« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月28日 (火)

二期なり

今頃花が咲いて 果実がなっているサザンのレベル

普通の収穫はオニ-ルの時期とほぼ同じ、当地では5月18日スタ-トで

最後の収穫が6月7日だった。

だから今のは二期なりだけど 例年はもっと遅い。   

007

009

010

012

013

今年は途中でつみ取らないで どうなるか試してみよう。

この猛暑の中、サザンの果実はふくらむか小果のまま色づくのか?

樹の勢力も凄いから、このくらい生らせても影響はないと判断。

 

二期なりは毎年レベルの他に ヌイやシャ-プブル-、ビロキシ-

などにも起こりますね。

いずれもメチャクチャ樹勢強い品種ですね~

| | コメント (2)

2015年7月27日 (月)

新梢ばっちり

台風と長雨でさんざんだったけど 良いこと一つ

 

ラビットのモンゴメリ-  

002

上から 見たら

003

 

    
  

ラビットのT100(ノビリス)

004

上画像の根元からのシュ-ト

 

              下画像は枝先の新葉を見てね。  

005

あんなに嫌な雨だったけど 少しは嬉しいこともなくっちゃあ

やってられないよ!

 

小苗を地植えしたら、鉢植えより生長は遅いです

が しっかり土に馴染んだら爆発します!

但し樹形は いいっこなし~

| | コメント (10)

2015年7月24日 (金)

長雨後の遠い畑

今朝はやっと雨が止み、久しぶりに遠い畑へ。

こちら遠い畑では 相変わらずの裂果多く

001
002

落果は数知らず 虫の来る前に大急ぎで取り除き、画像は無しですが。

 

裂果、落果はどの品種にも多少の違いあっても必ずあるのです。

大雨や大風のその時熟してる品種の果実が被害にあいます。

だから大雨時が収穫期と重ならないようにすれば良いのですが、

雨は梅雨時にも降り、不定期にいつでも大雨になりますものね。

今回の雨ではT100が一番被害が多かったです。

 

でも救いはあるのです この画像見てお気づきでしょう。

こんな裂果、落果に見舞われても・・・ラビット果実まだ残あるのです。

ピンクの幼果もあるし、まだ硬い果実残っています。

パウダ-ブル-なんて一樹まるまるこれからなのです。

恐るべしラビットですね~

今日一日乾燥すれば明日夕方には収穫できるかもしれない!

    

    

そしてこれは雨前からだったかもしれないのですが

不調のスタ-の枝に異様なぶつぶつが・・・

015

アリが這い上がっている様子からもカイガラムシですね。

弱った樹の枝にはお決まりのパタ-ンで 枝ごと剪りとり。

017

 

また この畑に小苗で植え付けたニュ-ハノバ-自根は

大きな樹の間だから何度か踏みつけたけど新梢は元気。

005

 

こちらも小苗のじんば青接ぎ木(自作)

枝元からシュ-トも出ているのですが、多分シャシャンボメスガか

枝先枯れています。

でもその下からは小さな新芽が芽吹いて・・・

007
009

この畑ではこの茶色の枝先被害が多く、スパルタンも

チャンドラ-もすべての樹がこの試練乗り越えて大木になります。

じんば青も今試練の時なのです。

 

 

ちなみに今朝の空は  

北の空

018

南の空

019

多分梅雨も明けたのでは?

 

今日は雨の後片付けとはいえ、自分で動いたから気分も快晴。

なるようになるさって大きな気持ち。

昨日は大暑だから、今度は水切れの対策しなくちゃねえ。

今日は土用の丑の日だからウナギ食べる?

私はウナギよりブル-ベリ-の新品種にお金使いたいですね~

| | コメント (4)

2015年7月23日 (木)

毎日雨で気分もウツ

今週は毎日雨続き、畑にも行けなくて人間も意気消沈しています。

 

それでも少しは作業もして、19日日曜は市民農園で

キュウリの取りのけブラックベリ-の剪定などして畑の大掃除。

20日の海の日は遠い畑で 

雨の中 鉢植え小苗達の鉢の雑草抜きや不要枝の剪定などしました。 

どちらもハイブシュは軽い夏剪定はとうに済ませ、お礼肥も完了済みです。

 

もちろんどちらの畑も沢山のラビット果実の落果、裂果はいつもの通りで

全部切ってしまいたいくらいでしたが、若干これからのピンク果実もあり

それも出来ない・・・もったいなくて強制終了は勇気いりますね。

 

果実販売もずっと休みで 日照不足の果実は本来の味出せるわけもなく

また雨の止み間の収穫果は傷みやすくブル-ム取れて真っ黒果実になるから

これも出来ないですね。

いまだに梅雨の明けない当地で ただひたすら雨上がりを待つ日々です。

 

 

そんなわけでしばらく畑にも行って無くてブログネタもないので

今日は職場の近所に置いてある挿し木の画像です。

いつもは集合プランタ-で数本挿してるのですが

今回はそれぞれ1鉢1本で挿してみました。

鉢のなかみ無いのは数日ですでに脱落して、取りのけた跡。

001

ここも接ぎ木や挿し木の置き場所

002
003

これもあんまり上手くは行ってないです。

この場所で生長した苗は6号にして遠い畑のミニネットハウスに移動

なのですが、水分多すぎでなんかしゃんとしない。

カンカン照りも困るけど多湿も小苗の生長に良くないようです。

 

そして発泡スチロ-ル入りはホ-ムベル挿し木

遅ればせにやってみました。

006

そして真ん中のは友人にもらったラビットのメンディトウ小苗。

 

天気予報では明日は雨あがるらしいですが、週末にはまた台風とか。

もう嫌になってしまいますよ~ 毎日雨の連続は最悪です。

5時半起きで朝の畑作業の習慣もずっとさぼっています。

せめて週末だけでも晴れてくれれば、私の気分も晴れるのですが・・

こんな異常気象皆さんも同じでしょうか?

 

暗い記事でごめんなさい。

せめてグチでも書いて、気分一新したいところです~

 

| | コメント (6)

2015年7月17日 (金)

接ぎ挿しはほぼ成功?

昨夜の台風当地はすでに通過したようです。

今はまだ雨はかなり降っているのですが、そんなに強くはなくて

まあ台風の余波致し方ないですね。

 

被害は遠い畑のハウスパッカ-数個飛んで入り口ぱかぱかです。

他にはミニネットハウスの鉢植え6鉢ほど横転。

そして市民農園も同じですが 取り残しの果実沢山落果。

あんなに収穫したつもりなのに まだ有ったようです。

今日は見回りと転がった鉢植え元に直しただけで後は雨止んでからです。

でも台風前の果実沢山収穫していて正解でした。

1年間苦労して育てスズメや害虫、病気から守り、

手塩にかけたブル-ベリ-ですもの 大切な果実です。

どうせ落果するのなら、せめてジャムにジュ-スに活躍して欲しいです。

 

 

さて今日の記事は

2月3日頃にした接ぎ挿し しばらくぶりに見ました。

小さなケ-スに品種毎に10本とか6本程度集合で挿した接ぎ挿しだから

6月にまあまあのを一度は4号小鉢に鉢上げし、1本ずつ単独にしました。

その後収穫始まって多忙だったので 水やり程度で放置。

 

今日観察すると

まずチャンドラ- 10本挿して6本なんとか・・

001

こんな小さなのもあれば

002

まあまあ二次成長しているのも

でもこれよく見ると右下に台木のポッチ見えますね~

写真に撮るまで気づかなかった!

003

こちらもまあまあかしら 少し水切れさせた気配

006

 

これはスパルタン10本挿したうちの4本の鉢上げ後

2本芽吹いているのもあるから、これから気をつければいけそ~

007

 

オニ-ルは6本挿したうちの4本が何とかいけそう。

009

オニ-ルのこれなんて 私にしては良い出来の方

でも上の芽だけ伸びて、下は発芽しないスタンダ-ド仕立てかよ。

011

接ぎ口はずっと下なのに。 いずれ下からのシュ-ト信じて・・・待つ

 

まあ各種2本有ればと思ってやった接ぎ挿しだからこれで十分。

数年ぶりにしたけど、何とかなるものですね~

このほかにデニスブル-の接ぎ挿しも成功らしきは3本。

他にスパが後4本出てきました。

だからスパは10本のうち8本成功か?

まだこのまま無事に育つか楽観は出来ないですけどね。

 

挿した数も少ないから成功らしきも少ないけど私には十分です。

私の場合、台のHBも無くて友人からのもらい枝なのよ。

| | コメント (12)

2015年7月16日 (木)

台風どうなんでしょう

皆さん 台風11号の準備はお済みですか?

ここ高知市は今夕上陸の予定で 避難準備情報などでスマホが度々鳴って

不安を煽っています。

ブル-ベリ-畑も準備として支柱の補強などしています。

 

さてブル-ベリ-の方は毎年10キロくらいは落果の憂き目に合うから

今年は青いの早めに収穫。

 

準備は昨日15日から  

まずは遠い畑の収穫です

この220グラム入りパックは品種毎の収穫パックで約18パック

他にいちごパックなどで約4キロ強でしょうか。

004

他にも容器が足りなくて パック運搬のケ-スまでいっぱい。

006_3

全体で5キロ以上の収穫になりました。

 

スズメや落果と戦ってきたのに ここで台風にやられるのは嫌と

ラビットの2.3番果早採りで大量収穫です。

一時はラビットは終わったと思ったのに案外かまわないものですね。

でも今度こそ大部分の果実なくなりましたね。

でもこの果実達 さてどうしたらいいか?

 

普通に販売するには味の乗ってないのも多いから

選別して大小を分け 大粒は美味しいはずだから普通に

早採りの中粒以下はジャム用として大パックで格安に。

今日産直市に出してみました。

 

出してびっくり! 今日は各生産者のブル-ベリ-がいっぱい!

みんなが収穫したのよね 産直市も激戦区でしたよ~

 

昨日は大量収穫で疲れて もう市民農園まで手が回らない。

ネットハウスと言えども暑くて熱くてサウナ状態。

雨と錯覚するくらい大量の汗が目にしみて痛いし、熱中症が怖くて

早朝のみの作業でした。

 

 

 

そんなわけで今朝16日は市民農園の収穫。

意外なことに早朝6時頃は雨降ってなかったのです。

ここではオクラッカニ-やノビ、コロンブス、ヤドキンなど収穫したら

激しい雨が降り始め・・作業中断 フクなどはそのまま仕方がないです。

今日はこのくらい2.4キロくらいですね。

002

それにしてもこの果実 一体どうしたら~

出荷しても全部は売れないだろうし 昨日の残品も出てくるだろうから

ジャムの為の冷凍しか方法無いですね~

 

考えてみると毎年台風以外にも大雨に見舞われ、ラビットは完熟まで

樹上に置くことが出来ない土地柄 ほんと嫌になってしまいます~

暖地だからラビットは一番風土に合ってるはずなのに。

嫌ならハイブッシュばかりにすれば良いのですが、やっぱり遅くまで

少しずつでも収穫したい欲張りな気持ち有りますね。

 

久しぶりの更新が相変わらずのグチ日記になりました。

皆様には 台風被害無いようお祈りしていますね。

今書いてる間に避難警報が出て隣接の南国市の避難場所

数カ所指定されました。

自宅はマンションの上の階だから水害は心配ないけど

畑2カ所どうなることでしょうか~

| | コメント (8)

2015年7月 7日 (火)

果皮が硬いのか、熟れてないだけか

昨日も雨、今日も雨で もう一週間ほど降り続いています。

これは市民農園の方 まだ小苗が多い畑

ベッキ-やブライトウエル、バ-ノンはもうまともな果実はない。

他のも一様に完熟果には必ず裂果がつきまとう。

完熟で大きく軟らかくなった果皮が雨で膨らみ破裂するのでしょうね~

 

ところが以外と被害の少ない樹が 2本ほどあったのです。 

ほぼ大苗のフクと 

006_2

007_2
008_2

 

もう1本は ノビリスに似ていると言われるミノウブル-です。

一度温室ハウスで枯らして、再購入の2年生 地植えしたのは去年の春

なのに凄い伸張力 こんなに伸びた枝もあります。

樹形なんて細かいことはいいっこなし、

地植えの場合早く樹を生長させて、収穫まで持って行きたい私の思い。

011_2

果実はこんな風で遅いから まだ裂果はないです。

012_2

 

今日も裂果を取り除き 廃棄処分

昨夕も採ったから今朝までの分で まあ少ない方でしょうか。

014

 

 

そして遠い畑に行くと ここも凄い

これはプレミア  各クラスタ-こんなのだらけ

017_2

ブライトウエルは当然だし、ここではノビリス、オクラ、オンズロ-も。

 

少しでも何とかしたいと一時しのぎにあまったビニ-ル屋根に張る。

019_2

ブライトウエルとプレミアの真上に気休め程度です~

全体に張るにはまた相当予算が必要で

資金源の僅かばかりの果実販売も今年はもう終わりのようです。

 

この雨が上がったらまた市民農園の過湿の心配が追っかけてきそう

去年は秋だったけど、ブル-ベリ-の根元に滞水してサザンばかり

数本ダメにした あの悪夢が・・・ああ考えたくないです。


   

| | コメント (6)

2015年7月 6日 (月)

大きな葉っぱのスパルタン

スパルタンの接ぎ木に久しぶりの大きな葉が出てきました。

画像左のシュ-ト かなりでかい葉でしょう。

027
      

もしかして台木かもと根元見ると

026_3

右の茶色の枝より上のシュ-トです。

 

サイズはかなりのもの・・・夫の手のボ-ルペンと見比べてね。

025_2

 

上の画像を撮影して 10日後が下画像

002

同じ樹の普通の葉乗せてみました。

10日前より葉は色濃くなって さらに大きな葉に。

 

スパルタン接ぎ木には時々こんな葉が出てきますね。

あまり窒素分多い肥料与えてはないのですが どうして?

 

 

これは2008年11月初めての接ぎ木が成功し有頂天になってた頃

コンテナ植えのその高接ぎから出た葉っぱ

030

舞い上がって喜んでしまいました~

今この時の樹は遠い畑の地植えでしっかり活躍してくれています。

| | コメント (6)

ババアとスマホ

4月末にスマホを購入したのです。

長年のガラケ-と比べると すっごく便利なはずなのに・・・

それから忙しくまだメ-ルすら出来ない。 

 

最初にやったことはパソコンで使っているgmaileを転送

そしてブロ友の皆さんのブログをすぐ読めるようにアイコンに登録。

そして一度だけピンさんにスマホからコメントした。

これ以外はさっぱり解らず まさに年寄りの冷や水状態。

 

スマホで撮った画像をブログにアップしたけど、やりかた悪いのか

画像がデジカメより汚く荒い。 縮小が良くないのか?

スマホで見るととてもくっきり綺麗なのにね~

 

まあせっかくだから使いこなしたいと 土曜日にやっと解説テキスト買ったのよ。 

それが下の本 中高年のデジタル手習い塾とあるNHK出版物。

004

右が私のiPhone 画面にブロ友の皆さんのアイコン入っているでしょう。

 

でもスマホって使用料高いのよね~ガラケ-なら2,000円位が

夫と合わせて10,000円位。 これも厳しいね~

聞きに行ったらこれでも割引適用でお安い方とか。

 

TVで流れる三毛ちゃんのニ-キュ-パ-のCMに 誘惑されそう~

| | コメント (0)

2015年7月 4日 (土)

ペタンコ果実をどうしよう

今日二番目の記事はラビットのタカヘ

 

毎年リストラ候補にあがりながら、まだ栽培している古い品種。

今年の果実はこれ

046

047

相変わらずのペタンコ果実 萼あ部が異常に盛り上がった果実

それ故か萼と果皮の間部分が弱く 裂けそうになる。

 

去年思い切って主軸の一部を剪定したら 果実少し大きめに。

これ去年の12月の画像

Dsc07135

この古い枝を元からカット

Dsc07138

 

今の全体画像がないけど  脇枝の一部がこれ

雨の重さで 左のノビリスに迫っている。

048

樹は去年と変わらないほど復活している。

なんか収量も変わらなそうな・・

 

タカヘは2008年に3年生くらいだったから、今はもう10年生くらい

長いおつきあいで楽しませて貰っている。

3年生頃までは横広がりのコンパクトな樹形でまさに観賞用品種だったのに

コンテナ植えを地植えにしたとたんシュ-トがじゃんじゃん伸びて

いつの間にか直立性の背高ノッポに。

秋の紅葉も綺麗だけどその後さらに温度が下がると葉がブル-グレイに

なってとても素晴らしい。

 

前にも書いたこと有るけど

タカヘの名前の由来は ブサ可愛いニュ-ジ-ランドの飛べない鳥

E0041624_14285510

このブル-グレイからシルバ-に変わる羽根部分には 

冬のある時期のタカヘと似た部分があると私は思っている。

 

ちなみに今年の果実も甘くて美味しい砂糖菓子ですよ~

多分古い品種だから栽培している方も少ないのでは。

小粒故のリストラか? 花や紅葉、果実の甘さとって思いとどまるか。

悩ましいですね~

| | コメント (6)

毎日の裂果

このところ毎日毎日雨が降って 当地ではラビットの裂果が酷いです。

 

これはオ-シャン品種のバ-ノン

早期に収穫できて 味もとっても甘い 大粒でいいとこばかりなのに 

一度目は無事収穫したのですが、それ以降こんな果実ばかり。 

028

 

そしてお馴染みのブライトウエル

樹は取りのけられないほど大木になって 果実は豊産

左右の大枝は画像に入りません。

043

 

なのにこの果実

球形のまんまるが皮がずるっと剥けたような感じ

ホオズキ剥いたように中身丸出しのも多々ありです。

044

毎年この品種の早生の一番果はこの被害に遭います。

 

他品種にも多少は裂果あるのですが、この二品種は特に顕著。

当地には合わない品種かもしれませんね~

 

今も雨だし、台風も近づいてるようだからますます心配。

焦って早めに収穫すれば、熟してなかったり・・・

悩んでしまいます~  

皆様の地方では如何ですか?

| | コメント (8)

2015年7月 2日 (木)

色々熟れてきましたが

ラビットが色々 熟れてきました。

何の因果でこんなに多品種に?

 

これはハ-モニ- 比較的新入り  

002

 

ヤドキンらしきが2本

005

 

コロンブス 大きな樹なのに果実はバラバラ 味もイマイチ

009

 

フクも2本ある。

018

 

オノ 味がまだよく分からない 樹は大きい

020

 

オクラッカニ- 果実付きすぎ品種 剪定が大変

024

 

ノビリスも早々と 大実で味はいいけど 実なり少ない。

031

 

モンゴメリ- とっても甘い品種

034

このほかにも数種類 狭い畑にいっぱいの樹

ラビットは樹も大きいし、例外を除いて全体に果実も多い。

最初の大粒はもう熟してきて、とても甘~い。

 

今私の栽培地2カ所でハイブシュの残り果とラビットが混在している。

産直市で販売のわずかな果実にもハイブシュとラビットの表示して

分けなければいけない。

ラビットは収穫を遅くしてと思いながら、雨での裂果を恐れ摘んでしまう。

ああ忙しい~ 自分で忙しさ作っているブル-ベリ-ばかの私!

| | コメント (6)

バルドウィンの色づき

最近、皆さんが良く記事にされるバルドウィン

うちでもやっと一部色づき果が出てきました。

下画像見て下さい  すごい豊産で幼果だらけ!

039

 

  
色づきはまだ少なくて

040

昨夜の雨で冷や汗かいてますよ~

041012

 

横に伸張した枝にも 幼果いっぱい 可愛いピンク!

042

最晩生だから この果実の最盛期は 8月に入ってからですね~

 



| | コメント (2)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »