« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月31日 (木)

赤花の比較

ブラッデンとリヴェイルはサザンの赤花 色を見てみたいと思いました。

 

こちらがブラッデン かなり赤くてぱっと周辺明るくなります。

周りのサザンも蕾は赤くても咲いたらほとんど真っ白か淡いピンクですもの。 

035

少しどぎつい位の赤ですね。

何かの本によると品のない赤とか。

037_2

でもこれ果実甘くて とっても美味しいですよ。

 

 

さてこちらがリヴェイル

花の上品な赤と蕾の色のコントラスト強烈ですね。

味はこちらも美味しいのですが、ブラッデンの方が甘みは強い。

うちでは完熟期は雨の中で裂果、落花に苦しめられます。

003

004

一度はあんまりだ~の勢いで 超大樹はハウス栽培の友人宅に嫁入り。

画像の子はやはり諦められず育てなおした接ぎ木子供苗。

後ろに鉢植え置いてるけど このリヴェイルは地植えです。

 

今年は地植えでの対決ですが どちらも美味しいけど花の割には

実付きが悪いベッキ-ブル-のような品種です。

隔年結果もあるようですから今年の味比較楽しみです~

 

今週末はノ-ザン系のちょっぴりの施肥、ラビットは2.3週後ですね。

この施肥が終わったら収穫後のお礼肥まで施肥は無しです。

| | コメント (6)

幼果(遠い畑)

今朝は遠い畑に行ってきました。

期待の幼果の片鱗が分かるでしょうか 今日は記録記事です。

 

これはユ-リカ   

011

012

037

 

 

そしてトワイライト   

015

016

017

3年生の苗ですが 残した花にはほとんど幼果らしきが着いてきました。

でもこれ今の時期は普通の西洋蜂や日本蜜蜂の受粉で

販売元が勧めるクロマルハナ蜂ではありません。

遠い畑には自前の蜂はいないのですが、ひなびた田舎なので

もっと多品種満開の頃になれば自然のマルハナも飛来してきます。

でもその頃には新品種の花は終わってタイミング合いませんね~

 

ちなみにここのオニ-ルはまだこんなで 少し不調かも・・

027

 

レベルでこの程度

034

 

やっぱり新品種が早いのは間違いなさそうです!

さて新品種この程度の受粉でどんな果実に生るか?

普通の受粉で立派な果実にならなければ、買った意味がないです。

 

ハウスに入れてクロマルハナと同居なんて多分私には出来そうもない。

|

2016年3月30日 (水)

レガシ-とスパルタン

今日は曇りで体感温度は寒めですが最高は21度

ノ-ザン品種も大分咲いてきましたね。

 

今花盛りはレガシ-

可愛いお花だから3枚もアップしてしまいました。

007

008

009


    

そして私のお気に入りスパルタンはまだこんなのが多く

箒型は解れたけれど 蕾状態

021

花も数枝は咲いていましたよ。

018

スパルタンは市民農園で8本、遠い畑で3本です。

地植えで大小有るけれど、市民農園はまだ収穫少ないです。

遠い畑は樹がシニアだから、味の良い果実まあまあ採れます。

 

今年もその時期が近づいて期待のみ膨らみますね~

| | コメント (6)

2016年3月29日 (火)

待望の小さな幼果が!

毎週 畑の草引きに忙しく しばらくぶりの記事です。

市民農園の方サザン品種にやっと小さな幼果が出来てきました。

 

これはスタンダ-ド仕立てのジュエル  

003

004

 

 

まだまだ新品種のス-ジ-ブル-

044   

ス-ジ-は花も釣り鐘形で可愛いでしょう。

ラビットの花を思わせますね。

045

 

 

以下はスタ-ですが、萼片の形 果実の特徴がよく出ていますね。

花びらのお口を見るとすでに来訪昆虫が受粉した後のようです。

  
029   

ほうら

風の少ない日は毎日ミツバチがせっせと受粉に励んでくれていますよ。

030

画像中程の黒いのですが分かりますか?

どうもデジカメあまり良くなくてマクロが撮れません。

 

遠い畑の方は早い新品種も有るから、どうなっているか

何か毎日が新発見連続の今日この頃です。

| | コメント (6)

2016年3月22日 (火)

蜂さんアブさんいらっしゃ~い

ラビットも色々咲いてきましたね。

花の割には着果が少ないベッキ-ブル-    

004

005

他のも数種撮影したけど 午後からは風が強くてピンぼけでボツ画像。

 

でもね~これは午前中の撮影(午後からは風が出て蜂は飛ばなかった) 

ベッキ-じゃないけどサザンには

すてきなお客様が・・

1本の樹に2.3匹来てるのです。

Hati

クリックで拡大したらよく見えますよ。

このミッチャンは外人さんのようで頭の下に金髪あります。

和蜂も時々は見かけるのですが、まだ少ないし西洋蜂のように

しつこさが無いです。

この時期は昆虫何でも大歓迎ですが、真っ黒のデカマルハナバチは

まだ先のようです。

 

この子達の活躍で私のパソコントップ画面みたいになるんですよね。

001

これ品種多分去年のスパルタンだったと思うのですが一年中眺めています。

毎年その年のと交換だから、今年は何にしようかな。

 

 

話変わるけど高知はまだ桜咲きません。

毎年平均22日なのですが、温度高いのにどうして~

友人によると今年はずっと暖かさ続いた影響で、桜の樹休眠不足で

開花が遅れているとか?

そんなこと有るんでしょうかね~ 私は桜は分かりません。

今年の土佐文旦が例年になく美味しいのもその影響とか・・

でも今ノ-ザンは蕾がほぐれた程度で、確かに例年より遅い気もしますね。

サザンやラビットは去年も月末にはほぼ満開で今年はもっと早そうです。

| | コメント (6)

2016年3月19日 (土)

挿し木小苗

今日は暖かいですね。

高知市の最高温度予想は23度とか

全国で桜一斉に咲いてしまいそうです。

今日から3連休の方も多いでしょうが、私の場合土曜は2時まで仕事。

まあ適当に手が空いたらブログ書いたりしていますけどね(笑)

 

 

さて今日のブル-ベリ-記事は 小苗の一部アップです。

不調だったり、挿して1年くらいの小苗はまだ手元に置いています。

 

その中のサンタフェ これはこの場の例外で中苗です。

一昨年市民農園の地植えが加湿で枯れ寸前になって、慌てて鉢あげした品種。 

樹形は非常に開帳性ですが、少し復活の兆しが 

002

お花も開いて来ましたよ

004

根はしっかりと張ってきたようですので、もう少し新葉展開してきたら

様子見ながら樹形も整えたいと思っています。

滞流水に数日浸かった加湿の回復は2年ほどかかりました。

多分もう大丈夫でしょう。

 

これは一昨年の秋、挿し木した5号スリット。

品種はラビットのヤドキン、HC購入の親木からの穂木ですから

偽物疑いもあるのですが すご~く元気です!    

005

006

新葉の色見て! 柔らかいひらひらが可愛くて思わず頬が緩みます~

 

こちらはいつも強健フクベリ-

花も咲いてるけど、下からサッカ-出ています。

こんなに小さな苗でのサッカ-は如何なものか・・?

2本仕立てにするか、やっぱり主軸に力集中させるべきでしょうね。   

007

010

花は若干光っているビロ-ドタッチの花

花びらは厚そうな感じですが、画像ではわかりにくいですね。

 

花一つとっても色々な花型だし、花びらも透明なのマットなの、色も赤やピンク

純白、乳白色、緑色ぽいのなど。

これからの幼果の形などと この季節は楽しい発見がいっぱいです~

 

さてこれは去年の6月梅雨時の挿し木の一部 

品種は全部サミット9本中の5本は花芽がついてしまって

困ったものです。

葉もないのに笑っちゃうよね~

気がついたのは昨日、あんまり期待してないその他大勢だから

物陰で管理していて 見てびっくりなのよ。

後4本のサミットは枯れてないけど動き無しです。

013

 

今年は挿し木してないけど挿し木のチャンスは真夏を除いて年中です。

気が向いたら突然挿し木や接ぎ木

時期はずれでも着く場合 意外に多いんです。

趣味の自由栽培ってとこでしょうかね~

 

今日の蕾や花達は撮影後ほとんど落としました。

こんな小苗に実を着けたら楽しみはすべて無になりますよ。

| | コメント (4)

2016年3月17日 (木)

クリスマスロ-ズ

遠い畑の花壇です 去年自宅バルコニ-から移植したクリスマスロ-ズ

ぼつぼつ咲いてきました。

雑草多い花壇で恥ずかしいですが 紅色の分

040


041

オ-ガンジ-のドレスのような柔らかな花びら見て下さい。

 

そして純白の

042

044

透明感はないけどすてきなダブル

 

この花の上には菜の花が満開

後ろにポポ-の花芽も見えています。

046

 

そしてこれは通路の入り口

小石が多く土が悪いのですが オリ-ブの大木の下に

047

049

少し小さめピコティが。

 

ブル-ベリ-記事ではないから記録用でコメントなしにしますね。

|

2016年3月16日 (水)

小苗ハウスの様子

遠い畑の小苗ハウス、そろそろ水やりをと思ったのに、

湿っている鉢多く無用な心配でした。

こちらにも少し開花している品種が。

 

スプリングワイド   意外に早いです~

002

004

 

サンプソン これは地植えの方も満開だから鉢も咲いてて当然

008

 

クロ-トン まだ赤みが見える程度

011

 

オ-スチン ラビットとしては早めの花

017

 

サザンゼバブル- これハイブリッドだったかな?

019

 

ク-パ- 色が一際綺麗だけどピンぼけ

021

 

パルメット 可愛い白花

027

他にも色々あるけど、今日はここまでのアップです。

 

白い肥料写ってると思うけど、これはIB化成

私は鉢にはIBやマイガ-デンで有機肥料は地植えのみです。

ベランダ栽培の頃、有機固形油粕で虫がわいて困ったから・・・

| | コメント (2)

幼果は出来るか?

今朝は遠い畑に行ってきました。

今日も寒い日。

最近は毎週2月と5月が交互に来て雨も1.2回は降っています。

でもブル-ベリ-達の開花具合が気になって、毎日見回りたいのですが

寒いと起きずらくてネ・・・今朝は希な朝ですよ。

さてユ-リカ  

030

032

033

一応花が終わって幼果になりそうな気配はしているのですが・・

 

 

世界で一番早いと言われるOP1は

037

038

これは小さめの花で 幼果風も小さい。

まだ普通の蜂も見かけないからどうなんでしょう?

自家受粉出来るのでしょうか?

ユ-リカは大きめの花ですがOP1は小花、幼果風も比例しますね。

 

ここは周りだけネットで囲ったハウスの中、蜂も入れてないし

訪花昆虫もまだ少ない 悪条件だから望みは薄いですが。

| | コメント (0)

2016年3月12日 (土)

接ぎ挿しの結果は

今日は去年の2月頃 試みに挿した接ぎ挿しがどうなっているか

恥ずかしい結果を記事にしたいと思います。

 

枯れてはないけど芽が出ないスパルタン、数本こんなのばかり。   

002

 

チャンドラ- これもあんまり動き無し

004

 

エチョ-タはまあ何とかなるでしょうか?

005

 

デニスブル-は小さな細枝で可哀想なくらいですよ。 

 
007

             

デュ-クは小さな2枝に花芽付き

013

 

これが一番成績のよいオニ-ル

この品種は早生だけあって動きも速く大きな蕾は今にも咲きそう

010

他にもオニ-ルは全部調子良さそうです。

当地では自根で育つ品種ですから接ぎ木にしてもやっぱ強いですね。

 

これらの品種を去年は友達の接ぎ木ハサミや普通の割接ぎにして

ホ-ムベル枝切って接ぎ木それを用土に挿した接ぎ挿しで作りました。

ハサミ使用もナイフ使用も結果にあまり差異はありませんね。

ただ自分でするナイフカットが慣れてるからスム-ズにいくようです。

 

下手な接ぎ挿しですが、根付き台木は切り方が下手なもので

カット失敗してはだんだん根元になって接げないことも。

そのてん接ぎ挿しはラビットの枝多数あるから、何とかなります。

 

成長は根付きラビットに接いだ方が早いような気もしますね。

特に地植えにしているラビット枝に接いだ品種は驚異の成長ぶりです。

それと台木は少し細めが成績良いようです。

大きな丸太状に接いだのは何か時間掛かります。

 

去年のがあるから今年は接ぎ木していません。

時期はずれに地植えラビットに接いで一挙更新やってみたいと思います。

| | コメント (4)

2016年3月11日 (金)

本当にノ-ザン?

ノ-ザンハイブシュレガシ- もう花が咲いてきました。

010

013

他のノ-ザンはまだ休眠明けたばかりでねぼけまなこ擦ってるのに。

 

レガシ-の開花期は大関さん資料によると4月中旬になっています。

画像でお分かりですがまだ新葉の展開はないです。

でもこのレガシ-市民農園に2本ですが、どちらもぼつぼつ開花です。

当地ではノ-ザンは接ぎ木にしないとイマイチの中、レガシ-だけは

自根で大丈夫の貴重な品種、いえ手の掛からない品種です。

 

この画像は8日の画像で少し古いから、一雨あった今日あたり

驚きの成長しているかもしれませんね。

お宅のレガシ-はいかがですか?

花の時期は地域差あるけど、ノ-ザンとしては強健種でしょう?

| | コメント (6)

2016年3月 9日 (水)

早生種は本格的に開花です!

昨日も23度あまり、もう5月に近い暖かさです。

職場近くの市民農園がどうなっているかかねてより気になっていました。

昼休み早速行ってきました。

市民農園は車で10分足らずの距離なのです。

 

色々咲いていましたがこれはジュエル

スタンダ-ド造りのような枝振りに一斉に花付けていました。

画像では臨場感ないけど・・・素晴らしいのです。   

014_2

016

017

今までのちょこっとの開花とちがって  そこらじゅう春がいっぱいの感。

嬉しくて嬉しくて 花のそばでしばらく呆然と・・・満喫しました・・

下画像の後ろ赤い樹はチャンドラ-とサミットだから晩成でまだ花芽状態。

 

他にもサザンの開花は多いのですが、特にエメラルドやスタ-列が

花多くテンションあがります。

でもね ジュエルは花が密についてて枝が上向きで揃っていて

もう何とも言えない。

その上花色と新葉のコントラストがおしゃれで最高なのです。

エメやス-ジ-ブル-、スタ-は開帳性で 顔を埋めたいジュエルとは

花付きの様子がちょっと違います。

 

お花の列を撮りたかったのですが、どうも画像では貧弱なものですね。

うまく撮れなかったようです。

019

今の時期毎日変化があって、毎日畑に行きたいですが仕事も多忙。

昨日はお花見とちょちょとサザンに施肥をして・・・

今朝は朝から雨ですから結果的にはまあ良かったでしょうね~

| | コメント (2)

2016年3月 7日 (月)

ミスティの今

今日は随分と暖かくなりましたね。

当地でも先日から20度超えの日々続いています。

昨日はいっぱい生えてきた雑草抜き一人作業です。

立ったり座ったり、横ばいになったりで今朝は腰が痛い。

 

畑の地植えも鉢植えもすっかり花芽膨らんで、

ラビット種でも蕾が割れたのや花が咲いたの多く見かけます。

ラビットは7月末収穫なのに、それより早いノ-ザン種にはまだ

変化が少ないです。幾分花芽が大きくなったでしょうか。

 

さて今日は先日から記事にしているサザン系の品種。

先月末29日の全体像、品種名はミスティですよ。

001

元は地植えにしていたのですが、3年前にコンテナ植え。

本来は垂れるほどに果実がつく品種ですが、コンテナ移動で

怒ったのかあまり品質の良い果実が着かなくなった。

 

それで去年の11月頃かな コンテナから取りだし、用土を新しくして

大鉢に植え替えた。この鉢は深めで10号の3倍はあると思うのですが

コメリの購入品で何号かは分からない。

もちろん根切りもしたのです。

 

そして3ヵ月あまり全部別の枝 昨日の画像です。

002

003

005

003_2

花と蕾の多さに圧倒されます!

これはいくら何でも花芽取り必要ですね。

 

今年は各枝が撓むほどなるミスティの果実見てみたいです。

この樹は私が栽培初期の頃日曜市で購入した1本

その時すでに3年生だから、もうシニア世代なのです。

老木だけど、甘酸バランスの良い奥深い味と満艦飾の果実

あの見事な姿をもう一度見たいのです。

もし今年ダメなら年末頃に大胆な台切りで復活をねらってみます。

不調木は基本もう手をかけないと決めているのですが

思い入れの有る樹には何か方法はと未練が残りますね。

 

ずっと気持ちが冷え込んでいたけど、春は萌えの季節

これから出来るあの小さな幼果が毎日大きくなって、ブル-に染まる

その時期が一番好き、生きてて良かったなと毎年癒されます。

その気持ちは多分皆様一緒でしょうね~

これからがベストシ-ズン まあ同時に害虫との戦いも始まりますけどね。

| | コメント (2)

2016年3月 5日 (土)

強健2品種の今

前回予告したうちでは最速の品種サザンのレベルです。

ご存じオ-シャン貿易のパテント品だからもちろん自根ですよ。

昨日の朝7時の画像 

007_2


028_2

006

蕾が赤く咲いたら白色のハイブシュ系に多いパタ-ンですが

これはちょっと多すぎですね。 

いくら花芽を制限しないと言ってもこれは少しは取らなくてはね。

果実がオシクラマンジュウになって大変なことになるから。 

 

一週間前のレベルが下画像です。

022

まだ咲いてるのはぼつぼつですが、一週間後が最初の画像。

まさに春到来なのです!

そういえば今日5日は啓蟄ですものね。

花も咲くけど害虫も出てくるシ-ズンの到来にもなります。

 

この品種、果実なる時期が早いだけでなく、強健で真冬を除いて

ほぼ3シ-ズン花は咲いています。

味は何度も書いたけどオニ-ルとよく似た味、少し水っぽく薄いと言う方も。

でも私には大のお気に入り。 色づいてすぐでもさっぱりして甘いのです。

この場所に地植えして3年くらいですが、もうこの畑の最強の一番。

栽培しやすく丈夫、花が多く、ほとんどが結実、実も大きめで甘い。

畑では後入りさんですが素晴らしい品種です。

 

    

   

このレベルと並ぶ強健種ノ-ザンのヌイは

まだこんな様子。

半分は眠っていますね。

009
010

この品種もまもなく目覚めると最速で成長、スパルタンよりも結実は早い、

鈴なりの特大果実は長期間収穫できます。

ただしこれは接ぎ木ですよ。遠い畑入手したときからの開拓団の一員

畑は5年前の2月3日入手だからその時3年生位で今は8年以上は経過ですね。

毎年ぐんぐん巨大化するので収穫後の夏剪定ではかなり枝切りをしています。

それでも樹形は悪いですね~悲しいけど私の未熟さでしょう・・・

 

さらにこのヌイの味、収穫時期が難しいのが欠点。

最初の果実は少しおいても酸が強い、又樹上での完熟を目指すと

程度が難しくたいていは失敗してぼやけた変な味になる。

ウェイマウスを置きすぎたのよりまだ程度悪いです。

でもこの強さ、豊産性、巨大果は捨てがたい、

最近は慣れてきて自分だけは甘酸のバランスさえ美味しく思える。

でも友人へのギフトにはしませんね。

 

今日は我が家の2大強健種アップしてみました。

味評価は栽培地や気候で変わると思いますので気にしないでね~

| | コメント (2)

2016年3月 2日 (水)

ユ-リカとOP1

先日の日曜ブル-ベリ-畑に行ったらもう春がいっぱいでした。

早いのは花咲き、今まで裸同然だった枝には葉芽が生き生きと。

枯れたと思っていた小鉢の細枝にも芽生えの気配

間違いなく植物は季節に反応していますね。

 

今日は画像古いですがその時特に目についた花を。

一緒に見て下さいね。

 

これはサザンのユ-リカ 大きめの緑がかった美しい花

清冽な感じで 私は好きなタイプ 頬ずりしたい気分です。
  

013

014

花は真っ白だけど蕾はピンクですね。

015

 

そしてこれは世界中で最も早く熟す品種の一つと言われるOP1 

蕾はピンクで花も淡ピンク とても可愛い小さめの花です。

017

地植えだけどたくさんの蕾、撮影後慎重に摘雷を。

019

この苗たちは3年生だから、少しは成らせてみます。

今までも3年生のサザンいつもそうしていましたが、枯れてはない。

但しこれは自己流、栽培本には全部落とすと書いてあるからご注意を。

 

今まで長いこと栽培して、近年は自分勝手な栽培になっています。

花芽もハイブシュ系は3~4個ラビット系6~8個残すなんて言いますよね。

でもうちでは成木はスパルタンなど、悪い芽以外はほとんど取りません。

ましてラビットは残しすぎで、小果実になったりです。

根底は欲張りで面倒だからですが、台風や豪雨多い土地柄のうえに

狭い栽培地に沢山の品種植えてるから、自然落蕾、落花が多くて・・

お手入れで畑に入るだけで多数の花芽落ち、天井ネット張りでも又落花。

最初に花芽制限したら、収穫極端に少なく寂しい思いするのです。

 

そんな栽培ですから枯らした品種も数多く、残りは

①毎年コンスタントに成る。

②味が自分好み。

③やたら強健。

④木も果実も雨に強い。

そんな品種でしょうかね~

てなわけでカテゴリ-に有る品種でも、もううちにない品種も有ります。

 

次回はうちでは最速の実なり、強健さ一番の品種の記事です。

| | コメント (6)

2016年3月 1日 (火)

おうち文旦のその後

先日記事にした我が家製土佐文旦のその後です。

そろそろ1ヵ月経過で 雨よけを除けて出してみました。

009

追熟のため友人から習った野囲いの真似事

1本の木の半分位の文旦、後半分は樹上で完熟させます。

土の中から藁ごと取りだして 

010

 

1個だけ味見したらどうなるかな?

011

 

まず赤道切りで皮を半分にして、中身を剥いて盛りつけました。

038

美味しそうに見えるでしょ!

切り方はこんな具合です。

040

 

蓋をするとぴったりで丸ごと1個きれいに収まりましたよ。

043

肝心の味の方は今まで5年の内では一番美味。

なにせ埋めてる場所がブル-ベリ-畑の隅だからピ-トモス混じり土。

土の中に文旦に作用する良い細菌なんて望めないです。

甘いけどちょっと苦みの残る味、まあ素人の作だからこんなものでしょうね。

でもちょっとプロに近づいた気分で嬉しかったですよ~

| | コメント (2)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »