REフクベリ-

2016年5月 2日 (月)

遠い畑のフクベリ-

先ほどの記事の続きです。

これは遠い畑のフクベリ- 市民農園から鉢上げしてきた分です。

かなり根を切り主幹をカットして無理矢理いれたポット45L位か?  

003_2

 

果実は 平均した大きさの粒

001_2

002_2

極端な小果が少ないのです。

これは鉢植えだけど、ここの地植えのラビットも全体に果実は大きいです。

今年は毎年の最悪オクラッカニ-も充実した幼果だし、

去年少なかったオノも良い、バルドウィン、オンズロ-、ブライトウエルは文句なし。

 

市民農園と比べるとこっちがずっと調子良い。やっぱりあちらは問題が。

はじめはラビットの画像撮ってただけですが、疑問持ってしまいました。

まあ今からはどうしようもないから7月の結果待ちですね。

 

こちらのフクベリ-と市民農園のフクベリ-色々比べてみたいです。

| | コメント (0)

天井ネットとラビットの不調

4月30日の市民農園 その日は風も少なくてやっと天井ネットを張り終えました。   

006

この日で先に記事にした草取りもやっと全部終了。

草取りは座ったまま移動しての作業になるから、足腰強くなりますね。

まあ体操と思ってあれこれちょこまかと動いています。

 

 

さてこの市民農園の地植えラビットのフクベリ-

今年は少しは状態が良いのですが、出来る果実はこんな具合。

001

002

003

圧倒的に小果が多く、いたって成長悪く粒が揃わないのです。

去年も収穫は20個あまり・・・

全体にここ市民農園のラビットは樹が若いからこんなの多いですが、

フクだけはもう2008年の購入だから8年生くらいの苗なのです。

 

この農園借りて3年目ですが 元々フクは2本地植えしてました。

こんな調子なので去年1本を鉢上げし比較に遠い畑に持って行きました。

1本は東京からの直売で購入、後1本は愛媛のブロ友さんから大苗の頂き物です。

鉢植えは後でお見せしますが地植えが調子が悪くて

この畑があまり良くない(特にラビットの場所)としか考えられません。

 

畑全体は40坪ほどですが、若干傾斜になっていて、ラビットは下の方

半分以下の傾斜部分に植えているのです。乾燥か加湿か?

ラビットだから乾燥に強いはずの発想ですが、この辺に問題があるのかも。

このままだと根の周り掘って調べるしかないのですが・・・

ただ成長遅れているだけかもと 無理にのんびりしています。

 

ともかく今年の収穫をみてラビット全体が不調なら、冬に土質改善をするしか

方法ないですね。

ちなみにハイブシュの列は平坦ですが加湿が酷く、一昨年の冬ネルトンパイプ

埋めて排水溝つくり、今年は去年よりは改善されています。

ハイブシュは日当たり良いこの市民農園がずっと早いのに

ラビットの不調はなにか納得いかない気持ちです。

| | コメント (0)

2016年3月19日 (土)

挿し木小苗

今日は暖かいですね。

高知市の最高温度予想は23度とか

全国で桜一斉に咲いてしまいそうです。

今日から3連休の方も多いでしょうが、私の場合土曜は2時まで仕事。

まあ適当に手が空いたらブログ書いたりしていますけどね(笑)

 

 

さて今日のブル-ベリ-記事は 小苗の一部アップです。

不調だったり、挿して1年くらいの小苗はまだ手元に置いています。

 

その中のサンタフェ これはこの場の例外で中苗です。

一昨年市民農園の地植えが加湿で枯れ寸前になって、慌てて鉢あげした品種。 

樹形は非常に開帳性ですが、少し復活の兆しが 

002

お花も開いて来ましたよ

004

根はしっかりと張ってきたようですので、もう少し新葉展開してきたら

様子見ながら樹形も整えたいと思っています。

滞流水に数日浸かった加湿の回復は2年ほどかかりました。

多分もう大丈夫でしょう。

 

これは一昨年の秋、挿し木した5号スリット。

品種はラビットのヤドキン、HC購入の親木からの穂木ですから

偽物疑いもあるのですが すご~く元気です!    

005

006

新葉の色見て! 柔らかいひらひらが可愛くて思わず頬が緩みます~

 

こちらはいつも強健フクベリ-

花も咲いてるけど、下からサッカ-出ています。

こんなに小さな苗でのサッカ-は如何なものか・・?

2本仕立てにするか、やっぱり主軸に力集中させるべきでしょうね。   

007

010

花は若干光っているビロ-ドタッチの花

花びらは厚そうな感じですが、画像ではわかりにくいですね。

 

花一つとっても色々な花型だし、花びらも透明なのマットなの、色も赤やピンク

純白、乳白色、緑色ぽいのなど。

これからの幼果の形などと この季節は楽しい発見がいっぱいです~

 

さてこれは去年の6月梅雨時の挿し木の一部 

品種は全部サミット9本中の5本は花芽がついてしまって

困ったものです。

葉もないのに笑っちゃうよね~

気がついたのは昨日、あんまり期待してないその他大勢だから

物陰で管理していて 見てびっくりなのよ。

後4本のサミットは枯れてないけど動き無しです。

013

 

今年は挿し木してないけど挿し木のチャンスは真夏を除いて年中です。

気が向いたら突然挿し木や接ぎ木

時期はずれでも着く場合 意外に多いんです。

趣味の自由栽培ってとこでしょうかね~

 

今日の蕾や花達は撮影後ほとんど落としました。

こんな小苗に実を着けたら楽しみはすべて無になりますよ。

| | コメント (4)

2014年8月 7日 (木)

ふんだり蹴ったりの日々

先月の25日以来ずっとブログもお休みで不調をしていました。

25日には翌26日土曜日にス-パ-出荷のための摘み取り作業。

そしたらその晩からおかしくなって頭がぼ-として気持ちが悪い。

おまけに8.4分ほどの発熱で解熱剤飲んでも下がらない。

翌日もずっとそれで昼夜熱が下がらないのです。

 

熱中症? 頭の隅で疑いました。 多分でも軽い。意識障害ないもん。

それで首の後ろ太もも脇の下全部をアイスノンで冷やして

各種ドリンクを飲む日々。

日曜日には救急センタ-にTELして内科の当番医を紹介して貰う。

薬を沢山もらって注射もして一時的に熱もやっと下がった・・・

 

健康にならないうちに今度は冷やしすぎで風邪引いた様子。

お決まりの鼻水くしゃみ頭痛に歯痛関節痛そしてまた発熱。

また病院に行って投薬受ける、ずっと薬飲んでいたら今度は副作用。

風邪も治らないし昼間手が震える、甲状腺亢進症みたいに気持ちが高揚して

仕事も間違いばかり 仕事は4日間休んでその後出勤しても電話番だけ。

昨日辺りからやっと少しだけ元気になりました。

 

熱中症が風邪引きに変わった頃から当地は毎日毎日大雨で

NHKのニュ-スになるほどの被害。 まるでノアの大洪水だよ。

市内全域に避難勧告が出て電車も止まり、我が家も車だけ高所に避難させた。

人間はマンションの上層階だから、此処まで水は来ないはず。

 

この騒動で私は思った・・7月はやりすぎたよ・・・

週3回の果実出荷に 他に日曜市にも出店した。(週のうち3日は5時起き)

売ろうと思えば週一の水遣り3カ所・・・他に個人さんに直売。

もう趣味栽培では無くなっていた。

無理が重なったからこの結果。

もう止めた~ 日曜市に30パックはきつい。

何にでも夢中になりすぎるのよね~年を考えろ!

てな訳で反省・・ 今後は程ほどにします。

 

ところで本題 

これは7月24日のコロンブス

Dsc06850

かなりの大粒

Dsc06851

下から見たら

Dsc06856

味見てみるとまだ美味しくない 味が無いような味。

もう少し後で収穫と思ったのが浅はかだった。

 

そして大雨が終わって人間も元気になって

今日はやっと薄日が射したから 畑に行ったら 

コロンブスは殆どない 他も合わせて落果5キロくらいか。

残った果実も過熟と裂果と虫食い。

ましな品種はノビリス、オクラッカニ-、オンズロ-くらいで

マルは落果は少ないがまだ酸っぱいし、ブライトウエルとプレミアは姿無し。

バルドウィンは倒れて豊産果実が地に着いてる。

デジカメも忘れているし・・ 無惨な結果でした。

 

そして市民農園も散々な結果。

パウダ-ブル-のシワシワ果は見あたらないけど殆ど落果。

ここで一番期待していたフクベリ-は

Dsc06857

こちらも果実少なくなって 塊のみが枝にしがみついている。

Dsc06858

でもこんなのばかり!

 

また今夜から雨で台風11号が近づいている~

体調もまだだし、果実はこれ 今年のラビットはもう終わった。











| | コメント (10)

2013年7月 5日 (金)

新畑のラビットの様子

今年の2月から借地して急遽鉢植えを地植えした新畑。

少し色づいてきました。

地植えと言ってもまだ充分に根が伸びてない状態です。

 

まだ小苗のラビットのアイラ

果実はこんなのです。

Dsc05604

まあこれも果柄のながい果実ですね。

小苗のせいか葉も小葉が多いように見えます。

味は去年の味見では風味有って良い感じでした。

 

樹はまだこんなに小さいのです。

Dsc05606

枝先の方だけ無理行かない程度に生らせています。

小苗の時の味見で 本領発揮ではないけれど

美味しいものは美味しい・・と思っています。

 

さてこちらはずっと10号スリットで養成していたウィトウです。

文句なしの大実がぼつぼつと熟れてきました。

Dsc05608
Dsc05609

コロンブスと比べてもひけをとらない大粒果実。

熟してくると急に果実肥大してきます。

ラビットではトップクラスの大きさですが、若干種が気になりますね。

味は甘く軟らかめの果実。

非常に豊産で これ1本有ればかなりの収穫量で裏切られません。

遠い畑にも1本あって、安心のブル-ベリ-です。

 

他のも色々見ていると おやこれは!

Dsc05610Dsc05611

イラガの子供ですが、葉のうらにべったり

左の果実の後ろの葉にも移動しています。

この新畑では2回目の発見 手袋でそっと葉を摘み落とし

ポリブクロに捕獲。

何カ所もいるのですよ。 

1回目は気づかないで刺されてしばらく指先が痛かったです。

こんなに小さいのにちゃんと武器を持っていて身を守るのですね。

ここは天井ネットが3センチ目合いだから コガネやコムシ入ってきて

無農薬栽培の泣き所です。

ちなみに遠い畑は4ミリ目合いですが、それでも虫はいるのですが

此処よりは少しマシですね~

 

所でこのイラガは晩生種のフクベリ-にいました。

Dsc05613Dsc05615_2

フクは美味しくこれから9月まで 収穫期とても長いです。

樹姿が開帳性で直立に枝が伸びないの辛いですが

欠点以上の良い要素強健、美味など持ってる品種なのです。

 

この新畑は小苗7割くらいで 株間を詰めて植えています。

何本かは合わない品種で脱落して行くだろうし、

管理人の意志でリストラするのも出るでしょうから。

実はもうポラリス1本とブラッデン抜いてしまいました。

鉢に移すか、廃棄か今迷ってるところです・・






| | コメント (8)

2012年8月 6日 (月)

甘味系のラビット

最近暑さと忙しさに更新が止まってしまって久しぶりの記事です。

畑のラビットも大分収穫が進んできて今日は晩生種ですよ。

 

まずはフクベリ- 全体像

Dsc04332

下向きシュ-トが多く出て樹形が悪いから

かなり剪定して それでも又下向き枝が出ている。

地植えにしたら樹形が大変になりそうで自信がなくて

コンテナ植え そのせいか実成りは少ない。

Dsc04333_2

少し黒めの果実で かなり大粒

熟成は案外早く 味も甘味が強い。

片親がウッタ-ドだけに 味の感じウッタ-ドの完熟果に似ている。

私はウッタ-ドは果実のブル-ムがまだらになるし、

大粒がだんだん極端に小さくなるから 気に入らなくてリストラ。

フクベリ-はブル-ムは綺麗で全体果実品質は良さそうだし

親の欠点をクリアしている品種と思う。

それに早穫りでも甘くて口当たりが良い、タネもあまり気にならない。

樹形に難はあるけど・・ 果実の甘さと品質が気に入ったね~

 

小苗を昨年畑に移動のパウダ-ブル-

Dsc04334_2

こちらも樹形作りはしていなくて 向きがバラバラの樹形。

 

果実の方も今年は あまり期待してなかったけれど

熟成は早くて甘く美味しい  但し中粒。

Dsc04335

 

ただ熟れてない下画像の幼果見ると  シワシワで多分ダメ。

肥大期に水切れなのか でも梅雨は思いっきりの多雨だった・・・

でももしかの復活期待で 水遣りながら摘み取らないでおいてある。

Dsc04336

 

この2品種どちらも甘くて大変美味しいですね~

ラビットは甘味系が多いけれど、

タネがちょっとのブライトウエルやオ-スチン。

収穫時期が掴めない(新品種だからか)オクラッカニ-やオンズロ-。

そして果皮が硬いウィトウなど。

コロンブスは自宅のは甘味が足りないそれは爽やかって事かな?

 

パウダ-ブル-なんて古い品種の様だけど 見直しましたよ!

パウダ-の親はティフとメンディト-、フクはウッタ-ドとティフだったよね。

ティフの子は優秀なのですね~

 

そんな事考えながら、昨日の作業は

収穫の終わったハイブッシュ達に針葉樹のマルチ。

Dsc04337

前に剪定と御礼肥は済ませているのですが

これからの猛暑 少しでも根を保護してやりたい。

 

だってこんなに可愛いシュ-ト出てきているのですからね。

Dsc04338_3

これはノ-ザンのトロです・・・

| | コメント (2)

2012年3月 8日 (木)

バルコニ-のラビット小苗

冬だけ陽当たり良く暖かい自宅のバルコニ-です。

ここは10階で乾燥するので、週に2回ほどは水遣りが必要。

多くの小苗の養成所なのですが

今日の画像はラビットのアイラ

Dsc03189

周りのハイブシュの棒達のなかで堂々の常緑

枝先には花芽も着いていますが、

晩生種だから膨らむにはまだ時間があると思ったのですが

 

早すぎる驚きの超晩生種がいました。

これです。

Dsc03201

収穫は早さを誇る?当地でも7月末から8月位なのに

小苗にはばっちりの蕾 まさに準備OKです。

アップすると

Dsc03202Dsc03203

こんなですよ~

数鉢有るので先日も別の小鉢摘蕾したばかりです。

なぜ数鉢有るのか?

挿し木したらメチャ着くのです。

 

こんな品種幾つかありますよね。たとえばラビットのデライトとか。

他にベッキ-ブル-、タカヘ、サザンのピンクシャンデリアなど。

予備苗をあまり育てるのもと、中苗は近所の希望者に配ったり。

去年の暮れにはダブリを15本廃棄処分。台木には小さすぎだし・・・

大きくするには場所と手間と資材が・・・余分はあまり要らないし。

 

挿したり捨てたり何しゆうがぜよ!接ぎ木も捨てて勿体ない。

夫にはいつも怒鳴られますよ。 

それで喧嘩して 夫もキンリョウヘンや蘭を放り投げる。

でも廃棄は二人とも不要な自作のみです・・(これもストレス解消)

 

挿し木は数本挿したらパ-フェクトだったり、でも欲しい品種は上手く行かない。

ブロ友からリクエスト貰ったらそれは挿してなかったり こんなものですね。

当地ではラビットは簡単で、ノ-ザン系は難しい。

でもノ-ザンにも例外が こちらではレカは異常に活着するのです。

 

挿し木も接ぎ木も2本ずつと決めていても、穂が残ればついでにやる。

今年こそ反省で挿し木は分からないけど、接ぎ木は必要なだけです。

ダメならまた来年のお楽しみが残るじゃ無いですか。

 

また話し脱線しちゃったけれど、次回も小苗の紹介アップしていきますね。

まあ決心してもまた無駄な事してしまいそう(笑)

つい余分にって皆さん有りませんか?






| | コメント (10)

2011年8月18日 (木)

樹形?味?

我が家のフクベリ-の樹形です。

Dsc02572

思い切り開帳性で 枝は下に下に伸びるのです。

数ヶ月前一度切ったのですが後から出るのも下向き枝ばかり。

初期の頃のウッタ-ドの樹を思い出します。

 

挿し木のチビ苗も

Dsc02573

変な枝です。

この品種こんな樹形ですか。

生長すれば少しはまともになりますか?

 

開帳性のタカヘが直立性になったこともあるから、まだ分からないと

楽観視していますが どうもいただけない樹形でして・・・

矯正も難しそうです。

ここまで樹形の悪いのはと リストラが頭かすめていたのですが

今年の味見では 何と味は最高なのです!

甘くて、ジュ-シ-。 パウダ-ブル-と似た味ですが

ティフの子らしくラビット正統派の味、捨てがたい味です。

 

フクベリ-を栽培している方、樹形はこんなに変ですか?

うちでは植え場所が悪いのかも知れませんね。

 

 

 

話し変わりますが、今年ビックリの実なりだった雲南マルベリ-。

所謂桑ですが、また花らしきが。

Dsc02569 Dsc02571

一枝だけではないのです。

春に収穫終わり、大きな鉢に植え替えし施肥していたらまた花が。

これ結実するのでしょうか。

雲南マルベリ-は二期なりでしょうか?

| | コメント (6)

2011年6月10日 (金)

花壇のフクベリ-

沖縄では昨日梅雨明けしたそうですが、

ここ高知では今日は曇り今夜から雨の予報です。

昨年11月豊産品種と思い狭い花壇に植えたラビットのフクベリ-です。

その後花芽も沢山付いて 今年こそ豊産と思っていたのですが・・・

 

葉ばかり茂ってきて 横にばかり伸びる。

Dsc02183 Dsc02184

典型的な開帳性です。

 

全体画像がこれで やっぱりウッタ-ドの血が入っていますね。 

Dsc02182

フクはティフブル-とウッタ-ドの掛け合わせとか。

どうせなら樹形はティフに似て欲しかったですね。

  

私のカテゴリ-にウッタ-ドが無いのは、一頃栽培していて豊産で大実

だけれど樹形が難しく、おまけにうちのは果実に斑点入ったりで、

何か汚くなるのです。それでリストラでした。

果肉も軟らかくムシが付きやすいし・・・

美味しいとの評判も有るから 品種違いだったのかも知れませんね。

 

今日は思い切り剪定してみました。

Dsc02235

まだ気に入らない位だけれど上画像よりは小さくなったでしょう。

左の大葉は後で誘引します。

縦にシュ-ト出して欲しいです・・・

 

豊産と言われる果実も たったこれだけ。 

Dsc02236 Dsc02237

石灰硫黄合剤の噴霧後の葉にかこまれて

果実こんなに少ないのですよ。 沢山の花は何処に行ったのか・・

これも来年頼みの豊産?品種ですわ。

 

地植えが何もかも良いとは限りませんね。

一緒に植えたベッキ-ブル-は果実無しだし、ウィトウは少し

ただバルドウィンだけがひとり頑張っています。

やっぱり狭い場所では根域限られて成績悪しですね。

昔ベッキ-とティフとウッタ-ド、パウダ-を植えていたときには

この場所でもとても良く成ったのです。  何が違うのでしょうね。

 

皆さんのお宅のフクベリ-は如何ですか?

| | コメント (2)

2011年3月11日 (金)

フクベリ-は常緑

2008年9月我が家にきたフクベリ-です。

今は狭い花壇の中、条件は長細いプランタ-のようなもの。

全体像がこれで  あまり去年と変わりません。

Dsc01294

下に一部写っているのは全部接ぎ挿し。

去年BB讃岐さんをお訪ねしたとき、

プランタ-1個に9種類接ぎ挿ししたのを頂きました。

それを1個ずつ4号に鉢取りしたものです。

この記事は又後日で・・・今日はフクベリ-。 

  

花芽はこんな風に沢山着いて 

Dsc01304

近々咲きそうな勢い 

Dsc01295

葉は全部石灰硫黄合剤で真っ白だけど

殆ど落ちない 常緑性。

  

このお花がまた良いのよね~

これは2009年4月12日の画像だけど(2010年のは見つからない)

003

雌しべの柱頭が花冠からはみ出して とっても可愛いでしょう。

   

ご存じ福田さんの登録品種で 私も東京から直販で送って頂いた。

今ではベリ-公さんとこやHCでも売ってるけどね。

 

去年も数粒結実させたけど 味見するほどはなかった。

かすかな印象はウッタ-ド系の味。 果肉軟らかく甘い。

今年こそ、ちゃんと味見を して見たいですね。

親がティフとウッタ-ドだから強健で、豊作は間違いなし。

でもそれにしても家のは小さい。でも3年目・・・

  

来たときのフクベリ-はこれだから

004

まあ良しとするか~

この品種どんどんシュ-トが出て 横広がり。

クリスマスツリ-のような樹形にはなりそうもないよ。 

保険苗も出来た事だし、今年収穫したら、少し樹形作るかな。

冬にやらないで 収穫後味見しての話しだから 欲張りだよね~

 

先日頂いた雲南マルベリ- 5号鉢に植え替えて今はこれ

Dsc01301

展葉してきて がっちりしてきましたよ。

こちらも楽しみの一つ、生長早そうですね~ 

| | コメント (6)

その他のカテゴリー

その他 | イチジク | オリ-ブ | グルメ | ブル-ベリ-全般 | ホ-ムセンタ- | 品種不明苗 | 小桜インコ | 旅行 | 植物全般 | 資材 | 遠い畑の開墾 | HBRテラスブル-ベリ- | HBRパシフィックブル- | HBRブル-ジュエル | HHセントクラウド | HHトップハット | HHノ-スブル- | HHノ-スランド | HHポラリス | NHおおつぶ星 | NHじんば青 | NHア-リ-ブル- | NHエチョ-タ | NHカ-ラズチョイス | NHクロ-トン | NHグレ-ティクロップ | NHコリンズ | NHコンコ-ド | NHサマ-タイム | NHサンセット | NHシエラ | NHジュ-ン | NHスタンレイ | NHスパルタン | NHダロ- | NHチャンドラ- | NHデニスブル- | NHデュ-ク | NHトロ | NHヌイ | NHネルソン | NHハナンズチョイス | NHハリソン | NHハ-バ-ト | NHバ-クレイ | NHパトリオット | NHブリジッタ | NHブル-へブン | NHブル-クロップ | NHブル-スタ- | NHブル-チップ | NHブル-レイ | NHブル-ロ-ズ | NHプル | NHペンダ- | NHリンダブル- | NHレガシ- | NHレビ-ル | NH品種X | NH天香ブル-アイバン19 | NH天香ブル-NU105 | NH天香ブル-NU59(ブル-スカイ) | REアイラ | REウィトウ | REオクラッカニ- | REオノ | REオレゴンブル- | REオンズロ- | REオ-スチン | REクライマックス | REグロリア | REコロンブス | REタイタン | REタカヘ | REティフブル- | REノビリス | REバルドウィン | REバ-ノン | REパウダ-ブル- | REピンクレモネ-ド | REフクベリ- | REフロリダロ-ズ | REブライトウェル | REプレミア | REベッキ-ブル- | REホルトブル-ハ-モニ- | REホ-ムベル | REミノウブル- | REモンゴメリ- | REヤドキン | REレッドパ-ル | SHア-レン | SHウィンザ- | SHエメラルド | SHオザ-クブル- | SHオニ-ル | SHカミ-ル | SHガルフコ-スト | SHクラベン | SHク-パ- | SHケストラル | SHサウザンスプレンダ- | SHサウスム-ン | SHサザンゼバブル- | SHサニ-ブル- | SHサファイア | SHサミット | SHサンシャインブル- | SHサンタフェ | SHサンプソン | SHジュエル | SHスタ- | SHスプリングハイ | SHスプリングワイド | SHス-ジ-ブル- | SHセブリング | SHダップリン | SHデキシ-ブル- | SHトワイライト | SHナイトジェム | SHニュ-ハノバ- | SHパマリコ | SHパルメット | SHヒトミ | SHピンクシャンデリア | SHファ-シング | SHフロ-ダブル- | SHブラッデン | SHブル-クリスプ | SHブル-リッジ | SHプリマドンナ | SHホルトブル-ペティット | SHミスティ | SHミレニア | SHユ-リカ | SHリヴェイル | SHレノア | SHレベル | SHTH605