« 台風19号の後は | トップページ | さようならマル »

2014年10月18日 (土)

じんば青と苺

12年暮れに自根を頂いたじんば青のその後です。

この品種おさらいしておくと小町園のオリジナルで

スパ-タンの自然交雑実生で 10本単位の購入必要なのです。

スパ-タン大好きの私にはたまらない品種。

13年には接ぎ木にして

下画像は14年3月末頃のものです。

Dsc06076_2

そして今の画像がこれ

Dsc07041

随分逞しくなりました。

ポットは8号に鉢まししたばかり

花芽もかなり付いています。

来年はせめて1、2コでも生らしてみたい誘惑にかられています。

Dsc07043

勿論自根はこの夏乗り切れず、多湿で半分枯れています。

こちらはあえて画像出しませんけど・・・当地では無理みたい。

この接ぎ木が保険になりそうです。

 

 

最近知り合いからイチゴさちのかの苗を4本もらいました。

昨日やっと植え付けて、ポットの周りポケットに4本。

そしてトップの大穴には HCで1本購入しました。

こんな感じに植わりましたよ~

Dsc07039

トップの品種ランナ-が伸びてて

それ埋めて根付かせるために緑のスリットをポケットに追加しました。

Dsc07040

購入品種はこれ  福王


Dsc07046


Dsc07047

初心者がジャンボイチゴなんて上手く行くかしら?

少し遊んでみますね~

 

明日は昨日書いた畑の植え付け、何本かする予定してます。

ハ-モニ-やピンクレモネ-ドは鉢植えから地植えに。

地植えから地植えへの場所替えは難しいけれど

時期早いかもと思いながらも、遠い畑で酸味強い品種を

陽当たり満点の市民農園に移植してみるつもりです。

時期はもっと寒い11月中旬以降が良いんでしょうけど。

待てないから 地植えでも比較的中苗分の移植から始めます。

せっかちの私は早くしないと次の仕事に進めない・・のです。

|

« 台風19号の後は | トップページ | さようならマル »

その他」カテゴリの記事

NHじんば青」カテゴリの記事