« 接ぎ木のテキスト | トップページ | いちご栽培その後 »

2009年3月28日 (土)

畑の幼果

畑の幼果が見えるようになりました。

 

まずはミスティ

020

未だ幼果と言うには余りにも早い

 

次オニ-ル

026

  

レガシ-

028

これは花が落ちただけで余りにも小さい。

ノ-ザンなのにサザン並みの早さ

 

最後シャ-プブル-

032

035

ここまで来たらほぼ安定かな。

|

« 接ぎ木のテキスト | トップページ | いちご栽培その後 »

NHレガシ-」カテゴリの記事

SHオニ-ル」カテゴリの記事

SHミスティ」カテゴリの記事

コメント

はっぱさんへ
 
はっぱさん宅の子たちは、とっても早いですね~。
ウチのミスティは、お花がようやく咲いたところです。
同じブルーベリーを育てているのに、日本列島東から西。所違えばって、こんな時にすっごく実感できますhappy01
 
はっぱさんのblogを私のblogの「my bookmark」でリンクさせて頂いても良いでしょうか?よろしくお願いします。

投稿: ありす・ゆらら | 2009年3月28日 (土) 16時45分

はっぱさんのところもどんどん幼果ができていいるんですね。
うちでは、やっと今日少しだけ人工授粉しとところですよ。
それも、まだ2品種しか咲いていないので相手を吟味などせずに・・・です。(アーリーとサンシャインです)

今年の収穫は・・・みたいな記事が以前あったように思いますが、たくさん収穫できそうですね。

投稿: very blue | 2009年3月28日 (土) 17時51分

シャープブルー、しっかりしていますね。初期肥大が始まっていますから間違いなしですね。
皆さんのところが早くて、いや、我が家が遅くて、記事が3番4番煎じになります(笑)まぁ、マイペースでやります(^^)
レガシーのお花も良いですね♪

投稿: かいづ | 2009年3月28日 (土) 19時33分

すでに幼果が育って順調な生育ですね。
私の所もぼちぼち咲き始めましたが、寒の戻りで蜂の訪問もなく暖かくなるのを願うばかりです。

投稿: hide | 2009年3月28日 (土) 22時20分

レガシーは開花しましたが、まだまだ夜間の氷点下が続いています。
今咲いている花はサンシャインブルー以外は凍害ですわ。
筆使っていますが、どの位結実できているのか。。。
早く幼果になって欲しい!

投稿: ぴん | 2009年3月28日 (土) 23時20分

ありす・ゆららさん

やはり温度の差でしょうね。暖地も暖地でノ-ザンなどが全く駄目で厳しい事もあるのですよ。
リンクの件勿論OKです。私の方もさせて下さいね。

投稿: はっぱ | 2009年3月29日 (日) 17時23分

very blueさん

広島は思った以上に寒いのですね。サザンなどは殆ど自根で行けるのでは。

前に収穫量が減る記事書いた様に、ラビットは大打撃で、T100、ラヒ、タカヘ、バルドウィン、デライト、フェスティバル、ウィトウ花芽が数個しか有りません。何とか樹勢だけは持ち直していますが・・・残念です。
それと今日接ぎ木プルやっと入手しました。お世話お掛けしてご免なさいね。
そのご報告は明日の記事で。

投稿: はっぱ | 2009年3月29日 (日) 17時35分

かいづさん

東京は寒いのですね。早めの記事でごめんなさい。殆どブル-ベリ-ネタなもので、他に出すこと無いのです。
シャ-プブル-だけは果実になりそうです。他のは不安定で受粉したようでも途中で落果して、実がほとんど無くなることも多いのですよ。

投稿: はっぱ | 2009年3月29日 (日) 17時42分

hideさん

先週は寒かったですね。高知でも13度くらいで、咲いた花も実も可哀想な状況でした。
明日からは暖かくなると良いのに。

投稿: はっぱ | 2009年3月29日 (日) 17時45分

ぴんさん

そちらは夜間は氷点下、厳しいですね~。
レガシ-についてはノ-ザンよりサザンに近いようで、自根で頑張って貰っています。

暖地の当地にもまもなく早めの台風が来たりして大風で果実が大量に駄目になることもあるのですよ。
台風銀座とも呼ばれていますから。
今年は収穫が終わってからにして欲しいです。

投稿: はっぱ | 2009年3月29日 (日) 17時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1087562/28815812

この記事へのトラックバック一覧です: 畑の幼果:

« 接ぎ木のテキスト | トップページ | いちご栽培その後 »