« であい博行って来ました | トップページ | もう幼果が »

2010年1月27日 (水)

ハイブシュの剪定途中です

最近記事が偏って、自分でもうんざりの部分が有るのですが、

今日は中途剪定後の樹の様子です。

ほとんどのハイブシュ、ラビット共にささっとの剪定は終わったのです。

  

まずは白花レビ-ル

変な具合に枝が混み合って、基本的な内向き枝、徒長枝、枯れ込み枝を剪定。

根元付近の前の画像です。

003

この曲がった主幹から出ている重なり枝2本剪定しました。

今の画像は

002

これですよ。

この変な握り拳のような大曲枝も切りたかったのですが、

沢山の花芽が惜しく、今年収穫させて貰って来年の冬の剪定にします。

  

こちらはコリンズ、ささっとの剪定後です。

003_2

長く伸びたシュ-トの枝先、剪らないの?って言われそうですが

これは穂木予定、何度かに分けて剪ります。

 

2005年にバルコニ-でブル-ベリ-栽培を始めて以来、時を重ねただけで

いまだに栽培は上達せず、且つ剪定は分からず、いつまでも初心者のままです。

その頃はこちらではサザンハイなんて売ってなかったのですよ。

 

始めて買ったサザンハイはタキイの通販サンシャインブル-実付き保証苗でしたね。

その割にこれは実付きが悪く、今は手放して、挿し木の小苗になってしまいましたが。

  

2006年12月から大苗の殆どを畑に地植え、その時樹形悪い横枝にもしっかり沢山の果実が着く事知りました。

その枝の条件にも因りますけど、地植えは強いのでしょうか。

それが私の樹形の悪い言い訳なのですよ~。

  

今年は場所狭いけど、一部地植えにしてみたいそんなことも思案中です。

それには品種絞るか、改めてもっと耕作地広げるか・・・

それが駄目なら、小さな鉢でコンパクトに育てる事目指しますね。

まあゆっくり、時間かけて考えます。

  

剪定も3月初めまで、何度かに分けて行います。

穂木もう少し取りたいし~  

そのうち  剪りすぎで裸木になるかな。

|

« であい博行って来ました | トップページ | もう幼果が »

NHコリンズ」カテゴリの記事

NHレビ-ル」カテゴリの記事

コメント

植物にとって地植えは理想でしょうね。
プロではないのであまり細かいことに神経質にならず、枯れずに収穫出来ればいいくらいの気持ちでやれば気分も楽になると思います。

投稿: hide | 2010年1月27日 (水) 17時19分

hide さん

やっぱり地植えに憧れますね。
もっと多くの品種栽培したくて、一度はコンテナや鉢に取ったのですが、今になって地植えの方が収量多かったとか、前の方がブル-ベリ-元気だったように思います。
草取りも大変だったのですが、勝手なものです。
色々に栽培されるブル-ベリ-こそ大変な迷惑だったりして・・

投稿: はっぱ | 2010年1月27日 (水) 18時16分

白花レビール、株元が太く見えますよ。一部くねっているのがありますが、それ以外は安定感があって良いと思います。太くてがっしりした樹形に憧れます(^^)
今年の挿し木は、品種決まりましたか?

投稿: かいづ | 2010年1月27日 (水) 20時50分

かいづさん

太く見えますか。良かった~。
今年の挿し木はパテント以外の新品種と貰って頂けそうな人気品種にしたいですね。
でも私持ってるの皆さんほとんど持ってらっしゃるし、選定を迷いますね~。

投稿: はっぱ | 2010年1月27日 (水) 21時46分

地植えに再挑戦されるのですか?
爺から勝手な助言を2M×3Mの幅なんて無視してよいと。爺は1.5×1.2です。数年はこれで十充分だし収穫を考えてもOKだと考えています。樹冠で1M超えると中まで手が届きません。
爺の理想は1Mの直径のドーナツ型樹形です。

投稿: 座敷童 | 2010年1月28日 (木) 17時34分

座敷童さん

良いお知恵を有り難う。
地植えに再挑戦したくなりました。
勝手な話しですが、コンテナの植え替えとても大変なのです。
毎年は出来ないし、一部大きな樹だけでも地植えに戻したいと思うようになりました。
それとコガネ幼虫の件、地の中にはいるのですが、1樹に集中しないのでその面の管理が楽だったように思います。
狭いところだから、株間は童さんの参考にさせて頂きますね。

投稿: はっぱ | 2010年1月29日 (金) 10時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« であい博行って来ました | トップページ | もう幼果が »