HHノ-スランド

2017年6月12日 (月)

二品種接ぎ

 
これはサザンのリヴェイル
いつのまにか果実着いていました。実は扁平果の大粒です。
果実はとても極上の味ですが、雨にとても弱いから、昨日の雨で裂果してる
でしょうね。 雨の前に採れば良かったよ。
 
Img_3678
 
 
 
こちらはハ-フハイのノ-スランドだと思ったのですが
実は小粒なのですが中粒位はありますね。
これもよく見るとリヴェイルの枝から出ています。
 
ノ-スランドが見当たらないのですよ! どこ行ったのか? 
 
Img_3675
 
 
これもまたリヴェイル
 
Img_3677
 
このリヴェイルの房が垂れて地面に付きそうなのです。
 
 
それでひもを使って無理やり持ち上げて何とか上に行ったのですが・・
 
Img_3676
 
ここは畑の端っこ、普段ほとんど見ない場所です。
葉がこんな風に何か汚いです。もう取り除けたけどレ-ス葉も
今度は虫害ですね。
 
Img_3679
 
 
いました! これオトシブミって言うらしい。
 
Img_3680
 
 
 
 
じつはこの樹は上記2品種の接ぎ木
 
Img_3681
 
左の直立性がリヴェイルで 右の低い小さいのノ-スランドとリヴェイル混合。
樹形対照的な2品種を同時に接いだ接ぎ木らしい?
 
根元も込み合っていてどちらか不明の枝があるのです。
後でノ-スランド数個だけ見つけました。
 
というのはこれは自作ではなく、数年前夫がオークションで買ったもの。
そのころ私が新しい畑を増やす予定があって接ぎ木を10本位探していたのです。
契約までしていたのですが、この畑には水に難があってやめたのですが・・・
 
私はさらに数年前自作で4品種接ぎを作り、ぐちゃぐちゃになって廃棄した。
小さいうちは良かったけど強健種ばかり伸び太って、樹勢普通のものは
伸びるスペ-スもなくなった。
どの枝がどの品種か識別できなくなったのです。
はっきり言って不格好なものでした。
 
それに懲りて接ぎ木は1本の台に1品種の接ぎ穂のみと決めてるのですが
せっかく買ったものだからと鉢植えから地植えしたら、まあめちゃくちゃ
樹ばかり大きくなったのよね。
 
そんないきさつの樹ですが、まだ果実は少ない。特にノ-スランドは数粒ポツンと。
 
将来更新とかどうなるんでしょうね~

| | コメント (2)

2016年10月 5日 (水)

恒例の植替え

 
今年もまた市民農園の不調木を植え替えしました。
 
不調数本は鉢上げや廃棄。
 
その代わりに持ってきた品種は4本くらい。
小さめの苗ですが、強健でこれなら育ちそうとの期待。
 
まずはサザンゼバブル-
 
Img_2554
 
 
ノ-ザンのペンダ-
 
Img_2546_2
 
 
そして2種接ぎの直立リヴェイルとちびのノ-スランド
 
Img_2548
 
上画像の隅に水たまりの大穴が見えますでしょう。
今回の連続の雨で特にすごい滞流水なのです。
これを穴ついて流してから高畝にして盛り上げ植え付けです。
元が田んぼの土だから、ネルトンパイプ埋めたり排水には苦労しています。
 
加湿でもそれなりに育っている品種もあるから、今回もまた挑戦なのです。
 
後写真忘れたけどコンコ-ドも植え付けました。
 
そしてこの畑ではラビット部分は数品種のみ残して引っ越しさせました。
ラビット部分は異常に乾燥し、ほとんどまともに収穫できないのです。
僅かな例外はブライトウェルとバルドウィンでしょうか。
 
毎年植替えをしながら、他に良い土地があれば、ブル-ベリ-だけでも
市民農園から引っ越ししたい なんて思っています。
後は夫に野菜でもつくってもらおうかと・・
ここは野菜を作るには良い程度に開墾されているのですが、底を掘れば
粘土みたいな土と大石、ビニ-ル片でブル-ベリ-には無理があります。
最初に機械入れて開墾すべきでしたが 今となっては・・・
 
またまた愚痴言ったけど、現状では少しずつ用土改良していくしかないですね。
畑貸して頂いているだけでもありがたいと思わなくちゃ~
 
 

| | コメント (0)

2010年9月 7日 (火)

復活です

ブログ2日位休んでしまいました。

仕事も忙しく、雨なのに冷房しすぎで眠ってしまい、風邪も引いたのです。

仕事は自由業のようなものだけど、9時から5時まで、月末から月初めの10日までがとても忙しく、その合間にちょこちょこブログをしています。

特に先月は会社の決算月で多忙を極め、5時にも終われないときも。

  

普通5時に終わったら、それから遠い畑に寄り様子見、買い物して6時半過ぎに帰宅です。

近くのネットハウスは昼休みとかに歩いてでも行けるので、様子見だけ。

だからいつも時間に追われ、雨が降ったら畑は休みなのでほっと出来るそんな毎日です。

 

畑の除草とか、地植えの水遣り(1時間)、剪定などのお世話は、土曜の午後や日曜に集中してやっています。

日曜にも出かけたり、家族の買い物、友人とのお付き合いなどで、忙しくしているうちに秋が来てお正月が来る、1年経過です。

せっかく雨降って畑が休みでも、人間が風邪熱では情けない有様ですね。

 

記事は昨日のお昼にやっと撮った画像2種です。  

これはハ-フハイのノ-スランド 頂き物小枝での挿し木1本のみ。

葉がカラカラで水切れ 諦めていましたが・・・

Dsc00294

見るとこんな新葉が 上のカラカラ枝を切った方が良いのでしょうか?

Dsc00295

左枝にも小さな萌えが 見られます。 

Dsc00296

片付けが面倒で 置いたままだったのですが

いつの間にか 復活しそうじゃん!

根腐れは難しいけど、水切れ苗は復活も有るのですね。

  

 

こちらは 夏に果実ならせたブル-ゴ-ルド自根 

Dsc00297

これもネットハウスで 強いシュ-ト出てきました。 

Dsc00298_2

去年、果実数個着いたのを購入し、味見したら凄く酸っぱいのです。

これは失敗かと思っていたら、今年の果実は大化け、酸っぱくても後味の良い美味しさです。

この品種、接ぎ木にしたいですね。

  

去年はバルコニ-、今年は陽の当たる近くのネットハウス。

味が違いますね~

全体は酸味系ですが、甘味も有る独特の味。

やっぱり日当たり良くないと 旨みが出ない事痛感しましたよ。

  

 

これは5日の日曜に撮った 遠い畑の文旦の写真です。

Dsc00300 Dsc00306

ものが文旦だから、とても大きくなりました。

畑を購入した時に有ったものですが、冬に大枝落としの強剪定もして、たっぷりの肥料も与えています。

去年まで誰も収穫して無くて、2月に入手したときには小さめの果実がぼとぼと落ちて食べられず、味は疑問ですが・・・

文旦にはあまり品種がないから栽培次第とか。

受粉考慮して、隣に別の柑橘も植えました。 今年は再生なるかな~  

| | コメント (6)

2009年8月29日 (土)

我が家の貴重品

このところ雨や曇りが多くて、植物も人間もほっと一息でした。

でも今日は思い切りの晴天、日中は暑いですね~。

それでも秋の気配は朝夕の温度の低下に現れ、挿し木のポットも過湿が心配で、スプレ-灌水に切り替えました。

今までは余りの高温にポットにはいつもたっぷり灌水、それが災いしたのか時期が悪いのか初夏挿しは殆ど失敗でしたね。

    

今日のブル-ベリ-はハ-フハイのノ-スランド挿し木苗

全体はこの画像です。

001

今4本立ち、横向き枝を無理に縦に誘引しています。

こんな小苗は立ち上げのシュ-ト多くて、冬期の剪定まで賑やかな樹形になります。

冬まで待たず、随時剪定しながら、1、2本で立ち上げて脇芽を出させたほうが良いのでしょうか。

樹形作りは苦手で分からないことが多いです。 

  

この葉は害虫被害か 日焼けなのか

002

枝先こんなのも有って

004

これを

005

裏返すと

006

あまり虫の卵くっついているようにも見えないのですが、やっぱり害虫でしょうか。

  

007

こんなシュ-トも一応は出ているのですが。

  

親木はなくて、穂木の頂き物1枝で挿した 残りたった1本のノ-スランド。

我が家では貴重なのです。

樹勢は強く極めて豊産、収量多く中粒ながら甘い との大図鑑での良いことずくめの評価に期待しているのです。

更に耐寒性と耐暑性両方に優れているとか。

自根で暖地でも栽培可能でしょうか。

  

実際に栽培されてる方、本当の評価は如何ですか。

我が家では再来年位には試食が出来るかな?

| | コメント (12)

2009年6月23日 (火)

期待の小苗

昨夜も凄い大雨でいよいよ本格的な梅雨の気配です。

一昨夜、昨夜と雨が降るのですが、昼間は止んで日射しもチラホラ、蒸し暑い陽気ですね。

余り暑くて最近は殆ど眠れず、いささかグロッキ-気味で体調悪い毎日です。

この湿度多く不快な夜は全国的なのでしょうね。

今日も身体がしんどくて畑の見回りも中止で、手近の自宅の記事です。

 

まずはデニスブル-接ぎ木

007

去年の頂き物、

  

このところ急に生長して   上から見るとこんなに

008

植え替えの時このノ-ザンは難しそうだと思って、デネブエクストラで植えたものです。

この苗は少し日が当たって雨の掛かる場所に置いてあるので、生長が良いのか、凄く勢い出てきました。(この画像は撮影のため移動した場所です)

このブログを始めて一番先の頂き物、とても嬉しい経過です。

秋には鉢増しして、来年には更なる生長を望んでいるのですが、今はまだ6号ですよ。

 

こちらはハ-フハイのノ-スランド、枝を貰った挿し木です。

去年の春か一昨年の秋かはっきり覚えていませんがやっとこの位

011 009

自根のノ-ザンは生長遅いです。今4号鉢です。

ノ-スランドは中粒だけど甘くて美味しいと聞いてるし、期待しているのですが、

味見には未だ大分遠いようですね。

 

こんな小苗ちゃんが家には数多くあるのですが、どれも大切な苗、生長の違いは有るのですが、枯れたのは1本もないです。

初めての品種は親木がなくて小苗だからこそ余計お楽しみが長く続きますね。

| | コメント (10)

2009年4月19日 (日)

ハイブシュの小苗達

今日は自宅バルコニ-の小苗達の様子です。

  

デニスブル-

001

最近の温度上昇の為か、新葉の展開に勢いが出てきました。

   

昨年、突然欲しいと思い、あちこちのブログのプレゼント応募をしたけど入手できず、経緯をご存じの大阪のブログお仲間からの頂き物、大事な苗です。

   

おまけにこの苗、手作りの接ぎ木なのですよ。

今も頂いたときの感激、喜びは忘れることが出来ません。

  

 

下の方から大きな葉も出てきそうで

002

えっ  これって台木からの芽?

こちらの枝にも接ぎ木がしてあって、元々は左右2カ所で、右枝が分岐して3本立ちの接ぎ木だったのです。

左の枝は芽が全く動かず茶色の枯れ枝状態になって、今年初めに切断。

  

この芽、2本のカルスがくっついた所の外側からの芽のように見えますよね。

でも本当は接ぎ箇所はこのずっと下なので、間違いなくデニスブル-の芽なのです。

どうしてこんな切り口になったのでしょうね。紛らわしいよね~。

  

 

これはキセ

003

乙さんご本人もスパルタンの台木からの発芽の品種と仰っていた例の苗。

ウチではやっぱりキセとして大事に育てます。

  

品種がはっきり確定された段階で名前変更してもいいですよね~。

こちらも遅れての新葉が展開してきました。

 

 

これはリンナイさんのプレゼント苗おおつぶ星 

005

007

小さな新芽、

もう少し下を剪るべきだったのでしょうか。

あまつぶ星は全然動きがなくて去年のままです。

  

 

下画像はハ-フハイ系ノ-スランド

009

去年の春の緑枝挿し、冬に葉は全部落葉して、最近やっと緑が見えてきました。

まだ小さくて鉢は4号スリット、ハイブシュ系は生長が遅いです。

 

これも友人からの一枝の楊枝挿しです。

ウチの苗にはこんなチビ苗が多くて、それもカテゴリ-に入れてあるのです。

  

それでカテゴリ-を見て随分多くの品種を持ってるねと言われるのですが、本当はチビ苗が結構多いのです。 

大苗ですぐ収穫できるのも勿論良いですけど、こんなチビ苗を育てるのはまた違った楽しみになって、目標も出来て、まだまだ止めないぞって意欲が湧きますよね~。

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年9月20日 (土)

挿し木の鉢上げ

昨日の台風13号がうそのような良い天気です。警戒したほど被害もなくて水遣りの手間が省けた雨でした。

016 今日は挿し木の鉢上げ、SHフロリダブル-・HHノ-スランド・REブライトウエルの3本。5号スリットへ。他にジョ-ジアジェムとデュ-クを6号スリットに。

まえの3本はいずれも家にはない苗、知り合いに1枝貰って挿した物。

最近はこんな小苗が好きになって、楊枝苗をいかに大きくするかが楽しみになっています。


006_2 今朝見たチェリ-の雛、マルちゃん達の子供は大きくなってきました。フクとベリ-の方は卵が3個。ベリ-ちゃんが片時も離れず暖めていますが、多分空卵みたい。

岡山から遠路わざわざ嫁にきてもらったのに、フクはベリ-ちゃんが気にいらない様子。それどころか葉っぱちゃんが好きで追いかけ回している始末。

人間の思うようにはならないものですね。

P1000719_2 005

物思いにふける?フクと手の上で遊ぶマル。
手の上にはフクちゃんもいたのですが、彼は飛んでしまいました~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

その他 | イチジク | オリ-ブ | グルメ | ブル-ベリ-全般 | ホ-ムセンタ- | 品種不明苗 | 小桜インコ | 旅行 | 植物全般 | 資材 | 遠い畑の開墾 | HBRテラスブル-ベリ- | HBRパシフィックブル- | HBRブル-ジュエル | HHセントクラウド | HHトップハット | HHノ-スブル- | HHノ-スランド | HHポラリス | NHおおつぶ星 | NHじんば青 | NHア-リ-ブル- | NHエチョ-タ | NHカ-ラズチョイス | NHクロ-トン | NHグレ-ティクロップ | NHコリンズ | NHコンコ-ド | NHサマ-タイム | NHサンセット | NHシエラ | NHジュ-ン | NHスタンレイ | NHスパルタン | NHダロ- | NHチャンドラ- | NHデニスブル- | NHデュ-ク | NHトロ | NHヌイ | NHネルソン | NHハナンズチョイス | NHハリソン | NHハ-バ-ト | NHバ-クレイ | NHパトリオット | NHブリジッタ | NHブル-へブン | NHブル-クロップ | NHブル-スタ- | NHブル-チップ | NHブル-レイ | NHブル-ロ-ズ | NHプル | NHペンダ- | NHリンダブル- | NHレガシ- | NHレビ-ル | NH品種X | NH天香ブル-アイバン19 | NH天香ブル-NU105 | NH天香ブル-NU59(ブル-スカイ) | REアイラ | REウィトウ | REオクラッカニ- | REオノ | REオレゴンブル- | REオンズロ- | REオ-スチン | REクライマックス | REグロリア | REコロンブス | REタイタン | REタカヘ | REティフブル- | REノビリス | REバルドウィン | REバ-ノン | REパウダ-ブル- | REフクベリ- | REフロリダロ-ズ | REブライトウェル | REプレミア | REベッキ-ブル- | REホルトブル-ハ-モニ- | REホ-ムベル | REミノウブル- | REモンゴメリ- | REヤドキン | REレッドパ-ル | SHア-レン | SHウィンザ- | SHエメラルド | SHオザ-クブル- | SHオニ-ル | SHカミ-ル | SHガルフコ-スト | SHクラベン | SHク-パ- | SHケストラル | SHサウザンスプレンダ- | SHサウスム-ン | SHサザンゼバブル- | SHサニ-ブル- | SHサファイア | SHサミット | SHサンシャインブル- | SHサンタフェ | SHサンプソン | SHジュエル | SHスタ- | SHスプリングハイ | SHスプリングワイド | SHス-ジ-ブル- | SHセブリング | SHダップリン | SHデキシ-ブル- | SHトワイライト | SHナイトジェム | SHニュ-ハノバ- | SHパマリコ | SHパルメット | SHヒトミ | SHピンクシャンデリア | SHピンクレモネ-ド | SHファ-シング | SHフロ-ダブル- | SHブラッデン | SHブル-クリスプ | SHブル-リッジ | SHプリマドンナ | SHホルトブル-ペティット | SHミスティ | SHミレニア | SHユ-リカ | SHリヴェイル | SHレノア | SHレベル | SHTH605