« デュ-クどうしたの | トップページ | ミスティの果実 »

2009年5月23日 (土)

土佐のタタキ

今日は皆さんに土佐のタタキをご紹介しますね。

  

昨夜の我が家    食卓の一品です。

002

土佐のタタキ漁師風。

 

タタキにも種類があって、普通に料理屋さんやス-パ-で遣っているのは、タマネギや青草(大葉)ミョウガ、勿論ネギも入った薬味付きでぽん酢で食べるタタキです。ショウガを入れる場合もありますね。

他にシオだけで味付けし薬味は同じでぽん酢掛けない塩タタキとかも有ります。

それも暖かみの残るのをそのままで食べるのや冷やして食べるの等色々です。

 

昨夜の漁師風はこの中間的な分でしょうか。

 

作り方はまず鰹の切り身、私は背の部分1本(全体の4分の1)をガス火に魚焼き網をのせて表面をあぶるように薄く満遍なくさっと焼きます。本来は藁であぶるのですがそこは家庭ではガス火です。

色めが着いて皮から少し油がしたたる感じがしたら、ボ-ルに氷水を入れたものにさっと浸けて、取り出し食べやすい大きさに切るのです。

それをお皿に並べて上から塩をふる、その後包丁を平らにして軽く叩き、みじん切りのネギを薄くのせ、醤油を手のひらにのせネギの上を軽く叩き仕上げる。 

この醤油を手のひらにが問題ですが、何度か満遍なく繰り返して叩くとネギの味とシオ、醤油が鰹にしみて、絶妙の味になります。

  

ネギに加えて大葉を入れる場合もありますよ。アレンジは自由なのです。  でも手をよ~く洗ってからして下さいね。

この料理のポイントは鰹の焼き加減、周りは焼けていても中はレアでないと美味しくありません。焼きすぎないことです。

 

普通のタタキもよくするのですが、たまにはこんなの、如何でしょうか。

|

« デュ-クどうしたの | トップページ | ミスティの果実 »

グルメ」カテゴリの記事

コメント

ブルーベリーも良いですが本場の鰹のたたき美味しそうですね。
私はもっぱら食べる方なのでレシピを印刷して渡しました。

投稿: hide | 2009年5月23日 (土) 22時37分

美味しそうですね~。
職業柄もあって料理にはとても興味がありますよ。
以前、漁船でカツオを釣りにいったことがありますが、そのときはよくわからないまま自分なりのタタキを作ったりしてましたよ(苦笑)

投稿: very blue | 2009年5月24日 (日) 03時55分

hide さん

私はこれ、当地の漁師町の友人より教えて貰ったレシピ、だから漁師風なのです。
お口に合うか分かりませんが、今頃の夕食はかなりの頻度でカツオ、カツオの毎日です。
片身買って背をタタキや刺身にして、腹部分をお節にしたりで、よく食べますよ。
年中有るのですが、今の時期の初カツオの若いのが美味しいですね~。

投稿: はっぱ | 2009年5月24日 (日) 11時57分

very blueさん

高知の食卓ではタタキは定番メニュ-、それ故に飽きないよう色んなタタキにして食べます。
前に静岡のほうで漁船に乗ったと仰っていましたよね。
あちらも有名ですものね。当地でもス-パ-には鹿児島産宮崎産三陸産などと多種有るのですが、やはり地元高知産が一番売れていますね~。逆に値段も高いのですが・・・
やはり地産地消でしょうか。

投稿: はっぱ | 2009年5月24日 (日) 12時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1087562/29735977

この記事へのトラックバック一覧です: 土佐のタタキ:

« デュ-クどうしたの | トップページ | ミスティの果実 »