« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

ネットハウスのハイブシュは

今日も強い風で、温度も低いですね。少し寒いです。

何時になったら薫風も爽やかな5月になるのかしら、明日なのにね。

  

新しい畑に大苗達が引っ越した後のネットハウスです。

小苗や行き遅れの大苗でいまはこんな感じ

015

  

出入り口の方から見ると

016

後左端が一列    小苗が多くなりましたね~。

   

今果実や花のあるハイブシュ系は

ノ-ザンの朝日園スパルタン まだ花が残っています。

018

やっぱりこれはスパルタンとしては違和感有るよね~。

  

これはNHダロ-  果実が晩生ですね。

020

   

こちらの果実は日に日に大きくなっています。

NHエチョ-タです。

023

  

こちらが普通のNHスパルタン。

やっぱり花が丸い・・・

025

   

これはNHブリジェッタ。

027

 

大阪から頂いた NHデニスブル-。

今年は生らせてみますね。

029

 

これは サザンのガルフコ-スト  中粒の予感。

まだ一部薄ピンクの花も有ります。

031

 

これはNHプル  畑に行ったヌイとレカ目標に、もう少し大きくなってね。

033

 

去年の台剪り苗  SHオニ-ル。

032

自宅よりは日当たり良いから、こんな苗も殆ど芽を伸ばしています。

  

今まで西向きバルコニ-で夕方しか日射し無い場所の住人、
なんだか急に元気になってきましたよ~。

私は何年間もいったい何をやってたのでしょうか。

降雨と日照で生長がこんなに違うとは!

| | コメント (12)

2010年4月27日 (火)

ブラッデンは萼も赤みが強いです

今日も、またまた凄い雨でまるで暴風雨、今年はどうなっているのでしょう。

畑の灰色カビ病もまた出てきそうで、心配しています。

雨のせいか体感温度が低くて、未だにスト-ブも片付けられないし、濡れては治りかけの風邪が再発で、人間カビってしまいそうな年です。

  

ブル-ベリ-も去年より初収穫遅れそうですね。

去年は5月14日にオニ-ルやウェイマウスなど初収穫でしたが。

最近の肥大ぶりではどうなるでしょう。

 

さて今日はサザンのブラッデン。

例の赤花品種です。

今果実は こんな状態です。

016

肥大前はこんなに真っ赤ですよ。

018 020

萼も萼あ部も赤紫が強いです。

 

全体画像はこれで、

去年の収穫後花壇の地植えから、10号鉢でネットハウスに

最近やっと新畑にと目まぐるしく引っ越し、いまやっと落ち着いたかなです。

014

元来強健な品種の様で、度々の住所移転にもかかわらず、

上画像の果実着いています。

  

一時は枝だけになって、まだ復活途中ですが・・・

味見は去年は果実が小さくて、本来のものではなかったようだから

今年こそですね。

  

去年の5月31日のブラッデン果実です。

001_3 

その時の記事では、味は小さな果実ながら香り有って甘く美味しいし、果皮はパリッとした食感、来年に期待と書いてありました。

もちろん、自根のサザンですよ。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

畑はこれで完成です

前回は灰色カビ病の記事書いて、ご心配かけてすみませんでした。

昨日コメントにも書いたように応急手当てして、陽気のせいか今日は全然カビ花殻はなかったです。

今朝の日曜、畑に行く前に、プロの方がやってらっしゃる農園を外から見たのですが、カビった花や花殻ばかりで、プロでも今年はこうなんだと思って妙に安心しました。

  

さて畑のビニ-ルハウスはやっと完成です。

2010_0425_133036p1090085

やっと扉も付いて、床には防草シ-ト敷きました。

水が下まで通る分です。

素人の作業だから、ビニ-ルにもシワ多くて変ですが・・・

中には今時分入ると暑いのなんのって

それで下の段だけ防風ネットに張り替える予定です。

この作業は連休中にゆっくりです。

  

小さな花壇にも写真はっきりしないのですが、

ポポ-2本とロ-ズマリ-、イングリシュロ-ズのグラハムト-マスそしてラベンダ-を植えました。

ロ-ズマリ-立性は花壇に、匍匐性は駐車場と道路側の溝との境に。

2010_0425_140857p1090087

 

石垣の上段には前植えたハルミとスダチの小苗に今回小夏と暖地桜桃(大粒種の方)を植えて、蜂の待ち桶も置きました。

待ち桶の横のキンリョウヘン赤いネットでくるんでいるの分かります?

花が咲いて、もう探索蜂がちらほら来ていますよ。

2010_0425_140913p1090088

 

ブル-ベリ-ネットも何とか完成。

2010_0425_140947p1090090

 

上段から見たネットハウス、この黒く見える寒冷紗の中は

椎茸の原木4本、友人からのプレゼントです。

2010_0425_141000p1090091

こんな風にやっと色々完成しました。

後はビニ温室を屋根以外はネットにしてコンテナでBB栽培です。

今は入れるもの無くて資材入れてるのですよ。

 

前の6坪のネットハウスにはまだ大苗の残り、ウィトウやバルドウィン、ガルフコ-ストが10号で結実、花も少し残っています。

ナイトジェムも2代目が10号、凄いスピ-ドで大きくなったけど、不思議なことに今年は花が咲かないのです。

この苗たち10号一杯になってるから、順番に畑のビニハウスにと思っています。勿論コンテナ並べるのですよ。

 

昨日、近所の牧野植物園が温室新装オ-プンしたのです。

ほぼ、はっぱのダッシュ村と同じ日、私にも記念日です。

これから少しずつ手を入れて変わっていくと思うけど、基本作業はこれで終わりです。

 

約3ヶ月間、殆ど休み無く土日作業しました。

大変なこと多かったけど、今考えると良い経験でしたね。 

次回はネットハウスも温室ももっと上手に作れますよ~

| | コメント (28)

2010年4月23日 (金)

花腐れ病でしょうか

今日はやっと曇りで、明日明後日は降らない予報、正直ホットしています。

新しい畑のブル-ベリ-達、またまた問題が。

最近気づいた事なのです。

021

こんな風に花が腐っているのです。

  

下画像はT100ですが

023

頭のキャップではこの雨防げなかったようです。

  

全体に花がまだあるラビットに多いのですが、

少ないのは手摘みで、下画像の様なのは花芽の元部分から切除しています。

027 031

  

この腐った花が葉に落ちると、葉まで黴が広がっていくようです。  

下図のような葉も何枚も見かけます。

024

特にT100とウィトウに酷いようです。

  

BBRさんのHPでは花腐れ病(ボトリチス菌)とあります。

ネットでボトリチス病を調べてみると、灰色カビ病の事とか。

気温低めで湿度が高い時期に発生が多いらしいです。

対策としてはトップジンM.ベンレ-ト.ダコニ-ルなどで予防、通風を良くし窒素過多にならないよう肥料を調整するとか。  

多湿以外は思い当たる事有りませんね。

  

今年の多雨のせいでしょうが、こんなのは始めての気がします。

この苗達は雨の掛かるネットハウスからの移動で、雨には慣れてるはずなのに。

去年は全く気づきませんでしたね。

 

樹勢には関係ないようで、新梢も展開しているし、こんなポッチも出ているのですよ。

025

こんな被害は皆さん有りませんか?

また問題で悩んでしまいます。酷くなると株全体に糸状菌が広がる恐れも有ります。

株毎処分しないといけないような物でしょうか。

  

多湿と言っても、新しい井戸はたった一度使っただけで、

雨ばかりで灌水はしてないのですが、皆さんと条件違うのでしょうか。

それともこの土地の排水がまだ改善されてないのか、はたまたマルチが悪いのか

頭の痛い事ばかりです~。

| | コメント (10)

2010年4月22日 (木)

コロンブスとパマリコ

今日も又雨で、気温は高いようだけどもう嫌になりますね~。

昨夕見た新畑のラビットは花が黴ってるものも出てきました。

受粉も確認できないような小さな幼果らしきもポロポロと落ちているのです。

  

ハイブシュ系は完全に幼果になってるから、異常は無かったのですが、花は駄目になるのも多いようですね。

ラビットは花から幼果になる時期の移植微妙でいけなかったのでしょうか。今年もラビットは収穫望めないかも知れませんね。

まだ時間があるから、少しは立ち直ってくれる事、期待しています。

 

さて今日のブル-ベリ-は 久々の登場です。

かつて新品種として紹介したこの二種もそれなりに生長してきました。

写真撮影は昨日です。

まずはラビットのコロンブス

002

いつも樹形には問題有りですが、まあまあになってきました。

有名な国○園の楊枝苗で08年11月の購入です。

 

花は花冠長めのタイプですが、蕾の萼に特徴が有りますね。

開花したら綺麗な白花ですよ。  ぷっくらで好きな花ですね。

004

葉は丸くて大きいです。

005

  

 

こちらはパマリコの花  これも楊枝苗でしたよ。

殆ど幼果になって、花の撮影遅れてしまいました。

サザンとしては普通の花かな。

口が大きく開いていますよ。

011

 

全体はお見せしたくないようなヒョロヒョロですが、下画像。

剪ったら枯れそうで、そのまま伸ばしていたらこの有様です。

今年数粒結実させたら、秋に強剪定します。

012

もっと繁って欲しいし、せめてシュ-トでも出れば・・と待っていますが。

左の枝中程は内向き枝のようです・・あ~あ。

 

  

これはおまけの画像ラビットのバルドウィン(今朝の撮影です)

新畑の地植えではなくネットハウスの10号鉢。

メチャクチャ豊産の上、挿し木増殖も簡単で丈夫な事この上なし。

009

ネットハウスの中でも条件悪い塀の北、日陰部分でこの生長。

もう少し味が良ければ、大粒だし言う事なしですが・・・

今年は美味しくなるかな?

| | コメント (6)

2010年4月21日 (水)

kurobonさんの記事を見て

昨日kurobonさんの記事を見て、家のもどうなのだろうと思いました。

昨日会社帰りに畑に寄って撮影です。

まず今のリヴェイルは

001

殆ど結実していて、花が分かりませんね。でも残り花は赤いです。

  

参考に去年の4月13日の花は  ピンクの残る これでした。

010

これはインパルスの接ぎ木、味はパリパリでジュ-シ-美味しいです。

樹は小さく樹勢は脆弱な感じですが 自分的には 本物に間違いないと。

葉はピンボケですがこんな感じです。

003

 

 

さて、サンプソンはリョクサンの分ですが、これも結実してしまって

こんな果実です。

004 007

なんだか家ではオニ-ル並に早いです。

 

お花の写真は まだ蕾ですが(開花画像が見つかりません)

これは去年の3月22日分、今年の撮影は抜かっていたようです。

009 

葉は長めの細葉で 新葉が赤いですね。

006

 

  

ちなみに白花レビ-ルは今この状態。

明らかに開花、展葉はサザンより遅れます。

スパルタンより遅いくらいですね。

去年1年の観察で、本当にサザンか?と疑問は持っていました。

でもサザンぽいレガシ-の例も有りますから、分類は分かりませんけどね。

 

このピンクの蕾は咲ききると真っ白になります。

葉は比較的小さく今やっと展葉してきていますね。

009

この接ぎ木は天香園と書いてありました。

強健で非常に大きな樹になって、畑でもスパルタン高接ぎと良い勝負です。

  

リヴェイルと比べたら明らかに樹の大きさ、花の色形に違いが見られます。

味は去年の感じではこちらもジュ-シ-で美味しかったと思います。

ただパリ感は赤花リヴェイルに少し劣るような・・・

 

さて家のは本物でしょうか。怪しい点教えて下さいね~。

| | コメント (8)

2010年4月20日 (火)

これは豊産の予感

昨日からまた雨で今年の異常気象にはうんざりですね。

先ほどやっと雨上がり、小さい畑のネットハウスでは(画像は昨朝撮影)

013

無理に直立させたこの小さな苗。

ピンクシャンデリアです。

  

今年は早くからネットハウスに移動していたから、

蜂の飛来で受粉も無事出来た様子で   8号鉢です。

この果実見て下さい!

015 016

豊産の予感です~。

 

同品種と言われるサンシャインブル-はまだ小苗。

6号鉢ですが・・・

018

 

果実はこれです。   お寒いですね~。

019

でも果実の形似てるようでも有るし~。

| | コメント (18)

2010年4月19日 (月)

上手くはいかないものです

3月末に新しい畑に移植したNHスパルタン接ぎ木です。

1本目は

002

高接ぎ2本の枝のみのスパルタン。

接ぎ口は画像の下端部分で、違和感は少なくなってきました。

去年の秋、この台木のシュ-トに接いだのですが、失敗でした。

枝が少ないから当然花も少なく、今ひとつの元気が欲しいです。

 

2本目は 

005

蜂箱のすぐ横の接ぎ木スパルタン。

これも中間枝や下枝は少ないです。

これは自作ではなく購入品が大苗になったもの。

でも去年新梢の発生は少なかったです。

スパルタンを豊作にする技術、これからの課題ですね~。

 

果実の様子はこれです。

008

こんな果実がそこ此処に有るのですが、樹の割に量が少ない、

あの時花芽を落としすぎたか、地植えは2月3日に降って湧いた話し

それまでにコンテナ用にかなりセ-ブして来ました・・・・

でもやっぱり 結果枝が少ない。

今年の収穫は?   ずばり花が少ないのです。 蜂も来たのにね~。

 

ちなみにそばの蜂箱は中身入りで、この写真撮影時にはぶんぶんと時騒ぎ

何匹かは手近のブル-ベリ-のまわり飛び回っていたのです。

| | コメント (12)

土日の作業

毎週お決まりになった土日の作業の報告です。

金曜までの雨は降り止み土曜日は快晴、温度も19度です。

まずは畑東面のヘドロ、ガラの山の残りを取り崩し、敷地内に均等に埋め込み、低い部分には茶色の赤土を入れて薄くならしました。

土を掘りこんだり、ショベル使って運搬したりで、髪の毛は茶色に染まり、パサパサに。

手先は油分取られてガサガサで、手首は力仕事で痛みが残るのです。

サングラスとマスクで植え付け時と同じ装備です。

 

その後、奥の所に菜園ハウスの組み立てを

これも初めてのセット、近所のHCで購入したものです。

説明書付いているのですが、難しくて、試行錯誤しながら・・・

土曜日でここまで

024

支柱の450ミリ打ち込みに手間どり、大きな石に当たると1箇所で1時間かかる場合も有るのです。

  

日曜夕方でやっと下画像までです。

残りはハウス入り口ドアの付近、更に難しそうです。

左側の入り口支柱は後4本、大石のない事願うばかりです。 

008_2

 

  

 

それとネットのパッカ-の強化に黒の結束バンドを

021

パッカ-は1本の支柱に約2~3個

全部を結束バンドで締め上げです。

こないだの大風でこのパッカ-が数個落ちていてその対策のつもり。

022

 

作業は来週も続きがあり、GWまでには終えたいのですが、東のハウスビニ-ルの下の回転ねじ込みビス埋めるのに苦労しそうな予感です。

  

遊び友達がGWには何処か行こうと、待ちきれない様子。

私はビニハウス完成したら中に防草シ-ト敷いたり、更に敷地のレベル合わせて整地したり、植物の引っ越しと仕事は幾らでも有るのですが。

まあ、友人との付き合いも大事なので、ビニハウスが出来たら、県外のHC回りでも企画しようかと思っています。

| | コメント (8)

2010年4月16日 (金)

挿し木のラビット2種

今日も寒いですよね~。

遠くの山では積雪のニュ-スもあるけど、高知平野は雪降りませんね。

今は3時半雨も上がってきました。明日は晴れる予報なのですが。

  

去年挿し木したラビットが大分生長してきました。

今5号鉢のバルコニ-小苗分です。 

これはボニタブル-

ブロ友からの頂き物、関西方面から来た穂木です。

003

剪定が悪く、樹形イマイチですが・・・元気です。

今は葉や枝一杯付けて株を元気にして、剪定はいつでも出来るよね。

 

花は殆ど採ったつもりなのに まだ残っているの有りましたね。

005

少しクリ-ムがかった長めの花、如何にもラビットですね。

  

こちらはミノウベル

これも同時期の挿し木です。

こちらは小さいので集団置きして4号鉢、うっかりで まさかの結実!

008

  

花にも気づかず・・・    これは即刻摘果ですね。

どんな果実か見たいけど、それをしたらラビットでも果実に栄養とられて生長鈍ります。

ここは来年まで我慢です。

010

ハイブシュ系よりは丈夫なので、私はまる2年目から少し結実させたりするけど、ラビットに限っては枯れた事有りません。

ハイブシュは急ぎすぎは致命傷になって、生長止まったりしますけどね。

品種毎の樹勢の強弱は有るけど、ラビット適地なのでしょうね~。

  

 

これは金稜辺の花  咲いてきましたよ。

002

今年は我がバルコニ-には蜂たちまだ来ません。

この匂いに惹かれて、雄バチの偵察隊来てほしいです~。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2010年4月15日 (木)

嬉しいことが

今日は雨上がりに嬉しい事が有りました。

 

一つはHHのポラリス、スパルタンと似た風味とのことで昨年購入した接ぎ木。

ずっと不調で、再起を期して枝先剪定

その後も動き無く、半ば諦めていました。

最近ネットハウスの大苗の後に引っ越しして、風雨にさらされて

ご覧のように小さな発芽してきました。

002_2

自宅バルコニ-に居たままだったら、これは出てこなかったでしょう。

多分棒のままだから諦めて、最後は処分でしたね。

 

やっぱりブル-ベリ-この時期直射日光の弱い自宅で雨にも濡れず居るより、自然に近い環境の方がずっと良く生育するのですね。

可愛い子は外に出さなきゃ駄目ですね~。

この結果に気をよくし、小苗たちも6号以上は全部小さい畑のネットハウスに順次引っ越しさせます。

 

もうひとつ良い事が

去年の高接ぎの失敗部分に再度今年の1月に接いだ分

発根もなく、もう駄目だと諦めていたのに 小さな芽が

ぐるぐる巻きのメデ-ルを突き破って・・・嬉しいね~。

004_2

ア-リ-ブル-なのです。

 

上の方にはレカが

005_2

コリンズが

006_2

去年の接ぎ木は4カ所で 収穫できそうです。

多品種接ぎのつもりが着いたのはレカとコリンズばかりだけど・・・

これでやっと3種接ぎになりました。

 

大苗ホ-ムベルに接いだので、凄い高接ぎで

こんなになっています。

008_2

右端一番下のが先ほどのア-リ-ブル-です。

せめて全部がこの位の高さなら文句なしですがね~。

 

上の接ぎ木達剪って接ぎ直したらとも思うけど、何かもったいなくて今年はこのまま生らせてみますね。

| | コメント (6)

2010年4月14日 (水)

今日はまた寒くなりましたね

昨日からの強風で、今日は又低温に戻ってしまいました。

朝、新しいブル-ベリ-畑に行って、樹が倒れてないか、防風、防鳥ネットは無事か確認してからの出勤です。

いずれも大丈夫なようで、一安心はしたのですが。

 

さて去年東京からの頂き物キツネノメマゴです。

こんなに満開になっています。

001

3月末頃からこんな風なのですが、随分と開花期間長いのですね。

カメラ良くないから、ピンクに近い藤色の可愛い花がアップ出来なくて残念です。

 

その横に置いてあるプチベリ-

こんな状態ですがまだ果実は肥大しません。

004

 

全体画像これで、新梢がびっくりの生長です。  

鉢が狭くなったから植え替え考えましたが、収穫終わってからのつもりです。

005

前にブラックベリ-と同じ仲間って書いたのですが、これはラズベリ-の仲間だそうで、訂正しますね。

矮性ラズベリ-でアップルゾ-ン夏期冷涼地向きらしいです。

家は自宅が暖地の割に涼しいから、適しているかもしれませんね。  

反対にブラックベリ-の仲間ボイセンベリ-はオレンジゾ-ン暖地向きとかで、どちらもバラ科キイチゴ属とか。

 

これはプチって名前の割には大きな果実とかで楽しみにしています。

色は透けるようなレッドなのでしょうか。

 

こちらはまだ待機中のミス・ムヘット、蘭の一種の様だけど金稜辺と同じで蜜蜂を呼ぶ花のようです。

まだ咲いて無くて蕾ですが、全体大きめの葉ですね。

007

今年はこの花活躍するでしょうか?

開花時期合わなくて、去年の蜜蜂捕獲は金稜辺の一人舞台だったのよ~。

| | コメント (6)

2010年4月13日 (火)

ホ-ムステイ

久々の小桜インコの記事です。

今我が家には友人のKさん宅から、ユキちゃんというインコがホ-ムステイ いえ里帰りしています。

その子はこんな子です。

026

多分男の子で

我が家で生まれて養子に行った子。

去年の6月末生後5週間頃の画像です。

001

左の大きい方がユキちゃん

今回は我が家のレモンちゃんのお婿さん候補として里帰りです。

 

これが奥さん予定のレモンちゃん。

かいづさんにレモンを頂いた頃の生まれです。

028 031

 

我が家に来たときにはまだこんなに赤ちゃん。

1月の画像です。

006

今は随分しっかりしたのですが、多分女の子。

今回はお見合いのようなもので、1ヶ月ほどでユキは養子先に帰ります。

 

今2匹はこんなゲ-ジに住んでいますが、どちらも手乗り。

近寄ると先争ってこちらに来ます。

033

上手くいけばペアにと思ったのですが、どうやらレモンが幼すぎで

今回は顔合わせだけで終わりそうです。

でもユキは久々に両親に会ったのですが、多分親たち自分の子分からないでしょうね。

こちらが見るとユキは色が母親のベリ-ちゃんに顔つき父親のフクちゃんにそっくりなのですが・・・・。

|

2010年4月12日 (月)

畑の整備その後(日曜日)

土曜日に大体畑の西半分は完成で

少しやり残しはネット支柱の補強なのですが、台風までに座敷童さんの教えてくれた方法で、後日やる事にしました。

  

畑にはやっと井戸掘り工事も終わり、電気も相棒の友人の電気工事士が割安に手配してくれて土曜日からポンプで汲み上げて水が出る事になりました。

002

この画像で東からの進入路見えていますが、ご覧のようにとても狭いので大きな道路からすぐの西の進入路造ったのです。

 

こちら側にはまだ瓦やヘドロ、汚い土の石混じりの3個の山が残っています。

それに不要になった前の橋鉄板も。

003

  

今日はこれの片付けで    まず鉄板は東の入り口に設置。

車の回転に使うのでタイヤの汚れ防止です。

2トン車乗っても大丈夫の鉄板だから重い~です。

012

 

水場の所は連日の井戸掘り工事でぬかるんでいるので、瓦を割って敷き詰めです。

これもまだ途中・・・

013_2

  

大石や瓦ゴミの山を今日は全部処理したかったのですが、途中で大雨になって3時に作業断念。

午後から雨の予報なので7時半には畑に来て作業していたのですがね~。

  

それでも少しは山が減ったでしょう。

015

業者に処理して貰うと大変な費用なので、この敷地内で駐車場や水場、法面の下など目立たない所に埋め込み、茶色の土で蓋をするつもりです。

こちらは土の入れ替えの予算もないので、基本的には資材入れハウスとコンテナ栽培を目論んでいます。

今日は途中中止とは言え肉体労働でしたね。

相棒の友人Aさんが鉄板の移動など手伝ってくれました。嬉しい事に助っ人が居たのですよ。

有り難い事です。

土を運び石を動かしですが、来週もまだ続きそうです。

 

作業後は着替えて、6時まで安い地堀苗を見にHCへ行ったのですが、1M以上の苗でウッタ-ドとブル-シャワ-1980円、デキシ-が2980円で値段がちょっとで何も買いませんでした。前頃は980円だったのですよ。

しばらくはコンテナ積み上げてても良いんじゃない

我が家の苗達の生長を待ちます~。

  

相棒は6時半から山の蜂をブル-ベリ-畑に移動すると大雨の中出かけてやっと一群だけ移動したようです。

強群の方は後日移動とか。

  

私のポポ-を始めとする植物やハ-ブ達も東が片づいたら順次引っ越しですね。

まだまだ忙しいですが、やっと先が見えてきた気持ちです。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

畑の整備その後(土曜日)

土日の畑の仕事の記録です。 

毎週うんざりされると思うのですが、自分的には大事な記録、留めておきたいのです。

  

まずは防鳥ネット張り、これが難しかったです。

初めての事に(6坪ハウスは防風ネットのみ)大きいのが安いので50坪用買ってきたのです。でも結論大きいのは余計張りにくかったです。

簡単かと思ったのに、非常にやっかいで、ネットはちょっとでも中心にたれるとブル-ベリ-の花果実引っかけてとるのが大変。

その上破れやすくて、強い力で引っ張ると支柱に絡まったのが破れるのです。

最初に支柱の上には数本のロ-プ縦横に渡していたのですが、張る段階でロ-プの上に行ったり下に行ったりで一苦労。

  

パッカ-で留めて、何とか張ってこの画像です。

花は何カ所も落としました。 まあ摘花と思うことに・・・

005

画像では隙間があるように見えるのですが、防鳥ネットは3センチ目合いなので1枚だけの所はとても薄いのです。

だから一応防風ネットとの間も重ねて張って1枚だけの所が薄く見えるって訳です。

  

ネットの中で移植後2週間経過のブル-ベリ-。

007 008 009 010 011

画像の品種は全部別です。何だったか分からなくなりました。

殆どがこんな具合、果実が一杯着いてきました。

  

後4本小苗を植え付けたので合計36本、うち品種ダブリはオニ-ル2本、スパルタン2本でしょうか。

植えた自分も分からなくなりラベルを上に付け直しました。

植え付け時、花実の付いてるものだから、軽く前の用土を落とし、少しの根を剪って無理をさせましたが、あれから雨が多く、晴天時は思い切り乾燥するので、何とか落ち着いたみたいです。

収穫後の不調が心配ですが、枯れ込みまでは行かないと思い、気楽に考えています。

  

 

それと上段に蜜蜂の待ち桶をセット。(分蜂群捕獲用で今は空です)

勿論横には金稜辺を置いていますよ。まだ蕾で3日後くらいに開花の予定。

014

こちらはどうでしょうね~。

ブル-ベリ-畑には前から蜜蜂2~3匹はいつも見かけます。

近くに群れが居るのかも・・・

| | コメント (2)

2010年4月 9日 (金)

接ぎ木挿しはどうなったか

1月にお手本の真似をして挿し木した接ぎ木挿しのその後です。

001

ヌイとジョ-ジアジェムは何とか生きてる様子。

手前のスパルタンは発芽せず終い、これに限ってテ-プ巻きすぎが敗因かも知れませんね。実験的に色々やってみたかったのです。

でも枯れたように変色もしてないし、動かさないようにやり直してみようかな。

  

同日に挿した後3本も

003

右端はもう駄目みたい。

アップするとこんなです  望みは無いね~。

005

この小さな芽達、ヌイが一番望み有りかしら。

接ぎ木挿しは初めての挑戦だから、着かなくて当たり前だけど、もしかしたらの期待でそのまま放置の様子見です。

  

 

名人の作品 お手本の2本のスパルタンは順調。

2009年2月の接ぎ挿しだから、完全に活着していますよね。

006

  

枝先は花芽をそっと取った跡です。

もう枝先剪定しても大丈夫でしょうか?

007

  

この新梢の色、嬉しいですね~。

見てるだけでワクワクします。 右枝に小さなポチも見えます。

009

 

もう1本のお手本、家に来たときにはまだ芽吹いて無くて、前の記事では写真出さなかったのですが、こんなに元気に萌えてきました。

011

あらら・・・台木から何か出てますね。

これは取り除かなくてはね~。

| | コメント (12)

2010年4月 8日 (木)

幼果が見えます

大苗の多くを新しい畑に移動して寂しくなった6坪ネットハウスにも、中苗が幼果着けてきました。

先日の記事とダブル内容も有るのですが、生長具合い見て下さいね。

  

SHサファイア  枝が細く弱々しい感じです。

024

 

SHエメラルド  

これは果実多いのですが、これがお気に入りの一枚。

一枝に1個だから 余計大きくなりましたよ。

007

 

SHミレニア  幼果の中心盛り上がったような

これも沢山果実になって、先ほどかなり摘果して来ました。

013

 

この2枚は品種不明 

まだ挿し木2年ですが、品種同定のため敢えて生らせました。

014 015

期待していたのですが、はっきりは分かりませんね~。

 

SHサンプソン接ぎ木です。

丈夫そうだから、花芽5個分くらい味見の予定。

果実にしたら25個も生るでしょうか。

018

 

NHトロ接ぎ木

この品種に関しては何の予備知識もないのです。

2個だけ幼果が・・・ 色が気に入らない。サザンとは違いますね。

栽培されてる方、味はどうなのでしょう?

023

 

  

まだ残留大苗もぼつぼつ幼果 付けていますが

目に止まったのはこのア-リ-ブル-台切り苗。

去年のコガネムシ幼虫の被害苗なのです。

 

やっと芽が出たと喜んでいたら

3芽とも花付けちゃって これ毟るとどうなるの~。

花芽の後にはシュ-トは出ないですよね・・・・

001

| | コメント (10)

2010年4月 6日 (火)

贈り物を使って接ぎ木です

都合で日付ずれてしまったけど、接ぎ木を少ししました。

昨日の事です。

  

これがその接ぎ木

029

両方とも同じ品種、今回の接ぎ木には土曜日にブロ友さんからのご好意で贈っていただいた治具を使ってみました。

台木の加工だけで無く、穂木も加工できるようになっています。

このホ-ムベルは若いから何の苦労もなくスパッと加工出来ました。

 

少し古い枝が木質化して固くなったのはどうか?

ちょっと意地悪に試してみました。

まず穂木も太めです。

下図のように  少し力入れると綺麗に加工できます。

021 022

  

台木の方は小さいけど3年生で、とても固いのです。

私が切り接ぎで必ず切り落としてしまう箇所もご覧の通りです。

024

  

後は接合部合わせてテ-プ巻いて 出来上がり!

思ったより簡単でしたよ~。

025

初めて使った治具の出来映えに驚愕です。

今まで、この台木の切り込みが上手くいかず、失敗ばかりしていました。

これはドキドキの最初のカットなので、使い慣れたらもっと上手くいくでしょう。

そうなると もうコンコン接ぎは必要無くなりますね。

 

はっぱに嬉しい金棒ですよ。(笑)

今回は時期的にも遅かったから成否の程は分かりませんが、後は運任せです。

こんな素晴らしい便利なもの有るのですね~。

開発されたsappiさんに脱帽で~す。

ご本人はまだ改良点が有るように仰っていたけど、これが皆様に広がって難しい接ぎ木が誰にも出来る接ぎ木になる事期待しています。

sappiさん本当に有り難うございました。

次のシ-ズンにはフル活用させて頂きますね。

いえ また暇見つけて接ぎ木少しずつ追加してみますよ~。

| | コメント (10)

2010年4月 5日 (月)

ネット張りました

毎週書いてる土日の仕事、今回は残りの植え付けとネット張りです。

土曜日には一画に、前から依頼していた井戸掘り業者の大仰な装置のままの畑です。

005

これは試し掘りとかで、結果は大きな岩盤が地下にあるので

畑に使う程度の水ならぎりぎりセ-フらしいとかで、今日正式に汲み上げテストをしているようです。今のところ毎分6L位とか。

  

水道も考えたのですが、道の狭い前面道路を通行止めにして、その下を水道管通すとかで農繁期の今、大変な工事とか。

それに水道料結構高いのですよ。

でも今度の畑日当たり最高に良いので、真夏の渇水期は自然の雨だけでは厳しいと思い苦渋の決断です。

  

植え付けには全く間に合わず、こんな水を1日3往復しています。

008

画像右の小苗の下堀がそのまま用土の根域で、小さすぎるのは承知です。

冬に周りに用土すき込み調整予定です。

 

日曜の午前中にマルチと防風ネットの枠組み完了し

011

ネット支柱は迷ったのですが、南に家があって強風が当たらなくて

その点だけは好都合なので2.8センチの鉄にコ-キングしたようなイレクタ-パイプで高さ2500です。

2M間隔に50センチ以上埋め込みしたのですが、6隅はコンクリ-ト性の留め具にセメント流して固定。

それでも出来上がり見ると強度心配で、来週は支柱増やすとか何か補強を考えます。

 

とりあえずがこの画像。 

015

ずばり小さな22坪になりました~。でもこれ全部6坪のネットハウスに入っていたのですから、地植って場所取りますね。

後、東の半分弱はハウスにしてコンテナ植えにしようかな。

コンテナも20個位は有るし~・・・・資材や道具入れる場所も欲しいですね。

  

大苗32本でまだスペ-ス残っています。ノ-ザンの間隔は前回よりもっと広げて植え直ししました。

勿体ないからラビットの新品種小苗を2本追加、3年生大関ナ-セリ-よりの分。

後は当分植えるもの有りません。

将来はスパルタン接ぎ木もっと多くしたいので、GW頃県外に行ってインパルスではない接ぎ木2年生探してみようかな~。

やはりハイブシュは奥深い美味が、魅力的ですよね~。

大苗でも数本品種名不確実なもの、多品種接ぎの高接ぎ失敗作などはネットハウスに残しています。

    

畑の中では小さめの大苗スパルタンが満開で

016

 

蜂が遊びに来ていたようですが、タイミングずれてネットの内側にへばり付いています。

014

先住蜜蜂が居るようですが、我が家の蜂にもそろそろ引っ越しして貰わないと・・・

勿論ネットの中に入れますね。

 

来週はネット支柱の補強と、防鳥ネット天井に張ります。

A園の偽スパルタンの大苗も引っ越しを躊躇っているのですが、スペ-ス空けていてもしょうがないから、何か植えましょうか。

| | コメント (8)

2010年4月 1日 (木)

サザンの三種

雨の中、サザンの3種咲いてきました。

これはミレニア   花は大きめです。

多花性のようですね。

003

    

少し幼果っぽくなってきています。

004

  

     

こちらエメラルド    もっと大きな花です。

果実は大粒で 豊産の予感。

花の萼が開いています。萼の感じはT100の様です。

005

     

もう幼果 も出来ていますよ。

噂通り酸っぱい果実でしょうか。

007

 

   

期待のサファイアは まだ受粉してない様子

008

この3種 去年の大関さんのパテント苗。

3年苗とかですが、現在は少し咲かし過ぎですね。

この雨上がったら、摘花します。

  

でも少し残して味見してみたい 未練が・・・・

やっぱり好みの味かどうかで栽培への情熱変わりますね。

| | コメント (14)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »