« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月11日 (金)

最後の花

いよいよ秋も深まって 昨日は高知市でも朝は7度日中16度の寒い一日でした。
ところが今日は最低12度最高は22度の暖かさ 小春日和です。
 
暖かさに浮かれて畑に行くと今年最後の可愛い花オニ-ルが咲いていました。
咲き残りのようでもないから、来期の花の狂い咲きなのでしょうね。
 
休眠時間の少ない種類は近年入手の新品種にも多いのですが
そちらの地植えはまだ咲いていません。
このオニ-ルはやっぱり早くて美しい花です。樹が大きくて10年位は経ってるから
大樹の貫禄いえ生命力でしょうか。
 
鉢植えにはサザンなど咲いてる品種も多いのですが、やっぱり大きな緑樹の中で
オニ-ルの花は一番印象的です。
 
Img_2600
 
 
蕾も大きく逞しくて真紅になっているのが多く、来年への期待というか喜びが
湧き上がってきます~
 
Img_2602
Img_2603
 
 
 
これはラビットタカヘの残り果ですが、可愛いくてやっぱり嬉しいです。
 
Img_2604
 
 
 
思えばこのブログ2008年8月18日が最初、随分長く勝手な事書き続けて
きました。
今日は古い記事を少しだけ読み返してみました。
稚拙な記事ばかり書いて・・・ブログ8年経過です。
栽培はもっと前だから、ほとんどの害虫や病気は経験済みになりました。
ブログの記事数は1432件だからとても全部は見られないのですが、改めて
一部を読むと毎年同じような内容の繰り返しで、恥ずかしく消え入るような思いです。
 
懐かしいあの頃のお友達も今は長期のお休みに入ってる方が多くて
とてもとても残念に思います。
かいづさん、NHさん、moritaさん、クロボンさん、Sappiさん、somedayさん、
ぴんさんそしてveryblueさん仲良くしていただいた皆様お元気でしょうか。
 
 
今日は何を言いたいのかというと、私もしばらく短期のお休みをしますね。
また春になれば新品種の事など書きたくなってしまうからまあ冬休みってところです。
勝手ですがよろしくお願いいたします。
 
 
 

|

2016年11月 2日 (水)

少しの紅葉と変葉

 
朝夕15度以下の日も多くなって もう紅葉の季節なのに
今年は猛暑が長く続いたせいかちっとも紅葉しません。
 
この畑で一番の紅葉はサザンのブラッデン赤花の品種です。
これは植替えをしたことが影響しているかもしれませんが
他の植替え品種と違って一番に美しい色になりました。
 
Img_2587
 
 
こちらは僅かな紅葉 レビ-ル白花ですが葉の表面恥じらいがちの
頬を染めたような色です。
 
Img_2589
 
 
 
以下は全部スパルタンですが
まだ緑が多くほんのわずかな色づきです。
ただし下画像は一番色づいてる枝です。
 
Img_2591
 
Img_2592
 
Img_2594
 
全体の紅葉は以下の画像程度です。
 
Img_2595
 
この画像見てお気づきでしょうが、今年は少し変なのです。
ほとんどの葉が外側に撓んで 葉脈の中心線が赤いのもあります。
ここには3本の大樹があるのですが、全部こんな様子です。
少々の葉なら気にしませんが、今年は全葉なのですよ!
多分何らかの根の異常かもしれませんね。
 
地植えだから少々のコガネ幼虫は平気なのですが
多分加湿か9月の日照不足の影響かと・・・
まああんまり根をいじるのもと思い、葉は冬には大部分落葉するから
春の芽生えの様子を見てからのことと思っています。
 
他のノ-ザンやサザンもちろんラビットなんてまだ緑一色
今年の異常気象の影響なのでしょうか。
 
 
そういえば今年は原木シイタケがちっとも生えてこないと思っていたら
近所の方たちからも知り合い皆がそう言ってるとか。
名産の新高梨も高温障害で中身がぐちゃぐちゃのが多くて今年は不作と
聞きました。
当地では色んな作物に影響出ているようです。
 
ただブル-ベリ-には大きな影響が出ない事を願うのみですね~

| | コメント (5)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »