« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月25日 (土)

畑でまだ赤い葉は

今日は冷えますね~。

南国土佐も朝は-1度、最高は7度位でしょうか。

あまりの寒さに覗いただけの先日ピ-ト入れをした畑の画像です。

ラビットの列を見ると、もうきれいな紅葉は少ない。

   

手前の黄緑はベッキ-ブル-と入れ替えたコロンブス。

始めは緑一色だったのに 寒さのためか、黄色み帯びてきました。

町中のネットハウスと郊外の田舎との温度差でしょうか。

 

このコロンブスの横に、かなり紅葉している背高い樹がタカヘ。

Dsc00965

   

近くで見ると 新葉は少しシルバ-が掛かったような赤で

見る角度で色が微妙に変わる 複雑な色合いの紅葉です。 

Dsc00967

 

   

ノ-ザンにもこの時期まだ落葉しないで真っ赤の葉が 

殆どの品種が落葉している中で とても目立ちます。

Dsc00966

品種はハ-フハイのチッペワ 樹高低めでしょう。

  

強烈な紅色っぽい赤でこんなです。 

Dsc00968 Dsc00969

この品種達   どちらも花芽少なめなのですよね~

思い切り好きにさせてるから 剪定の事考えると悩んでしまう。

  

でも来年の事言って、鬼が笑うのも後一週間足らずですね。

クリスマスも今日で終わりなので、テンプレ-ト気が早いけどお正月バ-ジョンにしました。

これからは年末年始 何かと多忙なため、ブログも休眠しますね。

皆様 今年も大変御世話になりました。 心から御礼申し上げます。

どうぞ良いお年をお迎え下さいね。

| | コメント (22)

2010年12月22日 (水)

小苗と用土の根洗は

何度も書いているのですが、冬だけ陽の当たる我が家のバルコニ-。

夏は通風悪く、蒸し暑くて病害虫の楽園です。

  

そんな環境にも耐え抜いて 最近シュ-ト出してきた品種達です。

これはT142別名ラビットのグロリア

Dsc00952

非常に強健で旺盛な品種のようだけど 前の古葉も何とか健在。

まだ4号スリット在住です。

 

似たような生長具合のラビットのモンゴメリ- 2本有ります。

古葉は気の毒な状態ですが、新葉の瑞々しい色。

一枚一枚の葉の中心線がはっきりした特徴のある品種ですね。  

Dsc00953

 

どちらもVさんからの小苗の頂き物 去年の秋です。

こんな葉っぱになったから シュ-ト出るまで記事に出来なかったのです。

1年越えてこの生長ですからVさんに恥ずかしいですけどね。

  

バルコニ-に陽当たる期間は、このまま生長させて

3.4月に6号に植え替えし、離れたネットハウスに移動します。

うちの栽培では6号まで生き抜いたら 後は大体大丈夫で

自然が育ててくれます~(手抜きの言い訳ですが)

  

 

こんな小苗達挿し木の基本用土が大切で、号数増やす度に用土重ねるからね。

家で最近まで使っていたカナダピ-トと鹿沼土の挿し木用土は鉢まし用土と合わなくて、不調の原因になります。

不調苗の根の奥には真っ黒のピ-トらしきが、そこだけ水含んでるの多く見ました。(まあ根本は水の与えすぎも有ります)

始めからカナダ産ピ-ト鹿沼土使わなければ良いのですが、挿し木はこれが良く着くのです。接着密度の問題でしょうか。

私が普通に用土に使っている北欧産ピ-トは粗いのか、挿し木にはイマイチです。

  

有る程度の所で、根洗いで鉢替えし成木まで4.6.8.10と4回は鉢ましです。

それで、最初の用土は古くなってくるのですけどね。

家では2.5号くらいに2本挿したりだから、4号に鉢まし時 根洗いして枯らしたり。

本当は1鉢に1本の挿し木で4号の鉢ましでは根洗いしないで、もっと根がしっかりしての根洗がいいと思うのですが・・・怠け者はうまくいかない。

  

根洗は購入品で用土が全く違う時や不調苗以外は、出来るだけしないほうがと基本的には思っていますが・・・・

ただ不調苗は挿し木した用土でそのまま根が固まって、鉢まし用土に全く根が伸びてない場合を何度も経験しました。

購入品のそのままの鉢まし植えでも 必ずそんなになりますね。

手抜き植え付けで何本枯らした事か・・・

家のは小苗の時に根洗い、市販品は購入時根洗いで、生長著しく遅れこれも問題有りです。

せめて挿し木用土で出たばかりの小根を根洗いしない方法考えないとね。

それには挿し木用土=鉢まし用土にすれば問題なしだけど・・・

今年は成績悪かった。

  

皆さんにもそれぞれのやり方有りますでしょ。

うちもころころ考えや用土変えては やり直しばかりですよ~

| | コメント (8)

2010年12月21日 (火)

冬の花

我が家のクリスマスロ-ズにやっと蕾が見えてきました。

冬しか陽の当たらないバルコニ-です。

Dsc00951

もう少しアップすると 

Dsc00949

今年の春、大阪から頂いた大きなピンクのダブル花。

とても素敵で立派だったのですが、私の栽培技術では限界有りそうです。

ともかく夏越しが厳しく、葉は虫食いばかりだったのですからね。

クリスマスまでもう4日だから 蕾の肥大は無理としても

もしかしたら来春早めの開花拝めるかも知れませんね。

温度低くても日射しさえあれば・・・

 

 

こちらも冬の花。 畑の上の段 ほったらかしの水仙です。

数カ所にあって  早いものは蕾が 

Dsc00946

アップするとこれ   

複雑な蕾の集合体? 

Dsc00948

 

どちらも楽しみな冬の花  さあどっちが早いかな~

| | コメント (4)

2010年12月20日 (月)

昨日も畑仕事

昨日は暖かく過ごしやすかったから、先週からのピ-トや樹皮チップ籾殻などのすき込みの続きしました。

その日は3列、先週ノ-ザンはしたから、サザンとラビット、小苗達です。

サザンはノ-ザンと同じに根の周囲掘り、先週と同じ方法。

ラビットと小苗は根の片側だけ、ほりこむ手抜きでやってしまいました。

 

驚いたのは小苗達の根の伸び方。

これはエメラルドですが、 下の細根の長い事!

Dsc00954 Dsc00955

とぐろを巻いた茶色根  この根が良いのか悪いのか? 

    

以下、この苗達も。

やはり最初からプロが作った苗、地植えにしたら力有りますね~

Dsc00956 Dsc00957

    

Dsc00958 Dsc00960

     

Dsc00961 Dsc00962

自分が変にいじり回した後の苗とは やはり違います。

茶色根でも根が伸びてる事は間違い無いし~

 

大関さんから購入後 根洗だけして我が家の用土で鉢植え、

そして花が終わってから5月頃、地植えにしたのです。

それも上の画像で見えるとおり 大きな石ゴロゴロの土に。

勿論植え付け時に たっぷりめのピ-トモスと籾殻、樹皮チップは

混ぜ込みましたけどね。

 

今回はさらに用土すきこんで目に着いた大石を拾い出し、1日がかり。

そして掘った所に少なめの有機肥料とダ-ウィンなるカルシウム肥料をばらまき、寒肥のつもりです。

寒肥はしないで1月中旬頃、剪定後の芽だし肥料でいくつもりでしたが

もう年末だし いいか~で。

それに有機肥料はすぐには効いてこないし、地植なら平気と思って・・・

   

暖冬なら良いけれど今冬は寒そうです。

また人間が冬眠して、何もしなくなる事もと思いましたね。

そして、先週のノ-ザンにもまた掘って同じく寒肥を。

やっぱり疲れました~ 今日は腰痛がしています・・・

   

まあこんな手抜きで地植えのブル-ベリ-への今年の仕事は終わりました。

でもまだ畑やネットハウスの鉢植え残っているのですよ~

   

 

畑の上の段では柿の木が 春に渋柿を台にしての接ぎ木

Dsc00943

根元はこんなだけど、不思議と着いてるみたいなのよね~。

Dsc00944_2 

乱暴にガムテ-プで接ぎ木したのですよ。

夏には緑の葉出ていたから、テ-プ取ったけど さて春には?

| | コメント (8)

2010年12月18日 (土)

ヤドキンと三方六

この秋、入手したラビットのヤドキンですが、葉も落ちてこんなになっています。

Dsc00933

HC購入ですが、ベリ-ズライフさんのタグが・・・

このタグ信用しても良いのかしら。

ここにはベリ-公のブレンド用土も売っていたから、まあいいかで購入。

 

株元には気の毒なシュ-ト2本。 

Dsc00934

植え替えの時 剪定すべきだったのですが、

その時には葉があって まだ生長するかもの期待裏切っての丸坊主。

冬剪定で主幹切り詰めますね。

オンズロ-と兄弟品種とか、生育状態が楽しみです。

これ大関さんではパテント品種なのですね~。

他のHCでも普通に売られているってブログで見たような・・・

  

ヤドキンは前にある方から挿し木頂いていたのですが、枯れてしまって

同時に頂いたグロリアとモンゴメリ-は元気にしていますよ。

香りが非常に良いとのヤドキンの果実楽しみですが、グロリアの美味しい評判も聞いています。

どちらも家ではまだ2年はかかりますね。

小苗の陽当たりは悪くゆっくり栽培ですが、時間掛かっても必ず生長します。

まあぼつぼつ楽しみながら育てていきますね。

 

  

 

今日のスイ-ツは三方六(さんぽうろく)  頂き物のお菓子です。

一種類だけ紹介しますね。

Dsc00931

北海道の帯広のお菓子。 (帯広ってお菓子有名なところらしいです)

開拓時代に伐採した木を薪にして、その木口サイズが三方で各六寸(18センチ)

だったからその名前が付いたとか。

人々は赤々と燃える薪を囲み疲れを癒したとのいい話です。

 

バウムク-ヘン生地にホワイトチョコをコ-ティングしたしっとりの味わい

白樺の木肌の模様も素敵で 美味しいですゥ~。  

四国ではお目にかかれない貴重なお菓子です。

デパ-トの北海道展でも お花畑キャラメルとか白い恋人とか、

一般的な物ばかりで こんなの初めて見ましたね~

| | コメント (6)

2010年12月16日 (木)

コガネ被害苗の今

昨日も今日も寒くて、当地でも朝2度だったり4度だったり。

日中は10度くらいで、厳しい冬になってきましたよ。

   

去年の9月にコガネの幼虫に細根を食べられたア-リ-ブル-のその後です。

今は葉も落ち寂しい~

Dsc00918

かつての主幹は痛々しく剪られ 

Dsc00919

 

それでも枝先の花芽は膨らみそう 

Dsc00920  

 

こちらの枝には花芽がまあまあ着いている。 

Dsc00921

 

今年の1月にはこんなだった・・

033 

  

8月にはここまで回復 

Dsc00181

この状態のまま 植え替え忘れてしてなかったのです。

  

だから最初の画像は7号には不似合いな根元です。 

でも もとはコンテナに植えていたから、根元は大きいのです。  

コガネ幼虫の食害で、根全体は小さくなり一からやり直し

それでもやり直せるだけの余力残っていたのですね。

 

根を最大限食べられたシャ-プブル-も畑に地植えで、勢力回復しているし

結局、去年の秋9月の被害苗ア-リ-.シャ-プブル-、デュ-ク、スパルタン、ホ-ムベルの内1本も枯れなかった。

ブル-ベリ-の底力 凄い物有りますね。

たまたま発見早かっただけでしょうが ラッキ-でした。

 

今年は今のところ大丈夫の様です。

去年と違っている事は、植え替え時に椿油チップを混ぜ込み、用土のマルチを厚めにした事くらいでしょうか。

マルチはヒノキチップやベラボン大でガサガサした物です。

それと乾燥気味に育てる事。

関係ないかも知れないですが被害苗は全部湿っていました。

それと 注意した事はひたすら早期発見ですよ。

葉が時期より早く黄色になったり、シミになったり、株元がグラグラしたりすると要確認です。

ネットハウスでも(株もとネットは別)底や天井の僅かな隙間から侵入してきますね。

コガネムシ親も子も  鉢栽培では最大の敵ですものね。 

|

2010年12月15日 (水)

紅葉しないサザンは

これはサザンゼバブル-の6号スリット植え。

今朝の画像なのに 少しも紅葉してない!

Dsc00910

 

ぼつぼつの生長だから メインの1本だけで 後はゴチャゴチャ小枝ばかり

 Dsc00911

これ剪定すると1本立ちになるからちょっと迷っています。

でも挿し木は2本くらい出来るよね~。

 

メインの枝先はこんなに3枝に分かれ、花芽らしきはみあたらない。 

Dsc00912

どちらにしろ今年着けたばかりの苗のようだから、

小さくてもがっちりを目指して来年1年は養成ですね。

 

この品種はNHさんの画像掲示板でも美味しいと出ていたし、私も興味有ってさがしていた。

タキイ種苗から出ていたらしく解説には

  • 「開張性で樹勢が強く、暖・寒地を問わず育てやすい。香りのよい大実で熟期6月~7月の中生種」 と書いてあったらしい。
  •   
  • 御世話になっている日曜市のおじさんの所で親木購入されたと情報、小苗出来たら売って欲しいとお願いしていたら 着けたの1本ただで分けて頂けた。

    その時の画像がこれ

    001

    用土は当然砂用土。

    家では少ししっかりしてから、我が家の用土に植え替え。

    今年のGWのことです。

      

    この用土で凄く良く生長するのですが、後々似た用土が入手できないし、少し重いので我が家の混合用土に。

    この時からあまり生長してない、まあ1年たってないからこんなものか~で

    自己満足していますけどね~。

    |

    2010年12月14日 (火)

    プレゼント頂きました

    先日の夕方、クロネコでの宅急便。

    ブロ友のKさんからタイベリ-2本とブル-ベリ-の苗2本

    送っていただいた。

    前に此方が小さな苗送った御礼とか、

    おにしブル-とサンライズ、どちらも素敵な名前。

    まずは名前だけで気に入ったね~。

     

    おにしブル-はおおつぶ星などと同じ群馬県の選抜品種のようだから

    少し難しいかも知れないけど、果実はおおつぶより更に大きいとか。

    サンライズは剛健で直立性とのネット情報。

      

    持ってない新品種は期待が一杯で  楽しい気持ちになってしまう。

    タイベリ-も最近ベリ-類にはまっている自分には見逃せない品種。

    Dsc00904

     

    ベリ-類だけでなくこんなお菓子も同梱していただいた。 

    Dsc00902

        

    この方から 以前に頂いたハ-バ-トは現在下画像

    8号鉢に住まいし、先日まで真っ赤の紅葉がやけにきれいで

    記事にしようと思っていたら  もう散ってしまったけど・・・

    犯人は昨日の雨かな?

       

    樹形は開帳性のようだけど、オニ-ルほどではない。

    摘み取り園向きらしいから=美味しい品種って事よね~。

    Dsc00907

    左枝に残る紅葉の色   アップで見て下さいね。

    とっても色が良いでしょう。

    Dsc00909

    全体の葉のこの色想像してみて・・・記事が遅かったね。

         

    Kさん有り難う、感謝しています。

    愛情注いで小苗達も育ててみますからね。

    時々愛が有りすぎて?過湿で枯らす事も有るけど・・その時はゴメンネ。

    |

    2010年12月13日 (月)

    ピ-ト追加と文旦の貯蔵

    昨日曜は温度も高く、絶好の畑日和。

    少し畑に用土を増やすためピ-トモスを入れた。

    最近はピ-トモス使わない方も多いようだけど、私のは腐りにくいと言われるラトビア産まだ使ってる。

    こんなのに水をたっぷり浸ませてもこの位で粗いし、砕けない。

    Dsc00890

        

    チッペワの接ぎ木の周りを掘って 根は出ているようだが鉢の形より少しだけの生長かな。

    Dsc00891

     

    このピ-トモスを入れて囲う 

    Dsc00893

      

    前のマルチは樹皮と籾殻と樹皮チップが混ざってこんな状態になっている。

    これを少し混ぜ込んで  次の工程へ 

    Dsc00894

       

    途中で 気づいたのだけど・・・    

    驚いた事に 隣の高接ぎスパルタンはこんなに根が伸びていた。

    始め何かの樹の根っこが混入していると思い掘り進んだら

    やっぱりスパルタンの根元からだったのよ。 

    Dsc00895

    根の先を鍬で切ってしまったけどね。

     

    その上に籾殻をばらまき 

    Dsc00897

     

    さらに樹皮チップの濡れたのでマルチング。 

    Dsc00899

    これでお粗末な植え方終了。

    マルチは全部完了したら、さらに畑一面に投入するつもり。

    こんな感じでノ-ザン7本にピ-ト追加をした。

    午前中の作業だけど、道具はこんなお粗末な物。

    Dsc00901

    畑は 今年3月位に10号鉢やコンテナの樹を、周り崩して植え付けたばかりだし、

    その時鉢のベラボンやパ-ライト混じりのピ-トモスを植穴に大分混入したから、

    今期はまあこれでいいかな~のささっとのお手入れなのよ。

     

    まだサザンやラビットもあるけど、まずは第一歩。

    全部終わったら、剪定などして、1月には石灰硫黄剤などの散布、その後寒肥の投入かな。

    天気の良い週末のみの作業だから 案外忙しいよね~。

      

     

    それと土曜に文旦全部を収穫して、自己流で貯蔵。

    土の中に埋めて、上から雨囲いして酸を抜くとか聞くけど、人によって話が変わる。

    我が家では文旦が箱毎はいる穴なんて、とても無理だから、発泡のリンゴ箱に籾殻詰めてその中に入れ様子見。

    涼しい所に置いて、1月中旬頃まで貯蔵してみる。

    まあ初めての事だから 腐ったら腐った時の事

    文旦はたった14個しかなかったのよ・・・・

    | | コメント (9)

    2010年12月 9日 (木)

    シュ-トは希望の色

    今日はとっても寒いね~。

    朝は4度で昼間の最高は12度、山間部は雪も降る予報。

    南国土佐にも本格的な冬が来たね。

    今日は近所のネットハウスに水遣りするつもりで行ったけど、

    ブル-ベリ-はラビットまで殆ど真っ赤だし、ハイブシュは葉が落ちて裸に。

    こんな感じなのよ。

    Dsc00845 Dsc00846

    雨も降らないのに、夜や早朝霜が降りるのかしら 濡れている。

    それで水遣り中止で、落ち葉拾いの作業だけ。

      

    その中で気がついた観察は 

    9月に地植えから鉢取りして、10月にネットハウスに帰ったホ-ムベル。

    Dsc00885    

    実験的に樹皮チップ栽培。

      

    用土は底と表面はチップのみで 中はピ-トを少しチップと混ぜて入れてある。

    アップすると  これ

    Dsc00886

     

    地植えの名残の汚い葉っぱが可哀想だけど 

    Dsc00887

      

    でも植え替え後出たシュ-トはぐんぐん伸びて瑞々しい。 

    Dsc00889

    伸ばしすぎだけど  もうすぐ剪定時期も来るから・・・ね。

    葉先は大好きな萌葱色  

    来年活躍が予約された希望の色なのよ~

    | | コメント (8)

    2010年12月 8日 (水)

    ハ-ブとホダギとミツバチ

    師走の言葉通り12月は忙しいですね。

    去年の今頃は何をしていたのか~1年速いです。

     

    今日の記事は日曜に撮影分、今頃記事にしてるのよ。

       

    ブル-ベリ-畑の北側に蚊取りゼラニウム3本と

    Dsc00858

    ロ-ズマリ-の挿し木をした。 

    Dsc00859

    これは6本そのまま挿したのに 5本まで着いてる様子

    立性の背が高くなる品種  大変大きくなる。

    北側に山があり 害虫がそこから来ると思って、北一面に植えるつもり。

    コンパニオンプランツに少しはなれるか?

       

       

    北側のブル-ベリ-畑のネットと山との間の側溝に

    椎茸のホダギ 画像の竹の支柱の上は寒冷紗被せて暗くしてる。

    初めてこんなの出来ていたけど 傷有って食べられないね。 

    Dsc00862

    裏から見ると こんなに肉厚でビックなのよ~  残念・・・ 

    Dsc00864

     

        

    冬の畑では ミツバチも寒そうで活動も少ない。

    Dsc00876

    出入り口で 躊躇っているのか?

    陽の当たる時間帯には けなげに飛び回っているが、夕方は早い。

    それでも箱持ち上げるとかなり重い、越冬の為のミツ集めなのね。

      

     

    この畑に行く途中にカラスを飼ってるところが見える。

    といっても下にエサらしき柑橘を入れて、上からカラスが入ると

    出られないような仕掛けらしい。

     

    このカラスどうするのか?

    前に知人が分けて貰ったと言っていた。

    梨畑にカラス被害が多いので、1羽脚をくくってぶら下げると

    他のが近寄らないとか・・・・現実はかなり残酷。 

    Dsc00879

      

     

    ちょっと気分滅入るから明るい写真を。

    Dsc00867

    紅葉の中、ホルトブル-の可愛い実がなっていた。

    小さな果実ブル-になるかな~と思って屋根だけ温室にいれた。

    | | コメント (4)

    2010年12月 4日 (土)

    自前の接ぎ木は

    昨夜は凄い風だったね~。

    今朝はさぞかし落ち葉がと思い、朝近所のネットハウスを点検に。

    やっぱり凄い落ち葉の数、45Lのポリブクロ半分は採れた。

    鉢の中のはまだ濡れているから、後日と言う事にして取りあえずの掃除。

    風で裸になった樹もあって、下画像の2本は目立ったね~。

    Dsc00856

    左右ともにハ-フハイのポラリス 接ぎ木だけどね。

    後ボ-ナスも葉が散ってしまったけど、こうなると樹形の悪さ際だつね。

    恥ずかしいからボ-ナスは写真無しだよ。

    今日辺りはどちらのブル-ベラ-もきっと忙しいよね~。

    私は午後から畑の落ち葉集めだけど  お宅は如何?

     

     

    最近頂き物の接ぎ木ずっと出してきたけど、自分でも今年も僅かながらしたのよね。

    成功はこの2本だけ。  同品種なのよ。

    Dsc00850 Dsc00854

    昨日4号から5号に植え替えたばかり。

    夢中でやったら鉢が汚いね・・・ これはうっかりでハズカシイ。

    元の根の写真は撮り忘れたけど、自作にしては良く根が廻っていたのよ。

    最近やっとバルコニ-にも陽が射して、鉢が軽くなる。

    6号までの苗ではないから、取りあえず半年くらいは5号でと思った。

    それに小さい苗は手近でいつも監視してないとね。

    うちでは6号になるとネットハウスに移動する決まり作っているのよ。

     

    葉はアザミウマ他の被害で気の毒だけど、花芽はばっちり!

    この花芽もその内取るけれどね。 

    Dsc00851

     

    自作はこの接ぎ口見てネ。 

    Dsc00852

    2本とも例のコンコン接ぎ(割接ぎ)なのよ。 大分下になったでしょう。

    ホ-ムベルは2年目の台木 下手でも偶には成功するのよね~。

    品種何かって?   そんな野暮な事聞かないでよ・・・

    | | コメント (6)

    2010年12月 2日 (木)

    このトンガリは何?

    月末から月初めが多忙で、ばたばたしてたらもう12月になったよ。

    今月末で銀行のインタ-ネットバンキングのシステムが変わるから、それの移行で大忙し。

    新システムで少しは便利になるけど、振り込み、振り替えはネットで出来るが、現金の入出金はATMまで出かけなくてはいけないから、やっぱり手間が掛かるね。

     

    忙しい上に風邪気味で発熱して、鼻を強くかんだら、鼻中隔から出血して、かさぶたが出来た。

    気になってそれを除けるとまた出血で、痛いの何のって顔洗うのも大変。

    とうとう耳鼻科に行って、ステロイド系の塗り薬貰ってきた。

    Dsc00849

    こんなの鼻の穴に塗って、PLなんか飲んで 2日仕事して、今朝はやっとマシになったかな。

    鼻の穴に出血止めのティッシュ入れて仕事なんて、様にならないよ~。

     

    昨日は久しぶりに暖かく日中は20度くらいで、風邪も鼻も一段落なのよ。

    仕事はまだ10日くらいまで忙しいけど

    今朝ネットハウス見回りしたら こんなの見つけた。

      

    これは動き出しそうな花芽 この苗には多い。 

    Dsc00840

       

    下の写真   これ何でしょうか。

    花芽じゃないよね。 枝の出始め?シュ-トなの? 

    それにしても多い 多い  どうしたら良いんだろう・・・

    Dsc00842

     

    この苗は2008年の接ぎ木、大阪からの頂き物だけど、

    バルコニ-で1年間、生長悪くぐずぐずしていた。

    今年根洗いして ネットハウスに移して8号に植え替え。

    水遣りも少なく自然栽培。

    やっと元気になって 枝先の花芽は膨らんだのばかり。 

    Dsc00844

    この苗の中処の枝に 上の変なの出てきた。

      

    樹勢の強い証だとは思うけど、何だろうね~。

    この品種はSHのブラッデン接ぎ木  樹形は人間の手で五本指。

      

    ブル-ベリ-畑の自根が不調で最近抜いたばかりだから、これ大きく生長してもらって リベンジしたいのよね。

    そんな期待の品種、来年1年掛けて養成して

    あの綺麗な濃いピンクの花、甘い果実を再び と願っている。

    | | コメント (12)

    « 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »