« 九州旅行 | トップページ | ガ-デンブル-の植え替え »

2009年3月18日 (水)

パウダ-ブル-とチャンドラ-

今日も春らしい天気、黄砂の影響かすこし霞んでいます。

  

去年の暮れ購入して主幹を剪ったパウダ-ブル-のその後です。

001

主幹からは数本の芽が出て、枝になり凄い勢いです。

両脇の枝も剪らないで誘引したものですからそちらも枝が伸びて、

枝先には蕾が着いている状況です。

少し小枝が多すぎでこのまま成長させると問題有りのようですね。

今整理すべきか、もう少ししっかりさせて夏剪定か迷っています。

 

去年の画像(購入時)から途中で主幹を剪ったときの画像までと比べると成長の良さが理解していただけると思います。

   

さすがのラビットアイですね。 

購入時根洗に近いくらい用土を落としたのですが、成長に悪影響は無かったみたい。

今年の成長が腕の見せ所なのですが、夏はまたハダニに苦しめられそう・・・

ハダニ対策にニ-ム入りの肥料でも施肥してみましょうか。

 

パウダ-ブル-の果実評価は高いみたいだからとても楽しみにしています。

来年には賞味出来るかな。

  

   

こちらは挿し木のチビ苗チャンドラ-。

品種違いは無いと思うのですが落葉してない葉も有ります。

003

この赤い葉、カメラの悪さであまり写りませんがとても綺麗な赤なのですよ。

チャンドラ-って常緑ではないはずですよね。

 

全体の画像は

004

この茶色6号スリットです。

蕾は後ろの樹のもので、チャンドラ-には少しの花芽が有るのですが、まだ全然動きは有りません。

葉や幹の赤褐色が目立つからどうやら親木の品種違いは無いようです。

 

この樹も今後の成長待ちですが、ノ-ザンは目に見えて大きくは為らないですね。

今年は何センチ伸ばせるか、自信のないところです。

|

« 九州旅行 | トップページ | ガ-デンブル-の植え替え »

NHチャンドラ-」カテゴリの記事

REパウダ-ブル-」カテゴリの記事

コメント

パウダーブルー、動きだしが早いですね。それもとても順調そうで…。
自分なら、しばらくそのまま育てて、夏か秋に剪定ですね。それまでに、残したい枝に目星をつけて真上に誘引しておく作戦で(笑)
他のみなさんならどうされるのでしょうね?
うちも今年はモッサモサになりそうな鉢がちらほら・・・です。

チャンドラーですけど、小さな苗のうちはチャンドラーに限らず品種の特性が出にくいように思いますよ。

投稿: very blue | 2009年3月18日 (水) 18時22分

パウダーブルーについて
地上部に比べて根が大きいからやや徒長気味に大きくなりそうに思います。私だったら放置かな~・・・。ここで剪定するとまた根の成長が停滞するしますからね・・・。私の場合は基本は根の成長重視です。根が大きくなればいずれは強いサッカーやらシュートが出てくると思います。このあたりは人それぞれだとも思いますけどね・・・。
チャンドラーが落葉しないと言うこともあるのですね。そちらは暖かいからなのかもしれません。自根ノーザンハイブッシュ系は我が家でも一部を除いて3年生くらいで成長が停滞するものが多いみたいです。

投稿: Berry | 2009年3月18日 (水) 18時59分

シュートではなさそうですから、今の段階は葉数を多くしておくのが良いかと思います。
勢いがありそうですから、そのうち太いのがど〜んと出そうな気配も。

投稿: かいづ | 2009年3月18日 (水) 21時46分

パウダーブルーの生育は順調、主幹を剪定して正解だったようですね。

ハダニとコガネには毎年悩まされます。
ハダニは目視出来ますから手の施しようもありますが、問題はコガネですね。

投稿: hide | 2009年3月18日 (水) 21時56分

はっぱさんへ
 
パウダブルーですが、剪定次第で本当に枝っぷりが全然違ってくるのですね・・・。
大分感じが判ってきたとはいえ、まだまだ花芽を摘むのも、ちょっとした剪定もビクビクしながらやっています(苦笑)。

投稿: ありす・ゆらら | 2009年3月18日 (水) 22時40分

very blue さん

パウダ-ブル-は予想外に葉が出て嬉しい悲鳴です。
やはり購入先が良かったのでしょうか。これは前に書いたけどベリ-公さんより購入(もしかしたら岡山の方の作かも)で購入時は余りの小苗にちょっと高いかなと思ったのですが、素晴らしい樹勢です。
チャンドラ-は仰るように小苗のためまだ特徴が出ないのかも知れませんね。

投稿: はっぱ | 2009年3月19日 (木) 08時38分

Berryさん

パウダ-ブル-皆さんのご意見もそのままが多いので暫くこの状態で様子を見ます。剪定による根の成長の停滞は春には当てはまらないと思っていました。おかげさまで勉強になりました。
チャンドラ-は落葉しないのが変なのかこれも品種同定のやり直しみたいですネ。最初の頃の挿し木は今ほど神経質にやってなくて、ひょっと間違いも?です。

投稿: はっぱ | 2009年3月19日 (木) 08時51分

かいづさん

太いのド-ンと出てくれると嬉しいのですが。
でもこの小苗の勢いにはやっぱりプロの作品と感じましたね。
私などの挿し木苗ではこんなに樹の力がないですよ。
かいづさん宅にも貧相な苗お送りして恥ずかしい限りです。
面倒をお掛けしていると思いますが、気長にお願いしますね。

投稿: はっぱ | 2009年3月19日 (木) 09時00分

hideさん

主幹を剪るようにとは購入時ベリ-公さんに言われていたのですよ。
自分的には分かっていてもなかなか剪れない、思い切りの悪い面が有り失敗ばかりなのですが。
今年もまたハダニやコガネの季節が近づいていますね。BBを守るための手段新しいこと何か考えなくてはね。

投稿: はっぱ | 2009年3月19日 (木) 09時07分

ありす・ゆららさん

私もいつもそうなんですよ。栽培年数重ねてもいつまで経っても初心者のままです。
ずっと一人で我流栽培でしたから、ブログ始めて皆さんに教えていただく事ばかりなのです。
でもまあ楽しくのんびりやりましょうよ。失敗有っての趣味栽培ですからね。

投稿: はっぱ | 2009年3月19日 (木) 09時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1087562/28611598

この記事へのトラックバック一覧です: パウダ-ブル-とチャンドラ-:

« 九州旅行 | トップページ | ガ-デンブル-の植え替え »