« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

ニュ-フェイスの紹介

3年後を夢見て また買い物をしてしまいました。

昔のパテント品種ブル-クリスプです。

Dsc04562

到着時からすでに紅葉している。

大丈夫かな~の1本。

画像は根洗いして我が家の用土に植え替え済み。

果実のパリパリとした食感が売りの品種らしい。

もう最近はあまり売ってないようだからそれなりの品種かも。

でも新品種好きの私には魅力いっぱいの苗なのよね。

 

こちらはサザンのデキシ-ブル-

Dsc04564

もうそろそろ支柱が必要だけど 緑濃い品種。

中くらいの開帳性で樹勢は強いとか。

中から大粒で果実の硬さ、風味は良いとカタログに。

果実の写真を見ると果柄が長い品種のようです。

収穫はやりやすいタイプかもしれないですね。

 

もう随分品種も集まって私の収集癖もそろそろお終いにしないと。

管理が大変になって 手に余ってしまう。

今年はラビットが大活躍したけれど 果実品質はイマイチ。

ノ-ザンは接ぎ木でないと難しいし、サザンなら大抵の品種自根でいける。

そろそろ品種絞って行く時機の到来かも・・などとぼんやり考えている。

 

| | コメント (13)

2012年10月30日 (火)

とうとう実なりです

前にお花を記事にしたハルハウスのサファイアです。

今日見ると  小さな果実が

Dsc04558

これはメインの枝ですが

脇枝の方にも

Dsc04559

Dsc04560

今頃の果実だから色づきは難しいと思うけれど・・・

この苗は来年も収穫予定はないから

どうなるのか見てみよう~

毎年サザンの数品種は秋に花咲き実を結ぶけれど

今年は夏剪定が強かったのか、ここまではならなかった。

このサファイアは4月に花だけ見て 摘花したから

余った力で 今頃咲いて実を結んだのか。

それにしても2期なりとのホルトブル-ペティットは1期も成らなくて

サファイアが成るなんて  不思議です・・・

霜が早いか 色づきが早いか さあどうなるかな~



| | コメント (7)

2012年10月17日 (水)

モ-ニングと畑仕事

今日は全国的に雨とかで 当地でも今はかなり激しく降っています。

今回の記事は、14日日曜の事です。

毎度月曜は疲れて、仕事も忙しく今日水曜の記事になってしまいました。

 

内容古いけれどご勘弁を・・・

さて日曜は毎週のお楽しみ 畑の近所のティ-ル-ムに。

周り田園地帯の中にポツンと小さな喫茶。

お料理好きの若い女性二人が経営してます。

朝一番だから 他にお客はいなくて お店はこんな感じ。

Dsc04548

木のぬくもりに包まれた 素朴な丸太小屋のようなお店。

モ-ニングは手作りで 野菜は新鮮。

Dsc04550

ホットサンドは本当は4コだけど すでに一つはお口の中。

ス-プも一口飲んだ後の画像になっています・・・恥ずかしい。

 

さて8時半からの畑仕事

先週の続きの鉢替えで 10号のも出してぴんさんの記事の

ような熊手みたいな器具で旧用土落とし新用土に植え替え。

ハウスの中も先週よりはメンバ-増えました。

Dsc04552

真ん中の一際大きな樹は先日まで地植えのリヴェイル。

処分延期でもう1年だけ、雨の当たらないハウスで様子見です。

 

手前右端は実験にオリ-ブの横の普通の土に植えネット外で

栽培していたシャ-プブル-、立派に沢山の果実着けました。

でもある日、完熟を待っていたように1コも無くなっていた。

鳥か人間か、追求しても仕方ないから

今回は鉢に取り込んだらごろごろ土にいたのに根が大きくなって

10号には収まらなかったのです。

旧用土を落としたから、剪定して画像のように小さくなりました。

でもシャ-プブル-は最強健!  証明されましたよ。

 

今のハウスは天井寒冷紗ネットで雨通ります。

来年の受粉終わったら、ビニ-ル天井に替える予定です。

ハウスもう少し入るから多分毎週樹は増えますね~

 

そして地植えのラビット達に樹皮マルチを

Dsc04551

マルチは通販で買っているから ケチくさくほんの少しの追加。

毎年入れてるからあくまで追加なのです。

 

前にも少し紹介した文旦の樹は

小さめ果実摘果しました。

時期的には遅かったのですがやらないよりはましかって。

Dsc04554

少しは樹の負担も減った文旦です。

Dsc04553

 

そしてメス木が枯れて、オスだけになったキウイフル-ツは

ハウスの南で地植え 一人寂しくだったのですが

Dsc04556

がんじいさんのご好意で最近お嫁さんが来ました。

Dsc04555

深鉢で養生中のレインボ-レッドなのです。

お嫁さんは2本いるのですが、この子がやたら元気です。

早く大きく伸びて春には

お婿さんのそばに行って受粉させてもらいましょうね~

畑仕事は3時まで 楽しくて時を忘れ  後で疲れるのよね。

| | コメント (6)

2012年10月10日 (水)

バナナとポポ-

3日間の畑の続きです。

前に花らしきが咲いたバナナですが 

今日は それらしき果実が

Dsc04534

モンキ-バナナのように小さな紅いバナナが2段

その上には こんな幼果 らしきが

Dsc04538

上画像の基部がメス花で先端部がオス花らしい。

受粉しなくてもメス花の子房が肥大して最初の画像になるようです。

他の枝にも 成りかかりの小さな果実

Dsc04535

さて 面白い事になりました。

初霜が下りるまでに 何とかなってほしい~

ホントに300円くらいで買った小さな苗だったのよ。

おまけに冬には吸芽株分けして友人に譲渡・・それも成ったとか。

こんな夢のようなバナナが本当に成るなんて思ってもなかった!

後は果皮が緑になり甘い匂いがしたら収穫ですって。

 

さて去年は成ったのに今年は落果してしまったポポ-は

葉の付け根の茶色いの  来年の花芽です。

Dsc04530

Dsc04531

今年は下枝にもばっちり着いて  楽しみが増えました。

木は今年成らなかった分生長にエネルギ-がいったようで

Dsc04532

こんなに大きくなって直立のしすぎ。

ポポ-って致命傷になるほど虫も病気もないそうで

すごく楽ちん栽培出来る植物ですよ。

耐寒性、耐陰性も強いようです。

 

この果実は日持ちしないようで 殆ど市販されてない。

これ味わえるの栽培者だけの嬉しい特権です。

今年は近所の蜂友が持ってきてくれて プリンのような味。

実生もビワのような種埋めるだけでたくさん出来ます。

こんな簡単な果実なのに栽培者少ないのは何故でしょうね~
















| | コメント (11)

2012年10月 9日 (火)

ハウスのなか広くしました

3連休も終わりましたね。

連休中の畑仕事は 

先日組み立てた物置にハウスに置いてた資材などを移動。

物置は間口は1800奥行き1200位。

畑に置くと小さかった・・・が無理矢理いっぱいに入れた。

Dsc04523


まずは10号スリットの生長の良い苗を

少し大きめ鉢に植え替えです。

ところが こんなのが

Dsc04519_2

周りは一杯の茶色根・・これは予想通り

真ん中にぽかっと空いた中には

Dsc04520_2

これ下の方が頭かしらね~ どじょうの様な顔なのか

台木からのサッカ-もあって

Dsc04521_2

こんなものを取りのけ 茶色根は周り全体をかきくずして

こんな感じに

Dsc04524_2


画像の分は樹が大きすぎて ハウスには入りずらいから

しばらくは屋外栽培  他数本の植え替えもしました。

そして資材でいっぱいだったハウスは 少し空間出来ました。

Dsc04527

この10号鉢もぼつぼつと地上部の小さな物は

号数そのままで、根を崩して用土替えやっていくつもりです。

そして近所のハルハウスから生長した苗を

植え替えして ここのハウスに移動するつもり。    

しばらく冬までは楽しい作業?が続きそうです。

 

ところで先日挿し木した天香ブル-

レジ袋開けると

Dsc04546

Dsc04547_2

小さな芽が出ていました~

枯れかけの穂木にも力残っていたのでしょうか。

頼りない芽ですが何とか頑張って欲しい・・・

大木も最初の一歩はこれですものね。

| | コメント (6)

2012年10月 6日 (土)

花と果実

近所のハルハウスの中、狂い咲きの花がありました。

サザンのサファイアです。

Dsc04506

ぽつんぽつんと蕾が

他の枝先も こんなのが多く

Dsc04508

Dsc04504

Dsc04505

こちらなども時間の問題

Dsc04507

この苗は来年も収穫予定ではないから

成り行き見てみますね。

 

最近目が疲れて冷凍果出してみました。

Dsc04517

しばらくラビットばかり見ていたから、やけに大きく感じる。

品種はノ-ザンのスパルタンやトロ、デニスブル-の混合。

凍ってるのすぐ食べるととても美味しい~

少し溶かすと冷凍果は軟弱になって、イマイチですよね。

この冷凍果、数パックあって冷凍食品が入らない。

そろそろ冷凍庫空けないとね~

今年の果実  さてどうしようかな?











| | コメント (4)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »