« 2017年5月 | トップページ

2017年6月

2017年6月25日 (日)

困ったちゃんどうなるか

 
今年は果実が全部味が最高、先日までは雨も少なく 温暖で推移してきた。
文句なしのブル-ベリ-日和だったのですが、
それでも問題は発生する。
 
 
これはスパルタン接ぎ木 見てみてこの小果!
 
Img_3755
 
樹の姿はこれ  情けないですね~
手前の葉はやや大きいのですが、これは別の品種の枝の分で
この樹は枝先に小果着けてるメイン三枝です。
 
去年もこんなだったし、梅雨にあっても変わりなければ、抜くしかないですね。
 
Img_3756
 
 
 
 
 
これはエメラルド自根  果実は豊産だけど小粒が多いから
画像は小粒を採り、中粒大粒残したものです。
 
Img_3753
Img_3752
 
食べてみると確かに甘いが、皮が硬いし、口に残る。
これもどうしたものかと迷っている。
果実の大きさの問題は摘花・摘果で大粒になるだろうけど、私は皮の厚いの嫌い。
改善の余地があるんだろうか。
果実少ないミレニアの方がまだましな気もするが、収量の問題がある。
 
 
 
 
 
これは元高接ぎのジュエル、毎年小粒がなるし、味もいまいちで収穫もめんどい
根元で伐って鉢巻巻いちゃった。
 
今の時期の接ぎ木はむりがあるはずだから
台のベルが出て来たらそちらにも接ぐつもり・・・立ち枯れも覚悟です。
まあ冬にやるべきだけど、そのころには花芽ついて決心にぶるから。
 
Img_3750
 
 
 
 
 
最後はサファイア自根、これも豊作だが年々果実小さくなりすぎ
ここらで立て直しに挑戦で主幹を切除。
小さな一枝だけ残したのよね。
 
Img_3762
 
 
これらの切除や接ぎ木は本来冬の作業。
特に夏の主幹の切除は枯れこみの恐れ大、くれぐれもご注意くださいね。
枯れても良いとの覚悟無ければ 絶対にやったらいけませんよ。

|

2017年6月22日 (木)

ブル-クロップとプル

 
先ほどの品種Xの偽物はブル-クロップの場合が多いとかで
うちのブル-クロップ見てみました。
 
果実は中粒ですがめちゃくちゃ密に着いています。
品種Xの画像と比べると果柄の長さも全然違うでしょう。
 
Img_3741
 
 
今年はこんな風に葉が少なめだけど 少し不調気味でしょうかね~
その割には果実着きすぎ 元気な不調樹は子孫繁栄のため実が多くなるとか・・ 
 
Img_3742
 
 
 
 
 
こちらは毎年豊作手間いらずのプル
 
去年も酸味強かったから、今年もジャムかと思っていたら
まあビックリするほど美味しいのです。
これが本来のプルの味でしょうね。
 
完熟果は甘く酸味もあって、パリッとした食感もある。
それに何といっても大豊作 実は中粒より大粒に近いのです。 
 
Img_3738
Img_3737
Img_3735
 
ほらね  こんなに沢山生るんです。
なんか嬉しくて3枚もアップしちゃったよ~

|

マニアックな品種はいかが

 
何度か記事にもしたけどこれは品種X 
有名なブル-ベリ-大図鑑巻末にある
古い産地にはかならず存在する強健な品種とか。
 
サイズは中粒とあるが、本の説明にある通り甘酸調和した美味しい品種。
密につかない粒揃いも完熟度が分かりやすい。  
 
Img_3748
Img_3749
 
今年はまあまあ着果したほうでしょうかね~
味は甘くて食べやすい。  
どこにでもありそう でも当地は暖地 接ぎ木にしました。
東北の友人からの頂き物だけど、本物かどうかは確認できないと
ご本人も言ってらした。
でも美味しくて大満足ですよ~
 
 
 
 
 
こちらも購入した小町園の証明書つきの頂き物 大粒品種じんば青。
スパルタンの交配からできた品種のようでさすがにでっかいです。
 
画像よりもっと大粒あったけど、先に食べてしまった。
味は濃厚でヌイとスパルタン足して半分にしたような味、皮や種も気になりません。
同じシリ-ズで青い流星って品種もあるのですが、じんば青の味が私は好きです。
 
Img_3745
Img_3746
 
完熟するまでは酸味の強いノ-ザンらしい品種ですが
美味しくなるまで気長に待つことですね。
 
 
両品種とも完熟で今が採り時です。
この時期は毎日違う品種の味見して、舌が真っ青です。

|

2017年6月21日 (水)

雨後の畑は悲しい~

 
昨夜の雨は酷かったですね~
雨だけならまだしも大風が吹き荒れた模様で、その風音に夜中の2時に
目覚めました。
 
いつもの5時起きで最初の仕事は畑のみまわりです。
 
 
 
まずは遠い畑 デニスブル-ですがしなりはますますひどくて
下枝は完全に地に着いています。
 
Img_3726
 
 
 
そしてブル-ベリ-畑の鉢が倒れ、果実は廃り、マルチは飛散
この鉢はレノアですが、ベッキ-ブル-とフクベリ-も転がっていました。
 
Img_3727
 
 
 
そして小苗ハウスの中もだだっと5鉢でしたね。
 
Img_3730
 
 
 
何より辛いのは大きなスパルタンの下 いっぱいの落果です。
これはマルチの上の一部ですが
 
Img_3729
 
 
 
通路だけでこの落果!
ともかくマルチの上を拾うにしても通路を確保しないと
果実潰して靴底が汚れるから一番に掃き集めたものです。
 
Img_3734
 
それから元の画像のすべての樹の下、一個一個ひろいましたよ。
今度の風は凄かったようでまるで台風なみ。
ラビットまでが熟れてない多数の幼果落ちていました。
まあラビットは摘果と諦めるのですが、スパルタンの完熟果はさすがに
落ち込みますね。
 
実質的な梅雨のスタ-トがこれですから、この先が恐怖です。
 
結局今朝の落果は約6キロくらいでポリ破れるから小分けして持ち帰りました。
市のゴミ収集は金曜日、それまで保管です~
 
 
 
 
ちょっと良かったことは先日仕掛けたトラップニュ-ウィンズパックですが、
一度空にしていたのに またまた沢山捕獲できました。
撮影しようと蓋を開けたら元気なコガネ1匹に逃げられました。
 
Img_3733
 
 
大樹の歪んだものもあり その樹の立て直しなどで 時間がかかり
市民農園はまだ様子見していません。
どうなっているかとても心配ですが明日まで仕方がないです。
 
皆様にも被害のない事を祈っています。
 
 

|

2017年6月20日 (火)

大実の品種

 
皆さん 収穫で忙しくしていますか。
 
こちらは今スパルタンの最盛期で後ヌイやチャンドラ-、プル、コリンズ
そしてトロとハナンズチョイス、大木のデュ-クなど大収穫が続いています。
それにまだトワイライトもだらだらと収穫しているのですよ。
サザン系もオニ-ルやレベルまだ取り切れないくらいで時間が足りない日々です。
 
まもなくサミットやダロウも収穫期になってきます。後一週間くらいですね。
特に遠い畑がジャングルみたくなって、デニスブル-なんて実の重さにしなって
樹が折れそうになってます。
 
ブル-ベリ-も大木になると収量多くて、採っても採ってもまだあるから
たった一人の摘み取り園は摘み残しが多いです。
今頃はスパがほとんど完熟果ばかりで、風が吹いても落果するから
それを拾うのもひと手間で、収穫量=落果量で情けなく悔しいです。
 
 
 
さて今日の記事はチャンドラ-
余り大きく見えませんが特大はすでに収穫済み 今年は美味しいですね~
毎年甘味の足りない品種ですが高温で晴天続いたせいか甘くて最高!
こんな果実ばかりになってきましたよ。
 
Img_3716
Img_3717
 
 
 
 
そしてNZ品種のヌイ  ずばり大粒すぎる!
スパルタンよりは大実で チャンドラ-と似た大きさです。
 
例年は完熟が見分けずらく、ジャム用品種として利用していたこのヌイ。
ことしは大化けで 甘酸の具合がとてもよく美味しいですね~
味の感じは完熟のレカを大きくしたような感じで 濃厚なうま味です。
 
そのせいかヌイには今年は虫害一番で羽虫の類かコガネ成虫でしょうか。
大部分何かに吸われて落果しています。
 
Img_3707
Img_3709
 
 
 
うちのレカについては完熟が分からなくて、数年前に処分。
レカの熟れた果実でも色はブル-にならずそれがちょっと不満だったのです。
 
 
NZ3品種のうちプルは何度も登場ですが、これも今年は美味です。
いつもはもっと酸が強いのですが、今年の完熟の美味しい事。
ただ口に入れたらちょっと変わった味でこれが香りのプルの所以でしょうね。
 
雨の少ない地方が果樹の味が良いのが分かる、今年の梅雨の中休みでしたね。
 
明日からいよいよ本格的な梅雨、雨の止み間の落果拾いは去年も何キロも。
 
今年は雨がまだで高温で推移したから、全般果物の味が良いと農園の友人たちが
話していました。
うちは相変わらず市民農園の方はスズメとの戦い続いていますが、これも雨降れば
休戦になるでしょうかね~
 
 

|

2017年6月19日 (月)

ラビットの一番は

 
 
サザンの晩生、ノ-ザンの晩生一斉に熟してきて、毎朝、収穫と不調樹の再生に
大忙しをしています。
 
市民農園のスズメ被害は相変わらずで行くたびに多い時は3羽は侵入してますね。
昆虫網をもって追い掛け回し生け捕りにしてもう入ったらいかんぞねと言って
遠くに持って行って放鳥・・まあスズメにわかるはずないでしょうけどね。
さすがに捕獲してもコガネのように殺す勇気はないです。
 
どうやら子雀が網の目のぴんと張った天井から頭突っ込んで侵入している様子
今年は諦めて、来年は天井ネット買い替えの予定です。
 
遠い畑の井戸ポンプも不調が続き去年は部品替えて何とか治ったけど今年は
もうだめでネットで注文。5~6万かかるのよね。
先日市民農園のポンプも動かなくなって部品替えての修理でやっと直ったばかり
だし、スズメ騒動で鷹のダミ-も高かったのよ~
そして先日はニュ-ウィンズパックの誘引剤購入。
さっそく昨夕遠い畑に仕掛けたら今朝はもう9匹入っていました。(効くね~これは)
そんなこんなでもう踏んだり蹴ったりでお金のいることいること悲しいですweep
 
 
 
 
前置き長くなったけど今まで気に留めってなかったラビットも色づき果
出てきました。
 
これはタイタン 
前に太らないと記事にした苗に摘果残りの果実5個があったのです。
数少ない実ですが、やっぱり大実ですね。
 
Img_3714
Img_3715
 
 
 
 
下はバーノン もう完熟サインも出ていますが 果実はまばら。
 
Img_3711
Img_3712
 
樹もまだ若いのですが果実数は少なく、これでも今年は生ってるほうです。
数年見たけど収穫量は少なかったですが、果実は見事な大実です。
下画像はバ-ノンの全体像。
 
Img_3710
 
 
 
 
これは定番ブライトウエル 
まだわずかの色づき果 まだまだ小苗の様相です。
 
Img_3724
Img_3725
 
 
 
今日記事にした市民農園は自宅から持ち込んだエンジンポンプでの水やり
晴天続いたら一週間に一度の水やり程度、いつも水不足に悩んでいます。
 
今年はまめに頑張ったから、何とか少しは採れそうですがここのラビットは
当てにしてなくて電気を引いてる遠い畑に比べ、たった6本程度です。
 
 
 
ちなみに遠い畑はびっくりするほどラビットは生ってるのですがまだ色づきは
ないようです。
水曜から雨のようだから今のうちに遠い畑の井戸ポンプ買い替えをしなくちゃ
梅雨終わったらアウトになりますからね。
 
 
前置きに書いた通り、資材その他で非常にお金がいるので、今まで遊び半分
だったスーパーの産直市への出荷を今年は増やしました。
そして苗木も少しだけ、〇〇〇〇市場ってところに出しました。
 
そんなわけでさらに忙しく当面はコメントなしの記録記事でごめんなさい。
 

|

2017年6月12日 (月)

今年もカラスが

 
先日農園の仲間から  「ブル-ベリ-園にスズメが5羽はいっちゅうぜよ、
追い払ったけんどまだ3羽はおるような」 との電話が。
 
「また今年もかよ~ おおのまいるね~」 てなわけで日曜は対策作業。
 
最近それらしい果実の傷もあったのですが、まあ少しならと思っていたら
5羽も一緒にいるなんて、びっくり!
1日1回朝だけしか行ってないから格好の遊び場になっていた様子。
 
 
 
まずは去年も活躍した案山子を作りなおし 麦わら帽子に作業服着せてね。
(冬の間はバラバラにしてお休み頂いていた)
 
Img_3699
 
そしてネットの隙間や下の土付きのところ隈なく再点検。
 
 
土曜にはダイキに行ってダミ-の鷹を購入
それをネットのさらに上にセットした。
この作業は夫さんでこの間私は収穫とミニ剪定。
 
Img_3698
 
 
 
上の通路から見るとこんな感じ。
でも高知のスズメ  鷹なんてわかるかな?
 
Img_3701
 
効果のありなしはまだ不明です。
でもこの鷹をいじっていたら入ってきたスズメ飛び逃げたのよね~
いつまで効くか、カラスの方が良かったか思い悩みます。
 
 

| | コメント (10)

二品種接ぎ

 
これはサザンのリヴェイル
いつのまにか果実着いていました。実は扁平果の大粒です。
果実はとても極上の味ですが、雨にとても弱いから、昨日の雨で裂果してる
でしょうね。 雨の前に採れば良かったよ。
 
Img_3678
 
 
 
こちらはハ-フハイのノ-スランドだと思ったのですが
実は小粒なのですが中粒位はありますね。
これもよく見るとリヴェイルの枝から出ています。
 
ノ-スランドが見当たらないのですよ! どこ行ったのか? 
 
Img_3675
 
 
これもまたリヴェイル
 
Img_3677
 
このリヴェイルの房が垂れて地面に付きそうなのです。
 
 
それでひもを使って無理やり持ち上げて何とか上に行ったのですが・・
 
Img_3676
 
ここは畑の端っこ、普段ほとんど見ない場所です。
葉がこんな風に何か汚いです。もう取り除けたけどレ-ス葉も
今度は虫害ですね。
 
Img_3679
 
 
いました! これオトシブミって言うらしい。
 
Img_3680
 
 
 
 
じつはこの樹は上記2品種の接ぎ木
 
Img_3681
 
左の直立性がリヴェイルで 右の低い小さいのノ-スランドとリヴェイル混合。
樹形対照的な2品種を同時に接いだ接ぎ木らしい?
 
根元も込み合っていてどちらか不明の枝があるのです。
後でノ-スランド数個だけ見つけました。
 
というのはこれは自作ではなく、数年前夫がオークションで買ったもの。
そのころ私が新しい畑を増やす予定があって接ぎ木を10本位探していたのです。
契約までしていたのですが、この畑には水に難があってやめたのですが・・・
 
私はさらに数年前自作で4品種接ぎを作り、ぐちゃぐちゃになって廃棄した。
小さいうちは良かったけど強健種ばかり伸び太って、樹勢普通のものは
伸びるスペ-スもなくなった。
どの枝がどの品種か識別できなくなったのです。
はっきり言って不格好なものでした。
 
それに懲りて接ぎ木は1本の台に1品種の接ぎ穂のみと決めてるのですが
せっかく買ったものだからと鉢植えから地植えしたら、まあめちゃくちゃ
樹ばかり大きくなったのよね。
 
そんないきさつの樹ですが、まだ果実は少ない。特にノ-スランドは数粒ポツンと。
 
将来更新とかどうなるんでしょうね~

| | コメント (2)

2017年6月10日 (土)

次回収穫品種

 
これは白花レビ-ル ノ-ザン種です。
赤花のサザンリヴェイルとよく間違えられますね。
 
果実の大きさは中粒大ってところでしょうか。
やたら豊産の品種です。
味は甘みは少ないですが、酸味が強いわけでもない。
食べてそれなりに美味しい品種でおそろしく強健種です。
 
もう少しで収穫できそうです。
 
Img_3664
Img_3665
 
 
 
 
 
これも毎年豊作のトロ
かなり大粒で果実は硬めでねっとり甘い品種だと思います。
 
こちらの全体像
上は完熟ですが、まだ下の方に熟れてない果実が見えていますね。
 
Img_3668
 
 
果実の感じはこんなです。
 
Img_3670
Img_3671
 
クラスタ-はガチガチで実の裏側は見えません。
一個採って軸を見て味見しないと収穫期がわかりません。
枝や葉はガッチリと太くいかにも強健種の雰囲気です。
 
 
 
 
以下は別品種先日アップしたデュ-クですが
もうブドウの房のようになってきました。
 
この垂れ下がり具合目を引きますね~ こんなのが数房下がっています。
 
Img_3672
Img_3673
 
ぴんさんのように1品種1記事にしたいと常に思っているのですが
やたら品種を集めた関係上、私の場合はどうも上手くいきません。
 
それにお気に入りは記事多く、小苗の品種では1記事だけ紹介記事のみも。
偏っていて それが自分でも気になってはいるのですが・・・

| | コメント (8)

2017年6月 8日 (木)

ハナンズとプル

 
別の場所から移動したハナンズチョイスです。
地植えから地植えの場所変更ですから1年位は調子を崩し
今年はやっと素晴らしい果実がなってきました。
 
Img_3652
Img_3653
 
粒も大きくなかなかのボリューム感ですが 結構雨にも強そうですよ。
お味は皆さんが書かれているように非常に甘い品種です。
あまり酸味は感じませんでした。
ただ皮の厚さがファ-シングよりは硬いように思いましたね。
1年休んでの味見だからあまり確実な情報ではないですよ。
 
 
全体像はこれです。
2mの天井に届くくらいになってきました。
 
Img_3651
 
 
 
 
 
こちらはNZ品種のプル
毎年安定の豊作品種、一応中粒です。
やたら葉も多く枝枝に皆果実が着く素晴らしい品種ですが
多少酸味系、でも完熟果は甘く独特の香りがあってよい品種です。
そろそろ収穫を始めても良いくらいになってきました。
完熟リングがだんだん濃くなってきます。
 
Img_3656
 
中粒と言っても割合大きめ果実も多いです。
 
Img_3657
 
 
 
この樹の全体像は主幹3本で画像に入りきらないほど大樹になってきました。
市民農園への選抜隊の一員でこの場所で4年目ですね。
 
Img_3655

| | コメント (4)

雨後のブル-ベリ-

 
昨日の雨もあがり、今日は朝から晴天で29度の予報です。
さっそく梅雨の中休みなのでしょうかね~
 
今朝自宅から見た高知の空は山の下に雲がたなびいています。
ちょっとした雲海現象のように見えます。
少し寝坊して朝6時の画像ですよ。 当地では珍しい光景です。
 
Img_3648_2
 
 
 
 
さっそくブル-ベリ-畑のパトロ-ル
市民農園では
スタ-は当然裂果が多く、残り果の半分以上はダメになりました。
でもこのことは想定済みで完熟は大体摘み取り残りは小果が多いです。
 
 
そしてこれはノ-ザンのペンダ-
完熟果実を採り忘れていました。
まあひどい事、ずるりと皮がむけていますね。
 
Img_3660_3
Img_3661_2
Img_3662_2
 
画像以外にも大部分この状態で 大丈夫の果実は少ないです。
ペンダ-は海外では機械収穫も可能な品種とかで油断していましたよ。
味は甘くてよい品種なのですが先が思いやられる・・・
 
これも来年は屋根付きハウス向きでしょうかね~
 
 
 
遠い畑では
定番のオニ-ルやレベルにも、スパにも少しの落果がありましたが
この程度は許容範囲でした。
 
雨は嬉しい反面、裂果落果の問題が露地植えでは避けて通れませんね。

| | コメント (2)

2017年6月 7日 (水)

昨日のこと

 
今日は未明から雨が降ってたようで、今スマホに豪雨情報が入りました。
 
畑の乾燥ブル-ベリ-には恵みの雨でしばらくは水やりポンプの出動も
なく2園で2時間かける水やりから解放されます。
四国も梅雨に入ったのですが、昨日の忙しさと言ったら目が回るとはこの事ですね。
 
早朝から市民農園に行き摘み取り一時間、その後ジャガイモの掘りあげにきゅうりの
支柱立て。
8時半から仕事を抜けて予約の大学病院に。
ここでもレントゲン検査や整形外科にと大忙し。まあ骨塩定量の検査だから
病気ではないのですが半年に1回で何年も精密検査していました。
異状はないからそろそろ近所の病院に行かれたらとやんわり首切られましたね。 
 
早めに終わったのですが、昼休みは
遠い畑に雨の前の収穫と友人から依頼されてたラビット中苗の選抜。
農園の知り合いから2本ラビット鉢植えを頼まれていたのです。
依頼があったらすぐ動くこれが私のせっかちな性格だから仕方がないです。
 
収穫は雨の前だから裂果の恐れある品種の完熟の分すべてのつもり。
だから大量にあるんですよ。
これも友人のケ-キ屋さんお買い上げや友達からの依頼分です。
完熟は一個一個果実を見るから時間かかるのですよ~ 
 
終わってから遅れた本業仕事に没頭。
月の初旬は収支明細書の作成、1円違っても大変なことになるから
老体鞭打ってのパソコン作業頑張ったけど・・・疲れた~
 
途中で突然思い出した そうだブラックベリ-収穫を忘れていた!
市民農園のブラックベリ-は真っ黒になったのがいっぱい。
まざまざ雨でダメにするには勿体ない。
思い出して帰りにまた農園へ。
遠い畑のビワの長崎クイ-ンももう採らないとと農業の先輩に言われたばかり。
これも知人へのプレゼント約束だから、また遠い畑に寄る。
結局2農園に2回行ってきました。
 
 
こんなに忙しいのは久しぶりだけど まあやっぱり欲張りなのよね~
結局ブル-ベリ-も限られた時間では全部は摘めなくて、今日の雨で
大分落果や裂果したでしょうね~
せめて大きい果実だけでも収穫で、ぼろぼろ落ちてるサファイアやジュエル、
エメラルド、サンプソンなんかは手つかずなのよ。
 
 
少しは自分も楽しまなくてはと スパルタンの一部今朝食べました。
今年は超ビックな果は少ないけど 味はやっぱり大好きな味。
甘さの中に酸味も少しありで 奥深い大人の味ですよね。
ブル-ベリ-は甘いだけでは・・・と私の勝手な思いです。  
 
Img_3647
 
 
 
 
そんなわけで土曜日の画像だけどラビットのフロリダロ-ズが。
悲しい結果に weep 
 
Img_3643   
 
 
数週間前に主幹の枯れこみに気づき
よく見るとカミキリムシの被害らしいので主幹を切除。
案の定茎の中茶色でした。
 
Img_3645
 
 
横からのシュ-トは元気そうだったからそのまま置いていたら
土曜に見るとこちらもだめのようですね。
 
Img_3644
 
 
あ~あ ただ残念です。
去年の7月にはこんなに元気だったのに・・・
 
フロリダローズ

| | コメント (10)

2017年6月 5日 (月)

パテントも色々

 
遠い畑の大鉢トワイライト今頃やっと熟果になってきました。
ユ-リカと同時購入で、これも早い品種と思っていたのに。
 
まあゆっくりしたものですわ。
おまけに完熟してもはっきりとわかるサインがないのです。
果実の下と軸の間がほんの少し黒くなるでしょうか。
 
それとももっと置いたら軸元にリングとかかかるのかしら?
今食べてみてもそれなりに美味しい品種ですが、まだなのか。
 
全体像です。  
 
Img_3638_2
 
 
 
果実はこれでものすご~く大粒です。
ガクに特徴がありますね。
 
Img_3639
 
Img_3641
 
 
 
ちなみに色づき始めのトワイライト 5月18日です。
今日でちょうど18日目 こんなに熟れの遅い品種は珍しいですね。
 
Img_3466
 
まあこの大粒で美味だから許されるでしょうけどね~
ユ-リカの方はほとんど収穫終わり、今は最後の数粒の残り果のみです。
 
 
 
 
 
 
さて今度は小粒 地植えのサファイアです。
発売されて 1本購入が可能になった頃の入手。多分2009年頃かな。
あまり成長もせず、だんだん小果になってくる。
2010年頃は味の良さにスタ-につぐ品種と多くの方がブログに書かれていた。
そのサファイアの全体像です。
 
Img_3633
Img_3635
Img_3636
 
味は確かに爽やかでジュ-シ- でも果実は小さい。
ならし過ぎのシャ-プブル-と思っていただいたら。
最近のパテントは美味しい大粒が増えて、サファイアはあまり聞かなくなった。
家には8~9年いるけど樹形もコンパクトで樹は古び実はますます小さくなる。
今年は思い切り花芽を摘花したけど果実の肥大度は変わらず小さいまま。
 
来年は廃棄かと頭の隅で思いながらも、もう1年一部の枝を根元から台切りして
試してみようと考えています。
なんとも未練がましい私です。
 
皆さんのサファイアはいかがですか?

| | コメント (8)

2017年6月 2日 (金)

チャン様とタイタン

 
日当たり良い農園のほうです。
今朝見ると  ついにチャン様色づき~です。
 
Img_3613
 
Img_3614
 
こんな枝が数個あります。
今日は写真撮らなかったけど プルはもっと多くブル-果みえますね。
 
たったこれだけの記事ですが 嬉しくてアップしてしまいました。
 
 
 
 
同じ大粒でも今年は諦めの品種ラビットのタイタン 
花芽が残っていたのか 悲しい現実の2果小果です・・・
 
Img_3617
 
 
そう不調のようにもないのですが、伸び悩み小さいままのタイタン。
 
Img_3618
 
来年を期待して希望を繋ぎましょう~

| | コメント (8)

エチョ-タとデュ-ク

 
エチョ-タです。 今年はやたら果実が大きいのですよ。
でもやっぱり開帳性  まあそれでもいいか~ 
 
Img_3608
 
 
少し黒めのブル-ですが、クラスタ-も大きい塊です。
 
Img_3606
 
 
下画像は熟度みるのに真ん中の果実一個取ったから バランス悪いですね。
 
Img_3607
 
 
 
 
 
こちらはデュ-クですが、これも果実は大きい。
中苗だから若くて元気いっぱいなのかしら。  
 
Img_3609
 
 
この大きいの試食してみた。 やっぱりノ-ザン美味しいですね~
スパルタンほどの深みはないけどもう十分甘くなってて最高です。
 
大粒のデュ-クは食べごたえがあって、私にとっては懐かしい味。
最初にバルコニ-栽培していたころ、デュ-クだけは生るのです。
受粉率良いですからね。
 
Img_3610
Img_3611
 
まだスパルタンを知らない頃この品種に夢中になりました。
でもデュ-クは斑点病などに弱いですね。
初代は赤色輪点病らしきにかかって処分しましたが、代を継いでいつも
デュ-クは2本はあります。
 
弾けるような食感で甘い品種は今は沢山あるけど、デュ-クは草分け的存在。
小粒になるとこの感じがいまいちになるからやっぱり大粒は良いですね。
 
私はスパルタンが一番好きと10年近く言ってるけど、デュ-クもその次に好き。
 
時が来たようでノ-ザンも毎日完熟果が増えてきて 嬉しい毎日です~

| | コメント (3)

2017年6月 1日 (木)

小苗ハウスの様子

 
先日少し整理して空き場所を作った小苗ハウスです。
その時かなり剪定して徒長枝などを切ったのですが
1日2回の潅水で またわさわさになった枝も出てきました。
まあなんとも手が回らないのです。
それに水はどんどんブル-ベリ-を大きくしますね。
 
Img_3590
 
 
 
奥の方に少しだけ空けたスペ-ス この程度なのです。
 
Img_3592
 
 
 
このハウスの中タイマ-でシャワ-してるのですが、お粗末なスプリンクラ-
去年からずっと活躍しています。
安物だけど案外丈夫なようで・・・
 
Img_3591
 
 
 
果実も少しは生っていますが まあ無駄枝が多いですね。
そしてカタツムリの多い事多い事 嫌になってしまいます~
 
Img_3593
Img_3594
Img_3595
 
 
 
 
 
地植えハウスの外ではびわが色づいてきました。
 
Img_3602
Img_3603
 
品種は長崎クイ-ン
毎年カラスに取られたりで 人間の口にはあまり入りません。
今年は去年より実が多いようですが、どうなることやら・・・
 
試食してみたらまだ酸っぱい~

| | コメント (2)

デニスとスパ

 
昨夕ちょっとだけ降った雨で 今日はブル-ベリ-達も生き返ったように
元気になっています。
いくら水やりをしても自然の雨水にはかないませんね。
 
 
今日のデニスブル- 遠い畑の地植え
ここはジャングルの中で、南にある大樹が邪魔をして日当たりに難ありですが 
色づき果が数か所出てきました。 
 
Img_3582   
Img_3601
 
まだこれからなのですが、まん丸果実は色づくと急に肥大して大粒に。
 
 
 
ちなみに樹はそびえたつように大きくなっています。
 
Img_3580
 
 
 
 
 
日当たり難ありのスパルタンも、こんなに果実ブル-になってきました。
 
Img_3597   
Img_3598
 
市民農園の中苗は 数個味見したのですが、こちらはこれから収穫かな。
ここは先ほどのデニスブル-と同程度の樹が3本で全部絶好調。
収量は多そうだけどスパは完熟まではすごく酸味強いから慎重に吟味ですね~
 
生唾ごっくんのスパ もうすぐいっぱい食べられます!
 

| | コメント (0)

« 2017年5月 | トップページ