NHスパルタン

2017年9月 5日 (火)

希望の花芽(おしまいのおしまい)

もう9月も初旬、朝夕涼しくなりましたね。

いよいよ農作業にも格好の季節となりました。

 

さて先日、ずっと探していた樹皮がやっと入手できました。

地植えのマルチに使うこれが欲しくて、数年前から何軒もの製材所を駆け回り、

遠いところには電話で問い合わせですが、樹皮はすでに剥いているのが

入ってくるから無いとの答え。 

諦めてココチップや針葉樹の小枝など買っていました・・

そしてこんな山多い田舎県なのにどうしてないんだと思っていましたよ。

ところが

先日地元の友人に相談したら、今持ってるからと急きょ少し頂けることになって

我が家の作業車Nボックスに袋16個分頂いてきました。

その方は隣市の方で、製材所でもらったのを譲ってくれたのです。

その製材所も教えていただいたし、もっと必要なら彼の軽トラでうちの畑に

運んでくれるそうで、厚かましいけどさっそくお願いしました。

あんなに探したのに見つからなかった針葉樹の樹皮が ついに手に入ったのです!

友人は仲良しのいつもお世話になってる方(BB関係ではない)灯台元暗しでしたね。

 

これがその時の画像、半分は遠い畑に下して残りです。

そう写真とらなくちゃと思い出して、途中半分の画像です。 

Img_3922_2

 

この樹皮はこのくらいの粗さ ちょうどでしょう。

Img_3925

 

さっそく市民農園のマルチに 今年は資材の費用が大分助かりました。

Img_3924

その方に相談してこんなに早く入手できるとは夢のようで嬉しい事です。

しかも無料なのですよ。 友人に感謝感激で~す。

 

最近色々で前記事でも愚痴ったココログの不調や足のケガ、免疫低下による

ヘルペスなどに悩まされ 前回でブログはおしまいのつもりでした。

でも2008年8月18日から延々と1514件の記事書き続けてきました。

この記事で1515件です。

数多くの方にお世話になって、コメント頂いたり、小苗送っていただいたり。

皆様にお礼も言わずやめるのは心苦しいです。

 

最後の近況をお知らせして終わりにしようとこの記事を書きました。

 

愚痴の一つココログの不調はEdgeに由来しているようでExplorerなら

ほぼ普通に書けることを発見。

体調は気持ち切り替えてストレスフリーにしたら、だんだん回復して今は新しい意欲

沸いてきました。 そして歩けるようになってきましたね。万歳ですね~

 

ずっと病院通いだったから、畑においてた鉢植えが無残な有様に。

トワイライトです~

Img_3927

 

隣のT100  

Img_3929

 

ユ-リカ

これは辛いです。

今年は甘い大実が沢山生ったのに、根っこだけでも助けたいですね~  

Img_3928

 

プリマドンナは左を切ったら助かるかもしれません。

Img_3932_2

とりあえず全員スプリンクラ-散水のある小苗ハウスに入れました。

この画像は小苗ハウスの中に入れた後の画像ですから

写りこんでる他の小苗たちに枯れ葉は少ないでしょう。

 

枯れた子たちもきっと元気にして見せる。

様子見て強剪定して シュ-トを促す作業、来週元気ならやります。

 

さて私の最後は大好きなスパルタンの新芽多分花芽ですね。

順調な成長で私の希望です!

Img_3920Img_3934

 

これはプル この子も毎年大活躍で私大好きな品種です。

Img_3918


まあこれからもぼつぼつブル-ベリ-栽培は続けます。

ココログは沢山書いたので このブログは終了です。

最後に本当に長い間私のつまらないブログ見て下さった皆様、有難うございます。

心から感謝いたします 大変お世話になりました。

今後も皆様の益々のご活躍をブログを拝見して応援していますからね。

こころからお礼の気持ちを込めて有難う さようなら。

| | コメント (16)

2017年6月25日 (日)

困ったちゃんどうなるか

 
今年は果実が全部味が最高、先日までは雨も少なく 温暖で推移してきた。
文句なしのブル-ベリ-日和だったのですが、
それでも問題は発生する。
 
 
これはスパルタン接ぎ木 見てみてこの小果!
 
Img_3755
 
樹の姿はこれ  情けないですね~
手前の葉はやや大きいのですが、これは別の品種の枝の分で
この樹は枝先に小果着けてるメイン三枝です。
 
去年もこんなだったし、梅雨にあっても変わりなければ、抜くしかないですね。
 
Img_3756
 
 
 
 
 
これはエメラルド自根  果実は豊産だけど小粒が多いから
画像は小粒を採り、中粒大粒残したものです。
 
Img_3753
Img_3752
 
食べてみると確かに甘いが、皮が硬いし、口に残る。
これもどうしたものかと迷っている。
果実の大きさの問題は摘花・摘果で大粒になるだろうけど、私は皮の厚いの嫌い。
改善の余地があるんだろうか。
果実少ないミレニアの方がまだましな気もするが、収量の問題がある。
 
 
 
 
 
これは元高接ぎのジュエル、毎年小粒がなるし、味もいまいちで収穫もめんどい
根元で伐って鉢巻巻いちゃった。
 
今の時期の接ぎ木はむりがあるはずだから
台のベルが出て来たらそちらにも接ぐつもり・・・立ち枯れも覚悟です。
まあ冬にやるべきだけど、そのころには花芽ついて決心にぶるから。
 
Img_3750
 
 
 
 
 
最後はサファイア自根、これも豊作だが年々果実小さくなりすぎ
ここらで立て直しに挑戦で主幹を切除。
小さな一枝だけ残したのよね。
 
Img_3762
 
 
これらの切除や接ぎ木は本来冬の作業。
特に夏の主幹の切除は枯れこみの恐れ大、くれぐれもご注意くださいね。
枯れても良いとの覚悟無ければ 絶対にやったらいけませんよ。

|

2017年6月 7日 (水)

昨日のこと

 
今日は未明から雨が降ってたようで、今スマホに豪雨情報が入りました。
 
畑の乾燥ブル-ベリ-には恵みの雨でしばらくは水やりポンプの出動も
なく2園で2時間かける水やりから解放されます。
四国も梅雨に入ったのですが、昨日の忙しさと言ったら目が回るとはこの事ですね。
 
早朝から市民農園に行き摘み取り一時間、その後ジャガイモの掘りあげにきゅうりの
支柱立て。
8時半から仕事を抜けて予約の大学病院に。
ここでもレントゲン検査や整形外科にと大忙し。まあ骨塩定量の検査だから
病気ではないのですが半年に1回で何年も精密検査していました。
異状はないからそろそろ近所の病院に行かれたらとやんわり首切られましたね。 
 
早めに終わったのですが、昼休みは
遠い畑に雨の前の収穫と友人から依頼されてたラビット中苗の選抜。
農園の知り合いから2本ラビット鉢植えを頼まれていたのです。
依頼があったらすぐ動くこれが私のせっかちな性格だから仕方がないです。
 
収穫は雨の前だから裂果の恐れある品種の完熟の分すべてのつもり。
だから大量にあるんですよ。
これも友人のケ-キ屋さんお買い上げや友達からの依頼分です。
完熟は一個一個果実を見るから時間かかるのですよ~ 
 
終わってから遅れた本業仕事に没頭。
月の初旬は収支明細書の作成、1円違っても大変なことになるから
老体鞭打ってのパソコン作業頑張ったけど・・・疲れた~
 
途中で突然思い出した そうだブラックベリ-収穫を忘れていた!
市民農園のブラックベリ-は真っ黒になったのがいっぱい。
まざまざ雨でダメにするには勿体ない。
思い出して帰りにまた農園へ。
遠い畑のビワの長崎クイ-ンももう採らないとと農業の先輩に言われたばかり。
これも知人へのプレゼント約束だから、また遠い畑に寄る。
結局2農園に2回行ってきました。
 
 
こんなに忙しいのは久しぶりだけど まあやっぱり欲張りなのよね~
結局ブル-ベリ-も限られた時間では全部は摘めなくて、今日の雨で
大分落果や裂果したでしょうね~
せめて大きい果実だけでも収穫で、ぼろぼろ落ちてるサファイアやジュエル、
エメラルド、サンプソンなんかは手つかずなのよ。
 
 
少しは自分も楽しまなくてはと スパルタンの一部今朝食べました。
今年は超ビックな果は少ないけど 味はやっぱり大好きな味。
甘さの中に酸味も少しありで 奥深い大人の味ですよね。
ブル-ベリ-は甘いだけでは・・・と私の勝手な思いです。  
 
Img_3647
 
 
 
 
そんなわけで土曜日の画像だけどラビットのフロリダロ-ズが。
悲しい結果に weep 
 
Img_3643   
 
 
数週間前に主幹の枯れこみに気づき
よく見るとカミキリムシの被害らしいので主幹を切除。
案の定茎の中茶色でした。
 
Img_3645
 
 
横からのシュ-トは元気そうだったからそのまま置いていたら
土曜に見るとこちらもだめのようですね。
 
Img_3644
 
 
あ~あ ただ残念です。
去年の7月にはこんなに元気だったのに・・・
 
フロリダローズ

| | コメント (10)

2017年6月 1日 (木)

デニスとスパ

 
昨夕ちょっとだけ降った雨で 今日はブル-ベリ-達も生き返ったように
元気になっています。
いくら水やりをしても自然の雨水にはかないませんね。
 
 
今日のデニスブル- 遠い畑の地植え
ここはジャングルの中で、南にある大樹が邪魔をして日当たりに難ありですが 
色づき果が数か所出てきました。 
 
Img_3582   
Img_3601
 
まだこれからなのですが、まん丸果実は色づくと急に肥大して大粒に。
 
 
 
ちなみに樹はそびえたつように大きくなっています。
 
Img_3580
 
 
 
 
 
日当たり難ありのスパルタンも、こんなに果実ブル-になってきました。
 
Img_3597   
Img_3598
 
市民農園の中苗は 数個味見したのですが、こちらはこれから収穫かな。
ここは先ほどのデニスブル-と同程度の樹が3本で全部絶好調。
収量は多そうだけどスパは完熟まではすごく酸味強いから慎重に吟味ですね~
 
生唾ごっくんのスパ もうすぐいっぱい食べられます!
 

| | コメント (0)

2017年5月29日 (月)

スパルタン収穫

 
最近暑い日の連続でノ-ザンはどんどん熟れてきました。
 
ついにスパルタンも僅かに収穫。
まずはお顔見てくださいね。
 
Img_3568
Img_3569
 
 
この苗は小さめですが、この列にあと2本あってどれも同じような熟れ具合。
 
Img_3570
 
地植えして2年目まだまだ中苗程度だからわさわさは茂ってないです。
遠い農園の大苗スパ3本が熟れると大収穫になるのですが
まだ色づき果増えてる段階で収穫まで1、2週間かかりそうです。
 
 
 
 
他にもエチョ-タ  これ果実大きいですね~
 
Img_3561
Img_3562
 
 
 
これはハナンズチョイス
 
Img_3564
Img_3565
 
今年は収穫遅かったけれど、今はサザンはピ-ク過ぎてノ-ザンの早生種
収穫始まりました。
 
コリンズやプル、レビ-ル、デュ-ク、ヌイなど毎日熟れが出てきます。
さすがにダロウや品種Xなどはまだまだ先ですね。
全体に色づきは昨年より遅かったのですが、完熟までのスピ-ド速いですね。
 
 
 
 
話変わりますが昨日の作業の話聞いてくださいね。
 
遠い畑の小苗ハウスに寒冷紗をかけること、資材入れてるビニ-ルハウスの
半分をネットハウスにすることの2つです。
 
小苗の水きれは著しく散水タイマ-も毎日2回に設定しなおし。
散水装置は市販の安物スプリンクラ-です。
最近鉢が熱いからネットの天井の上に寒冷紗設置。
これで少しはましでしょうか。   
そして小苗を整理して ラビットを資材ハウスのネット部分に移動です。
 
資材ハウスは元々ビニ-ルハウスとしての購入品。
最初遠い畑を入手したとき自分たちで組み立てたセット商品約6坪。
その半分を防風ネット4ミリに張替。これはパッカ-で止めるだけだから
楽な仕事でした。
このハウスの奥に資材を片付けて、ネット張りの部分に小苗ハウスのラビット種
を移動、そして地植えネットハウスからも数鉢移動しました。
この移動組の水はネットを通しての雨水とキムチタンク(大型水入れ)を設置。
 
この遠い畑には汲み上げ井戸を掘ってあるのですが、水量が少なく分岐して
使える量がないから、苦労しています・・・
 
 
何とか小苗ハウスと地植えネットハウスを整理してスペ-スを空けた。
これで別に置いてる自前の接ぎ挿しなどの鉢も小苗ハウスで収納するつもり。
 
そして最後の仕事が遠い畑の地植えネットハウスのヌイの垂れ下がり枝直したり、
大きな枝を切り込んでジャングルの通路の確保、そして1時間かけての水やり。
水は普段は雨水だけですが、さすがに猛暑大苗にもストレスが出てきました。
ラビットの果実のシワシワや新梢の項垂れなどですね。
 
 
作業はこれで終わりではなく
その帰りに市民農園に 暑いから誰もいなーい
ここでも水きれ状態。
近くの水路からポンプでくみ上げ。何度もひも引っ張ってババってかかるタイプ。
工進4サイクルエンジンポンプとかいう名前だったかな。
ここでも約1時間。この水やりは夫がやってくれて私はひたすら草引き。
 
まあそんなこんなで、作業着着込んで張り切ってやったのですが、頭や体が熱く
くたびれもうけの日でした・・・
 
でも一応一区切り。達成感はあります!
後は残りの草引きとこれからの収穫が忙しくなりそうです。
 
 
これで日記は終わりですが、今朝、ネットの隅で熟れていました~
 
Img_3571
 
 
 
 
 
 

|

2017年5月 6日 (土)

スパルタンとチャンさま

 
スパルタン 
もう花は1個もない 
今年はクラスタ-大き目だから果実は多いけど大粒は望めないと思う。
 
Img_3327   
Img_3326
 
 
 
 
 
チャンドラ-は4月30日画像  
 
Img_3314
 
5月5日画像
 
Img_3328
 
これからどんどん玉太りしてきますね 。

| | コメント (8)

2017年3月30日 (木)

遠い畑のその後(ノ-ザン)

さてノ-ザンブル-ベリ-は
まだ蕾の硬いのが多く、少し開きかけをアップしますね。
 
①スパルタン
先日の画像から10日後の様子です。
 
Img_2861
 
②ヌイ
 
Img_2858
 
③クロ-トン
これは鉢植えですが可愛いお花2枚アップです。
 
Img_2873
Img_2874
 
 
畑全体は下画像のようで地植えの間に少しの鉢植えが混ざっています。
写真ではわかりにくいのですがサザンが多いからほとんど咲いていて
お花見の気分になりますよ。
 
Img_2827

| | コメント (0)

2017年3月21日 (火)

露地植えのノ-ザン

Img_2806_2
Img_2807  
Img_2809
 
上画像は一昨年ホームベルの小枝にチャンドラ-を接ぎ、挿し木したもの。
いわゆる接ぎ挿しの真似事なのですが、まあなんとか成功例。
チャンドラ-の強健性か大きく成長してきました。
昨年秋8号スリットに鉢上げしたのですが、何とか順調に伸びています。
3本の主軸には大き目の花芽が・・・でもまだ硬いですね。
あの小さな接ぎ挿しが台も挿し穂も根がなかったのにと思うと感無量です。
 
この子は順調だったから手元から離し遠い畑で自給自足。
そう自然の雨水以外に冠水はしなかったのです。
もちろん肥料も鉢上げの時に少しですが でもそのほうがよかったりしてね~
 
同時接ぎ挿しの多くの失敗作や動きの少ない苗は今も手じかに有象無象です。
 
 
さて前記事と同じ露地植えノ-ザンですがこちらはまだまだですね~
これはデニスブル-  
 
Img_2788
 
 
スパルタン 少しホ-キが開きかけてるようにも見えます、ひいき目ですね。
 
Img_2792
 
 
エチョ-タ 充実した芽が少なく貧相枝ばかり・・・
 
Img_2796
 
まあこんな種類が多く、期待薄の今年です。
当地の場合12.1.2月が例年より高温で推移したらしく、休眠時間が
足りない上に3月は寒いので開花活動が遅れているそうです。
今年のソメイヨシノの桜開花も26日くらいになったようで、最遅らしいです。
でもまだ延びるかもしれませんね。
 
土日は 温度高く20度にもなったというのに今日は15度寒いです~
日曜日の作業は市民農園の草引き、今年の初草引きです。
月曜には腰が痛く見回りと写真撮影のみで後は愛媛の道の駅に野菜の買い出しに。
 
2,3年前までお休みは毎度早朝から夕方5時ごろまで作業頑張っていたのにね。
もうお昼も抜きでの長時間作業なんてできなくなりました。
すぐにスタミナきれて疲労は後を引く・・・悲しい現実です。
 

| | コメント (10)

2017年2月18日 (土)

ア-アの接ぎ木たち

我が家の接ぎ木お見せするにはあまりにも恥ずかしいですが
手入れが行き届かず変な樹形です 。
 
これは2年経過のスパルタン
 
Img_2720  
 
 
こちらはデニスブル-
 
Img_2723
 
 
オニ-ル 
さすがに早生種 主幹らしき枝の立ち上がりが多いです。
下画像はトップのオニ-ル花芽のアップ
 
Img_2725
Img_2728
 
 
デュ-クは伸びてはいるのですが、樹形が悲しい・・・
 
Img_2729
 
 
チャンドラ-に至っては哀れの一言 台とつながっているの?
 
Img_2733
 
でもチャンドラ-は成長差があるようで、同じ時期の接ぎ挿しでも
遠い畑に行ってるのは凄く立派なガッチリした中苗になっています。
次回にお見せしますね。
 
これらは全部一昨年の2月ごろ、ホームベルの小さな枝に接いだ接ぎ挿し。
自分でナイフでやったのもあれば実験的に接ぎ木ハサミでカットしたのも。
2年経過でこれだから 小さな苗にため息が出ますね~
今年はもっと成長してくれるといいのですが・・・?
 
 
 
先日色づきの気配として記事にしたナイトジェムのその後です。
枝先トップの1クラスタ-ミスで落果してしまい一番果は断念ながら廃棄、
でもその他の果実もブル-になってきました。
今この枝で5個のブル-果
 
Img_2743
 
 
2番目の枝でも1個だけ薄めのブル-果
 
Img_2738
 
せめて10個ブル-になったら試食してみようと思います。
 
 
今日は風が少ないから遠い畑に行ってみたいと思っています。
あちらがどうなっているか、オニ-ルや新品種たちの様子も気がかりです。

| | コメント (10)

2016年11月 2日 (水)

少しの紅葉と変葉

 
朝夕15度以下の日も多くなって もう紅葉の季節なのに
今年は猛暑が長く続いたせいかちっとも紅葉しません。
 
この畑で一番の紅葉はサザンのブラッデン赤花の品種です。
これは植替えをしたことが影響しているかもしれませんが
他の植替え品種と違って一番に美しい色になりました。
 
Img_2587
 
 
こちらは僅かな紅葉 レビ-ル白花ですが葉の表面恥じらいがちの
頬を染めたような色です。
 
Img_2589
 
 
 
以下は全部スパルタンですが
まだ緑が多くほんのわずかな色づきです。
ただし下画像は一番色づいてる枝です。
 
Img_2591
 
Img_2592
 
Img_2594
 
全体の紅葉は以下の画像程度です。
 
Img_2595
 
この画像見てお気づきでしょうが、今年は少し変なのです。
ほとんどの葉が外側に撓んで 葉脈の中心線が赤いのもあります。
ここには3本の大樹があるのですが、全部こんな様子です。
少々の葉なら気にしませんが、今年は全葉なのですよ!
多分何らかの根の異常かもしれませんね。
 
地植えだから少々のコガネ幼虫は平気なのですが
多分加湿か9月の日照不足の影響かと・・・
まああんまり根をいじるのもと思い、葉は冬には大部分落葉するから
春の芽生えの様子を見てからのことと思っています。
 
他のノ-ザンやサザンもちろんラビットなんてまだ緑一色
今年の異常気象の影響なのでしょうか。
 
 
そういえば今年は原木シイタケがちっとも生えてこないと思っていたら
近所の方たちからも知り合い皆がそう言ってるとか。
名産の新高梨も高温障害で中身がぐちゃぐちゃのが多くて今年は不作と
聞きました。
当地では色んな作物に影響出ているようです。
 
ただブル-ベリ-には大きな影響が出ない事を願うのみですね~

| | コメント (5)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

その他 | イチジク | オリ-ブ | グルメ | ブル-ベリ-全般 | ホ-ムセンタ- | 品種不明苗 | 小桜インコ | 旅行 | 植物全般 | 資材 | 遠い畑の開墾 | HBRテラスブル-ベリ- | HBRパシフィックブル- | HBRブル-ジュエル | HHセントクラウド | HHトップハット | HHノ-スブル- | HHノ-スランド | HHポラリス | NHおおつぶ星 | NHじんば青 | NHア-リ-ブル- | NHエチョ-タ | NHカ-ラズチョイス | NHクロ-トン | NHグレ-ティクロップ | NHコリンズ | NHコンコ-ド | NHサマ-タイム | NHサンセット | NHシエラ | NHジュ-ン | NHスタンレイ | NHスパルタン | NHダロ- | NHチャンドラ- | NHデニスブル- | NHデュ-ク | NHトロ | NHヌイ | NHネルソン | NHハナンズチョイス | NHハリソン | NHハ-バ-ト | NHバ-クレイ | NHパトリオット | NHブリジッタ | NHブル-へブン | NHブル-クロップ | NHブル-スタ- | NHブル-チップ | NHブル-レイ | NHブル-ロ-ズ | NHプル | NHペンダ- | NHリンダブル- | NHレガシ- | NHレビ-ル | NH品種X | NH天香ブル-アイバン19 | NH天香ブル-NU105 | NH天香ブル-NU59(ブル-スカイ) | REアイラ | REウィトウ | REオクラッカニ- | REオノ | REオレゴンブル- | REオンズロ- | REオ-スチン | REクライマックス | REグロリア | REコロンブス | REタイタン | REタカヘ | REティフブル- | REノビリス | REバルドウィン | REバ-ノン | REパウダ-ブル- | REフクベリ- | REフロリダロ-ズ | REブライトウェル | REプレミア | REベッキ-ブル- | REホルトブル-ハ-モニ- | REホ-ムベル | REミノウブル- | REモンゴメリ- | REヤドキン | REレッドパ-ル | SHア-レン | SHウィンザ- | SHエメラルド | SHオザ-クブル- | SHオニ-ル | SHカミ-ル | SHガルフコ-スト | SHクラベン | SHク-パ- | SHケストラル | SHサウザンスプレンダ- | SHサウスム-ン | SHサザンゼバブル- | SHサニ-ブル- | SHサファイア | SHサミット | SHサンシャインブル- | SHサンタフェ | SHサンプソン | SHジュエル | SHスタ- | SHスプリングハイ | SHスプリングワイド | SHス-ジ-ブル- | SHセブリング | SHダップリン | SHデキシ-ブル- | SHトワイライト | SHナイトジェム | SHニュ-ハノバ- | SHパマリコ | SHパルメット | SHヒトミ | SHピンクシャンデリア | SHピンクレモネ-ド | SHファ-シング | SHフロ-ダブル- | SHブラッデン | SHブル-クリスプ | SHブル-リッジ | SHプリマドンナ | SHホルトブル-ペティット | SHミスティ | SHミレニア | SHユ-リカ | SHリヴェイル | SHレノア | SHレベル | SHTH605