« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月31日 (火)

不作の原因は?

昨夜も少し雨が降ったのか、小さめの地植えラビットに水滴が。

ここ市民農園は加湿と乾燥が極端で 去年もラビットの収穫はあまりなかった。

去年より1年成木に近づいたのですが、今年もはかばかしくはない。

 

記録のため幼果の画像アップしていきますね。

 

これミノウブル-  T100と似ているとか聞くけど果実はまだ小さい。

Img_2211

Img_2212

 

ハ-モニ-  これが一番果実充実しているほうです。

Img_2214

Img_2215

Img_2216

コンテナ側のスリットは雑草取りのバケツ代わりに使用してます。

 

モンゴメリ-は丈が短く 至って開帳性に。

Img_2218

Img_2219

 

いずれも3、4年生位だから 樹形はこれから。

時間かけて作っていくので、今は見逃してくださいね。

ハ-モニ-だけは中心軸出来てまあまあの樹形でしょうか。

 

毎年あんまり生らなくてラビットは全く当てにしてない畑ですが、

今年はT100とバルドウィン、ブライトウェル、フクベリ-なんかが

この3種よりはわずかだけましのようです。

 

この畑では普通に考えると難しいはずのハイブッシュ系が良くて

ラビット系が全然だめな不思議な畑です。

 

畝の違いというか、ラビットを植えてる場所が傾斜の下側になり、

ハイブッシュ畑はゆるい傾斜の上で平地になるのです。

ラビットの場所は雨水が通過だけでしみこみがないのでしょうかね~

雨水はラビット畑を通ってさらに下の農業用側溝に流れ込むのです。

去年はパウダ-ブル-がウメボシになり、全滅でした。

 

まあ自分の栽培技術棚に上げて色々考えてしまいます。

だって遠い畑のラビットは2M近い大樹になって、毎年の収穫量は

市民農園と比べものにならない・・・のです。

ただ遠い畑にも、ちっとも生ってくれない難しい子もいますけどね~

| | コメント (4)

2016年5月30日 (月)

今年は豊作

土日の雨が終わって 今朝の市民農園
 
いままで色づきが少なかったハナンズチョイスです。
 
雨上がりに一斉に色づいてきました。
結構完熟ぽいのも多いです。
 
 
Img_2222_2
 
 
果実は大粒でまとまった房  気持ちがワクワクします~
 
Img_2224 Img_2223
 
Img_2227
 
樹の全体像はこれ  まあまあでしょう~ 
 
Img_2226
 
このハナンズは2014年秋 遠い畑の地植えからここ市民農園に移植。
2015年初夏には僅か数粒しかならなかった。
この大きな図体なのにね。
成木を移動したら、その土地に慣れるまで2年近くはかかりますね。
ただしうちの地植えの場合だけど・・・
 
今年はやっと豊作の様子、なによりも果実がボリュ-ムたっぷり。
糖度も高いし素晴らしい大粒ですよ。
 
これとよく似たカ-ラズチョイスもあるけど、それはもう少し中苗で
遠い畑の小苗用ネットハウスのなか 鉢植えにしています
ハナンズもカーラズも今年の味見はしていません。
だって美味しいこと決まっていますからね。
 
今週末までゆっくり樹上で追熟させて、土日に収穫と思っています。
 
今日は久々に31度の予報やっと高知らしくなってきたから、
スパルタンやコリンズ、レビ-ルまで食べごろになってきました。
 
ブル-ベリ-は待ってくれないし、もうパニックになるほど忙しいです。
チャンドラ-やデニス、プルにも急に色づき果多くなってきました。
 
でもチャンの最盛期は梅雨に突入してからでしょうね。
ああ梅雨がしとしと雨で大風伴わないようにひたすら願っています~
 
 
 

| | コメント (6)

2016年5月28日 (土)

エチョータは強い!

エチョータは強い!
エチョータは強い!
エチョータは強い!
エチョータは強い!

   
先日の2日続きの雨でも裂果がおきなかったエチョータです。
昨日だけ晴天で雨は今日も明日も明後日も。


多分今度も大丈夫(^-^)

| | コメント (4)

2016年5月27日 (金)

雨後のオニ-ル

 
2日ほど雨が降り続いて裂果を心配していたのですが
予想は的中!
 
遠い畑の今朝のオニ-ルです。
 
Img_2203_3
Img_2204_2
 
Img_2206_3
 
ああ悲しい~ こんなのばっかり
甘くて今ちょうど食べごろの品種。
想定内ではあるのですが、やっぱりがっかり来るね~
 
オニ-ルはこの程度の樹
 
Img_2201_2
 
落果も見えてるでしょ。
 
裂果落果の酷いのはこの畑ではほかにサンプソン、市民農園ではスタ-です。
スタ-とよく似たス-ジ-ブル-はこの被害1個もなかったです。
 
サンプソンは数年良かったのですが、今回の土砂降りでこれも雨に弱いこと
分かりました。
ちょうど収穫期で果皮も張りつめていたのでしょうね。
 
これも食べごろ品種のエチョ-タは全然大丈夫。
今日収穫してみたけど味は良いし熟期がそろっていて嬉しい品種。
大粒だし安心の味ですね。
 
 
 
雨あとは台木からの新芽がそこここに。 
 
Img_2208_2
 
雑草もいっぱい生えてきて  また忙しくなりそうです。

| | コメント (4)

2016年5月26日 (木)

ファ-シングの優位性は

昨日今日と終日の雨で憂鬱になってしまいますね。

でもブル-ベリ-にとっては恵みの雨 喜ばなくては。

一週間以上の晴天は株にはストレスになるようです。

 

さて今日の記事はサザンのファ-シング

販売元の説明では  大粒で硬い 甘くて食感はパリッとしている。

              収量は多い とか。

そして気になる一言が ファ-シングはウインザ-の補足、代替品種と。

なにが変わったのでしょうね~

 

 

これはファ-シング 支柱に括るのはこれからですが 確かに大粒です。

色づきはまだ僅か で樹が若いため枝が弱弱しい。

Img_2133

ブル-果の拡大です。

Img_2134

幼果もきれいです。

Img_2135

 

 

比較にウインザ-を見ると   半開帳性で枝は堅そうですね。

Img_2140 

ブル-果はファ-シングより多いですが 果実にむらがあります。

やっぱり私の手にかかるとこんなになる・・栽培下手なんです~゚゚(´O`)°゚

Img_2138

幼果もよく似ていますよ。


Img_2139

 

最初の文章にもどって何が補足かの続き見てみますね。

ウインザ-は大きく湿った花柄痕らしいのです。

ファ-シングではそれが改良されてるとか 今の段階ではわかりません。

去年私はそれには気づきませんでしたね。

ブル-リッジやレビ-ルなどでは感じた事あるけど・・分からないほど収穫少なかった。

ウインザ-栽培の皆さま花柄痕は大きいですか?

 

それとファーシングの開花を遅くして、早生種のエメやジュエルより遅いとか

これは遅霜のリスクなのでしょうが当地ではそんなに関係ないです。

 

ということはうちではあんまり関係ないことだったようです。

花柄痕については今回注意してみてみることにして何でも購入の自分に反省。

結論はよく似たの2種育てている物好きってことでしょうかね。

まあこれもいいか~o(*^▽^*)o   

 

| | コメント (8)

2016年5月25日 (水)

エメラルドは深い味

市民農園のエメラルドです。

購入したころは酸味が強くて 皮は厚いようでいまいちの果実

パテントだから捨てるのももったいないで・・期待せずに地植え。

同期購入にはミレニアやサファイアがあります。

 

思えばこの苗たち2009年10月に大関さんからの購入品

そのとき3年生苗だったのです。

あの頃はベランダで鉢栽培でしたね。

苦節6年経過でお年は9年生にはなってるはず・・・小さいね~

 

昨年12月には季節外れの多数の花芽 これはほとんどダメになった。

そして今年 エメラルドは実なりもぼつぼつですが、多いほうです。

Img_2168

 

大粒果実のお顔のアップです!

Img_2169

果実品質は良さそうですね。


Img_2170

 

画像がピンボケで不明瞭ですが、完熟果は下画像

へたのところまでブル-になっています。

Img_2171

クラスタ-に密着してぎっしりもあれば、今回のようなばらばら果実の場合も。

完熟果を試食してみました。

ねっとり深い味で甘い~   この品種見直したよ!

でも熟れてないのは厳しい酸味  果実の下までみえるから今回は良いですね。 

| | コメント (0)

2016年5月24日 (火)

テラスベリ-3種

九州の宮崎大学&P-DESTM㈱で作出されたテラスベリ-3種

今日はこれをご紹介したいと思います。

特徴は

①熟期が早く実が大きい

②結果年齢が早いのですぐに実が楽しめる

③初年度の徒長枝に花芽がつく

④樹高がコンパクトなので、ベランダ、玄関などで気軽に楽しめる

とかで・・ロ-ブシュ系ハイブリッド!

 

まずは ちくし昴(スバル)5号スリット

Img_2177

Img_2178

まだ1年生だから果実は小さいですね。

 

 

ちくし碧(アオイ)5号スリット

名前はみどりと呼びそうですが、アオイです。

Img_2180

Img_2181

こちらは昴よりは果実大きかったですね。

 

 

ちくし瑠(ルリ)6号スリット

Img_2182

Img_2183

これだけ完熟サインが出ていたから試食してみました。

甘くて不思議な味   こんなに小果実なのに・・・ 面白そうですね。

 

こんな品種もバルコニ-栽培では楽しいかもしれません。

3品種とも大変強健そうです~

 

| | コメント (4)

2016年5月23日 (月)

優良品種の予感

先の記事ではひと時ハッピ-な結果になった自分のことばかりでごめんなさい。

大切な方を亡くされて、辛い思いをしているブロ友お二人への思いやりが

欠けてたと反省もしています。 まだ人間が出来てなくて・・・すみません。

早くお元気になられて日常を取り戻しブル-ベリ-栽培に帰って来て

くださることを願っております。

 

さて今日の記事は

2年ほど前の新品種サザンのス-ジ-ブル-です。

販売元の「大粒な実は甘く、パリッとした食感で有望品種」との解説。

今朝うちでは2度目の収穫

果実は確かに大きく存在感はあるようです。

Img_2151  

スタ-に酷似した果実もあります。

Img_2152

Img_2157

 

この画像はお顔をさらによく見ていただきたいと思ってのアップです。

Img_2153

確かに甘くてもっと食べたい美味しい品種です。

お顔はスタ-とオニ-ルのミックスのようでこれも美人顔ですね。

親のスタ-を引き継いだ強健性もあるようです。

 

 

果実があんまりスタ-に似ているから下画像のスタ-参考に見てください。

がくあ部の広さとせり出し具合が違いますね。

Img_2129

うちでは3年生を購入、地植えしてまだ2年ですが

去年よりずっと果実は充実し、数も多く収穫できそうです。

まだこの程度の大きさですが 剪定の不味さからか開帳気味ですね。

Img_2150

果実品質が良さそうで、スタ-よりは果実にむらがないと思います。

もう5年生なのに この通りで樹は小さくコンパクト。

でも200グラムほど一人でぽりぽり食べたのですが味良かったですよ。

まだ不明の部分も多いですが、スパルタンに次ぐお気に入りになりそうです。

スタ-の欠点、雨に弱いをカバ-出来る品種かもしれません。

 

こちらのケ-キは知り合いのパテシエさんからの頂き物

Img_2149_2

とっても美味しく頂きました。

特にお勧めのハチミツプリンは最高でしたよ~ ごちそうさま。(o^-^o)

 

| | コメント (8)

今年は収穫できるかな

ラビットのオノですが このくちゅくちゅの幼果見てください。

まるで梅干しばあさんみたいでしょ。        


Img_2142_2

今年は沢山なってきました。

Img_2143

お口が開いて来たら梅干しは卒業で 一目散に肥大していきます。

Img_2145

オノは樹の割には去年はいくらも獲れなくて、味見はほんの少し。

甘味強い品種だった記憶はあるのです。

今年はブル-ベリ-全般に豊作のようで所謂なり年なのでしょうか。

 

この木も大きく広がって左列のブライトウエルと枝が交差して

これも通路ふさぎの通せんぼしています。

Img_2146

小さな狭い畑に品種いっぱい植えたからあちこちでこの現象

夏の時期はジャングルと化す遠い畑です。

 

今年のラビットはオノ、ウィトウ、タカヘとNZ品種も良好に成長しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年5月21日 (土)

まるで夢の中

 
皆さま今日はブル-ベリ-の記事ではないのですが・・・
一応関連していることの記事書かせてくださいね。
 
NHK出版「趣味の園芸」って本ご存知ですよね~
6月号はブル-ベリ-特集なのです。
 
Img_2126
 
実は私 この雑誌に掲載していただいたのです。
それもあの有名なフクベリ-の福田さんのすぐ後のペ-ジにちょこっと!
 
 
そのいきさつについて少しお話させてくださいね。
 
この取材のお話が来たのは数か月前
ブログの皆様にもお話しあったと思うのですが、
幸運にも載せていただけることになりました。
 
遠隔地だし、びっくりするような小規模な畑、おまけに管理人はばばあ。
悪条件の中、正式に取材決定を頂いた時には もう有頂天の気持ち。
私はブル-ベリ-が大好きなだけの何の取り柄もない一般人ですからね。
嬉しくて夢を見ているようでその夜は眠れませんでした。
 
やがて早生種が咲き、幼果がちらほら見える頃、東京からのお二人が龍馬空港に。
楚々とした上品なライタ-さんと若いきさくなカメラマンさん。
私作業用のNボックスでお迎えにいったのです。乗り心地悪かったでしょうね~  
遠い畑も市民農園も道が狭く愛車のプリウスは置き場に困るのです。
 
たくさんの画像を撮っていただいてライタ-さんとお話してその方たちは日帰りで
東京に帰られました。
まあその前にひろめ市場で昼食や高知城散策など、楽しいひと時をご一緒に。
 
なんにも知らないで楽しくおしゃべりさせていただいたのですが、
後でネットで調べるとお二人とも有名な素晴らしい方たち・・・
変なばあさんの繰り言聞いていただいて恐縮でしたが 後の祭りでした。
 
 
 
まあそんなことがあってご本は21日発売で店頭にならんでいます。
近くの友人に配るため昨夕数冊買って来ちゃいました・・・
ただ撮影時が今頃だったらと残念な思いはありますけどね。
 
 
私にとっては一生に一度のこと、58歳からブル-ベリ-を見てきて
11年来月の誕生日には年齢もとうとう大台に乗ります。
 
50歳からは年は取らないと決めていたけど確実に持久力は落ちるし
容姿は悪くなるし、体力の限界も感じる今日この頃です。
はっぱの名前のとおり88歳まで健康なら思い残すことはないですが
それまではもちそうもないですね。
 
でもこの園芸誌のことは私死ぬまで忘れない。私の大好きなブル-ベリ-と
農園と私の笑い顔が出てるのですもの。
あちらに行くときにはこの1冊も私と一緒にお願いねと夫に伝えてあります。
 
発売されるまで まるで夢の中のような今回のこと
最初にお声がけいただいたNHK出版[趣味の園芸」編集部のUさんに
本当に本当にありがとう、はっぱはこんなに喜んでいます。
ご縁があって生きた記録の一つを残せたこと最高の喜びです。
心から厚く御礼申し上げます。
 
 
 
 
なんかブログも栽培も終わりのような記事書いてしまったけど、
これから収穫本番でネタ多いです。
今後もよろしくご指導くださいね~
 
 
 
 

| | コメント (27)

オニ-ルの色づき

 
次々と色づいているサザン系ですが オニ-ルもやっと追いついてきました。
この子は去年の大風で倒れ根が切れてしまって心配していたのですが
ほらこんな感じに    
 
Img_2115
 
お顔は素敵な美人顔ですよ!
果肉は柔らかめで甘くて 食べたら思わずにっこりです~
 
Img_2117
 
Img_2118
 
 
あと1本あるのですがそちらも同じくらい。
それも一度台風で樹がひっくり返って根っこむきだしのめにあった気の毒な子です。
 
オニ-ルは根が弱いのかもしれませんね。
 
今年の着色一番はユーリカで次がレベルとスタ-でその次です。
ジュエルとオニ-ルは例年より遅れました。
やはり成長期の根切れは多分に影響するのでしょうね。
 

| | コメント (2)

2016年5月20日 (金)

ヌイが通せんぼ

今朝は遠い畑 ヌイやレビ-ルが着色

ヌイのお顔を見てくださいね。   

Img_2108_2

Img_2109_2

チャンさまに次ぐかなり大粒がそこここにブル-になってきました。

 

ところがヌイは樹が開帳性すぎて、隣に植えてるエチョ-タの領地侵入

その画像も撮ったのですが、縦画像だから横になって入らないのです。

 

垂れている枝を押し上げてとりあえず支柱に括ってみました。

この作業のちゃんとしたやり直しは日曜の予定です。

Img_2119_2

 

支柱に縛ったのはいいのですが  今度は通路をふさぐ

一番奥の画像 サミットと重なってしまいました。

狭い畑ですから、さらに奥のエチョ-タやレベルまで入れなくなりました。

結局何をしたんだか・・・

Img_2121_3


   

 

そして今日もデザ-ト用に少し収穫。

わずかに150グラム程度です。

Img_2122

Img_2123

品種は小さいのがサファイアで大粒はサンプソン。

パテントとして買ったころには美味しく感じたサファイア 今日はあまりぱっとしない。

サンプソンの方が濃く深い味がするのは私だけかな。

サファイア完熟サインも出ているのにこんな水っぽい味だったか?

いやそんなはずはないですよね~・・・・?  

| | コメント (4)

2016年5月19日 (木)

スパルタンも色づき

このところの晴天で一気に色づく品種が増えてきました。
私の一番のお気に入り スパルタン。
 
この果実見てください!      
 
Img_2086
 
Img_2088
 
 
これは今朝の市民農園の様子ですが
上図のようにまだ淡いむらさきの果実もありますよ。
 
来週始めまでこのお天気が続けば、きっともっと多く色づいてくるはずです。
1年間の努力の結果なんて言ってもわりと適当に栽培しているだけですけど。
やっぱりこのスパルタンの色づきには格別の思いがあります。
最高の喜びですね!
 
市民農園はお子ちゃまばかりですが、遠い畑には通路をふさぐほど茂った
大人のスパルタンが3本、きっとそちらも何コかはブル-のはずです。
 
 
 
 
今すぐにでも見に行きたいけどお仕事中は難しいです。
先日からやっていたパソコンのデータの入れ替え、昨日でやっと終了です。
ウィンドウビスタから10への乗り換え、ソフトによっては入らないものもあるし、
ババアには大変な作業でした。
いまだに解決できないのはブログに画像入れるとき、縦画像が横になってしまうこと。
専用のソフトやペイントでもなんとかなるらしいですが、調べる時間がない。
当分は横画像だけで、そのうち研究してみますね。
大きな縦画像がブログに出てたら、解決できたと思ってくださいね。
 
こんなババアになっても働かないと食べていけないから
しっかり勉強していろいろとクリアしていますよ。
ストレスも多いけどやっぱりブル-ベリ-に癒されて頑張れるのでしょうね。
 
 
 
スパルタン収穫終わるまでどうぞ梅雨がやってきませんように・・
 

| | コメント (6)

鉢植えのパルメット

いつもは遠い畑にいるパルメット、今は会社の入口近くに
果実は品質良さそうです。
 
Img_2104
 
Img_2105
 
Img_2106
 
去年はろくに生らなくて  今年が初めての本格味見。
みそのさんがこの品種でジャム作りたいとか  読んだ記憶が。
 
Img_2103_4
 
でもまだ7号スリット
ジャムになるには遠すぎる~   
 
 
 

| | コメント (4)

2016年5月18日 (水)

ラビットは豊作の予感

今朝の遠い畑です。
ラビットも年々大きくなり、特にこの時期は通路も覆うくらいになってきました。
 
これはもう最高の豊産種 バルドウィンです。
通路のほうまではみ出して 邪魔で切りたいのですが
この果実の多さ もったいなくて切れません。
 
Img_2073
 
毎年たくさん生らせるのですが 本来が強健豊産種なのでしょうね。
期待を裏切るような小粒にはならない品種のようです。
これでも多くの枝を剪定した後の果実なのですよ。
 
朝露に濡れているのわかります? この畑は雨降らなくてもこんな朝が多いです。
 
Img_2075    
Img_2076
 
こんな豊作のバルドウィンですが 味はどうかと言うと甘味はあるけど
今一番何かが不足・・・そんな味ですね。
 
 
 
 
 
 
ついでにもう一種類オンズロ-の画像です。  
 
 
これもバルドウィンほどではないですがまとまった果実が収穫終盤まで
大量に採れる貴重な品種です。
果実の見た目は黒っぽいのですが、雨にも強く裂果が少なくて
果実品質も良く 私には嬉しい品種。
味も見た目よりはずっといいですね。
 
 
もう沖縄だったか石垣島だったかは梅雨入りしたとか
収穫早い年は梅雨も早いんでしょうかね~
早生のサザンは何とか大丈夫でも、ノ-ザンはかぶりそうです。
せめてお気に入りのスパルタン収穫してからの雨なら許せるのですが・・
 
 
 
 
 

| | コメント (8)

2016年5月17日 (火)

ミスティはひとり

 
地植えから鉢植えに移動したミスティですが
ぼつぼつ色づいて来ました。
 
Img_2030_2
 
クラスターも大きくてみごとなものです。
この果実たちが少しでもさらに大粒になるよう願っています。
 
Img_2031
 
この鉢植えは屋根なしビニハウスのなか 仲間と外れてたったひとりです。
何かかわいそうですが 大事なお役目が。
 
このハウスの中にいる日本ミツバチの日よけなのです。
かなり大きな樹だし、高さがあるのでちょうどなのです。
 
おかげで日本ミツバチも上機嫌  
入口にたむろしている門番ハチたちも多くいて、花粉持ったハチの出入りも
頻繁なのです。
 
今年もし採蜜出来れば初めてのこと 嬉しいのですが・・・
思い通りにはいかないでしょうね~
 
 
 
ミスティももっと色づき増えて来たら、鉢を地植えネットハウスに移動です。
一晩で全部の果実食べてしまうムクの群れが近くの電線にいました。
 
日よけは別のもの考えて今週末には移動しますね 。
寂しいミスティも仲間と一緒ならきっと喜ぶでしょう~
 
 
 

| | コメント (2)

2016年5月16日 (月)

初収穫

今日は早朝から雨なのですが、先日からのパソコンのデ-タ移動で

忙しくしています。前のがビスタですから苦労してますよ。

 

画像は昨朝日曜の初収穫。  

009

大小色々ですが約300グラムくらいです。

品種はユ-リカ、オニ-ル、スタ-、レベル、ジュエル、ス-ジ-ですね。

 

明日は雨だと分かっていましたので その後は雨に弱い品種に雨よけ設置です。

016

019

なんか不格好なものですが、無いよりはましかの気休めです。

 

5月15日の初収穫は栽培初めて一番の最速ですが、多少早めの果実も

サザンだからほとんどOK美味しかったですよ。

さすがの大粒ユ-リカの味はまだ普通 ぱりっとした食感でいけます。

柔らかめの他品種と違って口に入れた瞬間に分かりますね。

大粒=まずいではないと この品種には実感できました。

ただ、強健か、豊産性は?と言われればまだ1年目の結実では不明です。

同時購入のトワイライトはまだピンクです。OP1も1.2個は色づいたのに・・

まあブル-ベリ-はすぐには結果分からない品種が多いですね。

 

早さの自慢たらたらの見せびらかし記事書いてしまいましたが、

記録記事ですからお許し下さいね。

鹿児島県とかまだ早い所もあると思うのですよ~

| | コメント (6)

2016年5月14日 (土)

レベルとジュエル

朝から好天だけど、仕事が忙しいです。

昨日パソコンが調子悪く、ついに買い換え。

最近風のノ-トパソコンですが、デ-タ-の移動で時間ばかり掛かるのです。

特に会計デ-タはスム-スにいかず、サポ-トなしでの移動に苦労しました。

ぐっと難しくしてサポ-ト料をとメ-カ-の野望がちらほら。

まあ何とかクリアして来週にはすべて完了しそうです。

 

さてブル-ベリ-

今日も色づき記録記事、画像は昨朝の分です。

 

レベル  中の大くらいの果実 良くなっています。 

003

004

005

 

ジュエルはレベルより小さいですね。

でも鈴なりで~  枝が弱いのか垂れ下がって果実着いてるのも多いです。

005_2

これは上の枝先の果実 全般に色はまだ淡ピンクです。

今日あたりはブル-になってるかも・・

006

 

今日は仕事のケリがつかないと畑にも行けません。

まあ何とか頑張ります~

| | コメント (6)

2016年5月13日 (金)

ハマキムシ

最近毎週のように雨が降りますね。

晴れても当地の場合温度が上がらずいつもの年とは様相が違います。

もう数年前に南国は返上しているのですが、

今日なんか温度予報では北海道と同じ最高温度24度なのですよ~

 

さて今朝の市民農園で~す。

最近元気な葉の一部がくるっと巻かれて 

003

丸まった先から こんなの覗いていました。

001

地面に下ろすと もそっと出てきたグロテスクな虫が。

004

今回は孵化して出てくる途中の幼虫が、多く見られました。

うちでは特にコリンズに多かったですね。

これは葉巻蛾の幼虫で葉や蕾、果実の表面を食害するようで

巻かれている葉の近くには一部を囓られた葉たちがたくさんです。

500種類とかあるようで 正式名前は解りませんが、嫌な害虫ですね。

いつもはこんなに出てくる前に葉を切って始末するから

こんなモノは初めて見ました。

 

晴れたり降ったり結構湿度多いと思います。

虫は他にもナミテントウとかシャクトリ、オトシブミなどが発生して、

見回りを怠けると酷い目に遭います。

だから大雨の日以外は毎日畑通いですが、雨の後晴れた朝には

特に何種類かいますね~

オオミノガもラビット畑の葉陰に隠れていました。

 

でもせっかく色づいてきたブル-ベリ- だめにしたくないです。

今はスタ-、ユ-リカ、ジュエル、ス-ジ-ブル-が20%位でしょうか。

後はオニ-ル、レベル、サンプソン、サファイア、エメラルドなどが

2番手でしょうか。

色づきは下枝の果実が多いですね。何でかな~

 

日曜には熟れてる分少し収穫し今年の味見をと思っています。

月、火と雨の予報だからその前に収穫、サザンだから味も乗ってるはず!

一般にハイブシュ系は受粉から45日~75日で収穫と言われています。

うちは早生種の一部は4月25日頃から満開だったから、もうよい頃か。

さてお味は? 来週の記事になりますね~

 

| | コメント (0)

2016年5月12日 (木)

不調樹3本

やっと雨もあがって、市民農園行ってみました。

前から気になっていた不調の樹たちこの雨での回復はなかったようです。

 

去年はまあまあだったフロリダブル-   

006

今年は最悪です!

近日中に夏剪定して枝落とし これからの梅雨の雨で立て直しはかってみます。

少しだけ果実も着いてるから未練もあるのですが、ばっさりといきますよ!

これで復活出来なければ廃棄も覚悟です。

007

この枝哀れでしょ。 新葉の展開が遅れているようなものではありません。

剪定後、PH計ってから肥料や酸度調整剤で対策したいと思います。

 

 

こちらスパルタン接ぎ木は数本あるのですが、これだけが不調。

010

この根元近くの葉はまさに栄養不足の色。

クロロシスを疑って サンドセット撒いてみますね。

この樹自体も葉が少なく 付いてる僅かな葉は縮れたように小葉です。

これは微量要素も不足していそうですからダ-ウィンも施肥して様子見です。

009

実はこのスパルタンには少し問題もあるのです。

植え付け時に接ぎ口がちょっと無理かなと疑問が

つまり台木が小さく穂が大きい所謂ダイマケの接ぎ木でした。

まあそんな状態でも台はラビットだから次第に問題なくなる場合もあって

そのせいでは無いかもしれませんが・・・

 

 

最後の子はア-リ-ブル-


012

一見は葉も多く元気そうにも見えるのですが受粉が悪い。

下図のようなばらばら果実が多く、がっかりです。

014

この品種の精一杯の大きめ果実 こんなのは僅かで5クラスタ-くらい。

015

ア-リ-ブル-やウッタ-ドは一般に受粉が悪いのですが、どうしてここまで

今年は友人からの西洋蜂が受粉に活躍したというのに・・・ ただ残念です。

 

まあ好調もあれば不調も出てくる ある程度は仕方がないですね~

どこまで回復できるかの勉強にもなります。

| | コメント (5)

2016年5月 7日 (土)

2.3日ブログ休みます

今ブロ友にとても悲しい出来事があって、私も記事を書く気持ちになれません。

少しの間ブログだけ休みますね。

|

2016年5月 6日 (金)

きざしと色づき

今朝は朝から雨で温度も低いのですが  昨日は29度だったから

もしやの期待で いつも通り出社前、2カ所の畑まわってみました。

 

もうすぐ色づきの兆しが  新品種トワイライト 

まるで たらこ唇のような・・・ 特徴ある果実ですね。

008

012

021

   
           
   

これもまもなくの早生種 ジュエル
  

023

 

         


そしてユ-リカは淡いブル-の色づき果 もう出来上がっていました!  

016

018

トワイライトとユ-リカは早成りが売りのようだけど 確かに早いですね。

大粒にも納得ですが さてお味はどうでしょう?

西洋蜂の受粉でも一応なることは証明できました。

 

これも比較的新しめの品種ですが ス-ジ-ブル-

もう4個くらいは濃いブル-になっていました。

027

028

緑の幼果の中にブル-を見つけたときは嬉しいですね~

これからの毎日 どんどん増えていきそうです。

 

早生の定番のオニ-ルは先日の暴風で根本から倒れ、今は支柱付け直し

休養しています。

沢山の幼果が落下し、悲しいことに大分負傷しました。

確か去年も別のオニ-ルでこんなことあったと思います。

大量に果実を付けるから上に重量有るし、根も弱めかもしれませんね~

 

このオニ-ルの負傷前に天井ネットは張っていたのですが・・・

強い西風には勝てなかったようです。  

003

ネットは大分大きくて裾を止めてるのですが、3センチ目合いなのです。

| | コメント (2)

2016年5月 5日 (木)

鯉のぼり

鯉のぼり
鯉のぼり
昨日は前日の大風の被害がないか点検してから、県内西部にいってみました。

これは土佐佐賀のこいのぼり。
この町は漁獲量日本1、2のカツオの町。
鯉は全部カツオなのです。

このあと足摺岬まで行って真っ青な空と美しい青い太平洋を見ながら足摺サニーロードドライブして
気分は最高でした。

大型連休、地震怖くて近場で遊んでしまったけど
今日はしっかりブルーベリー作業しますね(^-^)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2016年5月 2日 (月)

昨日のランチ

昨日のランチ

昨日のランチ
昨日のランチ
昨日のランチ
昨日のランチ
昨日のランチ

最後の紅茶だけ抜かったけど おいしそうでしょ!

昨日のランチ

2日続けての草抜き作業はさすがに腰にきて
昨日曜は遠出してランチに行きました。
画像を見れば何処に行ったかわかるよね〜ブル-ベラ-の皆さんなら・・
   
この所毎日のように記事書いてるけど
はっぱババア やっとモブログ出来るようになったからなのよ〜

意外と易しいじゃん!

| | コメント (0)

遠い畑のフクベリ-

先ほどの記事の続きです。

これは遠い畑のフクベリ- 市民農園から鉢上げしてきた分です。

かなり根を切り主幹をカットして無理矢理いれたポット45L位か?  

003_2

 

果実は 平均した大きさの粒

001_2

002_2

極端な小果が少ないのです。

これは鉢植えだけど、ここの地植えのラビットも全体に果実は大きいです。

今年は毎年の最悪オクラッカニ-も充実した幼果だし、

去年少なかったオノも良い、バルドウィン、オンズロ-、ブライトウエルは文句なし。

 

市民農園と比べるとこっちがずっと調子良い。やっぱりあちらは問題が。

はじめはラビットの画像撮ってただけですが、疑問持ってしまいました。

まあ今からはどうしようもないから7月の結果待ちですね。

 

こちらのフクベリ-と市民農園のフクベリ-色々比べてみたいです。

| | コメント (0)

天井ネットとラビットの不調

4月30日の市民農園 その日は風も少なくてやっと天井ネットを張り終えました。   

006

この日で先に記事にした草取りもやっと全部終了。

草取りは座ったまま移動しての作業になるから、足腰強くなりますね。

まあ体操と思ってあれこれちょこまかと動いています。

 

 

さてこの市民農園の地植えラビットのフクベリ-

今年は少しは状態が良いのですが、出来る果実はこんな具合。

001

002

003

圧倒的に小果が多く、いたって成長悪く粒が揃わないのです。

去年も収穫は20個あまり・・・

全体にここ市民農園のラビットは樹が若いからこんなの多いですが、

フクだけはもう2008年の購入だから8年生くらいの苗なのです。

 

この農園借りて3年目ですが 元々フクは2本地植えしてました。

こんな調子なので去年1本を鉢上げし比較に遠い畑に持って行きました。

1本は東京からの直売で購入、後1本は愛媛のブロ友さんから大苗の頂き物です。

鉢植えは後でお見せしますが地植えが調子が悪くて

この畑があまり良くない(特にラビットの場所)としか考えられません。

 

畑全体は40坪ほどですが、若干傾斜になっていて、ラビットは下の方

半分以下の傾斜部分に植えているのです。乾燥か加湿か?

ラビットだから乾燥に強いはずの発想ですが、この辺に問題があるのかも。

このままだと根の周り掘って調べるしかないのですが・・・

ただ成長遅れているだけかもと 無理にのんびりしています。

 

ともかく今年の収穫をみてラビット全体が不調なら、冬に土質改善をするしか

方法ないですね。

ちなみにハイブシュの列は平坦ですが加湿が酷く、一昨年の冬ネルトンパイプ

埋めて排水溝つくり、今年は去年よりは改善されています。

ハイブシュは日当たり良いこの市民農園がずっと早いのに

ラビットの不調はなにか納得いかない気持ちです。

| | コメント (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »