« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月30日 (土)

カロラインは美味しいですか

かつて地植えをしていたノ-ザンのカロラインブル-です。

数年前ふと拝見したブログにカロラインはとても優秀で美味しい

みたいなこと書いてあって接ぎ木を2本買ってしまいました。

自分でも別に1,2本は接ぎ木を作り、近所の方に差し上げたり・・・

 

ところが去年一昨年と味をみると最初は酸味強く、樹上完熟をさせると

イマイチの味になってウェイマウスを不味くしたような味 過熟なのか。

2年連続だから、なんか残念で 昨秋には鉢上げし大幅カット。

Dsc05103

鉢も10号だし 枯れたら枯れたでそれも仕方ない。

そのうち処分と思っていたのに  昨日見てみると

Dsc05106

突き出た小枝の残骸のところに赤いポチが

生きていて芽が出てきたようです。

ポチ見ると可哀想でもあるし、もう一度育て直しをしてみるか。

それとも同じ繰り返しだから  処分か。

最初画像の樹の色は石灰硫黄合剤散布で汚くなっているのですが

苗自体も数年経ってみすぼらしい・・・

どうしようか迷っています。

 

それにしても味が何ともまずくて 残念なのです。

皆さんのカロラインブル-は美味しいですか?

年月の経過で美味しくなると言う方もいるのですが

暖地では本領発揮出来ない品種でしょうか。

| | コメント (4)

2013年3月29日 (金)

お花の楽しみ

遠い畑に行くと、いつの間にか沢山咲いていました。

勿論オニ-ルを始めとするサザンハイブシュ系は満開。

ノ-ザン系では

NZ品種のレカ

Dsc05073

 

果実も大粒 お花も大きなNZ系・ヌイ

Dsc05079

 

マイルドな味の大粒果実 デニスブル-

Dsc05090


そしてお気に入りのスパルタンは果実は大粒、花は小さい。

Dsc05096

    

        
ラビットアイにも開花が見られます。

ノビリス(T100)

Dsc05081

    
           

ブライトウエル

Dsc05084

 

果実晩生なのに早すぎる・・・マル

Dsc05101

 

この畑は5年生以上が多いから、ヘタな剪定で切りまくっても

毎年それなりに花が咲き、実が稔ってくれるのです。

 

特にラビットは強健種が多くオクラッカニ-.オンズロ-.コロンブス

タカヘ、ウィトウ、バルドウィンなどもちらほらと開花しています。

やはり栽培本の適地適作とはこういう事なのでしょうね。

苗達の樹形も若い内は横に広がる開帳性だけどだんだん整って来ますね。

 

私は最初鉢栽培の1本からスタ-トしたから、地植えにしてから

剪定によって自然に整ってくるのも嬉しい発見です。

それで今は全部が良い樹形かと言えばそうでもないのですが(笑)

かつて鉢植えは切りすぎて特にハイブシュ系は何本も枯らしてしまったのです。

地植えは地力がプラスに働いて根がしっかりしているから

無理な剪定で不調にはなっても春には芽生えたり 滅多には枯れないようです。

 

まあ何年もバカやってると大体分かってそれなりには実りますね。

誰でも摘み立てのフレッシュな果実が賞味できる!

これがブル-ベリ-栽培の良いところでしょうね。

最近は前よりは鉢植えも枯らさなくなりましたからね・・・

今も奥深い栽培法は分からないけれど、花と葉を楽しみ

果実の大きさ色味の違いを楽しむ それで充分満足しています。


| | コメント (2)

2013年3月28日 (木)

今年の赤花は

さて今年の赤花はどうなっているか。

色の比較をしてみたいと思いました。

これは新畑のサザン・ブラッデン 鉢植えではどうもイマイチなのです。

それで地植えにしたら

Dsc05030

蕾こんなに紅いのです  でも蕾の先白いです。

咲いたお花は

Dsc05041

紅色のストライプ入りのこんな花。

この苗は数年前ブロ友のsomedayさんに贈って頂いた

彼の自作接ぎ木。

鉢植えでは何か生長悪く、ブラッデンは難しいと思っていた苗です。

今年は無理をさせない程度に少しは味見してみたいですね。

ちなみに前に自根を枯らしています。

 

さてこちらは遠い畑の周りだけネットの大鉢植え。

去年地植えで大豊作なのに殆ど食べられなかったサザンリヴェイル。

雨に弱いようで 今年は天井にビニ-ル張る予定で鉢取り。

蕾はこんなです。

Dsc04995

お花は まだ咲いていないのですが

蕾の感じよく似ています。それにもう赤と白ストライプ出てます。

開花したら例年赤ラインの入る薄ピンクの上品な色だったような・・・

 

それとこちらは新品種ノ-ザン・カ-ラズチョイス

まだ蕾だけですが 低温で紅くなる品種も多いのですが

際だって紅いような・・・つぼみ

Dsc05037

これは開花したらどんな花でしょう。

まさか真っ白になったりとか?

さてそれぞれのお花も楽しみです。

 

追加の記事です。

昨日は真冬、今日は真夏の天候、昼休みに遠い畑に行ってみました。

あの紅い蕾のリヴェイルが大量に咲いていてビックリ!

Dsc05071

こんな状態です。

花に近づくと

Dsc05068_2

華やかなピンク  いつもより赤みは強いようです。

今年の気象条件のせいでしょうかね~

| | コメント (2)

2013年3月27日 (水)

新畑のホ-プ2品種

早朝からの雨で、事務所の近所ハルハウスや新畑の様子見

の楽しみ今日はお休みです。

 

今回はノ-ザン系の花アップしてみたいと思います。(撮影は昨日ですが)

まずはハ-フハイのポラリス

Dsc05062

とても可愛い花です。

開花した状態の花型がスパルタンにそっくりな提灯花。

果実の味もスパルタンに似た風味のある独特の濃い味。

ミニスパルタンってとこでしょうか?

この苗は2本あって、どちらも遠い畑のネットハウスに3年住まい。

遠い畑では 地植え以外は郊外のためか害虫が多く花芽囓られて

あまり収穫には結びつかなかったのです。

10号スリット植えで一度も地植えにした事が有りません。

今度新しい畑でやっと鉢を脱いで、楽々と手足伸ばした状態です。

2本ともいっせいに咲いて来ました。

新しい畑は町中なので

今年こそ害虫に邪魔されないで 収穫してみたい期待の5年生です。

樹形はハ-フハイのせいかコンパクトで暴れない手間いらずですよ。

 

さてノ-ザン・プルはご存じの通りヌイ、レカと同様ニュ-ジ-ランド品種。

3品種とも 暖地でも自根で良く育つ強健苗達。

アップするプルも遠い畑のネットハウスでコンテナ植えだったから

新畑に地植え、中苗の多い新畑では一番の樹高です。

Dsc05059

早めのお花も一部咲いて

Dsc05060

白い少し長めの花 大花ヌイよりは小さく中位でしょうか。

このプルの果実の味は評判通り、香りのある酸味系。

酸味系と言っても当地では豊産のレカよりは酸味少なく感じます。

果実の大きさはスパルタン並のヌイと比較すると

ずっと小さいですが、レカよりは大粒で存在感あります。

何と言っても口に含むと独特の香りと味が広がり

意外といけるじゃん!の品種です。

 

この苗達が新畑でどう生長していくか、お味は乗ってくるか

これからが楽しみです。

| | コメント (2)

2013年3月26日 (火)

先駆けの幼果

最近は ブル-ベリ-の蕾が花になり幼果になって、

その後 ブル-に色づいた果実がちらほら見えてくる頃まで

そう今頃から5月末か6月始めまで、私この季節が大好きです。

 

今日はその先駆けの幼果を記録記事としてアップします。

いずれも露地栽培地植えで、勿論自根です。

まずはサザンのサファイア

Dsc05031
Dsc05032

新葉の展開が遅れて、汚い去年の葉の間から可愛い幼果が!

思わず笑みが浮かんできます。

 

そしてサザンのジュエル

Dsc05044

こちらは新葉も早く若葉がとっても綺麗です。

幼果は萼の内側が紅く特徴がありますね。

いずれも新しい畑の中苗、今年はあまり成らさない予定です。

 

遠い畑なら、樹ももっと大きく充実しているから

もっと大きな幼果が出来ているかも知れません。

先日の日曜には仕事関係の用があり、遠い畑には行かなかったのです。

でもこの季節毎日でもブル-ベリ-達を見ていたい

僅かな変化に心躍る 一年で一番嬉しい時期なのです~

 

 

ところで昨日行ったHCでの買い物お披露目しますね。

Dsc05047Dsc05048_2

折りたたみ式の簡易ハウス、割と大きいものです。

冬に接ぎ木や挿し木に良いかもの処分品300円でした。

まあもう来年の事ですけどね。

ムダになってもコ-ヒ-一杯分まあ良いか~

| | コメント (2)

2013年3月25日 (月)

オニ-ル色々

昨夜から少し温度も下がって通常の気温になって来たのですが

桜も後2.3日。水木が雨の予報だから週末までは無理でしょうね。

今年もブル-ベリ-のお花見だけで、桜はそこいらに咲いてるの見物のみ。

 

昨日は久しぶりに近所のホ-ムセンタ-に行ってみました。

嫌でも目が行ってしまうブル-ベリ-売り場。

品種は少なくて目に着いたのはオニ-ルばかり。

Dsc05020

スカイオニ-ル2,000円

 

Dsc05018_2

オニ-ルブル-1,970円接ぎ木らしい

これはこの品種の大きさ、少し白花も着いている。

Dsc05017

不思議な事に自根のラビットアイ・ブライトブル-と同じお値段なのよ。

 

普通の○○ってつかないオニ-ルもあって

Dsc05024_2

画像がうまく撮れなかったけど小さい苗で670円のも。

お花は全部殆ど同じ。

多分寒いところから来たのかまだ蕾が多いですね。

 

ちなみに我が家の単なるオニ-ルは

Dsc04999

まだこんな感じ、開花してるのは三分の一くらいです。

勿論自根でこれは鉢栽培、周りだけネットです。

畑に地植えの分も開花状況は似たようなもの・・・

オニ-ルも名前色々有るんですね。

 

ところで大関ナ-セリ-さんの新品種サザンのス-ジ-ブル-

買い遅れてもう品切れだった。

大粒で極めて甘くて、大きさ硬さ収量がスタ-より優れているとか。

まあ次回の販売を待つしかないですね~

 

 

| | コメント (4)

2013年3月13日 (水)

早い幼果

今日は9時すぎから雨が降っています。

待ちに待った雨、近所の新畑も先週植え付け以来水遣っていません。

遠い畑も水遣り無しです。

当地の記録では雨は3月1日僅かに降っただけ。

 

極めつきはハルハウスの鉢植え小苗4号のもあります。

昨日の点検では 鉢は軽くカラカラの様子なのに1本も枯れてないのです。

季候のせいも有るでしょうが、結構温かい日ばかり13日も続いたのに。

 

ブル-ベリ-達はかなりの乾燥にも耐えられる事再認識しました。

生長の良い苗を不調にするのは自分の水遣り頻度多すぎ!でした。

 

さてお話変わって これは昨日の撮影

Dsc04991

前に早い開花として記事にしたサザンのサウスム-ンです。

もう幼果 がついていてうちでは一番の早さです。

花も外側にめくれた感じで花柱は突き出し、いかにも受粉に有利そう。

この品種は日本ブル-ベリ-協会の江澤貞雄氏によると

皮は軟らかく果汁多く食感味ともにバランスがいい。トップクラスの品種

と推奨されているから私も興味津々なのです。

欠点は枯れやすく栽培しづらいとか・・・

 

ちなみにうちで一番早いサファイアはまだこんなで

Dsc04985_2

 

数年1番を張ってきたオニ-ルなんて まだこんなです。

Dsc04990

いかにサウスム-ンが早いかおわかりでしょう。

新品種は全体に成りが早いようですね。

 

でも開花や幼果が早い品種が収穫早いかと言うと

そうでもないところもあって・・・

お花は遅いけれど収穫早いスタ-と幼果早いサウスム-ン

の早なり競争はとても興味深いものがあります~

| | コメント (4)

2013年3月11日 (月)

レベルが咲きました

昨日は遠い畑に行きました。

温度はぐんぐん上がって23度の陽気、汗ばむほどです。

恒例の雑草取りをして、根元へのマルチの追加。

まえにブロ友より頂いた分に少し購入品をまぜて

こんな具合です。

Dsc04988

草取り頑張ったからわりと綺麗でしょ。

この畑でもお花だけ先に咲いてるのは多いのですが

意外に思ったのは この品種

Dsc04980
Dsc04978

オ-シャン貿易のパテント サザンのレベル。

去年は鉢植えだったけど、少し成らしたらわりと大粒。

しかも私的には美味だったから 秋に地植えにしてみたのです。

早生品種のようです。

 

花は長めで萼の形に特徴が有りそうです。

蕾は淡ピンクですが 咲いたら白い。

オニ-ルのクリ-ム白色とは又違った花。

ちなみに我が家のオニ-ルは開花が少なくまだ蕾。

 

そのレベル今年は花着きも多いのです。

Dsc04981

一枝1個の花芽にして ならせてみようと思います。

他にサザンのサファイアやエメラルドが咲き誇っていますが

これらの画像はまた後日に。

 

今咲いてるブル-ベリ-にミツバチは殆ど来ません。

我が家のミツバチは 蜂桶がどこか分かりますか?

Dsc04991_2

これは畑の上  菜の花の中 奥の方

横から撮ると

Dsc04992

ほうらお家が・・・もう分蜂もあるかもと横に丸洞置いてるのよ。

 

もう少しブル-ベリ-が開花したら、菜の花切らなくては!

手近にお花があるとそこでぶんぶんして畑まで来てくれません。

 

その内この蜂だけでなくマルハナ蜂などが何処からか飛来する日も

もうすぐでしょうね。

| | コメント (6)

2013年3月 6日 (水)

やっと畑に植え付けました

Dsc04968Dsc04971

先日、新しい畑にやっと植え付けました。

大苗は1.3m間隔で  一番左列の小苗は90cm間隔です。

小苗がほとんどなので まだこんな有様。

前記事でご相談したじんば青も小さいながらも地植えにしました。

 

これは少しだけ大きいラビットのパウダ-ブル-。

Dsc04972

これは小苗 ネギと見比べたら大きさ分かるでしょう。
Dsc04970

1本ずつ根を解して、ピ-トや樹皮、ココファイバ-などでくるみ

周りの土にも樹皮を混ぜてさらにマルチング。

夕方5時までかかって約30本位植えて、クタクタで家に帰ったら

7時頃宅急便が・・・    ええ何か注文してたっけ?

 

よく見たら嬉しいことに最近ご無沙汰しているブロ友さんから

Dsc04965

この真っ白の不織布にくるまれた苗を開けると

じゃじゃ~ん  枝先切っているけどかなりの大きさ。

Dsc04966

一緒に入っていた穂木はこの苗の枝みたい。

品種は私が前から欲しいと切望していたラビットアイです。

本当に嬉しい贈り物、それを頂いた夜は3月3日ひな祭りの日。

お披露目が遅くなりましたけど   sappiさん有り難う。 

プレゼント頂いた事も嬉しいけど、元気にやってるよ~って

お便り頂いたようで それも最高にうれしいです。

ブログお休みだったら、何かメ-ルするのも悪いような

そんな気がしていたからです・・・

 

もう穂木を送りあえるそんな季節になったのですね。

去年今年と色々で、ブル-ベリ-達にも長くご無沙汰でした。

でももう大丈夫! 身体も元気になったし可愛いお花も咲き揃ってきました。

 

北の地方は雪も残って大変なようで申し訳ないのですが、

ここ高知では今日は18度 4月の陽気です。

啓蟄も昨日だったから、今週末はハルハウスの鉢植えと

遠い畑のキウイ、ラズベリ-など他の果樹のお世話もしようと

今 期待に胸が膨らんでいます~

| | コメント (10)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »