去年の緑枝挿しだと思います。

 

003

まだ余りにも小さいのですが、緑の葉は落ちていません。

   

枝の節目には

 

005

葉芽か花芽か?   

膨らみが少ないから、多分葉芽では無いでしょうか。

  

ホルトブル-は2期生りとか、早く大きくなって差し穂一杯取らせて欲しいで~す。

これには増殖禁止は書いてなかったから、挿し木しても大丈夫ですよね。

   

強健で花芽が多いとか、サンシャインブル-みたいな品種でしょうか。

自家結実性は高いのかな?

自家結実しなくては2期生りは相手が無くて無理ですものね。

 

これは同時期購入のコロンブスです。

001

丈だけは伸びてきたのですが、頭でっかち。

枝先は

  

003

葉芽風がしっかり着いていますが、どうなんでしょうね?

花芽なら早く落とした方が良いし、葉芽なら置くしで迷ってしまいます。

まあもう1~2週間位ではっきりしますね。

   

コロンブスもどんな品種なのか、まるっきり分かりませんが、当地に適したラビットとだけは確かなようです。

食味は?皮は?と食いしん坊な私は気に掛かります。

色々言っても最終的には自分の好みに合うかどうかですけどね。

新品種はあまりデ-タ-が無くてそれが又面白くもあるのです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年2月14日 (土)

接ぎ木しました

今日は初夏の陽気、カットソ-一枚でも汗ばむ位の好天です。

やはり今年の暖冬は異常ですね~。

   

去年の切り株ホ-ムベルから1本だけ伸びたシュ-トに接ぎ木をしてみました。

差し穂は勿論スパ-タンです。

自作接ぎ木の畑のコンテナ分の剪定枝、一昨年からの接ぎ木挑戦は穂木は全部スパ-タン、私のスパ-タン果実への入れ込みようが分かるでしょう。

 

012

切り株だらけの中の1本、駄目で元々の接ぎ木です。

もう少し、動いてきたら昨日植え替えのホ-ムベルや花壇のホ-ムベルにも接いでやらなくてはね。

  

ちなみに下画像は去年の接ぎ木、これもスパ-タンです。

 

002

この接ぎ木、まぐれの1本です。

6号スリットですが、あまり変わりばえしません。

   

やたらスパ-タンばかり接ぎ木していますが、最初の目的スパ-タン、最終目的スパ-タンでやはり果実の味はハイブシュ多い中でも私的には最高だと思っています。

ブル-ベリ-ばかの一つ覚えですね~。

  

でも今年はプルやカロライン、オニ-ル、バ-クレイ等接ぎ木してみたいです。

5月には知り合いにスタ-の果実を頼んでいますので、上手くいけば食べ比べできる?

でもどっさり穫れたらの話しですから、あまり期待は出来ませんけどね。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2009年2月13日 (金)

植え替えしました

今日は午後からは雨の予報で温度は18度、全国的に暖かい日のようです。

ブル-ベリ-の栽培を初めて以来、毎日の天気予報や気温が気になり、明日は何度と一喜一憂している自分が不思議な感じです。

  

先週買ったホ-ムベルなどを植え替えしました。

 

017

台木用の3本のホ-ムベルです。

10日の植え替えなのでその時点では鉢が足りなくて、2本は急遽プラバチの大きめに。

根は良く張っていたのですが、殆どの土を落としての植え替え。

この台木を接ぎ木にすぐ使っても良いのでしょうか。それとも1ヶ月位置いて根が有る程度落ち着いてからの接ぎ木でしょうか。

   

同時購入のWの苗は今日剪定して、下画像のようになりました。

前の画像は土佐の日曜市に戻ってね。

018

自分的にはかなり剪ったつもりですが、収穫予定株、剪定としては甘いでしょうね。

Wは家には他に2本有るのですが、どちらも畑からの鉢上げで不調、今年はこれにお世話になります。

今年の不調苗は来年にも完全復活できるか分からなくて、心配は尽きないのですが。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年2月12日 (木)

昨日の出来事

今日も日中は15度の予報で暖かい日です。

これは今朝の私の食卓。

 

008

牛乳パンにバタロ-ル半分、サラダ、ハムエッグ、野菜ジュ-ス、ジャムは当然ブル-ベリ-ですよね。

大分前に我が家の手作りジャムは無くなって、先週買った市販品です。

このハムエッグ目玉が2個、分かりますか?

 

実は昨日の話、聞いて下さい。

朝からスリット鉢の小鉢を買いに高松に出かけたのです。高知インタ-から1時間足らずです。

まず、大野ヶ原で降りて満濃町の環の市へ、地場産品を売ってる規模の大きな直産市。

私はこんなのが大好きでこの卵もここで購入。

009

13個で340円、地元では「あたり卵」と言うらしい。全部黄身が2個入っているのです。

おお~、当たりかこれはさい先が良いと思いいつものHCへ。

近所のHCにはスリット6号以上しか置いてないので、県外まで購入に。

  

中心部にあるNジョイさんに行くと、こちらの希望のサイズはもう扱ってない。高松でも小サイズのスリット鉢はこの系列店のみしかないと思う。

仕方がないので別地区のNジョイさんへ。希望品は此処にもない。

最終は自然の休憩所さんにと考えていたら、相棒が淡路の友達が言っていた鳴門のHCをみたいと言うので、とりあえず移動前にNジョイさんで残りの在庫小鉢を買う。

  

011

 

4号12個、5号5個、3号2個これしか無かったのです。

私的には一番手前のサイズを30以上は購入したかったのですが。小サイズはあまり売れないみたい。

挿し木が活着したら、とりあえずこの小鉢に入れて、次は6号にが我が家のパタ-ン。

友達に貰っていただくにも一番適当なサイズ。小さくて場所を取りません。

  

またプリウスを駆って鳴門まで、途中「びんびや」で昼食。

002

行列に並び、刺し盛り定食を食べる。この店はいつも行列で車置くにも大変。

鳴門のHCは探しながら数軒行ったが、こちらの希望品はない。

    

久しぶりの高松で小スリットだけでなく、プルの接ぎ木があれば購入したいとの私の密かな野望は残念な結果となった。

5時過ぎにクタクタに疲れて帰宅したのは言うまでもない。

  

まあとりあえず挿し木の植え替え分はこれで足らせて、後はネットで購入かな。

昨日はBB作業には最適の日なのに、無駄に1日を費やしてしまいました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

ボ-ナス

久々に接ぎ木ボ-ナス君の登場です。

 

003

左向きにそよいだ樹形ですが、チップをかき分けたところ根は良く張っているようです。

ボ-ナスについてはエリオットの実生で大粒品種と言う程度までしか私には分かってない。

味覚評価ではイマイチの感じか。エリオットの味を知らないのだから全く判別の仕様もない。

この頃は極大粒に憧れていての購入品。

   

最初は憧れますよね、スパ-タン、チャンドラ-など。

HCで大実のラベル見ると心躍っていた頃も有りました。でも最近のHCは殆どどれにも大実の表示、中には大実だけで品種名のないのも有りますね。

こういうのがブル-ベリ-市場に未だにあるのはとても残念です。

当地では去年位からスワニ-を全く見かけなくなって、前頃何処に行ってもスワニ-ばかり並んでいたのは嘘のよう。

やはり小粒は人気がないのでしょうね。

  

このボ-ナス謳い文句は極大粒、不調ではないが、NHゆえの落葉か丸裸です。

 

004 005

花芽も葉芽もしっかりですが、どうなんでしょうねえこの子は。

右のシュ-トがフラダンスの車枝。

   

支柱の結び口より少し下の外芽の上で剪ってみましょうか。

少しは樹形良くなるかしら?

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2009年2月10日 (火)

水耕栽培

今回は少しお遊びです。

これは海苔のビン

005_2   

蓋に穴が数カ所

実はこの中にピ-トを入れて挿し木をしてみたのです。

 

外から見ると

006

ビンの中も湿っている感じです。

  

蓋を開けると

003

周りの水滴見えますでしょう。

verryblueさんに頂いたアリスブル-の一番小さな穂、芽が膨らんできました。

12月20日挿しなので、まだ発根はしてないと思います。

  

こんなの邪道でしょうが、室内に置いていたら、蒸発した水蒸気が又元に戻ってあまり水遣りしていません。

昨日のトップハットの小さな穂も、捨てなくてこうして試していますよ。

001

トップハットとピンクシャンデリアのミニ軍団。

もし着いたら大儲けですもの。

適当な時期に鉢上げしないと過湿で腐ってしまうでしょうかねえ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月)

また新しい仲間です

ブログでお世話になっているかいづさんに苗と枝を送って頂きました。

001

枝はノ-ザンのジャ-ジ-と超ミニのトップハット、苗木はノ-ザンアイバンホ-です。

このスリットはいつものより長めで初めて見る物です。

  

トップハットは余りにも超ミニなので、これだけ枝を取ったら親木気の毒なことになっているのではないかと心配しています。

前にリクエストしていたのですが、あまりの自分の厚かましさに一度はキャンセルの申し出をしたのですが、お優しいかいづさんが気を利かせてご送付してくれたのです。

かいづさんいつも有り難う御座います。私のつまらないブログに毎日コメント下さり、且つ私の欲しい苗を下さる温情に甘えるばかりですみません。

先日から皆様に色々頂いて品種が増えて嬉しい日々です。私も皆様に苗木お送りできるよう挿し木頑張っていますよ。持ってない方に品種お送りするのがかいづさんや皆様へのご恩返しになると思っています。

   

枝のジャ-ジ-とトップハットの品種説明は必要ないですよね。アイバンホ-については偽物も多い謎の品種、資料も少ないようですが、酸味が少なく美味しいとは聞いています。

どんな成長を見せるか、これがまた堪えられない楽しみなのです。

  

差し穂の枝元はガムテ-プを巻いてティシュで水の手当をしてくれているのですが、早めに挿した方が良いと思い早速挿してみました。ピ-トは昨日購入のカナダ産。

今まで挿し木にもラトビア産使っていたのですが、目の細かいのが良いような気がして。

初心に返っての挑戦です。

009 010

カナダ産のきめの細かさが分かるでしょうか。

スリット足りなくなって1本だけ素焼き鉢になりました。

今度の祝日に小スリットと6号、ラベルなど購入の為HC回らなければ。

毎日忙しく嬉しい悲鳴あげてますよ~

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年2月 8日 (日)

土佐の日曜市

皆様は土佐の日曜市をご存じでしょうか。

よさこい祭りの期間を除いた毎日曜日に高知城から東の大手筋一体に夜明けから日没まで開催されている街路市です。

江戸時代から300年あまり続いているとの事ですが、農家直産品だけでなく、食品、骨董、衣類、日用品、苗木など面白い物がいっぱいあります。

特にこれからの季節はお楽しみも多く、観光客だけでなく、地元の人もちょっと行ってみるような街路市です。実際の出店数は分かりませんが、端の蘭屋さんが500番台だから500軒近くは有るんでしょうか。

延々とお店が続く大規模な市なのですよ。

 

011 012

014 017

020 024

画像は大きくなりますので、日曜市の雰囲気味わって下さいね。

写真は沢山撮ったのですが、今日は人が一杯でどの画像にも顔が写っていてやっとこれだけのアップです。

  

ここに出店している苗木屋さんで今年の台木が少ない話しをしていたら、小苗を分けて貰える事に成りました。

それが下画像です。

 

004

3本のホ-ムベルです。あげると言ってくれたのですが、ご商売だからお金払うと言うと破格の値段にしてくれました。お値段は3本で100円です。

この小苗達の根は

 

008

プラ鉢の下まではみ出して、凄い有様です。緊急植え替えが必要ですね。

  

こんなにお安くして貰うのは、あまりに申し訳ないので、不調苗の代わりを1本買うことにしました。

ラビットでこれも破格の値段、仕入れでなくて家で作ってるとのことで、内緒の格安。

今年は果実少ないので即戦力になるのが欲しいとの私の希望で良苗のWを。

  

樹形は悪いがこれなら生らせて大丈夫とのこと。

根は良く張っていましたが自宅の用土に植え替えました。

 

010

9号鉢です。

   

全部の枝に花芽、さすがにプロの製作。

 

013 015

鉢を上から見ると

 

016

剪るところ沢山有りそうで~す。

下のモシャモシャ小枝と、張り出した大きな横枝、今年収穫用の剪定は如何に?

この剪定は腕がなりますね~。

 

 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2009年2月 7日 (土)

ブル-リッジ

これはサザン系ブル-リッジです。

18年に我が家に来た古株、勿論自根です。

土壌適応性に優れるとの事で購入を決めた品種。

 

005

至って樹形が悪いのですが、置き場所の問題でしょうね。

案外強健で多湿でも枯れることなく、バルコニ-の隅の住人です。

   

10階ですから当然受粉が上手くいかず、収穫は数粒なので本当の味は分かりません。

果実評価はどうなんでしょうか。味ご存じの方いらっしゃいますか?

同時期の導入と言われる、ケ-プフィアは私的には印象の薄い味だったのですが。

  

今年も花芽は

 

009

こんな感じで、

もう少したったら枝先を剪って摘蕾する予定です。

 

結構ご年配だから、結実させても大丈夫ですよね。

今年は鉢増しして、緊急要員として畑に出張して貰おうかな。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年2月 6日 (金)

チャンドラ-

今日は温度が高い割に冷たい風が吹きます。東風に乗って梅の匂いが。

昨日は当地の民家で桜が咲いたとNHKの全国版ニュ-スにも有りました。

   

さて、本日のブル-ベリ-は初心者としては憧れのノ-ザン系チャンドラ-です。

まずはインパルスの接ぎ木苗、去年9月頃の購入

 

003

この夏の成長は余りなく、葉も殆ど落ちています。

枝先には花芽が有るのですが、今年の収穫は諦め、まもなく花芽は全部落とす予定。

でしたが、1個だけ生らすかも知れません。

 

こちらは自根の4年生

Photo

恥ずかしい樹形のグニャ子さん。有名な?K園の出身です。

葉があればそれなりに見えたのですが、落葉してると悪い樹形は目立ちますね。

これもすべての枝先に花芽です。今年は経過を見て結実の予定です。  

当地では難しいノ-ザンですから、枯れたら枯れたよで思い切ります。

   

去年これより大きいのが畑に居たのですが、期待の大実も生らず、味もイマイチで最後には枯死にしました。暖地適応性にも優れ、味もまずまずと思っていたのに落胆です。

チャンドラ-ってこんなもの?味はともかく、大実は摘果しだいで、きっと生るはずと信じています。生らないのは栽培技術が悪いせいですよね。

でも1枝何個の果実にすれば、500円玉の可能性あり?

   

最後のおチビ苗は挿し木した分

007

生まれも育ちも南国土佐でゴザンス株。

同級生は皆嫁入りし、残りの1株です。

これもムシリト-ル処理で真ん中の枝変ですけど、至って強健。

生意気に花芽も有るのですが、6号スリットで葉も落とさず昼寝中かな。

 

この3本のチャンドラ-今年はどうなるか、

1度位500円玉見せてよ~とこの子たちに檄をとばしているのですが。

皆さんのお宅では500円玉生りましたか?

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年2月 5日 (木)

2月の挿し木

今日は昨日よりも更に暖かく、17度の予報です。

あの寒さは何処に行ったのでしょう。

これは今朝6時半、珍しく霧の出た映像です。朝靄と言うのでしょうか。

 

002 006

今日は朝から張り切っています。

昨夜ぴんさんからご送付頂いた枝の挿し木をするつもりなのです。

この陽気に誘われて、挿し木をしても大丈夫と自分なりの判断です。

昨年冬の挿し木もまだ枯れてはないし、活着した感じのものもあり、挿し木に関しては当地では年中OKみたい。

    

2時間ほど吸水させて、乙さん流を真似してカットし、2芽入れて少し斜め挿しに、用土はピ-ト鹿沼土6・4で。

私は発根予定部分にブル-ベリ-についてはル-トンなどは付けないのですが、皆さんはどうされているのでしょう。

 

007

こんな感じで仕上がりました。

    

今日の挿し木はぴんさんから

  オレゴンブル-・ボニタブル-・エイボンブル-・ミノウベル

かいづさんからの

  オ-スチン

verryblueさんからの

  ブライトブル-・アリスブル-

かいづさん、verryblueさんのは前回挿し木して残りの1枝です。前回の挿し木達も枯れ込みはないようで何とか頑張ってくれているようです。

  

穂木を下さったぴんさん、かいづさん、verryblueさん有り難う御座います。

皆様のご好意で品種が増えていき感謝感激です。

    

この挿し木達、上手く着いて欲しいで~す。

これだけ着いたら私は一挙に大品種持ちになりますからね。(笑)
  

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

今日は立春

昨日の雨が嘘のように今日は晴れ上がって、日中の温度はまるで4月です。14度の予報でしたが、もっと高く感じられます。

足摺岬では数日前から次々とツバキの花が咲いたと夕刊に出ていました。

一雨毎に春が近づいて、人間の気持ちまでわくわくと嬉しくなってしまいますね。

植物やブル-ベリ-達も元気になって、輝いているように見えます。

  

これは去年挿し木したロ-ズマリ-

 

004_2 

生命力強くてこんなに大きくなってしまいました。

矮性だから縦には伸びないみたいですけど、小指丈の小枝1本からの成長。

 

005

新しい芽は黄色ぽくって瑞々しいですよね。

こんな綺麗な新芽をみると喜びがこみ上げてきます。

少し触ったら爽やかな香りが今も手に残っているんですよ。この香りに包まれながら、このブログ書いています。

  

去年咲いたビオラも、今日花柄つみをしました。もう少し咲き続けて欲しいのです。

 

007

花は大分くたびれてきたけど、まだ咲いてくれそう

この陽気が私の気分を良くして、人にも花にも優しくなれそう・・・・

 

花壇に置いてあるシャシャンボも大分大きくなりました。

010

鹿沼土と畑の土の混合に植えてあります。

そろそろ植え替えてやらないと根詰まり起こしそうですね。

  

最近仕事が忙しく苛立った気持ちも今日の植物達に癒されました。

  

勿論、畑の不調苗達にも蕾が緩んで、芽吹きの気配が感じられたのです。

これについてはまた後日記事にさせて頂きますね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月 3日 (火)

アピノス

最近、こんなもの買ってしまいました。

 

001

光合成細菌1000CCと書いてあり(細菌の名前が怖-い)

横には

 

004

一番下にあるフェロモン効果による受粉、着花を促進との謳い文句に飛びついて買ってしまいました。藁をも掴む気持ちです。

資料によると

作物は400ルクス以上の受光がないと光合成作用を営めないが、アピノスはバクテリアクロロフィルによって50ルクスでも光合成活動を行い、日照不足、受光不足での光合成を助ける。
また多量の生殖成長因子を分泌するので生殖成長を助長する。
果実の糖度着色を促進し、且つ土壌有益菌の増殖に効果的に作用し直接病原菌を溶解する効果がある。

とのことです。

    

私の自宅はマンションの10階、殆ど蜂などの訪花昆虫が来ることはありません。

毎年お花見は充分出来ても、ブル-ベリ-の実なりは少ないのです。

今年は3月からこれをスプレ-するか、株元に薄めてまくかで

効果を確かめてみたい~。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

2月のクリスマスロ-ズ

2月のクリスマスロ-ズカレンダ-です。

 

010

左上がバイカラ-ダブルの花でピコティ風左下がネット状シングル花で右がピンクのセミダブル花です。

家にもこんなのがあると文句ないのですがね。

  

下は友人宅でこぼれ種から生えた実生のクリロ-。

色はホワイトとのことでどんな花が咲くかタ ノ シ ミ。

昨年秋に小さな苗を鉢上げしたら割と大きくなったからとのプレゼント。

012

私、栽培法をしつこく聞いて教えてもらいます。、本では理解出来なくても実地では身に付きます。

またクリロ-に狂いそうです。

数年前ロ-ズの名前に魅かれて栽培し、夏に全滅した事忘れたのかしら。

お花はロ-ズに全然似てないし、開花時期もクリスマスより遅いのにどうしてこんな名前でしょうか。

栽培力が着くまで費用掛けたらダメよ~と冷静な自分が言っています。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

プルの産毛

今日は久しぶりの良い天気ですが、昨夜からの風が強くてBB作業もはかどりません。

   

これはノ-ザン系自根プルです。

我が家に来たのが18年の冬で3年も経過しています。

その割にはずっと不調苗で枯れもしないが、成長もなしの停滞状態でした。

去年すぐ隣にヌイとレカを並べて置いたところ、プルが少し動いたのです。これは私の気のせいで、たまたま状態が良かったのかも知れませんが。

 

今8号鉢、10月頃のハダニのせいで、秋には紅葉も無いまま、ムシリト-ル処理をしたのですが、

花芽はしっかり着いています。

 

005

007 010

   

プル、ヌイ、レカの3兄弟は産毛が特徴とか、下はプルの枝です。  

008   

    

この下は接ぎ木のヌイですが、あまり産毛は感じられません。

花芽だけはびっくりするほど付いています。

012

 

自根レカの枝はこれです。 

015

 

この三種接ぎ木のヌイだけは産毛が余りないようでした。接ぎ木のせい、それともヌイはこうなんでしょうか?

休眠期の枝の色については、レカが赤く、プルが次で、ヌイが黄色みが強いとか、これはクリアかな。

 

このプル、根を点検の上、近日中にミルフィ-ユで植え替え予定です。

今年こそ香りの高いと言うプルの果実味わってみたいのですが・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »