« 2017年7月 | トップページ

2017年8月

2017年8月18日 (金)

お盆休みの旅行(おしまい)

 
さてまた湯布院に帰ってこの日はやまなみハイウェイをドライブ。
やまなみはこんななだらかな緑の丘や平原が多く
 
Img_3905
 
ハイウェイを走るのは気分最高です~
 
Img_3906
 
 
山なみから少し外れて寄った原尻の滝
 
Img_3901 
Img_3899
 
この日はガンジ-牧場などにも行って、高原の空気を満喫し
また湯布院に帰りました。
 
 
 
この日の旅館は離れで初めてのところだったけど清潔で新しい部屋でした。
リニュ-アルしたばかりだったのでしょうね~
畳も琉球畳でおしゃれでしたよ。
 
Img_3908 
Img_3909
 
3泊目で私はやっと眠れました。
高知をでたのは夜中の2時半だし、フェリ-の中は大勢のお客で大混雑。
初日の晩は夫のいびきがうるさく眠れないのです。
 
2日目も何か興奮してやっぱり眠れない。
神経質というか、普段から不眠体質だからでしょうね。
 
3泊目でやっと眠れたのにもう帰る日。
 
 
 
翌朝は別府の明礬温泉で温泉卵やプリンを食べて
 
Img_3910 
Img_3911_2
 
 
ネットで見た別府市の居酒屋いづつで格安の海鮮丼で昼食。
 
Img_3915
Img_3916
 
 
まあ食べるばかりのグルメ旅行に行ってきました。
 
 
 
黄斑円孔の目の手術して以来、目つきが悪くなって写真が大嫌い
自分の顔が大嫌いなのですが
最後にこの旅行の自分写真アップしますね。
これは比較的良く撮れてる よく眠れた翌日の写真です。
場所は温泉プリンの明礬温泉岡本屋さんの前かな。
 
Img_3913
 
前にも記事にしたけどココログの調子が悪く相変わらず1行毎に保存しないと
消えてしまう現象が直っていません。
なんかココログにも見放されたのかもしれませんね~
まあそんなことで当分ブログはお休みしますね。
 

| | コメント (6)

お盆休みの旅行(続)

 
さて大分での二日目
皆さまご存知のリヴェイルさんと待ち合わせて彼女の山の農園に。
 
ブル-ベリ-は列ごとにネットがけ、大きく育って素晴らしい樹達。
一列に12本位はあったかな~ それより多いかも。
 
Img_3870
 
 
びっくりしたのはうちではとうに終わっているラビットがまだこれからなのです。
こんな感じでネット越しの撮影ですが  長く楽しめて羨ましい~
 
Img_3871
 
 
農園のすみでカフェタイム
手作りのチ-ズケ-キやジャムを頂いて、麦茶や氷まで下界から運んで
来たものを美味しく味見させてもらいました。
 
Img_3875
 
 
 
お茶をしてから、佐賀関に案内してもらって 有名な関サバ関アジを
お刺身で食べました。
関サバ関アジと言えば高級品なのですが、リヴェイルさんが良心的なお店に
連れていってくれてとても良かったです。
 
Img_3880
 
リヴェイルさんのおかげでこの日は楽しく、ブル-ベリ-も拝見できたし
色々栽培の話などして時を忘れるほどの最高な一日でした。
 
リヴェイルさんお忙しいなか楽しいひと時を有難うございました~

|

お盆休みの旅行(初日)

 
お盆休みは皆さまいかがお過ごしでしたか? 
私は性懲りもなくまた九州に行って来ました。 
 
 
噂を聞いていきたかったお店 ゆふいん山椒郎さん
 
Img_3844_2
 
Img_3849
 
 
お昼のランチ 合わせ箱
 
Img_3850
 
蓋を開けるとお肉や地鶏に沢山の新鮮なお野菜が
全部がそれぞれに調和して素晴らしいお味でした。
 
Img_3851
 
Img_3852
 
夫は豊後牛ステ-キランチをオ-ダ-したのですが、そちらもお味は最高
だったとか。
 
 
デザ-トの3品はレンコン餅黒蜜掛け、アイスクリ-ムはトッピング茗荷ですよ、
後カットメロンなど。
 
Img_3853
 
デザ-トまで意外なお料理で驚きの連続でしたね。
 
 
これはオーナ-さんの御挨拶文
由布院料理研究会の代表、ななつ星in九州の料理を監修された方
素晴らしい経歴の方だけど一時期草庵秋桜の料理長をされていたとか。
秋桜は20年ほど前から湯布院行ったら時々お世話になっていた旅館で
余計山椒郎さんに行きたい思いに拍車がかかりましたね。
 
Img_3848
 
 
 
 
有名な金鱗湖、私は何度も行くから町中にはあまり興味ないのですが
やっぱり金鱗湖の周辺散歩は外せないです。
 
Img_3854
 
 
そして美しい自然がいっぱいあって湯布院は心和む温泉地なのですよ。
由布岳は今日は雲がかかって良く見えませんでした・・・
 
Img_3857
 
 
旅館も洗練された素晴らしいところが多くて
その夜宿泊した夢想園さんの露天家族風呂です。
たった一人で湯船に入ると来てよかったな~と癒されました。
 
Img_3860

|

2017年8月 9日 (水)

芽生えは好調

 
皆さま、台風いかがでしたか?
こちらは高知沖を通った割には案外大丈夫でした。
一時はエリアメ-ルで避難準備情報何度も出て、電車や交通機関止まるし、
かなりのお店がお休みで皆で準備していたのですけどね。
 
 
遠い畑は下図のように鉢物は集めていたから、倒れはなし。
でも外の無花果の大木はぽっきり枝折れしていましたね。
花壇の大木ポポ-は今年は大丈夫だったようです。
後小苗ハウスで4鉢位転んでいたでしょうか。
 
Img_3832
 
 
 
昨日からは台風一過の良い晴天、温度もグングン上昇、
最近南国土佐は返上しているのですが、今日なんかは37度の予想。
 
 
今朝市民農園に台風被害チェックに行ったのですが、まったく被害はなし。
良かったです~
 
雨あとの新芽があちこちに目立ちます。
 
Img_3835 
Img_3836
 
 
これはタイタンの新芽 この子は秋に遠い畑に移動しようかと計画ですが
なんかここでも大丈夫のようです。
 
Img_3838
 
 
 
これはノ-ザンのデニスブル- 剪定は先月だけど
こんなにいっぱいの新梢・・・驚きました、茂りすぎです。
 
Img_3837
 
 
少しだけ切りました。まだ切り足りないけど今日はこれから仕事だから
盆休みに切り直しですね~
 
Img_3839
 
 
 
これも茂りすぎのサザンのファ-シング
ひ弱な細枝があちこちで 剪定したけどまだ足りない。
これも盆休みの仕事です。
ちなみに横に置いてるス-パ-のレジ袋、デニスとファ-シングの剪定枝。
 
Img_3840
 
丈夫な品種はどこに植えても強健さ群を抜いていますね。
 
 
 
今日はこんなお客様も結構ぶら下がっていて・・・ともかく夢中で取り除きました。
ミノムシは産卵すると異常にコミノが増えるのですよね。
もうすでに産卵しているかも、注意情報発令です。
 
Img_3834
 
この市民農園はラビット剪定も施肥もすべて終わり 後は水管理ですが・・
 
 
遠い畑はオクラッカニ-、パウダ-ブル-、オノ、ウィトウ、鉢植えアイラが
まだ生っている有様で、なんかすっきりしないのです。
でもまあ本格収穫は終わりと言うことで
 
11日から4日ほど遊びに行ってきます。
今年は北海道よりは近めなのですが、お疲れさんの自分にご褒美と
ストレス解消でしょうかね~

| | コメント (6)

2017年8月 3日 (木)

最近の遠い畑

 
久しぶりの記事になります。
 
最近ウィンドウズがおかしいのか、ココログが変なのか
記事1行書いたら2行目で動かなくなってしまい、カ-ソルや変換押すと
記事が消えるのです。
ずっとそうだからおっくうになってお休みしていました。
パソコンは去年購入の新しいもの、残容量多いのになんででしょうね~
 
今もまだ解消されず1行ごとに保存しながら、書いています。
ただ最初の10行くらいが終わったら普通に書けるようになる場合もあって
前半に何かの設定をしてしまったのか、良く調べてみたいと思っています。
 
 
さて今日の記事
遠い畑のハウスの中 暑さで片づけも秋になったらで散らかりぱなし~
 
Img_3822
 
 
この中の奥にはブドウの安芸クイ-ン
 
Img_3825
 
 
イチジクはだるまさん ダルマティだったかな。
 
Img_3823
 
 
 
隣接の小苗ハウスはネット越しの撮影
スプリンクラ-散水で微調整できないから水びしょびしょ!暑さで枯れるよりましか。
 
Img_3827
 
 
 
小苗ハウスの隣の花壇では
ポポ-が大木になって
 
Img_3828
 
そら豆のような大きな実がごろごろ 今年は収穫できるかな~台風次第ですね。
 
Img_3829
Img_3830
 
 
 
 
さてここからが本題ブル-ベリ-
 
これはパウダ-ブル- ブル-ム多いですね~
 
Img_3818
 
 
こちらはオクラッカニ- 枝撓ります。
今年は花芽かなり剪定したのに 果実多いけど中粒位。
茂みの奥に時々大粒で・・・あったあ~って嬉しくなる。
 
Img_3820
 
 
下画像が手前パウダ-で奥ののっぽさんがオクラッカニ-です。
 
Img_3817
 
この畑のラビットはこれで最終です。
 
 
市民農園のほうのフクベリ-これも終わり近いのですが
甘さ一番と評価の高いラヒと食べ比べてみました。
 
これは都合で画像なしですが、終わりのフクと最中のラヒですから
当然大粒性はラヒの勝ち。
フクはうちでは9月までは無理で8月お盆まで特に今年は早く、もう終盤です。
 
さて味ですが、ラヒは大変甘いのと無味の水っぽい果実が混ざっている。
酸味はほとんど感じないです。
初期の頃のサザンのレベルを濃くしたような味でしたね。
ジュ-シ-で甘く一般受けはすると思います。
 
フクは終盤果ですから、見栄えは悪く硬そうな外観ですが味はかなり甘い。
ラヒの甘さに劣るとは思えない味でした。
そして僅かな酸味が甘さを引き立てコクを出していると、私と家族の意見です。
 
これはラヒもフクも上手に育てればラビットでも美味しい品種農園ができるかな。
でもどちらも地植えでは収量少なそうな予感です。
この問題をどうクリアするか?
 
収量と言えばバルドウィンとブライトウエルですが、若干のタネといまいちの味
でも外せない品種ですね~
 
今年の冬はあまりぱっとしない多くのラビットをメンバ-替えしたい。
ふとそんな思いにかられた今年の夏でした。
 
 
後1.2週で全部のブル-ベリ-が終わる、思うだけでも少し寂しいです。
 

| | コメント (6)

« 2017年7月 | トップページ