« 自家受粉? | トップページ | 植え替えとバルコニ-の床 »

2009年3月13日 (金)

ブル-ベリ-の病気

朝から凄い雨で、仕事の方もひまです。ブル-ベリ-の植え替えも畑までの運搬のみで作業が出来ない。

  

朝、友人が日本農業新聞を持ってきた。3月12日号にブル-ベリ-の事が載ってたから気をつけてよとの親切。

早速読んでみると

001 

要点を書くと千葉県農林総合研究センタ-病害虫防除課で国内初めての

「ブル-ベリ-赤色輪点病」を確認した。その病気はウィルス感染で葉や茎、果実に赤色の輪や斑点が生じるとか。

治療法がないので発病したBBは抜き取って健康な樹から離して処分をとの記事。

岩手大学農学部ではウェイマウス、ブル-レイ、シエラ、デュ-クにレッドリングスポットウイルス(BRRV)を検出したとのこと。

感染すると果実に赤色の輪や丸い斑点が出るし、茎や葉には赤色の輪や不定形の赤色染みが現れるそうです。

   

難しいことは分からないのですが、ウィルス感染っぽい赤い染みとか見つけたらすぐに処理する事でしょうね。

千葉や岩手は遠いと行ってもブル-ベリ-は全国に流通していてHC苗など何処から来ているか分かりませんからね。

嫌ですね~。ブル-ベリ-の病気は。

  

この病気にも今に耐性農薬が出来て来るでしょうけど、今までも原因不明の病気らしい樹は数本廃棄処分しました。

やはり有るんですよね。黒や赤のぼつぼつが大量に葉に出たり果実に斑点がでるブル-ベリ-。

心配するほどのことは無いのでしょうが、ダイキリしても翌年も不健康な葉など廃棄処分の対象です。

  

私がこのブル-ベリ-栽培に魅力を感じたのは、長年の薔薇栽培での農薬使用が嫌になったのです。(今は木酢などで無農薬栽培されてる場合も有るようですが)

自分が不健康なせいで病気が多く多種類の薬の飲み合わせで余計身体を悪くし、病院への通院すら又薬を出されると嫌になり、最終は救急病院に駆け込むそんな日を過ごしてきました。

1時は鬱っぽくなってパキシルなども処方され不安定になって10階から飛び降りたらどんなに楽かと思ったこともありました。そんな暗い人間なのですよ。

  

数年前、無農薬で栽培できるしかもバルコニ-でOKの小さなブル-ベリ-の樹を、半信半疑ながら1本購入しました。

最初はティフブル-でした。1本では当然実なりしません。

  

それから1年後、病気と闘いながらも、お決まりのパタ-ンでのめり込み、多品種栽培するまでになったのですが、栽培しているとブル-ベリ-にも病気など結構あることが分かりました。

病気の樹は隔離して出来る限りの処理、(葉を取ったり、幹切っってトップジン塗るくらいですが)駄目なら廃棄です。

でも有機肥料以外は何にも与えなくて生ったデュ-クの味は感動と共に忘れられない美味でした。

   

去年からの私は特に風邪も引かず他の病気もなりを潜めています。

最初このブログもいつまで続けられるかと懸念しつつでしたが今では生活の1部になってしまいました。ブログを書く気持ちの張りで私自身とても健康になって来たのです。

多分皆様も無農薬栽培の同志でしょうが、ブル-ベリ-を消毒している栽培者って聞きませんよね?基本、丈夫で育つ植物ですよね。

   

そんなわけで私は無農薬栽培できるブル-ベリ-が大好きなのです。

今年も可愛いブル-ベリ-の花達を見回りながら1個1個に美味しい実を生らせてねと囁いています。

|

« 自家受粉? | トップページ | 植え替えとバルコニ-の床 »

その他」カテゴリの記事

コメント

特に庭植の苗の場合、必要最低限の農薬使います。
真夏に葉っぱの無いブルーベリーの木見るのも辛いもんです。
斑点、出やすい品種有るそうです。
何なんでしょうね?
我が家ではノースランドとデライトでした。
今年も出るのか見届けます。

投稿: ぴん | 2009年3月13日 (金) 18時30分

はっぱさんへ
 
うちにもデュークあります。
なので、やたら心配しても仕方ないとも思いつつ、気にしてしまいそうです・・・。
 
花が咲いて実がなってと、良い季節が巡ってきますので、これからもお元気でいらして下さいね!

投稿: ありす・ゆらら | 2009年3月13日 (金) 19時01分

これは嫌な感じですね・・・。
ブルーベリー栽培もかなり普及してきたからこういう病気も発生するのかもしれません。罹患しないことを祈るばかりです・・・。私のブログでも紹介させていただきますね。

投稿: Berry | 2009年3月13日 (金) 19時15分

貴重な情報をありがとうございます。
う~ん、でも嫌な病気ですね。さきほどBerryさんのところから写真を見ましたが、痛々しい病状で…。
うちではいまのところ目立った病気も出ていないのですが、品種や栽培本数が増えてくるといつか何かがでてきそうで怖いですよ。

投稿: very blue | 2009年3月13日 (金) 22時15分

私もブルーベリーには農薬一切使っておりません。

はっぱさんのブルーベリーに注がれる愛情、大変良く伝わって来ます。
愛するブルーベリーがウィルスに侵されないよう、そしてブログが一日でも永く続けられることを願っております。

投稿: hide | 2009年3月13日 (金) 23時00分

症状を見て来ましたが、かなり酷いものでした。ぞっとします。感染する病気が1番やっかいですね。
私も基本的に無農薬です。BBもいちごも柑橘も、サクランボやプラムなどには石灰硫黄合剤だけです。おかげで、虫に喰われまくってますよ(笑)病気にならなければいいです。

投稿: かいづ | 2009年3月13日 (金) 23時29分

ぴんさん

デライトは家でも果実に斑が入るようなので、1度ベリ-公さんに話したら、そんな果実があると言われて少し安心しました。ウッタ-ドにももっと酷い果実に黒っぽい染み入りがあって、その木は廃棄処分しました。直接口に入れる物なので出来るだけ健康な果実をと願っているのですが、案外怪しい樹も有りますね。勉強が足りなくて、微妙な見分けが出来ないのが情けないです。

投稿: はっぱ | 2009年3月14日 (土) 09時16分

ありす・ゆららさん

デュ-クがすべてそんなわけではないから、多分心配ないと思いますよ。
栽培始められて間がないようにお見受けしますので、色んな果実の味を見てご自分に合った好みの物を栽培されたら良いと思います。楽しみながらガンバッテネ。

投稿: はっぱ | 2009年3月14日 (土) 09時23分

Berryさん

ブログで詳しく記事にして頂いて良かったです。写真も見ました。
嫌な病気ですから、何とか広がらないで居て欲しいです。
こんな病気からブル-ベリ-を守るにはどうしたら良いのでしょう。
ハ-ブやコンパニオンプランツではウィルス性の病気防げませんよね。
だんだん他の果樹並みになってくるのは辛いですね。

投稿: はっぱ | 2009年3月14日 (土) 09時33分

very blueさん

家では怪しい樹は隔離して、その後症状が消えなかったら処分しています。
今まで3品種くらいかな。
肥料過多や害虫の被害など無いのに幹や葉に出る斑点などが汚く異常に多いまた果実に斑が出る場合などです。
でも知識がないから、健康な樹まで処分したりしているかも知れませんね。

投稿: | 2009年3月14日 (土) 09時47分

hideさん

ちょっと土佐弁で言うとヨ-ダイ書いてしまいましたが薬品-薬-農薬と薬の付くのはちょっと怖いのですよ。でも人間は必要最小限の薬は必要でしょうが、ブル-ベリ-には出来る限り薬無しで行きたいのです。
去年1度だけジョ-ジアジェムの幹に虫穴開けられてスミチオン穴に入れたのですが、すぐに葉が全部落葉しました。虫と葉を同時に殺してしまったようです。

投稿: はっぱ | 2009年3月14日 (土) 10時01分

かいづさん

そうですよね。病気にさえ掛かってなければ、虫はムシリト-ルで解決できますから。
私は鳥を飼ってるからちょと前まで鳥のチンゲンサイは自宅で作っていました。今は忙しくて買うことも多いのですが無農薬有機栽培に拘って買っています。
ブル-ベリ-も基本はそうですが、どうしても消毒が必要な場合も出てくるだろうし、今後は少し柔軟に考えるべきかなとも思い始めました。

投稿: はっぱ | 2009年3月14日 (土) 10時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1087562/28596227

この記事へのトラックバック一覧です: ブル-ベリ-の病気:

« 自家受粉? | トップページ | 植え替えとバルコニ-の床 »