« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月26日 (月)

多分最後の収穫

先日24日の夕方、最後の収穫をしました。

オノやバルドウィンは終わってしまって

最晩生のマルは こんな果実多くなってきました。

Dsc05759

水が足りなくて縮み果が多いのです。

現在は昨日から雨が降り、51日振りに30度以上の高温も下がって。

今日なんて涼しい位ですが、画像は24日夕方雨まだ降ってない時。

 

そして畑で長く収穫できたオンズロ-は

Dsc05753

こちらもお終い果。

でもまだこんな幼果も残っています。

Dsc05755_2

Dsc05758_2

とても可愛いでしょ まだ大きくなる余力があるでしょうか。

この品種もう随分長く収穫しています。

ブライトウエルと同じくらいの時期の長さですね。

 

今年の最後の果実は ホントに少し

Dsc05760

250グラムの大パックに少なめ200グラムが6パックと

摘み取りかご400グラムくらいで合計1.5キロちょいかな。

 

欲しい新品種の資金稼ぎに少し売ってみました。

Dsc05762

アップすると これ

Dsc05763

このケ-スで詰め詰めいっぱい120グラム。

 

果実は個々に選別し厳重チェックするから ダメ果もこんなに。

Dsc05764

 

さて今年の総括は

今年はマルが遅くまで穫れたけれど どうも味にむらがある。

冬にはタカヘを処分するつもりだったが、タカヘは今年は良い。

粒の小ささも剪定摘果で中粒までもっていけた。

処分すべきはマルかもしれないが大粒に未練が残るのよね。

 

収穫頭のフクやパウダ-は職場近くの新畑に移動したせいか

収穫量大粒性イマイチ、まあパウダ-はもともと中粒だから仕方ないけど。

新畑は屋根ネットがただの防鳥網だから太陽光強すぎて、収穫が早かった。

フクは晩生が売りなのに、去年晩生だったのに今年は収穫時期早くなった。

 

プレミアやブライトウエルは例年通り豊作。

コロンブスは大粒だけど大味で薄くイマイチだったのが、今年はかなり甘い。

バルドウィン、オノは収量少なく来年を期待。

オクラッカニ-、オンズロ-はまだ残り果があるが、もう期待は薄いね~

T100は果実が煮えたのか、完熟収穫も時期早く、粒ぞろいも早かった。

ウィトウは裏切らない大粒だったが、これも収穫早く完熟時期が集中。

 

今年は10号や9号苗などを新畑に移動したから、

大鉢の収穫がアテにならなくて、全体収穫量はラビットとしては少なかった。

来年はどんな季候になるのかそれによって収量左右されるだろうな~

 

まあ文句言ってないで 

この雨あがったら御礼肥にシュ-トの剪定、草引きなど忙しくなる。

今年の収穫に感謝して、来年の準備始めなくてはね~


| | コメント (2)

2013年8月23日 (金)

鉢植えは枯ればかり

今日は処暑だと言うのに、暑さおさまりませんね~

気持ち涼しいかと思って夜中に冷房切ったら大汗で

また朝まで27度でつけてしまった。

マンションの最上階だから、屋上からの熱でやたら暑い。

台所の水道だすとずっと10分くらいは熱湯出るのよね~

 

さて当地では21日の夜から22日の未明に

少しの降雨が有ったようで22日の朝にはブル-ベリ-の葉

濡れていました。

ところがそれでも鉢植えには枯れ多く、もう何日も6本位ずつ植え替え。

 

昨日のも 一例をアップすると

これはティフかホ-ムベル 台木用が太ってしまった分。

下の青葉は別の品種なのよ。

Dsc05743

サザンのトップブル-

Dsc05745

ノ-ザンヌイ接ぎ木

Dsc05748

サザンのピンクシャンデリア

Dsc05749

など数本枯らしました。

剪定して切り口を見、根の様子調べて再生できそうなものは

根の処理と鉢替え用土替えで対処しています。

 

当地は例年雨多く過湿で不調なため、今年はそれ考慮して

ココファイバ-の混入率多くしたら、結果的には良くなかった。

ちょっと水遣り遅れたら用土カンカチで

雨降っても水遣りしてもしみ込まないのです。

また前にピ-ト主体用土で植え、根が伸びてない鉢は過湿。

両極端でした。

余りの暑さと乾燥に水遣り頻繁だからカンカチの鉢とベタベタの重い鉢。

多くの品種枯らしてしまいました。

 

毎年少しは失敗するのですが、今年は異常に多いです。

今毎日、不調の対処と通常の鉢ましもして、汗だくで頑張っています。

全部地植えにすればもっと楽なのですが、2箇所合わせても狭い畑。

さすがに地植えには枯れ込みは少ないですね。

 

今回カテゴリ-を整理し、BB品種リスト見直したのですが

持ってる品種131種のうちリストラ、譲渡、枯れ死で20本位

品種はカテゴリ-と数合わないけど表示してないのも有ります。

まあ120種位の大所帯だから、ぼつぼつやっていきます。

 

こんなに品種持ってるのにまだ欲しくて又数本発注してしまいました。

ほんとにブル-ベリ-ばかって私の事で~す。

| | コメント (4)

2013年8月19日 (月)

意外な肥料のこと

お出かけ好きの私は先日遠い中国地方の摘み取り園に行ったのです。

太平洋から日本海まで約3時間かかります。

とても大規模な摘み取り園でしたが、もうハイブシュは終わって

ラビットのT100が最盛期。

暑くて暑くて3キロちょいの摘み取りでダウン 我が家のジャム用です。

ここではブライトウエルはまだぼつぼつでT100が早いので

驚きました。

画像その他は都合があって省略。

 

ここの園主さんが気さくな方で 涼しい日陰で色々お話を。

鶏糞肥料で20万くらい苗をダメにした話しとか、

高地にあるため冬は雪でブル-ベリ-全部に枝折れがひどいとか。

品種の話しや他にも珍しい話し伺えました。

 

その時今こんな肥料試験的に使ってるんだよって

Dsc05723

裏は

Dsc05722_2

桑の肥料なのです。 ブル-ベリ-に使っているのですよ。

アンモニア態窒素分が多いとかで 挿し木小苗に使用しても

脅威の生長で害はないとか。これで生長した苗も見せて貰いました。

持って無ければすぐ買って帰りたい立派な苗だったけどチャンにスパルタン。

家じゃ接ぎ木でないとダメですからね~

 

園主さんは肥料販売しているのではないのですよ。

お話の中に出てきて私が興味もったのです。

意外な取り合わせにビックリでネット検索したら

全農扱いで 一部農協で売ってる肥料らしいです。

 

まあ地域性も有るでしょうから、こちらではマグアンプって

とこでしょうかね~

| | コメント (4)

待ちかねてやっと収穫

ラビットもついに最後になってきましたね。

5月26日頃からのハイブシュブル-ベリ-から始まって

多分今年は今月中に終わるでしょうね~

 

昨日摘んだマル

Dsc05726

まだ幼果も残っていますが やっとそれらしい味に

Dsc05725

うちは屋根まで防風ネットだから 少し遅いのかも知れません。

先週は5コ摘んだら3コまでまだ酸味が強い。

先日やっと5コ味見で5コとも甘い~ まあもう良いかなです。

でも取りあえず500グラムほど収穫  まだ大分残っていますよ。

 

残りと言えば オンズロ-とオクラッカニ-収穫期長いですね。

もうとうに終わりのはずなのに

まだいけてるオンズロ-です。

Dsc05732

ブル-ム少なめの黒めの球形果実 まだ結構あるのです。

果実品質が良くて痛み果がすくない品種です。

このオンズロ-の画像、後日バルドウィンの画像との間違いに

気づきました。 訂正しますね。

本物のオンズロ-はこれです。

Dsc05753

これも球形だけどお口がとんがっている果実です。

関連記事はまた後日に。

 

 

防風ネットしているのに いつの間にかカマキリ入って

Dsc05727

蛾に噛みついているのよ。

ばたばた暴れていた蛾も最後は大人しくなって 可哀想・・・

弱肉強食とは言え嫌なもの見てしまいました~

 

畑には色んなドラマがあって退屈しませんね。

6月始めは4箱いた日本ミツバチも何時のまのか逃げて

今は1箱だけのぶんぶん  寂しくなりました~weep






| | コメント (2)

2013年8月 7日 (水)

収穫果

今週は日月曜と1ヶ月ぶりの雨が降り、水遣りから開放されると思ったのに

また昨日から猛暑が帰ってきました。

立秋の今日、朝のうちに収穫しました。

 

遠い畑は これです。

Dsc05709

週2回の収穫だからたったの1.5キロ。

このうち120グラムを10パックほどお店に出しました。

後は少しの自家用と選別くず果で廃棄です。

 

今年は晴天が多かったからラビットは甘く美味しくなってるのですが

最近は高温と乾燥で実が萎れるのも出てきて困惑していたら雨。

日曜と月曜の雨は救いの雨でしたね~

その日曜には私は高松のベリ-公さんのカフェにランチに出かけて

帰りの高速の途中から雨降って来て、嬉しかったですね~

 

さて近所のハルハウス一部地植えにしていたダルマティ。

果実沢山着いてきたのです。

今朝はこれくらい

Dsc05711

グリ-ンの果実 中心のお口が割れないので軽く触って収穫。

フランスのイチジクとかで糖度は20度以上あるらしいです。

果肉は赤で バナ-ネよりはキメが細かい

Dsc05712

撮影後初めてのダルマティ試食。

甘~いですね。ネットリとした甘さですがくどくなく最高に美味。

こんなの初めて食べたよ 何処にも売ってない感動する味です。

樹には沢山成っているのです。

前にも書きましたが地植えにしたらあれよあれよという間に

大木になって、お世話も要らない、肥料も1回だけなのに・・・

すごく得した気分です。

 

色々果樹に手出ししてきましたがこんな楽ちんはハジメテ。

遠い畑のイチジク ビオレソリエスもバナ-ネも果実着いてきました。

欠点は樹が大きくなりすぎでしょうか。

鉢植えチビイチジクのア-チペルやブラウンタ-キ-も

花壇の隅に地植えにしたら花壇から飛び出すくらいに大きくなったのよ。

狭い畑と花壇、ハウスだから今後はどうしよう~

嬉しいけど悩ましいね~





| | コメント (6)

2013年8月 2日 (金)

猛暑の中のラビット

遠い畑のラビット達の様子です。

もう大分収穫して残り少なくはなったのですが、

摘むと3日ほどで次が肥大します。

めちゃくちゃ成ってるウィトウ 

Dsc05686

1コでアップすると

Dsc05687

大粒ですが こんな色になっても果柄からの実離れが悪い。

完熟には時間がかかる品種です。

完熟果は甘いのですが果皮の硬さが口に触るかな~

 

オクラッカニ-は

Dsc05690Dsc05691

果肉は軟らかくジュ-シ-で味は甘く 一般受けする最高の品種。

ただ着果が多すぎて 

うちでは幼果のうちに長果枝を剪って短さいしている。

その割にあんまり大実では無いのですが・・・(栽培下手)

幼果が口紅つけたように異様に赤いです。

 

同時期に購入したオンズロ-は

Dsc05693Dsc05695

粒はオクラッカニ-よりは小さいのですが 黒っぽい果実。

味は果皮も気にならず甘く美味しいけれど

オクラッカニ-のジュ-シ-さには敵わない気がする。

樹は直立性で摘み取りし易い樹形です。

これはオンズロ-の全体像 

Dsc05696

この畑に地植えして3年 随分大きくなりました。

 

写真は撮ってないのですが、

前に記事にしたタカヘも今年はまずまずでリストラは止めました。

大幅な着果制限で果実が大きく味も良くなったので見直し。

元もと甘味は最高だったのですが小粒故に口触りが良くない

その欠点を今年は克服できました。

 

そして最晩生のマルは完熟に見えても味にばらつきがあり、

大粒でもヘタまで青くなっていても味の乗ってない粒があり

収穫が非常に難しいです。

 

まだバルドウィンやオノ、ノビリス、コロンブスなども穫れているし、

いまだにブライトウエルやプレミアが収穫続いているのです。

 

収穫で畑に入る度にどっと汗で髪まで洗ったサウナですね。

その後は大量の水をのみ、それでも翌朝まで体調戻りません。

収穫は週2回、その度にハウス鉢植え水遣りと畑の収穫果に御礼の水掛け。

最短2時間 そんなんで最近はとても疲れています。

今朝も1.5キロ摘み取ってきました。1コ1コ吟味するから時間かかってね。

いつ熱中症になって倒れてもおかしくない、そんな毎日です。

でも考えましたよ まあほどほどにって。

畑に行くと楽しくて時を忘れ、年を忘れてしまうのですよ~











| | コメント (8)

雨が待ち遠しい~

毎日暑い日続きますね~

高知市でも昨日は36.9度今年最高の暑さでした。

おまけに雨は一滴も降らなくて、3日に一回は3箇所の水遣り。   

それでもブル-ベリ-以外は何とか大丈夫のようで

 

葡萄は

Dsc05678

今年は全然お世話しなかったから 粒もばらばら。

去年は袋掛けもしジベレリン処理(無核処理)もしたのです。

でも発見! ジベレリン無くても大きさはあまり変わりませんね~

まだ食べてないけれどタネがあるのかしら・・

品種は安芸クイ-ンです。

糖度17度にもなる甘~いサニ-ル-ジュは冬の植え替えで

枯れてしまいました~残念weep

 

こちらはハルハウスに一部だけ土入れして地植えしているイチジク

落果もしたけどやっと成ってきました。

品種はこれはダルマッティ 沢山成ってるのですよ~

Dsc05699

 

キングは今年は落果ばかりで ダメでしたね~

 

もう一種、品種不明が 秋果らしきを着けてきました。

Dsc05702

 

キング、ダルマッティ、品種不明の3本は

一昨年だったか ブロ友のkurobonさんからの頂き物。

鉢植えにしていたのを地植えにしたら急に生長して

ハウスの屋根に引っかかるほどなのです。

まだ成っては無いけど、他にバナ-ネやビオレソリエス、サルタンなど

遠い畑に地植えしています。

 

ブル-ベリ-だけのつもりがイチジクやキウイ、柑橘まで手を出して

楽しみ増えるばかりなのよ。

でも今年の暑ささすがに人間も干上がっています・・・

雨ばっかりの地方も有るのに 当地では水道の取水制限も出たし

遠い畑の井戸はかれてきて水出ないときもあります。

せめて少しでも雨がほしい~ 農家の友人と会う度に嘆いています。

今日は少し曇っていますが

降るとしても山間部で市内では当分望めないようです。



| | コメント (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »