« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月30日 (水)

ネットハウスのお花は

またまたお花の話しで恐縮ですが、

近所のネットハウスは畑より早くて今日時点で

これです。

我が家では1種1種を取り上げてたら、咲く期間短くてお花終わっちゃうのです。

だから集中してのお花の記事ですよ。

  

これはデニスブル-大阪からの頂き物接ぎ木です。

Dsc01439

蕾も薄色ですが 花は長めで白い、

平凡な花ですが 果実の抜群の美味しさがカバ-しますね。

多花性なのか蕾併せて 凄い数です。

最初は矮性種のように小型だったのですが、今年は大爆発!

 

ピンクシャンデリアと品種不明花。

Dsc01448

赤いのがピンシャンで黄色みかかった白が不明苗スタ-もどき。

 

今度は上がブラッデンで 下がピンシャン

赤花が特徴のブラッデンですが 違いは花型で明瞭。

Dsc01450

 

次はサザンのパマリコ お花は小さめ

Dsc01452

 

サンプソンはもう終わりですね。

花が茶色になってきましたよ。

Dsc01454

 

今綺麗なのは エイボンブル-

Dsc01456 Dsc01457

あんまり可愛いから2枚出しちゃったよ。

 

最後はハ-フハイのチッペワ

Dsc01460

 

NHのエチョ-タ、レカとHHポラリスは今にも咲きそうです。

こんなに他が咲いたのに

私のお気に入りはまだ蕾、スパルタンの提灯花何時咲くのかな~

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年3月28日 (月)

畑で咲いた花

昨日今日と穏やかで良い晴天、花も一斉に開いてきましたよ。

朝夕はまだ2.3度の郊外の畑で昨日の画像です。

今日は東京でも桜が開花したとか

しばしのお花見を楽しんで下さいね。

 

これは ビロキシ-自根。

Dsc01398

  

  

マグノリアも自根です。 

Dsc01402

  

  

リヴェイル接ぎ木はピンボケだけど 真っ赤な蕾と紅色花。 

Dsc01404

   

  

晩生のサミット接ぎ木も咲き始めました。 

Dsc01410

   

  

これはナイトジェム自根  藤色帽子が素敵でしょ

花は大変多くて、もう殆ど咲いています。 

Dsc01412

   

    

これも多花性の シャ-プブル-

余りの強健さに 接ぎ木は不要な品種ですね。 

Dsc01415

シャ-プブル-果実の味は良いですが、多収で小粒になるので

枯れ覚悟で 去年大幅剪定したのです・・・

やっぱり今年も 花は湧き出るように多いです。

  

   

ガルフコ-スト接ぎ木は花も終盤ですよ。

Dsc01418

   

   

以外に思ったのはノ-ザンのヌイ こんな蕾。

ヌイは真っ白の花だったはずなのに・・・低温のせいですね。

Dsc01407

    

朝昼の温度差で今年はお花たちもすこし変です。

勿論早生の新品種やオニ-ル、ミスティは満開だから

画像は省略しますね~

 

近所のネットハウスはもっと早くて、この暖気でノ-ザン始め

すべての品種に花芽の動きが出てきました。

咲くものは咲き、蕾すら活き活きとして

やはり今冬の温度の高低差と水遣りしない事で

根が充実したのでしょうか。

花芽が吹き出したように元気良いのですよ。

この件は又後日に記事にさせて頂きますね。

| | コメント (10)

2011年3月25日 (金)

蕾も色々です

今日は温度も14度位、過ごしやすい日です。

昨日まで寒いし TVで次々と放映される暗いニュ-ス見ると

畑やネットハウスに行く気もしなくて、ぼんやりしていました。

        

お水も野菜もどうなるのでしょう。魚も食べられなくなるの?

こちらではス-パ-のお水がすぐ売り切れる・・・

電池や懐中電灯などはずっと前に品切れのままですね。

          

津波被害はあったけど、福島原発からは遠い当地でもこれ

関東以北の方、どんなにか不安でしょうね。

       

水が汚染されたらブル-ベリ-も作れないと思いつつ

心底では日本人バカじゃないからきっとその内何とかなると

信じて・・・せっせと水遣りしています。

   

今朝は気を取り直して撮影 久しぶりの畑の写真です。

     

ラビットも寒い中それなりになっていて 

飛び抜けて赤い蕾はタカヘ

Dsc01360 Dsc01361

こんなのが 所々立ち上がっています。

 

白い蕾の代表は ブライトウエル

Dsc01363 Dsc01365

 

後ラヒやウィトウ、T100、マルなんかはこの中間の色でしたね。

今の時期向かいの家の陰になり、陽当たりイマイチなのですが

蕾は多かったです。

 

 

今朝の自宅は関東から頂いた美しいお花が数輪咲いていました。

Dsc01376

 

今日の作業は

前回記事にした挿し木接ぎ木接ぎ挿しをミニ温室から出して

陽当たり弱い屋内に近い場所に移動しました。

今年は特に少ない接ぎ木だから、何とか活着して欲しいです。

| | コメント (8)

2011年3月23日 (水)

大木も一歩から

今日からまた少し寒が戻ってきましたね。

これは畑の接ぎ木スパルタン2m超になってきました。

Dsc01346

 

枝はこんなで 皮剥けてボロボロですよ。

Dsc01347

 

随分高接ぎで悩んだけど 今は接ぎ口解りません。

この2本の主幹なのです。

Dsc01348 Dsc01350  

この木の寿命が何時までか不明ですが、ばたばたの毎日で

枝の更新もしないまま。

パウダ-ブル-(偽物?)にスパルタンの枯れる直前の500円大苗

ビギナ-ズラックで接げたのは2007年の秋。

  

今はこんなに大きくなってきました。

去年の収穫は木の大きさの割には少なかったけどまずまず満足。

でも今年はスス病で花芽少なく苦戦かな・・・

  

 

さてそれ以来失敗につぐ失敗でぼつぼつ作っています自作は

今年は 露地置きがこれ

2月21日のブル-ゴ-ルド。

Dsc01366

僅かな芽がちょこんと見えるか見えないかってとこ。

 

これは品種X

Dsc01368

こちらも絶望的ですね。

 

チビ温室の方は  パマリコ2本接ぎ木 多少それらしく・・・

Dsc01370 Dsc01371

  

接ぎ挿し3本と挿し木5本も 芽は一応出ている。 

Dsc01372

  

後の接ぎ挿し4本も多少の動きは有るみたい・・・

でもおにしブル-が駄目かな。 

Dsc01373  

加湿による穂木単独の力って事もあるから

結果はチビ温室から出してから。

  

予定していた中苗接ぎは今年は10日まで多忙、

その後は大震災でその気にならずやらなかった。

 

大苗もこの一歩から 

毎年言ってるけど 来年こそ頑張りますね。

| | コメント (12)

2011年3月22日 (火)

春なのに・・・

今日は高知城のソメイヨシノが開花して、高知にも春が来ました。

 

わがやでは日月と雨で気温は高い(19度位)けど畑作業は無しです。

雨に当たると放射能がとの風評も流れていて、雨の屋外作業は取りやめです。

畑はネットハウスと違って寒風吹きすさぶ郊外で、今時期は陽当たりも良くない。

花の開花も遅く 今はオニ-ルやミスティだけで、

サファイアやサンプソンなど新品種の花もまだなのです。

  

昨日、目に着いた開花は色が綺麗なエメラルド。

これがパテントの中では一番早い。

Dsc01355 Dsc01356 Dsc01358

しっかり新葉も展開しています。

 

すぐ隣のミレニアも次に早くて

Dsc01352

大きな花  エメラルドと似ていませんか?

 

でも蕾はまだこんなで 濃いピンクです。

すこしピンボケですが・・・

Dsc01353  

パテント品種達 去年は普通に結実させたのですが

花の割には分にあった結実で、今年も弱っている様子は無いです。

もちろん自根ですが案外強健種のようです。

味はどちらもサファイアほどは甘くない・・・もっと酸が強かったけど

悪くはない味だった様な・・・ 

今年はもっと多量に収穫で ゆっくり味評価してみたいのですが

さて収穫できるでしょうか?

パテント品種は一番山から遠い位置に植えています。

  

昨日タカヘの枝に絡まっているシャクトリムシ2匹見つけました。

もう出ています  少し怖い予感もしています。

去年の今頃はまだ排水回路との戦いで、苦しくても希望持っていました。  

畑が完成して、大苗をコンテナから地植えに移植したのは4月頃。

そして6月始めには収穫だから、害虫被害も少なかったのです。

収穫期の遅いラビットは8月だから、害虫と豪雨で大分駄目になりましたね。

 

今年は蜂もネット外だから、天井開けてもっと害虫のお出入り自由なのです。

でも考え方で中の虫も外に出るし、外からの虫も出口見つけやすい。。

敷地内の草は可能な限り刈っていますが、どうなるか~。

何と言っても後ろが山裾で大木多く草ぼうぼうのよその土地ですから。

  

去年の害虫被害は酷くノ-ザンの枝にはスス病の後が多く痛々しい。

害虫被害で花芽も出来なかった品種や枝先に1個だけの花芽の品種。

色々の問題が出てきました。

ムシに弱い不調のベッキ-は昨年秋に避難させました。

 

3年位は色んな品種で試験栽培、害虫に強い品種見つけないといけませんね。

ここで育ち、収穫できる品種でないと  もう他には行けませんから。

| | コメント (6)

2011年3月19日 (土)

ベリ-2種

去年の秋から今年初めにかけて、家には新しいベリ-の仲間が増えました。

現在栽培している品種は雲南マルベリ-、ボイセンベリ-とプチベリ-2種、他に品種名不明の黄色のラズベリ-です。

  

この画像は 頂き物のタイベリ-2本。

4号スリットから植え替えました。

1本は挿し木らしく、もう1本は取り木のようです。

Dsc01308

  

取り木はもうこんなに根が廻っていて 

Dsc01309

 

発根部の側には 新梢も出番待っています。 

Dsc01310

 

こんな器具で取り木していたようですね・・・ 

Dsc01313

  

2本とも鉢上げして6号に。

どちらも新梢を大事に育てたくって 左の取り木は少し深植えです。 

Dsc01319

6号小さすぎたかしら、まあ様子見てまた鉢ましすればいいね。

   

さてもう1種はロ-ガンベリ-。

ネットで調べると 繁殖が難しくあまり出回ってないとか。

と言う事は挿し木が難しいってこと?

私はラッキ-な事に これは生産している知人からのプレゼント。 

Dsc01340

 

とりあえず、支柱立てで行灯まがいにしたけど

今5号位で こちらはまだ植え替えしてない。

でも ほうら新梢はばっちりよ! 

Dsc01342 Dsc01343

植え替えは行灯セットを買って、最初は8号くらいで様子見の予定。

  

ロ-ガンベリ-は割と珍しいものだからと頂いたトゲ無し。

植え替え時に 4号に枝を入れて取り木試みてみよう~と。

かなり繁るタイプの様だから鉢植えならすぐ10号になる?

数株取り木して、将来は畑にも植えたいですね。

  

2品種ともラズベリ-とブラックベリ-の交配品種らしく

果実は長めの大きな黒っぽい赤で とっても美味しいとか

ボイセンベリ-の様な果実でしょうか。

一般にラズベリ-は寒冷地向きブラックベリ-は暖地向きと

言われてますよね。

両方の交配品種は全国何処でもOKでしょうか。

  

ラズベリ-類はあまり知識無いから、

普通の栽培用土で鉢まししているがそれで良いのかな。

この果実達に早く会いたいですね~

| | コメント (4)

2011年3月18日 (金)

それでも咲いてます

東北関東大震災から今日で1週間たちましたね。

被害に遭われた皆様に心からお見舞い申し上げます。

  

ブログのお仲間のおばたさん、乙さん、モッサンさんご無事なようで

何よりと思います。

同じ日本人心を一つにして頑張りたいですね。

  

 

この地震以来不安が強く、水もやらず、手入れにも行かないネットハウス。

今朝見たら、こんな時にも、ブル-ベリ-の花咲いていました。

  

まずはノ-ザンのレガシ-自根

Dsc01328_2 Dsc01329_2

  

次に

NHさんより頂いたノ-ザンデニスブル-接ぎ木

Dsc01336 Dsc01337

とんがった蕾 ピンクが掛かってとても綺麗です。

 

サザンのエイボンブル-も可愛い花咲かせていました。

Dsc01333

こんな時だけど 放任状態でも咲いていましたよ。

 

今TVでは自衛隊の3号機への放水中継しています。

こんな作業いつまで続ければ良いのでしょう。

原子エネルギ-の利用は原爆を受けた国民としてやるべきではなかった

と何にも解らないあほのおばさんでも思いますね~

 

| | コメント (8)

2011年3月17日 (木)

希望の子苗は

毎日、地震と津波と原発の暗いニュ-スばかりで、

心を痛めながら なすすべもなく過ごしております。

  

こちらでもドクタ-ヘリが被災地に出動したり、別の医療チ-ムも現地に行って

悲惨な状況の手助けや四万十飲料水の給水車出動など少しでもと・・・

  

相棒の友人が仙台にいるので、そこにお米をと思い、先日クロネコに聞いたら

そちらには送れないし、当分復旧の見込みもたたないとの事。 

あちこちで募金も始まっていますので義援金しか、被災地への協力が出来ない。

無力さに腹立たしく思います。

 

まだ余震も続いているようだし、当地でも次に来るのは南海大地震との恐れもあります。

以前大騒ぎを記事にした桂浜の3志士並べて建立の話しも無期延期になりました。

それどころではないですものね。

事の大きさ、被害の悲惨さ、原発の恐怖など思えば、

平凡な日常を淡々と送っている自分が申し訳ないようです。

 

被害に合われた沢山の皆様に心からのお見舞いとがんばれを申し上げたいです。

支援物資も行き届いてないとの報道にもどかしい思いしていますが、

きっと暗い夜はいつか明けると信じて・・・・

復興への思いを繋いでほしいと 祈っています。

  

    

 

このような時期に趣味のブログなど書くのも不謹慎な気がするのですが、

今日は昨日鉢取りしたクリスマスロ-ズの子苗の記事です。

こちらの花のは

Dsc01314

ここに6鉢

Dsc01315

子供をとった花は  務めを終えたので

Dsc01326

親株に無理が掛かると テ-ブルに。

 

バルコニ-の花は

Dsc01320

まだ咲きそうですから

取りあえずの子苗は3鉢

Dsc01321

 

ここには まだまだこれからが2鉢

Dsc01322 Dsc01323

上画像の上下は同じ株

 

下は先日植え替えたばかりだけど

小さなピンクの蕾が覗いています。 

Dsc01325

この2鉢は実生も出来ていません。

これから?

それとも簡単にできないタイプも有るのでしょうか。

| | コメント (4)

2011年3月14日 (月)

しばらく休みます

大地震の被害が余りにも酷く心が痛みます。

私のブログに来て下さった皆様 ご無事でしょうか。

   

被害に遭われた方には心からお見舞い申し上げます。  

お気の毒で どういったら良いか分かりません。

 

被害の無い土地で  

TVで映像を見ている自分が空しくなりました。

 

ブログの方は当分お休みさせて頂きます・・・

| | コメント (2)

2011年3月11日 (金)

フクベリ-は常緑

2008年9月我が家にきたフクベリ-です。

今は狭い花壇の中、条件は長細いプランタ-のようなもの。

全体像がこれで  あまり去年と変わりません。

Dsc01294

下に一部写っているのは全部接ぎ挿し。

去年BB讃岐さんをお訪ねしたとき、

プランタ-1個に9種類接ぎ挿ししたのを頂きました。

それを1個ずつ4号に鉢取りしたものです。

この記事は又後日で・・・今日はフクベリ-。 

  

花芽はこんな風に沢山着いて 

Dsc01304

近々咲きそうな勢い 

Dsc01295

葉は全部石灰硫黄合剤で真っ白だけど

殆ど落ちない 常緑性。

  

このお花がまた良いのよね~

これは2009年4月12日の画像だけど(2010年のは見つからない)

003

雌しべの柱頭が花冠からはみ出して とっても可愛いでしょう。

   

ご存じ福田さんの登録品種で 私も東京から直販で送って頂いた。

今ではベリ-公さんとこやHCでも売ってるけどね。

 

去年も数粒結実させたけど 味見するほどはなかった。

かすかな印象はウッタ-ド系の味。 果肉軟らかく甘い。

今年こそ、ちゃんと味見を して見たいですね。

親がティフとウッタ-ドだから強健で、豊作は間違いなし。

でもそれにしても家のは小さい。でも3年目・・・

  

来たときのフクベリ-はこれだから

004

まあ良しとするか~

この品種どんどんシュ-トが出て 横広がり。

クリスマスツリ-のような樹形にはなりそうもないよ。 

保険苗も出来た事だし、今年収穫したら、少し樹形作るかな。

冬にやらないで 収穫後味見しての話しだから 欲張りだよね~

 

先日頂いた雲南マルベリ- 5号鉢に植え替えて今はこれ

Dsc01301

展葉してきて がっちりしてきましたよ。

こちらも楽しみの一つ、生長早そうですね~ 

| | コメント (6)

2011年3月10日 (木)

これはなあに?

日射しに春は感じられるけどまだまだ寒い日続いていますね。

雪の所も多いようで、高知は日本で1.2番の暖地らしいけど

(沖縄除いての話しですが・・)

冷たい風は身にしみます。

でも今日はネットハウスに水遣り、やっぱり乾燥していますね。

 

  

さて 早めに咲いたクリスマスロ-ズは

もう花が緑になったのも多くて 今はこんなです。

Dsc01307

お花も多いのですが、緑の葉と区別つきません。

合計9輪の花着いているのですよ。

   

ところが最近 根元に雑草らしきが

Dsc01287

何か双葉が出てきました。

 

別のクリスマスロ-ズにもこんなの有るのです。

バルコニ-の分です。

Dsc01298 Dsc01300

これは何?   雑草、まさか実生の発芽。 

 

双葉から何か出てきてる様なのも見受けられます。 

Dsc01289

もっと大きくなれば解りますね。 正体が。

  

 

前に植え替えると言ってた野田交配のピンクダブルのお花。

8号スリットに植え替え1週間位でしょうか。

葉も大分剪除しました。 

Dsc01290

 

大分落ち着いて 新芽も出てきました。 

Dsc01292

用土はアマ向けの花ごころクリスマスロ-ズの土です。

もう一花  咲かせて欲しいね~

 

 

先日記事にした坂本龍馬の銅像と半平太、慎太郎のレプリカ像

並べて桂浜に設置の件、県内外から多くの反対意見があり

Dsc01302

2つの像を龍馬の後ろ6mの位置にずらして集結とか。

話しはそれで終結?

前のプランが下左の写真で 今度は正面の大きな写真なのよ。

昨日の夕刊の記事だけど、あまり変わらないと思うけどね~

  

県が今回の企画は県民への説明が十分でなかった点について

心よりお詫び申し上げます って事で一件落着。

  

早ければ3連休中の20日にも除幕するらしい・・・

とりあえず2ヶ月くらいの期間限定らしいけどね。

  

まあ龍馬さんもこんまい事いいなや~って言ってるだろうし

県外観光客の皆様も1箇所に全部有る方が良いのかな?

| | コメント (10)

2011年3月 9日 (水)

シロの里帰り

久々の小桜インコの記事です。

  

今我が家では、マルが逝ってから葉っぱは養子先で行方不明になり

フク、ベリ-の夫婦とその子供達だけになっていました。

まずフクとベリ-仲良し夫婦の画像を

Dsc01260

今回はそっぽ向いていますが・・普段はとっても仲良し

   

 

この夫婦の娘達は

上の子れもんちゃん

Dsc01278

カメラが怖くて出てきません。

カレンダ-破りが大好きで もう1年分壊しています。

Dsc01279

   

 

下の子2代目葉っぱちゃんは 正面と横顔

Dsc01263 Dsc01273

2羽とも 親とは全く違う色になってきました。

 

私は前に飼ってたマルちゃんが大好きで、この子達に

きっとマルちゃんの魂入っていると思っていたら・・残念女の子。

 

所が先日 縁あってマルが帰ってきたのです。

大きくアップ写真ですよ。  

Dsc01281

亡くなったマルにそっくり! マルよりは赤顔が強いタイガ-チェリ-。

夜間撮影の為、ちょっと色がケバイですが、本物はもう少し薄色です。

相棒の指の色見れば解りますよね~。 

実はこの子 初代葉っぱとマルの血を分けた忘れ形見です。

おまけに男の子。  名前はシロちゃん。

  

れもんと2代目葉っぱとは血も繋がってないし、

お婿さん候補で 知人宅から里帰りしてきました。 

性格も人懐っこく、人間大好きも父親譲り。

  

ちなみに亡くなったマルの生前の写真 

039 

シロはこのマルの息子なのです。似てるでしょう~

    

さてどちらの女の子とペアになってくれるか 様子見です。

うちではシロちゃんって呼べなくて 

いつの間にかマルちゃんになっていますよ。

| | コメント (6)

2011年3月 8日 (火)

頑張れベッキ-

昨日と似た記事なのですが

昨年11月中旬にブル-ベリ-畑から花壇に戻ってきたベッキ-ブル-

その後の様子です。

 

全体像が こんなで

Dsc01239

  

11月に剪定した後の枝からは

一応新芽が

Dsc01250

  

主幹にも

Dsc01249

  

細い枝の先にも

Dsc01252

     

右の元気な枝先には 弱々しい花芽も

Dsc01240

 

思えばベッキ-ブル-は

兵庫県の三木市のHCからはるばる連れ帰ったのです。

2006年3月の事でした。

  

すぐに花壇に植えて、発育は旺盛。

(その頃はネットハウスも借りて無くて、勿論ブル-ベリ-畑もない)

その年は立派な美味しい果実が収穫でき、即私のお気に入りに。

 

翌年コガネに入られて、鉢取りしてネットハウスへ。

それ以来今度はブル-ベリ-畑に地植えしても 

害虫に新芽囓られて 回復しない。

もうリストラと思いつつ最後に古巣の花壇に舞い戻ったのが昨年11月です。

駄目なら駄目でも古巣で死なせたい 最後の挑戦です。

 

2007年以来結実は少なく、ずっとの長い不調なのです。

あれこれ植え場所替えたり、根洗のやりすぎでしょうね。

お花は早くラビットでは一番に開花するのですが、果実は少ない。

でも旺盛なときの甘さ美味しさは最高で、果皮は薄く気にならない。

そんな果実品質の良さが忘れられず、

諦めきれない・・・

 

でもでも・・・少しだけ希望が

これは剪定時の廃棄枝を 遊び心でその場に挿したもの2本。

1本は これ

Dsc01243

  

2本目は上2芽が花芽で取り除いた後ですが

一番下のにも花芽が 出てきた・・・ 

Dsc01244  

そうベッキ-の子供なのですよ。

最近急に芽が出てきたのです~

  

不調枝の挿し穂は 活着しないと決めつけて

ちゃんとした挿し木なんてしてなかった・・・

でもこれこのまま置くと きっと小苗になりますね。

 

親苗のベッキ-ブル-にも頑張って欲しい。

古巣で あの頃に帰って欲しいと熱望しています。

| | コメント (8)

2011年3月 7日 (月)

芽の動き少しですが・・

去年の秋、早々と葉が散って、2本の棒になっていたヤドキン。

半分枯れたような状態でもう駄目かなと  思っていました。

  

やっと少し芽が出てきました。

全体像です。

Dsc01223

 

真ん中より下の主幹にも  芽は出ています。

Dsc01224

    

やっぱり春が来れば 大丈夫ですね~ 

Dsc01225

  

ほうら こんな花芽も それらしくなってきましたよ。 

Dsc01227

ヤドキンは香りが非常に良く、風味も秀で

裂果少なく日持ち性も優れるとか。

受粉に難有りのようだけど家では多品種栽培してるから

きっとお相手も居るよね~。

 

樹全体の繁り具合を見てから、少しだけ結実させてみたいですね。

小苗を結実させても 割合痛みが少ないはず

秋には さすがラビットって言いたいですね~

| | コメント (8)

2011年3月 5日 (土)

今日のお花は

久しぶりの記事です。

このところぶり返しの寒さと仕事の多忙さで、参っていました。

コメント頂いているのにブログ拝見するだけで、お返しもなく

失礼しております。

 

今日は少し時間取れて近くのネットハウスへ様子見に。

雨も時々降るから、先週以来近所なのに一度も行ってませんでした。

先月23日に記事にしたサンプソンは真っ盛り

Dsc01231

Dsc01232

白い大きめの花が咲いています。

少しピンクが掛かるのは朝の低温のせいでしょうね。

  

 

ピンクシャンデリアの方は 蕾はいよいよ赤く

Dsc01233

 

咲いたのはピンクのや 

Dsc01235

  

こんなに白くなったのなど 

Dsc01236

おちょぼ口から舌が出てるようで、可愛い提灯花です。

  

 

以外に早かったのはレガシ- 分類はノ-ザンのはず。

他のノ-ザンは硬い蕾ばかりで

レガシ-がサザンに分類される場合も頷けますね。

Dsc01228 Dsc01230

去年の収穫では 味も以外に美味しかったです。

強健で育てやすかったはずなのに  今年は枝が直角に伸びて

オニ-ルのような樹形です。

   

ネットハウスのオニ-ルはまだ蕾のままで

遠い畑のオニ-ルはもう咲いてる。

ネットハウスでサンプソンは花盛りなのに

畑ではサンプソンまだなのです。

 

早咲き競争は場所の温度差だけではなく

その時の樹の状態にも依るのかなと思った事でした。

 

今日は午後からこちらも久しぶりの畑に行ってきます。

今は硫黄合剤の散布も剪定や施肥も終わりお花見待ちの一休み

明日からまた雨のようだから水遣りも必要ないです。

  

でも硫黄合剤って臭いですね。

今日写真撮影しただけなのに、お花に触った手がまだ匂いますよ。

| | コメント (10)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »