« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

リヴェイル痛々しいです

土日の楽しみ仕事で今日はクタクタです。

5月始め頃に南側に植えたメインツリ-のつもり夏椿(シャラの樹)

余り日当たり良すぎて、葉が赤茶になってきました。

高さ50センチ位の小苗です。

002

日陰を作りたくて植えたのですが、大きくなる樹だけど、それ自身は強い日照に弱いようです。よく調べなくて恥ずかしいですね~。

それで、掘り出して、北の山際に近い場所に移動し、大穴掘り。

  

それと、南側道路との境の側溝の際には小さなオリ-ブを4本、将来のさわさわ揺らぐ樹を想像して植えてみました。

005

土地が石ばかりの所だからこちらも穴掘りが大変で、重労働。

ブル-ベリ-畑のみ土替えで、それ以外は大石一杯の土地なのです。

昨日も人間の頭大の石掘り出して苗の周辺耕し、部分的に土替え疲れてしまいました。

  

でもこれで植え付けは大体終わり・・・ああやっと終わりましたよ。

後は野となれ山となれ、この樹達で木陰出来るのは何年先やら、生きてるかしらね~。

  

  

今日の記事は、前に自作高接ぎの接ぎ木としてご紹介したSHのリヴェイルです。

最近表面の葉が赤茶になってきました。

012 013

こんな感じです。

  

形が変としてご紹介したときの画像は   1月16日です。

2010_0116_171518p1080165  

この形のまんまなので、少し可笑しいと

くびれているところ調べてみました。

 

こんな風でなにかテ-プの細い切れ端残っているような感じです。

接合部はここから上に 角のように見えるところ 

001

  

反対側から見ても かなり食い込んでるテ-プ風が見えます。

003

  

小刀で削って削って  細いウエスト益々細く ちぎれそうです。

007

  

怪しいものを取りのけて、トップジンを塗り手術は完了。

008

  

さてこの苗生き残れるかな~。

ちなみにこんな全体像ですよ。しばらくは風の弱い半日陰で養生ですね。

011

手術が成功したら、上の枝を剪り、もっと下での分岐ねらいです。

やっぱりかなり高接ぎですよね~。

| | コメント (10)

2010年5月29日 (土)

大実果実はまだ酸っぱいです

畑の大実が大分色づいてきました。

まずはNHのヌイですよ。

011

此方の枝も大きいです。

012

サイズ分かるよう何か持ってくれば良かったのに、今回はハサミと虫取りセット以外は持ってない。

敷地内の回転が面倒で畑への進入口の広い道路に車置いて、徒歩で様子見なのです。

車は殆ど通らないから通報されない限り駐禁の心配無いのです。

  

開帳性樹形だから、左半分しか映ってないけど、枝先にはかなりの量の果実が。

右半分にも有りで  大きいから存在感有りますね。

014

色の濃さではそろそろと思えるのですが、多分まだかなり酸味が強いはず。

酸味抜けて甘味が出てくるには最低でも樹上で1週間以上は置かないとね。

NZ品種を含めノ-ザンはこちらでは収穫時期難しいのです。

  

 

初めてのサザンの新品種は

サンプソンこれも大実。

002

 

このミレニアは同じくらい

後ろからの写真軸まで着色し  もう完熟に見えるでしょう。

016

これを味見したら、まだ酸っぱかったですね  サザンなのに~。

どうもオニ-ルやブラッデンとは様子が違うのよね。

  

美味しいと評判のサファイアは これもかなり大実です。

ミレニアの失敗に懲りて当分お預け

008

合計6個位の試食用ですもの。熟期を慎重に見極めなくては・・・

 

他にエメラルドはミレニアより小さくまだまだの感じでしたね。

それにエメラルド結実とても少なかったのです。

今年は試しだから、性質味ともにまだ不明部分が多いですね。

| | コメント (8)

2010年5月28日 (金)

私おっちょこちょいなのです

今日も例年より寒いですね~。

天気は良いのに、温度が低いようです。

週末まで晴天で温度高ければ、もう少し収穫と張り切っていたのに、これでは成熟が進みませんね。

色だけは着いてくるのですが、糖度があがり、酸が減少して果皮にアントシアニンが増える実のりはまだのようです。

スパルタンも昨日着色確認しましたが、この天気だと余り変わらないでしょうね。

  

畑と今までのネットハウスの色づきに期待して、そろそろ収穫の準備したいとラベル刷ってみました。

こんなのです。

014   

所がこれを剥がすとただのカ-ド、裏に接着剤ついてないのです。

ラベルじゃ無かったのですよ。

  

それで、仕方ないから生果ケ-スの表に裏側からのり付け、情けないです~。

016

表に貼ると取れちゃうのです。おまけに空気穴潰れるし~最低ですよ。

画像見て気づいたら、張り方も上下間違ってるしね。

普通開口部分が下でしょう~ネ。

  

収穫したら配る友人が数人いて、良い格好したいと思ったけど、残念。 

このカ-ド沢山有るのです。やれやれ買い換えるか~。  

買うとき注意すれば良かったのに、私はいつもこうなのです。

  

先日もぴんさんのブログでのコメントにサザンゼバブル-をサザンゼバルビ-って書いちゃったよ。

かいづさんにはメ-ル頂いたのココログから転送だから分からなくてと書いたら、よく見るとちゃんとGメイルに入っていた。

先日やっとプロフィ-ルのアドレス、Gmailに変更しました。

ブログの品種名、間違ったりはいつもの事です~。

集中力散漫、不注意甚だしいです。

本当にお恥ずかしい限りです。  変だったら教えて下さいね。

    

所でおっちょこちょいって此方の方言?  慌て者のことなのです。

多分これはずっと直らないでしょうから、皆様お気を悪くされないでね。

<悪気はないがじゃき、許いてつかあさいよ~>

 

つかあさい、とおうせ (何々して下さい、お願いの意味もあり)  同じような意味ですが、土佐の昔の言葉、最近龍馬伝でよく使われるから殆ど今では死語が蘇っています。

何々ぜよって言うのも有るよね~。 

しちゅう(している)とぜよ(ですよの強調言葉)は今でも時々日常的に使うかな?

| | コメント (10)

2010年5月27日 (木)

Mさんからの贈り物・その後

011_2

上の接ぎ木12本は 今年の3月6日記事にさせていただいた大量の接ぎ木です。

大阪のブロ友さんからの贈り物。

その後どうなったか?   今日はそのご報告です。

  

ヘタな私の管理でもそれなりに生長し、

もうすぐ3ヶ月経過で 今はこんなです。

004

12本で1本も枯れたのは有りませんよ。

用土は色々ですが、2.5号も4号に鉢ましで勢揃い!

  

この中のスパルタン接ぎ木のアップ

005

コリンズ接ぎ木

008

元気そうな がっちりした苗でしょう。

  

ラベル見ると、細かい字で日付とか品種に連番まで書いてあるのよね~。

今年

今年の1月位の接ぎ木の様です。

私なんて、こんな小さなホ-ムベルには成功した試し無しですが、

素晴らしい作品、大切に育てていますね。

010

 

去年6月3日にも同じ方から、頂いた2本は?

少し不調に陥って心配したブラッデン接ぎ木も今は6号。

葉を見て下さい、元気に立ち直っていますよ。

後からの葉が大きいでしょう。

002

 

その時、同時に頂いた接ぎ木オニ-ルは

今回8号に出世で 近くのネットハウスの方に移動。

まだ丈が低いけど、これから風雨と日照で伸びてくれると信じています。

012

この子は今年の冬には、10号になってもらい、畑のハウスに引っ越し予定です。

現在新しい畑のハウスは資材置き場、そろそろ、ネットハウスにいる予備軍を持っていこうか秋にしようかと迷っています。

畑は前に書いたとおりで、日当たり1日中なのです。猛暑が厳しいかも~。

畑のハウスでは将来、コンテナ栽培を目論んでいます。ネットハウスの時20個以上もコンテナを買い貯めて用意しているのです。今から2年ほど前ですよ。

数個しか使ってないので これも活かさなくてはね。

それに今のブル-ベリ-畑みたいに土入れ替える経済的余裕はもう無いのです。

  

今年は接ぎ木が余り出来なかったけど、贈って頂いた分が好調で安心な日々です。

この子達が私のブル-ベリ-園で活躍してくれる日も案外近いと確信していますよ。

  

ちなみにこの接ぎ木達が到着時の画像です。 去年の6月ですよ。

002

左オニ-ルで右ブラッデンです。  確か4号スリットです。

送り主ご本人は楊枝挿しだからと謙遜されていたのですが、楊枝挿し恐るべし!

1年でがっちりと生長しましたよ。

接ぎ木も挿し木も若い樹の生長素晴らしいものがあります。

改めてMさんに感謝の思い伝えたいのです~。

| | コメント (10)

2010年5月25日 (火)

どうして~

昨夕仕事帰りに、畑に行ったら、驚愕の出来事が!

  

畑の上の段、文旦の大木が有る、隣地の段との境がはっきりしない場所です。

そこの所有者に依頼された方が、うちの持ち分まで勝手に草刈り

  

植えたばかりの小苗の岩手産山葡萄、稚木の桜、ブロ友さんからのビワ、スダチ小苗が

全部刈られていました。

001 002

上の画像分かりにくいけど、その後の一部です。

  

数人で来られてその辺を草刈りの最中で、こちらが行って気づいたのですが、もう後の祭りでした。

むこうはついでに毎年刈ってあげてるからと、所有者変わったのを知らなかったと言うのです。

前の所有者は確かに草茫々で手入れして無かったけど、下のブル-ベリ-畑やハウス、上の段の柑橘類見ると様子変わっていて分かるはずなのに。

どうして?

   

県外から購入の品種や、ブロ友さんに頂いた大切な苗、地植えが大きくなると思い植えたのが仇に。小苗は全部雑草と見られたようでした。

植えた苗の周りの雑草はこちらが刈ってるし、葉を見れば分かるのにね。

もうこちらの持ち分には立ち入らないで欲しいと説明し了解して貰いましたが、

悲しい出来事でした。

  

 

下の畑のブル-ベリ-の方はヌイが着色果実多くなり、ミスティも少し色づきでしたが、

悪くなった品種も

003

お粗末になったベッキ-ブル-です。

後ろに映ってるシャ-プブル-とは色が違いますよね。

  

小さな果実着けていますが、クロロシスの様子。

先週硫安を撒いたのですが、あまり効果無し・・・

005

  

これは少しマシな枝。

006

ベッキ-は引っ越しばかりだったから、樹勢が衰えたみたいです。

去年だけでも花壇から鉢へ、鉢から今年は地植えに。

此処だけコガネが入ってるとも思えないし、

まあゆっくり様子見て、駄目のようなら処分ですね。

  

あの滑らかで美味しい果実思うと残念ですが、家で満足な果実だったのは1年くらいで、後は不調続きですね。 弱い品種かも知れませんね。

慌てて挿し穂を採りましたが、不調苗からの穂は確率が悪いです。

  

 

最後の画像は畑のボイセンベリ-、ネットの隅に植えて3週目、

小さな鉢で放りっぱなし、殆ど枯れかけだったけど、あれよあれよという間に花咲き果実が膨らんできました。

007 008

今はネットの支柱に絡まっての元気ものです。

こんなのも有るのにね~。

どうして~

| | コメント (10)

2010年5月24日 (月)

嬉しい事2題です

昨日も今朝も雨が降って、畑仕事も休み、家で密かに挿し木用土を調整。

今までの挿し木のチェックして、生長しないのは廃棄、用土の処分。

  

最近カナダピ-トが切れて、挿し木にもラトビア産使っていたけど、どうも着きが悪い。

今回は目の細かいカナダ産を購入、ラトビアは中苗以上の方が生長が良いと思う。

挿し穂は穂が用土と密着する部分が大事で、荒いと発根が上手く行かない気がする。

カナダ産にベラボンや鹿沼土、パ-ライト、砂等との配合は色々で、以前の用土。

一時、鹿沼土を極端に嫌っていたが先日の記事にもしたように鹿沼100%でも発根するのです。

問題はこの土のままで鉢ましするか、用土を落とし根を洗い鉢植えするかだと思うのです。

 

そんな事考えながら

見込み有りそうなのは少し大きいスリットへ。

挿し木ポット大きくすると生長遅れると思うけど、これから夏の水切れで枯らすよりはとマシと判断。

他に4号苗は5,6号に植え替え、この段階で普通の用土にして、ゆっくり遊んでしまいました。

我が家のバルコニ-は屋上のひさしが出てるので、雨の少ない時間はこれですっかり遊べるのです。

 

 

今日の記事の嬉しい事は初収穫。

先日着色したばかりなのに、もう味良いのですよ。

雨で落果するよりと、早めに収穫してしまいました。

土曜の夕方と

001

オニ-ルです。

  

下はブラッデン。 

002

どちらも着色2,3日なのにもう味乗っているのです。

オニ-ルは甘く早穫りのも酸っぱくありません。

少し水っぽいいつもの甘さ。安定した甘さですね。  

ブラッデンはオニ-ルの後に食べたら明らかに甘味強く濃厚です。

いつもは4、5日位は樹上に置くのですが、今年は早穫りで充分大丈夫でした。

雨の間の晴天が高温だから、熟成早いのでしょうか。

 

翌日曜日朝にもまた収穫。 まだ未熟果有るでしょう。

011

この日は畑を譲ってくれた友人とモ-ニングの約束。その後少しの初収穫を賞味。

評判上々でした。

でも私的には、大きさが足りない。

急な温度上昇で、ヘタまで1,2日で黒くなるのですが、去年より小さい。

ブル-ベリ-は色づいてから急に肥大してくるのですが、今年は早穫り出来るけど、その間が無かったのか?

スパルタンの頃はどうなのでしょう。極大粒のヌイは着色は確認済みですが、これはまだと決めて、暫く様子見します。

ノ-ザンはこうはいかないでしょう。  雨で落果しても仕方ないですね。

  

 

もう1題の嬉しい事は

ご自分の畑で穫れたグリ-ンアスパラ、チルド便で送って頂いたのです。

006

こんなに沢山ですよ~。

この辺のアスパラと違って、全体色濃く穂の色は紫ぽい。

こちらの四万十アスパラはもっと色薄く、穂の色は白っぽい黄緑。

到着後すぐ茹でて食べたら、甘み濃く美味しい~最高です。

  

何も付けないのを充分味わって、その後ピ-ナツ和えにしました。

001_2

でもピ-ナツ甘かったから、何にも付けず頂い方が美味しかったです。

この辺では見た事のないアスパラで、とても大きいのですよ~。

もしかしたらブル-ベリ-の品種にも拘っていられる方だから、

これはアスパラのスパルタンかな?

Mさん有り難う御座います。

コメント頂いた事のないブロ友さんで、 メ-ルでいつもお世話になっています。

こんなアスパラがご自分の畑にニョキニョキなんて、素晴らしいですね。

アスパラ見てると見た事のない北海道の畑空想して、北の国からのメロディ~頭の中に流れますね~。北海道って広いのに一括りに富良野を想像してしまう単純さ!

日本って本当に広いのよね~。うちでは収穫なのに、あちらではブル-ベリ-はまだ花芽らしいです・・・

保存法は新鮮なうちに堅めに茹でて冷凍庫でとか、今夜少し使った後で保存し、少しずつ利用させて頂きますね。

アスパラはアスパラギン酸が疲労改善に、ルチンが血管丈夫にする作用有るとか、健康になれそうな嬉しい贈り物です。

| | コメント (6)

2010年5月22日 (土)

3本のナイトジェムとミノウブル-

今日は、3本のナイトジェムの記事です。

  

初代失脚の後の2代目は

10号に植えて鉢が大きいと思ったのですが、今ではこんなになりました。

030

何とか見合う大きさに繁って来ましたよ。

でも期待の花芽は殆ど無くて、今年は果実無しです。

これは少しは結実しても良かったのですが・・・  残念・・・

  

去年8号からの植え替え時は

037

こんなでした~   10月15日です。

この時点で少し花芽あるものですが、これは差し穂採りすぎで無しです。

冬になったら着くかも~と期待  甘いですね。

 

こちらは、別親から挿し木していた小苗の方

029

開帳性の樹形になって 今は7号スリット。

この子の親は関西方面に養子に行っています。

  

木の陰で気づかない間に  着色果発見です。

これは昨夕

032

  

今朝の撮影これです。

小さな果実もブル-になって、早いですね。

003

たった2粒ですけど、この苗は生長優先で花芽全部採ったつもりなのに

見落としが・・・

欲しいのには生らず、駄目なのには結実して

上手くは行かないものですね~。

 

ちなみに初代の大苗、台切り後順調にシュ-ト伸ばしています。

001

上から見ると   どれ伸ばしたら良いのやら・・・

002

去年の10月16日台切りとプレ-トに書いていますね。

まあ生来強健種なのね~。

  

 

こちらは去年10月kurobonさんに頂いたラビットのミノウブル-。

035

こちらも少し生らしてしまいましたよ。

037

どうせならこちらも今年は味見です~  しっかりと果実が着いています。

去年の2月の挿し木で今年で1年と3ヶ月経過、驚異的な生長です。

この挿し木見て用土真似したのですが、家では余り変わらない。

やっぱり丸秘の極意かな~

  

ラビットだから結実大丈夫と思ってるのですが、少し不安も有るけどね・・・

この苗、私が樹形を悪くしてしまったけど、ゆっくり直しますね~。

  

 

ついでの一枚は 先日ネットハウスの果実で記事にした

下手な高接ぎレカの果実(コンテナホ-ムベルに接いだもの) 

もうこんなです。    畑より早かったよ~。

004

| | コメント (6)

2010年5月21日 (金)

やっぱり畑が早いです

今朝は晴れ上がって昨日の雨が嘘のよう、雨のせいで大分熱も取れ元気になりました。

昨夕と今朝の早朝、畑に行ってきました。

やっと色づき果を発見!    サザンが早いですね~。

去年は品種毎に着色日違ったのですが、今年は4種同時みたいです。

  

これはブラッデンです。  去年より果実大きいですよ~。

002

   

定番オニ-ルはやっぱり今年も一番。

色づき果の数がダントツ多いのです。

日焼けは無かったから、まだ先と思っていました。

008 009 021

   

ノ-ザントップはうちではヌイ。

味が乗るまで時間が掛かるけど、大きさ早さに満足です。

このどっしりとした安定感いいですね。

012 013

今日中に真っ青になりますよ。

   

新品種ではサファイア。

サンプソンが早いと思っていたのに、一粒ですが色づき。

昨夕の画像

017

こちらは今朝ですよ。  濃くなりました。

サファイアの味が楽しみです~。

028_2

   

まだ収穫までには1~2週間掛かるけど、嬉しい予兆ですね。

これから順次、各品種熟れてきます。  もう淡いブル-は何種類も。

毎日の見回りが楽しくなりますよ~。

でもスパルタンはまだですね。早生のはずだけど。

  

ちなみに去年はオニ-ル初収穫が5月14日でした。色づきは4日です。

それから計算するとスパルタン着色は去年5月12日色づきだから5月28日頃かな。

それとも一気に着色してくるかも・・・

う~ん楽しみな毎日になりそうですよ~。風邪なんて引いていられませんね。

| | コメント (10)

2010年5月20日 (木)

ネットハウスの果実の続きです

昨日記事にしたネットハウスの果実。

まだ少しあるのです。

慎みもなく今日はこれ丸出しですよ。撮影は今朝です。

朝日園接ぎ木スパルタン?

003

緑の果実の正体は?

 

NHダロ-、今年こそ数年前の酸っぱい印象払拭を期待です。  

006

  

インパルススパルタン接ぎ木、畑と比べたら格段遅い。

008 009

花は球形で問題なしと見たけど 果実がちょっと怪しい~。

  

SHのサミットは今年は綺麗な果実。

まずまずの収穫期待できるかな~。

012 013

房大きいですよね~。  マスカット葡萄のよう・・

  

レガシ-も良果着いてます。

家ではノ-ザンだけど性格はサザンよね~。

どちらに分類が正しいのでしょうか?

017

 

この樹は去年の高接ぎ、変な樹形ながら立派な果実着いてきました。

台は大苗ホ-ムベル 穂木も大苗で接ぐと着きやすいし、収穫早いですね。

メチャクチャの枝で品種入り交じり、整理剪定が必要です。

020

三種接いでるのですが、代表はノ-ザンレカで

019

萼片の色づき分かりますか。

ここからこのブル-が広がってくるのですよ。

日焼けとは違っていますよね。

021_2

大苗だからコリンズと合わせて沢山生っています。

この変な接ぎ木が果実一番大きいのです。

ネットハウスの1番かも  皮肉なものですよね~。

樹形整えるため、収穫後すぐ剪定の運命分かっているのかしら。

| | コメント (4)

2010年5月19日 (水)

ネットハウスの果実の生長は

今日は昨夜からの雨が降り続き、温度も下がってきました。

灼熱の畑も冷えて、蜂たちもほっとしているかな です。

明日も雨のようだから、毎日続くと梅雨入りになってこれも困りますね。

 

今日の記事は職場の近くネットハウスでの果実の様子。

撮影は17日です。昨日記事にするつもりが、日曜作業で熱中症みたいになって、未だに調子が悪いのです。

好きな事して、熱出して呆れるばかりですが、今日はやっと少し落ち着きました。

  

こちらには収穫予定果実は少なく

まずはNHのエチョ-タ

002

  

これはNHトロ  ブル-ム多いのか暗い果実です。

007

  

SHのパマリコ  初味見になります。

とっても綺麗な果実ですよ~。

010

この異様な果実はラビットのレッドパ-ル

まだ黄緑が強くイエロ-パ-ルって感じ。

感じはホ-ムベルに似てますね、黒い小粒が想像されます。

016

強健なラビットバルドウィンは安心の豊産ですよ。

画像ピンボケですけどね。

018

  

今年期待のREフクベリ-  晩生種らしいです。

これは作成者からの直送で本物間違いなしなのよ。

ネットハウスへの移動が花終わってからで遅く  ほんの2粒だけです。

019 020

  

SHのガルフコ-ストは今年は豊産ぽいけど、生らせすぎで小粒みたい。

摘果すべきだったかも。

ピンクが強くラビットの様ですね。

023

ネットハウスは虫も少なく、清潔な環境。

10号のスリット植えです。

畑はワイルドで、害虫が多いけど、生長は地植えの方が良いようです。

  

最近果実のアップ写真多いけど、怪しいの有ったらお教え下さいね。

自分では似たような果実、大図鑑見ても見分けられないのです。

色々品種何処まで本物か、疑問の苗も多いですね~。

| | コメント (6)

2010年5月17日 (月)

挿し木の用土は色々です

暑い毎日続いていますね。

昨日は畑の虫取りで1時間掛かってしまいました。

久々の水遣りも、水量の関係で、約40分位です。

ブル-ベリ-だけでなく植栽植物全員が対象なので、人間が参ってしまいそう。

昨夜から熱っぽく、日中の作業は出来ない季節になりましたね。

  

ブル-ベリ-は日焼けのように赤くなって、全部がラビットの様です。

着色前の色変化にしては、ちょっときつい 様子が違う様な・・・

日陰が無いので果実が煮えそうな暑さです。こんなものでしょうか。

地形が西南に向いているようで、朝から焼け付くような暑さ、これが蜂が逃亡の原因かも知れませんね。

このままだと寒冷紗が必要かもと今日考えました。

ネットの中の蜂たちにはスダレとかしていますが、気の毒なような暑さです。

何もかも今年初めての土地、不安が有りますね。

文旦の木も椿も全部北側の高い所です。日陰は出来ないのです。

南に日陰プランツを植えなければいけないのですが、すぐには大きくならないし~

何を植えたら良いのかも研究中です。

  

 

今日は自宅バルコニ-での挿し木用土、色々でやっています。

  

これは標準的、ピ-トモス6と鹿沼土4、少しのパ-ライトです。

すぐに乾燥で、毎日水遣りです。

少し鹿沼土増やしてもいいかな?

001

  

これはオ-ルチップです。

下と同じで水遣り頻度は少ないです。

002

  

砂主体の用土 これは挿し穂が訳あり小苗で有る意味対象外ですが。 

生長は遅いですが、水持ちよく過湿にもならず、案外安心、枯れません。

003

  

殆ど鹿沼土、僅かにピ-トが混ざっています。

表面すぐ白くなって、よく乾き水遣り頻繁に必要です。

004

  

このピ-ト主体は最初の画像よりピ-トが多めです。

乾かさないよう 管理が難しいですね。  乾いたらパリパリ。

上手く行ったら生長早いのですが、

これは どうやら失敗のような・・・ 早く水遣り水遣り!

005

品種違うけど、全部去年の9月の挿し木。

色々遊んでいますが、今回は鹿沼土主体が良い生長のようです。

数本ずつ有るのですが、これは平均的な代表の画像ですよ。

 

用土の乾湿が程よく、うちに向いてるのは といつも試しています。

どの用土でも一応は活着、生長するのですけどね~。

| | コメント (8)

2010年5月15日 (土)

我が家のNZ品種はまだまだです

最近やっと晴天続いているのに朝の温度は低いですね。

去年の今頃はウェイマウス、ア-リ-ブル-、オニ-ルが初収穫出来たのに・・・

着色ではなく初収穫ですよ。

期待のスパルタンもシャ-プブル-と共に18日にはニンマリでしたよ。

今年はオニ-ルも日焼けの気配もなく青い幼果のまま、植え替えでうちだけか?

それとも全体に遅いのか やっぱり気になりますね。

 

今日の記事はNZ3品種の様子です。

まず鉢植えのプルはこんな果実

012 024

分かりぬくいですが、数房有りますよ。

7号鉢で度々乾くので、撮影後10号に引っ越し。根はぱんぱんでしたよ。

10号は少し大きいけどネットハウスで水遣りの手間の要らない大きさです。

  

話し横道にそれますが、最近鉢まし数多くやっています。

昨日は6号から8号に6本、今までのネットハウスの中も順次大鉢にしています。

これから夏にかけて、枯らさない為と言うより、自分の手間を省くためです。

 

自宅挿し木の鉢ましも、毎朝の早朝仕事です。

雨ばかりと思えば急に真夏になったりで、水切れ続出で、失敗ばかりになりました。

まあこれは失敗はまた挿したら良いですけどね。

今年の接ぎ挿しの水切れは参りましたね、惨敗です。また来年再挑戦です。

北海道からのハンナチョイス、カ-ラズチョイス挿し木も駄目にしました。

とても残念です・・・

ご免なさいMさん。Oとペンダ-は今のところ大丈夫みたいです。

そんなわけで残った挿し木、接ぎ木はそっと崩さないよう少し大きめに植え替えです。

 

 

さて、こちらは畑に行ったヌイ   ずばり大きな果実ばかり! 

030

やっぱり家ではチャンドラ-.スパルタンと大実を競える品種ですね。

これも去年は月末には収穫できたのよ。 

ちなみに樹形は横張りで樹高が低い、仕立て方の問題でしょうね。

031

果実は丁度くらいに着いています。

  

これはレカ、果実は中粒だけど、豊産性。

033 035

品種特性でしょうね。

樹形は下画像で   ヌイよりはマシですよね。

036

右の下の端にも果実着いてるから、欲張りは切れません。

夏期剪定までこのままですね。

   

いい気になって畑を廻っていたら白花レビ-ルの大きな枝に

こんな大きめケダラケムシ  茶色かなと角度変えてみると銀色にも見えます。

039

沢山のシャクトリムシはいつも見かけ、畑に行くたびに捕る事が趣味と化しているのですが、これはさすがに手が伸びません。

このムシ何でしょう。ブル-ベリ-に被害有りますか?

| | コメント (10)

2010年5月13日 (木)

移動の明暗

春の夜の夢をみました。

一昨日残り蜂まで、連れて行ったのに・・・

昨日仕事帰りの畑では、あの大勢の蜂が消えていたのです。

巣箱は空っぽ、作りかけの巣を残して何処かへ。

全員見事に逃亡 何が気に入らなかったのか?

移動が早すぎたのか?

気の毒なくらいに落ち込む相棒です。

あまり大きな群だったから、マンションで目立つと思って早く移動。

彼らには外泊5日間の小旅行だったのか・・・  ただ残念です。

  

 

今日のブル-ベリ-はネットハウス、今までの栽培場所。

バルコニ-からの移動苗  凄く好調です。

001 002

果実着いてるものも多く、チビ苗たちもそれぞれに活き活きしてます。

この苗達の真ん中に佇むと、幸せな気分で満たされます。

   

手前のホルトブル-は調子悪く半ば諦めていたのに。

黄色の名札です。

003 008

 

この果実はピンクシャンデリア  豊作です。

004

 

こちらはNHさんより頂いたデニスブル-接ぎ木

こんな果実が数房ありますよ。

005

  

去年台切りの初代ナイトジェムも 一杯出てきています。

009

ナイトジェムは10号の2代目8号の別親の小苗と合計3本です。

 

唯一、何も出てこないバ-クレイ  

驚く事に 不調はこれ1本のみです!

もうこの棒は枯れこんでいるよう、水切れでも起こしたのか、仕方ないですね。

010

  

今まで数年間、日当たりの悪いバルコニ-で悪戦苦闘していたのが嘘のよう。

ブル-ベリ-達にも長い事 苦しい思いさせました。

日当たり良ければ、こんなに元気になれるのですね~。

| | コメント (12)

2010年5月10日 (月)

畑のサザンまだ続きます

先日からの蜂騒動で疲れて、昨日は寝坊してしまい、畑に行かず、HC回りしました。

前から関心のあった果樹を3品種購入、1本598円ですよ。

これは多分当地では無理だと思うけど、挑戦してみます。

  

それと黄色のラズベリ-を購入、前の売れ残りのようで100円になってました。

ラズベリ-は自宅バルコニ-用だけど、お店の方の話しでは、家に植えたらブラックは普通の味で黄色は大きな実でおいしかったとか。

品種も書いてないけど100円に値下がりなら、新芽も出てるから迷わず購入です。

色は赤、黒、黄色全部揃っていました。

新しく来たラズベリ-も有ったのですが、そちらは高いのに果実小さい品種とか。

もちろん品種表示は無いのよ。

  

これで自宅は黒のボイセンベリ-と赤のプチベリ-、購入の黄色と3色揃いました。

品種名しっかりしたのを買いたいけど、取りあえずは初心者栽培。

そのうちのめり込みそうで怖い~。

  

そしてやっぱり午後から畑に。

買ったばかりの3種を植え付けました。当地でサクランボなんて恥ずかしいけどね~。

 

今日も品種記録のため、しつこく大苗サザンの続きです。

まず サミットです。

これは接ぎ木インパルスです。

002 003_2

果実は着いてるけどあまり良い実ではないですね。

 

こちらは赤花のリヴェイル これも接ぎ木です。

005 006_2

ブル-ム多い 緑っぽい綺麗な果実です。

味も良いから、期待でいっぱいですよ~。

 

こちらはマグノリア自根、サッカ-が多い変な樹形ですが

008 009_2

果実は安心の大房なり 粒も大きい 味もダイナミックですよ。

何かもう色づいてきました。

中晩生のはずだから、オニ-ルより先に着色は考えられないし・・

ただの日焼けですね~。

 

この次はもっと早生品種の様子 記事にしますね。

| | コメント (12)

畑のサザン続

今日は昨日とは打って変わった雨の月曜日。

昨日植えた果樹やハ-ブはこの雨が良かったな~って。

バルコニ-意外で、ブル-ベリ-栽培するようになって毎日の天気予報とても気にかかるのですよ。

NHKの7時のニュ-スは見逃しませんね。

 

今日の記事はサザンの昨日の画像です。

まずは ジョ-ジアジェム

003 004

中粒ですが、去年不調だったから、一個もならなくて味を忘れてしまったよ。

 

これは毎年一番に生るオニ-ル

006 007

果実は沢山着いてるけど、今年は実の膨らみが遅い

根鉢を崩しての植え替えで生長が止まったのか。

 

果実に青さが目立つこの実はビロキシ-

009 010

萼片が立ち上がりとても綺麗です。

こうしてみると全部の果実とてもよく似ていますね。

オニ-ルだけ萼あ部が赤く、若干特徴有りかな。

|

2010年5月 8日 (土)

マルの花は赤みが残りますか

畑のサザンはまだ出し切れないほど有るのですが、今日は話し中断しますね。

先日veryblueさんの記事拝見して、うちのNZ品種マルがどうなっているか気に掛かりチェックしてみました。

現在畑の地植えで、ラビットでも晩生の品種です。

  

すでに幼果になっている分

012 014

何かまばらですね~。

でも果実は大図鑑とそっくりです。

 

花はとみると

011 013

流線型の綺麗なオタフクのような花です。

低温があった影響か かなり赤花も目立ちますね。

咲ききると白になるものや、赤いままで受粉するものも。

015

上の画像見て何かお気づきですか。

去年確かberryさんが書かれていたマルの花には 一部赤い部分が残ると。

今まさに緑の果実、赤い花、白い花、紅白まじりとバラエティにとんでいます。

  

去年は畑から鉢取りで、花は少なかったのです。

今年はその反対で、鉢から地植えに。

まずまずの実なり、移動ばかりでお疲れ様ですね。

熟期と収穫期が一致しないと言われるマル、今年こそゆったりした気持ちで 

美味しい果実見極めたいで~す。

| | コメント (4)

2010年5月 7日 (金)

畑のサザンは

今日は雨上がりのサザンの様子です。

畑のサザンは全部で14種15本オニ-ルだけが2本です。

今日はその一部で

  

強健で有名なシャ-プブル-

016

去年コガネムシの幼虫に殆どの根を食べられたのですが、

見事に復活、果実も中粒ですが多いですね。植え替え時切り詰めたのに、全体にしっかり幼果着いています。

さすがのシャ-プブル-、これで果実も美味しいから私的にはお気に入りです。

 

これはブラッデン。  例の赤花です。

この果実も萼片に赤みが残り、綺麗です。

これも去年は、植え替えばかりで不調苗だったのですよ。

019

  

 

こちらは何度も登場の超豊産品種ミスティです。

023

今年も枝先はこんなで、下にはもっと大きな果実が。

024

去年も大豊作だったけど、弱る気配もなく今年も房なり。

いまに重みで垂れ下がりますね~。

サザンは突然死を恐れながらも 全部自根です。

当地には合ってるのでしょうかね~。

| | コメント (10)

2010年5月 6日 (木)

今日はもう一記事書かせてね

随分長いお休みをしたので、書きたい事いっぱいあって困る位です。

畑もネットハウスもブル-ベリ-の果実はドンドン大きくなって、心なしか色づいたものも有りますね。

果実の写真は撮ったのですが、多数で品種分からなくなって、こんな事無いですか?

去年は5月中旬にオニ-ルとか収穫出来たのに、今年は大幅に遅れているようです。

 

そんなわけで、ブル-ベリ-の果実は又後日にしますね。

今日は3日に行った日帰り旅行の写真。

広島県の世羅高原で   全部チュ-リップ畑ですよ。

001_2 004_2    

このラベンダ-カラ-はムスカリらしいです。

006

これは柔らかな色合いのチュ-リップ。

007 010

最後は沢山のポピ-です。

013

チュ-リップのアップ写真。

008 011_2 012

画像多くて 重くなってご免なさい。

美しいチュ-リップ 是非お見せしたかったのです。

この画像のなかに 友人と相棒が偶然写っていますよ。

分かるかな~。

帰りには尾道に寄って寺の町を散策。

行きは瀬戸大橋経由で、帰りはしまなみ海道 久しぶりの旅行でしたね。

4日5日も畑三昧  ああ~疲れた~。

| | コメント (10)

やっとGWも終わりましたね

長いGWやっと終わりました。

今日は休みの間の事少し書きたいと思います。

 

2日には畑のハウス下をネットにして

こんな具合です。

002

中に入れるものなくて、今はがらんどうです・・・

何か植えたくて、農家の友人に相談したら葡萄かイチジクって言うのです。

葡萄に挑戦することにしました。

野菜作りは沢山出来すぎて処理に困った事もあり、また毎日の水管理が出来ない場合があるから、私は果樹が良いのです。

(後日、県外でデラウエアとサニ-ル-ジュを買ってしまいました)

 

花壇のポポ-もやっと着いたようです。

これがサンフラワ-で

003

こちらが実生ですよ。

004

車の進入口の所には、ロ-ズマリ-を移植、まだ半分です。

005

 

 

この日は嬉しい事があって

知り合いからサザンゼバブル-の挿し木貰ったのです。

日曜市に出店されてるプロの方からで養成中の売り出し前のチビ苗です。

001

用土はこの方のオリジナルだけど、これで良く伸びるのよね~。

このままでも、かなりの間植え替え無しで大丈夫です。

このお店では来年には売り出されるのかな。 

品種問い合わせて、買うつもりで居たのに、プレゼントして貰って 最高に嬉しいです。

  

我が家の一番の大物ミスティ自根は昔、この方から購入したもので、他にも何種か。 

ここでの購入で、枯れたものはありません。

通販などで買ったものは全部枯らしたけど、ブル-ベリ-はツツジの一種だから砂混じり用土が良いのでしょうかね~。

去年はこちらでただ同然でホ-ムベル小苗を分けて貰ったり、結構お世話になっているのよね。確かこの方の事は去年のブログに書いたと思うのですが・・・

来年は数種類売り出されるようで、それも又楽しみです。

|

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »