« ラビット系1番花 | トップページ | 赤花の蕾対決 »

2009年3月10日 (火)

アイバンホ-とダップリンの植え替え

今日は久しぶりの晴天で温度も18度の予報ですが、汗ばむ陽気でもっと高くなってるみたいです。

前に頂いたアイバンホ-をその時のままで置いていたら、葉芽が芽吹いて大きく成長してきました。

006

用土を自宅のに替えて大きい鉢に植え替えることにしました。

   

この鉢から抜くと

008

根張りはさすがにメチャクチャに良い~。底には樹皮か長繊維ピ-トかが敷いてある。

これなら根洗までの必要は無い。

  

土を軽く落として6号鉢へ鉢まししました。

018

少し誘引矯正が必要みたいですね。

   

もう1鉢はあまり元気の良くない接ぎ木ダップリン。

現在8号スリット、鉢から抜くと

012

あれれ。これは何だ~

根の張りは上5センチくらい、鉢の大部分はそのまんまのピ-トの土。

これは用土の過湿か?

根を充分にほぐし土を全部落として、殆どチップの土、ミルフィ-ユ改良型に植え替え。

  

1月16日、20日に記事にしたmoritaさんに教えて貰ったミルフィ-ユ方式で植え替えた不調のエチョ-タは凄く調子がよい。かなり展葉してきているのです。まだ根は見てないのですが、4月頃中を見て、緑一杯になった枝を記事にしたいと思います。

この方式の改良型はただピ-トが少し多いだけなのですが、コンテナから不調苗を10号に植え替えたときの残りピ-トが多く出て数ヶ月しか使ってないピ-トだから、再利用しているのです。

本来ならば新しいピ-トが基本でしょうけど、ラトビア産はまだ使えるとの自己判断です。いいえケチなだけかも知れませんけど。

  

同じ8号に植え替えて、下画像です。

014

今までの重い用土が片手で楽々の軽い用土になりました。

  

水を遣り過ぎの我が家では、後数本植え替えが必要なブル-ベリ-がいます。

今日のダップリンの根には本当に驚いてしまいました。

   

成長の遅いものだけでなく、全部のBBを点検して、植え替えるべきだったと痛感しています。あまりの数の多さに手を抜いてしまったのですよ。

遅ればせながら、やるなら3月中ですね~。

|

« ラビット系1番花 | トップページ | 赤花の蕾対決 »

コメント

今日は暖かな一日でした。高地は20度を記録したようですね。

ミルフィ-ユ方式良いかも知れません。
今まではピートモス中心の栽培でしたが、皆さんいろいろな用土を使い試行錯誤を続けておられます。
配合比率もまちまち、中にはピートモスゼロの方もおられるようです。
その中からどれが一番自分の栽培に適した用土か見極めるのが重要ですね。

投稿: hide | 2009年3月10日 (火) 21時10分

アイバンホー、一応、根があって良かったです(^^)
はっぱさんの管理の賜物です♪
ちなみに、鉢底は北海道産長繊維ピートモスです。

数があれば、このダップリンのようになるものもありますね。我が家では、昨年のスタンレーその1がそうでした。
hideさん仰るように、自分にあった用土が一番と思います。私など試行錯誤の真っ最中です(笑)

投稿: かいづ | 2009年3月10日 (火) 21時22分

植え替えで鉢から抜くと半分ほどの用土が残るなんてこと、数多く有りました。
過湿か・・・ブルーベリーに合い難い用土なのか・・
これからも失敗を繰り返しながら、いいものを見つけるしか手段無いです。
やってみないと解らないことが多いですわ。
接ぎ木ですから根はラビットアイ系、今後は良い根張りが見られると良いですね。

投稿: ぴん | 2009年3月10日 (火) 22時39分

根を確認したら半分パッカリ…うちでもよくありましたよ。根にとって何かが気に入らなかったのでしょうね。
アイバンホーの根張りはお見事です!
今年の成長が楽しみですね。

投稿: very blue | 2009年3月11日 (水) 00時35分

hideさん

昨日は20.2度だったみたいです。でも今日は寒い朝です。
ミルフィ-ユは確かに良いようです。特に家でのバルコニ-栽培には用土が軽いことは重要なのです。ただ夏の乾燥時期の水遣りがどうなるかに多少不安は残りますけど。

投稿: はっぱ | 2009年3月11日 (水) 08時44分

かいづさん

アイバンホ-の根張りは素晴らしかったです。鉢底は長繊維ピ-トモスだったのですね。家の土に植え替えましたから、以後は伸びなくなったりして?
それは困りますね~。
用土はいつも試行錯誤でこれからも変わっていくと思います。この暖地の気候に何が1番合っているのかが追求テ-マです。

投稿: はっぱ | 2009年3月11日 (水) 08時54分

ぴんさん

用土の問題は基本ですが永遠のテ-マでもあるのです。今回もまだ怪しい樹が6本位、バルコニ-の鉢植えの大苗ですから植え替えが大変なのですがあのダップリンみたいになっていそうです。
あれを見ると幾ら肥料を与えても根が育ってないから駄目なことよく分かります。
本当に失敗の繰り返しで恥ずかしい事ばかりです。

投稿: はっぱ | 2009年3月11日 (水) 09時03分

very blueさん

お宅の植え替え記事見て再度の植え替えをしたのです。ご自分の現在の用土に順次植え替えられてますよね。
私の前の土は水遣りの後かなりの期間用土が乾かないので根が伸びる必要が無かったのだと思います。どちらかと言うと殆どピ-トばかりで粗めと細めの比率で調整しチップを少しだったのです。
最近はミルフィ-ユ以来、チップの量を多くし粗めのピ-トのみ使っています。
家の栽培では現在はこれで好調のようです。殆どピ-ト単用でも良く育つ旨福田さんの園芸書には有りますので、前の用土でも栽培法環境によっては好結果でしょうけど。

投稿: はっぱ | 2009年3月11日 (水) 09時31分

ご無沙汰しておりますcatface
はっぱさんに頂いたマルの用土が大変重量があるので、水持ちが良すぎて根が伸びにくいのかなって思い、水持ちより通気性を重視したミルフィーユ方式をオススメしたのです。私の場合ですと、ピート100%用土なのに構いすぎて水遣りを必要以上に行い根腐れした事が数え切れず・・・crying
エチョータ復活の記事楽しみにしておりますnote

投稿: morita | 2009年3月12日 (木) 07時30分

moritaさん

マルの用土重かったですか。ご免なさいね。
去年の夏頃まで、殆どピ-ト単用で粗め細粒の配合率で調整した用土だったのですよ。それ以後チップを混入していましたがほんの少量。
moritaさんのミルフィ-ユ以来空気層を考えて大幅な調整しています。
畑のコンテナは仕方がないけど、バルコニ-分だけでもと思い全部植え替えを目指して毎日こつこつとやっています。
この記事でミルフィ-ユ改良型などと書いて失礼しました。改良の言葉は前より良いですよね、ピ-トが多いのですから改良でなく改変です。
お気を悪くされないで下さいね。

投稿: はっぱ | 2009年3月12日 (木) 09時07分

私も一時ピート100%用土に固執して、不調苗ばかりになってしまいブルーベリー界でも著名なフクベリーの産みの親である福田さんにメールで聞いたことがあるんですcatface
その際にNHKで針葉樹の樹皮だけでBBを育てているという番組が放送されたのを教えて貰い、色々やってみてミルフィーユにたどり着いただけです。ですがまだベストでなく改善の余地(夏場の水切れなど)がありまして・・・・はっぱさんの改良いいじゃないですかφ(.. ) メモメモconfident
私ももっと頑張りますよ~。

投稿: morita | 2009年3月12日 (木) 09時44分

moritaさん

私の最初の本が「家庭果樹ブル-ベリ-・育て方・楽しみ方」と言う本でその中に福田さんはカナダ産ピ-トモス単用を勧められていました。82ペ-ジに一切他の用土を混ぜる必要はありません。とまで書かれていましたよね。その通りにしても調子が悪いのでピ-トを北海道産に替えたりラトビア産に替えたり少しだけチップを混ぜたり鉢底に敷いたり、山砂用土にしたりで、今日に至りました。
今朝も3鉢植え替えたところです。
moritaさんの用土を教えて頂いて、有る意味目が覚めましたよ。感謝しています。

投稿: はっぱ | 2009年3月12日 (木) 17時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1087562/28554495

この記事へのトラックバック一覧です: アイバンホ-とダップリンの植え替え:

« ラビット系1番花 | トップページ | 赤花の蕾対決 »