« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月28日 (月)

土日の風雨の被害

まず土曜日の事から書きますね。

一日中風雨が強くて、少し小降りの時、畑の様子見に行ったのですが、風が強く防風ネットのパッカ-の外れが目立ったけど、足下も悪く詳細点検は日曜に持ち越したのです。

 

翌日曜は早朝から、パッカ-の外れを直し、防風ネットの中の地植えを見ると

もう絶望です!

沢山の果実が落果、先日記事にしたミスティなんて、殆ど落ちてるのですよ。

それも大粒になって完熟した果実が多くて

雨交じりの突風のせいでしょうね。

  

大多数の果実が落果か、樹に残っているものも裂果で口をパクリです。

その上に樹上の裂果粒に無数の蟻が付いて・・・素手では触れません。

 

絶望していても仕方ないので、まず落果を拾い集め、次に裂果の果実取り除き、ついでに雑草取りを しました。

幸いにして残った果実は 色づき果全部収穫してしまいました。

もう1個1個確認などする余裕は有りませんね。

酸っぱかったらジャムだ~と呪文のように言いながらの収穫です。

この作業は朝7時から1時まで  今日は腰痛がします・・・

  

これだけ収穫しました。  もう地植えは着色果何もないです~

002

200グラムパック(BBHさんよりの購入品)5個と120グラム3個です。

  

中にはラビットの初収穫ブライトウェルと瀕死のベッキ-も有りました。

収穫しながら数粒の味見では どちらも普通に美味しかったですね。

でもベッキ-は多分これが最後・・・引っ越しのしすぎで不調に陥っています。

 

破れかぶれでむちゃくちゃ収穫したけど、沢山の落果は悔しい事でした。

当地の場合、地植えは梅雨にかからない品種選ばないと~

ただ今年は地植えへの引っ越しが遅く生長が一時足踏みした事と 4月にも寒い日が続いたから、余計悲惨でした。

去年は梅雨までにはハイブシュは殆ど終わっていたのですよ。

 

それと蟻の食害が一気に出てきましたね。畑中に蟻の巣が有るようです。

屋根だけ温室のネットハウスにも蟻が多数いて、此方は僅かの落果で済んだのですが、蟻は樹上まで上ってくるのです。

花も実もないサクランボにまで蟻が上ってきます。

皆様は蟻にどんな対策されていますか?

  

殺しても殺しても出てくる蟻、いつの間にか手に付いたり衣服に潜ったりで困っています。

何か方法有ればぜひ教えて下さい。

草花なら殺虫剤とか使うのですが、食べ物ですからね~。

  

 

これは屋根だけ温室に植えている葡萄、右枝 いつの間にか葉が有りません。

伸ばしていた小さな新梢も葉ごと消えています。

犯人は画像の中にいますよ~

001_2

これの子供も地植えの葉裏に数匹いましたね~

| | コメント (12)

2010年6月26日 (土)

ミスティ今年は中粒です

昨夜から当地は凄い風雨です。

まるで台風並みで、10階の我が家は、ブル-ベリ-小苗も他の植物も突風で揺れる揺れる~そんな状態ですよ。

取り込みに出るのも 雨でびしょ濡れです。

  

すぐに見れない畑の方は

もしかしたら果実も全部吹っ飛んでいるのではと、心配で堪らないのですが、今朝は風雨も止まず畑にも見回りできません。

午後には何としても様子見に行きたく 恨めしく空眺めています。

  

これは昨日の撮影で収穫も後半になった

畑のミスティです。  もちろん自根です。

005_2 006_2 008

もう粒も まばらになりました。

今年は去年の垂れ下がったような大粒から比較すると

同じ房なりでも 小さくて(悲しい~)   収量も少ないです。

樹が大きいから大丈夫と 沢山生らせた翌年がこれです。

 

屋根だけビニ-ルハウスにはまだ若いミスティ これも自根

これはかなり大粒も有ります。

一応10号ですが、この程度です。

001_2

 

果実アップすると

003 004_2

完熟していますね~。

ハウスに持ってくるのが遅かったから、本来畑より早いはずの熟期も遅いです。

オニ-ルと並んで早生品種の中では、安定した味ですよね。

葉も独特の暗い濃い緑、すぐ分かりますね、この品種だけは。

 

今年は畑の造成で御世話になった多数の方にプレゼントしたのですが、ノ-ザンは収穫難しいけど、この2種は安心でした。

ノ-ザンの完熟風の中にオニ-ルとミスティを加えると、収穫失敗の酸味強い品種が有っても全体のバランス整うのです。

   

 

今まで多くの品種集めてきましたが、畑のハイブシュ収穫もピ-クを過ぎて、来年はと考えてみました。

地植えにはお気に入りの美味しい品種勢揃いといきたいですね。

  

果実品質の悪い品種(皮や種が気になる、果皮が軟弱で破れる等)酸味が強くバランスが悪い品種、小粒ばかりの品種、雨に弱い品種は移動です。

どの品種も最終的には個性有って美味しいのですが、当地では収穫期難しく、特性発揮できない品種も多いです。

  

趣味栽培ですけど、だからこそ、やはり初めて味わう方に

「ブル-ベリ-はこんなに美味しいんだ」

と思って貰える品種を量産したいですね。

それも色々な美味しさの品種を取り混ぜてです。

一般的に良い印象はやはり第一が甘い事でしょうね~。

  

だからちょっと癖有りの品種はコンテナや鉢での栽培、それ以下の品種はそのまま台木にとそんな事考えています。

さて実際に何を移動しようかな?  これは 今は検討中なのです。

| | コメント (12)

2010年6月25日 (金)

コロンバスとコロンブス

今日は一日中雨のようですね。

昨日四国の田舎の当地にも大関ナ-セリ-から甘い誘惑がやって来ました。

009

皆さんの所にはとうに届いているでしょうね。

  

新品種はラビットのコロンバスとヤドキン、サザンのニュ-ハノ-バ-とか。

010

コロンバスって家のコロンブスと一緒?

会社の近くのネットハウス、行ってみましたが

まだこんな苗です。 果実で比較考えたけど駄目ですね~ 

  

08年11月購入の国華園分で  今は8号スリットですが、

果実は2個だけ着けていたのに 雨で落果か何処にも見あたらないのです。

007

比較は来期まで持ち越しです。

紛らわしい名前、同品種でしょうかね~。

  

 

果実無いのも寂しいから、ついでに畑のサザンマグノリアの画像 

004 005

果皮が硬い品種ですが、強健で毎年豊作。

去年もコンテナでよく生りました。

完熟すると果皮も気にならず、甘味が口中に広がり、美味しいです。

平凡な品種だけど、サザンとしては晩生の様で、サミットと同時期。

   

開帳性の樹性が気になりますが、強健で豊産が欠点をカバ-しますね。

上画像の房が多いのですが、下は数粒収穫済みです。

果実が押しくらまんじゅうなので、完熟見分けにくくて失敗も多いです。

 

 

先日再度記事に取り上げたお化けのような白花のサザンレビ-ルで気づいた事を少し。

マグノリア同様に果皮の硬い品種です。

これは最近そばによるとばらばら落果で完熟らしいのです。

所が糖度が乗らない、皮が口に残る欠点が出てきました。

あのパリシャキの感じも精彩を欠く、ぼやけた味になりました。

もう過熟なのでしょうか。

甘くもなく酸味もない、パンチのない味になって、収穫時期が難しいようです。

まだ収穫は途中で、果実は残っているのですよ。

 

色々品種食べ比べて、最初の味、完熟の味、過熟の味全部違いますよね。

本当に自分好みの品種は評価はとても難しい事だと思いました。

| | コメント (10)

2010年6月23日 (水)

最近の畑では

夜半から雨だったのに、朝は晴天、午後は曇りの変化の多い今日です。

畑のブル-ベリ-はいちどきに熟してきて、摘み取りに時間が無く、嬉しい悲鳴あげています。

毎日雨以外は朝と夕方、畑に行ってるのですが、熟期の集中で、今だけは結構採れるのですよ。

多いと言っても2日に1回で200グラムパック2~3個採るのが精一杯ですけど。

収穫は、個別の完熟確認してだから、案外時間掛かりますものね。

不調の樹も有るのですが、全般に畑では確かに収量多くなっています。

  

でもこの梅雨に濡れて、裂果が多く品質が悪くなって、捨てる果実も多いのですよ。

雨が降る度に、ああ又沢山落果すると恨めしく思いますね。

 

去年までの家では品種によっては数粒しか採れないのも有りました。

ミスティやスパルタン、オニ-ルなどが主力で、それも一樹で合計300グラムも採れれば良い方でしたね。

でも雨には今年ほど影響されませんでした。

梅雨前に早生品種は収穫終わっていたからです。

 

今は多いものはその数倍以上だし、熟れたの採ってもまた翌日には果実が大きくなっている、そんなビックリの状態です。

でも寒い日が遅くまで続いたせいか、糖度が乗らず品質が劣りますね。

ただ 地植えは大地の力なのか、収量だけは多いです。

  

収穫頭のこの樹は前にも紹介したレビ-ルですが、大きすぎて畑のお化けみたいです。

015

数本の手を広げて全部枝先に房なりです。

先日、200グラムパックで2個採りました。

でもまだ沢山残っています。

 

これはハ-フハイのチッペワです。

これも去年までは不調の樹、でも今年は生っていますよ。 

011   

全体像は横広がりで樹高低いですが

      見えにくいけど結構実っていますよ。

010

ハイブシュ系では他にマグノリア、サミットなどがまあまあです。

エリザベス、ジョ-ジアジェム、リヴェイルは果実が少ないですね。

大粒はマグ、サミット、エリザベスでしょうか。

  

 

後、ラビットも少し色づいて来ました。

これはウィトウ。

002

  

バルドウィン。

005

 

プレミア。

016

 

タカヘです。

019

ラビットが完熟する時には多分梅雨も終わっていると希望的予測しています。

  

 

でもでも今年は有頂天なのです。

長い事栽培して、こんなに収穫できたのは初めてなので~す。

色々文句言っても やっぱり最高に嬉しいですね。

この勢いが来年も続くとラッキ-ですが、収穫後は不調の樹きっと出てきますね。

お祭り気分の後がちょっと怖い~そんな気持ちです。

| | コメント (12)

2010年6月22日 (火)

まるで三色ダンゴ!

近くの畑のネットハウス、際だつ異様な樹が見えます。

ラビットのまん丸な小粒品種です。

  

異様なのはこの色    最初はイチジク?(日本種の蓬莱柿か)

003

  

次はウサギの目  まさにラビットアイですよ。

こんな真っ赤は見た事がありません。

001

 

最後は何か塗ったようなピカピカの黒。

ちょっと食べる気になりませんよね。

ホ-ムベルよりもっと黒ですよ。

007

 

1本の樹にこの三色が混在します。

005

レッドパ-ルと言うよりブラックパ-ルだよね~

観賞用でしょうか。   案外面白い果実ですよ。

この果実、まだ味見していません。

健康によい成分が普通のブル-ベリ-より多いとか。

どんなお味かな~

  

パ-ルシリ-ズ他にもブル-やオレンジとか有るようです。

どんな果実なのでしょうね。

| | コメント (6)

2010年6月21日 (月)

この樹形も悪いですね

ラビットのオレゴンブル-、奇形花で有名なあの品種ですが、私はお花の実物見た事がありません。

家に来たときは別品種で、途中で改名の頂き物。

今はこんなになっていましたよ。

008

鉢は9号スリット。

支柱の留め具合が悪く、左に湾曲、そこからシュ-トが出て

おかしな樹形に。

畑の開墾で忙しくしていた間に、不注意でした・・・ 

  

シュ-トはこんな具合です。

010 011

  

根元からのはこんなに高くなってきて、

        まもなく切り戻し剪定が必要ですね。

012

この夏剪定でこの樹形矯正しますから、記録としての記事です。

秋にはどんなになるか乞うご期待!

贈り主の樹形作りの名人様 それまでお許しを・・・・

でも夏まで待たなくても、もう切っても良いかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

4階建のその後

これは前に4階建て接ぎ木として紹介したNHデュ-クです。

冬に主幹を切り戻し、その後の画像です。

002

シュ-トも出てきて元気そうに見えるでしょう。 

   

ちなみに去年の8月のよく伸びた4階建てはこんなでした。

002

この時から見ると 大分まともになりましたよね。

  

所が  このシュ-トよく見ると

004

反対からのアップです。

006

接ぎ口より下ですよね。  台木からのようです。

 

こうしてみると左のデュ-クと右シュ-ト やっぱり違いますね。

007

一見騙されるところでしたよ。

  

右のシュ-ト剪ったら、やっぱり変な格好の接ぎ木ですね。

今度はもう少し上でのシュ-ト期待しますね。

| | コメント (2)

2010年6月19日 (土)

チャンドラ-とプル

昨夜は激しい風雨でしたね。全国的にそうだったのでしょうか。

  

うちではバルコニ-のブル-ベリ-の小苗達、飛ばされそうな状態でした。

12本入りの鉢ケ-スに入れてある分は何とか大丈夫ですが、

エアコン室外機の上や棚の上の分は隣に寄っかかってる分もありでしたね。

昨日の午前中は梅雨の中休みのような曇り空だったのに・・・

 

今朝は遠くの畑が心配で、早起き、朝6時には見回りに行ってましたよ。

樹には異常なかったけど、案の上の落果に裂果、100グラムほど廃棄ですね。

500円玉挑戦のチャンドラ-も1個落果で、もう駄目と思い、数個収穫しました。

だから挑戦は中止。

  

今の大きさはこれ、100円ノギスで計測。

003

25.5ミリ位でしょうか。

もっと置けば良かったけど、落果が心配で挫折です・・・

でもまあ何とか5百円ぎりぎりかな。

 

味は酸味も甘味も少なめだけど、悪くはなかったです。

糖度の低い未熟な西洋梨のような味かしら。

さっぱりとしてジュ-シ-、 イメ-ジよりは良い味でしたね。

それに何と言っても食べ応え充分、これが嬉しいです。

  

 

屋根だけ温室の中も何とか異常なく、NZ品種のプルが熟していそうな気配。

全体像です。  去年購入のインパルス接ぎ木ですよ。

005

左側にばかり果実が実って  案外綺麗な塊ですね。

  

プルは酸っぱいとの噂だから 味見はまだです。

006 007

熟期は揃いそうだし、ちょっと画になりそうな整った果実。

酸味強いのは果肉が硬く、品質良いってことでしょうか。

香りが良いとの事で 数日後の味見が楽しみです。

  

NZ品種では果実品質ではプル、ヌイ、レカで大粒性ではヌイ、プル、レカの順とか、豊産性育てやすさではレカが一番の様です。(大図鑑による)

味の美味しさ評価は?   個人の好みも有りますからね~。

一応屋根付きで、落果の心配もないから、プルは寸前まで待ってみますね。

 

| | コメント (10)

2010年6月18日 (金)

この樹形かっこ悪いです

昨日の温室ハウスの続きです。  

記事にしたエチョ-タの隣には、ガルフコ-ストが。

   

全体像です。  右手前の枝、格好悪いですよね。

これは剪れば良かったのに、チャンス失って果実着いてしまいました。

001

  

そしたらもう欲に目が眩んで こんな有様のアップです。

果実の重さで 地面につきそうです。

002

   

果実は大きめで  余り特徴はないけど 豊産品種の様です。

003 004

数粒味見してみました。

まあ味もサザンらしく酸味の少ない安定の甘さ、私的には好きな部類です。

あまり特筆すべき事もないけど、コンパクトな樹形で家庭栽培向きの品種のよう。

  

収穫後、右枝を剪って樹形直したいのですが、とりあえず支柱で矯正して、冬まで待った方がベタ-でしょうか。

  

 

昨日記事にしたエチョ-タ追加のご報告です。

今朝は青い粒、俄然多くなっていてちょっとビックリ!

数粒を味見してみました。

ずばり旨い味です。ジュ-シ-なだけでなく、香りというか風味のようなものが口の中に広がって甘い、酸味も残っています。  

去年の味見とは大違いです。  

去年はこの樹ではなく、今ネットハウスでお疲れの角ばった樹ですが、自宅のバルコニ-に置いていたから、日当たり悪かった様です。

これが噂のエチョ-タって言うには期待はずれの味でしたよ。

  

やはり生長だけでなく日照は味にも影響大ですね。

今年のエチョ-タも自根なのに この味の違いは!

これならスパルタンより美味しいと言う方がいても不思議でないと思いましたね。

このエチョ-タも増やしたい品種に急遽仲間入りです。

| | コメント (8)

2010年6月17日 (木)

エチョ-タも少しだけ

昨日も33度とか有ったそうで、梅雨の中休みは高温で夜も寝苦しい日々です。

晴れは今日だけとかで明日からまた下り坂のようですね。

 

畑の隣の温室ハウスに入れていたエチョ-タもやっと色が着いてきました。

温室ハウスと言っても屋根だけビニ-ルで周りは防風ネットにした夏仕様で、時々は水遣りが必要です。

最近エチョ-タ、ガルフコ-スト、偽スパルタン、葉だけのナイトジェムなど数本そちらに移動しています。

  

他品種も収穫近くなっていますが、今日はそのエチョ-タを見て下さい。

扁平なのやら丸いの、どうも形が均一ではないような・・・

001 002

おや、下向きの粒は虫被害ですね。

写真見ると気づく、最近そんな事も多いです。

 

樹の全体はこんなに小さくて、やっぱり自根ですね。

収穫もほんの少しでしょう・・・

003

  

後2本、こちらは職場近くのネットハウスに

012

角角の変な樹形ですが、ゆっくり直していきますね。

去年実付きで購入した自根、今年はお疲れで不調でしょうか。

 

こちらは接ぎ木なのですが、真ん中のシュ-ト下向き枝

004

こんな具合に2箇所接いでる右枝の内側です。

 

角度変えてみると  鉢より下に伸びてるのです。

006

  

何とか支柱で修正したいと  いじっていたら・・・ポキッ!

009

完全に 折れてしまいましたよ。 もう修正も効きません。

  

この暑さで、葉は一目散にぐったりモ-ドです。  

せっかく元気に発梢していたのに~  残念!

011

まあ、内向き枝だったから良しとするか~。

このエチョ-タはまぐれの自作接ぎ木だったのにね。

 

| | コメント (12)

2010年6月16日 (水)

昨夜のデザ-トは

今日は久しぶりの食べ物の記事です。

ブル-ベリ-トッピングにして超簡単スウィ-ツ作ってみました。

材料はフル-チェと牛乳、ブル-ベリ-のみです。

002

トッピングはもちろんあの品種なのよ。

家族二人だけだから特盛り、これだけでもお腹いっぱい。

なのに また柑橘を食べちゃいました。

  

これは紅小夏

普通の小夏が終わって、晩生で出てきたようですが、

果皮がオレンジ色でも、大きさ小夏で中身も小夏の味。

004

白っぽい普通の小夏と比べたら、中もオレンジ色です。

006

香りがとても良く、糖度も高いけど、オレンジではなくまさに小夏。

粒々の果肉は口の中でとろけそうで 小夏の爽やかさそのままですね。

これもタネ取って、実生に挑戦しますね。

   

最近フル-ツ食べると必ずタネ取りの癖が付いちゃって、マンゴ-やポポ-小さな鉢に蒔いています。

先日はスナックパイン2種、葉の根元を切って、土に植え込みです。

こんなので発根するでしょうか?

007

| | コメント (12)

2010年6月15日 (火)

期待できそうかな~

今日はいまも激しい雨が降っています。

畑のブル-ベリ-達心配ですが、どうにもなりませんね。

 

スパルタンの収穫はかなり終わって、美味しい果実を200グラム大パックで4回は穫りましたね。

まだ残っているから梅雨の合間にあと数パックは穫れそうです。

今年は果実着いての地植えへの引っ越しで、心配したのですが、私にしては大豊作。

こんなにスパルタン贅沢に食べた事はないのですよ。

 

後の収穫は先日記事にしたレビ-ルとノ-ザンレカ、デュ-ク、サザンのマグノリア、サミットでしょうか。

温室ハウスの中にはガルフコ-ストとミスティがまもなく収穫開始です。

ミスティは畑に地植えも有るのですが、此方は去年よりは収量少なく裏年かなってところです。

 

今日の記事は地植えのチャンドラ-この雨でやっと色づいてきました。

002

百円玉の位置が悪くて、果実大きく見えすぎですが、今百円ってところ。

  

此方の枝は どアップで

006

お金と比べると   これは百円より少し大きいかな~

003

今年は500円玉の夢 チャンドラ-に繋いでみます。

次の計測時にはノギス忘れないで持ってきますね。

 

樹はまだ小さくて   こんな果実たったの4房です。

001

食いしん坊の私も 今回は我慢して大きさ狙ってみますね。

チャンドラ-、家では相性悪く初めての実なりなのですよ。

大きさはお味は? 予想だけでも楽しいです~。

| | コメント (6)

2010年6月14日 (月)

見事な立ち直りです

昨日から梅雨入りとかでまいったな~と思っていたのに、今日は晴天です。

土曜日も日曜日も少しの晴れ間があって、葡萄の植え付けや、畑の草取りかなり出来ました。

本当に雑草の多い事、雨上がりの日曜は絶好の草取り日よりでしたね。

グランドカバ-に友人に貰ったミントのタネやクロ-バ-のタネ蒔いたのですが、とてもカバ-するほど芽生えてきません。

今日は指先痛くて、草むしりの後遺症。 非能率的です~

グランドカバ-が根付かなければ、ラウンドアップ撒くって手も有るのですがね。

ブル-ベリ-畑の方はまだマルチの間にポツポツで今のところ、手作業でも楽々です。 

 

さて今日は昨日の画像

007

畑のシャ-プブル-です。  樹高は約1M足らずかな。

去年コガネに大半の根っこ食害されたのですが、見事に立ち直り。

果実も青くなってきました。

 

アップすると

009

まだこれからですが、よく熟した1,2個味見してみました。

やっぱり最高に美味しいです。

甘くコクがあって奥深い味で、さすがシャ-プブル-です。

去年も味評価では家のブル-ベリ-の上位でした。

ただこの味、充分完熟させないと出ない事と、果実が最初のみ大きくて後小さくなる欠点が有るのですよね。

家ではこの品種がサザンで最初の1本、確か高松のダイキで298円か398円で買った苗、長く楽しませて貰っています。

去年はもう駄目だと諦めたのに強健な品種、一番酷かったのに回復も一番です。

他にもデュ-クやア-リ-ブル-なども同被害なのですが、全部一応元気です。

ラッキ-にもすぐの植え替えで全員命助かりましたよ。

でも今年はシャ-プブル-ほどの果実着ける元気は無いようです。

  

 

今日はパウダ-ブル-を8号から10号へ。

ボ-ナスを7号から9号に鉢まししました。

それとsomedayさんからの頂き物接ぎ木、大きな分を4号から6号へ、これはさすがの根張りでしたよ。

品種はレビ-ルとスパルタンともう一種の3本です。

この梅雨の間に夏に備えて、鉢ましが続きそうです~  

後数本10号へ8号を空けて、その8号にまた鉢上げをと忙しいです。

  

小苗中苗がバルコニ-からネットハウスに引っ越しして、驚く生長をしています。

やっぱり日当たりでこんなに違うのですね~

前にも書いたけど、日照と夜露でしょうか。

今日は忙しく、写真撮る時間も無かったのですよ。

| | コメント (8)

2010年6月11日 (金)

ニュ-フェイスです

先日来、モッサンさんのブログを盗み読みしていて、とても葡萄を栽培したくなりました。

幸い家には東京から頂いた巨峰も、甲斐路も有るのです。

畑に小さな温室も出来た事だし、と言い訳しつつ、買ってしまいました。

009

苗の善し悪し、難易度なんて全然分かりません。

でも「瀬戸ジャイアンツ」岡山の葡萄です。

新品種のシャインマスカットと迷ったのですが、あちらは根巻きで小さく、瀬戸ジャイアンツは長いポットの苗だったのですよ。

  

010

枝先は綺麗なようだし、来年の生長見込んで、

明日の土曜日、畑のハウスの隅に植えます。

 

色々手を出してもと思いながらも、自分の畑初めて持った嬉しさから

木イチゴ類や葡萄など食べられる果樹に魅力感じています。

まあ食いしん坊の私、後はどうなるやら~

|

レビ-ルもパリシャキ

今朝も晴天、温度ドンドン上がっていきそうです。

当地では28度の予報当たりそうですよ。

暦の上では今日は入梅とか、もうそろそろですね。

  

今日の記事は畑の白花レビ-ル、買うときにはサザンレビ-ルと書いてあった天香園の接ぎ木苗。

その後レビ-ルはノ-ザンだとの話しで家でもノ-ザンに分類です。

色づきはサザンより遅く、ヌイ、スパルタンの次くらいです。

冬には全部落葉するし、性質的にノ-ザンが納得できるみたい。

樹勢はいたって強健、でもシュ-トは少なめですね。

  

2008年の秋の購入なのに もうこんなに大木になりました。

001

  

果実もたっぷり着いていますよ。

002 005

この見事な果実と右隣のスパルタンには番蜂が見張っています。

外敵が畑ネットに進入するとこの音に恐れをなしますね。

サイドは防風ネット上は30ミリの防鳥ネットですから、お仕事帰りのミッチャンが上からぶんぶん下りてきます。

私は慣れて平気なのですが、番犬の役割果たしてくれています。

  

さて、一房をアップすると少し扁平な果実でブル-ム多いです。

003

一粒味見すると  やはりパリシャキで美味しい。

  

名前の似ているサザンのリヴェイルは赤花で、果実は球形、収穫はもう終わりました。

量少なくあっけないです。

 

こちらレビ-ルとは明らかに品種違いますね。

パリシャキだけは共通しているけど、此方は豊産。

収穫はこれからの楽しみな品種、

それにしても  よく大きくなったものだ、不思議ですよ~。

| | コメント (8)

2010年6月10日 (木)

こちらも初収穫予定です

昨夕また畑に行って、又新しい事発見です。

先日味見し、たいしたことはないと思っていた新品種のミレニア、果肉硬く中は甘くて大変美味しいのです。

繊細な舌じゃないから微妙な味表現は出来ないけど、旨いの一言。

やっぱり完熟の見極め難しいね~。

軸まで色づいての基本は分かっていても、もう良いだろうと早穫りしてしまうのよね。

根が食いしん坊で卑しいから・・・

  

ミレニアはサザンだし、サファイアは早穫りでも素晴らしく美味しかったから、同じかと思っていたら収穫期違ってましたね。

さすが、パテント品種、家では全部美味しいです。

果肉が崩れないのが多くて 果実品質が凄く良いです。

この調子だとラビットの最新品種も期待持てそう~

おっとエメラルドだけはまだ未確認。風評イマイチだからじっくり待って味見だね。

  

  

今日の記事は

ネットハウスにいる接ぎ木デニスブル-です。

ブログ始めたばかりの頃NHさんより頂いた初めての接ぎ木苗。

家では管理が下手で余り大きくなっていません。

028

現在7号スリットです。

  

下画像は2008年11月6日に大阪より家に来たときの記念写真。

隣にはあのキセが・・・

こちらもキセとして6号鉢に、事情は皆さんご存じの通りですが・・・

うちではキセで通します。

023 

 

この時から大分経過したのに、まだ小さい・・・・です。

バルコニ-栽培だったからと言い訳して 今はネットハウスに引っ越し。 

こんな果実が   でもこの色はまだまだですね。

029

ブル-ム乗ってきれいな果実ですよ。

030

 

大きさ確認してみました。今日は10円しかなかったのよね。

Pictimg_2636

 

樹の割にはならせすぎたかもですが、

          新梢は枝の先に頑張ってくれていますよ。

031

忘れる事の出来ない最初の頂き物。

あの頃は、色々難しくてへこんでばかりで、

これ書いたら止めよう、明日は止めようと思いながらの日々でした。

面白みもない役にも立たないグチ日記、厚かましくも続けさせて貰っていますよ。

 

今日も朝9時は医学部病院に、午後からは仕事、夕方は知人との食事会。

その合間に書いてるブログ、見て下さる方の元気私に頂いて居ます。

| | コメント (8)

2010年6月 9日 (水)

今年のスパルタン三昧は

昨夕、仕事帰りに畑に寄ってきました。

スパルタン大分色づいて、果実も大きくなっているのです。

016 021

 

今年は余り大きくはないけど、百円玉よりは大です。

017

 

小さい樹も

019

  

大きい樹も   量は少ないです。

020   

こんな感じになってきました。

    

昨夕は夜に雨降るとの予報なので、完熟と思われる果実のみ収穫。

20数個、食べてみました。

027

写真の木イチゴはボイセンベリ-ですよ。(これは完熟です)

スパルタンの糖度は高くはないと思うけど、甘酸のバランス良い
コクのある旨みがたっぷりです。

中には凄く甘~い数粒も。  

全体に充分美味しかったけど 少し早穫りでしたね。

欲言えば もう少し待つとさらに美味しい粒ばかりになると思います。

  

大きさ競うなら、まだ穫ったらいけないけど 

スパルタンの果実の底の黒い誘惑には負けましたね~

本当は軸まで黒くなるまで待つべきでした。 

4,5枚目の全体像はこの収穫後だから、まだ少しは穫れますね。

もう2,3日後かな。

梅雨が近いようだから、今年は500円玉越えは諦めるしかないね。

  

自宅に帰って、バルコニ-のピンクシャンデリアを数粒味見してみました。

こちらも予想外に甘い、軸まで黒くはないけど、甘さだけならスパルタンより甘い。

サンシャインの枝変わりとの説もあるから、正直軽視していました。

でもすごく美味しかったのですよ。 すっかり見直ししましたね。

やはりサザンだからでしょうか、ノ-ザンは完熟まで時間掛かりますね。

  

これもご報告しておくべき事なのですが

昨夕、畑で不味いと記事にしたレカを再度味見してみました。

これも中に大変ジュ-シ-で濃厚な旨さの粒が、これが完熟?

今更ながら、収穫期の見極め重要と思い知り、反省点となりました。

| | コメント (10)

2010年6月 8日 (火)

ピンシャンお疲れ様です

013

いきなりの画像です。

上は4月20日のピンクシャンデリア  ネットハウスです。

    

今日のピンクシャンデリアはこんなです。

008

小さいけど少し熟れてきたので、何も無いのが寂しくて自宅に持って帰りました。

 

果実は花と同じで、下に垂れ下がって

010

 

これも下から持ち上げての撮影です。

011

味は未確認ですが、多分サンシャインブル-と同じでしょうね。

たった3センチ足らずの細い枝からこんなになったと思うと感動です。

それも1本だけなのよ。

毎日毎日ミスト装置代わりにスプレ-して、やっと大きくしました。

 

もう挿し木は疲れたと思いながら

012

まだこんなの残っています。

全部ピンクシャンデリア、かなりの数を 嫁に出した残り。

考えてみると、今実ってる樹1本で随分挿し木採ったのですね~

剪っても剪っても芽生えてくる ピンシャン本当にお疲れさまです。

| | コメント (8)

青さが冴えますね~

今日は今にも降り出しそうな天気で、朝の畑には行っていません。

この画像は昨日夕方の撮影です。

  

少しヌイより遅かったレカ、やっと青みが強くなってきました。

001

色が綺麗で豊産種のようです。

この画像は右半分の写真、左にも同じようなのが・・・

ブッシュ状に纏まるはずなのに、うちでは樹形悪いです。

数粒味見してみましたが、濃厚な感じはするけど、酸っぱく不味い!

まだなのでしょうね。

ヌイのように時間が掛かる品種かも知れませんね。

  

一房をアップすると

果実の綺麗度は上々で、中粒の青い球のようです。

002

この味、数日で変身するか、それが分かれ目です。

皆さんが美味しいと仰るレカです。

偽物って事もないと思いますけどね。

過去に花型、産毛など検証してきました。

  

強健で豊産、その上味良ければ申し分ないのですが・・・

暖地では本来の味が出ないのでしょうか。

レカの由来はマオリ語で美味しいとか甘いとかの意味らしいのにね。

|

2010年6月 7日 (月)

パマリコの果実

今日は追加記事ですと言うか まあ記録ですけど。

  

今年春、バルコニ-からネットハウスに引っ越ししたパマリコです。

こんな果実着いてきました。

一房め

007

二房め

008

三房めはたったの2個です。

009

初収穫は 全部で三房だけです。

  

全体画像はこんなで  お粗末ですが。

012

あの枯れそうなK園の爪楊枝苗から生長したのですから、

よく頑張ったと言ってあげなくてはね~。

一応これでも味見は出来るね。

|

一足お先にご免なさい

土日と晴天が続き、うちのブル-ベリ-畑では色々収穫できるようになりました。

全体量は少ないですが、今日はオニ-ル残りとブラッデン残り、ヌイにレカ、デュ-ク、ミスティなどです。後ビロキシ-が少しリヴェイル(赤花)もです。

  

やっぱり味はオニ-ル、ブラッデンは最後の小粒まで甘いですね。

デュ-クやリヴェイルは早穫りでも秀逸の味、ただリヴェイルは収量が家ではまだ少ないです。

エメラルド、ミレニア、サンプソンも大きな果実で、特にサンプソンはジュ-シ-で美味しかったですね。

ミレニア、エメラルドは小苗だから、まだ本来の味ではないのでしょう。

    

でも何と言ってもスパルタン、果実大きくなってきました。

早速完熟ぽいのを1個味見。  やっぱり最高です!

甘味そのものはさほど強くはないのですが、少しの酸味が甘味を引き立てている。

それに果実を割ったときに中が白色でとても綺麗なのです。

今年もやっぱりスパルタン。 うちではこれが一番です。

  

土曜は2,3個の味見で、今週の晴れた日に収穫と決めました。

少し味の乗りが遅れているレカと一緒です。

こんな訳で土曜の夕方は畑で最高に嬉しく、有頂天の時間過ごしました。

とりのぼせて写真の一枚も撮っていません。

あちこちにブル-の実が一杯でまるで夢の中・・・ 私専用摘み取り園。

如何に興奮して、幸せな時間なのか、分かりますよね~、皆様なら。

お先で、ご免なさいね~。

 

さて、今日の記事はスパルタンの小苗の様子です。

これは去年頂き物の接ぎ挿し。  急に伸びてきました。

003

  

アップするとこんなに元気なシュ-トで

そろそろ支柱が必要です。 鉢は7号のスリットに植え替えて2週間位。  

004

  

此方も愛知県からの頂き物接ぎ木、植え替えて1週間経過。

005

  

6号で小苗だけど こんなに発芽しています。

006    

今までのはネットハウスで

   

ここからはバルコニ-の小苗。

左は最初の画像と同じ方からの接ぎ挿しの頂き物。

右は今年の大阪Mさんからの頂き物接ぎ木。

ネットハウスにはまだ小さすぎるのです。

013

  

左の接ぎ挿しもこんなです。  でも内向き枝みたい。

014

   

右の接ぎ木もしっかり芽吹きの準備が・・・

015

この苗達は将来の収穫頭。 期待の4本なのですよ。

| | コメント (10)

2010年6月 4日 (金)

今日のマルを見て下さい

こちらも地植えになったラビットのマル、NZ品種です。

今まで何度もマルは美味しいと書いてきたけど、それは知り合いのカルチャ-パック栽培での味見。

我が家では今まで、その味出せなかったのです。

今では思い出の幻の味・・・

  

さて今日のマルを見て下さい。

007 008 009

鈴なりまでは行かないけどかなり豊産の予感。

案外大きいのです。

特徴のある果実は若木や着果過多では萼ア部が窪み、樹勢が強く果房が小さく個々の果実が大きく肥大する場合は萼あ部が肥大し、萼部が消滅するとある。(大図鑑)

我が家の果実にも一部平べったく扁平に見えるものもあるみたい。

カメラ悪いから画像イマイチですが、とっても綺麗な果実ですよ。

 

今年は樹上で充分熟して、味わってみたい。

完熟判断が難しいと言われるマル、今年は幻の味に近づきたいですね。

 

 

 

ついでの一枚はボイセンベリ-、畑の隅に植えています。

枯れかけだったのに驚愕の回復力。

数個実なりし、赤くなったのも。

でもこれ完熟には 黒くなるまで待たなくてはね。

006

| | コメント (4)

今年こそ

ノ-ザンのチャンドラ-、数年前から栽培しているのに本格的に実なりした事がない。

前にも自根を枯らし、再挑戦なのです。

去年の秋から、ネットハウスに持ち込み、今年やっと畑に移動して地植え。

  

やっと初めてそれらしく実って来ました。

001 002 003 004

果実はまだ色づいてないけど、堂々たる大きさ。

着色と共に肥大するから かなりのものになりそうです。

噂通りスパルタンより迫力有りそう・・・

 

家では相性悪く、今年初味見!

私のような素人栽培が必ず欲しがる品種とか、実力はどうかな?

 

樹は下画像でまだ小さく、ブログ始めた頃に購入のインパルス。

酷い樹形だけど、購入時2年苗なら4年生。

もう実なりさせても大丈夫よね~。

分かり難いけど 右の枝にも果実は着いています。

005

| | コメント (0)

2010年6月 2日 (水)

スパルタンやっと登場です

今朝は雨上がりの晴天、多分温度も上がっていくでしょうね。

うちのスパルタンやっと熟れてきました。  

今朝7時の撮影です。

   

大きめは2本だけで

去年500円玉の樹、今年は数少なく、粒小さいです。

001

 

これは自作高接ぎスパルタン。

ここまで大きくなると高接ぎも気にならなくなります。

002

 

各果実はこんなです。

これなんてやっとぶら下がっていますよ。

003

  

ブル-ム多いのも有るし・・・冷や汗付き。

004

  

この枝はまだまだですね。

005

 

この独特のブル-ムが本物の証?

007

 

これも大分良い線だよ。

009

  

この画像は好きですね。

青空に映えるスパルタン、美しいです。

011

今日一日で大分熟れてきますね。

実りはいつ? 完熟果の味見がもうすぐだよ~ん!

家では偽スパルタンが後2本、こちらはまだ色づいてきません。

偽物の正体も興味有りますけどね~。

 

最近仕事が忙しくて、やっと書いています。

とっても疲れました。 今回は、コメント無しにしますね。

| | コメント (8)

2010年6月 1日 (火)

惚レタス

昨日は帰りに畑に寄って、新しく植えたオリ-ブや植え替えのシャラに水やり。

少しポツポツと降り出したので、ブル-ベリ-少し収穫。

  

NHは慎重に、ヘタまで色づいているものだけです。

やっとこれだけ、120グラムくらいかな。

002

大きいのがヌイ  もう数粒は美味しくなっていましたよ。

右隣の2粒はサファイア。    味はさすがパテント品!

ミレニアやサンプソンよりずっと甘く多少しゃりっとして香りのある美味しさ、独特の風味が有りますね~。鈍感な私にも抜きんでて、美味しい味ですよ。

一個ずつ畑で味見して、合計4個の収穫ですが、評判通りと思いました。

少し酸味が薄いのは樹上に置きすぎだったのかしら。

この樹は大きくしたいですね。

 

その他大勢は今一番の収穫頭オニ-ル、やっぱり安心の美味しさです。

パテント程ではないが、安心の優等生、でも雨に濡らすと水っぽくなりますね。

上が大粒で下には小粒になりました。

 

さて家に帰ると 宅急便が大きな箱を

箱に惚レタスって書いてある。 こんなしゃれっ気はあの方です。

003

  

贈っていただいたのは葡萄巨峰と甲斐路2本、カラタチ実生。

006

他にプチベリ-とトップハット、クリスマスロ-ズイノガ-実生、クコ実生

そしてそして  先日作りたてのミックスベリ-ジャムですよ~。

014

夜のうちに旅装を解いて、プチベリ-は先輩のそばへ。

  

ここから、今朝の撮影です

右の先輩、去年の頂き物、4鉢に分けたのに又この成長です。

スリットは10号なのよ。

左は黄イチゴで真ん中が昨夜仲間入り。

鉢を大きくしてあげないとね~。

020

  

巨峰もその横で、雨でシャワ-しています。

021

  

こちらは実生3兄弟、カラタチ、イノガ-、クコです。

022

  

クリスマスロ-ズのそばはトップハット。

極矮性だからこの大きさならしっかり大きい方です。

023

 

今朝は頂いた大人の味、ミックスベリ-のジャム。

ト-ストに塗って早速頂きました。甘さが程よくて柔らかいのよね~。

025

とっても美味しいジャムとのコンビは昨日のブル-ベリ-を使った

サラダ盛り合わせ。

018

朝から素敵なモ-ニングになりました。

かいづさん色々沢山頂いて、本当に有り難うね。

| | コメント (10)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »