旅行

2015年9月24日 (木)

安並水車の里

さて昨日シルバ-ウィ-ク最後の日も

お遊びで 四万十の安並水車の里に行ってみました。

長年高知市に住まいして こんなの有るのも知らなくて

先日TVで紹介されてるの見て初めて行ってみたのです。  

038
039

藩政時代とあるから、かなり古いもののようです。

 

四万十市から車で20分くらい入った田園地帯に

それは有りました。

031
032
034

大小色々だけど この水車15個も有るのですよ。

画像は一部しか写っていませんが。

036

そしてこの小川の水とってもきれいで

素朴な良い感じの風景でした。

037

 

しっかり遊んだシルバ-ウィ-クだったけど 今日からはお仕事

土日は畑作業も頑張ります~

| | コメント (4)

2015年8月18日 (火)

はっぱばあさん旅に出る・・④

この日の記事は 小樽の画像や富良野方面のお花畑です。

有名な小樽運河脇に残る倉庫群

032_2

 

小樽の町を一望  天狗山ロ-プウェイ頂上から

040_2

 

札幌から富良野、美瑛方面への道路脇にあるガ-デン

061

 

有名な富田ガ-デンのラベンダ-は7月末で終わっていたけど

メロンハウスには大勢の観光客

059
058


旭川方面までの道路沿いのガ-デン もちろん無料

こんなの何カ所も有るのです~

062

064

この紫の これもラベンダ-の一種なのか

065

 

ケンとメリ-の木 昔日産のCMに使われていたとか・・

066

この美しいガ-デンなどを見ながら富良野、美瑛、旭川を

通って大雪山のそばの層雲峡のホテル朝陽亭に宿泊。

4日目は周りを少し観光して また札幌の新千歳空港に。

最終便で無事高知着

これではっぱばあさんの3泊4日の旅は終わりました・・

長々とごらん頂き有り難うございました。

この旅行をご支援下さったメル友ケンさんと奥様に心から

感謝いたします。

| | コメント (14)

はっぱばあさん旅に出る・・③

この記事は食いしん坊の私達が食べた食事。

前に書いたようにホテルは安上げのため、朝のみでバイキング。

2泊目なんて町散策してると大雨になって 近くの東急デパ地下で

半額とかになってる海鮮丼なんか購入なのよ。

 

だから外食の一部紹介しますね。

これは信玄のラ-メン 美味しかったね~

もちろん縮れ麺で 最高! 

私は醤油ラ-メン 

043

夫は辛味噌ラ-メンだったかしら

044

 

初日の夕食 札幌駅ビルの6階 銀鱗のお刺身セット

015

ここは窓側向いて座るお席で、駅周辺の夜景が最高。

夜景撮ったのですが硝子ごしなので 良く写ってないからボツ。

 

これは富良野に行った時の昼食

ふらのやのス-プカレ-  これも野菜とス-プの絡み具合がよく

美味しくて 写真撮るのも忘れて食べてしまった。

056

 

富良野の富田ガ-デンのフラノメロン
 

060

爽やかな甘さのグリ-ンと濃厚な甘さの赤メロン。

いくらでも食べられる後引く美味しさ。

 

4日目の昼食は新千歳空港ビルの松尾のジンギスカン

これも野菜まで美味で 帰りには冷凍のジンギスカン買ったのよ~

北海道では有名なお店とか。

068
069

 

北海道は美味しいものばかりで それに札幌なんて大都会

スクランブル交差点もあってびっくりしましたね~

四国の田舎から出てきたから 驚くことばかりでした・・・

 

|

はっぱばあさん旅に出る・・②

さて2日目は私が一番行きたかった場所

メル友の農園です。

綺麗に整列された地植えと鉢植え

向こうに見えるネットハウスの中にも地植えが一杯

023

024

 

こちらではハイブシュの盛りで これはブル-クロップだったかな。


013

 

サミットはこちらでも晩生種 まだ色づき果少ないです。

031

 

そしてこの品種は?

025

早生種のサザンだけれど残り果が少し・・

027

こんなに元気いっぱいで 新しいシュ-トじゃんじゃん出ている。

028
029

 

この品種 私とこの方を巡り合わせてくれたサザンのナイトジェム。

026

はっぱ ナイトジェムって書いてあるでしょう。

 

少し説明するとブロ友でなくメル友と言うのは 

お互い殆どブログへのコメント省略で メ-ルでの交流。

最近SDカ-ドでブル-ベリ-園の動画撮って交換しているうちに

ばあさんはどうしても北海道に行って、この方の農園見たい

その思いにかられて、急に思い立った北海道旅行でした。

 

期待通りの素晴らしい農園で うちからのナイトジェム見たときには

感動で涙がこぼれそうでした。

冬には雪囲いなど必要で、低温のためか夏には害虫比較的少ない。

当地とは真逆の環境 でも苦労は同じですね。

 

そしてこの後小樽方面も案内して頂いて ご自宅で夕張メロンなど

ご馳走になり奥様ともゆっくりお話出来て嬉しかったです。

その夜は札幌のホテルに帰りました。

|

はっぱばあさん旅に出る・・①

皆様お盆休みは如何でしたか?

私は思いきって遠出を 四国を脱出。

 

これは羽田の空港  

006
007

新千歳空港に着いたのは11時過ぎ 高知7時頃出発だから

羽田の乗り継ぎ1時間を除くと 3時間あまりであこがれの北海道!

空港にはメル友さんが来てくれて2日間案内して頂いた。

私はパック旅行で航空券とホテル、一番安いレンタカ-だけの予約

友人は電車で来てレンタカ-運転してくれたのです。

 

その時の画像を少しだけアップしますね。

これは有名な大倉山 スキ-のジャンプ台有るところ。

009

   

これは北海道庁旧本庁舎 

ステキな赤れんがでアメリカ風ネオ・バロック様式なんだって。

053_2

 

そして大通公園 遠くに見えるのがさっぽろテレビ塔

046

 

私の泊まったホテルモントレ札幌

045

022

もちろん朝食のみだから

夜は町に出て これは夜の札幌駅

021

まあ初日はこんなところですね~

|

2015年1月 8日 (木)

温泉に行ってきました

お正月の3日、雪の中温泉に行ってきました。

Dsc07166

こんな雪道を走って高知市から2時間あまり

 

愛媛県の八幡浜港から3時間近く船に乗って着いたのは大分県別府 

あちこちから煙り上がってまさに湯の町です。

Dsc07162

途中、明礬温泉の地獄蒸しゆで卵やプリンを食べて

ちらと湯ノ花入浴剤作ってる小屋など見学。

Dsc07164

 

そして最終目的地 大分県の湯布院温泉へ

初日の旅館は コバルトブル-のお湯で有名な庄屋の舘

Dsc07173

泊まる部屋はこんな二階建ての離れ

いつもはマンションのマッチ箱住まいだから広くて広くて

開放感有りすぎで逆にとまどうそんな部屋。

Dsc07169

お風呂はほんとにコバルトブル-のお湯で

美人になれそうな温泉。

でもこれお部屋の横の家族風呂の画像

展望露天大浴場は撮影禁止とか。

Dsc07168

 

翌日は無謀にも阿蘇方面に行こうと宿を出発。

ところが晴天なのに雪残っていて途中の水分峠から少ししか進めない。

途中でゴムのタイヤグリップチェ-ン着けたが少し走ったらもう不安になる。

なにせほとんど雪降らないところから来たんだから~

このチェ-ンも数年前購入し、一度も使ったこと無いしろもの・・・

雪路走行は快適だけど、雪溶けてる路ではゴツゴツと嫌な乗り心地。

結局長者原近くでリタイヤで 湯布院の町に舞い戻った。

Dsc07174


  

これはわりと有名な由布院駅 いつも観光客でいっぱい。


Dsc07178

私はもう20年ばかり時々湯布院に行ってるけど、最近は

観光客多く、おみやげ店も多く 大人の旅にはイマイチになった。

昔はまだ漢字も由布院だった気もするね。

それでもやっぱり湯布院に行くのは宿の質の良さとか、

阿蘇までのドライブコ-スや気持ち和む自然環境に依るのかな~

 

下画像は雪道の彼方に見える由布岳です。

久方ぶりの湯布院だったけど、由布岳見ただけでじ~んと来て

病気がちの私は元気で湯布院に来れた事が感慨深かったです。

Dsc07177

 

二泊目は湯の坪街道の近く 草庵秋桜

Dsc07179

中心街に有るから徒歩10分以内で金鱗湖にも散歩できる。

夕方と朝に歩いたけど、有名な朝霧は霧が多すぎて視界悪く

画像にはできなかった。

ここのお風呂はこんなのです。

Dsc07180

そしてこの宿、過去何度も泊まるのですがお食事が最高!

細やかな気遣いが嬉しい清潔な旅館 私的には一番のお気に入り。

お料理の写真を撮ったのですが、夜撮影で画像悪くボツ

お見せしたかったのに ただ残念でした・・・

 

帰りは関あじ関さばなどで有名な佐賀関港から愛媛の三崎港に。

この航路は九州と四国70分で最短距離です。

そして四国でも雪の残る檮原の山越えして無事高知市に帰宅しました。

楽しかったけど疲れた~

 

 

今日はブル-ベリ-にまったく関係ない旅行の記事ですが

今は一番作業の暇なとき、しっかり遊んだからまたやる気満々です。

今年は良いこと有るかな~

 

| | コメント (4)

2014年4月28日 (月)

そうだ 室戸に行こう

4月26日(土曜)からGWの方も多いでしょうね。

私は土曜日は半日仕事

朝一から友人夫婦から電話「明日どこかいかん~」

遠いは車が混むしさあどうしよう・・・そうだ室戸に行こうよ。

今室戸ではジオパ-クで賑わってるし、今の時期限定のグルメあるし。

高知では流れ子(とこぶしとも言うらしい)アワビの小さいような貝。

室戸では良く採れるのです。

その流れ子御膳やってる料理屋初音さんに予約入れて

日曜日に4人で出発。

途中あちこちの道の駅によって、室戸ではドルフィンセンタ-で

いるかと遊んだり そして待望の昼食。

予約入れてたから釜飯、天ぷら、煮付け、揚げ物、お刺身等の

メインには全部流れ子使っている。

他に先付けやお吸い物などもあって 大満足。

それが1品づつ出てくるから写真は撮り損ね。  

そして帰りにはまだ足りないと道の駅で流れ子の生のを買ったのよ。

 

高知市までの途中に北川村モネの庭マルモッタンに寄り道

フランス印象派のクロ-ド・モネの自宅の庭を模したモネの庭。

今赤い睡蓮が咲いて とってもステキなのです。

 

まずは光の庭

Dsc06411

Dsc06414_2

Dsc06415_2

あちこちにモネの絵のレプリカが

Dsc06416_3

 

こちらは花の庭

Dsc06420_2

Dsc06421_2

何枚も画像を出しちゃったけれど 

お花の色のグラデ-ションがとてもステキなのです。

こんな楽しい時を過ごして 早めの帰宅でした。

 

さて今日月曜日は6時起き 昨日遊んだ分だけ出勤前の仕事。

遠い畑のチャンドラ-とスパルタンの花殻落とし

他にも何種か花殻が落ちぬくい種類はあるけど

うちではこの2品種が顕著です。

これを怠けると幼果の上で花殻が腐って黴が生え果実がダメになる事も。

そっと丁寧に作業して今日の分は終わりです。

花殻落としの必要無い品種はうちではサンプソンが一番ですね。

| | コメント (0)

2014年4月14日 (月)

春は楽しい

土曜日は命の洗濯と称して久しぶりの温泉。

場所はいつものホテルでひうちなだ温泉 美味しい食事付き。

ホテルはこんな高い所に有るのです。

部屋の窓から下見ると 海が見えるのですがあいにくの雨。

Dsc06226

温泉の画像は出せないけれど

こちらは夕食 前菜は3段のお重

車エビのウニのせやタケノコの焼いたのや坊ちゃん団子など。

2の重は野菜とチ-ズを湯葉でくるんだもの。

3の重はお肉とコゴミなどの山菜のちらし寿司。

Dsc06227

お造りは

Dsc06228

アワビ、カンパチ、イカ、サヨリなど瀬戸内の新鮮なお刺身

そしてメインの伊予牛は

左しゃぶしゃぶ用   右はステ-キ用

Dsc06229

お肉が最高に軟らかくて美味しく まさに絹の味でした。

ちょっと贅沢な食事の後は・・・

帰宅後の豆腐三昧の日々が待っています

カロリ-の取りすぎを平常値に戻さないとね。

 

翌日曜日は雨の中 産直市「彩菜きてや」と「周ちゃん広場」を

廻って野菜など買い昼過ぎに帰りました。

産直市は野菜や果物、肉、魚、加工品と品揃え豊富で

見るだけでも楽しいのです。

Dsc06230

Dsc06231_2

Dsc06232_2

行ったの9時半位だったけど多くの人でいっぱい。

種類多いのに、お値段もリ-ズナブル

この画像は彩菜だけど周ちゃんの方がお値段良心的な

感じしましたね。

多くの野菜に春を感じましたね~

ここの市まで当地からは1時間半位のドライブです。

|

2012年11月19日 (月)

続ウサギの島

さてホテルまでは 専用バスに乗って

やっと到着 この島唯一のホテル大久野島国民休暇村です。

Dsc04642

ここは一応車の乗り入れ禁止で 300羽くらいのウサギが

自然のまま住んでいるとか。

はっぱもさっそくウサギにエサを

Dsc04616_2

すぐに沢山仲間を連れてくるのよね~

Dsc04647

こんなになります~

ピ-タ-ラビットのような可愛い子や個性的な子も

Dsc04626_2

Dsc04621_2

Dsc04628_2

周辺を散歩すると

どこにもウサギが

Dsc04631_2

島はとっても綺麗で 素敵なところ

Dsc04634


遠くに多々羅大橋が

Dsc04657


この島、昔は毒ガスの島で実験にはウサギが使われたとかの

悲しい島でもあるのです。

今は島中でウサギの保護に力をいれて平和なウサギの島です。

翌18日にはウサギたちと別れを惜しんで帰路に。

また行ってウサギに会いたいな~

すっかり癒されて元気を貰った旅でした。

| | コメント (12)

行ってきましたウサギの島へ

17、18日と瀬戸内海に浮かぶウサギの島に行ってきました。

初日はあいにくの雨、でもめげずに出発。

四国側からは愛媛県今治市からしまなみ海道を通って、大三島まで。

島の盛港から船で13分でウサギの島(大久野島)に着くのです。

広島側からは忠海港からの便もあるようです。

 

まずは大三島の大山祇神社を見学し、ネットで有名な大漁で食事。

そこのお店は11時半開店なのにそれまでに行列が出来る有名店。

17日は雨だったのに、そこそこ10人くらいかな。

でも開店したら瞬く間にいっぱいになり、外で待ってる方も。

セルフのお料理は

Dsc04598

Dsc04599_2

Dsc04600_2

それで私の注文品は

Img_1262

海鮮丼380円!  良心的価格でしかも美味しい!

そしてこれも有名な伯方の塩の工場見学(無料)

工場内は撮影禁止です。

Dsc04605

塩のサンプル3種のお土産付き

玄関左横の塩ソフトクリ-ムは絶品 300円でした。

 

時間調整して小さな船に乗り一路大久野島へ。

Dsc04613

島についたら雨も止み、一部青空も~

そうここからは広島県なのです。

港には もうウサギが何匹か。

Dsc04614

この続きは次にね~

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

その他 | イチジク | オリ-ブ | グルメ | ブル-ベリ-全般 | ホ-ムセンタ- | 品種不明苗 | 小桜インコ | 旅行 | 植物全般 | 資材 | 遠い畑の開墾 | HBRテラスブル-ベリ- | HBRパシフィックブル- | HBRブル-ジュエル | HHセントクラウド | HHトップハット | HHノ-スブル- | HHノ-スランド | HHポラリス | NHおおつぶ星 | NHじんば青 | NHア-リ-ブル- | NHエチョ-タ | NHカ-ラズチョイス | NHクロ-トン | NHグレ-ティクロップ | NHコリンズ | NHコンコ-ド | NHサマ-タイム | NHサンセット | NHシエラ | NHジュ-ン | NHスタンレイ | NHスパルタン | NHダロ- | NHチャンドラ- | NHデニスブル- | NHデュ-ク | NHトロ | NHヌイ | NHネルソン | NHハナンズチョイス | NHハリソン | NHハ-バ-ト | NHバ-クレイ | NHパトリオット | NHブリジッタ | NHブル-へブン | NHブル-クロップ | NHブル-スタ- | NHブル-チップ | NHブル-レイ | NHブル-ロ-ズ | NHプル | NHペンダ- | NHリンダブル- | NHレガシ- | NHレビ-ル | NH品種X | NH天香ブル-アイバン19 | NH天香ブル-NU105 | NH天香ブル-NU59(ブル-スカイ) | REアイラ | REウィトウ | REオクラッカニ- | REオノ | REオレゴンブル- | REオンズロ- | REオ-スチン | REクライマックス | REグロリア | REコロンブス | REタイタン | REタカヘ | REティフブル- | REノビリス | REバルドウィン | REバ-ノン | REパウダ-ブル- | REピンクレモネ-ド | REフクベリ- | REフロリダロ-ズ | REブライトウェル | REプレミア | REベッキ-ブル- | REホルトブル-ハ-モニ- | REホ-ムベル | REミノウブル- | REモンゴメリ- | REヤドキン | REレッドパ-ル | SHア-レン | SHウィンザ- | SHエメラルド | SHオザ-クブル- | SHオニ-ル | SHカミ-ル | SHガルフコ-スト | SHクラベン | SHク-パ- | SHケストラル | SHサウザンスプレンダ- | SHサウスム-ン | SHサザンゼバブル- | SHサニ-ブル- | SHサファイア | SHサミット | SHサンシャインブル- | SHサンタフェ | SHサンプソン | SHジュエル | SHスタ- | SHスプリングハイ | SHスプリングワイド | SHス-ジ-ブル- | SHセブリング | SHダップリン | SHデキシ-ブル- | SHトワイライト | SHナイトジェム | SHニュ-ハノバ- | SHパマリコ | SHパルメット | SHヒトミ | SHピンクシャンデリア | SHファ-シング | SHフロ-ダブル- | SHブラッデン | SHブル-クリスプ | SHブル-リッジ | SHプリマドンナ | SHホルトブル-ペティット | SHミスティ | SHミレニア | SHユ-リカ | SHリヴェイル | SHレノア | SHレベル | SHTH605