« 2014年10月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月27日 (土)

遠い畑のスパルタン

寒い日続いていますね~

今日半日で仕事も終わり、明日からは畑作業と思っていたのに

当地では雨のようです。

おまけに週間天気予報では年末年始は極寒でついてない~

 

今日は遠い畑のスパルタンとおまけのレビ-ルの近影です。

スパルタンは 紅葉も多く、落葉も大分しています。

Dsc07127

花芽も少ないですが まあ付いています。

Dsc07128

毎年スパルタンは花芽が少ないと心配するのですが

その時期になったら、それなりに豊作とはいかなくても

まあまあの収穫があるのです。

あまり花芽調整はしていませんが

樹自体がセ-ブしているような手の掛からない品種です。   

遠い畑には大苗が後2本、市民農園には6本全部接ぎ木です。

 

下画像は今年廃棄するつもりでいたノ-ザンレビ-ル

Dsc07130

下枝を剪った段階で気が変わって 上方に伸びた枝は手つかず

だから枝先だけの酷い樹形です。

Dsc07131

その枝先には 花芽もごくわずか残っています。

非常に豊産ですが、味にメリハリがなくて 迷ったのですが

やはりこんなに楽ちんで沢山採れるのはやっぱり貴重品種。

それで思い直してリストラ中止!です。

強い酸味も無いからそう不味くもないのです。

下画像のような 花芽の無い枝も沢山ですが

Dsc07132

トップを剪って横枝を伸ばし樹形の立て直しは来年の仕事。

 

ここで今年の反省を

近年、果実の出荷に夢中になり、少しお商売に走っていました。

産直市2軒と日曜市に出荷  盛夏には無理して熱中症に。

そして中途半端に、大衆受けする大玉甘味だけを目指してしまって・・・

冷静に考えれば気恥ずかしいです。

プロになりたいと思ったことも有りました。

でもそれには栽培面積が小規模なのと資金が付いていかない。

そして大切なプロの努力というか、栽培法など常に研究熱心な姿勢

が私には不足しているのです。 

健康にも自信ないし、のほほ~ん栽培なのです~

 

まそんなところで来年は原点に戻って、ほどほどに趣味栽培中心で

販売は余裕有ればで楽しみたいと思っています。

なんかそう決めたら緊張とれて・・お世話もゆっくりぼつぼつとになりました。

 

販売目的以外にも素晴らしい味や個性的な食感、好みの花色など

見て食べて楽しい品種など多いですよね。

大玉美味はもちろん趣味栽培でも一つの目標だけど、

今年は品種それぞれの特徴の味に目を向けたいと思っています。

そのためにフルメンバ-集めているのですからねえ。

 

今日から年末休暇ですから、コメントへのご返事が遅れるので

ご了承下さいね。

休暇はミニハウスづくりと冬眠で過ごします。

(ハウスは職場近くの6坪ハウスを返却して自前の遠い畑のPに新設中)

 

皆様今年は大変お世話になり有り難うございました。

良いお年をお迎え下さいね~

| | コメント (10)

2014年12月25日 (木)

初めての主軸更新

最近ラビットのタカヘが小果多く、イマイチなので

6年経過の枝を剪ることにしました。

これが剪除前の画像

Dsc07135

 

立ち上がりの3年枝2本残してその上からバッサリと剪除。

根元から強剪定をすると来年の収穫望めないから

中庸の剪定のつもりです。

Dsc07138

 

それでも剪った枝はこんなにでっかい!

Dsc07140

 

切り株は左シュ-トの関係で斜めになっています。

今日は持ってないけどトップジンペ-スト塗らなくてはね。

Dsc07142

 

樹はこんなになって大分花芽も減りました。

Dsc07141

ラビットは今まで大きな枝剪定しないで過ごしてきましたが

この畑の大物ラビット達は6年生以上。

ハイブシュ系は4年ラビット系は6.7年経過の枝で果実の生産能力が

衰え小果が多くなると言われていますよね。

うちのラビットも小剪定はしてきたけど、そろそろ主軸更新の時期

に入ったようです。

一度にやると収穫に大打撃だから、まあぼつぼつと古い枝は

剪って主軸更新していこうと思っています。

 

ハイブシュについては折に触れかなりの剪定をしてきました。

ラビットは丈夫で沢山の果実のイメ-ジ強く、ほったらかし栽培。

いつまでも現状維持でメチャクチャ大きくしても平気と思っていました。

近年一部の枝に 果実が小さく短果枝も多く味ものらないから

もっと早く対処すべきでした・・・反省。

 

 

最近ブル-ベリ-畑の横、文旦の大木の下で

夫が西洋ミツバチを飼い出しました。

Dsc07144

このところの寒さであまり出てないのですが

この箱の巣枠の中は蜂でいっぱい。

2ヵ月くらいでずいぶんと増えました もちろん蜜も重いくらい~

蜂はカ-ニオラン種でオ-ストリアのカ-ニオラのアルプス山地原種蜂とか。

西洋蜂としては性質が温柔らしいけれど私は怖い。

でもブル-ベリ-受粉の為なら日本でも西洋でもなんでもいいのです。

 

ちなみに前飼っていた日本ミツバチ 全部逃げて今は空箱ばかり・・・

| | コメント (4)

2014年12月22日 (月)

石灰硫黄合剤を購入

毎年の恒例 お正月に石灰硫黄合剤散布をするために

今年もあちこち探してやっと購入しました。

 

去年は前に購入の500ML数本と友人から18L使い残し貰った分で

間に合わせです。

今年はHCの多くが15Lでたまに10Lあっても割高お値段。

JAが18Lと多いのばかりでしたが

昨日曜、郡部のコメリで10Lやっと見つけました。

お値段は1552円手頃です。

Dsc07133

Dsc07134

あんまり聞かないメ-カ-だけどまあいいや。

今年は遠い畑も市民農園も一度も農薬らしきは散布しなかった。

まあせめて1年に1回、人様のいない1月3日頃噴霧したいと思います。

 

上画像に有るとおり落葉果樹は7~10倍希釈で

ステンレスのペコチャン噴霧器ではなく、短時間で終わる電池式噴霧器で

すばやく丁寧にしたいです。

ぴんさんが2回散布するらしいから、ミカン農園の友人に聞いたら

芽が出る前に出来れば2回散布が良いって・・・

 

昨日は久しぶりに暖かめだったから、ミニハウスの資材も買って

そちらの製作作業もしたいと思いつつ・・・

資材いろいろ購入だけで途中イオンに寄ったら他の買い物に沈没。

年末年始は休みも多いからまたチャンスはあると勝手な解釈。

 

まあ今日はユズ風呂にでも入って作業は風がなければ

明日からぼつぼつですね~

| | コメント (4)

2014年12月19日 (金)

移植のコロンブス

今日は久しぶりのコロンブスです。

大関さんではコロンバスですが、うちのは国華園のコロンブス

同一品種だと思います。

 

遠い畑に植えていたのですが、大粒がなるのですが、味イマイチ。

それで日照時間の関係かもと 先月日当たり良い市民農園に移植

紅葉してきたのですが、中途半端な色で美しくはないです。   

Dsc07123
 

 

全体はこんなです。

Dsc07122
 

 

わずかな花芽は 枝についているのですが良い芽では有りませんね。

Dsc07124

来年の収穫は無理かもしれません・・・

市民農園はこの寒さで人っ子一人いません・・・

私も剪定の元気もなく・・ただ写真とるだけです~

| | コメント (4)

2014年12月13日 (土)

どちらもニュ-フェイス

今日のも市民農園での記事

大関ナ-セリ-のラビット系超大粒品種タイタン 

地植えにしてみました。

 

さすがにプロ栽培の3年生 

この畑では汚い葉色のラビットが多い中、まだ緑を残すきれいな葉 

Dsc07107

もう少し落ち着いたら、このシュ-トは半分くらいで剪り、

下枝の花芽は全部落とします。

果実は雨に弱いとの事だから、将来は上にフレ-ム写っている

トマトの雨よけ風の支柱で屋根だけ囲うつもりです。

 

そして隣には去年遠い畑で果実がほとんど採れなくて

雨に弱いノ-ザン系ハナンズチョイス(接ぎ木)

この畑ではニュ-フェイスですが、がらばかり大きくなって

収穫0の子 11月に移植しました。  

Dsc07110

南にばかり伸びていた枝を、ここでは西向けに植え付け

南東にシュ-ト出して貰いバランス良く育てたいもくろみ。

間延びした枝もう少し剪っても良いですね~

 

根元はまあまあ大きくなって

Dsc07108

百均のネ-ムプレ-トと同じ巾になりました。

 

この列は隣にも中苗のハナンズ、その隣はスタ-で雨よけ品種ばかり。

タイタンは一番端ですが 通路はさんでラビット畑だから受粉はOKと。

さあ来年の収穫はまだ望めないけど、まあゆっくり夢持って育てたいです。

| | コメント (4)

2014年12月11日 (木)

オニ-ルも頑張ったのに・・

市民農園で根腐れをおこした苗をさらにアップします。

 

サザンのオニ-ル これはかなりのサイズなので

地植えのままでした。

加湿以来次々と葉が落ち、丸坊主です。

Dsc07112

 

手前の右端 枝先に小さな芽吹きがあったと思えば・・・

Dsc07114

 

かたや下画像の左に伸びている枝は元から黒茶色に変色

多分これも切り取りすべきサインでしょうね。

Dsc07116

このオニ-ル今まで幾枝もこんな感じで枯れ枝になって

切り取ってきました。

だから最初の画像 枝が少ない。

もちろん花芽なんて一個もありません。

もう根元からばっさりやった方が良いのか・・迷っています。

9月末排水工事して全体の畝上げをし、大苗も持ち上げて植え直した。

その時はまだ根は生きていたと思ったのです。

だから葉が落ちている枝もきれいな赤ならまだ可能性あると。

せっかく大きくなった枝台切りしたらまた一からだし・・・

でもこの枯れ死に枝見ると悲しくなります。

 

芽吹きの2月末に各枝からニョキニョキと力強い新梢がでて

枝も葉もいっぱいになるそんな事期待してますが・・・多分無理そう。

 

このオニ-ルに復活はあるでしょうか?


| | コメント (6)

2014年12月10日 (水)

案外大丈夫そう

今年の8月の長雨につづく台風被害で

11本の苗が加湿でだめになった市民農園です。

農園は自己流排水工事をして 畝をさらに上げたのですが

数本は鉢取りして根洗い用土替え

このサザンのミスティもその1本 。

鉢上げ後 様子みていたらなんとか早めに復活の優等生。

でも赤葉だらけです。

通常は冬にも色変わり少なくほとんど常緑品種なのですが・・

008

これはもちろん自根 当地ではよほど難しい品種を除いて

ほとんどのサザン自根なのです。

ミスティの特徴やたら花芽が多い。

010

やっぱりこんな状態でも花芽はしっかりついていますね。

011

これは多肥で育てるしかないかな。

休眠あけに化成肥料で4月中旬頃からアミノ酸肥料。

この鉢にも先日PH計って少し硫黄粉追加した。

ミスティはちょっと難しくて最初の頃小苗をよく枯らせた。

まあ今回は 多肥と言っても慎重にしないと。

 

鉢あげしても復活期待できない苗も数本あって、

その子たちも春の芽生えの時期にはなんとかなるかと

淡い希望をよせています。

| | コメント (4)

2014年12月 6日 (土)

新品種ハ-モニ-

この寒さでラビットも次々に色づいてきました。

 

これは夏に中苗を購入したハ-モニ-

新シュ-トの色と旧枝は 全く色が違います。

葉の付き方もまるで別品種と思うくらいです。

005

家に来たときは 葉がたれた少し弱り気味の苗。

近所のHCでたった1本しかなかったから、病気起こって

また買ってしまいました。

いまだ衰えない購入意欲 困ったものです~

 

市民農園の畑に地植えして シュ-ト出てきました。

たしか数年前オ-シャンのパテント品種だったような気が・・・

そういえば買ったとき丸い例のラベル付いていたような。

HCで売ってるのはちょっとの品種かも知れないですね。

衝動的に買って、後から調べると少し酸味系かも知れないと。

もう仕方がない。

どの程度のものか私流に観察するしかないですね~

 

全体はこんな苗です。

004

新梢以外は真っ赤でしょう。

さて 少し弱っている苗だから 

もっと元気になるまではと株元の邪魔っ気な枝も剪っていません。

| | コメント (2)

2014年12月 4日 (木)

花の続き

今日は降ったり止んだりで又一段と寒いです。

前にも書いたけど高知ではしびったの天気と言います。 

これは遠い畑のノ-ザンヌイ もうブロンズ色になっています。 

これも秋にメチャクチャ剪定で 小さくしています。 

Dsc07077

 

この子にも大分無駄花が付いてきました。

急な寒さで 蕾は濃い紅色で、寒さの前に開花したのは白い花。

元々、蕾は淡ピンクで咲いたら白色の可愛い花です。

Dsc07078

   

硬くなった蕾の分は 花柄も茶色

こんなんで来年の収穫大丈夫かな~て思うでしょ

Dsc07081

でも例年非常に豊産で でっかい果実が鈴なり。

少々の時期はずれ開花は収穫時に影響及ぼしません。

 

この品種だけは心配ないけど 味が酸味強め 残念です。

収穫時期も早くて、スタ-と同時期に色づく。

まだハイブシュの初期だから珍しいし、スパルタンよりでかい実

生食はちょっとだけど ジャムにはグッドです。

この果実ずっと収穫続いて 晩生のサミットの頃まで穫れるのです。

まさにだらだら収穫だけど 梅雨の雨には強いのがいい。

ともかく超大粒が揃うから・・・私がリストラできない理由。

 

昨日の段階で こんな果実も・・・

まあこれはいくら何でもね~ でも試しに取らないで置いてる。

天井ネットないから そのうち鳥のエサになるかしら。

Dsc07082

| | コメント (4)

2014年12月 2日 (火)

来年のレベルは?

お久しぶりです。

長い事お休みしたら、ついにCM出されてしまいましたね。

 

今日の記事はオ-シャンのレベル サザンハイブッシュです。

先日の暖気でいっぱい咲いてきました。

(今日はぐっと寒いですけどね~ 当地でも朝は4度なのよ)

この花の有りようでは もう1ヶ月位前から徐々に咲いた様子。

Dsc07065

すこし幼果のできたのも・・・

Dsc07071

こんなのも有りました。

Dsc07072

葉は丸く撓んだ紅葉や

Dsc07074

まっすぐのトンガリ葉

Dsc07075

撓み葉の裏はシミだらけ

今年は一度も消毒しなかったからですね~

Dsc07076

全体の感じはこれで  花はかなり咲いてしまったのです。

Dsc07068

10月末頃 随分と枝を剪って すっかりスリムになったのです。

ところが残り花芽が半分近く咲いてしまった・・・

来年の花芽が少なくなった 剪定早くすませたのが仇になったのか。

 

去年も晩秋に少しは開花した・・でも剪定はあまりしてなくセ-フ。

今年は沢山実が生ったけれど、穫りきれないうちに多雨でダメになった。

その経験で果実多くてもだらだら収穫はダメと花芽や枝の選別を思い立った。

そして早いうちから大幅剪定した・・この時期が失敗だったみたい・・・

 

来年の収穫は予想外に果実数が減る予感。

オニ-ルに似た早生のレベル 楽しみだけどどうなるかな~

 

 

ブログパ-ツクリスマスにしました。

オルゴ-ルをクリックして鳴らしてみてくださいね。

WATARIGRAPHICの文字盤ではまたちがったメロディ-流れるのよ。




| | コメント (6)

« 2014年10月 | トップページ | 2015年1月 »