« 今頃の花は寂しいね | トップページ | ノ-ザン2種の紅葉 »

2015年10月31日 (土)

根頭癌腫病?とカミキリムシ

さあ今日は昨日の続き 私が今困っていることです。

 

これは接ぎ木サンプソン 

今年は異様に紅葉が早いと思っていたら、枝枯れが数カ所発生。

樹に力なく葉ははらはらと毎日のように落葉するのです。

下画像は不調のほうですよ。 枝も少なくなりました。

(この畑にはもう1本サンプソン地植えしているのですが

そちらはまだ紅葉はチラホラで緑葉多く成長の最中なのです)

006

樹は2M近くて 例年と違って樹に勢いがないし新梢まったく出ない。

おかしいと根元ほってみたら 

004

接ぎ部分のかなり下あたりで 根が異様に膨らんでいます。

005

ガサガサではなくつるっとしているのですが こんなものでしょうか。

普通に根元太いだけ?  根頭癌腫病?  まさか!

癌腫が出来たら地上部に栄養が届きにくくて 樹は弱ってくる。

ここで根頭癌腫病について調べるとバラ、ブドウ、ナシ、サクランボなどの

果樹類にできる腫瘍の一種とかでブル-ベリ-のは見かけません。

原因菌はアグロバクテリウムツメファシエンスと言うらしいです。

ブル-ベリ-には無いのでしょうか?

 

ただ私が5年ほど前、県外HCで購入したイン○○○接ぎ木のスパルタン

HCの売れ残り苗で枝は少ない その頃は生意気にも状態悪くても回復できると

自信も有っての購入でした。

ところが鉢栽培のため、根洗したら変なこぶが有ったのです。

これはそのときの写真  このこぶ何だと思います?

Dsc00663

とりあえずカットしてトップジン塗り 鉢植えで養生したが結局枯れてしまった。

Dsc00667

根頭癌腫病は黒いゴツゴツのこぶと乳白色やクリ-ム系のなめらかなのも

有るらしいです。

(昔、私はバラ栽培も長くしていて何度か根頭癌腫病にも遭遇しました)

上のサンプソンはただならぬ様子、近日中に根をほりあげて

怪しければ処分し、土壌の入れ替え消毒までしなければならないですね。

栽培に当たっては怪しければ即廃棄でいかないと多くの他の樹が

土壌から感染してしまいますからね 特に細菌性の病気は厳しいです。

 

 

もう1本 これも長く私と連れ添ってくれたT100、ノビリスです。

同じく落葉、枝枯れ酷く、葉はほとんどが力なく黄色でふにゃふにゃです。

これも台風で根が動いたにしてはおかしい?

ともかく地上部を全部切り取りました。

根元はこれ  主軸中心に大穴が空いています。

カミキリムシが侵入していた様子です。

地上部の根元近くには通常はキクズ状のものが出て分かるのですが

マルチに隠れていた侵入口に気づかなかったのは私のミスです。

001

 

下画像は上右の主幹の上部分輪切りを並べただけですが

侵入口らしいのも見えますね。 

002

 

これは根付きの部分ですがよく見ると年輪が出ていて

8年は経過しているようでした。

003

 

これはこのノビリスの春の様子です。

こんなにお花いっぱいで綺麗だったのにね~

Dsc06218

 

今年は地植えも鉢植えも数え切れないくらい枯れ死にさせて

全く自信を失いました・・・

地植えは半分自然任せだからある程度は仕方ないのですが、

鉢植えは加湿と水切れの連続で6・7号10本以上だめにして

情けないです。

遠い畑に小苗ハウスを作って、職場近くのネットハウス解約したのも

原因の一つです。

9時から5時まで仕事だから、遠い畑に行くには6時起きしないとだめです。

体調悪い時もあって、怠けたあと行ったらカラカラの苗木と鉢です。

このミニハウスに冠水装置付けたら今度は加湿になって葉にシミが出るのも。

鉢植え苗、8号以下はまめに毎日見てないとやっぱりだめですね。

今年は色々反省することばかりのようです・・・

 

ネット検索していて面白い記事見つけましたよ。

根頭癌腫病は根元に雑草のカタバミを増やすと抑制されるとか。

今年は根元まで防草シ-ト敷いてしまったけれど雑草にも土を

押さえる力も有るようだし、記事の事は別としてもシ-トもほどほどでしょうか。

透水シ-トでも雨の通りも若干悪いようだし、施肥などにも不便ですよね。

列間は敷いても樹間はそのままでいいかななんて思ったりもしています。

|

« 今頃の花は寂しいね | トップページ | ノ-ザン2種の紅葉 »

REノビリス」カテゴリの記事

SHサンプソン」カテゴリの記事

コメント

カタバミに、抑制効果♪
うむ、鉢では厳しいけど、山で試したいです!

はっぱさん、まだ私は経験ないですが、やっかいそうなコブですね・・・
いや、不調原因を確認せずに、腹立たしさに、まかせて引っこ抜いて捨てた中にあったかもしれないですね(涙)
ダメだな、私は・・・良く見て行かないと(´д`|||)
ちい、イラっとしちゃう事が(笑)

投稿: みその | 2015年11月 1日 (日) 19時08分

みそのさん

癌腫病かどうかは不明なのですが、変なこぶ状の根は心配です。
樹勢が衰えているのもそのせいかどうかも不明ですが・・
何でも疑わしきは処分する主義なので、明日には抜いてみます。

カタバミの抑制効果これも?ですが、シ-トを使うより草生
が良いと何かの栽培本で見た覚え有ります。
年に数回草刈りをする程度の雑草対策もう一度調べてみます。
ちい、イラっとしちゃわないでね。

投稿: はっぱ | 2015年11月 2日 (月) 13時33分

おはようございます。
中々に自然は手厳しいですね。
幸い私はブルーベリーの病気らしきは経験していません。(単に初心者)
ラッキーと思ッています。
本格的に鉢植えはじめ現在はおよそ中・小70鉢
最初の年にオニールを過湿で、翌年サミッとが突然立ち枯れ、
当初からのミスティーが1年前位から枯れませんが絶不調
過湿でSHレビール、スパルタン1号、べッキーブルー、コガネ被害がデュ‐ク、ティフ、ブライトブルー、ノビリスです。サンタフェは着果後の茶斑点が出ておりますね。地植えに比べやはり管理しやすいのでしょうか?
実験的にサンシャインとぱうでーブルーの鉢にはセダムを植えています。その効果は未だわかりませんが、どちらも元気で根張も上々です。
地植えする時の事も想定しては色々と学習させていただきました。

投稿: きりきり | 2015年11月 4日 (水) 10時54分

きりきりさん

ついに70鉢ですか。だんだん大所帯になりますね。
鉢植えは水管理が難しく、いつも過湿や乾燥との戦いです。
どちらかと言えば鉢植えが地植えより難しそうです。
私も今年は多くを枯らしました。
今は大切な苗や小苗は手近において毎日鉢持ち上げて水管理
しています。
最近少しいい気になって反省、初心での鉢管理楽しんでいます。
用土も軽くては駄目だし、重くて湿ったのも駄目です。
混入物を考えて、あれこれ試行錯誤していますが、品種ごとの差も
あって難しいです。
セダムは効果ありそうでしょうか。
またブログで発表して下さいね。

投稿: はっぱ | 2015年11月 6日 (金) 14時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今頃の花は寂しいね | トップページ | ノ-ザン2種の紅葉 »