NHコリンズ

2016年6月 2日 (木)

プルとコリンズ

ノ-ザンもいよいよ本調子になってきて

あのプルも大分色づいてきました。

品種多いと着色果だけでも毎日の記事が出来てきます。

 

色づきの早さはNZ3品種のうちヌイの次ですね。

まずは果実見てください!

Img_2233
Img_2234
Img_2235

まだ熟れてないのも多いけれど中粒ながら まんまるの綺麗な果実です。

 

樹はこんな感じですが、直立性で感じ良いですよ。

剪定は伸びてくる多くの枝を切るだけで 手間はかかりません。

Img_2236

下に伸びてるこの枝も果実が終わればばっさりですね。

 

重みでだんだん下がって 防草ネット近くなっています。

Img_2237

この枝はまだまだの色づきですが、上の方の枝の完熟果試食してみました。

少し酸が残りますがぱりっとした果皮でまだほのかな甘さ。

甘さは熟成で良くなってきますが口に含んだ時の風味、これ香りと言うらしい。

なんか甘いだけの品種にはない上品な感じが口いっぱいに広がります。

これが香りのプルの所以なのでしょうね。

 

 

  
さてこちらはコリンズ ビックセブンの一品種

ビックセブンとは皆様ご存じの通り1949年頃の品種で コビル・ブル-クロップ・

バ-クレイ・ハ-バ-ト・ア-リ-ブル-・ブル-レイそしてコリンズ。

 

まあくどいって言われる前に  今日はうちのコリンズです。

Img_2229

Img_2231

大きめの中粒で これも美味しい 甘さはプルよりは上ですね。

大分完熟してきました。

ノ-ザン独特の甘味と酸味のバランス これもグットです。

 

 

話は変わりますが

先日記事にしたファ-シングの優位性のこと、昨日食べ比べしました。

うちの好みとしてはウィンザ-の方が好き、夫も友人もこれが良いというのです。

ファ-シングは果皮のパリッ感はあるのですが、ウィンザ-が熟期も早いし

僅かの差ながら爽やかに甘くて美味しかったです。

 

そして果柄痕はそんなに気にはなりませんでした・・・

今は雨期ではないから果柄痕目立たないのかもしれませんね。

 

まあ美味しければすべてよしで その点はどちらも合格ラインでした~

| | コメント (4)

2015年5月25日 (月)

ス-ジ-とコリンズ

今日も良い天気 温度はぐんぐん上昇だし、お日様さんさんで

ブル-ベリ-はぐっと色づきますね~

 

これはス-ジ-ブル-

色づき果が肥大してきました。

去年数粒生らしたが味はとても良かった 甘くて風味がある。

今年は果実が沢山に着いているが 欲張りはあまり摘果しなかった。

だから最近急に太ったこの実を採ると後がどうなるか不安があって

今年の味見はまだなのです。 

002
004
005

もうそろそろ大きな実を試食予定だけど

後はこのチビ果ども肥大してくれるか  どうなるでしょうね。

  
 

 

 

こちらは上記事に何の関係もないノ-ザンコリンズです。 

全体の三分の一は色づいてきました。

これもそろそろいいかな~

味見はすでにしたが、期待の通りノ-ザン特有の甘酸の妙で

濃厚な味で 酸味は強くない。

スパルタンも味見したけど スパルタンは旨くいつもの最高の味。

コリンズはそのスパルタンよりちょい下だけど期待した以上の味です。 

017
018

この品種は大粒だし、クラスタ-もまあまあ大きいほう。

栽培下手の私でも容易く栽培できるし、この味はもうけものです。

 

この4月から借りたばかりの78坪の畑、都合で解約しました。

沢山の資材を買ったり、苗を植えたり、野菜まで植えていたから

その後始末に大変時間かかって メチャクチャ疲れました。

植え付けより撤去の方がはるかに大変ですね~

地主さんやご紹介の方に迷惑かかるといけないから

この新畑のブログ記事は過去の分を消去しました。

コメントもとんでしまったけどごめんなさいね。

植えたブル-ベリ-37本の鉢上げに始まってチップやピ-トの回収、

沢山敷き詰めていた防草シ-ト、それでも生えてくる雑草との戦いなどに

多くの時間費やしてしまいました。

解約の理由はあえて書きませんが、今日やっと地主さんにお返ししました。

 

楽になったと思ったのに今度は収穫が始まってそちらが超多忙。

でもこれは嬉しい忙しさです  年中休む暇無しですね~

| | コメント (2)

2015年5月21日 (木)

こちらも色づき

今日2番目の記事はア-リ-ブル-とコリンズの記事。

どちらも親はスタンレイ とウェイマウスの兄弟品種である。

うちでは偶然に隣り合わせに植えている。

   

そのア-リ-の色付き果

010
011
012
013

文献によると大粒果とのことだけど

うちのは中粒くらいで まだ実感がない。

スパルタンやノ-スブル-の近所に植えているからなのか。

毎年感じるのは果実が綺麗で 早採りでもしっかりと甘みがある。

 

こちらは兄弟のコリンズ

ほぼ同時に着色してきた。

015

016

017

019

異様に色づく前の果実が赤い。

この品種去年の味見ではトップクラスの味と思った。

酸味もあるが、甘味強く奥行きのある味。

今年も成績は良さそうだ。

 

この両品種とも偽物も多いと言われている。

うちのも疑問もあるが、初期の頃インパルスで買った接ぎ木で

自家製ではないから信じるよりほかないですね。

|

2014年6月 4日 (水)

ノ-ザンの香る果実

これは市民農園の画像です。

ノ-ザンのコリンズ接ぎ木 まだこんなに小さく見えるのですが

実は5年生以上、栽培下手なのかあまり大きくなりません。

今年も小さな枝に大きめの果実が

Dsc06641 

味は早生ノ-ザンに多い比較的酸を感じない程度の甘さ

私には安心の甘さです。

Dsc06642
Dsc06643

この品種の良いところは 古いビックセブンだけど

大実で早生 そして完熟果を食べるとリンゴの風味がある。

大図鑑によると環境適応範囲が狭くクセのある品種とか。

ただし「酸味と甘味の調和」というノ-ザンの美味しさの妙を

もっとも体感できる品種であるとの記述もある。

当地に合ってるかどうか不明ですが、今は美味を楽しんでいます。


   

そしてこちらはニュ-ジ-ランド3品種の中 香りのプル。

立て伸びに大苗になってきました。

枝には充実した果実が もう完熟間近ですね。

Dsc06648

果実をアップするとブル-ムの多い中粒

Dsc06649
Dsc06650

葉は裏側に撓んだ大きな葉で、果実小さく見えます。

完熟らしきを口に含むと酸味も少しある。

勿論香りのプルですから 独特の爽やかさが口に拡がる。

プル、ヌイ、レカのうちではこのプルが一番食べやすい。

早生だしこれがヌイの大きさだったら言う事ないのですが・・・

でも今年は中粒でも味は旨いのです。

それにプルの果実がっちりして すごく綺麗と思いませんか。

 

| | コメント (2)

2012年5月29日 (火)

初収穫

昨月曜は朝からいつもの大学病院に。

各種の検査で午後4時頃まで時間がかかって、

コメントの返事もしなくて ごめんなさいね。

いつも書いてるけど身体が弱くて病気がちだから・・・

また手術して入院する事になりました。

まだ少し先だけど・・ブログ書けなくなったらその理由。

ブル-ベリ-の良い時期なのに残念です。

目やガンなどではないから御心配なくね~

 

そんなわけで土日の記事遅ればせながら・・です。

26日土曜日、早めに数粒収穫しました。

品種はスタ-やナイトジェム、オニ-ル、サファイア、エメラルド。

全部畑の分ですよ。

まだ早いと思っていたのに、オニ-ルは熟果が落果している。

勿体ないと慌てましたね~

 

味はスタ-はまずまず、鉢や地植えでそれぞれ別場所においてるから

これは地植え分で樹がまだ小さいのよね。

その上早穫りだったのかもしれませんね・・・

Dsc04096

Dsc04097

 

後ナイトジェムとオニ-ルは早くても甘い、色づいてすぐでも

充分美味しいです。 酸味は余りない品種のようです。

サファイアは皮が硬い感じだけど、口に入れると爽やかな甘さが広がる。

割とジュ-シ-な感じで これも早穫りOKです。

エメラルドはやたら大きいから、つい収穫だけど、まだ味がイマイチ。

ミスティも完熟は甘いけど、未熟果は口に苦みのようなものが残る。

 

そんなこんなで味見しながら 

土曜日の初収穫はたったこれだけ!

Dsc04100

黒いのはマルベリ-です。

 

翌日曜は午前中出かけて夕方収穫

これも少し100グラムほど。

Dsc04105

そして kurobonさんからのタイベリ-も収穫

Dsc04070

美しい色だし、大実です。

味はボイセンよりは甘い感じ、でも画像左下は早すぎで酸っぱい。

 

欲張り丸出しのチョッピリ収穫だけど

去年は6月3日にオニ-ル、サンプソン、レカ、デュ-ク、コリンズの味見。

今年は少しだけ早いかも・・週末の6月2.3日にはもっと穫れそうです。

 

日曜日のノ-ザンはコリンズが この程度

Dsc04091

お気に入りのスパルタンは  まだこれ

Dsc04103_2

ノ-ザンは完熟まで時間が 果実の底黒くなるまで待ちます。

 

少しずつが だんだん増えて

最後は250グラムの大パック4個くらい毎日穫れるようになる。

この頃には大分嫌になって冷凍したり・・・ジャム作ったり

今年も 嬉しい季節になって来ましたよ~











| | コメント (8)

2011年6月 2日 (木)

デュ-クとコリンズ

しつこい記事を書きます。

昨日記事にしたデュ-クとコリンズ、畑に接ぎ木が有る事を思い出しました。

今朝は早起きして出勤前に畑に。 凄い雨降っています・・・

 

これはデュ-ク 天香園接ぎ木です。

まだ果実は色づいていません。

Dsc02161

葉は 明るい照り葉

Dsc02162

 

 

 

こちらはコリンズ インパルスの接ぎ木です。

Dsc02163

この葉は大きく見えます!

上画像と色が違いますが 光の関係のようで幼果と果実見て下さい。 

Dsc02164

昨日の記事のコリンズとそっくり!

こちらはぼつぼつ色づき果出来ています。

葉は

Dsc02165

すこし撓んだ感じで デュ-クより若干幅広いでしょうか。

非常によく似ていますね。

でも大図鑑の写真 コリンズの葉はもっと大きいです。

インパルスが間違う事も無いでしょうから許容範囲かな?

    

やっぱり味見しないと正確には解からないけれど 

昨日の記事の両品種については

このコリンズ見る限りでは、ネットハウスの多品種接ぎのと同じ。

コリンズはコリンズ、デュ-クはデュ-クなのでしょうかね。

 

疑問感じたらすぐ動く性格だから、気になって畑に来たけれど、

バカみたい・・・レインフ-ド被って写真撮ってる私は異様ですね(笑)

まあ当分は 品種違いは無いって事で一件落着としますね。

  

  

 

今朝の畑はこの雨で樹が少し茂ってこんなになっています。

Dsc02166

高いのは天井ネットにくっつきそうになりましたよ。

Dsc02176

| | コメント (6)

2011年6月 1日 (水)

どっちもデュ-ク?

今日の記事は私の疑問です。

  

ネットハウスの入り口隅でじっとしていた接ぎ木のデュ-ク

昔記事にした4階建てのあのデュ-クです。

最近急に色づき果が出てきました。

こんな感じ

Dsc02146

  

一個をアップし 正面から見ると

Dsc02145_2

形が五稜のようにも見えるし、コリンズかも?

葉はスペ-ド型でもないし 幼果は上画像で見る限り萼片が赤い。

果実に萼片も少し残っているから、やっぱりデュ-クかしら?

 

このデュ-クは21年3月の自作接ぎ木なのです。

その時は かつてデュ-クとして買った地元業者の枝を接いだのです。

ちなみに これの全体はこんなです。

Dsc02144 

  

  

  

こちらは多品種接ぎのコリンズ

Dsc02150

  

これも一個アップすると  こんなに大実になりました。

Dsc02157

 

幼果は これです。

Dsc02156

   

何を言いたいか解らない記事ですが、

うちのデュ-クとコリンズはとてもよく似ているのです。

特徴の違いは花冠の長いのがコリンズで短かく膨らむとデュ-クとか。

花型はチャンドラ-風で とても似ている。

それとコリンズの葉はスペ-ド型で果実が五角形になるらしい。

うちのはどちらもデュ-クのような気がします。

 

栽培始めの頃、探し求めて購入した地元業者さんはデュ-クとコリンズ

両方栽培されていて、両方とも買いました。

  

このコリンズはどうやらデュ-クではないか。

もっと前に注意して観察すれば 花冠の長さで比較できたかも知れません。

今後で解る事は 果実の味。

デュ-クは酸味が少なく 熟果になるとつまらない味と大図鑑には書いて有ります。

多分ノ-ザンのウェイマウスの特徴と似た味でしょうか。

 

美味しければ関係ないのですが、品種同定自信のない私です。

コリンズの穂木をお送りしたブロ友もいます。

どっちがどっち?

何か気づかれたら教えて下さいね。

 

 

  

話し変わりますが 

これは多品種接ぎのレカの房、結構色濃くなってきましたよ。

ブル-ム有るけど、青い果実ですね~

Dsc02151

  

多品種接ぎはレカ、コリンズ、ア-リ-ブル-に果実着いて

枝元見ないと品種が判らない 今はそんな状態になっています。

Dsc02154

 

| | コメント (8)

2010年1月27日 (水)

ハイブシュの剪定途中です

最近記事が偏って、自分でもうんざりの部分が有るのですが、

今日は中途剪定後の樹の様子です。

ほとんどのハイブシュ、ラビット共にささっとの剪定は終わったのです。

  

まずは白花レビ-ル

変な具合に枝が混み合って、基本的な内向き枝、徒長枝、枯れ込み枝を剪定。

根元付近の前の画像です。

003

この曲がった主幹から出ている重なり枝2本剪定しました。

今の画像は

002

これですよ。

この変な握り拳のような大曲枝も切りたかったのですが、

沢山の花芽が惜しく、今年収穫させて貰って来年の冬の剪定にします。

  

こちらはコリンズ、ささっとの剪定後です。

003_2

長く伸びたシュ-トの枝先、剪らないの?って言われそうですが

これは穂木予定、何度かに分けて剪ります。

 

2005年にバルコニ-でブル-ベリ-栽培を始めて以来、時を重ねただけで

いまだに栽培は上達せず、且つ剪定は分からず、いつまでも初心者のままです。

その頃はこちらではサザンハイなんて売ってなかったのですよ。

 

始めて買ったサザンハイはタキイの通販サンシャインブル-実付き保証苗でしたね。

その割にこれは実付きが悪く、今は手放して、挿し木の小苗になってしまいましたが。

  

2006年12月から大苗の殆どを畑に地植え、その時樹形悪い横枝にもしっかり沢山の果実が着く事知りました。

その枝の条件にも因りますけど、地植えは強いのでしょうか。

それが私の樹形の悪い言い訳なのですよ~。

  

今年は場所狭いけど、一部地植えにしてみたいそんなことも思案中です。

それには品種絞るか、改めてもっと耕作地広げるか・・・

それが駄目なら、小さな鉢でコンパクトに育てる事目指しますね。

まあゆっくり、時間かけて考えます。

  

剪定も3月初めまで、何度かに分けて行います。

穂木もう少し取りたいし~  

そのうち  剪りすぎで裸木になるかな。

| | コメント (6)

2009年12月15日 (火)

ダリアとコリンズ

今日は昨日とは打って変わった寒さ、これが本来のこの季節でしょうが、風が冷たく感じられます。

こんなに急に冷えてくると又鼻水がでるよね~。

  

体調の悪さ、免疫力のなさは原因一つ、運動不足なのよね~。

仕事も1日ほぼ座りっぱなしだし、何処に出るにも時間が惜しくて車ばかり。

ストレス溜まるから、食事は完食だし スウィ-ツと果物大好き。

これで健康維持できるわけはないです。

メタボ怖くて少しは減食しているのですがね~。体型は現状維持の48キロやっと。

 

自宅でできるトレ-ニングマシ-ンなども色々買い込むけど、長続きしない情けない私です。

エアロバイクは小鳥たちの放鳥時の遊び場と化し、数種有るダンベルはドアストッパ-なのです。

いつも言ってます、○○になったら、元気になるからそれからって 先延ばしです。

冬はまるで冬眠状態で、これで何も食べなきゃ良いのですが。

ああ何とかしなくちゃと言いつつ・・今日も寒いからあんまり動きません。

動く勇気ほしいです。

 

 

さて今日はその怠け者もビックリの植物の記事ですよ。

事務所の花壇に植えてる苗

買ってきたとき10センチくらいで、今年の春苗の頃でしたね。

  

何度も枯れそうになりながら 少しずつ丈が伸びる でも花は咲かないよ~。  

ついに2階まで行ってしまって   やっと花が咲きました。

009_2 011_3 

下から見上げても 花がよく見えないほど遠いのです。

 

この丈の長さ、生長の良さは驚くばかりです。

この花はアップすると

003

こんな薄いピンクで はかなげな花びら、オ-ガンジ-のドレスのようですね。

皇帝ダリアと言うらしいです。

霜が来たらもう駄目らしいから開花期は僅かですが、秋に咲くダリアやっと咲きました。

 

このダリアとは対照的に畑のコリンズもどき(?)

葉が全部落葉して棒ばかりになりました。

024 028

でも来年に向かっては ちゃんと準備も完了ですよ~。

| | コメント (16)

2009年9月19日 (土)

被害続出です

今日から大型連休で、早速計画していた2品種のコンテナ植え替えの作業です。

  

2品種は自根コリンズ(自称?)と接ぎ木デュ-クで

012

   左接ぎ木デュ-クで   右自根コリンズ

今10号の大苗です。

  

014

接ぎ木デュ-クにはシュ-トが出て  コリンズにはしっかり花芽も着いています。

 

早速鉢から抜いたら、デュ-クからポロッと何か落ちたのです。

これは! コガネの幼虫?    ええ~ショック!

根の周り解してみるといるいる、乳白色の透明なヤツが!20数匹です。

結局夢中で 根洗しての植え替え

こんなに大きくしての植え替えはきっと厳しい結果になるよ~。

でも仕方がないで何とか鉢に収めました。

コリンズの方は無事でした。

 

これは もしかしたら?と

畑の鉢とコンテナ 再チェックすると

丈夫なシャ-プブル-の株もとだけで15匹、解すともっと居るはずです。

悲しいことに接ぎ木スパルタンにも、今年我が家最大果の穫れた樹なのです。

画像は敢えて載せません。もうあれは見たくないです。

 

鉢ましどころかこの連休 根洗い鉢替え、用土替え、旧用土の処理。

この後からの2本は用土が足りなくて、連休中に県外へ用土調達にも走らなければなりません。

とりあえず出来るだけコガネを取って、後は用土が来てからです。

 

それにしてもこれで5鉢、コンテナ一杯に広がっているシャ-プブル-等どうしたらいいのでしょう。

ア-リ-ブル-から始まってコンテナのホ-ムベル、今度のデュ-ク、シャ-プブル-、スパルタン大変な被害です。

 

どうして入ったのか。ネットハウスなのですよ。

受粉時のネット解放時期でしょうかね~。

入られた樹達の共通点は、去年の植え替え時にピ-ト多めの用土で、パ-ライトが少ない、木片マルチが浅い、全体にピ-トが黒く湿っているのです。

樹勢の旺盛なものもあり、樹が弱って過湿のようではないのですが・・・

ともかく1匹見たら20は間違いなく居ますね。

反対に言うと今のところベラボン厚めのマルチとパ-ライト多め、根がしっかり張って乾燥気味のには居ないようでした。

でもこれも最終は分かりませんけどね~。

ベラボンも潜られたと聞いているから、これとて万全では無いでしょうし・・・

 

今後どうしたら防げるのか?

問題はこれです。

10号鉢とコンテナ一杯まで大きくした樹は痛手大きいです。

今時期、根洗い植え替えしても生き残れる確率は低いですよね。

  

コガネの生態について研究し、防護策を練るしかないようですね。

マルチもコガネが近づきにくい針葉樹のものも有るようだからそれも探してみます。

薬剤も収穫後なら試さざるを得ませんね。

樹皮とかの用土についても調べてみたいです。

BBNさんのホ-ムペ-ジでブル-ベリ-の害虫を見ると椿油粕が効果有りそうです。

  

今までバルコニ-では一度も入られたことが無く、実感が湧きませんでした。

畑でも去年地植えの時若干いたくらいで、こんなのは初めてです。

  

今ひどく落ち込んでいます。数年の努力の結果が一瞬で駄目になったのです。

先ほどまで畑でチェックとコガネ取りをしていて、暑さで自分がまた発熱してしまったようです。

風邪なんて引いてる場合ではないのですが、最悪ですよ~。踏んだり蹴ったりです~。

今朝からコンテナ運んで、腰も痛いし~。

今から身体休めて、明日には用土調達に行きます。

 

相棒なんて「嫌なら止めたらええやんか~」って言うのですが、そうはいかないから悩んでいるのです。落ち込んでも居るのです。

このコガネに立ち向かう画期的な方法、無いんでしょうかね?

 

| | コメント (16)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

その他 | イチジク | オリ-ブ | グルメ | ブル-ベリ-全般 | ホ-ムセンタ- | 品種不明苗 | 小桜インコ | 旅行 | 植物全般 | 資材 | 遠い畑の開墾 | HBRテラスブル-ベリ- | HBRパシフィックブル- | HBRブル-ジュエル | HHセントクラウド | HHトップハット | HHノ-スブル- | HHノ-スランド | HHポラリス | NHおおつぶ星 | NHじんば青 | NHア-リ-ブル- | NHエチョ-タ | NHカ-ラズチョイス | NHクロ-トン | NHグレ-ティクロップ | NHコリンズ | NHコンコ-ド | NHサマ-タイム | NHサンセット | NHシエラ | NHジュ-ン | NHスタンレイ | NHスパルタン | NHダロ- | NHチャンドラ- | NHデニスブル- | NHデュ-ク | NHトロ | NHヌイ | NHネルソン | NHハナンズチョイス | NHハリソン | NHハ-バ-ト | NHバ-クレイ | NHパトリオット | NHブリジッタ | NHブル-へブン | NHブル-クロップ | NHブル-スタ- | NHブル-チップ | NHブル-レイ | NHブル-ロ-ズ | NHプル | NHペンダ- | NHリンダブル- | NHレガシ- | NHレビ-ル | NH品種X | NH天香ブル-アイバン19 | NH天香ブル-NU105 | NH天香ブル-NU59(ブル-スカイ) | REアイラ | REウィトウ | REオクラッカニ- | REオノ | REオレゴンブル- | REオンズロ- | REオ-スチン | REクライマックス | REグロリア | REコロンブス | REタイタン | REタカヘ | REティフブル- | REノビリス | REバルドウィン | REバ-ノン | REパウダ-ブル- | REピンクレモネ-ド | REフクベリ- | REフロリダロ-ズ | REブライトウェル | REプレミア | REベッキ-ブル- | REホルトブル-ハ-モニ- | REホ-ムベル | REミノウブル- | REモンゴメリ- | REヤドキン | REレッドパ-ル | SHア-レン | SHウィンザ- | SHエメラルド | SHオザ-クブル- | SHオニ-ル | SHカミ-ル | SHガルフコ-スト | SHクラベン | SHク-パ- | SHケストラル | SHサウザンスプレンダ- | SHサウスム-ン | SHサザンゼバブル- | SHサニ-ブル- | SHサファイア | SHサミット | SHサンシャインブル- | SHサンタフェ | SHサンプソン | SHジュエル | SHスタ- | SHスプリングハイ | SHスプリングワイド | SHス-ジ-ブル- | SHセブリング | SHダップリン | SHデキシ-ブル- | SHトワイライト | SHナイトジェム | SHニュ-ハノバ- | SHパマリコ | SHパルメット | SHヒトミ | SHピンクシャンデリア | SHファ-シング | SHフロ-ダブル- | SHブラッデン | SHブル-クリスプ | SHブル-リッジ | SHプリマドンナ | SHホルトブル-ペティット | SHミスティ | SHミレニア | SHユ-リカ | SHリヴェイル | SHレノア | SHレベル | SHTH605