« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月30日 (土)

雑草抜き

雑草抜き
雑草抜き
雑草抜き

 
昨日は暑くも無く寒さも無かったから 天井ネット張りをと思ったのに
試みたけど風強くて果実8クラスタ-位犠牲にして中途で断念!
 
それで草抜きです。
5週間でこれですよ〜
こんなの67本の市民農園です。70Lの大袋に2個できました。

| | コメント (4)

2016年4月28日 (木)

ヌイ

遠い畑のヌイです。

NZ品種のプル・レカ・ヌイの3兄弟のうち一番大実。

やたら強健で毎年収穫量が多く、ゴロゴロ穫れますよ~

貫禄の大粒の気配感じて下さいね。

009


010


012

毎年うちでは早生種ですが 皆さんあんまり栽培されてないみたい。

欠点はやっぱり味ですかね~

 

でも立派な果実、大きさはスパルタンよりでかくチャンドラ-に次ぐ品種。

収穫期はスパルタンと同時だから、これはやっぱりジャムかしら?

前に早生種セットプレゼントしたらヌイが一番好きと言って下さった方も。

好みは色々ですけど酸味系は通の大人の味でしょうね。  

| | コメント (0)

2016年4月27日 (水)

チャンドラ-4/26

昨日の遠い畑  チャンドラ-の画像です。

幼果は大分しっかりしてきたのですが

この品種花殻が取れなくて毎日苦戦していました。

この画像は概ね取った後なのですが・・・

001

 

中程に汚い紫色のダメ果も発見  これは気づかなかったですね。

003


005

 

このチャンは遠い畑のネソベリ-の方で樹形悪く寝そべったまま。

007

でもチャン様の中でこれが一番早く 花はもうほとんど無い状態。

以上ここまでが記録記事です。

 

 

さて日当たりの良い市民農園にもチャンは2本有るのですが、

そこはまだ腐った花殻や花が幾つか結合の灰色塊付いています。

自然に風で花殻取れる品種が多い中、チャンさまは手が掛かります。

 

花殻を置いておくと雨で腐り、その果だけでなく周囲の果実にも青黒いシミが

そして葉にまで広がる場合が・・・これも花腐れ病(灰色カビ病)でしょうか。

低温多湿で多発するとかですが花殻塊が菌糸で覆われ灰色になったのを

いくつも落としました。

うちの場合、単に花殻が残っている茶色の分と、灰色の塊花腐れ病とが

同時に発生しているようです。

 

茶色花殻はさっとは取れず、花ぐされ病は触ったらポロッと取れるのですが、

時すでに遅く健康な果実まで数個ダメになります。

どちらも果実を守ろうと思ったら早めに点検早めに処理ですね。

スパルタンやサミット、プルにも多かったですが、今はやっと終わりました。

 

 

なんとか素早い処理をと思っていたら、また追加の作業が。

昨夕市民農園の仲間から「鳥がお宅のネットの中に入っているよ。私もウスイの実を

引きちぎられたから注意してね」とウスイと新タマネギのプレゼント。

 

鳥と聞くと去年のスズメ騒動を思い出し身震い、敏感になってる私。

まだ果実は色づいてないけど今度の連休に天井ネット張る事にしました。

色づいてない果実でも面白半分でいたずらする鳥も多いのです。

まだ花の残っているコロンブス、T100やバ-クレイに心は残りますが、

鳥は食べる目的でなくいたずらで果実に咬み跡付けるから要注意です。

 

皆さんの畑には鳥害はまだ発生していませんか?

| | コメント (6)

2016年4月26日 (火)

コロンブス

市民農園で一番遅い花

ラビットのコロンブス

開花が遅すぎて残り花あっても天井ネット張ってしまうことも。

コロンブスの受粉待っていたら早生種を鳥に食べられてしまいます。

002_3

 

今朝時点で少しは受粉したらしい様子も見えるのですが、

収穫は晩生でまだ幼果になりかけで分かりませんね。

004_4

 

この品種 味がいまいち乗らなくて、日当たりの関係かと

遠い畑から日当たり抜群の市民農園に一昨年移植したのです。

移植の関係か去年も調子悪く 枝先から枯れ込んで

冬に大幅に刈り込み今やっと下画像です。

001_2


 

今年の僅かな果実は落とすべきかもしれません。

また薔薇のスタンダ-ド作りまがいを作成しちゃったね~

|

2016年4月25日 (月)

中苗ノ-ザン2品種

コンコ-ド  友人からの頂き物でかなり珍しい品種

002

003

 

ペンダ-

005


007

ペンダ-は中粒ながら甘くて強健  自根でもこの元気です。

アメリカでは機械収穫可能な品種とか?

| | コメント (2)

2016年4月23日 (土)

ブライトウェル

ブライトウェル

ブライトウェル

ブライトウェル

ラビットのブライトウェルです。
   
花は最後の分が残っていました。
 
他のラビットはまだ幼果小さいです(^^)

| | コメント (6)

2016年4月22日 (金)

新芽はどれか

新芽はどっち
新芽はどっち

  
去年地植えの大苗を切ったサンプソン接ぎ木。

根が大きくてカットしても入らず 大樽に入っています。
 
この新芽たち台木からか?   穂からか?
区別出来ません。
   
せめて1シュート位はと期待しています。

| | コメント (0)

デニスの花と幼果

昨日は大変な雨、こちらでも豪雨でした。

今朝行った畑で花が残っているのは ハイブシュでは昨日記事にした

レビ-ル大部分とデニスが少し5花くらい残ってるだけ。

ラビットではウィトウ、オノ、オクラッカニ-が残り花有りましたね。

オンズロ-やタカヘ、バルドウィンももう幼果だらけ、

そしてブライトウエルは幼果大分大きいですよ。

 

この頃のブル-ベリ-の成長には目を見張るものがあります。

もうそろそろ、最後の花も終わるから天井ネット張り準備しないと。

 

 

さて今日の記事はノ-ザンデニスブル-です。

4月16日画像
   

004

005

 

それから6日後 雨上がりの今朝4月22日画像

018

019_3

もうほとんど幼果ばかり!

小枝が多いから当然幼果も多い。

怠け者の私、これからデニスはさらに摘果です。

花はキレイステキと言ってるうちに落下して 初めてわかる果実の多さ

ある程度は落として有ったのですが、現実の果実見るとやっぱり多い。

いくら地植えで樹が大きくても、ある程度は摘果しなくちゃね~

 

この幼果みてあのまん丸球形の果実想像出来ますよね。

収穫はサザンのサミットとかぶるのですが、まだ大分先になります。

| | コメント (0)

2016年4月21日 (木)

昨日の顛末と鉢植え

昨日の記事のその後報告です。

昨朝には沢山のハチお見せしましたのに、仕事終えていくと

見事に1匹もいないのです。

一塊は朝、何とかハチ箱に収納したのに、それももぬけの空。

昨日の騒ぎは何だったのか、興奮一気に覚めましたわ。

 

その前日、蒸し暑い気候の中、宿なし主なしの働き蜂たちが

甘いキンリョウヘンの香りに誘われて移動したのでしょうね。

でも来てみたら、人間騒いでいるし、落ち着かず逃亡って事でしょうか。

その朝はとりのぼせて女王や雄蜂の確認もしませんでした・・・

非常に多かったので多分2群は来ていたかと 残念でした。

 

 

 

さて今日のブル-ベリ-記事は遠い畑 ネット小苗ハウスの鉢植え8号

いつも地植えの大苗の剪定や摘果で忙しくこの時期は見る暇もない。

 

今朝は蜂で気落ちしてるから 久しぶりに見ると

サザンのク-パ-  幼果しっかりでもう果実

048

050

丁度良い具合の果実数  でも次回成長遅れ果を落としたいですね。

 

 

こちらノ-ザンのクロ-トン自根です。


053

 

幼果はばっちり!  綺麗な萼片  ステキで見とれてしまうよ~

055

 

でも幼果付き過ぎちゃって  どうなる?

056

これは大分摘果必要ですね。

手遅れかもしれないけど まあやらないよりは良いと信じてやってみます。

 

味はク-パ-は記憶にないけど、クロ-トンは美味しかったような・・・?

朝は曇りだったけど今は雨降り始めました。

この時期の雨は良いです。一雨ごとに地植えも小苗も急に元気になるのよね~

| | コメント (0)

2016年4月20日 (水)

蜂・蜂・蜂

蜂・蜂・蜂

蜂・蜂・蜂

蜂・蜂・蜂

遠い畑の今朝の様子
日本ミツバチがそこここにいます。
   
こんなにどうしたのでしょうか?
 
最初の画像はキンリョウヘンの花に塊2個です。

蜂たちは1群が移動したのではなく全部同時刻の別の蜂なんです。

この畑の近くにはイチゴ栽培のための西洋蜂はいるのですが

画像は全部日本ミツバチ  さて捕獲できれば良いのですが~

| | コメント (10)

2016年4月19日 (火)

レビ-ルとデュ-ク

皆様如何お過ごしですか。

 

当地は16日午前1時頃から震度3程度の揺れで恐怖感じたのですが、

17日や昨夜18日も少し揺れています。

大被害に遭われた熊本や由布院の惨状に比べると僅かなものですが、

昼間でも「後○分で地震が来ます、警戒して下さい」との大音響が。

はじめての事にえっ誰か何か言ってると思ったら、叫び声はスマホ。

まあこの時は数分緊張して机の下に 結局何も無かったのですが・・・

 

次は南海トラフも危ないとの風説流れて、防災グッズが馬鹿うれで、

HCでは売り切れ続出とか。

県民性というか私もその一人だけど、事が起こって大騒ぎの土地柄だから

慌てて水や備蓄食糧さらに買い足したりする人が多いです。

備えても憂いは残り 人力では自然の脅威に叶わないのが悲しいです。

 

今回の地震が収まり、被災者の方が安心できる日が一日も早く来ますように。

今日も主の祈りを捧げました。

 

 

 

さて今日の記録記事は遠い畑のレビ-ルとデュ-ク

 

レビ-ルはうちではノ-ザン 蕾にピンクが出る可愛い花 

咲くのはスパルタンなどより遅めで、当然収穫も遅いです。

当地では終盤が雨期にかかることもあるのですが、裂果は比較的少ない。

果実の味はあんまりメリハリの無い無難な味でしょうか。    

012

013

 

 

デュ-クの花 これも開花はスパルタンの後くらいですね。

果実は果皮がパリッとしていける味で わりと甘味系かな。

008

010

雨に濡れてるけど、さらに可愛いまん丸 受粉は良さそうですよ。

 

これは日曜の画像で 今朝見たらデュ-クは大方の花が終わり幼果に。

レビ-ルはゆっくりでまだ花一杯でした・・・

|

2016年4月18日 (月)

ポポ-の花

ポポ-の花は大分終わってきました。

横に付いてるちいさなのが蕾です。

022_2


  

 

他の枝の花をアップ

023_2


 

手動受粉ですが、うまくいくと ほら小さなポポ-の果実!

026_2

このまま成長すると大きなポポ-が2個ずつ生りますよ。

うちでは台風の大風で 去年は1個も収穫できず・・・

| | コメント (2)

スパルタンとオニ-ルの幼果

土曜日のスパルタン 

021_2


                     
 

日曜日のスパルタン 念のため同じ枝ではありません。

041_3


 

 

そしてこれはオニ-ル

029_2

最近急にスピ-ドあがってきました。

どちらが先に色づくかって もちろんオニ-ルよね~

| | コメント (12)

2016年4月17日 (日)

こんなのも!

こんなのも!
今日は最高に暑い。
作業車の中は35度で真夏の暑さでした。

尺取虫ふうは少なくなったのですが、
こんなのが多いです。
手袋なしでは掴めません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月16日 (土)

ジュエルの果実

 

ジュエルの果実

ジュエルは特別の枝では無くすべての枝先に 果実です!

そこそこの摘果もしたし 後はブルーを待つばかりです。

 

非常に豊産な品種ですが 次回には果実になりきれてない極小幼果

再度手で摘み落としをします。

豊作の品種は摘果が外せません。

| | コメント (2)

スージーブルーの幼果

スージーブルーの幼果

今日はスージーブルーです。
 
少し赤色増して日焼けっぽくなりました。
 
色付く日も遠からず ( ̄ー ̄)ニヤリ

| | コメント (0)

2016年4月15日 (金)

スターの幼果

スターの幼果

今日もまたスマホからの記事です。
スターがそれらしくなってきましたよ。
こんなの多く着いてきました。
萼あ部が広く独特ですね。
雨で落ちませんように〜

| | コメント (6)

2016年4月14日 (木)

アーリーブルー幼果

アーリーブルー幼果
コンデジが壊れました。
今朝の雨上がりの水滴で水が入ったようです。
慌ててスマホからの記事です。

これはアーリーブルーの幼果です。
可愛いでしょ!

| | コメント (2)

2016年4月12日 (火)

畑にこんなのいますか?

これも日曜の画像

蜂がぶんぶんしてくれるのは良いのですが、

遠い畑では黄色のマルハナ蜂も出てきました。

和蜂の何倍もの羽音で目の前かすめただけでも恐怖感じます。

この日の温度は24度くらいですから、やはり出てくるのですね。

でも見かけたのはたった1匹  数増えての訪問は命縮みます。

 

恐ろしくて画像も撮れず これは普通の蜂の絵ですよ。

036

 

それと枝にこんなのいませんか?

うちでは多数いてテデト-ルにも苦労しています。

042

043

これ、褐色になった枝にいると一体化して非常にわかりにくいです。

花のクラスタ-の中にも潜り込んでいますね。

引きずり出すとき花を傷つけるし・・・でも今日は何匹やっつけたなんて

数えて夢中になったりして 結構面白いです。

これは尺取り虫の子供なのでしょうか?調べてみなくちゃ~

 

 

スパルタンの枝上にはカエルも、高みの見物。

こんな虫食べてくれると良いのですが

虫は蛙が飲み込むには大きすぎなんでしょうかね~

001

| | コメント (6)

産直市と花見

またまた古い記事になるけど日曜日、早朝7時から摘花、虫取りをして

10時頃から市内を外れて四国の南東室戸岬方面に行った。

 

産直市巡りだけど春の山菜わらび、タケノコ、イタドリ、フキとかの買い物

そして海のそばで捕れる海産物など購入が目的。

 

最初に行ったのは道の駅 田野駅屋   

004

008

009

005

010

近くの加領郷の港で上がったばかりの春鰹や北川村モネの庭のパン

それに作りたての美味しいお寿司などなど。

もちろん山菜の下茹で品は多く市価より半額以下の安さ

これは画像省略だけど・・もちろん購入よ。

それにこの道の駅には絶品の卵巻きお寿司があってそれも購入。

 

そして春の海を右に見ながらどんどんドライブすると

015

 

室戸の道の駅 産直市はお昼過ぎたから商品は少ない。

お目当てのものは?


012_2



013

あった!あった!

毎年この時期に買いに行く流れ子(とこぶし)上画像の左

これは毎年記事にしてるのではないかな?

014

さあ買い物は終わった。

 

 

帰途につくと夫が桜見に行かないって言うのでお任せでうたた寝。

さあ着いたよの声で見ると桜の花の下 やっぱり綺麗素敵です~

019

030

 

ここはどこかと周囲を見るとどうやら球場の様子


027

遠くの看板望遠でみると タイガ-スタウン安芸

022

 

帰りに入り口見ると安芸ド-ムって書いてある。

031

今は2軍さんもいなくて地元の野球チ-ムがグランド使っていた。

 

産直市も行ったし桜も見た、一目散に高知に帰り着いたら3時。

畑2カ所によって剪定、摘果、摘花、虫取りの続きの一人作業。

今夜は色々買ってきたから夕食の支度も楽だし、

ブル-ベリ-作業も楽しくルンルンの気持ちでした。

夫は捕れもしない蜜蜂の箱作りやってたようです~

 

そのうち高松まで行ってた友達が合流してしばらく話して解散。

自宅に帰宅は6時でしたよ。

息抜きとはいえ、よく遊びよく動いた一日、ばばあもガンバちゃったよ~



| | コメント (4)

2016年4月11日 (月)

プルの摘花と私のやり方

記事は昨日の日曜日

あまりの花枝の多さに摘花に手間取るプルです。

020

摘花中も蜂がぶんぶん来て至近距離

恐怖と戦いながらの摘花だけど 複雑に嬉しい~

021

023

 

全体像これなのですが 花はめちゃくちゃ多い

これすでに何度か摘花した後なのですが、まだ多すぎ。


019

下枝を残しすぎましたね。

去年は花腐りで大多数の花を失ったのですがそれでも収穫は丁度程度。

今年は過失による花の腐りはベッキ-ブル-、スパルタンに少し有る。

まだまだこれからかもしれないけれど、今年はアシナガバチが低い場所に

巣を作っているから近所のお年寄りが言うには大雨の心配は少ないとか。

 

それでこの日も沢山の花を落とす。

花芽段階での摘蕾が良いのでしょうが、私は満開花を見て癒されたいから

花が終盤になったら至急の仕事になる。

 

先日会った知人は花芽は3個じゃないの?着けすぎじゃないって言ったけど

冬に基本剪定の内向き枝、平行枝、虚弱枝の剪定は終えてるツモリだから

花が終わる頃受粉の悪そうなの、やたら花数多いの、咲いてしまったら

他の花と重なるのなどを調整切りしている。

基本剪定も内向き枝、交差枝でも花芽多い大きな枝には迷い生じて

思い切れずそのままの時も・・・(結局最終は花幼果段階で思い切るわけで)

 

当地の場合は風強く多雨の土地柄だから、落花、裂果が多いしで

花芽はハイブシュで余分を見て4個~5個になる。

ラビットは6、7個でしょうか。

品種により花数多いと果実が極端に小さい品種(シャ-プ、ビロキシ-など)

は強摘果、沢山果実着けても変わらない品種、元々花芽が少ない品種

(スパルタン・チャンドラ-など)は僅かの調整で毎年の栽培をしている。

時期についても花芽の段階が調整には良いことは分かっているけど

冬は風邪引いてまではと冬眠して、あまり作業はしないのです。

 

まあ明らかにグ-タラ自己流栽培ですが、これでも比較的大粒が

毎年そこそこになってくれます。

労働力少なく、適当に栽培していても期待に応えてくれる良い子の

ブル-ベリ-品種も案外多いのですよ。

 

でもこれは私流、基本はテキストに有るとおり、だんだん栽培地の気候環境に

あったそれぞれの栽培になってくると思うのです~

|

市民農園のノ-ザン

前回は遠い畑のスパルタンの満開をご報告したのですが

市民農園もほとんど咲いていました。この季節幸せですね~

この畑には67本有るのですがその一部アップしますね。

 

ハナンズチョイス   

001

003

007

 

 

トロ  この品種新葉の展開が遅くてお花のみ

      
008

011

 

 

お待たせのチャンドラ- 枝が太くて威風堂々

013

017

お花も大きめで、存在感有ります。

 

 

ノ-ザンの標準種とされるブル-クロップ

025

026

あまり好調では無いのですが、花は一応着いてきました。

 

 

この農園では陽当たりと通風抜群なせいか、冬には花芽の見えなかった

駄目かな~と思っていた品種まで花芽が出来て開花しているのも多いです。

何度も植え替えした品種(去年4,5月に80坪位の新農園借りて2ヵ月で解約)

そのときの地植え小苗分が移植で弱っていたのですが、大丈夫なものですね。

それらも全部花が咲いて葉も展開予想外でした。

まあ今年はその子たちは摘花してお休みさせますけどね。

万物に春の恵み 特に不調の苗元気に再生されたのは嬉しい~

今まさにブル-ベラ-にとっては喜びの季節です~

|

2016年4月 8日 (金)

遠い畑の果実は

さて遠い畑の果実ですが

先日まで満開だったレベルはもう花はほとんど無いです。 

006_3

もう果実はめちゃくちゃ着いていて 明らかに着きすぎ

 

幼果も日に日に大きくなっていますよ。

008_2

009_2

でも幼果は多く さっそく遅ればせの摘果を至急しなければ

すでに大粒が多いから ちょっと迷ったり大変ながら楽しい作業です。

これで時間が掛かってしまい8時半に。

 

今度の週末は晴天の予報 全体の摘果を急がなくてはいけませんね~

スパルタンや果実少なめは摘果ほとんどしないのですが

多果性のサミットなどは順次そして市民農園もてんこ盛り果実のプルや

ダロウなど急いでやらなければね。

摘果も摘花のうちにすればいいのに、実がなってから慌てるような

いい加減な栽培です。

今会社も3月末の締めをして、雑用も多く多忙を極めています。

少しブル-ベリ-に待ってほしいのですがこればかりは・・複雑な思い。

 

8時半になったから会社まで15分急いで行きますが、心残りの仕事ばかり・・

いえブル-ベリ-病の患者には嬉しい仕事が山積みですよね~

 

帰り支度して最後に撮った写真

新品種トワイライトです 出入り口の鉢植えなのです。

他の新品種も、小苗たちも今日は見る時間無しで 残念。

030

031

032

OP1もサンプソンもオニ-ルもラビットたちも今日は見れませんでした。

だって奥の端の5品種くらいで、手が止まってしまったのですから・・

|

同じノ-ザンなのに

遠い畑のノ-ザンヌイ、毎年一番の収穫頭

今年も先週にはピンクの花が花盛りだったのですが

今日は全部白花に変身 スパルタンによく似た形

もう花は終盤で幼果も少し見えています。

花枝の多さはこの畑一番で 非常に強健種です。

梅雨前からラビット収穫期まで長く大実は続き、贅沢にも

最後は嫌になってしまうそんな品種です。

 

去年大分剪定したのですが、毎年めげませんね~

012

014

013

花の開口部大きくかつ花柱が飛び出しているから

まだ蜂の飛来も続いています すぐ上画像の蜂が分かりますか?

 

 

ヌイの強健好調に反してこちらは不調に見える白花レビ-ル

うちではノ-ザンに分類しています。 

019

020

021

画像見ておわかりでしょう まだ新葉の展開が少ないのです。

裸樹に花だけ咲いた・・こんな状況

今まで非常に大きくなりすぎの樹そのころ畑のお化けと呼んでました。

思い切って半分以上剪定したら中心から左だけの枝になって(中画像)

まだ復活してないのです。

花の形これも受粉はよさげですね~

果実は中粒の大位が嫌になるほど採れる樹でした・・


|

遠い畑の満開

今朝は晴天を期待して7時に自宅出発 なのに曇り日でしたね。

数日見なかった遠い畑の様子見に 行ったのですが

咲いてる! 咲いてる!

 

特に花盛りは梨の花 じゃなかったサザンのサミット

001

 

すご~く満艦飾に咲いてて咲き始めから2週間くらい  

もう盛りは過ぎたと思うけど純白の花の中 幸せ感じますね~

003

この品種サザンとしては晩生で収穫期は梅雨の真っ最中

まだ早いのに 幼果もちらほら確認できます。

 

 

こちらも満開!  待ってましたスパルタン。

この畑にはたった3本だけど 大樹ですよ~

          

1本目は自作第一号で ビギナ-ズラックの高接ぎ

この経緯については毎度書いてるから今回は省略しますね。

022

 

そして2本目3本目は天香園接ぎ木とインパルス接ぎ木。

どちらがどうだったのか もう記憶にないです。

027_2

028

3本目は今年は少し花芽も少ないようでした。

 

でも全体で見ればクリ-ム色の球形花が咲いて

朝から蜜蜂飛び交っています~

025

遠い畑の蜜蜂はとうに逃亡して この畑に何匹もいるのは

近所の苺の受粉に出張してきた蜂のようです。

 

市民農園にはこの倍以上のスパルタン植えてるのですが

まだ小苗で、お役立ちは3本の中苗でしょうか。

ただ満開だからと言って豊作約束されたわけではありません。

雨多ければ花柄や幼果が腐るし、まだまだ課題は残る訳です。

ただスパルタン、大体梅雨前に収穫できる品種のひとつでそれが嬉しい。

 

お気に入りが満開は心癒されて今日一日幸せでいられます。

可愛いスパルタン 今年も有り難うね~

|

2016年4月 6日 (水)

市民農園の幼果

今日の3記事目、花にも飽きたから気分を変えてサザンの幼果です。

ここには一番手のオニ-ルもレベルもないから

 

ここでの一番ジュエル    

025
026

 

 

 

1.8m以上はあるスタ-

去年は滞流水でだめになったけれど今年は調子良いです。

028
030

ただスタ-は隔年結果が有るようで遠い畑でも収穫が安定しません。

アメリカではもう廃れた品種とか、でも味は最高ですけどね~

 

 

今年4年生のス-ジ-ブル-

まだ樹そのものが幼いけど、100グラムほどは試食してみたい。

039
040

 

 

これはカミ-ル 鉢植えで不調だったからやけくそで地植え

何とか幼果もで感激!   でも撮影後切り取りですね。

046
047

 

他にもエメやスプリングハイなど幼果しっかりしてきたのですが

画像がピンぼけでボツ

上の子たちも明日は雨だから週末にはまた太ってくるでしょうね。

今週末は土日とも晴天のようだから、花落としや摘果の続きです。

 

1日に3記事も書いたのは今の記録残しておきたかったから・・・

この時期以外なら写真も一週間は使えるけれどね~

そして記事も週一くらいになります・・・

| | コメント (4)

ダロウとチャンドラ-

これも市民農園での様子です。

ノ-ザンの晩生種も花は着いてきました。

 

こちらダロウ  開帳性で横にばかり伸びてスパルタンのように

美しい姿になりません。

それでも花は爛漫に咲き、毎年酸味強めのしっかりした大果実が採れます。

初めての味見ではもっと酸っぱいの想像してたから意外に良いじゃんでした。

家には酸味上クラスのヌイがいるのですから、ダロウはまだ良い方ですよ。 

013_3

014

ともかく樹形酷くて恥ずかしいですが・・・

 

 

樹形と言えばこれも大枝四方に伸びるチャンドラ-

大実の代表ですが、味は美味でもなく不味くもないただやたら大粒。

022

023

1本植えれば2本分のスペ-ス取って大きく広がるし

花も大きめで さすが超大粒チャンドラ-の花の風格。

 

2品種は晩生種ですが花の時期は早生も晩生もあまり変わらないようです。

そうですよね~一時に咲いた方が受粉する昆虫も手間省けるし人間だって・・

受粉終わって天井ネット閉じる頃、残り花はREコロンブスに多いけど無視

待ってられないですよね。

 

開花時期には特別な蜜の匂いが有るようで、蜂が集中的に集まる樹は

3,4日で変わっていきます。

| | コメント (0)

スパルタンとア-リ-ブル-

やっと早起きをして今朝は市民農園行ってみました。

ここは陽当たりが良いから花も早め満開90%程度が多かったのには

正直驚きました。

家でも暖房が要らなくなったし、朝起きずらい。春眠暁を覚えずってとこかな。

季節はどんどん進んでいるのです。

 

スパルタンは黄色のかかった球形提灯花

花柱飛び出て受粉には良さそうですね。

アップするとこれ

004

006_3

花は沢山咲いてるから例年5月20日前後には色づき確認できて

収穫出来る年も 多分今年も行けそうです~

 

 

片やア-リ-ブル-

008_3

花はこんな形で スパルタンとよく似ているのですが

花色は純白

009_3

この品種うちではこんなに花咲くのに満足に食べたことない。

僅かな収穫果の味見では結構甘めで良い味だったような・・・

 

どちらもノ-ザンとしては早生種だけどスパルタンの収穫量と

ア-リ-の収穫量全然違うのです。

私の愛情の違いなのか?

今年のア-リ-は開花前にしっかり追肥、頑張ってほしい~

| | コメント (2)

2016年4月 4日 (月)

ミスティの鉢植え

これも土曜日の画像 少し古いです。

この日は2時過ぎから遠い畑に行ったのですが

入ったすぐ側にミスティの鉢があるのです。

花はほとんど終わって、花柄の茶色ばかりになってきました。   

001

 

古い葉も新葉も入り交じって汚いですが

小さめの幼果 はっきりと確認できるようになりました。

003 

007

ミスティはネットの中で数年栽培していたのですが

花の割に実付きが悪く 今年は鉢上げしネットの外に出してみたのです。

ネット内は天井こそ無いけど囲いの中だから受粉が悪いかと思ったのです。

さすがにこの樹にはいつもいつも蜂が頻繁に訪花

でもやっぱり花枝多すぎたようですね 急いで摘花摘果です。

 

この日の作業はハイブシュ系の施肥だけのつもりでしたが

前記事にアップしたように花が咲きすぎた・・・

花芽だけの時は実感少ないのですが咲いたら異様に咲きすぎ

ネットの中も慌てて摘花作業追加です。

そのうち雨が降り出し結局作業は中途半端で終了。

おそまつな日になりましたが 皆さんは剪定段階で摘蕾してますよね~

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ラビット系の開花

今日はラビットの集合写真で 記録記事です。

このところ一雨ごとに開花が進み、いちいちを記事にしていたら

お花は終わってしまいます。

この画像は2日土曜日の画像、夕方にはもう雨で作業できない有様

でも桜雨だったから、蜂は忙しく撮影する目の前にとまってくれました。

昨日の日曜は豪雨、さすがに濡れてまでの摘花作業は出来なくて・・・

 

さて花のアップ これはオノ 

012

 

ブライトウエル  

016

 

オンズロ-
 

022

 

ウィトウ

026

 

バルドウィン

029

 

ヤドキン

035

 

バ-ノン

044

 

フクベリ- この品種ほとんど満開で~す。

048
050

 

ノビリス 萼の形 開き具合に注目ですよ!

053
055

 

後数種類撮ったのですが、ピンぼけ多くて一部のアップになりました。

この中に偽物いたら教えて下さいね~

 

さてラビットの開花は予想より早い気がしたのですが

ノ-ザンも早生品種スパルタンなどもう40%開花していました。

今日辺り満開になってるかもしれませんね。

今日も午前中は雨、昼休みに見たいと思ったのに、そんな時に限って

仕事が忙しく見に行けない 残念でした。

当地での桜の満開は昨日だったようで例年よりずっと遅かったのに  

今年のブル-ベリ-は桜より早かったようです。

 

関東などが最高温度も高知より高いのに・・・この急な開花は

最低温度が高いからでしょうか?

もちろんサザンでは当然幼果が大分太ってきました。

急な変化にブログがついて行けません。

仕事しながらのブログだから、毎日は書けないし、画像撮っても古くなるしです。

 

多分この急な変化は全国でそうなっていますよね~





| | コメント (2)

2016年4月 2日 (土)

シャ-プブル-はどれ

今日は晴天の予報なのに花曇り

毎度温度や天候を気にするのはブル-ベリ-を地植えして以来のこと

天気予報など見ながら週末や早朝のブル-ベリ-作業の予定立てている。

 

最近のベリ-の様子はめまぐるしく変化あるから画像も2日たったら使えない。

だから今日の記事は今朝の画像。

 

先日来シャ-プブル-が行方不明になって、ずっと探している。

多分10号鉢のはずだからと 今咲き誇っているのを見ると

 

ラビットのティフブル-  

005

すでに新葉は展開済み

007

 

 

そしてサザンのミレニア

石灰硫黄合剤の跡が生々しけど こんな花

010

011

012

これも葉の形が違うような気がする。

 

とりあえずこのプレ-トはミレニアに挿して2枚看板だけど

本当はどこに?

009

去年の秋には確かに10号の茶色スリットに入っていたはず。

あまりに樹形が悪いので、植え直したかもしれないが記憶にない・・

 

多くの品種管理していると、時々行方不明が出てくる。

上記2品種の鉢と開花時期でシャ-プの可能性もとアップしたのですが

いかがでしょうか?

 

品種同定は難しく、葉・花・幼果・果実と見ていかないと分からない場合もある。

まあシャ-プは特徴多い品種だけど台切りして立て直しが多い場合は

言ってみれば裸になるわけだから一から見ないと分からない。

まあ情けない管理能力、同定能力ですね。

 

多分アップの2品種はシャ-プではないような気もするのですが

皆さんのご意見をお聞きしたいのです。

さらに9号辺りをもう一度探してみようかな?

| | コメント (6)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »