« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月27日 (月)

またグチ日記です

今日はやっと雨も降り、水遣りも不要になったのですが、

記事は昨日の事です。

これは畑のスパルタン、一見は元気よく伸びています。

Dsc00426

でも葉はこんな状態で 虫食いばかり 

Dsc00432 Dsc00433

食害葉、レ-ス模様になった葉、スパルタンに限らず大変多いです。

  

毎度一枚ずつ時間掛けて手摘みをし、こんな袋に2袋分。

帰りにいつも持って帰り、ゴミとして処理しています。

でも又次にも食害葉は増えているのですよ・・・

きりがないです。

Dsc00444

Dsc00429

上画像は先月辺りから気になっていた茎のまだら模様

沢山の枝に出ています。

ハイブシュ系品種に特に多いです。

最近異常に増えて、目に着くようになりました。

レカにコリンズ、スパルタン、ヌイ、サザンの何品種かにも。

 

皆様すでにご存じのスス病のようです。

スス病はアブラムシやカイガラムシの排泄物に糸状菌が作用してなるとか、

アブラムシもカイガラムシもあまり見かけないけど、虫は多いです。

1本1本の病変の処理だけでなく、根絶は害虫を完全防除する事に尽きるようです。

 

家の畑は北側に隣地の山があり、害虫の根絶はとても難しそう。

隣地に近い北側に植えてあるノ-ザン列に特に病気が多いです。 

Dsc00443

列はノ-ザン、サザン、ラビット、パテント小苗の順ですが、

特に酷いノ-ザン列をラビット列と場所替えしても結局は同じですよね。

南に近いラビットにも一部病変が出ているのです。

ブル-ベリ-のスス病で検索すると数多くヒットしますが、枯れるまでには至らないけど光合成が阻害され次第に弱ってくるとか。

これだけ多いと徹底したBT剤散布をするしかないです。

冬には石灰硫黄合剤  でもその程度で効くのか?

 

今はネットの北中心に蜂箱があります。

手始めに 逃げる事もやむを得なくて箱の移動をしました。

毎週少しずつ東に寄せて、何度か繰り返しネットの外に出て貰うつもりです。

取りあえずは逃亡前にハチミツを少し頂きました。

乾燥していて、蜜はまだ少ないです。

これで半分くらいですね。 

Dsc00448 Dsc00449

攪拌式の採ミツ機ないから、ガ-ゼにくるんで垂らして400グラムほど。

ブル-ベリ-ハチミツが採れました。

 

でもこの作業手伝いながら、畑の虫の多さ考えると嫌になってしまいました。

北側隣地の我が畑に近い部分も農薬散布が必要かも知れません。

まあ持ち主も不在の雑草の山だから、それは問題ないとしても。

農薬が嫌でブル-ベリ-栽培していたのに、これでは年数度の定期散布が必要です。

毎年続けていけるか? 効果は有るのか?

何か色々が情けなく もう疲れてしまいました・・・

 

このまだら模様もブラシで落として、木酢でも塗るしかないかな。

それにしてもこんなに沢山の枝  数が多い・・・

こんなに山に近いから余計に虫が多いのよね~。

この場所は栽培に適してなかったのですね。

近くの借り物のネットハウスでは此処まで害虫は多くないです。

 

また落ち込んでるのですが、畑に植えた段菊が綺麗に咲いていました。 

Dsc00455 Dsc00452

先日蕾だった彼岸花も  です。

Dsc00441

何か気持ちを立て直せません。 しばらくブログ休みます・・・

| | コメント (14)

2010年9月25日 (土)

整枝しました

今年の春、鉢まししたオニ-ル接ぎ木です。

最近こんなに横に伸張しています。

Dsc00411

上から見ると  すごい混雑

Dsc00412

  

オニ-ルは品種的に横枝多いのですが、あまりの勢いに

軽い剪定と整枝をしてみました。

出来上がりがこれです。

Dsc00423

寝ていた主軸風を強引に誘引して 小枝を剪定

Dsc00414

上から見ると  こんな具合

少しはすっきりしたでしょうか。 

Dsc00425

鉢は8号のままです。

ラビットは大きめにしないとすぐ生長するけど

ハイブシュ系は鉢まし少し慎重なのです。

その上これは大事な頂き物、オニ-ルでは初めての接ぎ木なのですよ。

大苗が2本畑で頑張っているけど それは自根で不安ありますね。

接ぎ木の方が収量が多いとか、ゆっくり大きくなって欲しいです。

ハイブシュでは効を焦らないつもりですが・・・この剪定どうなるか?

| | コメント (6)

2010年9月24日 (金)

大風の後

あなたの地方では昨日台風のような突風吹きませんでしたか。

こちらでは雨の予報は外れてあんまり降らず、

夜にはと期待して、ネットハウスに水遣りは手抜きしていましたね。

 

ところが夜中に 凄い大風の様子。 依然雨は降ってないのです。

今朝ネットハウスみると、8、10号以外は殆どの苗倒れて

用土やチップは鉢からはみ出て散らかっているしで  惨憺たる状況。

おまけに水遣りしてないから、軽い鉢ばかりでカラカラです。

 

取りあえず撮影よりも鉢の立て直しや、水遣りしました。

よほど大風が吹いたようで、まるで台風の後でしたね。

 

幸いにして、折れた苗は無かったのですが、 

この2本は水切れになって、枝先は多分駄目。

最初は6号のジャ-ジ-です。

8号に上げるつもりなのに 間に合わなかった~

もう鉢がからからで 用土はポロポロ。

根はしっかり廻っているのですよ。

画像はとりあえず、チップをつめて立て直ししての撮影です。

Dsc00416

  

これは台木用のキセ  伸びたシュ-トもグッタリですよ。

Dsc00417

我が家でのチップ主体の軽いバルコニ-用土は

こんな時は少し問題有りかも知れませんね。

小鉢の安定に何らかの用土の工夫が必要かも知れません。

大風も吹くと分かっていたら、10号鉢の陰にするとか方法あったのにね。

 

 

この混乱の中、ホルトブル-ペティットが花芽つけていました。

例の二期なりと言われている品種です。 

Dsc00418

可愛い花も少しは咲いています。 

Dsc00419 Dsc00421

去年は花のみで、生らせる事出来ませんでした。

今年はどうなるか。

もう受粉相手はいません。 

ビロキシ-もシャ-プブル-もブル-ベリ-畑に行ってしまいました。

自家受粉できるか?

今年は去年の植え替えで、うちの用土で私の栽培法で立て直したつもり・・・

後はホルトブル-の胸三寸   どうする~。

| | コメント (6)

2010年9月22日 (水)

畑は楽しいです~

今日はまた下手な動画で

ブル-ベリ-畑のパテントを含む小苗の様子です。

撮影品種はミレニア、エメラルド、サファイア、サンプソン接ぎ木と

ラビットのオンズロ-、オクラカニ-6種ですよ。

オンズロ-以外は横張りにどんどん生長

このままだと 又酷い樹形に~。

でも今は大きくなればいいで伸ばし放題ですよ。切るのは冬にも出来るからね。

 

いつものようにカラスのカア声とセミや虫の音、近所のおじさんのエエ~っていう自転車で通りがかりの挨拶などの雑音入っていますけどね。

 

  

 

他に畑の文旦 こんなに大きくなりましたよ~

Dsc00405

 

木の下には 彼岸花が。 2,3日で突然出てきたのです。 

Dsc00404

 

これは柿の接ぎ木、 前有ったのは渋柿とかで3月に甘柿接ぎを

知り合いにしてもらったら、見事活着しました。 

Dsc00406

 

ブル-ベリ-に果樹 やっぱり畑は楽しいです~

| | コメント (8)

2010年9月21日 (火)

9月のクリスマスロ-ズ

皆さん連休は如何お過ごしでしたか?

はっぱは相棒が蜂のオフ会とかで県外に出かけ、やっとのんびりのはずですが、

この際挿し木に植え替え、チビインコの世話で明け暮れし、やっぱり休めなかったね。

インコはやっと飛べるようになりましたよ。

 

ところで今日の記事は久しぶりのクリスマスロ-ズです。

まずはこれを見て下さい。

葉の立ち上がりはたった1本になってしまいました。

Dsc00387

表面真っ白になって、害虫被害の様子 その上過湿?

腐って根元から抜けてしまうのです。 

Dsc00389

  

頂き物の下の苗が一番葉が多いのです。

それ以外4鉢は全滅状態。 やっぱり夏越し難しいです。 

Dsc00390

裏見るとこんな風で 

Dsc00394

前にもこんなになって、夏超えできず諦めたのですが

今年も一段と厳しいです。

 

でも先週から少し涼しくなって、たった1本の茎から

やっと新芽が! 

Dsc00391

でも1鉢だけです~~。

   

下はバルコニ-で枯れた分2鉢を、試しに畑に植えてみました。

昨日見ると 

Dsc00409 Dsc00410

どちらも枯れ枝から 見事に発芽しています。

こんな石ころだらけのブル-ベリ-畑の隅なのに。

植え付けて一度雨が降ったかな? でも地に下ろしてたった1週間よ。

本当に驚きました。

同時にバルコニ-栽培のも畑に持っていった方が良いのか

悩みます~

  

 

先日畑の地下水水質検査の件、大丈夫だったと報告させて頂いたのですが、

少し補足で 検査報告書を

Dsc00382 Dsc00383

こんなに詳しく検査して頂いたのです。

御世話下さった友人に心から感謝しています。

| | コメント (8)

2010年9月18日 (土)

今夜は気分最高です

今日は嬉しい事が2件ありましたよ。

まずは遠い所から2日かけて苗木達が来てくれました。

品種は左後ろから 大きいのがパトリオット、ブル-ヘブン。

手前のは品種不明の白花、カ-ラズチョイス、はやばや星と

サマ-タイムの6種です。

Dsc00373

 

まだ他にもあって、

ブル-スタ-、ミエ-ダ、ネルソン

手前がブル-タ、トロなのです。 

Dsc00374

凄いでしょう!

私持ってないノ-ザン品種ばかりで、ちょっと自慢したい気分。

送っていただいた大きな箱にびっくりして 開けたら最高にハッピ-になりました。

絶対大きくして穂木を採らせて貰ってきっと接ぎ木にしますね。

 

このはやばや星の新梢見てください。

きれいで、家の虫食い葉とは大違いです。 

Dsc00379

  

ブル-タは可愛い新芽が一杯出ているのです。 

Dsc00380

もう最高に嬉しいですね~。

遠い所のお友達さん 有り難うございました。

きっと枯らさないで大きくしますからね。

  

 

もう1件の嬉しいことは

かねて疑問のあった畑の地下水の事。

これも別のお友達の好意で水質検査してもらいました。

2度に渡って沢山の項目調べて貰ったのですよ。

 

結論は硫化水素は出てない、大丈夫との事。

わりとキレイめの地下水とか。

有機物は有るようだけど、ここは下水のない地区だから、若干の生活排水はしかたないと解釈しています。

あんまり詳しくは理解できないけど、ブル-ベリ-栽培には問題なさそうです。

一時は硫黄臭で硫化水素発生してたらどうしょうと凄く考え込んだのですが

ほっとしました。

ご協力頂いた友人に心からお礼申し上げます。

 

ってことで今日は最高の気分、落ち込む事が多い私の栽培ですが、こんな嬉しい事もたまには有るのです。

見てくださってる皆様に感謝しながら、

今夜は幸福な気持ちで、楽しい夢を見ますね。

お休みなさい~

| | コメント (6)

2010年9月17日 (金)

やっぱり4階建て

昨日は大きな鉢記事にしたけど、今日のはやたら伸張した品種の記事ですよ。

これは畑のハウスに4月に引っ越ししたブル-クロップ接ぎ木です。

Dsc00347

しばらく忙しくしていたら 何と長い事!  まさに4階建て!

分岐を上から見てみると

Dsc00351 Dsc00348 Dsc00350

こんな感じです。

下を切ったときから2、3本の枝分かれを期待しているのに

最初2枝に分かれただけで、後は切っても1本のみが伸び続けるのです。

そして・・・  結果こんな樹形  あんまりの2M。

 

なんでもっと下でこんもりしないの?

冬には強剪定で樹形の立て直し・・・毎年こんな事しています。

 

4階建てと言えば

前に記事にした自作接ぎ木のデュ-クはどうなったか。

強剪定の結果が これです。

ネットハウスでの現在像です。

Dsc00358

今年6月に右の小枝の更に下から大きなシュ-ト出て、やったと思っていたら

それは台木からで 切りとったらやっぱり変な樹形ですね。

  

接ぎ口はここ  言わずと知れた高接ぎです。 

Dsc00359

  

此処をばっさり切ったのですが、もう少し下でも良かったですね。 

Dsc00360 

 

ちなみにこの接ぎ木、去年8月に4階建ての時は

これでした。

まあ  今はこれよりはマシと思わなくてはね~。

002

| | コメント (10)

2010年9月16日 (木)

鉢まし大きくしすぎ?

急に秋になってきましたね~。

昨日は当地の気温も30度割って、7月29日からの真夏日は連続48日にして途切れたのです。

まだ今週は日中は暑い日が続くと思うのですが、昨日の終日の雨のせいか涼しく、いよいよ鉢まし、植え替えが忙しくなります。

 

2種類鉢まししてみました。

ノ-ザンだからかなり軽め用土で植え付けていて結構水切れ寸前になるのです。

どちらも頂き物接ぎ木でお気に入りの品種スパルタン。

Dsc00361

左は昨年11月の接ぎ木、右は今年2月の接ぎ木です。

左はがっちりしていますが、右も展葉の仕方は素晴らしいです。

 

これは右の枝先のアップ 

Dsc00365

どちらも根張りには素晴らしいものがあり、その画像は省略です。

  

接ぎ木部分は右の今年2月の分 

Dsc00367

 

左の去年11月の分  

Dsc00369

ばっちりです! どちらもしっかり活着しています。

 

少し早いけどネットハウスだから8号に植え替え。

右の端にはラビットのオ-スチンもついでに鉢ましです。 

Dsc00371

オ-スチンはシュ-トが多くこれでもかなり整理したのですが、

今回は4本立ち、数が悪いからその内少なくしますね。

ラビットは切ってもまたシュ-トが出て樹形が悪くなります。

1本の主幹からす-と伸びたツリ-形が理想なのですが、うちのは格好悪いです。

 

3本とも鉢が大きいけど、これからは水遣り控えて秋の生長に期待なのです。 

でもちょっと大きすぎたかな?

| | コメント (12)

2010年9月14日 (火)

畑のラビット他

今朝から急に涼しくなりましたね。

昨日からの動画のアップが気になって早起きして早朝の畑に。

水遣りおじさんのそばでの撮影。

画像を小さくして、残りのラビットを撮ってみました。

昨日よりは長くアップできたはずですが、画質優先だとこれ以上は無理のようです。

 

ともかく記事にアップしてみました。

画像が小さな分だから、昨日より画質は粗いと思います。

 

 

クリアな画質で短く大画面で撮るか、イマイチの画質で小画面で撮るかが結論です。

クリアな画像では1分32秒くらい、今日の画像で4分33秒くらいがアップロ-ド出来る限界のようですね。

今日のは一番最初の不明瞭なのよりは少しマシでしょうか。

まあ臨機応変にと言う事で・・・しつこくてすみません。

 

  

畑の花壇にはイングリシュロ-ズのグラハムト-マスが

ひっそりと咲いていました。

Dsc00356

度重なる引っ越しと害虫食害の葉のせいか小さい花になりました。

でもここが安住の地、来年こそ本来の素晴らしい花を咲かせてね。

このグラハムとは10数年のお付き合い、良く枯れずにいてくれたものです。

  

  

そう一度枯れかかっていたノニの木も 畑の温室ハウスで

こんなに元気になりましたよ。  地植えです。

Dsc00352

   

葉は中心から新葉が展開してきます。 

Dsc00355

   

小さなお花も咲いてきました。 

Dsc00354

遅ればせながら 今年はノニが生るかしら?

| | コメント (10)

2010年9月13日 (月)

昨日の畑では

最近朝夕少し涼しくなりましたね。

高知の今日は曇り空です。

 

昨日の畑では屋根だけ温室の寒冷紗を外しました。

夕方には日がかげり、日差しも少し弱くなったのです。

Dsc00342

今のところブル-ベリ-は少なくて、今年中にネットハウスから10号を移動します。

 

ここには葡萄を2本植えてあって 大分大きくなりました。

これはサニ-ル-ジュ デラを大きくしたような粒とか。

Dsc00338

  

   

これは瀬戸ジャイアンツ ホッペタ膨らませたような果実で

マスカットのような色とか。

岡山の品種で別名桃太郎ブドウ。

一度購入して味見、素晴らしく美味しかったです。

Dsc00339

まだ少ししか誘引ロ-プ渡していません。

どちらも今年の事にはなりませんからね。

葡萄は頂き物の小苗が後3本、鉢で待機中のも有ります。

  

ブル-ベリ-畑の方は今日はラビットの様子です。

また下手な動画ですが、前より少しはマシになってるでしょう。

ベッキ-ブル-は可哀想な有様だし、タカヘも樹形悪く葉は虫の食害だらけです。

本当は8分ぐらいでラビット数本撮ったのですが、容量の関係か画質を上げると、少ししかアップ出来ません。

今勉強中です。

 

2本だけの画像になって 又未完成です。 

 

 

  

こちらは小桜インコの雛

やっと走れるようになりました。

脚弱も もう大丈夫みたいですよ。

 

<p>

| | コメント (10)

2010年9月 9日 (木)

畑のハイブシュ

 

今日の記事は 畑の様子 昨日の撮影です。

  

 

動画はハイブシュの一部、接ぎ木と書いてないのは全部自根です。

やっぱり自根は厳しいですね~

 

動画初めてアップしたからまだやり方よく分かりません。

変なところはお目こぼしを・・・

| | コメント (12)

2010年9月 8日 (水)

悩ましいです

ネットハウスに置いてあるラビットのコロンブスです。

国○園の分、今年は果実少なく数粒の味見のため、美味しかったかどうか分かりません。

最近とても生長して途中枝からのシュ-トが立ち上がって来ました。

今8号なので10号に植え替えします。

 

今はこんな感じの全体図です。

Dsc00323

    

新しい枝には もう次の芽が 左右両方に出ています。 

Dsc00324

 

所が新梢は立ち枝なのです。

この2本を伸ばすと、左に伸びて交差している横枝を切る事になります。

Photo  

古い横枝には多分今年の秋には 花芽が着いて

来年には収穫できるはずです。

 

全体のバランス見ると 新梢は上に向かって伸びて

古枝は横向きばかり・・・

思い切って、枝更新といくか悩ましい選択なのです~

 

今年のラビットには冬まで待てない生長株のボニタブル-、オレゴンブル-。

ミノウブル-、T142、ガ-デンブル-等の10号鉢まし。

ハイブシュも植え替え必要株が多いですが、これは後回しですね。

小苗も日々生長で植え替えが間に合いません。

これからの時期 ひたすらもくもくと一人作業です。 忙しいです。

 

今のところはコガネ幼虫の被害株見あたりません。

でもまだこれからですね。  油断大敵!

| | コメント (6)

チェリ-の色は

小桜インコ別名チェリ-の雛のその後です。

親の元から出して、一週間以上経過、足のテ-ピングも一週間目です。

これが6日月曜の写真

Dsc00307

  

この時はまだテ-ピングしていて 

Dsc00310

全体クリ-ムで尾にブル-があるように見えますね。

 

今日8日の雛は

Dsc00316   

かなり毛が生えてきましたよ  目の周りの毛はまだですね。

  

色は淡いクリ-ムと紫っぽいブル-ですが、筆毛が開ききったら変わる事も有るのです。

一般に生長すると、少し濃い色になりますね。 

Dsc00314

  

久しぶりにテ-プの固定を外したら 

一応は立てますが 必死の表情で、怖い顔~ 

Dsc00318  

大分しっかりして来たようです。

テ-ピングも気の毒なような気がして、これからはリハビリです。

少し様子見て、治ってなければやり直しですけどね。

   

身動き出来ずらいと性格がいじけて来そうで、それも怖いのです。

でも足悪く一生辛い思いさせるのはもっと可哀想・・・だし? 

この子の色、まだはっきりは出てないのですが、不思議なのです。

  

両親はフクとベリ-

Dsc00282

青いのが父親のフクで羽にパイドが有ります。

茶色っぽいのが母親ベリ-でシナモン。

どちらも白いお顔ですね。

小桜は名前の通り、桜色の赤い顔がノ-マルで、白顔はちょっと珍しい。

パイドは優性遺伝のはずなのに この子にはなさそうです。

 

この雛の養子に行った兄たちの幼少時を見ると

001

5週目の写真です。

羽色は母親ベリ-に似て、右の子には羽に父親譲りのパイドが。

 

今度の子は、親に似てないでしょう。

今3週目くらいです。

成鳥になると、どんな色になるのか、それも気になりますね。

  

ちなみに隣のゲ-ジの独身小桜レモンちゃんは

Dsc00286

今はこんな色です。

雛の時はこれ。

006

こちらに近い色!  まさかね?

| | コメント (4)

2010年9月 7日 (火)

復活です

ブログ2日位休んでしまいました。

仕事も忙しく、雨なのに冷房しすぎで眠ってしまい、風邪も引いたのです。

仕事は自由業のようなものだけど、9時から5時まで、月末から月初めの10日までがとても忙しく、その合間にちょこちょこブログをしています。

特に先月は会社の決算月で多忙を極め、5時にも終われないときも。

  

普通5時に終わったら、それから遠い畑に寄り様子見、買い物して6時半過ぎに帰宅です。

近くのネットハウスは昼休みとかに歩いてでも行けるので、様子見だけ。

だからいつも時間に追われ、雨が降ったら畑は休みなのでほっと出来るそんな毎日です。

 

畑の除草とか、地植えの水遣り(1時間)、剪定などのお世話は、土曜の午後や日曜に集中してやっています。

日曜にも出かけたり、家族の買い物、友人とのお付き合いなどで、忙しくしているうちに秋が来てお正月が来る、1年経過です。

せっかく雨降って畑が休みでも、人間が風邪熱では情けない有様ですね。

 

記事は昨日のお昼にやっと撮った画像2種です。  

これはハ-フハイのノ-スランド 頂き物小枝での挿し木1本のみ。

葉がカラカラで水切れ 諦めていましたが・・・

Dsc00294

見るとこんな新葉が 上のカラカラ枝を切った方が良いのでしょうか?

Dsc00295

左枝にも小さな萌えが 見られます。 

Dsc00296

片付けが面倒で 置いたままだったのですが

いつの間にか 復活しそうじゃん!

根腐れは難しいけど、水切れ苗は復活も有るのですね。

  

 

こちらは 夏に果実ならせたブル-ゴ-ルド自根 

Dsc00297

これもネットハウスで 強いシュ-ト出てきました。 

Dsc00298_2

去年、果実数個着いたのを購入し、味見したら凄く酸っぱいのです。

これは失敗かと思っていたら、今年の果実は大化け、酸っぱくても後味の良い美味しさです。

この品種、接ぎ木にしたいですね。

  

去年はバルコニ-、今年は陽の当たる近くのネットハウス。

味が違いますね~

全体は酸味系ですが、甘味も有る独特の味。

やっぱり日当たり良くないと 旨みが出ない事痛感しましたよ。

  

 

これは5日の日曜に撮った 遠い畑の文旦の写真です。

Dsc00300 Dsc00306

ものが文旦だから、とても大きくなりました。

畑を購入した時に有ったものですが、冬に大枝落としの強剪定もして、たっぷりの肥料も与えています。

去年まで誰も収穫して無くて、2月に入手したときには小さめの果実がぼとぼと落ちて食べられず、味は疑問ですが・・・

文旦にはあまり品種がないから栽培次第とか。

受粉考慮して、隣に別の柑橘も植えました。 今年は再生なるかな~  

| | コメント (6)

2010年9月 4日 (土)

我が家の挿し木

今日は自宅でやっている挿し木の話しです。

何度も書いたように家のバルコニ-は春夏は日光が全く当たらず、今頃からやっと少し西日が当たってくるのです。

当然のことながら、冬は日差しは部屋の中まで入り、冬だけは暖かく、夏はコンクリ-ト地獄で通風も悪くその上焼け付きそうな暑さです。

  

今年も9月に入って少しだけ、日が当たる秋バ-ジョンになってきました。

挿し木達もやっと息を吹き返しています。

  

これは2本ともエリザベス

昨年秋の挿し木 ほぼ1年経過 まだこんな生長具合です。

Dsc00276

  

左苗の葉の裏側は こんなで 

明かなハダニ被害  とても多いのです。

Dsc00279

  

それでも何とか 最近になって新梢が出てきました。 

Dsc00277

家では特にノ-ザンの生長が遅いです。

日当たりもそうだけど、寒さに遭わないのが原因かなと思っていました。

家では殆どがこのパタ-ンなのですよ。

  

 

ところが、これは今年3月末 ブロ友から穂木を頂いた同じくノ-ザン。

5ヶ月経過したところです。  

Dsc00287

多品種頂いて挿し木接ぎ木にしたのですが 着いたのはこれ1本です。

でも元気だし 大きいです!  例外ですw。

家には無い品種でとても楽しみにしています。

最近4号に鉢上げして、これからは安定して生長すると確信です。

  

  

同じく例外のサザンだけど3月の挿し木 

Dsc00288

これもまあまあ大きいですね。

果実が美味しいと評判聞きました。 お味見できるのは再来年かな?

この生長の違い どうして~

 

1年で8号位まで生長させて、翌年は収穫できるまで大きくする

そんな理想的な作り方されてる方もいらっしゃるし、家みたいにゆっくり派もいるのです。

なんて 負け惜しみです~   早く大きくするコツ知りたいですね。

  

生長の違いは場所のせい だけでは無いようです。

親木の力、挿し穂の充実度、用土、挿し方?

技術の問題と言えばそれまでですが、不思議ですよね~

  

| | コメント (10)

2010年9月 2日 (木)

ラビットは好調

昨日の不調記事、あんまり寂しいので今日は好調苗ですよ。

地植えの分です。

このシュ-トの立ち具合見て下さい。

今年地植えにしたラビットのオンズロ-なのです。

Dsc00255

枝先は まだ害虫も食害していません。 

Dsc00256 Dsc00257

まだこんな真っ赤の果実が残っていますよ。

黒めの完熟果は 最初の頃よりコクが出て美味しいです。

 

これは NZ品種のタカヘ伸びすぎ いっぱい挿し穂採れそうです。

ネットハウスの時は少し不調気味だったので、それから採った穂木は着きが悪かったと思うのですが 今年はきっと大丈夫ですよ。 

Dsc00259

この品種に関しては、樹高が高すぎになって、もしや偽物ではと?

でも花の形状、特異な果実何をとっても疑う余地はないのです。

   

先日まで不調で 一度は諦めたベッキ-ブル-は 

Dsc00251

   

形悪いけどこんな新梢が出てきました。 

Dsc00252 Dsc00254

弱い黄色の不調葉の上に出た新葉の色 力強いです。

 

やはり当地には 暖地向き品種ラビットですね~

でも私はハイブシュが好きで困ったものです・・・

 

 

昨日のインコちゃんの続きは 

こんな形にテ-ピング

Dsc00264

 

この方法は鳥専門のドクタ-に教わったもので、

テ-プはこんな特殊な物を使います。 

Dsc00270

  

ふごの中は  

両側にタオルを入れて真ん中低くなってるの分かりますか。 

Dsc00263

この低い部分に足を入れて、動きの少ないようにするのです。

 

ほうら 右向いても左向いても足の動きは固定されます。 

Dsc00268 Dsc00269

可哀想だけど これで1ヶ月位固定すれば 脚弱は治ります。

幼いから、まだあまり不自由はないようです。

| | コメント (10)

2010年9月 1日 (水)

自根は不調です

今朝は久しぶりに畑に行って、ビニ-ルハウスの分に4日ぶりに水遣り。

ここは10号鉢ばかりで、寒冷紗もしているからか、予想に反して鉢は軽くはなっていません。

全体に水の遣り過ぎの様で、シュ-トは出て来ない品種もあります。 

今回は軽く水遣りしたけれど、次回から、もう少し時間置いてもいいかなと思っています。

 

ここで目についたのがこれ  ノ-ザンのエチョ-タ

Dsc00205

こんな有様で 新梢が出てこないのです。

  

家ではエチョ-タは厳しいようで

ブロ友に送ると約束していた4号鉢もこの有様です。 

Dsc00241 Dsc00242 Dsc00243

これ不調に気づいて、既に植え替えした直後なのですが

厳しそうです・・・

開けると根は少なくて、先日まで元気にしていたのに 余り晴天ばかりだから逆に水遣りすぎで不調が加速したようです。

水遣りは本当に難しいですね。 1鉢ずつの確認が面倒なときもあってね~

 

こちらは近くのネットハウスの8号鉢  今朝の写真ですがこれも枝先ばかり。

やっと出た新梢は 外に直角です。 

Dsc00262

  

これが一番マシの自作接ぎ木8号鉢

格好悪いけど 下2箇所、今年の1月末の接ぎ木です。 

Dsc00261

エチョ-タもどうやら 当地では自根では難しい品種。

冬にはなけなしの枝を剪って、接ぎ木作るしかないようですね。

 

こんな状態で 穂木をお約束しているのに、この品種だけ上手く行かない可能性出てきました。

お約束している方 ご免なさいね。

  

   

 

こちらも久しぶりの小桜インコの雛

今回は たった1羽のみです。 

Dsc00237 Dsc00238

生後20日位ですが、親鳥の巣箱から出したら

ちょっと脚弱の感じ  上の画像右足が伸びきっているでしょう。

まだ幼いから こんなものかも知れませんが、早めにテ-プで矯正します。

明日はその様子を記事に加えますね。

| | コメント (10)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »