« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月30日 (月)

一番華やかな紅葉は

今日も畑の紅葉の記事だよ。

前にも書いた今コンテナで一番大きな品種サザンのレビ-ル白花。

こんな黄色混じりの派手な紅葉になってきて

朝日できらきらオレンジに輝くのよね~。

009 011 013

レビ-ルは太りすぎたから、来年の晩秋には植え替えが必要になる。

その時は根も地上部も切り詰めですね。

  

去年10号鉢からコンテナに上げたばかりだから、今年はもうしんどいのよ。

容器栽培のブル-ベリ-には限界が有りそうだから、私は2年に1回位で、

同じコンテナに植え替え予定、それ以上にするスペ-スが無いのよね。

我が家での植え替えは挿し木ポット~4号~6号~8号~10号~コンテナですね。

  

    

こちらも大きくなった接ぎ木スパルタン。

この色はグット暗め  奥のも同じ樹だから枝によって色の差出てくるよね。

016 018

花芽らしきも肥大してきてるけど、この樹の枝、じゃんじゃん接ぎ木用に切りすぎて

ちょっと少なめになって反省・・・

まあ春には芽吹くでしょうし、10号の接ぎ木スパルタンも有るから気持ち的には余裕あるけどね。

  

この樹の台木のシュ-ト1本分だけ残していて、冬には接ぎ木するつもり。

この秋、2度も挑戦し、2度とも失敗だったのよ。

  

この樹は大きく見えてもたった2箇所の高接ぎからこんなに枝葉広げているんだよ。

ブル-ベリ-も勢いに乗ったら丈夫で旺盛なのよね~。

でもせめてもう1本主幹作ってやらないとこの樹辛いね。

これっきりの2本だもの。

| | コメント (16)

2009年11月28日 (土)

タカヘは好調そうなのに

このところ暖かく3日ばかり20度21度の気温で今日は畑に行ってみた。 

ラビットもぼつぼつだけど紅葉しているよ。

  

これは去年の10月24日のタカヘの紅葉

013

1ヶ月以上前で上の画像なのに。

   

今年のタカヘは紅葉は部分的で 左下の赤銅色だっけ

002

タカヘは紅葉が売り物のオ-ナメンタルブル-ベリ-のはずなのに

これでは拍子抜けですよね。

萼ア部肥大の果実の特徴も大変甘~い実も本物間違いないと断定したのに。

 

思いっきり伸びたシュ-トの先には今にも萌え出しそうな葉芽、花芽?

003

 

紅葉はこの枝だけで、少しも綺麗でない。

去年の写真とは葉色が全く違うのですよ。

005

周りが赤黒くて汚い色  これって綺麗な赤にはなりそうもないよね~。

今年 変わったことと言えばやたら虫害が多く、食害葉だらけなのよね。

 

枝分かれの3本に剪定したシュ-トも全く色づく気配無しで

007

今年のタカヘはどうしたのか。

去年の不調で今年は余り結実させず(しなかったのよね)

一見回復したようなシュ-ト続々なのに、すっきりしない。

 

ハイブシュはこの寒暖差で急に色づいたのに、ラビットの一部がこれ。

ラビットは今年もバルドウィンが早く、T100、ラヒ、ウィトウもそれなりに紅葉している。

  

タカヘとやたら元気なプレミア、斑点病のマルだけが緑多いのよね。

去年が不調だったのに紅葉綺麗で、今年は好調のはずがこんな色。

そんなこと有りですか?

 

尚、NZ品種のタカヘの名前、由来は絶滅危惧種の飛べない鳥からとか

こんな鳥だよ。

E0041624_14285510

ふっくら体型で可愛いいじゃない

この鳥とどう関連するのか、実なりが少ないので絶滅危惧種かな~(笑

タカヘ今あんまり市販されてないよね~。

| | コメント (12)

2009年11月27日 (金)

パマリコの水滴は何?

今日はバルコニ-のパマリコ。

全体像はこんなで

先日記事にしたときより やっと少しだけ紅葉してきた。

003

室外機前の写真で、上に挿し木ポットが見えてるよね~。

栽培場所の狭さ、こんな具合なのですよ。

 

花芽もしっかりしてきて調子は良いのですが・・・

004

 

この葉の表面や端っこの水滴状分かります?

006 007

まるで蜂蜜付けたようにねばねばべとべとしているのよ。

水遣りから1週間経過してるし、水分の蒸散とも思えないのよね。

もう肥料も切ってるし  これって何? 

上の写真では枝に産毛も生えてきて、休眠準備はばっちりのように見えるけど。

  

 

我が家の狭いバルコニ-に最近 床面三分の一ほどアルミシ-トしいたのよ。

009

こんな感じで。

途中で嫌になったけど南面の壁にも全体張る予定。

ブル-ベリ-全部除けて、置き台除けての作業だから案外手間掛かって

週末の完成になりそうね。

  

日当たり悪いバルコニ-の改善に少しでもなればと

かすかな希望繋いでいるのですが・・・

まあ有効と思えることは何でもやってみますよ~。

| | コメント (10)

2009年11月25日 (水)

バルコニ-での紅葉

皆さんのブログで紅葉の記事が多いので、私も真似してみた。

我が家のバルコニ-は10月頃からの冬場しか日が当たらないので、ブル-ベリ-の栽培には全く適してない。

ココでは自分的には小苗、中苗養成所と決めている。

  

でもノ-ザン系には多少の紅葉も有って  

今日目に付いたのは  カロラインブル-

002

 

これはダロ-

003

どちらも接ぎ木なのに中苗場所から脱出が出来ない。

インパルス苗なのに生長芳しくないのです。

 

これもインパルスのポラリス、こちらはもう少し良いのだが、ハ-フハイだけに樹高そのものが・・・・

大きくならないよね。

006

   

最後は自根エチョ-タ、春には枯れると思ったほど葉落ちしていたが

用土替えての植え替え後、ぐんぐん持ち直している。

004 007

綺麗な赤も緑もある葉色だけど、不調の様子はない。

接ぎ木より自根のほうが樹に勢いがあるのよ。

 

紅葉も色々だけど、我が家にあっては緑多いのも充分好調なのだ。

ラビット系のフクベリ-やパウダ-ブル-、コロンブス全然紅葉しないのよね。

サザン系のサミットが割合赤くて、後のサザン系にもまだ紅葉はチラホラ。

勿論最近の根洗分は紅葉して落葉まで行ってるのもあるけど、これは別格よね。

  

日当たり悪いのはかなりハンディなのか。

ハイブシュ全体の休眠はどうなるのかな~。  

去年も花は咲いたが果実は落果で数粒の収穫、やっぱりこの関係?

  

先日も近所の家に剪定作業に来ていた植木屋さんにブル-ベリ-は西日射すところでは枯れるとまで言われた。

又今頃切っても駄目って、その人私が栽培してるなんて思わず得々と栽培のことや剪定技術、ハサミの事まで教えてくれたのよね。

  

家のバルコニ-殆ど西日ばかりなのよ~。

植木屋さんの言うとおりだと希望は皆無なのかしら。

それでも少しは収穫の夢持ちたい、今日は床面にアルミシ-ト敷いてみますね。

| | コメント (14)

2009年11月24日 (火)

嬉しい贈り物です

お休みが続いて、遊びや買い物に忙しくブログサボってしまったよ。

土曜には映画は何に行くのかも知らずに約束、行ったらゼロの焦点だったよ。

当地出身の広末涼子さん主演だったね~。

昔松本清張の小説読んだはずなのに、もう忘れているのよね。

日本海の海が荒々しくて、臨場感たっぷり。

我が家の古いボ-ズの音とは違っていたね。

  

休みの買い物も普段着はもっぱらユニクロで日用雑貨はニトリ。

おばさん御用達は安物売りのお店ですよ。

流行の物にかけるお金有ったら、ブル-ベリ-に使いたいのよね。

  

この連休にお友達から、嬉しいプレゼント送っていただきました。

002

左ダロウ 右スパルタン接ぎ木だよ。

 

005

チップが取れないように丁寧な梱包。

苗木の大きさも○○園よりずっと立派ですね。

 

一緒にこんな特産品を。

004

こんなの頂けて最高ですよ~。

今夜はさっそく おでんの黒はんぺんの味見で~す。

 

送り主は誰かって  分かるよね~皆さんは。

Ryuさん本当に有り難う。

私もみすぼらしい苗木だけど送りますね。

酷い挿し木だから枯れても責任取れないけど、私の実力はこの程度。

貴方ならきっと大きく育ててくれる。プレッシャ-かけますよ。(笑

| | コメント (6)

2009年11月21日 (土)

虫食いオニ-ル

今朝は昨日の記事のインプレッション水和剤散布をした。

私の旧式散布はこんな容器で、溶液作り、4グラムで2Lだから500倍で

(展着剤ダインのラベルが汚くなってるね~。)

001

ペットボトル約1本分をこんな旧式散布器で ぽこぽこ押しての加圧式 だよ。

電動のも有ったけど滅多に使わないから壊れちゃった。

インプレッション水和剤については下をクリックしてね。

「08h18.pdf」をダウンロード

 

散布前に気づいたことは

ともかくこれ見て下さいな。

015

害虫 未だに何処かに潜んでいるみたい。

丸くて大きな食害痕  ココまで来ると綺麗ですよ。

 

下の画像もなかなかでしょ。  

017

 

オニ-ルは赤やら黄やら緑やらで

こんなに大きいのですよ。

021

一番手前ですよ。

奥の2鉢は今年花壇からの植え替えブラッデンとビロキシ-で

こちらは大幅剪定済み。

だから見える枝葉の殆どがこのオニ-ルなのよ。

 

もう10号鉢は多分根一杯でそろそろコンテナに移動すべきだけど、面倒で遅れている。

自根でも大きくなるのよね~。

 

これから友人とイオンモ-ルに映画に行き、明日は多分一緒にお出かけすると思うから。

多分明日の更新サボりますよ~。

| | コメント (16)

2009年11月20日 (金)

畑のマルも斑点病?

去年の11月19日、小さめの苗を10号に入れて畑に置いたマル。

その時の画像がこれです。

003_2

小苗だけど畑でのメンテナンスフリ-を狙っての大鉢10号。

 

あれから丁度1年経過で、苗は一応大きく生長。

非常にわかりにくい画像ですが、茶色のスリット両横の支柱見て下さい。

007_2

丈はとても伸びているけど、右下にへんなモサモサが。

樹形に問題有りだけど、株の元気の素と思ってそのまま放置。

 

所が最近 変な斑点が!

010

 

花芽も小さなのが着いているのに

012 013

やっぱり斑点病の気配。

先日デュ-クの赤色輪点病らしきを処分したばかりなのに

またかよ~。

でもこれは黒い斑点が少しなので、デュ-クよりは軽症かな。

先日まで無かったのにこの雨のせいか。

家では狭い畑に多数ブル-ベリ-を置いているから、株間のくっつきすぎで良くないことは承知している。

当然、通風にも難が出てきて、病気は発生しやすいのよね~。

 

斑点病に効く農薬調べてみると、インプレッション水和剤とか。

ブル-ベリ-栽培登録農薬のようだから、ホ-ムセンタ-で探してみたら・・・

袋入りの大きいのはない。

またまたカダンセ-フシリ-ズで小口を購入。

022

一応ブル-ベリ-斑点病にとも書いてある。

023  

この天気が落ち着いたら早速散布して効果確認してみたいのよね。

10度以下になると効果が落ちるようだからやるなら今しかないけど・・・

  

マルは収量少ないとか、晩生で収穫期の見極めが難しいなどよからぬ評判も聞くけど、私にとっては大事なお気に入り品種。

大事な小鳥のマルも死んじゃったし、今はこのマルちゃんだけなのよ。

早く直ってほしい気持ちですね。

  

本来は無農薬栽培を目指しているけれど、最近は余りの害虫の多さと病気に固いこと言ってられない有様。

でも使用はあくまで最小限度で登録農薬のみのつもりだけどね。

  

ただ問題が。

目標は樹の体質を強くして、病気に強いものにしたいから、

農薬の使用は返って弱いブル-ベリ-作るかも知れないとの懸念も有るのよね。

人間の抗生物質と同じですよね~。

今もし農薬で 直ったとしても斑点又出てくるかも・・・

   

普通の斑点病は余り気にしなくても、落葉で収まるかも知れないし、迷ってしまうね。

それに真冬の石灰硫黄合剤散布も臭くて目が痛くなるし~。(薔薇栽培の経験でブル-ベリ-にはまだ使用してないけど)

勢いで買ったけど さてどうしようかな~。 

| | コメント (14)

2009年11月19日 (木)

4号は小さな挿し木苗ばかり

今までカテゴリ-で品種分けして、何と記事の偏りの多いことに驚く。

記事にするのは特に生長の良い苗、不調な苗、花や紅葉の色等だから、これに掛からないその他大勢品種については可も無し不可も無しでカテゴリ-の中が増えない。

  

特に私のやってるココログでは中身のカウント表示されないようで、(これは私がやり方知らないだけかも知れないが)何の品種に幾つの記事かがさっぱり分からない。

まあ記事の少ない苗はそれなりに平凡に育ってるってことだから、これでも良いのか。

 

昨日は久しぶりの友人が職場に訪ねてきて、友人カテゴリ-的には数の少ない人だったから、前のヨ-ダイを思いついたのよね。

急遽仕事をさぼって夕方までだべってしまった。

 

だから書きかけの今日のブル-ベリ-記事、写真は昨日の朝の分だよ。

  

今年の鉢上げ挿し木は過湿と水切れの両極端で、至って成績が悪い。

それでもやっと最近少しだけシュ-トの伸びが出てきた。

001

このチッペワなんて、水切れで葉は全部落ちて、最近のシュ-トだっけ。

去年の挿し木なのに恥ずかしい生長具合。ノ-ザンは挿し木でも気難しいよ。

 

002 003

ボ-ナス、ラヒは今年分だけど、隣のブラッデンなどやっと葉が一枚着いてるだけで、本能的にこちらは隠しちゃったよ。

 

下は台木用挿し木のホ-ムベル

やっぱりこの系統は元気だね~。

004

 

後根が動いている様子なのは エイボンブル-と

005

 

トップハット。  これは最近急に元気になったのよね~。

007

この4号に上げた挿し木達、どうして生長がイマイチなのか。

  

この画像の苗達は良い方でその他大勢は葉が2,3枚で枯れかけも多いのよ。

先日のブログ記事でも触れたけど、用土替えてみたり色々試行錯誤している。

 

私の頭にひらめいたのは、この苗はすべて挿し木ポットから根洗して鉢上げだから、

この課程省略して、始めから4号で挿し木すれば水遣りも楽だし、4号一杯に根が張ってからの6号くらいの鉢上げならストレス少ないのではと考えた。

まあ4号といかずとも大きめポットで挿し木して一課程抜けばいいのかな。

それなら根洗してももっと根が多いよね~。

   

ただこれは用土が余計にいる、着くかどうか分からない穂木に4号鉢一杯の用土犠牲に出来るのか。

今は一度挿して失敗した用土は、挿し木床としての再利用はしてない。雑菌の発生その他で無理があるように栽培本で読んだのよね。他の用土としてのリサイクルはしているけどね。

  

でも本当のところはどうなのだろう? 私だけ無駄なことしているのかも?

  

なんかとりとめない事書いてしまったけど挿し木の生長イマイチだから色々考えてしまうのよね~。

根が有れば何れは大きく生長する、時間の問題だけなのにね~。

| | コメント (16)

2009年11月17日 (火)

困った高接ぎの花芽は?

    

今年の3月に遅ればせながら接いだ多品種接ぎ(接いだ当人だけが勝手に思っている)はそれぞれ花芽が着いてきた。コンコン接ぎだよ~。

でも今は正直これに困っているのよね~。

  

全体は高接ぎすぎて変なヤツ

031

左右メチャクチャに伸びているね~。

  

これはコリンズ?の花芽。

偽物疑惑有りでデュ-クかも知れないのよね。

大きめの花芽に葉も大きく強健そう

032

 

下2枚は間違い無しのレカ  毛深い美女ですね~。

033 034

  

活着したのは2種だけで、4本の接ぎ箇所で5本の枝。

1本だけ2枝に分岐しているわけ。

5本ともコリンズ?とレカばかりなのよね。

同時挑戦のデュ-クやヌイなどは全部駄目、この2種は強いのかしら。 

コンテナ一杯の台木を犠牲にして多品種接ぎに更新するつもりが

あまりの高接ぎで変な2品種接ぎができた。

  

接ぎ口は6本で 右2本枝が失敗なのよ。 結局4本の活着。

来年はこの失敗2枝と伸ばしている台木のシュ-トに接ぐ予定だけど

さて何処に接ぐか? あくまで株もと接ぎが来年の目標なのよね~。

038

この台木の枝先には花芽どころか 開花しちゃったよ~ホ-ムベルが。

037

しばしのお花見は嬉しいけど、来年はこの株全体をどう処理したらいいのか。

  

私のコンセプトはあくまで株元から接ぐに変わったので、今の高所の接ぎ木をどうするか新しい悩みが発生した。

この接ぎ木の下部分切って、挿し木にしてもこんな大きな接ぎ挿しは無理だよね。

このままだと高接ぎ、低接ぎ(来年成功したと見なして)混在で纏まらないし、将来的には何処が接ぎ口か分からなくなり台芽処理が出来なくなる。

  

この秋、何度か株元から接ぎ口までの間で芽接ぎしたけれど、今回は失敗の連続。

やっぱり全体をやり直すしか方法ないよね~。

バカなことしたもんだ~。   トホホのホ・・・

| | コメント (16)

2009年11月16日 (月)

今日も花芽だよ~ん

昨日は相棒の友人、淡路島の生子谷さんと松山の坊ちゃんさんにお会いした。

土曜の夜からイカ釣りと日曜市見物に来られたのだ。

お土産に頂いた物がチョ-ビックリで、生子谷さんからは蜂入り巣箱と黒松の盆栽その他色々、蜂は生きているよ~。

だから夜間に移動させて、我が家の蜂箱置き場、蜜柑のなってる山に定置する。今朝は淡路に逃げ帰っているといけないので出勤前に偵察。

2K以上離れたらOKらしいけど少し心配・・・・ でももう大丈夫の様だ。

 

坊ちゃんさんからは金稜辺と大瓶の蜂蜜、私にワインなど。

こちらも凄いもの頂いたのよ~。

我が家の採蜜量はまだ僅かだけどこれで1年分はばっちり!

楽しい時間も過ごせて、本当に嬉しかった。  

生子谷さん、坊ちゃんさん 色々有り難うね。

2人とも相棒の友人だからプレゼントの写真は省略で~す。

 

蜂友達のようにブル-ベリ-も持ってない品種の果実など交換できたら、最高なのに・・

とふと考えてみたけどク-ル宅急便の料金考えるとこれは不可能だよね。

  

今日のブル-ベリ-は、昨日に引き続いてパテント品種の花芽の記事ですよ~。

昨年購入のコロンブス、ラビットのせいか、K園の苗としては大きめだった。

購入時は大きめと言え  こんなに小さい。

021

  

今は生長して8号鉢に住んでいる。 ちょっとずんぐりむっくりだよね~。

さすがのラビットで生長はいたって速い。強健そうだ。

少し水切れ気味で、下葉が黄葉になっているね。今日はたっぷり水遣りです。

007

花芽は  ラビットの特徴なのかまだ小さい。

008 009

  

  

これは同時購入のサザン系パマリコ。

こちらは購入時は

017 

こんな変な苗で、枯れずに育つか?と思ったものだった。

 

まあ何とか育って下画像になったのだが、

果実は萼片がそった特徴の有る形とか、この樹を見る限りではまだまだよね~。 

横伸びの脇枝剪定したから、ちょっと棒状の樹形。

紅葉は殆ど来ていません。汚い葉は虫の食害後だよ。

010

株元のまがりは変な感じ  シュ-トでも出ると、もっと樹形見やすくなるのにね。

  

これも葉は大きめで丈夫そうにも見えるが

葉の緑が際だち、ラビットのシルバ-グレイの葉とは様相違うよね。

011 012

せこい花芽だけど、パマリコは中粒ながら新品種への期待を裏切らない美味しさとも聞いている。

何としてもペンダ-とよく似ているとかのその果実を見てみたいね。

 

両方ともバルコニ-だから、花は咲いても実は成らない場所。

購入時は、その年の休眠挿しみたいな苗だったから、今年で2年生か。

無理は禁物だけど、花せめて1、2輪でも咲かせてみたい、観賞してみたいけど・・・ね。

| | コメント (10)

2009年11月14日 (土)

エメラルドとサファイアの花芽

今朝の雨上がりに自宅バルコニ-に持ち帰ったパテント品種を見る。

最近の私の起床は遅くなって6時50分、その時点ではまだ朝の光が入ってない。

空見上げると雲多いけど、今日は晴天の予感、2日ばかり降ったから今日はかんかん照りになって貰いたいね。

エメラルドの花芽

002

この毒々しいような紅葉、花芽はコロンとして、大実の予感だよ。

この樹のスタイルも何かシャ-プブル-を思わせる。

バルコニ-に陽が入ると

少し紅葉の色が違って見える。

011_2

 

  

サファイアのほうは明らかに紅葉の色彩が違う。

黄色み掛かった枯れ葉の様な色  でも枯れてはいません。

花芽の感じも似ているが、こちらは枝先すべてに花が着きそうに数が多い。

これはなんだ サンシャインブル-かよ!

003

こんなに花芽の多いのは少し小粒かな

でも味はフロリダスタ-に並ぶ美味だと聞くけどね。

 

こちらも光が射すと

012

こんなに黄色っぽさが目につく

大関さんの栽培上の特徴には

花芽の着生が非常に多い。木の生育を促進させるために摘花が必要である。

との記載がある。

冬には大分剪定しないといけないね。

受粉はまさかサンシャインブル-ではないよね?

  

 

下2枚はついでの撮影

このピンクっぽいのは自作コリンズ接ぎ木の花芽、樹勢悪くなっても

咲かせてみたい、これ失敗作だから また接ぎ木の練習できるじゃん。

004

  

これはプレゼントして頂いたオニ-ル。

005

これは枝の分岐も良く、シュ-トも多い。

台木が1年生のようだから、この芽は咲かすわけにはいかないよ。

やっぱり私の接ぎ木とは雲泥の差、何よりの違いは接ぎ箇所が根っこのちょっと上。

その接ぎ口近くからじゃんじゃんシュ-トが立ち上がる。素晴らしいよ~。

今度は私の接ぎ木もそういきたいね。

来年の接ぎ木は気を引き締めて、下の位置挑戦するつもりで~す。

| | コメント (14)

2009年11月12日 (木)

レガシ-を植え替えました

今日は朝はとても良い天気で、又明日から雨との予報信じられないくらいです。

畑の10号鉢レガシ-前から何か気になっていたのです。

こんな感じで

002_2

紅葉の黄葉が何か怪しい予感なのです。

  

近くで見るとこんな風です。

004 005

これ変ですよね~。

 

鉢から出してみると案の定、用土の中に根が少しで、しかも茶色根。

白根なんて何処にもありません。

011

コガネ幼虫はいなかったのですが、大きなミミズが3匹いて

その上明かな過湿です。

  

植え付け時の処理が悪かったようで、ちょっと洗うとこの位。

012

この状態からさらにシャワ-と指入れて大体落とし

根を広げて8号鉢にベラボン多めの新用土で植え付けました。

 

014

こんな感じになりました。

地上部は剪るべきでしょうが、剪らなくても復活した例も有りますので。

冬になってからです。

 

 

下は地上部そのままでも復活しそうなア-リ-ブル-接ぎ木です。

今年秋にコガネムシ幼虫被害で植え替えた苗ですよ。

019

前にもご紹介したポッチが4個  大分はっきりしてきました。

最後のポッチは交差主幹の左分かりますか。

  

今回植え替えのレガシ-も今年はあの根でしっかり実を着けたのですよ。

しばらくは養生棟に入院して、春にはまた畑に帰したいですね。

  

養生棟の入院患者の何と多いこと、ため息出ますね~。

不調苗、これで当分お休みにしたい最後にしたいで~す。

| | コメント (12)

2009年11月11日 (水)

紅葉しないブル-ベリ-は

昨夜は凄い風雨と雷でしたね。

こんなに降って、畑に置いたばかりの大関苗3種、過湿にならないかと心配になってしまいました。

今朝は雨も上がって、やっと一安心。

降らなきゃ雨が欲しいし、降れば過湿を心配するこの気の小ささどうしょうもないです。

 

今朝の畑では紅葉の葉が大分落ちてしまい、枯れ葉でいっぱい、乾燥後の掃除が大変そうです。

紅葉樹の多い中、殆ど緑のままの樹がとても目立ちました。

  

これはNG品種のマル

002

樹形は悪いですが、一葉も紅葉しないのです。

 

こちらはプレミア、これも銀葉のような葉に紅葉は有りません。  

004

この樹はちょっと訳ありで、下さった方のご意志のまま、砂をメインの用土で栽培です。

左に伸びる直線のシュ-トも右のメインの枝からのシュ-トも元気で驚く生長ですよ。

ただ自宅の場合、植え替え後の処理問題があり、良い生長が分かっていても砂用土には踏み切れないので、この1本だけですね。

 

下はNG品種ウィトウ  こちらにも紅葉はありません。

005

後、ラヒやタカヘなどには部分的に紅葉が来ていました。

日当たりやその樹の状態で、紅葉の来る時期も大分違うようですね。

  

これは上記とは異質なサザンのジョ-ジアジェムですが 

009

一番手前です   これにも紅葉はないのです。

一昨年のシンクイムシの被害以来、樹形の立て直しが出来ず変な形ですが、今年は新芽の発生も多く持ち直した1本です。

これはまだ不調なのでしょうか。皆さんのジェム君は紅葉していますか?

  

後写真は撮らなかったのですが、強健ミスティ君も紅葉は有りません。

去年はのんびり紅葉の葉の比較などしてたのですが、今年はそんな間もないような落葉ですね。

  

先日置いた大関苗、ミレニアはこんな姿に

006 007

枝先にかろうじて 残っている葉です。

ちなみに右の枝まで赤いのはスパルタン接ぎ木です。

このミレニア大丈夫でしょうか~。

まさかもうパテント枯らしたとか?  ああ考えたくないですね~。

| | コメント (14)

2009年11月 9日 (月)

オジャマムシが~

昨夜から少し雨降って、長々水をやらなかった畑も一息と思って

見回りに行くと

これは!

001

金稜辺さまではございませんか~。

南側の一番良い場所にブル-ベリ-のコンテナに橋渡して。

このところ相棒が何かそわそわしてると思ったら

 

ココにも日曜日の労作のあとです。 

002 003

これで私専用のブル-ベリ-畑に同居人出来てしまいました~。

あちらも日当たりの悪いバルコニ-に不満も有るでしょうし、と言うより数が多くてはみ出しちゃったようですね。

だんだん攻めてこられて、今にこちらの場所狭くなるよね~。

  

小さな不安抱きつつ、上手く置けたじゃない~との笑顔。

内心複雑ですよ・・・

| | コメント (14)

2009年11月 7日 (土)

変な挿し木鉢上げしました

今日は夏以降秋までの挿し木を4号に鉢上げしてみました。

去年の秋、休眠挿しはネパ-ルに持っていって貰ったので、それ以降の挿し木で状態の至って悪い物です。

001

こんな挿し木で 小ポットに2本入りも多くて

 

根のない物や根が極端に少ない物は捨てて、まあまあの苗のぶんです。  

005

こんな感じの出来上がりです。

今回は4号で水切れが多かったので、試しに5種類の用土作って植えてみました。

①カナダ産ピ-トと少しの籾殻

②カナダ産ピ-トと少しのパ-ライト

③ラトビア産ピ-ト単用

④ラトビア産ピ-トにベラボンS(ベラボン量は現在より少なくする)

⑤デネブエクストラ

通常小苗は④に若干手を加えて植え付けていたのですが、今年の夏は余りにも水切れが多いので、水をやりすぎで過湿になり成長が遅い悪循環でした。

挿し木ポット苗の根の成長は大小さも有るのですが、ランダムに3~4本目印つけて植え付けてみました。

これは今朝の写真で今日中にもう少し追加をします。

  

小苗の用土何が良いのか、暫く様子見て、春には少しでも育ちの良い用土見つけたいと思っているのですが。

ただこの場合は小苗から中苗に鉢ましの段階で、根洗が必要になるでしょうね。

中、大苗は現在の配合用土で行くつもりですから。

  

さて お遊びは上手くいきますかね~。

| | コメント (12)

2009年11月 6日 (金)

家にも苗が

最近、人間の体調も悪い上に、ブル-ベリ-の大苗の病気不調、小苗の成長の悪さで気持ちが暗くなっていました。

その私に元気出せよ~と応援隊が到着しました。

先日のことです。

  

002

ラビット系の3種。    立派な挿し木です。

この挿し木、用土もたっぷりの大きめのポット。

挿し木用土は多分家と同じみたいですが、でも凄く元気そう!

9月の挿し木と書いてあるのにもう芽も動いて発根している様子です。

我が家の9月挿しは葉が枯れて幹まで弱っているのとやっと立ってる棒1本・・・

そんなのばかりです。

そうだ 私の挿し木ももっと大きなポットにすれば、水遣りも安定しますね。

夏も楽かも 見習おう~っと。

 

送って頂いた1本、グロリアは先日岡山のフリマで買ったのですが、台木覚悟の怪しい苗なのです。

こちらの挿し木は確かリョクサンさんの正統品、嬉しいですね~。

ヤドキンにモンゴメリ-どちらも我が家にはない品種、有り難い事です。

 

こんな美味しい宮島名物 同梱されていました。

送り主分かりますよね~。

003

veryblueさん  貴重な品種を有り難う御座いました。

| | コメント (14)

2009年11月 4日 (水)

我が家の挿し木苗

最近皆様の所で苗が行き交っていますね。

素晴らしい出来の苗を見る度、見劣りする我が家の苗ですが、今日はご紹介させて下さいね。

 

これは今年2月5日の挿し木です。

006

ラビットのボニタブル-です。

日当たりに難があるのかどうも間延びした苗ですね~。

 

ポットの隅には痩せこけたサッカ-が・・・

007

 

こちらはサザンのエイボンブル-

008

まだ鉢の上這ってる様な苗で  縦に伸びません。

  

009

時期弁えない小さなシュ-トが   遅ればせながらですね。

 

2本とも関西からの頂き物の挿し穂、穂木は立派なのに挿し手が悪い。

挿し木ポットから4号に鉢上げしているのですが、用土も悪いのかしら。

どうも生長が遅いです。

 

用土は小苗の場合、ベラボンS、ラトビアピ-ト、ココファイバ-に少しのパ-ライト最近はこんな配合なのですが、すぐ水切れしてしまって毎日1回は水遣りなのです。

その割には伸びないのですよ。

この程度の大きさで鉢ましするわけにもいかず、用土の乾きに参っています。

小苗用にはあと少しだけ水持ちの良い用土考えなければいけませんね。

  

中苗は同じ配合でベラボンの大きさがMの違い、8号以上は水遣り頻度抑えても、こんなには乾燥しません。

同時に挿したミノウベルもほぼ同じ出来映えで、ポットの上這っています。

他の挿し木も全般似たようなものです・・・・

情けないですね~。

  

  

こちらは蜂箱置いてる山の蜜柑。

すっかり色づいて食べ頃です。

樹は沢山有るのですが樹によって少し味が違うのですよ。

005 

  

お気に入りの1本の蜜柑アップで撮ってみました。

少しお化粧ジミがあるけど、良いお顔していますよね~。

  004

| | コメント (12)

2009年11月 2日 (月)

デュ-クお別れです

今日は赤色輪点病のことです。

今年の3月に農業新聞の記事を見て、こんな病気が有るのかと驚いてブログに取り上げました。

その時の記事を一部重ねて書かせていただきますね。

 

*要点を書くと千葉県農林総合研究センタ-病害虫防除課で国内初めての

「ブル-ベリ-赤色輪点病」を確認した。その病気はウィルス感染で葉や茎、果実に赤色の輪や斑点が生じるとか。

治療法がないので発病したBBは抜き取って健康な樹から離して処分をとの記事。

岩手大学農学部ではウェイマウス、ブル-レイ、シエラ、デュ-クにレッドリングスポットウイルス(BRRV)を検出したとのこと。

感染すると果実に赤色の輪や丸い斑点が出るし、茎や葉には赤色の輪や不定形の赤色染みが現れるそうです。*

  「tokushuhou2009_3.pdf」をダウンロード   (参考に送っていただいた画像です)

  

この病気らしいのが、家のデュ-ク接ぎ木に発生しました。

何度かブログにも取り上げ、皆さんのアドバイスも頂いたのですが、大幅に剪っても新葉は綺麗なのですが、時間が経つと同じになるのです。

009 012 011

葉裏にはサビ病の様子もありません。

どうやらただの斑点病では無いようです。

赤色輪点病の写真をみると、とてもよく似ているのです。

 

こちらは新葉ですが、こんなになってきました。

016

  

疑わしきは処分で、昨日廃棄して始末しました。

2M近くある大苗で、少しお名残惜しかったですね~。

007

家からデュ-ク小苗をお譲りした方は重々お気を付け下さいね。

この接ぎ木から挿し穂は採ってないとは思うのですが・・・覚えていません。

どなたに何をお送りしたか、記録して無いのです。

感染はないと思いますが、責任は取れませんのでご注意をお願いしま~す。

| | コメント (18)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »