« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月31日 (月)

サザンは小さな幼果が

一週間ぶりに遠い畑に行くとサザンに嬉しい変化が。

蜂達もぶんぶんで よく見ると可愛い幼果 が

まずは オニ-ル

Dsc06091

近くでみると ほら幼果 見えるでしょ

Dsc06093

 

これは ピンボケだけどサザンのレベル

Dsc06096

 

サファイアも早いのよね~

Dsc06099

 

こちらは 少し遅れてミスティです。

Dsc06108

 

スタ-やサンプソン、エメラルドも幼果出てきたけど

こちらは省略しますね。

 

私の大好きなスパルタンはまだこの程度

Dsc06087Dsc06088

提灯型のお花が可愛くて・・

あの大粒から想像できない小さな花です。

 

畑の樹の下は 花がらでこんなになっています。

Dsc06109




















| | コメント (6)

2014年3月28日 (金)

リンダは豊産の予感

前の記事もそうなんですが 職場の近くの小さなネットハウス

今鉢植えばかりで こんな風です。

Dsc06071

 

その一角に住まいしているリンダブル-

遠い北海道からの頂き物。

ノ-ザン自根なのにもう花が着いています。

Dsc06083

枝全部にかなりの花芽

確か小粒って聞いていたけど、これは着けすぎですね。

花は緑ぽい白で 美しい釣り鐘形

Dsc06084

ほうらこんなに花芽着いてるのです。

上画像とよく似ているけどこれは別枝

Dsc06085

でもこれ全部ならせる訳にはいかないでしょうね~

もう少ししたらやっぱり芽かきしなくちゃ~ね。

| | コメント (4)

じんば青の様子

去年購入品を頂いたじんば青

ノ-ザンだけにこちらでは芽吹きが遅い。

自根の頂き物は 赤黒い枝が見える。

Dsc06072

この画像後ろに見える花は別の品種サザンのジュエルです。

じんばは もしかしたら枯れたかと思っていたら

嬉しい芽吹きが見えてきました。

Dsc06073

Dsc06075_2

でも当地では自根は難しくいずれ枯れる運命です。

 

この冬に接ぎ木してみました。

増殖禁止でしょうが、接ぎ木が着いたら自根はいずれ処分。

接ぎ木しか育たないからご勘弁下さいね 小町園さん。

さてその接ぎ木

Dsc06076_2

2箇所接いだけど 右はダメの様子。

株もとアップすると

Dsc06077

左は力強い芽が

Dsc06078_2

やっぱり接ぎ木ですよ~ 当地では。

でも右の接ぎ木はもう少し待ってみようかな~

| | コメント (2)

2014年3月26日 (水)

お勧めのサンプソン

これも遠い畑の記事。

国華園で数年前に買った爪楊枝苗のサンプソン。

今ではいちにんまえの収穫頭となっております。

 

画像は去年畑に移動の小さい方で これは半人前。

Dsc06046

花は これ

Dsc06047

 

畑で数年経過の収穫頭大苗は こちら

Dsc06048

Dsc06050

花も沢山着いています。

枝が弱いのか 豊産果実の重みで枝垂れるように実る。

ミスティに次ぐ垂れ具合なのです。

自根ですが、当地に合っているのか強健。

去年の雨にも果実が裂けない味も悪くないそんな品種です。

超大粒ではないけれどかなり大きめの黒めの果実。

これはあまり期待してなかったから 得した気分の発見でした・・







|

遠い畑のノ-ザン色々

遠い畑のノ-ザンも早いものは咲いてきた。

ハナンズチョイスの花

Dsc06044

紅色が強いです。

これは接ぎ木で 今年で畑2年目の地植えです。

味はまだ本格的ではない。

 

毎年酸味強めの大実をつけるヌイは

Dsc06052

これも動き出しは早い。 完熟前はジャム用。

これは23日日曜日の画像だから 今日辺りはもっと満開か。

うちでは結構古株さんで 雨にも風にも比較的強い。

 

畑のおばけとアダナしているレビ-ルは

Dsc06058

まだこんなです。

収穫も遅めでスパルタンより1週間以上は遅れますね。

でもかなり剪定したのに 樹はこんなですよ。

Dsc06057

遠い畑は樹が大きいせいか 新しい市民農園より動きが早い。

ずっと昔書いたけど、地下水は硫黄を含んでいて・・・

地下に温泉湧いてるとか~? まあ感じだけそんな場所です。







| | コメント (4)

2014年3月20日 (木)

今年の蕾の色

遠い畑に行くとノ-ザンも少し咲いていました。

この可愛い花なんだと思いますか?

Dsc06040

Dsc06041_2

ノ-ザンのデニスブル-です。

去年はピンクの蕾だったのに 今年は白く

花も緑ぽい白です。

去年と比べたら温度高い日が続いたせいでしょうね。

この開花を見ると 接ぎ木を下さったN.Hさんのことを思います。

お元気でいらっしゃるでしょうか。

ブログを更新されないので メ-ルも遠慮して時がたちました。

 

デニスは自根は難しく枯らしてしまい、接ぎ木のみが元気に生長。

去年も一昨年も遠い畑で大粒の丸い果実着けました。

お味の良い事は何度も書いたとおりで酸味の少ない品種で

ノ-ザンでは珍しいくらいです。

今年も豊産の期待はいっぱいに膨らんでいますよ。

ちなみに例年はこんな蕾(去年の蕾画像がなかったので前の分)

Dsc01337

| | コメント (4)

2014年3月13日 (木)

サザンの続き

今日は朝から豪雨です。

3時頃から春の陽気ですが、朝晩はかなり寒いですね。

さて遠い畑のサザンの続き

 

赤い蕾や新葉が印象的なスタ-

全体に黄緑の印象 枝も赤黒くはなりません。

Dsc06016

Dsc06017

花は遅れるのですが 幼果は早い。

 

もう長い間うちにいるミスティの自根は印象は赤っぽい。

Dsc06020

丸い花着けています。

樹は大きくて下画像は一枝

下からジャンジャンシュ-ト発生の品種です。

葉は去年のまま 落葉してないのです。

Dsc06019_2

 

ミスティときたら

うちで同年代のオニ-ルです もう花も終わりですよ。

Dsc06022

毎年一番最初に美味しい果実をつける

素晴らしい品種。 

ただ直角に伸びる枝が多くていたって格好が悪い。

この暴れ樹形は直立性のミスティとは対照的ですね。

ただこの樹形、接ぎ木だったら変わるのでしょうか?

うちのサザンはほとんど自根だから比較できないです。

 

畑に行ってこのお花たち見ていたら、時を忘れてしまって

剪定や草抜きとかして気づいたらもう夕方の5時です。

それで休日はいつも昼食抜きなんですよ。

資材にかかる費用、それで補っているとか・・・あははは!








|

2014年3月12日 (水)

サザンは花盛り

こちらは遠い畑、大苗や小苗の植え付け分も落ち着いてきました。

サザンの開花状況は 嬉しくなってしまいます。

まずは エメラルド 満開ですよ~

Dsc06007

花の大きさはあの大粒果実が想像できない小さめの花

味は年々良くなっているようです。

同時購入のサファイアは

Dsc06010

これも花盛りです。

他には サウスム-ンがこの程度

Dsc06013

まん丸で可愛いお花。

前に書いたとおりこのお味に興味津々。

今年こそ沢山味わって見たいですね~

お花は大分開花してきたけど朝夕の温度が低く

日だまりが少なく 蜂が出てこないのが悩み。

 

まあ自家受粉も有るから季節になったらそれなりの収穫wink

といきたいですね~

| | コメント (0)

2014年3月11日 (火)

市民農園の様子

記事が少し古くなりますが、9日日曜の農園。

土曜からかかってやっと防草シ-ト張りました。

上から全景見ると

Dsc05999

正面進入路から見ると

Dsc06001

やっと張り終えて 木々達を見ると

まだこんなのばかりです。

Dsc06002

何とか早生種で1本花咲きそうなのが

Dsc06004

サザンのジュエルです。

紅色の蕾に癒されます。

この農園は陽当たりはよいのですが風が強くて

その代わり虫の発生は少ないかも知れませんね。

遠い畑は虫害に悩まされているから 期待してしまいます。

小苗が多いから 今年の収穫はわずかの予定。

 

でもジュエルは去年ハルハウスで鉢植えしてたら、味がイマイチ

かなり酸味が強いのです。

1日中陽当たる地植えで味が変わるか?それが今の関心事です。

 

次回は遠い畑農園の開花の様子、記事にしますね。



| | コメント (4)

2014年3月10日 (月)

老化現象

また長いお休みをしました。

この間、仕事も忙しく新聞読む暇もない。

その上に住まいが落ち着かなくて、転居先を探しています。

 

悩みは3年間続く自宅分譲マンションの騒音問題、

移転購入も相当の資金が必要で、かなりレベル落とさないと無理のようです。

隣室からの騒音被害は証明が難しいとかで、公的機関にも相談し

かつ弁護士にも訴訟の相談もしましたが見通しは暗いです。

毎夜、11時半頃から1時2時頃まで断続的に続く機械音に

我慢の限界をこえて自分達が壊れてしまいそうです。

このマンションには浴室にガスの衣類乾燥機や暖房の設備があり

それを使うとバスの位置によって隣室に響くのです。

勿論朝4時まで続いた最初の頃は一度我が家の音を聞いて欲しいと

直接交渉しましたが、らちあかず・・・

以来3年お宅とは直接に話しはしませんのいってんばり・・・

管理会社は個人の設備の問題は関知しないと言います。

隣人が某有名金融機関の方とかで、お金や後ろ盾のない自分達は

嫌なら出ていくしか道はないようです。

特に冬はコンクリ-トの乾燥も有るようで3LDKのどの部屋にいても

機械音が響く・・・その音が2時頃やっと止まっても目が冴えて眠れない。

とても悲しいことです。

11年前これからの老化を考えて立地条件の良い、最上階の一部端部屋を

無理して買ったのに・・  ただ残念です。

お若い方なら、一度眠ると目が覚めないかも知れませんね。

騒音を気づく私たちが老化したということでしょうか・・

そんなわけで今日もぼんやり頭でブログ書いています。

 

 

さてグチはここまで  ブル-ベリ-の話しです。

年に2度収穫できると購入したサザンのホルトブル-。

まだ捨てないで 近所のハウスにいます。

今年はこんな有様

Dsc05987_2

赤黒い枝は枯れているのも。

何回か根洗もしてみましたが変化はあまりなし。

最後の挑戦で 剪定してみました。

Dsc05992_2

ホルトブル-については去年も似た様な記事かいた様な気がします。

我が家に来てからも5年以上は経ってるはず。

花は咲いても小さな果実数個をたった一度着けただけ

今年だめなら完全廃棄します。

他にも不調はブラッデンやベッキ-ブル-、後ノ-ザンには多数・・・

やはり栽培技術の未熟さや初年の処置など、何らかの原因が・・

今年は意地張らないで、挑戦はやめます。

当地の自分の栽培で合わないものは気持ち切り替えて処分。

やっと本当にその気になったのはこれも老化現象かな?

| | コメント (6)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »