« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月24日 (火)

露地サザンの花芽

このところ毎週のように雨も降り、春一番も吹き終わった。

温度も当然高くって今日も最高が17度の予報。

 

露地のサザンは待ってましたとばかり、花芽が膨らんできた。

葉芽も動きだしたものもある。

これは市民農園の今朝の画像 

遠い畑は先週末も雨だったからまだ様子見てない。

 

定番のエメラルド かなり紅色が濃い蕾と新葉の色が美しい

果実と同じく花も大きい。

Dsc07304

 

これはスプリングハイ 花芽はたっぷり付き過ぎ。

Dsc07307

 

ミスティはもう十分華やか

Dsc07315

 

   
ス-ジ-ブル-は常緑なのか、石灰硫黄合剤のシミ葉が多い。

Dsc07318

 

さてブル-ジュエル これは接ぎ木のようだ。

Dsc07321
Dsc07323

何かころっとして椿を思わせるすてきな蕾。

こちらはまだ膨らむには早いようですね~

 

もうすぐ春ですね~って歌いたくなってくるこの頃ですw





| | コメント (6)

2015年2月19日 (木)

接ぎ挿しの追加

今日も風は寒いけれど ぐっと春めいた陽気。

雲の晴れ間の空はスコ-ンと明るく、気持ちがハイになるね~

 

今日の記事は 先月26日に接ぎ木ハサミでした接ぎ挿しに

自己流接ぎを追加したのが2月3日頃 その様子です。 

少しは変化が出てきたかと毎日眺めて土乾いてたら少し水やり

 

これはチャンドラ- 手動割接ぎ

Dsc07272

 

こちらは接ぎ木ハサミのオニ-ル

Dsc07273

 

台木太く穂も太いスパルタン ダイナミックな割接ぎ

Dsc07276

    

デニスブル-とオザ-クブル-の割接ぎ
Dsc07277

後接ぎ木ハサミにお世話になったのは接ぎ挿しではなく

接ぎ木数本

で品種はデュ-ク、オニ-ル、エチョ-タ、トロ、スパルタンなど。

こちらの画像は前記事と重複するから省略しますね。

 

普段はクリスマスロ-ズの南に置いて午前中だけ日を当てている。

午後からは日陰になる場所だから、夕方からはビニ-ル袋で被い

朝には最初画像のようにオ-プンにしています。

 

ビニ-ル被いはもちろん接ぎ挿しだけで接ぎ木はいつも外気にオ-プン。

Dsc07271

 

まだ早いと思いながらも・・見渡すと

接ぎ木ハサミ製のオニ-ルの芽がはっきりしてきた。

Dsc07274

上画像の様なのが2本(もう1本は撮影失敗)

水吸い上げているのか、穂が親木から貰った力なのか?

接ぎ木の場合もやっぱりサザンが早く優等生か・・・

 

こんなやりかたでさて何本成功するかな~

接ぎ木は下手だから 1品種2本もあれば文句なし・・・

 

ついでに私が割接ぎしかできないのは中心で台木をカットしたら

カットの切れ目が元に戻ろうとする。

その間に鉛筆削り技で整えた穂木を挟み込むとテ-プ巻きは楽々。

穂は出来るだけ平らに薄く形成層と密着するように差し込む。

切り接ぎのように台木細く切らないから、手を切る心配もないし・・・

成否は別としてまあこの方法ばかりしてます~

| | コメント (4)

2015年2月17日 (火)

草抜きと施肥

2月の14.15日と暖かい晴天に恵まれて 高知では15,16度。

私も冬眠から覚めて不調木の植え替えや草抜き、施肥の作業をした。

 

植え替えは地植え分で市民農園5本、遠い畑はニュ-ハノバ-1本。

そして草抜きは 数年前に購入し行方不明になっていたのが最近出てきた

この草取り一番を使った。

これはどこか県外のHCで買ったらしい記憶はあるがはてどこだったか?

今まで手でひたすら抜いて、根の深そうなのはシャベルで掘っていた。

ところがこれを使うと 刃のぎざぎざが根に引っかかりとても軽く抜ける。

Dsc07267

小さな草の長い根を抜いたときは少し快感!

Dsc07270

遠い畑は5年間毎年マルチを加えて来たからか草量も少く

作業は楽々~

市民農園は始めて1年くらいだから 防草シ-ト以外は草だらけ。

畑35坪以上雑草だらけなのよね~

ここは3時間かかってやっと抜き終えた でも雨降るとまた出てくる。

終わりのない作業・・・ああどうしたら良いんだろう~

ちなみにこの草取り一番はネット検索すると兵庫県三木市の鋳鋼所製品で

350円位の代物だった・・

 

まあなんとか一段落して 次は施肥

マルチを寄せて根の周りにサンドセット1握りと有機肥料2握り撒く。

芽だしのお手伝い程度で私は施肥量少ないなと思いながら・・・

まあまた花が咲いたら再度施肥するからいいや~って事で。

Dsc07268

施肥後はまたマルチをかぶせ元に戻す。

 

この一連の作業だけど 丁寧に丁寧にやったのよね~

14日と15日午前中は市民農園、15日午後は遠い畑。

 

そして過日11日の仕事だけど市民農園のほうは天井ネットも

これは夫も手伝ってくれてやっと張れた。

ちなみにこちらの農園の方が蕾の穴被害は多数で鳥が多い。

ネット張ってる間も鳥たちの数個の目玉がこちらを見つめていたのよ。

Dsc07245

石灰硫黄合剤のせいで ブル-ベリ-は真っ白になってるけど

ぼつぼつ花芽もほぐれてきている。

 

後残る作業はマルチの追加とハルハウスから遠い畑のミニハウスに

移動した苗達の一部鉢まし植え替え まあこれはゆっくりの作業でいいけど。

マルチの追加は次の休みにと思っている。

それと平行してHBの挿し木を少し・・・今年の接ぎ挿しは追加もしたけど

HBが足りなくてね~ 先日のも友人からもらった台木使用なのです。

まあそれが終わったら4月頃まで少し暇かな。

 

なんか今年はすべての作業が丁寧に出来てるつもり(単なる自己満足)

考えたら毎年今頃は入院したり、手術したり、その上仕事多忙で

ゆとり無かったのよね。

今年こそ収量少なくても美味しい果実採れそうな気がする~

| | コメント (6)

2015年2月14日 (土)

時季外れの天井ネット張り

もう立春も過ぎたというのに 寒い日ばかり

北海道や東北、北陸の大雪のニュ-スみると

やっぱり当地は暖地なのだと再認識する毎日です。

 

さてこちらは遠い畑 ハイブシュ達は花芽は付いているのですが

Dsc07213
Dsc07218
Dsc07216 

こんな状況で 3番画像は下の蕾何かに食べられています。

蕾の芯をくりぬくように穴空いてる

こんな被害がいくつも有るのです。   

もう害虫たちの活動も考えられないし、鳥かも。

 

そう思ったらたまらず天井ネット張ってしまいました。

Dsc07237
Dsc07241

ところが画像みて分かるように 80パ-セントで少しネットが足りない。

まあ気休めの結果になりましたが、多少は効果有るかもしれませんね。

蜂の受粉が終わるまでこのままで行こうと思います。

そして市民農園もこの後ネット張りしました。

 

ネット張りにはとても苦労して毎年の事ながら、花芽とばしたり

下画像の小さなニュ-ハノバ-は何度も踏んでしまって

気の毒な有様に・・・ 根元は折れています・・・

Dsc07242_2

代わりにがんじいさんから去年頂いた鉢植えノバ-と

植え替えすることにしました。

でもこれは来週の作業予定。

Dsc07244

 

とても寒い遠い畑ですが 少しずつ春の準備をしています。

これはイチジクの剪定 一文字仕立てのつもり・・・

植物全部に施肥をしたり、不調木を植え替えたり

Dsc07222

     

クリスマスロ-ズの地植え分も 汚い葉は切らなくては

でも極寒の中わずかに蕾つけています。

上からはオリ-ブの枝が落ちてきて これも邪魔枝は

切らなくてはいけませんね~

Dsc07225

 

これからは毎日少しずつ春の気配がしてくるでしょうね~

毎日の新しい発見を期待して もくもくと作業しています。


|

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »