« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

今日の色づき果

今日も当地はどんよりとした曇り 梅雨が近いのかも知れません。

夜には雨が降った時もあって、鉢の乾燥は一段落です。

でもこんな天気ばかりだとまた過湿が心配になる・・・

 

さて今日の色づきは

Dsc04108

うちではノ-ザンに分類のレビ-ルです。

収量多く、これ1本で大豊作に成る品種 味もいけますよ。

ちなみによく似た名前のサザンリヴェイルはまだです。

 

 

これは NZ品種のプルと

Dsc04113

レカです。

Dsc04115_2

 

              
         
         
大実のヌイも色づいて 今年も圧巻の大きさなのに

画像がピンボケでアップできない。

兄弟3品種コンプリ-トです。

 

果実の味は去年の味見ではいずれも時間かけて完熟見極めないと

とても酸っぱい品種でした。

そして完熟になったと思える状態でも味がイマイチ酸味が強い。

去年は地植えだったプル、レカも今年はコンテナ上げして窮屈な状態。

そのせいか果実量も少ないです。

 

果実品質はとても良いのですが、この味、樹の年数経過で良くなりますか。

お宅のNZ品種は酸味強くはないですか?

| | コメント (6)

2012年5月30日 (水)

頂き物ばかり

今日は自宅バルコニ-で可愛いお花が咲いていました。

これはノ-ザンのシエラ

Dsc04080

 

こちらはやっと芽をさましたノ-ザンのジュ-ン

もうすぐ6月だからいつまでも眠って貰っては困るのです。

Dsc04084

この2種はお花を見ただけですぐ取って株の生長に期待です。

 

そしてハルハウスでは

ノ-ザンペンダ-が変わった果実着けています。

Dsc04089

萼の状態が変わってると思いません。

ぴったりと果皮にくっついています。

 

そして花壇では ラズベリ-サウスランドが可愛い果実を

Dsc04086

この後試食したら、甘くて美味し~い。

 

これらは全部ブロ友さんからの頂き物で

家に来て1年から数ヶ月のもの。

送って下さったブロ友さん 有り難うございます。

おかげで、新しい品種の栽培楽しませてもらっています。










|

2012年5月29日 (火)

初収穫

昨月曜は朝からいつもの大学病院に。

各種の検査で午後4時頃まで時間がかかって、

コメントの返事もしなくて ごめんなさいね。

いつも書いてるけど身体が弱くて病気がちだから・・・

また手術して入院する事になりました。

まだ少し先だけど・・ブログ書けなくなったらその理由。

ブル-ベリ-の良い時期なのに残念です。

目やガンなどではないから御心配なくね~

 

そんなわけで土日の記事遅ればせながら・・です。

26日土曜日、早めに数粒収穫しました。

品種はスタ-やナイトジェム、オニ-ル、サファイア、エメラルド。

全部畑の分ですよ。

まだ早いと思っていたのに、オニ-ルは熟果が落果している。

勿体ないと慌てましたね~

 

味はスタ-はまずまず、鉢や地植えでそれぞれ別場所においてるから

これは地植え分で樹がまだ小さいのよね。

その上早穫りだったのかもしれませんね・・・

Dsc04096

Dsc04097

 

後ナイトジェムとオニ-ルは早くても甘い、色づいてすぐでも

充分美味しいです。 酸味は余りない品種のようです。

サファイアは皮が硬い感じだけど、口に入れると爽やかな甘さが広がる。

割とジュ-シ-な感じで これも早穫りOKです。

エメラルドはやたら大きいから、つい収穫だけど、まだ味がイマイチ。

ミスティも完熟は甘いけど、未熟果は口に苦みのようなものが残る。

 

そんなこんなで味見しながら 

土曜日の初収穫はたったこれだけ!

Dsc04100

黒いのはマルベリ-です。

 

翌日曜は午前中出かけて夕方収穫

これも少し100グラムほど。

Dsc04105

そして kurobonさんからのタイベリ-も収穫

Dsc04070

美しい色だし、大実です。

味はボイセンよりは甘い感じ、でも画像左下は早すぎで酸っぱい。

 

欲張り丸出しのチョッピリ収穫だけど

去年は6月3日にオニ-ル、サンプソン、レカ、デュ-ク、コリンズの味見。

今年は少しだけ早いかも・・週末の6月2.3日にはもっと穫れそうです。

 

日曜日のノ-ザンはコリンズが この程度

Dsc04091

お気に入りのスパルタンは  まだこれ

Dsc04103_2

ノ-ザンは完熟まで時間が 果実の底黒くなるまで待ちます。

 

少しずつが だんだん増えて

最後は250グラムの大パック4個くらい毎日穫れるようになる。

この頃には大分嫌になって冷凍したり・・・ジャム作ったり

今年も 嬉しい季節になって来ましたよ~











| | コメント (8)

2012年5月25日 (金)

植え替え色々

今日は朝から雨が降っています。

このまま梅雨に突入か、まさか? 心配になります。

 

晴れの日に2日も置けばカラカラになる鉢を見つけました。

植え替えは終わったと思っていたのに今度は大苗です。

 

まずは 自立出来ないサミット接ぎ木 8年11月の購入。

Dsc04059

鉢植えギッシリのところにいたから、何とか立っていたのですが

取りだしたらバランス悪く 倒れてしまう。

しばらく植え替えもしてない8号スリット。

何とか10号に植えたのですが 支柱がなくてこの有様。

Dsc04062

週末に長い支柱買って、左の枝を立て何とか格好つけます。

 

サミットはどれも樹形悪くシュ-トが大きく伸びる。

その先に着いた果実は どっしりと重く垂れ下がる。

Dsc04060
Dsc04064

本当に樹形づくりに苦労する品種です。

畑にも行ってるのですが、1本で2本分の場所を取る大木です。

この豊産性と大粒果、普通に美味しい味、やっぱり捨てがたい。

 

 

こちらも8号から10号への植え替え。

ボ-ナス接ぎ木8年1月購入のインパルス。

Dsc04071

これも果実重く垂れ下がりの枝も。

 

購入以来何度も不調に見舞われ、去年5月の果実は

これでした。

Dsc02014

上画像の今年の果実と比較してみて下さい。

去年は不調丸出しのムダ果が多い果実でした。

それで殆ど味見はなし・・・

 

今年は長い不調を乗り越えてやっと纏まった房に大実。

忍耐強く栽培しましたよ~

でも大図鑑によると味は海外情報では「little tasted」とか。

まあ自分で確認しかないね~味覚は好みがありますからね。

 

 

さてこちらは鉢は重いのに何か不調の苗。

葉色が悪くじとじと湿った用土。

引き抜いてみると 

根元には生まれたばかりのこれが  数匹。

Dsc04073

根洗をしたら白根もなく  可哀想なデニスブル-です。

Dsc04075

これは鉢下げをして、6号にファイバ-多い用土で植え替え。

こんなになりました。

Dsc04078_2

この葉色ですからね~

持ち直してくれればいいのですが・・・

不調苗、好調苗の植え替えはまだ続きそうです。

| | コメント (6)

2012年5月23日 (水)

スパルタンの摘果

畑にもハルハウスにも色づき果見えて最近はドキドキワクワクの毎日

この調子で高温が続けば月末頃には少し収穫できるかもと淡い期待です。

 

今日の記事は畑の地植え大好きなスパルタン4本の内の2本。

畑に来て3年目の大きな樹の様子です。

まずは自宅高接ぎの2枝主幹のスパルタン

Dsc04007

ぎっしりと異常に果実着いてしまったのです。

去年と比べたら格段多い。

スパルタンはあまり成らないからと油断していたら、

小枝の1本1本にまで必ず果実が。

 

喜ぶべき事なのですが、果実は少し小さい。

そして不完全な房もあり  こんなのも。

Dsc04049

 

これはちょっと実のつけすぎと 慌てて摘果です。

遅ればせながら20数房ほど取り除いた 勿体ない~

もう着色を待つ時期だから 他果の肥大効果は無理かも知れない。

でもでも 樹への負担は少し軽減できたと思いたい。

 

この枝はかつて生産業者さんが寿命で捨てるスパルタンを貰い受け

その枝をホ-ムベルの大苗に接ぎ木したもの。

あれから5年くらい経過か・・・勿論親樹は予告通りその夏に突然死。

そんな曰くの穂木だから何時突然死するか不安もあるのです。

 

 

もう1本 これは天香園の接ぎ木購入品。

これも畑で3年目です。

Dsc04011_2

もっと近くでみると こんな感じで充分豊産です。

Dsc04013_5

果実をみると

Dsc04009Dsc04010_2

自宅接ぎ木より大きく ずっと充実しているように見える。

1樹当たりの果実数は少ないけれど 安心感がある。

 

やっぱり適当な時期の摘蕾や摘花、摘果など大切ですね。

ちなみにどちらも放任栽培、後から気づく情けない有様です。

 

前に記事にしたオクラッカニ-の摘果後は急に果実が太り

一応成功したかに見えるのです。

今回はノ-ザンだから手遅れかも分かりませんが・・・

私は管理悪くその上欲張り過ぎなのかも知れませんね~

| | コメント (6)

2012年5月22日 (火)

色づきトップはオニ-ルではない

昨日は金環日食を楽しみにしていた知人も多かったのですが

当地では雲に遮られ、見物はダメだったようです。

夕方には雨が降って畑を潤し、今朝はやっと太陽が出てきて青空です。

 

何度か色づきの状態を記事にしてきました。

今日で最後の完結編です。

 

今朝無理をして畑に行ってきました。

ずばり今年一番早いのはスタ-とナイトジェムでしたね。

スタ-は南に向いた枝は色づき果多く

Dsc04053Dsc04043

これらが代表果 他に幾つか着色しています。

 

ナイトジェムは

Dsc04036

こんな果実多く 中粒ながら健闘してますよ。

失敗のない甘い果実だから、これをメインに出荷されてる方もいる

そんな品種です。

 

数年一番を張ってきたオニ-ルは

Dsc04034

まだ2.3個の色づき

 

期待のサファイアは

Dsc04045

青さが際だつ果実 まだ数は少なく2個程度

味は最高なのですが、一番にはなれなかったですね。

           

ノ-ザン代表はア-リ-ブル-

Dsc04031

大房ではなく たった2個しかない房でひっそりの1個!

親がスタンレイとウェイマウスだから、早さ頷けますね。

 

まあこんな感じで今年はスタ-とナイトジェムが互角の勝負です。

 

どうして早さに拘るかと言うと、

当地では梅雨にかかつたりすると果実品質悪くなり、

梅雨明けても 山裾の畑では害虫の天国が秋まで続くのです。

 

まあ梅雨だけならその時天井にポリフィルム張れば良いのですが

そうすると水遣りに困ってくる。(週末のみの趣味栽培)

散水チュ-ブも調べたけど、今のところ予算が・・・

 

だからハイブシュの初収穫は梅雨までに片つけたいのです。

出来ればそんな早生の品種を選択したい。

ラビットやハ-フハイなどは果実も堅く丈夫そうだし豊産種が多い、

雨の中にも猛暑にも耐えられると 勝手な思いこみです。

 

これから毎日青い果実が多くなり、楽しみの第一歩は踏み出しました。

去年は5月25日初色づきだったから、今年は去年より3日早いかな。











| | コメント (4)

2012年5月19日 (土)

不作のブル-ベリ-

豊産のブル-ベリ-ばかり記事にしてきましたが

今年は一休みのブル-ベリ-もあります。

去年成り過ぎや樹が若い苗や不調の苗などは花が咲いても

実が着かないとか隔年結果とか出てきますね。

そんな苗もうちには多いです。

今日はその一部をお見せしますね。

 

ノ-ザンのハナンズチョイスです。

Dsc04004
Dsc04005

実を結ばない果実ばかりで 何とか成りそうはたった2個!

これは樹が若い まだ成らしてはいけないのに味を見たさの好奇心。

後が怖いですね。

 

今年のピンクシャンデリアは

Dsc03999

すかすかの樹

果実も まばらでこんなのです。

Dsc04000

去年のピンクシャンデリアは綺麗だったのに・・・

Dsc02458

果実はやっぱり少なめだが 今年よりは断然多い。

ずっと苗としては充実していた去年の画像です。

今回は植え替えに手抜きしたから根づまりなのか ミニ種は難しい。

 

エイボンブル-も

Dsc04001

こんな枝が多く 花の割には成らない。 

今年は蜂も多く、受粉が出来ない事は絶対無いのに・・・

この樹はもう丸3年以上経過しているはずだけど

去年早めに花を着けた事わざわいしているのでしょうか。

 

まあ来年の反省材料として 勉強ですね~

| | コメント (10)

地植えのベリ-達

今年になって急遽地植えにしたベリ-達が実を着けてきました。

頂き物のタイベリ-です。

Dsc03995

この品種は随分早いと思っていたら

葉の陰に こんなに赤くなったのも

Dsc04006

これなんかもう食べられそう でも完熟はもう少し濃い色のようです。

後2日くらいでしょうか。

初めての味見が楽しみですが、果実は20個くらいは着いていますね。

大豊作です 栽培易しいのかも・・・

 

ボイセンベリ-はまだこんな

Dsc03996

果実の大きさは一番のはずですが、まだまだです。

ブラックベリ-の血が濃いのか、熟すと赤から紫や黒に

鮮やかに変わります。

家に来て3年目だから果実は多いですが

まだ幼果で収穫は大分先のようです。

 

珍しいとかで楽しみにしていたロ-ガンベリ-は

Dsc03997_2

まだまだの幼果で果実も少ないです。でも5.6個はありますよ。

形も特徴有りますね。

どんな味なのでしょうね~ もう小苗も作っちゃったよ。

 

この3種はブラックベリ-とラズベリ-の交配で生まれたものとか、

強健で手間いらずのようだから私にも栽培できそうです。

ブル-ベリ-で言えばハイブリットって事でしょうかね~  

種類もボイセンはトゲ有りトゲ無しと揃って、ロ-ガンはトゲ無し、

タイベリ-はメジナという品種らしいです。

 

うちでの購入は3年前のボイセン小苗だけで、後は頂き物ばかり

ブロ友の皆さん有り難うございます。

しっかり小苗作って友人にあげたり、幸せのお裾分けしています。

これからはブル-ベリ-も色づいてくるし、

ベリ-達も収穫期迎え 忙しくなりそうです。

| | コメント (0)

2012年5月17日 (木)

ハ-フハイブシュの幼果

また暑くなりましたね~

やっとブル-ベリ-の鉢ましも終わって、昨日はイチジクの鉢ましです。

イチジクの根は良く伸びるのですね。

去年頂いた、ダルマティやキングなどパンパンの根張りで油断すると水切れ。

だからアイリスの果樹鉢用土20Lの深鉢に変更しました。

もうこれで大丈夫。 今までのは駄温鉢の8号だろうか、普通のタイプ。

ついでに秋にやるべきクリスマスロ-ズの鉢ましも。

一応植え替えは梅雨までに終わって、早朝の仕事は完了。

 

それで今朝は早起きしても鉢替えが無いから、出勤前に遠い畑に。

まだ色づいたのは無いけれど 

ネットハウスの中のポラリスが2鉢。

Dsc03971

幼果は しっかりして来ました。

鉢植え10号ですが、直立性の樹形です。

果実はぽつんぽつんの中粒 うちでは少ないから2鉢です。

葉は鋸葉で ギザギザ

Dsc03972

 

地植えにした畑のチッペワは  

Dsc03975

ギッシリと成りすぎで・・・しかも大粒

去年も大豊作だったから、今年は樹自体がセ-ブすると

思っていたのにこの有様

Dsc03974

一部の画像ですが、こんな果実が全体に着いています。

冬剪定も大幅に切って、それでもひるまず新梢は多いのです。

新梢はこんな葉で これも鋸葉

Dsc03976

シュ-トがじゃんじゃん出てきて、いつの間にかブシュ状。

非常に強健な品種ですが、味はポラリスよりはちょっとかな。

 

去年のポラリスは芳醇な香りで風味もあって独特なノ-ザンの旨さ。

噂通りのハイクラスの絶品 もっと果実収穫したいですね。

今年は秋に地植えにしてみようかな~

 

一方甘味が有るはずのチッペワは酸味強く、収穫時期が難しい。

今年の味変化を期待する品種です。

 

どちらもハ-フハイだから寒冷地向き品種のはず、

でも暖地でも良く育ちます。

味も年々良くなる品種も有るし、気長に栽培し様子見ですね~



| | コメント (2)

2012年5月15日 (火)

極晩生種2種

地植えのラビット極晩生種が幼果をつけてきた。

まずはオクラッカニ-

Dsc03965

多花性のせいか、随分と摘花したにもかかわらずムダ果が多い。

画像の小さな果実達は 期待できない。

この後大量に摘果したが、まだ間に合うかしら。

 

去年も小さいままで肥大しない果実が多く、大部分を処分。

摘果を迷うときその事思い出して、ばっさりと房ごと切ってしまいます。

果実自体の味はトップクラスなのに残念です。

 

それに比べて

オンズロ-の方は

Dsc03935
Dsc03936

もうしっかりした果実出来ています。

 

この品種達どちらも大関さんによると8月下旬の収穫とか

当地では標準より早いはずだけど、

この幼果の違いはどうなんだろう・・・

でもまだ2ヶ月位は有るから、これからの肥大熟成速度で

様子は変わってきますね。

 

植え付け3年目の苗だけど、まだまだ小苗。

やっぱり樹自体がしっかり太く生長しないと

穫れる実も貧弱って事ですよね。

 

それにしてもこの2種 味には大分違いが、好みも有るけど

私的にはオクラッカニ-が好きですね。

| | コメント (2)

2012年5月14日 (月)

趣味の園芸作業

今回の土日は23.24度と低温で曇り空、作業日としては

格好の日でした。

土曜日には受粉のため畑ネットに入れたブル-ベリ-達を

ハウスに戻しました。

ハウスの中は真ん中の通路をあけて こんなです。

北側の一部

Dsc03958

南側

Dsc03959

こちらの天井には 葡萄を這わしていて

今年は実が着きそうな瀬戸ジャイアンツ

Dsc03960

去年は1個も成らなかったのですが 今年は花穂が多い。

これも1回目のジベレリン処理しました。

でももう左側には縮れた葉っぱも・・・ 前途多難か。

 

そして日曜には 朝8時から午後2時まで

畑の天井ネット張り

Dsc03962

4ミリ角ですが どうも上手く行かない

下にはテ-プ線張っているのですが 垂れ下がるのです。

外から見ると

Dsc03966

ほうら下がっているでしょう。

毎年工夫の無い事で恥ずかしいですね~

 

この部分たったの20数坪で手作りネットハウス

そして屋根付きハウスの方はたった6坪くらい。

後は車の回し場と通路で側溝など使えない部分多い狭~い土地。

そんなところでも、畑の草取りや花がらつみ、幼果の摘果と

忙しく、その間にアミノ散布やラビットの追肥、支柱直し。

 

遊び半分だから適当にだけど、中々大変な作業です。

北側は山裾だからそちらでミツバチ3群と文旦、小夏、はるかの世話。

ビワにバラやハ-ブにポポ-数本いったい何処まで増やす気か。

そう接ぎ木した柿も大きくなっているのです。

 

農業やった事のない者がただブル-ベリ-が好き、植物が好きで

ここまで冒険してきました。

まだ町中に小さなハウス(ハルハウス)も借りてそれも一杯です。

ハルハウスではイチジクやボイセンなどのベリ-類とブル-ベリ-苗。

自宅にはブル-ベリ-小苗とキンリョウヘンが沢山。

ここまで狂ったら病気通り越してキチガイですね~

毎年変わりばえのないブログを更新しながら、

向上しない内容は全く同じで ただ恥じ入るばかりです・・・

 

今年はその上についにキウイにまで手出しして・・・

健康で御世話できる間は良いけど・・冷静に考えたら不安いっぱい。

でもまあ良いか~今更考えてもね  趣味なんだから。

これをビジネスにするには用地が狭いし 体力も不足です。

 

いっぱいヨ-ダイ書いちゃったけれど、今日のキウイは

Dsc03968

一見、受粉出来たように見えるのです。

オス木の開花が遅れたから、多分ダメでしょうが、

この丸いの 期待してしまいそう~










| | コメント (8)

2012年5月12日 (土)

細枝の多いサンプソン

昨日から急に冬に逆戻りで最低は13度くらい日中も23度です。

カ-デ-ガン着たり脱いだりで忙しくて、温度差で体調崩しそうです。

 

今日のブル-ベリ-は地植えのサザンサンプソンです。

鉢栽培から畑に移動して2年目、スタ-やサファイアなどと同期

4年生ですね。

今年になって急に樹高が伸びて、やっと根が張ってきたようです。

果実をみると  北向き枝は

Dsc03951

こんなに垂れ下がり

ネットに近い南側も これです。

Dsc03953

この画像では地面につきそうですが、

上からの撮影ですから 本当はそんなに低くは無くて

果房の重みで垂れ下がっています。

こんなになるのはサザンのミスティやラビットのバルドウィンなど。

 

去年は収穫果少なく本当の味見は出来なかったのです。

僅かの収穫果実はかなり美味しかったような・・・?

今年こそと期待していますが、サンプソン枝が弱いようです。

この細枝折れないで 収穫まで保つでしょうか~



|

今年は成る気充分

この数年なりを潜めていたサザンのリヴェイルです。

畑に来て3年目の開花も無事終わり、今年ダメなら処分と

決めていました。

 

ところが幼果は割合着いているのです。 去年とは大違い!

Dsc03940

全体像は これで

Dsc03939

葉に隠れてあまり分かりませんが そこそこでしょ?

この樹としては初めての豊作予感!

果実はもうしっかりしていて落果する気配は有りません。

 

ただ、これから梅雨に突入すれば裂果がおこりそう

リヴェイルは雨にはとても弱い品種です。

もっと小苗の時気づけば良かったのですが、

今となっては2m近くの大苗、露地からの移動はかないません。

この上だけビニ-ルを張るとか、それも風で飛ばされるし

なにか方策はないかと今思案中です。

 

リヴェイルにはもう処分の私のつぶやき聞こえたのでしょうね~

果実は堅くパリシャキの美味食感をもう一度と願っています。

|

2012年5月11日 (金)

マルの花がら

地植えのマルは花が終わり、例のグラデ-ションも無事済んで

幼果 になってきました。

Dsc03944

ご覧のように幼果 は上向きになっています。

もう一枚

Dsc03946

花の後の花がら 茶色になってくっついています。

うちではオノやタカヘ、ウィトウにこれが見られます。

特にマルは果実は少ないのに茶色の花の残骸多いですね。

 

畑に行くたびこれを取りのけています。

これが葉に落ちると

Dsc03947

こんなに濃い茶色のシミになるのです。

画像は撮影のため少し花がらの位置を下にずらしました。

一度はこれが腐って、花腐れ病になったことも有りましたよ。

あの時はウィトウだったかな~

 

こんなになるのはうちだけでしょうか。

今年はこの時期雨が少なくて、まだ病気は発生してないです。

| | コメント (4)

鉢上げ作業と天香ブル-

このところ毎日挿し木の鉢上げや4号水切れ苗の6号への鉢上げなど

一日で20鉢くらいはやっています。

去年の足の怪我以来サボったつけが回ってきて、根鉢が出来てるのが

数多くあるのです。

 

昨日の分は集中して挿し木ポットからの鉢上げで4号に。

Dsc03957

取りあえず倉庫のそばに仮置きで、6号以上はハルハウスへ

4号は自宅バルコニ-にこれから移動します。

 

栽培場所が3箇所は案外移動が面倒なのですよ。

自宅に帰った4号苗達もこの秋か、来年にはまた倉庫に移動して

生長具合で6号か7号に植え替え予定。

好きでやってるのだから・・ですが結構面倒です。

 

 

ところでブロ友からの頂き物天香ブル-NU105です。

天香園オリジナル4品種のうちのひとつです。

果実はヌイくらいで、ヌイより酸味少なく味は良いとか。

うちでは冬に接ぎ木と挿し木の穂をとるのに少し剪ったら

芽が出てこなくなって・・・

 

下さった方にメ-ルで再度をお願いしなくてはと思っていたら

最近やっと芽生えてきました。

Dsc03954

ほっと一安心です。

そんなにして取った穂の接ぎ木も芽が出ず失敗の様子、

挿し木は動き無くこれも失敗か・・でもまだ様子見しています。

休眠期間の長い品種かも知れませんね。

 

毎年大実が揃う畑の地植えヌイは大きさは満点なのです。

もう少し酸っぱくなければ・・・と (今年はジャムにも使用予定)

その意味でもこの品種期待しています。

何年後か先は長いですが一喜一憂しながら、楽しんで育てていきたいです。

 

ところで余談 

お昼のお弁当買いに行ったス-パ-で高知産ブル-ベリ-初物売ってました。

120グラムほどのパック498円、品種はミスティのように見えましたが?

スタ-やサファイアなら買うかもですが、もう少しの我慢です。

うちのはまだ色づかないですよ~

| | コメント (0)

2012年5月 9日 (水)

今日のレガシ-

昨日から当地の空は白く濁って、黄砂だと思っていたら

煙霧とかで 今日も白い空です。

めったに聞かない煙霧ですが、大気中にちりや煙などの微粒子がひろがる

そんな気象現象らしいです。

その正体は大陸からの大気汚染物質とか・・

でも現段階では健康に心配ないそうです。

 

さて今日のブル-ベリ-は

ノ-ザンのレガシ-自根  大分果実も着いてきました。

Dsc03928


全体像はこれ

Dsc03927

スタンダ-ド仕立てのような樹形ですね。

樹齢はブログ始める前年2年苗で購入ですから   
もう5、6年はたっているはず。

なのに小さい 不調になったり立ち直ったりで、長いお友達です。

うちでは多くの小苗や大苗も時間かけて栽培している苗が

多いです。

栽培上手で1年くらいで大きくされる方もいるし、技術追いつかず

だらだら長い時間遊んでもらってる・・情けない私です。

 

あんまり数が多くて、どこに置いたか不明になり

やっと見つけて取りだしたら、せっかくの果実落ちてしまいました。

Dsc03930

      
でも今年のレガシ-は少しは穫れそうです。

Dsc03929

接ぎ木も1本挿し木も1本作ったから、

去年立ち直ったばかりだけど 品種としては生き残れそうです。


| | コメント (12)

2012年5月 8日 (火)

多分一番はこれだね

こちらでは昨日少しぱらっと降った程度で 晴天続いています。

昨日は忙しく今日久しぶりのハルハウスで

鉢植えジュエルにすこし赤みがさしていました。

Dsc03925


まだ色の無いのは 黄色っぽくて

Dsc03924

ここはハウスとは名ばかりで 防ちょうネットで囲った露地。

ジュエルが一番早そうです。

 

遠い畑の昨夕のサンプソン

Dsc03884_2

 

そしてナイトジェム

Dsc03895_2

オニ-ルやスタ-には まだそれらしい色は出てません。

 

毎年早めのレガシ-もまだですね~

はたして今年初めて成らすジュエルが一番に着色するでしょうか。

味見も初めての期待の品種です。

 

 

畑の花壇では  バラが咲いていました。

一輪アップです。

Dsc03911

イングリシュロ-ズの名花グラハムト-マスです。

秋にも咲くのですが、害虫の少ない春の花が一番です。

地植えだから花壇中グラハムで一杯なのですよ。

6月になればまもなく四国も梅雨入りですから、それまでの短い間

多くの蕾を咲かせる時間は無いかも知れませんね~


 

| | コメント (2)

地植えのベリ-類

冬に地植えにしたラズベリ-類です。

これはハルハウスの中に一部だけブロック囲いで作った地植え場所。

Dsc03919

上画像の横がこちら

Dsc03915

地植えは去年枯れそうになったのとか、頂き物の小苗だったもの

大変な勢いなのです。

少し剪定して枝数を減らした方がよいでしょうか。

       

2本のボイセンベリ-とタイベリ-1本ロ-ガンベリ-1本で

画像はこれでも一部だけれど、メチャクチャ広がってきました。

 

果実も少しはついて

Dsc03922_2

この薄色の葉は多分ロ-ガンベリ-かな?

ボイセンかも知れませんね 下の名札見ないと分からない。

アップすると こんなのです。

Dsc03921

少し赤みが出てきました。

 

鉢植えにしたタイベリ-は 均等に実が着きました。

Dsc03916

果実は特徴有る形

Dsc03918_2

まさに木イチゴですね。

栽培の仕方も分からない初心者ですが、

幾つか収穫までいきそうです。

 

ブル-ベリ-の実る頃には こちらも楽しみです。

 

| | コメント (0)

2012年5月 7日 (月)

よく似てるでしょ

休みが終わって今日から仕事

又忙しい日が始まります。

今日の記事は昨日の画像です。

まずはオニ-ル

Dsc03893

 

こちらはスタ-

Dsc03897

何か似てると思いません?

 

ラビットアイのプレミアと

Dsc03877_2

 

ブライトウエル

Dsc03882

そっくりです。

こちらの二種は どちらもブライトウエルかも知れませんね。

色々種類の中には こんなのが有ったりします。

とても美味しいし、毎年成っても失敗のない品種だから

もし同じでもいいかな~

 

 

キウイのレインボ-レッドの花が咲きました。

早すぎでオスが間に合いません。

Dsc03905

| | コメント (4)

2012年5月 2日 (水)

本当にデキシ-?

去年の冬、郡部の小さなHCでムシロで巻いた地堀苗を買った。

値段が1000円以下で安かったのと持ってない品種のようだから。

自称デキシ-ですが 購入以来不調の連続で

夏には枯れそうになっていた。

10号より大きめの鉢に植え替え様子見ていたら

今年持ち直した様に見える。

 

晩生とは言え、今頃花は満開で 当地では遅すぎ

Dsc03867

 

全体像は 緑が薄い葉 何か貧弱な感じ

Dsc03866

これは本当にデキシ-なのか?

葉と幼果 の感じは これで

Dsc03869

デキシ-の特徴は果実は大粒、花は小型で黄色みがかかる。

葉は濃い緑の照り葉とか。

全然それらしくない。 葉色なんてまったく違う。

 

花などの特徴よく似た品種にジャ-ジ-がある。

どちらかと思うが 幼果が緑多く、萼片のみ赤色の特徴は

やっぱりデキシ-なのか。

ジャ-ジ-の幼果 はもっとピンクっぽいはず。

 

これの同定は果実見るしかないですね。

ブル-ム少なく濃い果色で軟弱な果肉ならデキシ-

中粒でブル-ム多く白っぽい加工用果実ならジャ-ジ-かな。

 

両品種ともビックセブンよりまだ古い品種のようで

強健で開帳性がデキシ-、強健で直立性ならジャ-ジ-とか。

我が家では強健種もひ弱に育ったりするし、直立も開帳になる。

品種同定はとても難しい問題です。








| | コメント (4)

足摺テルメ

大型連休も中休みになって、皆さん如何お過ごしでしょうか。

私は最近リニュ-アルしたばかりの高知県最南端足摺岬にある

足摺テルメに行ってきました。

高知市から車で3時間半、途中の中土佐までは高速だし

その後も新緑輝く山や四万十川、海辺を見ながら快適ドライブ。

 

予約の部屋はツインで こんな感じ

Dsc03824

ここまでは珍しくもないけれど

専用バルコニ-がこれで 海に突き出しているような感覚。

Dsc03823_4

実はここのディナ-が本当の目的

フランスの三つ星レストランでシェフされていた方の

本格的フレンチが評判とかで

食いしん坊の私は近いうち是非と 機会待っていたのです。

 

さてホテルのレストランは

Dsc03836

夕焼けがのぞめる明るく清潔なたたずまい。

暗くなるとテ-ブルや外のガ-デンにキャンドルライトが。

 

待望のお料理は こんなのです。

まずは 四万十のアオサノリ、チャンバラガイ、手長エビを

地元の天日塩でいただく・・・

Dsc03828_2

 

次に プチパスタ

Dsc03831_2

 

お楽しみの地元の食材を 4種のソ-スで頂く清水のパラダイス

Dsc03833_2

絶妙なソ-スで魚介や野菜が最高に美味しかったです。

 

この真鯛とソラマメのス-プも絶品、生ハムとワカメ添えを

左の胡椒風をつけていただく

Dsc03834_2

 

サフラン風味のベルモットソ-スは本日のお魚

ホワイトアスパラ添え

Dsc03835

 

メインの肉料理 土佐赤牛のヒレステ-キ

Dsc03837

       

      
デザ-トは土佐ジロ-卵のクレ-ムブリュレ

Dsc03839

まだ温かくて美味しく お代わりしたかったですね。

 

ホテルは夜景も素敵で

Dsc03845

玄関ロビ-は5階にあって、広~い温泉施設もあるホテル

県内でちょっと気晴らしできました。

後半は車も混むと思って早々とグルメな旅楽しめました。

 

| | コメント (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »