« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月26日 (金)

今年は生らせてみようかな

昨夜からの雨が今日は一日降り続きそうです。

週末に上がってくれないと、作業が出来ないから残念な気持ちです。

  

2月初めからの作業も長くやってると、あちこちから色んな情報頂いて、橋鉄板のやり直しや井戸の位置なども分かってきて、作業も有る意味楽しみになってきました。

橋は敷地と道路の間に段差が有るようで、先週の見回りの時に、鉄板が跳ねてバモスのタイヤ切って駄目にしてしまいました。家の車で良かったと思っています。

その時も4日前に点検で変えたばかりのタイヤを又新品に、重なる出費に又かと落ち込んだのですが、工事の仕方悪かったようです。

 

井戸掘りもトイレ掘り出して、喜んだりで失敗の連続なのです。

でも近所の方から大体の井戸の位置教えて貰って今度こそと張り切っています。  

こんな失敗ばかりしても、溝掘り周辺の整備と井戸探し苦しみながら少し楽しんでいますよ。

 

週末こそは土入れをと思っていたのですが、進入口の橋鉄板がこれでは。

コンクリ-トの橋かけるか、今プロの方と相談しているのですが、これが解決しないと次には進めません。

まだまだ時間かかりそうです。

でも井戸水利用して、あそこに花壇をここはブル-ベリ-をここにポポ-をと夢見てる段階が一番楽しいのかも知れませんね~。

 

まあこの雨で排水の対策も功を奏しているか、再確認が出来ますしね。

3月中の植え付けは諦めて、週末降れば、ゆっくり休んで、又来週です。

  

  

一番手前がバルコニ-の接ぎ木サンプソンです。

サイズは9号鉢ですよ。

001

今日の雨で新梢が一気に芽生えてきました。

  

近づくとこんな具合です。

002

  

花芽の方はまだ固いのも有るけど

004

写真ピンボケですがこんな感じ

 

下画像はまあまあですね。 

005

案外いけるとの評判にちょっと期待のサザンです。

今年は少し味見してみたいですね~。

この大きさでは畑への地植えはまだ無理かしら?

| | コメント (18)

小苗達、少し待ってね

これはどちらも去年かいづさんからの頂き物。

まずはクライマックス6号鉢。

002

2本に分かれてまっすぐ、直立性でしょうか。

こうしてみると私の植え方のミスよく分かりますね。

片側に寄りすぎだし、左の枝に支柱付けてないです。

 

うっかり花芽ついてしまいましたが、

今日葉芽の所まで切り返し、左枝は二分の一くらいに剪定します。

003

 

これはアイバンホ-、調子悪く頂いたときと余り変わらないのですが

秋の植え替えで、少し元気になりました。

005

  

この子はお利口さんで手間いらずの葉芽ばかりですが、

沢山着いていますよ。

006 007_2 

もう少し展葉したら、良い生長になるのですが。

誘引ももっとしっかりしてあげなくてはね。

  

冬の間は人間も元気出なくて、少し温度上がったら畑の開墾騒動で

小苗達にはお世話が行き届いていません。

今はお水と肥料がやっとですが、落ち着くまでもう少し待ってね~。

 

| | コメント (6)

2010年2月24日 (水)

畑の一番は

今日の陽気は春本番、全国的に暖かいようですね。

我が家の畑のサザンの様子見てみました。

やっぱり今年も一番はオニ-ル

004 008 010

まだ満開とはいきませんが、ぼつぼつ咲いてきました。

サファイアやエメラルドは早かったけどこれらは他所で育った品種、

今年の早咲き競争には参加資格がありません。

 

ミスティはと見ると

007 014 017

こんな状態、まだですね~。

ピンクの蕾の濃さが際だちます。

 

意外に思ったのはビロキシ-、

去年花壇の地植えから、鉢取り強剪定したのに元気ですよ。

021

 

この苗達引っ越し予定の大苗なので、まだ施肥をしていません。

3月中にはサザンは引っ越したいですね~。

| | コメント (16)

2010年2月22日 (月)

もうすぐ土入れです

土曜、日曜と温度も高かったので、例の開墾作業の続きしました。

 

側溝掘りもやっと終わりに近づき、雨水の側溝への進入妨げていた大石もやっと隅に寄せました。

分かりぬくい画像ですが、小さな側溝に水が流れているでしょう。

これが北山際の一番出っ張っていた部分。

012

  

 

上段の文旦の木 隣地にはみ出していた分切りました。

依然隣地からは椿の大木こちらにはみ出しているのですが。

022  

不要な混み合った枝も切り落として、下はこんな状態。

周りには水仙咲いています。

この木の先端を切り戻すには、脚立が要りそうです。

次の仕事ですね。   でもこんな仕事は楽しい~。

  

左の枯れ木のような柿も枯れてはないそうだから

近日中に新品種を接ぎ木する予定で、ホギも友人に頂きました。

020

  

上画像も、下画像も出てきた大石。

掘ればまだ出そうです。駐車場部分に置いています。

石が3~4坪占領です。 これの始末もどうすればいいかな~。

頭の痛い事の連続ですね。

010

排水の問題も側溝掘りと、数カ所の大穴あけで何とか片づきそうです。

トイレ風を蓋したら、来週にはブル-ベリ-畑部分に少し土入れをしたい。

 

これは隣地の梅畑、こんなに綺麗になるのは何時の日でしょうか。

016

土入れたら少しは植えられるから、元気が出ます。

今は何処掘っても石だから

たった1本だけのスタ-トも出来ないのです。

今のところブル-ベリ-畑は計測したら20坪位。

明日の雨で、排水対策の効果確認してからの土入れですけどね。

| | コメント (18)

2010年2月18日 (木)

いつの間にか・・・

寒い日続きますね~。

今日はそれでも朝から晴れているので、偶には水遣りを。

バルコニ-は雨水が掛からなくて、室内栽培と同じで乾燥します。

  

小苗の蕾取ったはずなのに 咲いているのが有りましたよ。

002  

これは枯れるの時間の問題と思って、注意してなかったあまつぶ星。

  

左枝にも花芽らしきが着いていますね。

落葉もして無くて、良いのか悪いのか?

001

諦めていたのにやる気有るじゃん!

勿論花芽、花ともにすぐ摘まなくては樹性弱めてしまいますね。

当地でも強い風に温度も低く、西高東低の冬型気圧の毎日なのに・・・

この子はもう春なのでしょうか。

  

このあまつぶ星の去年8月はこれでした。

007  

途中植え替えて、少し持ち直しては居たのですが

005 

この位の回復だから、もう冬にはだめと思っていましたね。

あまつぶ星の開花は子孫残すための最後の一頑張りかな。

これを活かすのは今後の管理次第ですね~。

    

   

リンナイさんからプレゼントのお仲間、おおつぶ星はと見ると

今はまだ休眠期のようです。 

004

こちらは花芽着きの枝先は 切り戻し剪定済みだから

花はないのは当然だけど、まったくの棒3本。

どうして? 同じ場所に置いているのに。

 

おおつぶ星は去年は成長良く、下画像。

これも8月の画像ですよ。

011 

 

    

 

話し変わりますが、畑の開墾作業、昨夕やっと西側に橋鉄板架かって、少し進入が楽になりました。

従来の東の橋は水道パイプのはみ出したようなお家の間を4~5軒分くらい通って、やっと畑へ入れる有様でしたからね。

これは鉄工所依頼だから今朝私は見たのですが、何とか普通車も入れるかなです。

私の運転では軽四がやっとですけどね。ともかく前面道路が狭いのよ~。

  

でもその時、見てしまったのです。畑の東北部分の水まだ乾いてない事を。

やっぱり致命傷、日曜にショ-レンたたき込んで、通らなければまた穴掘り作業。

掘りこんで溝風の石積み作業ですね。

それ終わって、後日の土入れ厚さ30センチの予定ですが、幾ら焦っても完成は遠い。

   

前回記事にした大石やヘドロの片付けも有るし、(これはミニユンボ借りるつもり)

昨日の鉄板も敷地側をもっと固定しなくてはと思っています。

それに水手当、カイショマス湧き水の所に埋めてと・・・

  

ともかく排水と給水がきちんと準備出来ないと、ブル-ベリ-植えには進めません。

日祝しか動けないのが幸いして、手首の痛み少し直ってきましたよ。

二人農業は時間かかりますね~。

| | コメント (10)

2010年2月16日 (火)

日曜日の作業は

今日の記事も畑作業の続きです。私には貴重な記録残しておきたいのです。

昨日は一日雨が降り、この記事は14日バレンタインの日のこと。

  

山水を逃がすための

畑の北側の側溝作業は思うように進まず、

と言うのもここからはもう水出てないと思って近所の方に依頼し、更に盛り上げていたのです。

ですからそれを手作業で取り除き、さらに掘りこむ。

035

 

まだこんな小さな溝です。

石が多いでしょう。

026_2

  

小さな溝を少しずつ掘り進み

032

 

これだけやって、朝9時から夕方5時半まで。

ヘドロの山です。

でももっと広く深くしないと駄目でしょうね。

039

この北溝は従来から有ったものを埋め立てていたらしいのですが、

知らないでユンボで土替えのため掘りこんだ石混じり土を積み上げてしまったのです。

 

作業していたら、施工した方が通りがかりに、北側から水流れ込むのは当然だあんたらは常識がないと言うのです。

何の仕事かねと言われ普通のサラリ-マンですと言うとどうして溝潰すか疑問に思ったとのこと。ここには昔から溝があったとも。

  

購入時には既に溝は潰されていたから、西の排水溝でいってるものと思っていました。

当方の無知故なのですが、それなら教えてくれたら良かったのにと相棒は彼に言っていましたが、 施主が土乗せてくれと言うから、やったまでと言うのです。

そしてタバコの吸い殻2個を目の前で敷地内の水たまりにポイ投げ。

私が這い蹲って、石拾いゴミ拾いしている場所にです。

 

近所の地元の方に頼んだのに・・・前途多難の様子です。

土入れは別の業者に依頼ですが、後は手作業以外無いですね。

 

今日はヘドロの山と排水がどうなっているか、先ほど見てきました。

 

新しい溝には昨日の雨水がさらさらと流れ、畑の東北には降雨で余計多くなった水たまりが。

座敷童さん仰るように中央部に溝掘りしかないですね。

  

排水対策が出来てからの土入れだから、

今一番辛いのですが、まあゆっくりやらないとこちらがおかしくなりそうです。

ヘドロ上げながら相棒が、情けなくなったよ~って。

 

私は石が余りにも重いので、手首痛めて、今やっと片手でキ-打ってます。 

そんな訳ですので今日はコメント無しにしますね。

|

2010年2月14日 (日)

クリスマスロ-ズ

ひっそりと咲きました。

去年200円くらいで買った苗。

大好きな清楚な白花です。

024

 

これはピンクの様だけど、蕾あがってきました。

025

   

これは葉芽のようですね。 

023

 

一度水切れさせて、葉が汚いです。

でもピンクの花咲きそうです。

これだけダブル花 どんなかな~。

026

 

これは地元の友人からの頂き物。

今年はまだみたいです。

029

   

  

  

開墾地は少しきれいになりました。

 030

 

でも地面石だらけですね。

032

ほとんど乾いているのに東側にまだ水が残っていました。

034

画像上の石垣のところに調べてみると溝があったようです。

山からの水落ちてきて、湿地のようになったみたい

それで今日はこの岩垣の下掘って側溝を復活させます。

昨日少しだけ掘ったのです。

 

私が入手した時点では北の溝は埋められていました。

3年前お家取り壊した工事で埋めてしまったようです。

雨の時は水が流れる場所失い、この土地にしみ込んだようです。

40センチ掘り込むことによって、目に見えるようになったのですね。

 

今日は頑張って溝掘りです。

昨日石拾いなどしていて、こんなに大変なのに、土に触ると何かふと暖かい気持ちになりました。

土が急いだら駄目よ。ゆっくり私を活用してねって言ってるように思えました。

今日は雨の予報なのに夕方からのようで、今良い天気です。

ゆっくり朝食したら、また頑張るかな。

もう色々あっても落ち込みませんよ~。

 

皆様に色々情報頂いた樹皮やチップ、土もお安くいけそうなル-トやっと見つかりました。

それとこの荒れ地、借地ではなく、友人から超安値で譲り受けたもの、多少の難ありは承知でしたが・・・・

曖昧な表現しましてご迷惑おかけしました。

お詫び申し上げます。

色々教えて下さった皆様に心から感謝しております。 

| | コメント (16)

2010年2月11日 (木)

荒れ地のその後は

今日は朝からの雨で畑の開墾作業は出来ませんでした。

農機具を少し買おうと思ってホ-ムセンタ-を回り、レ-キとカイショマスなど購入。

カイショマスは湧き水のある西横の側溝に埋めて、水を貯める準備です。

上手くいくかどうか?

 

その後友人に聞いたりした製材所、3軒訪ねて1軒は休み、他はうちでは樹の皮はがしてないからと素っ気ない返事、とりつく島なしです。

  

同時にこれも知り合いからの情報の土を積み上げているとかの場所を数カ所探したのですが、産廃のコンクリ-トなど解体の土、何とも上手くいきません。

先日見た気に入らない土も2トン入らない所には配達も出来ないと言われ、軽四借りての土入れ作業にも体力的に思い切れないのです。

こうなったらチップしかないかなと思いつつ、考え込んでいます。

 

この雨の中走り回って夕方になり、ふとこの雨で開墾地どうなっているかと疑問になりました。

雨も小康状態なので行ってみると、

工事完了のブル-ベリ-栽培予定箇所の堀込み部分は数カ所大きな水たまりです。

まるで田んぼのよう、排水が悪いのかこれは大変。

まあ昨日掘ったばかりだからかもしれませんが、東面を高くして西を低くして溝を作るなどの排水対策をしなくてはいけませんね。

  

発注している通路用鉄板もまだだし・・・気が重いです。

ああまた問題がと、ため息混じりで帰宅しました。

  

 

落ち込みながら、前に1月20日にした接ぎ挿し3本を見てみました。

これはジョ-ジアジェム

少しだけ芽が動いているように見えます。

047

  

こちらはヌイ

これも少しだけ動いています。

049

親木の力でしょうか。

それとも接ぎ穂の余力かな。

ビギナ-ズラックなんて有るわけないし、

泣き出しそうな私を慰めてくれているのでしょうか。

  

こちらはスパルタン

これは若干芽が膨らんでるようにも見えるのですが

ホ-タイ巻きすぎではっきり分かりませんね。

053 054

3本とも挿し木の台木にも小さな芽出ていて、

主軸動かさないようそっとかき取りです。

接ぎは最初が切り接ぎ

後2本が割り接ぎだったような・・・

 

でも接ぎ挿し、こんなに甘いものではないよね~。

| | コメント (18)

2010年2月 8日 (月)

荒れ地はこんなのです

土曜日に記事にした荒れ地、こんな所なのです。

完成図アップしたかったのですが、完成まで相当期間かかりそうです。

 

これは土曜日に少し雑草取りした後

敷地の西と東です。

002 003

半分くらいの草取りではとてもとても

010

こんな法面も少しあって、右の文旦の大木も含まれます。

大きな岩が境界らしいです。

文旦は、手入れしないから果実小さくポトポト落果の現状。

剪定して、肥料遣りしたら、来年は少し持ち直せるでしょうか。

  

相棒はこの辺に蜂箱を置きたいのです。

ちなみに真上の家はご老人夫婦が亡くなって以来、住人は居ないのです。

  

前面道路は狭く 画像右の東からの道とても狭いです。

うちの軽四やっとですね。

005

これは今朝の画像

土曜日半日と昨日の作業で  大分処理しました。

014

 

下画像で 少し見えているのが、西からの進入路。

これは大きな道路からすぐなので こちらを利用するため、

土地と道の間の側溝に鉄板敷こうと思っています。  

大きな石も見えていますでしょう。

地面は何処を掘っても こんな石だらけ、涙ですね・・・

018

この時点で手作業のさじ投げましたよ。 

  

全体画像がこんなで 左の側溝石から右端の坂道までの間。

結構広い60坪です。

020 022

上の段も一部、文旦の木のあたりがこちらの敷地なのです。

上段が北なので日当たりは(南に道に沿った家があり)

朝は若干悪いくらいで、今の季節は10時くらいから夕方までOK。

 

随分田舎のようですが、市内の市街化調整地で既存宅地です。

のんびりとして平和な佇まい、とても気に入ってはいるのですが、

開墾には恥ずかしながら疲れ果てましたね。

たった2日ですが、こんなきついこと初めてです。

根を上げて、今度の休みにはユンボ作業をと思っています。

取りあえず40~50センチ石ごと土を取り出し、トラックに乗せ廃棄処分。

後日新しい土と、チップを搬入するつもりです。

 

チップにも針葉樹と桧のまざりチップ、雑チップ、バ-ク樹皮など扱っているそうです。

何が良いのでしょう。

どなたかご存知ですか。 迷っています教えて下さい。

 

混ぜ込みとマルティングに使用したいのですが、

こちらのチップ業者に聞くと1キロ25円とかで、ブル-ベリ-にどうかは分からないそう

2トントラックで2車分は要るのでは~?出費もかさみます。

この敷地の半分足らずにチップは敷きたいマルチしたい程度でオ-ルチップ栽培はお金がついていきません。

それに柑橘類など普通の用土が良い植物もあれば、又通路も要りますしね。

 

生きてるうちにやりたいことやってしまおうと病気がちの私の発想、

でも現実は趣味としては遣り過ぎだったような・・・

それにこんなに場所用意しても、考えたらブル-ベリ-の大苗それほど無いのよね~。

ちょっと後悔しながら 今日も仕事帰りに見回りに行ってきます。

| | コメント (26)

2010年2月 6日 (土)

ホルトブル-の植え替え

今日は、昨春購入のホルトブル-の植え替えです。   

去年はお花は咲いたのですが、結実少なく二期なり処か一度もまともに実なりしません。

  

冬になって枯れ枝が目立つようになって

003

  

少しは小枝に花芽も有るのですが、気に入りません。

007

今8号鉢ですが、植え替えることにしました。

  

根は茶色根は有るのですが、黒く変色したピ-ト

半分くらい用土を崩し、古く見えるピ-トを除いて

009

同じ号数の鉢に植え戻しました。

 

ついでに剪定も

012

矮性種だから、ちょっと切りすぎかもしれませんね。  

 

今日はその後、やっと手に入れた新しい畑の草刈りに。

前にブログでお話しした、車で15分足らずの60坪です。

友人の生家を2年前に取りのけて、以来の荒れ地。

 

大小の石の多いこと・・・掘っても掘っても石だらけ。

大きく伸びた茅を刈って、夕方には疲れ果ててしまいました。

私も相棒もきちんとした農業やったことがなく、

ショ-レンは借り物、クワや小さなテゴテで作業。

基本的な土の入れ替えは業者に任すべきかもしれません。

でも土木業者は年度末で忙しいらしいし、それに私にはお金がない・・・

 

明日もう一度、石の取りのけや雑草の処理などに行って

どうしたらいいか考えてみます。

駐車場所も用地の中に作らなくてはいけません。

こんな荒れ地の現状には、TVでやってる一人農業なんて番組思い浮かびます。

 

今夜は腰が痛くて、前途多難です。

ポポ-や果樹類が地植え出来て、山裾部分には蜂箱を

平地の一部にブル-ベリ-畑を作るのが夢なのですが、

現実は厳しいです~。

ブル-ベリ-畑が出来るのは何時になるでしょうね。

 

いつか畑が出来たら、写真を載せますね~。

今は凄い荒れ地でコ-ヒ-缶と雑草、大石の山ですよ~。

| | コメント (14)

2010年2月 4日 (木)

ミスティはまだです

今日は立春

ぼつぼつ花の便りも聞こえるようになって、畑のサザンの様子見に行きました。

 

期待のミスティは

沢山の花芽が着いているのに 期待の花はまだなのです。

016

花芽の状態ではまだ数週間かかるでしょうか・・・

 

こちらはオニ-ル

さすがに毎年果実は一番 だけに開花も早いですね。

018 019

もう角が出ているの有りましたね。

上剪ったから 頂芽優先です。

 

以外にもこちらはビロキシ-

昨年花壇からの引っ越しで、大幅剪定したから諦めていたのですが

咲いてるの有りました。

004

でも総体的に今年は遅い気がしますが、去年も花の記事少なくて記憶もぼんやりです。

記事多く書いてきたつもりですが、内容も偏っているようですね。

  

今頃の開花より、すべての花が次々と咲き揃う季節が好きです。

この寒い立春の花芽達に期待していますよ。

それまでに枯れないでね~。

| | コメント (12)

2010年2月 2日 (火)

ラビットの花芽は

畑のラビット達の花芽も大分膨らんできました。

これはタカヘ

010

こんな短果枝ばかりの枝も有れば

こんな幹にくっついた芽も    これは花芽? 葉芽? 

015

 

ベッキ-ブル-はあちこちに 葉が出てきましたね。

枝はか細いけど、芽吹きって嬉しいものですね~。

021 023

今にも咲きだしそうなぷっくり花芽も有ります。

024

今年のラビットは動きだし例年より遅かったのですが、

サザンのミスティやオニ-ルは今にも咲き出しそう。

これの画像は又後日に記事にさせていただきますね。

 

もう蜜蜂が飛んでいるとの情報も入手して

うちではまだ早いけど 屋根のネット外してみました。

やはり風が良く通りますね。  もっと早く外せば良かったかな~。

去年斑点病が多発したのは通風が悪かったのが原因かもと思ってしまいました。

030

画像右上にグレイの壁が見えますでしょ。

壁はネットハウスの半分を覆っています。

去年夏、南側にあれが出来て ラビットの半分は日照が減りました。

家ではこの画像の手前北側にハイブシュ、南にラビットと置き換えています。

ラビットなら日陰でも強いと思ったのです。

  

当然通風にも影響有りますが、借地ですからね、文句言えませんね。

でもこれからは陽も高くなるから、気にしないことにします。

  

今年のラビットは他の品種ラヒ、マル、ブライトウエル、ウイトウにプレミア、T100等それぞれにまあまあの花芽着いています。

去年の花芽殆どなしの不調よりはマシなのですが、南壁の下のバルドウィン、フェスティバル、ウィトウはやっぱりさらに悪いですね。

まあめげずに頑張りますが、今年もラビットはちょっと期待薄かも知れません。

| | コメント (12)

花壇のハ-ブ

降り続いた雨もやっと止んで、今日は爽やかな晴天です。

事務所の花壇の一番狭いところに

001

去年、友人から貰った、ひともとのラベンダ-植えていました。

地力のせいか大きくなるものですね。

かなり広がってきました。

  

蕾も出てきましたよ。

006

ここはこんな狭い場所なのですが、下は挿し木のロ-ズマリ-

これも勢いは良いです。

剪っても剪っても伸びすぎで、大分剪定が必要のようですね。

008

前はこの花壇の広くなってる部分に、

ラビットアイの御三家(ティフ、ホ-ムベル、ウッタ-ド)を植えていました。

この花壇右に行くほど広くなってるのですが、最高で50センチくらい、深さもそれくらいで変形プランタ-のようなもの

それでもラビットは良く穫れましたよ。

  

一昨年そのラビットをコンテナ植えで畑に移動し、ここにSH2種とRE植えたのですが、これは実なりが悪かったですね。

ブラッデンとビロキシ-、それにREのベッキ-です。

これにはSHとREが受粉できるかの課題も有ったのですが、去年の結果は散々で

秋に鉢とりして畑にいます。

 

垣根用ブル-ベリ-も有るみたいだけど、余り狭い場所は可哀想かな。

今はココは朝陽がとても良くあたるので、ハ-ブや小鉢のブル-ベリ-ドックなのです。

でも道路に面した場所なので、先剪った株だけのブル-ベリ-はかっこ悪いですね。

少し整理して、またラビットでもは・・・どうなのでしょう。

| | コメント (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »