« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月28日 (月)

まだ天井ネット張れません

Dsc06390

Dsc06392

皆様コロンブスの花は終わりましたか?

当地では最近北海道の札幌より最高温度が低かったり

しています。

わがやのコロンブスは一番遅くまだずっと花盛りを続けています。

思えば大関さんの売り出しの前年に国華園から購入のチビ苗。

2年前からずっと生らしていました。

大粒の果実に晩生性、まだ味はちょっとのところあるけど品種は多分大丈夫。

今はこんなになりました。

Dsc06391

ただ開花が遅いから 天井ネット張れません。

花蜜は甘いのか大きなマルハナバチがブ~ンで 写真撮るのも怖い

あんな大きいのに刺されたら きっと救急車呼ばなきゃあ

もしかしたら気絶してそのままあっちに行きそう。

 

危険と隣り合わせの最近の畑です。

ニホンミツバチには一度刺されたけど2時間位氷で冷やしても

痛みが消えなかったです。

黒い髪の毛がお好きのようで・・・以来本能的に蜂は怖くなっています。







| | コメント (8)

そうだ 室戸に行こう

4月26日(土曜)からGWの方も多いでしょうね。

私は土曜日は半日仕事

朝一から友人夫婦から電話「明日どこかいかん~」

遠いは車が混むしさあどうしよう・・・そうだ室戸に行こうよ。

今室戸ではジオパ-クで賑わってるし、今の時期限定のグルメあるし。

高知では流れ子(とこぶしとも言うらしい)アワビの小さいような貝。

室戸では良く採れるのです。

その流れ子御膳やってる料理屋初音さんに予約入れて

日曜日に4人で出発。

途中あちこちの道の駅によって、室戸ではドルフィンセンタ-で

いるかと遊んだり そして待望の昼食。

予約入れてたから釜飯、天ぷら、煮付け、揚げ物、お刺身等の

メインには全部流れ子使っている。

他に先付けやお吸い物などもあって 大満足。

それが1品づつ出てくるから写真は撮り損ね。  

そして帰りにはまだ足りないと道の駅で流れ子の生のを買ったのよ。

 

高知市までの途中に北川村モネの庭マルモッタンに寄り道

フランス印象派のクロ-ド・モネの自宅の庭を模したモネの庭。

今赤い睡蓮が咲いて とってもステキなのです。

 

まずは光の庭

Dsc06411

Dsc06414_2

Dsc06415_2

あちこちにモネの絵のレプリカが

Dsc06416_3

 

こちらは花の庭

Dsc06420_2

Dsc06421_2

何枚も画像を出しちゃったけれど 

お花の色のグラデ-ションがとてもステキなのです。

こんな楽しい時を過ごして 早めの帰宅でした。

 

さて今日月曜日は6時起き 昨日遊んだ分だけ出勤前の仕事。

遠い畑のチャンドラ-とスパルタンの花殻落とし

他にも何種か花殻が落ちぬくい種類はあるけど

うちではこの2品種が顕著です。

これを怠けると幼果の上で花殻が腐って黴が生え果実がダメになる事も。

そっと丁寧に作業して今日の分は終わりです。

花殻落としの必要無い品種はうちではサンプソンが一番ですね。

| | コメント (0)

2014年4月23日 (水)

プルとヌイとレカ

数年前プル、ヌイ、レカの3兄弟を入手しました。

あれから色々あって 今の兄弟は

まずは市民農園のプル

Dsc06361

ゆったりとしたこんな樹になった。

さて今年の果実は

Dsc06360Dsc06362

花も終わりになって 良い感じに着いている。

豊産と言えそうだから、これも週末には摘果が必要です。

わりと雨にも強く裂果は少ない品種で果肉は少し堅めだった。

酸味系と言うほど酸っぱくはないが、口に含んだら香りがある。

中粒で豊産 育てやすい品種ですね。

 

これは朝露に光る今朝のヌイ遠い畑です 今年も大粒。  

Dsc06378

花は少しだけ残っているが  思い切り可愛い花

Dsc06380

この品種 スパルタンに負けないくらいの大粒で

色づいた頃には凄いボリュ-ム・・・ともかく大実で樹は丈夫。

画像は一部だけど 樹も大きく横広がりだった樹形も背が高くなってきた。

味はやっぱり酸味系 が惜しいです~ 

大粒で美味しいスパルタンがすぐに収穫できるからもっぱらジャムに。

酸味系はジャムにすると素晴らしい風味出てきます。

 

この大実で甘ければ最高なのですが・・・ ところが

これがあるのです!

前に紹介した天香ブル-NU105はこのヌイの選抜種でヌイの大きさで

ヌイより甘いとの品種 楽しみにしています。

 

3兄弟の残りレカについては うちでは処分。(どこかに小苗は残している)

兄弟一の強健、豊産品種なのですが、

当地では収穫期が梅雨と重なり生りすぎの小さめの粒全部裂果と落果。

ハエの発生予防に全部拾っていて・・・嫌になりました。

何年かは試したのですが、まさに鈴なりに生るのですが味もイマイチ

我が家に合わない品種と判断しました。

 

このプル、ヌイ、レカについては繊毛他の特徴を吟味して

自分なりに品種同定し間違いなしと判断しているのですが、

ヌイの収穫期がわりと早く、スパルタンと前後するのです。

ヌイは中晩生でプル、レカは早生といわれているのですが

栽培地によって収穫時期 異なる場合も有るでしょうか。








|

2014年4月22日 (火)

カミ-ルとフロ-ダブル-は自根です

先日どなたかのコメントに8号鉢と書いたのですが

もうすでに畑に地植えしていたサザンのカミ-ルです。

白い花にまばらな幼果    

Dsc06350

房が小さいから収穫もしやすそうですね。

Dsc06351

ことしこそ ゆっくり味わってみたい品種です。

でもまだ全体は これ
Dsc06353

株立ち少なく まだまだ小苗です・・・

あんまり無理させたら枯れちゃうね~

   


これもサザンでフロ-ダブル-

Dsc06355

こちらはまあまあの樹ですが、 この株もとのは?

汚なめクリ-ムの花は 変な場所に  切り取りしかないね。

Dsc06356

少しは幼果 も出来てはいるのですが・・・

Dsc06357

去年辺りまでまったく関心なかったこの品種

南部ハイブシュ系の初期の品種で古いけど 

シャ-プブル-、エイボンブル-とお仲間のようです。

これは果実大きく 味も意外にいけるのです。

ただ枝がしなって 果実の重みで垂れ下がる様子は

素晴らしく有る意味壮観ですよ。

去年も垂れ下がりをみて、感動しました。

早めの収穫でも充分美味しいし、完熟過ぎたらウェイマウス。

まずくて極端に味落ちるから せっかち向きの品種かな。

|

2014年4月21日 (月)

気づかなかった!

同じ畑でおかしい樹を見つけました。

場所はハイブシュ系のところ

普段はなにげなく見ているから 判らなかったのですが

Dsc06364

この樹何だか変だと思いませんか?

そう右左の主幹が長さ違いすぎる・・・

右の枝には果実が

Dsc06365

花は何処にもない。

左枝は 花盛り

Dsc06367

この花の特徴はラビットでは  それもホ-ムベル

果実も少し着いてるのです。

Dsc06371

ギョギョ これは台木では!

こんなに台木 伸ばしていたなんて!

この品種接ぎ木にした覚えないから 不思議?

うかつというかまったく気がつかなかった。

このままだと全部ラビットに乗っ取られるよ。

 

長~い枝剪って こんなに小さくなりました。

Dsc06372

おそらく犯人は? ・・・・・










|

市民農園のラビット一部

土日は地植え畑2箇所の草抜き。

作業中にも雨降ったりで散々でした。

でも何とか終了して、一応畑は綺麗になりました。

但し2週間保つかな? 一雨でまた雑草農園。

マメ風のや赤い小さなクロ-バ-みたいなの多いですね。

マメ風は常時タネが散って子供をつくり、クロ-バ-は旺盛に根を伸ばす。

どちらも嫌な奴等です・・・

他にドクダミやアザミも有りますね そしてブル-ベリ-の実生風もぼつぼつ。

鉢は楽だけど、畑はしんどい 月1は雑草抜きとの終わり無き戦いです。

 

 

さて今日は市民農園のラビットの一部

これはアイラ

Dsc06345_2

もう花は終わってきました。

全体は

Dsc06348_3

こんなでまだ小さめ 今年の収穫前途は暗い。

 

こちらは奇形花で有名な  オレゴンブル-

Dsc06343_2

花は相変わらずですが 良く観賞しないうちに終わりで

果実着いてきましたよ。

Dsc06342_3

なにか頼りないですよね~ この幼果も

今にも落ちそうな気配です。

毎年悪条件でも美味しい実生らしてくれたのに今年は?

まだ時間もあるからゆっくり見守っていきます。

樹は植え替えにもめげず

Dsc06341_2

至って生長が良いのです。

 

あと1樹は  サウスランド

数年前ホ-ムセンタ-で80円での購入品

今はこれです。

Dsc06337_2

どんどん直立性に伸びています。

花は意外と可愛いいじゃん

Dsc06338_2

Dsc06339_2

幼果 はまだまだの様子 晩生だったかしら~

後全体の半分近くラビットです。

まあ順番に書いていきますね。

| | コメント (4)

2014年4月18日 (金)

ノ-ザンをもう2種

昨夜は雨だったのにもう止んで薄曇りの高知市です。

こちらもハルハウス

小苗の天香(あまか)ブル-アイバン19

Dsc06314

思いっきり変な樹形です。 トップにだけこんもりの花

こんなのですよ~

Dsc06316

この品種は天香園さんに品種説明がありました。

クリックいただいたら分かるけれどこれはアイバンホ-の交雑種とか。

前に記事にした天香ブル-や天香ブル-スカイなどは親はヌイだった。

アイバンホ-はうちでは枯らしてしまったからこれにも興味深い。

でもこの花 ならしちゃいけないですよね。

ほんの少しだけと誘惑に負けそうです。

 

こちらも良く伸びたノ-ザンサンセット

Dsc06307

ちょっとねじ曲がっていますよ。

これも色々解らない品種

花は こんなの

Dsc06308_2

どのお花もよく似ていて よほどの特徴ないと判別できない。

まあハルハウスはお宝ハウスだから この品種達の中に

きっと幾つものお気に入り発見できると思って 色々育てています。

 

|

今年の不調苗

原因不明の不調苗は地植えのモンゴメリ-

市民農園でこんなになっていました。

Dsc06330

この画像は不調に気づいて 枝先を剪って1週間経過した写真

やっぱりダメのようです。

Dsc06331_2

Dsc06332

前には元気だった2本のシュ-トも シワが寄ってきました。

去年は味見できて その美味しさに感動したのに・・・

ラビットなのに原因が不明です。

他の樹は元気いっぱいなのに 1本だけ不調。

地植えだからコガネではないと思うし、近々掘り出して検証予定。

 

鉢植えの不調はノ-ザンのル-ベル

解約した近所の畑に地植えしていたのですが 去年秋鉢取り。

原種に近い品種だと思っていたのですが 考え甘かった~

思い切って剪ったらこちらは ほら

Dsc06317_2

少し出てきたのです。

Dsc06318

悲喜こもごもで 思うようにはいかないものですね~

|

2014年4月17日 (木)

大きな花のノ-ザン

毎日変わりばえのないブログですが

今日はハルハウスの8号苗を。

まずはノ-ザンのサマ-タイム  名前が良いですね。

Dsc06300

まあこれは 沢山の花

何度もくどいくらい書くけどハルハウスは調子がいいのです。

花をアップすると

Dsc06302

クリ-ム白で綺麗な 案外大きめの花です。

この品種よく名前は聞くけれど 味見したこともない。

 

これは大粒が売りのブル-チップ

Dsc06304

樹は元気だけど うちでは花は少なめと言うよりたった3房なのよ。

Dsc06305

これもビックな花ですね。

さて美味しいのかしら? 実際の大きさは?

大粒、豊産、玉揃いよしってあるのは 本当かな・・・

 

今回はカメラが悪く画像にすじが入っています。

すべての品種撮り終えるまで 何とか頑張って欲しいデジカメです。








| | コメント (6)

市民農園の友達

我が家の最後の農園、市民農園に友達が出来ました。

 

きっかけは彼女もブル-ベリ-栽培していたのです。

これがその方のブル-ベリ-

Dsc06298

鳥よけのためCD吊したり テングスって言うのかしら透明線で

囲っています。

Dsc06285

今のところ13本地植え、彼女は入り口の方だから

遠くに私の畑の防風ネットみえています。

ふとした事からお知り合いになれて、栽培の事話したり。

小苗ももらって頂きました。

今までマンションのベランダで栽培されていたとかで

経緯は私と同じ

畑でお目にかかるのが楽しみになりました。

 

いまこの農園の多くの方はジャガイモやエンドウを栽培されています。

エンドウマメはとても綺麗ですよ~

Dsc06299

 

さて本題 私のブル-ベリ-はパテント2種の生長

まずはラビットのバ-ノン まだ小苗

Dsc06293

花は落ちる前にあわてて撮影

Dsc06296

時期はまだまだだけど 花は終わりに近い。

ウイトウやマルと似た花で、ラビットとしては早生種の気配。

今年の収穫はまずダメでしょうね この幼果では。

 

 

前に購入のサザンのスタ-は此処にも3本位。

この畑は陽当たりが良いせいか、スタ-の果実は早い。

Dsc06319Dsc06289

よく見たらもっと大きい幼果もあったけど・・風で撮影出来なかった。

古葉と新葉が混在しているが、力強い新葉が頼もしい。

この樹は

Dsc06288

もう株もとから小さなシュ-ト出てきている。

去年は鉢から今は解約した近所の畑に地植え

そして11月頃この農園に移植、たった4,5ヶ月のことなのに。

本当に強健種です。

 

ここでは同じ自根のオニ-ルも居るのですが、スタ-の方が

収穫は早そうです。

ちなみにオニ-ルはまだ花も残っています。

Dsc06323

       

遠い畑では オニ-ルが毎年一番なのに 此処では多分スタ-です。

この差は遠い畑は南に民家があり、陽当たり100%ではないから?

此処は田園地帯で風が強いのですがそれも考えようで害虫は少ない。

スタ-の実力を実感した市民農園でした。















|

2014年4月16日 (水)

NZ品種の花

ラビットの花も満開になって咲きもう終わりが近くなった。

 

強健なニュ-ジ-ランド種はうちでは常緑の葉も多い。

この時期の特徴的な花を お見せしますね。

Dsc06270Dsc06268

下ぶくれの花はマル 相変わらずの花の多さ。

 

毎年豊産のウィトウは 今年も良い感じ

Dsc06272Dsc06274_3

NZ品種はどのお花も似ているね~

 

オノもそっくりだが 果実が明らかに異なるし

うちでは樹が若いのか花の数が少ない。  

Dsc06278

 

そしてこの時期印象的な丸いインパクト有る花は

Dsc06280Dsc06281

薄ピンクで可愛さ一番の小さな花 タカヘ。

この樹は こんなに大きくて

Dsc06283

豊産に実なりし 果実はお菓子のように甘く美味しい

但しかなり小粒だから 去年は処分と思いつつも

樹の大きさに圧倒され 出来なかった・・・

株元は 古くなって こんなです。

Dsc06282

 

この畑では樹間もせまく、各々の樹も大きくなったから

この小さな防草シ-ト通るときは身体を斜めにしている。

深く考えないで植えたから列間1M樹間90センチ位なのです。

大きくなった樹は剪定してもすぐに元気なシュ-ト出て

2年目には元通り なんてこと有りませんか?












|

2014年4月15日 (火)

うちのは小ぶりです

今朝7時の遠い畑です。

ノ-ザンのレガシ-地植えしてから2年目

大物の多いこの畑で一番小さな苗

Dsc06257

去年もすこし生らせました。

今年の花は

Dsc06258_2

もう果実も着いてきています。

畑では隣地の草ぼうぼうに近く 害虫の侵入が多く

一番条件の悪い場所

でもこの品種ノ-ザンにしては きしゃな枝だけど強健。

自根で頑張っているサザンぽい品種。

果実の味は安心のレガシ-。

ちなみにノ-ザンではエチョ-タやデニス、デュ-クなどが

レガシ-と並んで完熟の見極めが易しい酸味強くない品種です。

 

この小柄さはこの品種独特のものでしょうか。

いいえブル-ベリ-大図鑑によると成木は2Mになるとか。

我が家のは小さいけれど 常緑性もあって葉の展葉は早く

品種違いではないと確信しています。

| | コメント (4)

天香園シリ-ズ

毎日晴天が続くと、仕事の前に早朝畑に行くのが楽しみになった。

行けば毎日ブル-ベリ-や他の植物の様子が変わっている。

 

私の栽培箇所は全部で3箇所。自分の頭の整理のために書きとめておくと

①遠い畑は 高知市東部の郊外 大苗約36本地植えのネット囲いの畑と

        小さな5坪位の屋根だけビニ-ルで廻りネットのハウス。

        ハウスはキウイとか植えて後は資材詰め込んでいる。

        後小さな花壇と 裏山の山裾が少しあり文旦など柑橘を

        植えて、そこに蜂桶おいて蜂を飼っている。

②ハルハウスは 市内の中心地で小苗6号~10号までの86鉢

        ここに色んな品種があり。お宝箱なのです。

③市民農園は 市内北東部 小苗も含めて地植え67本

        去年の秋借りたばかり・・3つの中でBB栽培部分は一番広い。

もう1箇所中心部で借りていたけど 陽当たりに難有りで昨年止めた。

 

以上3箇所なのですが、元はベランダ栽培のたった1本のティフブル-から。

ブル-ベリ-キチガイもはんぱじゃないのです。

これでまだ飽きないのですから 一生の趣味になっています。

去年頃から少し果実を売って資材代の一部にとせこい了見の私です。

 

 

さて今日はこのハルハウスで養成中の苗。

天香(あまか)ブル-NU105です。

Dsc06248

小苗の割にメチャクチャ花が着いて このままでは弱ってしまう。

当地の夏越しは難しいから たった1枝のこして摘果です。

後日のために花のアップを

Dsc06250_2

 

こちらも同じ天香園シリ-ズ

天香(あまか)ブル-スカイ(NU59)

Dsc06234_2

これは2枝くらいは生らしてもいいかな

記録のために花のアップを

Dsc06236

枝先には全部花が着いてるのですが

中にはこんなのも

Dsc06238

花芽が茶色になって 解れそうもない

奥に小さく見える枝もこんな芽です。

これはさっさと切り取りでしょうね。

でもどうして~ 市民農園でもラビットの一部にこんな芽がありました。

 

天香園シリ-ズは栽培してる方も少ないようで、多分暖地向けでは

ないと思いながらまだ自根で栽培しています。

味の解説みようと思ったのですが、今天香園では販売してない様子。

山形県の品種ですから さくらんぼ圏(りんご圏)ですね。

味が未知数だから楽しみも期待も多いのです~

|

2014年4月14日 (月)

ハナンズチョイスとブル-ヘブン

さて今日14日は昨日の雨が嘘のような好天気。

少しだけ風が有るようですが、仕事無ければ畑にすっ飛んで行ってる

そんな陽気です。

 

今朝見回った遠い畑

Dsc06203

去年は小苗だったハナンズチョイスも大分大きくなりました。

この畑では全部の樹が南に傾いて しまうのです。

花も残って もう幼果も有りますよ。

Dsc06204

果実アップすると

Dsc06205

思わず笑みがこぼれます・・・ 今年は嬉しい~

 

近所のハルハウスでは

同じノ-ザンのブル-ヘブンが

Dsc06242

樹形は悪いけれど

花も

Dsc06245

実も

Dsc06246

今年は少し何とか成りそうです。

 

最近はやたらと記事を書いて 出来れば全品種の記録

撮りたいと躍起になっています。

いつまで続けられるか解らないから今日一日が大事なのです。

 

ついでにカ-ラズチョイスの方はイマイチの7号スリット。

花芽も少なく かつ緑葉の展開も遅れているようです。









|

春は楽しい

土曜日は命の洗濯と称して久しぶりの温泉。

場所はいつものホテルでひうちなだ温泉 美味しい食事付き。

ホテルはこんな高い所に有るのです。

部屋の窓から下見ると 海が見えるのですがあいにくの雨。

Dsc06226

温泉の画像は出せないけれど

こちらは夕食 前菜は3段のお重

車エビのウニのせやタケノコの焼いたのや坊ちゃん団子など。

2の重は野菜とチ-ズを湯葉でくるんだもの。

3の重はお肉とコゴミなどの山菜のちらし寿司。

Dsc06227

お造りは

Dsc06228

アワビ、カンパチ、イカ、サヨリなど瀬戸内の新鮮なお刺身

そしてメインの伊予牛は

左しゃぶしゃぶ用   右はステ-キ用

Dsc06229

お肉が最高に軟らかくて美味しく まさに絹の味でした。

ちょっと贅沢な食事の後は・・・

帰宅後の豆腐三昧の日々が待っています

カロリ-の取りすぎを平常値に戻さないとね。

 

翌日曜日は雨の中 産直市「彩菜きてや」と「周ちゃん広場」を

廻って野菜など買い昼過ぎに帰りました。

産直市は野菜や果物、肉、魚、加工品と品揃え豊富で

見るだけでも楽しいのです。

Dsc06230

Dsc06231_2

Dsc06232_2

行ったの9時半位だったけど多くの人でいっぱい。

種類多いのに、お値段もリ-ズナブル

この画像は彩菜だけど周ちゃんの方がお値段良心的な

感じしましたね。

多くの野菜に春を感じましたね~

ここの市まで当地からは1時間半位のドライブです。

|

2014年4月12日 (土)

ミノウブル-とノビリス

今朝遠い畑に行ったついでに 

先日記事にしたミノウブル-の事思い出して ノビリスの画像撮ってきました。

樹は大きくもう何年生か覚えてないくらい

Dsc06218

随分花も着いています。

この下向いた花をアップすると

Dsc06217

帽子かぶった特徴の有る花

同品種かもと言われた ミノウブル-の先日の写真

Dsc06186

これも帽子のように見えて 似てはいるけど 何か違う。

ノビはもっと透き通るような白色の花に見える。

今後もこの2品種観察して行きたいと思います。

今日の時点ではノビリスとミノウブル-は別品種と思うけれど・・

 

遠い畑のこちらの画像 去年1個も受粉できなかったポポ-です。

今年は沢山花芽を着けています。

Dsc06225Dsc06224_3

去年も人工受粉をしたのに 風で飛ばされてダメになった。

軸部分が弱く、隔年結果の種類なのか?

     

最近色々忙しくやっと今日午後からは休めそうです。

命の洗濯に午後から温泉に行ってきますね~

|

サザンの豊産品種か?

今朝は遠い畑に地植えしたサザン2品種。

スリットでずっと栽培していたが去年もういいかなで地植え。

まずこちらがレベル

Dsc06209

これは去年の冬 花が咲くまえに植えた分。

去年の果実は樹が充実してないから味見程度。

今年はぐ~んと伸びました。

早生種で豊産なのか、もう花は少なく沢山の果実。

確か去年も果実の数だけは多かった・・・

こんな実なりなのですよ~

Dsc06210_2Dsc06212

風雨で落ちる事考慮しても多すぎる。

今朝は半分くらいに摘果しました。

もう殆ど花は有りません・・・

 

次のサザンは サウスム-ン

Dsc06220

こちらはまだ花が残っていました。

Dsc06221_2

まん丸球形の花がまだあるのは

レベルよりは遅いって事

この子はレベルより後で地植えにしたし、最初の地植え場所が

隣ノ-ザンだったからイマイチと思い スタ-とエメラルドの間に植え直し。

かなり気難しい品種と聞いています 土壌適応性がせまいのでしょうか。

枝先にこぼれるくらいの幼果 だけど レベルと比べたら少ない。

サウスム-ンは大実になるはずだから、あんまりならしちゃいけない。

 

勿論この2種は自根ですから、無理は禁物の大事な品種なのです。

さて今年は本来の味が出るかな~

梅雨前に収穫までいけばと 願っています。

|

2014年4月11日 (金)

期待は青リンゴの味

これもハルハウスの記事です。

去年遠い畑から鉢取りして ハルハウスに移動したジョ-ジアジェム

Dsc06194_2

今は10号スリット一杯で 2本の主軸から沢山の花

いたって格好の悪い樹形になっています。

畑の地植えでは花も少なく果実も小さく収穫量も当然少ない。

もう捨てても と思っての鉢取りなのに・・花が意外に着いてきました。

 

畑では少なく見える花も 場所が変われば丁度良いあんばい。

花はとても可愛くて

Dsc06195

畑での実なりはイマイチだったような・・・

でも味は青リンゴのような風味でさすがのジェム君でしたよ。

今年は少しは味わえるかも と思うとこれも捨てられない~

|

ハイブリットではなかったの?

近所のハルハウスです。

頂き物のパシフィックブル-はいまこれです。

Dsc06199

1本主軸が斜めに出て 後は下でもしゃもしゃの定番樹形

枝先に着いた花は

Dsc06200

ラビット種にもよく似ている。

この品種うちではハイブリットに分類していました。

昔サカタさんでハイブリットとして販売されていたとか。

最近の情報ではタキイさんから一時期販売されていたサザンハイブシュとか。

まあどちらでも良いけど、この品種やブル-ジュエルなどは

当地に合うのか今年は例年より生長が良いのです。

パシフィックの味については少し水っぽく糖度は12度位ときいています。

私は水分量多いのも大好きだから、期待の味見待ちなのです・・・

 

このハルハウスは前にも書いたけど冬には殆ど水遣りしなくて

そのせいか、鉢植えばかりですが今年は至って元気なのです。

此処には沢山の味見してない品種(小苗が多い)があり

これから少しずつ小出しの楽しみなのですよ~





|

2014年4月10日 (木)

接ぎ木ジュエル

今日は初夏のような陽気ですね。

前に隣室からの騒音の悩みを書いたのですが、今まだそのマンションにいます。

平屋の家とかマンションの角部屋探したのですが気に入らなくて

やっぱり予算が低いと難しいです・・・

でも最近は温度高くなって、隣家も浴室暖房や乾燥を使わなくなってる

のかこちらが気づかないのかなんとか眠れています。

でも深夜の騒音は終わったわけではありません。

また梅雨の頃には洗濯物の乾燥を夜中の2時3時まで・・・

問題はこの方が分譲マンションだから、いつ何をしても自由と思っている

騒音と感じる方が悪いと思っている事です。

まああちらにもそれなりの言い分がお有りでしょうから

物件探しながら、なるべく気にしないで住む事にしました。

最近は9時半に寝て、5時頃に起きるようにして自分の生活替えました。

そうしたら、深夜は眠っていて騒音にも気づかない。

まあそのうちなるようになるでしょうってことで・・・

心配してメ-ル下さった方 ご安心下さいね。

 

 

さて今日の記事は接ぎ木ジュエル

こんな樹です。

Dsc06188

このスタンダ-ド仕立てはまるで薔薇のよう

根元はこれで いたって汚い。

Dsc06189_2

大きなホ-ムベルの枯れかけ1本に接いだのです。

それも高接ぎで

Dsc06190_2

だから幹の途中からがくっとで格好悪いです。

それでも果実は

Dsc06192

まあまあ着いていますよ。

毎年大実がつくこの品種、接ぎ木にしたら味は変わるでしょうか。

早採りで酸味が多いのはうちだけかしら。

 

こんな接ぎ木 更新はどうなるんでしょうね。

まあこれもなるようになるかな~

|

2014年4月 9日 (水)

この中にヤドキンはいるのか?

今日は最高良い天気です。

日曜日にやり残した施肥のため畑に行きました。

市民農園の分です。

 

去年から気になっていたうちのヤドキンの偽物疑い

この農園に植えて比較しています。

まずはうちのニセモノらしき

ヤドキンの花

Dsc06178

 

多分これではないかと指摘されたパウダ-ブル-の花

Dsc06180

なるほどよく似ていますね~

うちのはニセモノで決まりかな。

 

ついでに友人が送ってくれた青田ナ-セリ-のヤドキンの花

下画像2枚

Dsc06183
Dsc06184

これも花型なんかはそっくり!

少しだけ萼の色が濃いでしょうか。

この時期のラビットの花は似たのが多くて・・わからないです。

 

ちなみにこれはミノウブル-の花

Dsc06186Dsc06187

これだってよく似ていますよね。

ミノウブル-はノビリスと同じって話しもあるから

まあゆっくり観察していきます。

この品種の比較ノビリスは遠い畑の大苗だから

次ぎ行ったら花の画像撮ってきます。

 

それぞれの幼果を見れば違いが分かるでしょうか。

最終は収穫時期や果実の味見でしょうかね~

品種同定はほ~んと難しくて面白い作業です。













|

2014年4月 8日 (火)

遠い畑のノ-ザンは花盛り

これも日曜に見回りだけに行った遠い畑。

ノ-ザンも花盛り 

毎日様子が変わるから画像が古くならない間の記事です。

チャンドラ- 花も長めの大きめです。

Dsc06133

 

デニスブル-  蕾はまだピンク

Dsc06136

 

これはトロ この花だけ赤みが強い。 

Dsc06139

 

デュ-ク  斑点病に罹りやすい品種ですが

味はそつなく甘いし、失敗のないオニ-ルの様な品種。

当地では早摘みでも酸味が強くないし、自家受粉性がよく

ベランダでも良く実る唯一の品種でした・・・

Dsc06144

 

まん丸お花のスパルタン 今年も豊作の様です。  

Dsc06147

この畑では成木が3本 市民農園には中苗5本です。

一番のお気に入り品種ですが 全部接ぎ木なんですよ。

 









|

新品種の花

昨日も今朝も思いっきり寒かった  2度とか4度くらいでした。

春を通り越して夏の温度になっていただけに、急な寒さはこたえるね。

月曜日は毎週仕事が忙しくて、これは日曜日の画像です。

 

日曜の朝は毎週楽しみのモ-ニング。

一日中事務所の中だから、気分転換の紅茶はうれしい楽しみ。

今日のお店は 

緑一杯のアプロ-チを通って

Dsc06129

こんなお店

Dsc06130

モ-ニングは比較的平凡だけど  静かなお店で来客も少ない。

Dsc06131

入り口が目立たないから隠れ家的カフェでしょうか。

 

 

さてブル-ベリ-は

日曜は強風吹き それが山の方から雪雲も迫っているから

すごい寒さで 予定していた草抜きは止めて見回りだけ。

又来週にすればいいと日延ばしです。

 

少し写真だけ撮影 

去年来たばかりの新品種の花 少しだけ咲いていました。

オ-シャン貿易サザンのスプリングハイ  多分1年生

Dsc06163

早生品種らしく もう幼果の片鱗が。

 

大関さんのス-ジ-ブル-は こんな花

Dsc06167_2

花冠の下のフリルが可愛い。

これはブル-クリスプ 古い品種だけど 昔はパテントだったような。

Dsc06165

それぞれの花 少しずつ違いが有りますよね。

全部地植えだから ものになるには最短でも後2年はかかる。

 

この幼苗達の花を摘み取り、市民農園の作業は終わりにしました。

でも好奇心強い私は一枝だけ花を残し、途中で摘果して

たった1果だけでも賞味してみたい~  

それしたら来年の生長大幅に遅れるのですが・・この誘惑に勝てそうもない。

 

|

2014年4月 5日 (土)

ノ-ザンの接ぎ木2本

前の記事もそうだったのですが、近所のネットハウスは

今冬水遣りを殆どしなかったからか、接ぎ木の生長もまずまずです。

これは ブル-ゴ-ルド

Dsc06116

数年前自根を購入し、接ぎ木をしたのですが毎年鳴かず飛ばず

ぱっとしなかったのが今年はいいせんいってます。

花は枝先に多くて まだ葉芽の展開も少ないのですが・・

花をよく見ると

Dsc06118

萼が日よけ帽子みたいな 白色の花 平凡な普通型でしょうね。

 

今日アップのもう1本の接ぎ木

Dsc06119

これは隣県高松市の友人からの頂き物 ブル-レイ?付き

多分その品種のはずだけどとのお言葉でした。

今年はしっかり枝も伸びてまあまあの樹形になりました。

花は

Dsc06120

まだ蕾でよく分からないけど 晩生種のようです。

ブル-レイは有名な品種なのに私は持ってなかったのです。

今年はしっかり味見もして 楽しませて貰おう。

でもこのところ雨が多くて蜂の出動が少なく 

どの位受粉できるか 不明です。

摘果は様子を見てからと思っています。



|

2014年4月 2日 (水)

新品種サンタフェ

これも初めての品種サンタフェ 昔はパテントだったらしい・・・

昨年幼苗を買った 今は

Dsc06125


こじんまりの生長で

お花はとても可愛く スパルタンの花に似て提灯型。

Dsc06126

品種についてはこちらを 自然の休憩所ベリ-公さんの解説

幼苗の割には大きな花で 樹勢も強そう

Dsc06128

いっぱいシュ-トや新芽出てきて 嬉しい~

うな垂れてるのもあるけど今夜から雨みたいだから水はやらない。

 

今年はネットハウスに冬の間ほとんど水遣りしなくて

かえってそれが良かったみたいで 多くの品種が花着けて元気。

花の少ない品種も葉芽の展開が力強いのです。

今まで冬期も水やって過湿にしていた事今気づきました。

これからは毎年これでいこう~っと。

ただし花が咲いて幼果になったら 

水遣り不足だと果実萎んでしまう事があるから注意してね。



| | コメント (4)

ノ-ザンの珍品かな

私も初めてのノ-ザン品種をご紹介しますね。

ブル-スタ-は今花盛り

Dsc06113

お花は 美しいピンクです。

Dsc06115

ブリジッタブル-と同品種では? との話しもありますが

うちのブリジッタ接ぎ木は市民農園に行っていて今日は比較できない。

まあぼつぼつ品種同定もやりますね。

 

こちらはよく似た名前のブル-ロ-ズ

Dsc06122

お花は釣り鐘型で少し大きめ

Dsc06123

蕾の間は萼が立ってて 咲いたら花とぴたっとくっつくタイプ。

 

どちらも幼苗だから生らすのは一枝くらいで

どんな果実が実るのでしょうか。

知らない品種には 格別の楽しみがあります。











| | コメント (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »