« ハナンズとプル | トップページ | 二品種接ぎ »

2017年6月10日 (土)

次回収穫品種

 
これは白花レビ-ル ノ-ザン種です。
赤花のサザンリヴェイルとよく間違えられますね。
 
果実の大きさは中粒大ってところでしょうか。
やたら豊産の品種です。
味は甘みは少ないですが、酸味が強いわけでもない。
食べてそれなりに美味しい品種でおそろしく強健種です。
 
もう少しで収穫できそうです。
 
Img_3664
Img_3665
 
 
 
 
 
これも毎年豊作のトロ
かなり大粒で果実は硬めでねっとり甘い品種だと思います。
 
こちらの全体像
上は完熟ですが、まだ下の方に熟れてない果実が見えていますね。
 
Img_3668
 
 
果実の感じはこんなです。
 
Img_3670
Img_3671
 
クラスタ-はガチガチで実の裏側は見えません。
一個採って軸を見て味見しないと収穫期がわかりません。
枝や葉はガッチリと太くいかにも強健種の雰囲気です。
 
 
 
 
以下は別品種先日アップしたデュ-クですが
もうブドウの房のようになってきました。
 
この垂れ下がり具合目を引きますね~ こんなのが数房下がっています。
 
Img_3672
Img_3673
 
ぴんさんのように1品種1記事にしたいと常に思っているのですが
やたら品種を集めた関係上、私の場合はどうも上手くいきません。
 
それにお気に入りは記事多く、小苗の品種では1記事だけ紹介記事のみも。
偏っていて それが自分でも気になってはいるのですが・・・

|

« ハナンズとプル | トップページ | 二品種接ぎ »

NHトロ」カテゴリの記事

NHレビ-ル」カテゴリの記事

コメント

今はしっかりと着いていて、画像見ればまるでパンフレットの様、その内業者から画像ファイル貸してくれ!って言う事も。。(^_^;)
明日見に行きますが、サザンハイブッシュでも未だ色付きは無いだろうなぁ。

投稿: ぴん | 2017年6月10日 (土) 21時51分

こんばんは☆
すごいたくさん実ってる(^^)
ノーザンの品種は接ぎ木ですか?
僕はノーザンはまだ手をだしてないので、来年増やしてみようと思ってます。
そこまで本数増やせないので、スパルタンとデュークかなーと考えてます(〃ω〃)

投稿: いわし | 2017年6月10日 (土) 23時12分

おはようございます(^O^)

あ~美しくてため息が出る(^_^)
うちのはどうしてそんなに綺麗にならないんだろうか…
素直にそう思います(^_^)

トロやチャンドラーなど1つ取らないと熟しているか判らない品種って、試し取りの成否で複雑な心境になるんですよね(^_^;)

1つ取った実がまだ早いと
抜けた穴を見る度に早まった自分に虚しさを感じたり、失敗して勿体なかったななんて思ってみたりするんです(^_^;)

そうでしたそうでした…
トロはネットリでしたよね~
実は私
あの大粒ゴロゴロで見た目の美しさはとても気に入っているのですが、収穫時期の高温も相まってネットリがイマイチ好きになれなくて…

私は収穫しながらつまみ食い専門なんです。
だから味の印象がどうしても薄いんですよね(^_^;)
今年はじっくりと味わってみようと思います(^_^)

投稿: かいまりん | 2017年6月11日 (日) 05時46分

ぴんさん

コメントありがとうございます。
まだそんなに色づき遅いのですか。
温度差が相当あるんでしょうか。
画像は記録用だけど、大きめ果実は今記録しないと
年々小さくなったりもするからね。
高知では今日は雨、明日見に行くとあったけど大丈夫。
まあそちらの雨は午後からになるかもね。

投稿: はっぱ | 2017年6月11日 (日) 07時29分

いわし さん

コメント有難う。そちら大阪方面だったかしら。
うちの方ではノ-ザンは接ぎ木でないとダメ。
まあレカなんて例外もあるけれど・・
接ぎ木を買うかお安い苗で自作の接ぎ木作るかが
良いと思いますよ。
そちらの土地柄気象条件次第だけど、接ぎ木の方が
強くて大粒だから初期投資しても枯らすよりましです。
品種は好みだから難しいけど、摘み取り園などでの
味見も参考になるかと。

投稿: はっぱ | 2017年6月11日 (日) 07時39分

かいまりん さん

コメント有難う。
味の好みは色々ですからね。
私は基本はあっさり系が好きなのですが、オニ-ルの優しい甘さ、
スパルタンの甘酸バランス、トロのねっとり、甘すぎハナンズなど全部好きです。
大粒を冷蔵庫で一晩キリキリに冷やして食べると美味しいですよ。
昨日は大粒ヌイの完熟果つまみ食いでこれも悪くない。
あの大粒をジャム専用にしてたのですが、勿体ないと思いましたね。
毎日現場で味見して舌は真っ青です。
特におしくらまんじゅうのクラスタ-思いはかいまりんさんと同じです。
時間あるときは痛み果のみ集中的にポリ袋に。
そしたら少し中が見えるときもあって、それから収穫なのです。

投稿: はっぱ | 2017年6月11日 (日) 07時55分

トロの木の姿、私としてはちょっと惹かれましたね。
どうも、最近ブルーベリー見る時に、果実よりも如何に大きくていい葉が出て勢いよく成長させるかを意識しているので、こういう大きくて立派な枝葉が四方八方に伸びてる姿を見るとテンションが上がってしまいます。
ただ、自宅でこれをやろうとするとどんどん栽培場所がパンクしていってしまうので、なかなか難しいですね。

投稿: こば | 2017年6月15日 (木) 00時00分

こばさん

おっしゃるように、スペ-スゆとりないとこうはいきません。
直立性の品種は良いけど、開帳性のはいずれジャングルになるから困ります。
こばさんだったら上手に剪定して、良い形にできそうです。
私はやたら切るのですが、トロは別としてオニ-ルの直角枝には悩んでいます。

投稿: はっぱ | 2017年6月15日 (木) 11時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハナンズとプル | トップページ | 二品種接ぎ »