« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月28日 (火)

ピョコタンは辛い

今日3記事目です。

こんなに集中して幾つも書くのは 毎日ネタ探しに行けないのです。

先先週の土曜日18日に足を怪我して、出血多量で貧血おこして

へたり込んで以来、はかばかしく良くならないのです。

  

ピョコタンピョコタン、イタタタタで 近所のネットハウスにも行けない。

遠い畑は入り口まで車で行くから何とかですが・・・近くに歩けないです。

打撲は長く掛かると聞いてはいましたが 今日で10日イライラしています。

左のスネ曲げると凄い痛みが走るのです。

健康な時には有り難さに気づかない・・・辛いものです。情けないです。

 

今朝早朝の画像で 2記事書きました。

ともかくス-パ-の買い物もカ-ト押してやっと歩く、

しゃがめないから 鉢ましや剪定凄い時間がかかるのです。

気持ちいらついてるから何をするのも億劫で 座りっぱなし。

 

     

今日久々の畑行き。 

畑での作業は 果実の収穫と葡萄の袋掛けです。

Dsc02364

葡萄の粒揃いまあまあのものだけ袋がけし、

下のようなのは そのままでムシ被害の様子見です。

Dsc02365

これはビニ-ルハウスの中ですが、周りを4ミリネットにしているから

ムシが入ってくるのです。

4ミリ以下は風が通らないとの自己判断でした。

 

   

隣のブル-ベリ-ハウスの北は

Dsc02371

雑草を刈って その上に寒冷紗を被せて防虫のつもりです。

これは今年4月頃から しています。

   

それでもネットの中では  こんな葉ばっかり!

Dsc02352

 

   

憂鬱な暗い記事書きました。  ご免なさい。

畑の夏椿(シャラの木)ひっそりと雨上がりに咲いていました。

Dsc02369

私も頑張らなくちゃ~

この畑で去年は手を 今年は足を・・・やっぱり憂鬱です・・・

 

| | コメント (6)

今年のハイブシュについて

遠い畑のハイブシュの方は 収穫品種が変わってきて

今はこんなのが目についてきた。

 

ノ-ザンのエリザベス  もうシュ-トが一杯出ている。

撮影後枝先をカットした。

Dsc02351

果実は これ

Dsc02354 Dsc02356

酸味系だけど 大粒で完熟するとジュ-シ-で素晴らしい美味。

  

 

サザンのサミットは

Dsc02359 Dsc02360

まだこれからですね~。

これも完熟すれば美味しい。

  

 

これはノ-ザンデニスブル- 

Dsc02362 Dsc02363

味はマイルドで酸味も強くない これも安心して食べられる品種。

私的には とても気に入っている。

 

今年のハイブシュは雨で落果裂果が目立ち、

落胆したのに 反面予想を超える収穫量になった。

雨が果実の肥大と熟成を助けたようで 果実の一個一個が大きい。

シロウトの趣味栽培だから、冷凍したり、友人に2度目配ったり。

 

品種については 畑向き地植えの品種が大分見えてきた。

スパルタンは外せないし、早生のオニ-ル、ミスティ、コリンズ、エチョ-タ

大豊作のレビ-ルは欠かせない。

後の収穫ではエリザベス、トロ、サミット、デニスブル-、カロラインの美味しさ。

それとデュ-クは病気に罹りやすいが味は安心できる。

ブル-クロップもいいね~。

大果のチャンドラ-やヌイの若干の癖有り品種もシロウト栽培には外せない。

パテントはサファイア、新品種はサンプソンが美味しいと思った。

来年のハイブシュはこれらをメインにしよう~っと。

 

今年意外に思ったのは、調子の悪かったジョ-ジアジェムがとっても甘いし、

少し軽視していたガルフコ-ストも美味しい、シャ-プブル-は完熟させれば

最高ですね。   でもこれらは総体的に小粒。

私のお気に入りのナイトジェムも 去年大苗切ったから、

今年のは小苗すぎてイマイチだけど、鉢植え向き品種かも知れない。

来年の収穫見て鉢植えに移行かもね。

サザンのリヴェイルも中粒で収穫量が少ない、来年まで様子見です。

 

これはあくまで当地での私の栽培感想だから、各人各様で色々よね。

 

さてこれからのラビットはどうなのか。

去年はパテントのオクッラカニ-が良かったけど今年は不作。

頼みのノビリスは先ほど書いた通りだから不安一杯なのよ。

 

他にも 品種は皆様のおかげで多数の小苗が集まっている。

これらを大きくして、更なるお気に入りを見つける。

そんな楽しい作業まで 後何年かかるかな~

 

| | コメント (0)

ラビットの一番果と大事件

遠い畑に20鉢ばかり持っていった10号の中に

果実が色づいているのがある。

あれは確かラビットの列のはず。

Dsc02372

この茶色の鉢で 品種はオレゴンブル-なのよ。

ちょっと曲がった樹形だけれど 初収穫としての果実はまあまあか。

Dsc02373 Dsc02374

あの奇形花から 扁平型の大粒の果実。

下画像の上のは根元までブル-になっている。

さっそく味見したら、以外に甘くて美味しい大粒で食べ応えも有るよ。 

ハイブシュ食べ慣れた舌には少し種が触るけど 嬉しい発見ですね。

  

 

ラビット列では他にも大事件が有って

これは果実がたっぷり着いてるノビリスの大木。

Dsc02377

ドライバ-差し込んでるところに穴が空いて、

下のオレンジ色の木くずらしきが 沢山出ていた。

樹喰いムシの類が入ったようです。

取りあえず木酢液を浸ませた紙を穴に詰め込み応急処理、

その内スミチオン薄めて浸ませた紙でも中に入れるとか?

何とか中の害虫殺さないと・・・

 

3年前にジョ-ジアジェムもこんなになって、スミチオン原液を垂らしこんだら

樹は葉を落とし回復に1年かかった。

ノビリスは今年の収穫アテにしているのだから、葉を振って貰っては困る。

それにスミチオンも農薬だし 樹と果実助けるにはどうしたらいいのか~ 

ラビットでノビリス収穫なかったら・・・これは大痛手なのです!

| | コメント (6)

2011年6月25日 (土)

果実色々

ここ2.3日雨も上がって蒸し暑い日が続いている。

やっぱり晴天だと 果実の味が良くなるね~

もう残り少ないスパルタンはきつい酸味も抜けて美味になった。

  

それと画像ピンボケで出せなかったけど、HHのポラリスが良いね!

何とも言えない濃厚な味になる。 チッペワより美味しいかも。

スパルタンの風味と言われるのも頷ける味。

欠点はうちのが鉢植えで樹が若いのか、全体に小粒で大粒は少ない。

  

他に 大きな葉っぱのトロが美味しい。

Dsc02339

 

これは鉢植えのブル-クロップ

昨日誰かのブログに味はイマイチって書いたけれどいけるよ。

この数日で完熟してきた様子。

Dsc02349

 

ヌイとレカの兄弟品種プルは

去年剪定悪く 実なりイマイチで 葉にはハマキムシ発生している。

Dsc02341

大体は完熟で 大きさではヌイにかなわないし、豊産ではレカに負ける。

けれど果実のパリッとした食感に口に含むと香りのようなもの感じる。

これも美味しい。

 

スパルタンとして購入し、花型はスパルタンだが花色、葉の形、

幼果がちがう品種不明(朝○園とは別)が

色づいてきた。

Dsc02346 Dsc02347

スパルタンはもう終盤だし、風味が全く違う。

これもレカのような完熟になって甘味が出るタイプ。

結局、品種同定は出来なかったが、完熟果は以外に美味しい。

隣に鉢植えしている朝○園スパよりずっとこくあって美味しい。

 

そして終盤のレビ-ルは まだこんなに残っている。

これは一枝、まだ沢山 この品種に限っては大豊作なのよ。

Dsc02343

この下には こんなに落果も

Dsc02344

収穫品種も変わってきて これからはサミットやマグノリア、

シャ-プブル-、カロラインになってくるね。

ブル-ベリ-の品種の味については私の舌が繊細に無い事と

それぞれに美味しさが違うので上手く表現できない。

だから美味しいとイマイチの二通りですよ。

 

   

しばらく見なかったらイングリシュロ-ズのグラハムト-マスが

咲いたり終わったり。 

Dsc02337

今日は猛暑 季節は移り変わっている・・・

 

ブル-ベリ-も変わってくるから、終わったものから剪定し

ラビットの施肥もしないとね。

その前に足直ってからと放任の雑草抜き 早く何とかしないとね。

ああ気持ちばかり焦って・・・まだ痛くて体力付いていけない~

| | コメント (12)

2011年6月23日 (木)

ブル-ゴ-ルドと花芽?

思い切り小さめのブル-ゴ-ルド自根です。

Dsc02325

2009年6月に4年生との事でベリ-ズライフさんで購入。

だからしっかりと6年生位。

矮性種とは言え、栽培悪いのか あまり伸びません。

      

果実は 非常にきれいめですよ。 硬く品質良さそう。

Dsc02326

今年は接ぎ木を2本して 何とか成功したようです。

        

最初の画像 右の枝には数カ所 こんなものが。

Dsc02327

もう花芽の分化か?

     

そう言えば最初に着色したレカにも

Dsc02332_2 Dsc02333

     

そしてデュ-クにも

Dsc02335  

これは早いけれど 花芽達でしょうか。

それとも単なる新芽ですか?

  

花芽分化は6月始め頃からの短日、低温が条件で

暦の上では 昨日の6月22日夏至ぐらいまでで、

これ以降は長日、高温になりしばらくは花芽は分化しないとか。

夏日の間は当然休みで、夏剪定後の新梢に秋になると

また9月中旬位まで花芽分化が続くらしいです。

剪定のタイミング難しいですね。

剪定遅く新梢の芽出しが遅れると、花芽は着かなくなります。

 

温度条件が各地で異なるから、尚難しいですが

ノ-ザンは7月上旬くらいまでに剪定や摘心すれば間に合うようです。

サザン、ラビットはもっと遅くても大丈夫とか。

収穫全部終わってからの剪定になると、花芽の着かない枝も出来たりで失敗ばかり・・・

上手く行かない事が多かったです。

 

またその温度条件だけでなく、葉が健全で光合成がしっかり出来る事も

要件のようですね。

基本は分かるのですが、なかなかテキスト通りには行かなくて・・・

今年こそ早めにシュ-トの摘心だけでも間に合わせたいと

剪定ハサミ持って 足引きながらウロウロしています。

| | コメント (6)

2011年6月22日 (水)

ちょっと嬉しい記事も

今日はもう一記事書かせてね。

 

最近 嬉しい事も重なっています。

いつもは寂しい我が家なのに 美味しいチルド便が来たのよね。

北海道の地元産アスパラ

Dsc02302

中身はこれね  ずばり凄く新鮮で甘い。

Dsc02303

緑の下に 黒っぽい頭見えるでしょう。

こんなに沢山 メル友からのプレゼントなのよ。

 

早速 昨日の食卓に。

Dsc02298

グリ-ンアスパラのオカカがけ 単純だけど一番美味しい。

 

こんなオカズも

Dsc02300

これは前回ブログに出したTさんからの奈良漬けの薄切り

これもまた 病みつきになる味。

漬け物は辛いの多いけど これは甘めで優しい味。

 

ついでにサラダも見せちゃうね。

Dsc02296

鎌倉ハムとブル-ベリ-のサラダ。

  

 

もう一つ嬉しい事重なったのよ。

Dsc02319

この出っ張りは何?

覗くと ブル-ベリ-の葉っぱのよう・・

Dsc02320

ラズベリ-を下さるって 聞いてたけど ええ~何?

全部出して 今朝記念撮影です。

Dsc02322

トゲ無しボイセンベリ-、ラズベリ-のサウスランド。

NHバ-クレイ、NHル-ベルです。 ル-ベルの頭見えてたのよね。

バ-クレイは皆さんご存じの通り 大実で甘く美味しい品種。

ル-ベルは歴史上非常に古い品種で今は希少品種で

果実は小粒ながら 抗酸化能力が強い品種とか。

これはRさんからの頂き物なのよ。

 

MさんRさん有り難う御座います。 大事に育てますからね。

こんなに良い事続くの久しぶり・・

さてお返しははっぱのチビ苗でも送るかな。 軽少すぎだけどごめんね。

悲喜こもごも、悪い事有れば良い事もある、怪我の功名なのかしら・・・

| | コメント (4)

雨上がりの収穫

昨日は雨も止んで晴れ間も出てきた。

一日待って 今朝早くまた畑に出かけた。 足引きずりながら・・・

  

これは土曜日に転倒事故の原因になった海草風のもの。

Dsc02304

キクラゲにも似ているが雨の時だけ生えてきて、普段は消えている。

いったい何なのか。 畑の通路にいっぱいある。

石ころだらけの地面だから、転んだら大出血も当たり前よね~。

 

前回ブログに書いた足の怪我も全治2週間とかで、病院で治療している。

と言っても当面は湿布風を貰って張り替えるだけ・・・

 

さて畑の中、ブル-ベリ-果実はスパが500グラムとその他600位

又収穫できた。 スパはまだ残っているよ。

今年は少ないと思っていたのに、何かそれなりに穫れる。

やはり大実はボリュ-ム有るからね。

     

これはヌイ 立派な大実だが かなり酸味がある。

Dsc02308

枝の下の方までたっぷり果実が着く。もっと甘ければ言う事無し。

Dsc02310

     

ハ-フハイのチッペワは

Dsc02312 Dsc02313

葉の下に隠れるような果実が多い。

味見はまだでこれから  案外豊産種。

 

今日の収穫でも落果、裂果で食べられない果実はこんなに。

Dsc02318

前回日曜の収穫時は これ

Dsc02317

廃棄果実は 畑のマルチや通路にもかなりある。

まだしゃがめないから、最初の画像は樹上の分だけ。

赤いバケツは日曜で相棒が少し地面の拾ったから多い。

勿体ないね~

 

さて 今朝の驚きはポポ-の果実

Dsc02305

かなり大きくなっている。 葉の大きさと対比してみてね。

品種はサンフラワ-で 花が咲いたら他の花とコチョコチョ受粉したら

と教えてもらって 試したもの。 

今年はポポ-の初生り?  甘いよね~そんなに上手くは行かない。

 

さて今日の最大の話題  もっとも私の中の話しだけれど。

Dsc02314

品種は勿論 チャンさまですよ~

ついに500円玉達成!!

後日ノギスで計測するけど、まだ少しは大きくなりそう。

う~ん 畑に行くのが楽しみです~

| | コメント (8)

2011年6月20日 (月)

雨の中の収穫

今日の記事は バカな私のついてない話し聞いて下さいね。

 

土曜日の事です。

仕事を終わって どうしても気になって遠い畑に行きました。

雨はザザブリなのにブル-ベリ-の様子だけでも見たいのです。

道が狭いから畑の大分手前に車を駐めて、ネットの中見るとぼたぼたと

落果している果実が見えます。 

これは限界 今日はパック持って無いから明日には必ず収穫と決心。

明日は曇りの予報で 期待していたのです。

 

そしてハウスの葡萄の様子見に入ってハウスから出るとき、

大雨の時地面に発生するキクラゲみたいな海草風にすべって

傘挿したまま ばったりと前のめりに転倒。

滑稽ですよ~ 可笑しいやら痛いやら・・でした。

両すねの辺りから出血し、動けない、ズボンは血で大きく汚れる。

やっと夫におこして貰い 屋根付きハウスへへたり込む。

今度はめまいがして冷や汗だらだら 死ぬかと思いましたね。

10分ほどハウスの中に横たわってしまいました。

 

救急車呼ぶほどの事ではないから、明日には日曜やってる病院に行こう

と思い、落ち着いてから車のサイドにやっとよじ登り帰宅。

右は傷も浅く軽症で 左すねが異様に腫れて足曲がらない。

その夜は傷の痛みと発熱で朝まで眠れず。

 

翌日曜はまた雨、早朝パソコンしていると

仕事関係の方から電話、高速千円最終だから、高松に行こうと言う。

足が動かないけどって話して、まあ打撲で骨に異常はないと自己判断。

今は雨も降ってるからまあいいか~と車のサイドによじ登り出かける。

帰ったら今度こそ 這ってでも収穫にいくと心に決めて出発。

 

早めに3時過ぎ帰宅。  やっとやっと畑に行った。

所がとたんに雨が。 高松は薄日が射していたと言うのに・・・

瀬戸内側と太平洋側は気候がかなり違う。

  

さて収穫 足はぱんぱんに腫れて、しゃがめないし自由に歩けない。

ポロポロ果実落としながら レインフ-ド被って一人で収穫。

スパルタンはまずまず、レビ-ルは熟れすぎで落果が多い。

オニ-ル、ミスティ、リヴェイルは残ってるのは殆ど実割れ、まともは数粒。

とにかくスパルタンとレビ-ル、サファイアだけでも穫ろう、

後のコリンズやデュ-ク、チッペワ、酸っぱいヌイは後日にして。

サザンもサミットやマグ、シャ-プブル-はまだ硬そうだし、これも後日。

 

やっと収穫した果実はこれ 持参のケ-ス全部使った。

Dsc02294

右の四角とカップ、ビニ袋入りがスパルタンで丸パックがレビ-ルなど。

スパルタン1.3キロくらいでその他130*8で1キロちょっと。

果実は全部ずぶ濡れ!

   

とりあえず昨夜のデザ-トは この分のスパルタン。

Dsc02295

明日はこの果実達どうしよう 取りあえずドライヤ-の冷風で乾燥か。

中まで濡れてる果実は日持ちしないし、早く食べないとカビ生える。

今日も病院行けなかったな~と思っていたら・・・

 

ピンポ~ンと宅急便 

ブロ友からの頂き物。俄然元気出たよね~

Dsc02291

埼玉県の特産品ご送付頂いた。

この奈良漬けはとても美味しそう~

Tさんお心遣い有り難う御座います。

 

さて今日は 昨日の疲れでよく眠れたせいか、スネの腫れは少し良い。

でも病院でレントゲンをと思っていたのに、忙しくて仕事を抜けられない。

外来は午前中だけだし、傷も大分良くなったからもう良いか~

足引きずりながらも少し歩けるようになったし、良くはなってるのだから。

オロナインとサロンパスに感謝して しばらく様子見します・・・

 

それと濡れた果実は友人達に連絡、早めに食べて貰う事に。

でも欲張りはスパルタンだけ 多く手元に残しているのよ。

1年の努力の結晶だもんね~

| | コメント (16)

2011年6月18日 (土)

この樹形は

今日も朝から雨、昨日も雨、明日も雨の予報です。

もうブル-ベリ-果実は中半諦めましたよ。

これだけ降ってはハイブシュ系実割れと落果ばかり。

特に皮や果肉が軟弱なのか、サザン系が苦戦です。

  

畑もずっと行ってないし、日曜にも作業していない。

いくら何でも明日は様子見に行かないと・雨空見ながら恨めしいです。

  

   

さて今日は久しぶりの登場ラビットのアリスブル-です。

2009年1月にブロ友から挿し穂頂いてやっとここまで

Dsc02288

しばらく放置栽培していたら、シュ-トの枝先3本いや4本の平行棒

これは夏剪定しか無いですね。

主軸からのシュ-トは一杯出てきたから上が無くても大丈夫かな。

 

とても美味しい品種との事で楽しみにしているのですが

今年の花の割には果実はこれ

Dsc02289

超少ないです・・・

兄弟品種のベッキ-ブル-とともに実なりイマイチと言われています。

多分 あまり受粉出来なかったのでしょうね。

これは隣に植える受粉樹も関係するのか、受粉の相性が良いのは何?

 

まあ  数少なくても成らしてみるよ。 

どっちにしろ今年はこんなのばかりだもん。

| | コメント (6)

2011年6月17日 (金)

品種は同じでしょうか

2日ばかり休んでしまいましたね。

雨ばかりで気分も晴れず、植え替えの意欲もなく、ブログを書く気力もない。

おまけに体調イマイチで病院通い、一昨日眼科で昨日は大学病院。

今日は雨も上がったし、少し元気も出てきたから久しぶりの更新ですよ。

    

前からMさんが記事にされていたmySparutan(私のではない)と

サミットの比較を家のでしてみました。

Mさんのmyスパは品種同定のため、うちのネットハウスにも来ているのです。

      

これがmyスパの果実

Dsc02282 Dsc02283

      

こちらサザンのサミット 房の下に色づき果あり

Dsc02278 Dsc02279

      

myスパの葉は

Dsc02284 Dsc02285

     

サミットの葉

Dsc02280 Dsc02281

    

このサミットに手に持ったmyスパの葉を重ねると

Dsc02287

あんまり違和感は無いですよね~

      

      

ちなみに花は

myスパの花  今年の4月13日撮影

    

サミットの花は  同じく今年の5月6日終わりの花です。

Dsc01820

とてもよく似ていると思いませんか?

myスパはMさんがある業者さんからスパルタンとして

購入された品種で偽物疑いを持たれたようです。

     

家にも多分同じと思えるある時期の朝○園接ぎ木有りますが、

これはあえてご送付頂いた苗とサミットだけを撮影したものです。

最終の果実の味確認まではまだ行ってないのですが

どうご覧になられますか?

是非感想をお聞かせください。

    

私自身は同品種と断定までの自信は?難しいのです。

果実の肥大時の萼片が少し異なるようにも思えて・・・

| | コメント (8)

2011年6月14日 (火)

2年経過しました

久しぶりの登場は ハ-フハイブシュのトップハットです。

2009年2月の挿し木、頂き物の穂木を挿したものです。

  

何本か成功して、それぞれ嫁に行き残りの1本です。

Dsc02263

5号鉢で こんなに元気に生長しています。

  

ご存じのようにロ-ブシュの交配で生まれた超矮性品種。

樹高30センチとの話しですが60センチになったとの情報も見ました。

果実は木の割には大きいらしいです。

  

この苗は花を咲かせなかったから、ストレス無かったのでしょうか。

  

アップしてみると

Dsc02265

シュ-トや小枝が一斉に芽吹いています。

 

小さい子もレビ-ルのような大きい子もみんな私の大事な子供

気をつけて、育てていますよ~

さてこの子の果実は 来年はまだ早いですね。

| | コメント (2)

2011年6月13日 (月)

白花レビ-ルにお任せ

最近畑シリ-ズが続いていますね。

今日の記事は 畑のオバケちゃんノ-ザン?の白花レビ-ルです。

ともかくこの画像を見て下さい。撮影は大雨のため11日の土曜日です。

Dsc02254 Dsc02255 Dsc02260

 

果実の大きさは 何も持ってなかったから人差し指と比べて

Dsc02261

まあまあ20ミリ前後で中から大粒でしょうか。

大きな房も一杯有りますよ。

Dsc02257

 

去年もこの樹は豊産で数多く成りました。

樹は大変巨大化して こんなです。

Dsc02253

中心が空いて(内向き新梢切りすぎ)上や左右にクネクネと手を広げた状態。

枝先には全部大房付いて 枝は撓っています。

 

去年は味がイマイチと思ったのですが、今年は美味しい。

ただしあまり樹上に置かない早めの収穫向けの品種です。

デュ-クやコリンズのように早穫りでも十分いけますよ。

 

思えばこの品種2008年購入の天香園と書いた接ぎ木

最初はインパルス苗と変わらない中苗でした。

サザンの赤花リヴェイルとの比較ばかりで、リヴェイルの引き立て役。

でも旺盛な樹勢と強健さでみるみるうちにうどの大木ですよ。

  

7号スリットからのスタ-トですが、すぐ10号に

ネットハウスでコンテナ入りし、畑の地植えでオバケのように生長。 

これをノ-ザンと分類し、赤花と分けたのは冬に落葉するのです。

勝手な解釈ですが、何処かの農園でノ-ザンと分類されていたし、

樹の大きさや性質見る限りノ-ザンなら納得なのです。

 

前にも書いたと思うけどよく似た名前の比較結果は

赤花リヴェイルは花が少し長めで、白花レビ-ルは球形の花だし、

収穫期はリヴェイルは早く、レビ-ルはスパルタン、ヌイより少し遅れる。

何より果実がリヴェイルは丸く、レビ-ルは少し扁平です。

この2品種全く違うと思います。 

でも接ぎ木買ったときにはサザンレビ-ルと書いてあったような・・・

 

白花レビ-ルは豊産で逞しいのです。

味も果皮が硬くパリっとした食感だし、甘みは強くはないが十分美味。

これは! 私には新しい発見の優秀品種です。

今年は収量の少ない畑で異彩放っていますよ。

ザル一杯の収穫はレビ-ルにお任せです。

 

白花レビ-ルをお持ちの皆さん ぜひ見直して下さいね。

| | コメント (8)

2011年6月12日 (日)

今朝のサンプソン

サザンのサンプソン、去年も畑で数粒成らしたその後の樹です。

全体は開帳性の横伸びばかり

Dsc02248

果実は多くはないのですが とても大実です。

あちこちに新梢伸びてきていますよ。

  

こんな小さな樹だから身分相応の実なり

Dsc02250

この雨の中の撮影で樹も果実もずぶ濡れ

Dsc02251

大きめを2、3個食べると、美味しいですね。

ともかく美味しい品種、これも増やしたいお気に入りになります。

サンプソンは花の大和のも有るそうですが、これはリョクサンの接ぎ木。

 

この雨で他の品種見ると、オニ-ルやサファイア、品種Sに裂果が多く

辛いです。大きな完熟果ばかりが無惨な状態。

今朝のところではオニ-ルはほぼ全滅・・・ミスティ半分悔しいです・・・

後は数少ないから元々ないと思えば許せますね。

 

何かサザンは裂果が多く性質も気難しく繊細な品種が多いような気がします。

ノ-ザンの方が酸っぱいけど逞しい・・一度拗ねたら回復困難ですが。 

幸いな事に今朝のスパルタンやレビ-ルなどは何とか裂果免れていました。

果皮や果肉が硬いのでしょうね。

  

でも外は凄い雨、少しでも止んだら様子見に行く準備で、待機しています。

屋外での栽培始めてから天気予報でこんなにヤキモキするなんて

思ってもいませんでしたね。

 

雨の合間の収穫も果実水っぽいし、まあ成り行きに任すしか無いかと

考えたりもしますね。

台風ではないから 今回は落果は殆ど無いようです。

ああまだ降ってる、今日はどうしようかな・・・紫陽花街道にでも行くか?

| | コメント (8)

雨の中熟れてきました

畑の隅に風よけの意味で植えたボイセンベリ-(トゲ無し)です。

最近急に熟れてきました。

Dsc02245 Dsc02246

赤が綺麗だけど 黒くならないと美味しくないですね。

こんな大きめも

Dsc02247

 

この雨はボイセンベリ-にも厳しいで~す。

果実品質悪くなって、黒くなった実は崩れ殆ど廃棄処分です。

まだ赤いのだけは辛うじて品質保っています。

ジャムなら平気でしょうかねえ~

   

    

こちらは6坪弱の小型ハウス、屋根はハウスで横は通風のためネット製です。

葡萄は2度のジベレリン液に浸けて 幼果膨らんで来ました。

Dsc02262

品種はサニ-ル-ジュ 自然摘果で良い具合です。

初めての栽培2.3房穫れたらそれで良いのですが、

こんなの結構付いて、今日主軸枝残し少し剪定整理しました。

後はハウスの中でも袋掛けが必要かな?

  

去年一番に植えた瀬戸ジャイアンツ、安芸クイ-ン、頂き物甲斐路は

枝は伸ばしているのですが今年は花が有りません。

| | コメント (2)

2011年6月10日 (金)

今年のスパルタンは

明日から雨の予報なので、今朝も無理して早起きし、

遠い畑に行きました。

今日はスパルタンの画像だけの記事です。

 

もうそろそろスパルタンが良い頃のはず・・・

ほら 大分色づいていましたよ。

何とか裂果せずに果皮くっついています。

Dsc02241 Dsc02242 Dsc02243

不作ながら 何とか量を稼げそうです。

やっぱり果実大きいから 小房でも存在感有りますね。

  

一部を下から見ると

Dsc02244

こんなです  良く熟れた果実は味見しても最高の美味しさ。

大粒で香りがあり、酷い酸味が消えて甘味が出ている。

果肉は程よい硬さで 中身は白く綺麗で種も少ない。

  

但し 底にまだピンクが残る果実は思いっきり酸っぱいですね。

感覚が極端に変わります・・・

    

これの偽物らしきが畑に数本有るのですが それらはまだ色づいてない。

本物は早生のはずだから この画像の分は間違いないと思っている。

   

確か去年もスパルタン三昧という記事を6月9日に書いたと思う。

でも去年は梅雨前、今年は梅雨まっただ中の違いがある。

      

今日も完熟らしきを数粒収穫、酸っぱい果実は実割れ覚悟で日を置く

今年は それしか方法ないですね。

特にスパルタンに関しては・・・未熟果はとても悲しい味なのです。

| | コメント (8)

花壇のフクベリ-

沖縄では昨日梅雨明けしたそうですが、

ここ高知では今日は曇り今夜から雨の予報です。

昨年11月豊産品種と思い狭い花壇に植えたラビットのフクベリ-です。

その後花芽も沢山付いて 今年こそ豊産と思っていたのですが・・・

 

葉ばかり茂ってきて 横にばかり伸びる。

Dsc02183 Dsc02184

典型的な開帳性です。

 

全体画像がこれで やっぱりウッタ-ドの血が入っていますね。 

Dsc02182

フクはティフブル-とウッタ-ドの掛け合わせとか。

どうせなら樹形はティフに似て欲しかったですね。

  

私のカテゴリ-にウッタ-ドが無いのは、一頃栽培していて豊産で大実

だけれど樹形が難しく、おまけにうちのは果実に斑点入ったりで、

何か汚くなるのです。それでリストラでした。

果肉も軟らかくムシが付きやすいし・・・

美味しいとの評判も有るから 品種違いだったのかも知れませんね。

 

今日は思い切り剪定してみました。

Dsc02235

まだ気に入らない位だけれど上画像よりは小さくなったでしょう。

左の大葉は後で誘引します。

縦にシュ-ト出して欲しいです・・・

 

豊産と言われる果実も たったこれだけ。 

Dsc02236 Dsc02237

石灰硫黄合剤の噴霧後の葉にかこまれて

果実こんなに少ないのですよ。 沢山の花は何処に行ったのか・・

これも来年頼みの豊産?品種ですわ。

 

地植えが何もかも良いとは限りませんね。

一緒に植えたベッキ-ブル-は果実無しだし、ウィトウは少し

ただバルドウィンだけがひとり頑張っています。

やっぱり狭い場所では根域限られて成績悪しですね。

昔ベッキ-とティフとウッタ-ド、パウダ-を植えていたときには

この場所でもとても良く成ったのです。  何が違うのでしょうね。

 

皆さんのお宅のフクベリ-は如何ですか?

| | コメント (2)

2011年6月 7日 (火)

見事な樹です

先ほどは嫌な画像お見せしましたね。

気分直しにもう一記事 書かせて下さい。

  

先日あるホ-ムセンタ-で大きなブル-ベリ-樹売っていました。

Dsc02221

満艦飾に果実着いているのです。

 

近づいて見ると 

Dsc02222 Dsc02223

すべての枝に素晴らしく多くの果実。

品種はサザンのナイトジェムで 

鉢には生産者の○○農園さんのタグで12,000円。

私が昔ナイトジェム買った地元の農園でした・・・

うちのも上手に栽培したらこんなになるのよね。

 

ナイトジェムは去年葉に斑点が出来て気に掛かり、大苗を台切りした。

その後 新芽を伸ばしているが、まだ復活には遠い。

今年は中苗を畑に地植えしたが、幼苗のせいか実つきが悪い。

まだ地植え1年目だから そんなものか。

こんな豊産のを見ると ちょっと希望湧いてくるね~

でもこの樹の来年はどうなるか?

  

 

今年はネットハウスの10号スリットを15鉢くらい畑に移動した。

畑の中でもハウスではなくブル-ベリ-ネットの地植えの間。

ハウスには葡萄が有るし、スリットを入れても屋根があるから

水遣りに問題が出てくる  2、3日置きの畑通いは出来ないのよ。

それでブル-ベリ-畑には地植えと合わせると50本くらい有るはず

なのにあまり果実は無い・・・

  

昨日、初収穫の記事を書いたけれど、全般に果実が去年より少ない。

僅かにレビ-ル、ミスティ、プレミアあたりが豊産でそれ以外はぼつぼつ。

去年より少ない収量はどうしてなのか?

剪定が悪いか、受粉が悪いのか、天井ネットが早すぎか悩んでしまうね~

おまけにこう雨が続くと 果実は太り裂果してくる。

  

今日までで落果は無いけど裂果は多い・・・今年はいったいどうなるか?

畑栽培にも手放しで喜べない問題も有るようですね。

| | コメント (6)

鉢の中には

先日記事にした廃棄予定のおおつぶ星、鉢の中見てみました。

あわよくば用土替えで今一度の再生をと考えていたのです。

鉢の用土には 予想通り全然根が張って無くて

鉢底の方には 気持ち悪い画像です。

  

ナメクジですね。

Dsc02226

  

こちらはゲジゲジムシ(名前知りません)ベラボンの間です。

Dsc02231

  

ちょっと気持ち悪すぎです。

Dsc02228 Dsc02229

鉢の中こんなのだらけ。   重過湿!

 

肝心の根は  これだけ

Dsc02232

 

鉢は近所のネットハウスで 防草シ-ト敷いた上に置いていました。

苗の水分蒸散がスム-ズにいってる苗の鉢は乾燥していて、

こんなのは殆どいません。

偶にナメがスリットの底にくっついてるくらいです。

 

手袋していじってるうちに もうこの苗は嫌になりました。

苗のせいではないのですが、復活は諦めます。

でもこのムシ入り用土何処に捨てたら?

ムシと用土の分別なんて出来ませんよ、タマゴ一杯のようで・・・

 

| | コメント (2)

2011年6月 6日 (月)

少し収穫

土曜日は朝から晴れで午後からは薄曇り。日曜日は雨の予報。

待ちかねて仕事終わってから すぐに遠い畑に行く。

少しは穫れるはず! 去年は6月5日だったから遅れていても・・

今穫らないと明日の雨で熟果は赤道裂果で食べられなくなる。

 

まずはお気に入りのスパルタン こんなお顔です。

Dsc02190 Dsc02191 Dsc02192

まだスパルタンは早いけど 

果実のおしりのところまで熟れてる数粒は良い味。

甘酸の比率が程よく濃厚な美味しさ、やっぱりこれが一番好き。

はっぱの栽培ではイチオシのオススメですよ。

    

ハ-フハイのポラリス  少しだけ 

Dsc02199

  

白花のレビ-ルは 去年は遅かったのに今年は早い。

Dsc02201 Dsc02202

こんなに生って良いの~って位の豊作

今年は味もいい。パンチが少ない味だけど酸味少なく食べやすい。

去年は様子解らず 遅くまで置き味が抜けた。

デュ-クなどと同じで 早めに食べるべき果実ですね。

  

ノ-ザンの大粒ヌイ 

Dsc02205

これも実なりは良い その上に大粒揃いで、果実は青く見栄えは最高。

完熟果は香り有って美味だが、未熟なのは悲しいくらい酸っぱい。

 

サザンの赤花リヴェイルは

Dsc02208

味はピリシャキで果肉がはじけるようだ。 甘さは薄いが美味しい。

ただ果実が少ない・・・確か去年も不作だった。

来年も駄目なら 鉢栽培向きかも知れない。

凄い勢いで新梢が伸びてるから それに期待です~

 

完熟果が一番多いサザンのオニ-ル

Dsc02211 Dsc02212

やっぱりこれが早いよね。 樹の割に果実は少なめ。

味は昨日書いたとおり未熟果でも酸っぱくない。  

甘くてジュ-シ-な優等生 女子供向きか。

  

これはサザンのミスティ 

Dsc02214

豊産種  あんなに花芽採ったのに この果実の多さ。

房なりばかりです。

味は少し癖がある。 熟度足りないと苦みのようなものが口に残る。

総じては甘く美味しいと言える味なのだが・・・

   

パテントのサファイアは 去年の結実の影響か 果実は少ない。

Dsc02217 Dsc02218

まん丸果実の味は甘くて さっぱりと美味しい。

オニ-ルよりはコクが有る旨みですね。

 

他にコリンズやデュ-ク、レカ、ナイトジェムなどが熟れていた。

でも収穫は少しずつで、今回は全部でこれだけ。

Dsc02220

250グラムケ-スに2個500グラムです。

これは土曜の収穫だから 今日はもっと熟れてるはず!

明日は夕方雨のようだし~ どうしよう?

| | コメント (12)

2011年6月 4日 (土)

バトンタッチ

もう処分すると言いながらまだ畑の隅にあるおおつぶ星です。

今は見るも哀れ

Dsc02177

枯れてるようにも無いのですが・・・動きはまったくない。

2009年だったかリンナイさんの景品として貰った苗。

  

その年の8月にはこんなに元気になっていたのです。

011

   

ところが2010年には葉が全部落ちて、その後芽が出ず

最初の画像とほぼ同じで だんだん弱って来ました。

今度こそ駄目のようです。

 

今回諦めても 実は2代目出来ちゃったのです。

これです。

Dsc02187

今年の2月の頂き物、貴重な作品。

シャシャンボ台木の接ぎ挿し苗。

おおつぶ星の2年生です。

家に来て4ヶ月、そろそろ鉢替えをして接ぎテ-プも取ろうかな。

現在の鉢は6号くらい、樹皮用土に植わっています。

 

さあそろそろバトンタッチ、前のおおつぶは可哀想だけど今度こそリストラ。

新しい気持ちで世代交代、今度は接ぎ木で収穫まで頑張ってね。

  

| | コメント (14)

2011年6月 3日 (金)

味見と今日のエチョ-タ

今日の天気は薄曇りなのに、ネットハウスの果実を味見しました。

晴天まで待ちきれなかったのです。

当地ではス-パ-にスパルタンらしき大粒が1パック580円で売っている。

200グラムくらいでしょうか。

買いたくて我慢できない。 うちのももう熟れてるはずって事で数個採りました。

果実はデュ-クとコリンズ、レカ、オニ-ル、サンプソンです。

 

さて味はデュ-ク、コリンズは似たような味で酸味はないが美味しい。

種も少なく果肉は白くブル-ベリ-の味そのもの。

ああ1年振りの生果の味と 感激して満足できるものでした。

レカは酸味のある濃厚な味、熟れの弱いのはただ酸っぱい。

ノ-ザンらしく完熟果は濃厚でたっぷりの旨さがありますね。

オニ-ルは甘くどれ食べても失敗の無い味。

サンプソンはレカとオニ-ルの中間的な味で結構いけます。

 

いずれも樹上での熟成は5日から1週間位の摘み取り。

レカは熟成遅いはずなのに今年は早くから強い酸は抜けてる。

数個ずつの味見でしたが、季節の遅い分熟成は早い感じ。

香りはどれも雨上がりのせいかあまり感じなかったです。

 

これはネットハウスの中苗だから 収穫はやはり畑の地植えですね。

畑は 樹は繁っているけど果実は少ない、収穫量が少なそうです。

来年来年とまた期待する いつもの今年になりそうな予感です~

  

 

さて今日の記事はノ-ザンのエチョ-タ

Dsc02180

ぼつぼつの色づきです。

Dsc02181

枝が弱いのか垂れ下がっています。

計測はしてないですが、かなりの大実もありますよ。

下の左の果実ムシクイのようですね。 ネットしてても何かいます。

 

全体像はこれ

Dsc02179

去年に引き続いて実なりはこれっぽっちです。

 

この果実達の今年の味は? どうなのでしょうね~

| | コメント (8)

2011年6月 2日 (木)

デュ-クとコリンズ

しつこい記事を書きます。

昨日記事にしたデュ-クとコリンズ、畑に接ぎ木が有る事を思い出しました。

今朝は早起きして出勤前に畑に。 凄い雨降っています・・・

 

これはデュ-ク 天香園接ぎ木です。

まだ果実は色づいていません。

Dsc02161

葉は 明るい照り葉

Dsc02162

 

 

 

こちらはコリンズ インパルスの接ぎ木です。

Dsc02163

この葉は大きく見えます!

上画像と色が違いますが 光の関係のようで幼果と果実見て下さい。 

Dsc02164

昨日の記事のコリンズとそっくり!

こちらはぼつぼつ色づき果出来ています。

葉は

Dsc02165

すこし撓んだ感じで デュ-クより若干幅広いでしょうか。

非常によく似ていますね。

でも大図鑑の写真 コリンズの葉はもっと大きいです。

インパルスが間違う事も無いでしょうから許容範囲かな?

    

やっぱり味見しないと正確には解からないけれど 

昨日の記事の両品種については

このコリンズ見る限りでは、ネットハウスの多品種接ぎのと同じ。

コリンズはコリンズ、デュ-クはデュ-クなのでしょうかね。

 

疑問感じたらすぐ動く性格だから、気になって畑に来たけれど、

バカみたい・・・レインフ-ド被って写真撮ってる私は異様ですね(笑)

まあ当分は 品種違いは無いって事で一件落着としますね。

  

  

 

今朝の畑はこの雨で樹が少し茂ってこんなになっています。

Dsc02166

高いのは天井ネットにくっつきそうになりましたよ。

Dsc02176

| | コメント (6)

2011年6月 1日 (水)

どっちもデュ-ク?

今日の記事は私の疑問です。

  

ネットハウスの入り口隅でじっとしていた接ぎ木のデュ-ク

昔記事にした4階建てのあのデュ-クです。

最近急に色づき果が出てきました。

こんな感じ

Dsc02146

  

一個をアップし 正面から見ると

Dsc02145_2

形が五稜のようにも見えるし、コリンズかも?

葉はスペ-ド型でもないし 幼果は上画像で見る限り萼片が赤い。

果実に萼片も少し残っているから、やっぱりデュ-クかしら?

 

このデュ-クは21年3月の自作接ぎ木なのです。

その時は かつてデュ-クとして買った地元業者の枝を接いだのです。

ちなみに これの全体はこんなです。

Dsc02144 

  

  

  

こちらは多品種接ぎのコリンズ

Dsc02150

  

これも一個アップすると  こんなに大実になりました。

Dsc02157

 

幼果は これです。

Dsc02156

   

何を言いたいか解らない記事ですが、

うちのデュ-クとコリンズはとてもよく似ているのです。

特徴の違いは花冠の長いのがコリンズで短かく膨らむとデュ-クとか。

花型はチャンドラ-風で とても似ている。

それとコリンズの葉はスペ-ド型で果実が五角形になるらしい。

うちのはどちらもデュ-クのような気がします。

 

栽培始めの頃、探し求めて購入した地元業者さんはデュ-クとコリンズ

両方栽培されていて、両方とも買いました。

  

このコリンズはどうやらデュ-クではないか。

もっと前に注意して観察すれば 花冠の長さで比較できたかも知れません。

今後で解る事は 果実の味。

デュ-クは酸味が少なく 熟果になるとつまらない味と大図鑑には書いて有ります。

多分ノ-ザンのウェイマウスの特徴と似た味でしょうか。

 

美味しければ関係ないのですが、品種同定自信のない私です。

コリンズの穂木をお送りしたブロ友もいます。

どっちがどっち?

何か気づかれたら教えて下さいね。

 

 

  

話し変わりますが 

これは多品種接ぎのレカの房、結構色濃くなってきましたよ。

ブル-ム有るけど、青い果実ですね~

Dsc02151

  

多品種接ぎはレカ、コリンズ、ア-リ-ブル-に果実着いて

枝元見ないと品種が判らない 今はそんな状態になっています。

Dsc02154

 

| | コメント (8)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »