« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月30日 (木)

チビデブ・エチョ-タ

去年の秋、遠い畑に地植えしたエチョ-タです。

やっと少ない果実に完熟果が出てきました。

Dsc05474

果実が全部下向いてて

上から見ると 熟度がわかります。

Dsc05475

へたの所の色がはっきり分かるでしょう。

 

実はこのエチョ-タ 超樹高が低いのです。

そして開帳性でチビデブさん

Dsc05476_3

葉っぱはあちこちに乱れ 果実はぶら下がり。

これでも6年生 長く鉢植えで住まいしていたのです。

鉢植え時代も樹形は開帳性でこれはと思っていたら

地に植えると直角の葉枝ばかり生い茂りこんなになりました。

これから数年掛けて樹形の立て直し予定。

 

地植えのチャンドラ-も畑に来たときこんな苗でした。

でも今は樹高高く普通の苗、冬剪定で徐々に立て直しです。

それとエチョ-タの味、サザン系のようなあっさりした甘さですね。

スパルタンより美味しいと聞いた事もあるのですが

味見の時の熟度にもよるから微妙なものでしょうねえ。

| | コメント (8)

2013年5月28日 (火)

こんな果実も

新畑の地植えにこんな果実見つけました。

Dsc05486

品種はスタ-なのに萼あ部がせり出して 見栄えが悪い。

がんじいさんのブログにも有ったけど こんな極端なの出来るのですね。

アップすると 変なの・・・

Dsc05487

 

 

また遠い畑の地植えでは

早くからチャンドラ-が色づいていると思ったら

Dsc05477

正面見たら 酷い顔

Dsc05478

普通のチャンドラ-はまだ少しピンクかかっている程度

晩生種ですから7月に入らないと 色づきも肥大もダメですね~

Dsc05480

500円玉のチャンドラ-は今年の成り具合 去年よりは良い。

巨大果が揃うし、味も悪くはない。

この品種まだ2本しかないから、もっと増やしてもいいかと思っています。

 

巨大果はノ-ザンではチャンドラ-にヌイ、ラビットではマルかしら。

ラビットのコロンブスうちではまだ巨大とは言えなくて大粒程度。

ノ-ザンのスパルタンも沢山成らすと大粒程度、

去年大幅に剪定し枝を更新したから 今年はひょっと・・・

なんて思うより 毎年間違いなくが良いのですが。




| | コメント (2)

2013年5月27日 (月)

土日の作業

先週の土曜日オニ-ルやスタ-、サンプソン、レベルなど収穫しました。

半分は自家用、後は近所のス-パ-の地場産市に。

不思議な事に地場産市にはまだ誰もブル-ベリ-出してなくて完売。

出店は全部で1キロくらいだからまだ僅かなものです。

でも1年ぶりのブル-ベリ-はフレッシュで美味しいですね。

少しヌイの酸味系も入ったのですが、それすら愛しい味なのです。

 

もうすぐ梅雨が来るから

遠い畑のネットの中、余っていた用具使って 雨除けしてみました。

横から

Dsc05481

正面は

Dsc05464_2

これは別目的で買ったものだったけど、当分こちらで利用です。

樹は2本しか入らないのよ。

遅めの方の1本 オニ-ルと

Dsc05467_2

サミット 去年これの裂果には無念の思いしたからね~

Dsc05470

サミットは去年怒って 樹を三分の一までに

剪ったけれど驚きの生命力で二分の一程度までに復活。

こんな果実があちこちの枝垂れています。まだ緑一色。

雨から守りたい品種他にもあるけれど取りあえずの2本です。

 

 

そして日曜日は

早朝6時起きで新しい畑の雑草抜き 炎天下で夫と2時間。

職場の近くだから一人で夕方ちょっとずつ抜いていたのですが

2日休んだら、その前終わった場所にまた雑草が・・・

ここは元々田んぼの土、硫黄粉撒いたり、ピ-ト混入して

樹皮もかなり投入したけど 雑草の勢い凄い!

もうこれはきりがない  防草シ-ト買うしかなかったです。

Dsc05482

1M幅で50Mコメリで格安品を購入。

通路敷き込んで樹皮マルチの畝部分露出、これで雑草は減ると。

シ-トの端浮かせているのはそこで樹皮を押さえる目的。

畝を包むパッケ-ジとピン打ちしたけれど さて上手く行くか?

ここのは小苗ばかりだけれど・・・あ-あ費用ばかりかかるのです~

 

昨夜は死ぬほど疲れて、夕方にはめまいがする・・やりすぎを反省。

9時にはもうバタンキュウ~でダウンしてしまいました・・・

| | コメント (4)

2013年5月21日 (火)

収穫の目安

土日と雨が降って、今朝は裂果を心配していたけれど、

殆ど影響なくほっとしています。

遠い畑の露地の早生品種達は大分熟れてきました。

 

まずオニ-ルは 青いの目立つようになったでしょ。

Dsc05458

個別に見ると

Dsc05459
Dsc05460

際だって他品種よりブル-が強い、色素に紫が出てないのです。

豊産ではないけれど充実した大実で、

青くなったらどれもが甘く美味しく失敗のない品種。

 

後スタ-は まだこの程度

Dsc05462
Dsc05463

何と言っても果実が一目で分かりますよね。

ガクあぶの広がり方や特徴有るガクの形、美味は勿論文句なし。

 

大実のヌイも今年の味見では 強い酸味が抜けてきました。

数年前は顔ゆがめるほど酸味強かったのに、今年は甘酸バランスが良い。

これも樹が年取ったからかしら。ずばり美味しいのです。

あんまり酸っぱいのでもっぱらジャム用にしていたのにこの変わり様は・・・

見事な大実の写真を

Dsc05444
Dsc05446

こんなのがバランスよく枝に着いてるの 見るだけでも嬉しい~

 

そう大実と言えばスパルタンやっと少し色づいたのです。

Dsc05452

お顔をよ~く見て下さいね、スパルタンは果実色が均一ではなく

果皮周りに独特の色むらのようなものがはいるのです。

Dsc05453_3

決して手で触ったわけではないのですよ。

この微妙な色むらを見て スパルタンを見分けていました。

この品種は何と言っても味が最高、甘酸のバランス良い果実は

他品種にはない特別なものです。

ただ収穫期を早まると、酸味だけのつまらない品種になってしまいます。

今年のスパルタンは冬の大剪定で 数が少ないようです。

地植えで3本、合わせたら我が家の需要には間に合うか微妙ですね。

 

もうそろそろ週末までに収穫を始めたいと思います。

この時期毎日高温が続いて、色づき果が増えてくるのです。

今日の遠い畑はリヴェイルやレベル、エメラルド、ミスティ、サンプソンなど

色づき果増えています。

近所の畑やハウスではサウスム-ン、ミレニア、ジュエル、ア-リ-ブル-

などがもう充分熟しているように見えます。

 

さて収穫について

完熟果の見分け方という記事を昔の趣味の園芸テキストに発見しました。

皆さんすでにご存じの事ですが参考までに転記します。

①色づいてからの日数の目安を考慮して収穫。

 ノ-ザン系は4~5日

 サザン系は1~3日

 ラビット系は1~2週間とか。

②完熟すると果実が肥大するので、大きな果実から順に収穫。

③果実が肥大して果皮が引っ張られ、萼片がねていて目立たないもの。

④果肉が軟らかく少し弾力があるもの。

⑤へたが取れやすく、引っ張って簡単に取れるもの。

⑥裂果したもの。

 

①も品種差があるから大体の目安で⑥は廃棄するから意味無いけどね~

プロ直伝完熟した果実の見分け方6か条という2008年のテキストです。

 

果実の底まで色づいて、さらにヘタまで青くなったら完熟は間違いないですが

案外底を見るのは難しいです。1コ1コに時間もかかるしね。

でも今年は 初心に戻って焦らずに収穫していきたいと思っています。

| | コメント (6)

2013年5月18日 (土)

ノ-ザン標準品種

普段ご無沙汰であまり記事にしないブル-クロップです。

今まで10号のスリットに植えていたのですが、冬に15号位に植え直し。

今年はよく実が着いています。

Dsc05432

Dsc05433

わりと大きめのどっしりした果実

未受粉のムダ果も少ないようです。

場所は遠い畑のハウスで蜂の飛ぶ頃は屋根無しだった。

蜂のせいか、自家受粉性強いのか、今年は豊作の気配。

 

でもね

果実が重くて こんなに垂れ下がり

Dsc05434

樹形はいたって悪いです。

あんまり味も覚えてない品種だけど今年は確認出来そうですね。

2008年にうちに来てそれ以来ぱっとしない品種

今年成ったら 来年はまただんまりかな・・・

 

この後支柱で少し矯正しましたが、画像は矯正前です。

これノ-ザン種の標準品種とか1952年発表で豊産、大粒、玉揃い良とか。

味どうなのかな?

 

 

話し変わるけど 同じ畑の入り口アプロ-チのオリ-ブ

満開になりました  品種は分からなくなったけどね。

Dsc05436

見上げるような大木になって、後2種あるのだけどそちらは咲かない。

一昨年に小苗のマンザニロ枯れてから、実が着かなくなった。

きれいな無駄花です。

まあこの時期のお花としてたまには記事にしてあげたいです。




| | コメント (4)

2013年5月16日 (木)

やっぱりオニ-ル

昨日遠い畑に行ってきました。

先日ビニ-ル屋根をしたハウスの鉢植えに水遣りのためと

もしかしてネット畑のほうで色づき果あるかもしれないと淡い期待です。

 

ビニ-ルハウスは大鉢は良いけれど、10号スリットは水切れでした。

これから鉢ましをしても、天井からの雨水だめだから、

週2回は水遣りに行かないと。

1回は土曜か日曜、後は水曜の朝早起きして出勤まえに・・・

 

さてネット畑のほうは

やっぱりオニ-ルですね~ 昨日の早朝。

Dsc05419
Dsc05420
Dsc05422

あちこち青くなっています。

 

ノ-ザンは大実のヌイも

Dsc05425

      

そしてサザンのレベル

Dsc05427Dsc05428_3

これからは 毎日毎日色づきが増えてくるはず

この最初の青は 沢山収穫できたときより何倍も嬉しいのです。

良く育ってくれたとブル-ベリ-に御礼を言いたい

そんな感動の一瞬なのですよ。

 

ところで先日記事にした、小苗の鉢植え分

果実さっそく今日摘み取りしました。

Dsc05429_2

60グラムがサファイアで3コがジュエル1コがスタ-です。

スタ-は数個収穫しながらの味見でたった1コに。

これは地植えや鉢植え小苗の分だから、収穫とも言えないのですが。

味についてはサファイアが一番甘くてジュ-シ-食べやすい。

後のはまだ早かったようで 本格的ではない味。

 

話しは戻りますが  

上記オニ-ルなどの遠い畑のが樹が大きく果実も多いから、

日を待てば大ザル一杯穫れますね。

土曜日からまた雨のようで、雨後は多種が熟れてくると思います。

本格的な収穫は来週末からでしょうか。

 

オニ-ルの熟れに関しては 不思議に思う事もあります。

遠い畑では北から4列にノ-ザン、サザン、ラビット、後からの新品種

と順に植えてある。

オニ-ルは北から2番目でサファイアやスタ-は新品種で後入りだから

南の端で一番陽当たり良く、山際にも遠く条件はいいのです。

それなのにスタ-やサファイアは色づかず、毎年オニ-ルが早い。

そしてヌイなどは一番北のノ-ザンの列なのにこれも早く色づく。

樹の年齢のせいなのかしら?

ちなみにオニ-ルは接ぎ木でなく南国では自根なのです。

先日の記事の近所の小苗畑や鉢植えにはオニ-ルはないので

そちらの比較は出来なかったのですが・・・

やっぱりオニ-ルが一番早生でしょうか。

| | コメント (6)

2013年5月13日 (月)

早い色づきはサファイア

昨日の日曜日、ハルハウスの鉢植えと新畑の地植えで青いの発見。

サファイアの昨日  新畑の地植えです。

Dsc05400

こんな色が2個は有って 

さっそく味見、甘くてジュ-シ- やっぱり今年の新物の味!

色づいてすぐに食べられるのは、オニ-ルとサファイアくらいだけど

この程度(画像の一番濃いブル-)で充分味がのってるのです。

今日月曜のサファイアは

Dsc05410Dsc05412

また別のが青くなっています。下画像はいけますね~

 

大粒のスタ-は

昨日はまだこれ  ハルハウスの鉢植えです。

Dsc05403

今日は   分かりにくい画像ですが 確実に大きく青く

Dsc05418

別の枝では

昨日の画像

Dsc05404

今日の画像

Dsc05417

スタ-は完熟まで 少し時間が必要です。

鉢植えだから 粒ぞろいが悪く その他が小さいですね。

 

ジュエルの昨日は まだ色薄くピンボケで画像省略。

今日は  まだピンクのや

Dsc05415

少し色づいたの

Dsc05416_2

ジュエルは去年の初味見では かなり酸味強かった。

スタ-もジュエルもゆっくり待つべきですね。

 

それにしても今年は色づき早いのは 全国的に温度高い影響でしょうね。

我が家の色づきデ-タをみると

2009年は 5月14日 オニ-ル、ウェイマウス

2010年  5月22日 オニ-ル、ブラッデン

2011年  5月25日 レカ色づきで 収穫6月6日多品種収穫

2012年  5月22日 ア-リ-ブル-、スタ-、サファイア、ナイトジェム

       初収穫は5月29日とある。

今年2013年は昨日5月12日だったから去年より10日 非常に早い。

ただ我が家の場合、鉢植えや今度の新畑が早い様子で

遠い畑の収穫頭のブル-ベリ-達には 日曜にはまだ変化なかった。

遠い畑は屋根にも防風ネット張ったから余計遅れているのか?

今日辺りひょっと・・・ 期待はふくらみドキドキワクワクなのです。

 

どちらにしても当地では今月末から来月始めには収穫できる

嬉しい季節になってきたのです~









| | コメント (6)

2013年5月10日 (金)

畑とハウスに屋根をしました

今年のGWは忙しく、1日おきで農作業と遊びの繰り返しでした。

 

去年は四国最南端の足摺岬のテルメに行ったのですが

今年はただ通過しただけ、足摺、土佐清水、大月町など走って

ドラマ遅咲きのひまわりの舞台になった四万十市から四万十川

に沿って西土佐村に行き、観光客の一人になって川景色満喫。

のんびりした田舎景色の中、きらきらの四万十川が流れて最高にきれい。

今更ながら土佐の良さ再発見でした。

 

もちろん有名な沈下橋も数カ所歩いてみたり・・・ 

水車やTシャツア-トとかカツオのぼりも見て。

帰りに通った漁業の町にはこいのぼりでなく、カツオのぼりの川渡しなのです。

自然がいきいきして、高知市に住みながら知らない場所もあったりで

すっかり自然の風景から元気もらいました。

遊びに忙しく1枚の写真も撮っていません。

 

またある1日は高松のHCをまわって楽しみ、お昼は自然の休憩所さんの

カフェで野菜ランチ、美しい盛りつけで食べるの勿体ない素敵なランチです。

この日は帰りは綾川のイオンによってショッピング、ここは当地のイオン

よりかなり大規模なのです。

 

 

そして農作業の日は

新しい畑の防鳥ネット張り  こんな具合です。

Dsc05376

ここは市街地だから虫も少なそうで 鳥用ネットのみ。

苗樹もまだ小さく収穫は2、3年後くらいでしょうか。

ただ数本の成木があり、プル、ポラリス、フロリダブル-、スパルタン

フクベリ-2本など・・鳥にあげるには惜しいです。

 

そして遠い畑  ハウスの方は

Dsc05385

屋根にビニ-ルをかけ、雨に弱いスタ-の鉢植えやリヴェイル、

フェスティバル、葡萄瀬戸ジャイアンツと安芸クイ-ンなど。

後キウイやブラックベリ-など雨から守ってあげる事にしました。

中はこんなです。

Dsc05387

 

そして収穫畑の方は

Dsc05367

中にテ-プ張るのは勿論

こんな支柱を立てて

Dsc05370

支柱の上は パッカ-で

Dsc05368

4ミリの防風ネット張ったのです。

ここは山裾で害虫が多いからと防風ネットにしたのが失敗。

陽当たり良く今まで赤く日焼けしていた沢山の果実が数日で色白に。

着色前に一瞬白っぽくなるけど、あれではなく、光線不足の青白さ。

人間の日焼けが冬になったら自然に白くなるようなあれです。

 

多分防風ネットが遮光効果発揮して、着色遅れそうです。

ああしまったと思ったけど、もう一度防鳥ネットに変えるには

とても手間がかかるので諦めました・・・

 

まあそんなわけで今年も去年と同じ着色予定は5月25,26日頃かしら。

こんなに急いで天井ネット張ったのは もうすでに何かに襲われ

果実が食べられて半分くらいになってるのいくつも発見したのです。

それ考えたらやっぱり山裾は細目を町中はおおざっぱで良いのかな。












| | コメント (14)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »