NHおおつぶ星

2011年6月 7日 (火)

鉢の中には

先日記事にした廃棄予定のおおつぶ星、鉢の中見てみました。

あわよくば用土替えで今一度の再生をと考えていたのです。

鉢の用土には 予想通り全然根が張って無くて

鉢底の方には 気持ち悪い画像です。

  

ナメクジですね。

Dsc02226

  

こちらはゲジゲジムシ(名前知りません)ベラボンの間です。

Dsc02231

  

ちょっと気持ち悪すぎです。

Dsc02228 Dsc02229

鉢の中こんなのだらけ。   重過湿!

 

肝心の根は  これだけ

Dsc02232

 

鉢は近所のネットハウスで 防草シ-ト敷いた上に置いていました。

苗の水分蒸散がスム-ズにいってる苗の鉢は乾燥していて、

こんなのは殆どいません。

偶にナメがスリットの底にくっついてるくらいです。

 

手袋していじってるうちに もうこの苗は嫌になりました。

苗のせいではないのですが、復活は諦めます。

でもこのムシ入り用土何処に捨てたら?

ムシと用土の分別なんて出来ませんよ、タマゴ一杯のようで・・・

 

| | コメント (2)

2011年6月 4日 (土)

バトンタッチ

もう処分すると言いながらまだ畑の隅にあるおおつぶ星です。

今は見るも哀れ

Dsc02177

枯れてるようにも無いのですが・・・動きはまったくない。

2009年だったかリンナイさんの景品として貰った苗。

  

その年の8月にはこんなに元気になっていたのです。

011

   

ところが2010年には葉が全部落ちて、その後芽が出ず

最初の画像とほぼ同じで だんだん弱って来ました。

今度こそ駄目のようです。

 

今回諦めても 実は2代目出来ちゃったのです。

これです。

Dsc02187

今年の2月の頂き物、貴重な作品。

シャシャンボ台木の接ぎ挿し苗。

おおつぶ星の2年生です。

家に来て4ヶ月、そろそろ鉢替えをして接ぎテ-プも取ろうかな。

現在の鉢は6号くらい、樹皮用土に植わっています。

 

さあそろそろバトンタッチ、前のおおつぶは可哀想だけど今度こそリストラ。

新しい気持ちで世代交代、今度は接ぎ木で収穫まで頑張ってね。

  

| | コメント (14)

2011年2月 2日 (水)

雪が運んだプレゼント

皆様ご無沙汰しています、久しぶりの更新です。

実はこの間に嬉しい事が2件有りました。

 

先週の雪の日曜日、どうせ畑作業は出来ないから、高松まで用事があり出かけていました。

2009年12月以来ご挨拶もせず失礼している方に、今回は是非お家を探してと心決めていたのです。

お名前も電話も住所も解らなくて、前回蜂友に一度だけ連れて行ってもらったお宅。

感を頼りに探し当て(近所のHCが目印ですがそこからは複雑に遠いのです)

メモ書き置いて帰るつもりでしたが、お車有るのです。奥の方に資材も見え隠れしています。

ここに間違いないと車を降りたら

急にお会いしたくなって、非礼も考えず、ピンポン鳴らしてしまったのです。

 

昔のブログ見て下さった方はお分かりのあの名人さんのお家です。

ご在宅で寒い中、ブル-ベリ-見せていただけました。

もうしっかりと、挿し穂と接ぎ穂も切り取って準備している。

もうあの時期なのですね~。

 

またまた突然の失礼な訪問なのに作品数種頂いてしまって

これはその1本

Dsc01093

おおつぶ星の接ぎ挿し苗。

 

我が家のリンナイさんの自根は 動きも無く枯れ死一歩前なのですが

これは元気な枝が   そして花芽も

 Dsc01095 Dsc01096

 

ご存じでしょうが接ぎ挿しとは

接ぎ木した台木を挿し木する。両方一度にしてしまうのです。

 

このおおつぶ星の接ぎ挿し台木は

な! なんとシャシャンボなのです!

我が家のシャシャンボは 畑の隅でまだ小さい。

台木になるのは何時の事かしら・・・ 

Dsc01098 Dsc01099

2009年1月頃の作品で  10年10月に植え替えされたとか

2年あまり、活着を確認し、鉢ましなどとご苦労多かったでしょうに。

あまつぶ持ってる?と譲って下さった優しい目、 嬉しかったです。

前回もそうでしたが、緊張して何話したかも解らないくらい有頂天になって

頂き物しっかり抱えて 雪の中帰宅しました。

 

 

もう1件の嬉しい事は

30日(土曜)に苗を送りました のメ-ル頂いていたのです。

そのお品が昨夜時間指定で夜8時頃到着。

これなのです。

Dsc01101

左から雲南マルベリ-、クレマチス・プリンセスダイアナ、緑の濃いのは

オステオスペルマム・ロングジョイ・ピンクって長い名前。

正直このオステオ何とかは初めて聞いた名、ブログやネットで調べました。

ピンクの一見コスモスかデイジ-みたいなお花とても綺麗です。

挿し木が簡単と書かれていましたので、春にやってみたいと思います。

  

植物達には 雪の中お疲れさまと言って

取りあえずは、自宅の簡易ハウスに入って貰いました。

 

それとこれ 

Dsc01102

左ハナユズのマ-マレ-ド、右のはイチゴとクランベリ-のジャム。

今朝、早速パンに塗って頂きました。

クランベリ-の酸っぱさが何とも言えません、美味です。

最近は寒さで身体が堪えて、コメントも失礼していますのに。

忘れないで居てくれたのね~って嬉しいです。

 

どちらも途中は雪でしょうが、こちら乾燥ばかりで雪らしきは降っていません。

途中の雪に運んで貰ったプレゼント、雪も悪くはないな~

 

BB讃岐さん、かいづさん、大切に育てますね。

有り難う御座いました。

 

今日は2月だからテンプレ-トも一新です。

まだ寒い日は続くと思うけど 明日は節分だし気持ちは春ですよ。

| | コメント (8)

2010年10月 1日 (金)

小さな復活?

久しぶりの記事です。

前の記事で害虫の多さとスス病に悩んでいたのですが、

友人に古い本借りました。

Dsc00457

この本には カラシニンニク入りの木酢や天恵青汁、スギナ汁、石灰防除、天敵防除など害虫退治の面白い内容が一杯出ているのです。

有機として使われている農薬についても種類毎の解説が興味深いです。

 

特に不思議だったのは月のリズム防除なるもの

下の画像のように解説されているのです。 

Dsc00464

害虫は満月の3日後に防除するとベストだとか?

初めて知りました。本当なのでしょうか。

北海道や宮崎の方で実践されて効果上げている方があるとか、

こんな本も初めてだし、ちょっと興味有る内容でしたね。

 

まあうちでは都市伝説的な考えも取り入れて、自分的に可能な限り

色々試してみようと思っています。

これからぼつぼつやっていきますよ。

そのうち冬になるから、害虫も一段落でしょうが、春からの事考えて

準備していこうと思っています。

 

本題の復活の話し。

これはイチジクのサルタン、最初地植えで畑に植えていたものです。

あまり雨が続き根腐れの兆候見えてきたので慌てて鉢とり。

最初着いてた3個の果実のうち2個は落果し

今やっとこんなに元気な葉になりました。ネットハウスです。 

Dsc00465

最初着いてた残りの1個は少しずつ 肥大しています。

全体像の一番下に頑張っているのです。

Dsc00466

  

所が最近伸びた新梢に また別の小さな果実が4個。

上に行くほど大きいですね。

これは来年用でしょうか。 

Dsc00467

イチジクはどうも良く分かりません。

 

これはおおつぶ星、前に処分と書いたのですが、

未練がましく鉢を8号から6号にしてまだ持っています。

Dsc00468 Dsc00469

最近これにも吹けば飛ぶような新芽が出てきました。

全体像の左の枝を短く剪定したかったのですが、それしたら葉がなくなって

光合成が弱くなりますよね。

それで敢えて古枝残していたのですが、それが良かったみたいです。

おおつぶ星の事だから一筋縄ではいかないでしょうが

こんなの育てるのもまたちがった楽しみですよね~。

 

あまつぶの方も密かにバルコニ-で育てています。

これはまたの機会に見て下さいね。

はやばや星も頂いたし、三星勢揃いで日本のパテント味わってみたいですね。

| | コメント (4)

2010年8月 6日 (金)

もう見切り時?

皆様の所では あまつぶ星おおつぶ星は好調ですか。

うちでは一昨年のリンナイさんのプレゼント、今こんなです。

あまつぶ星は

003

こんなでちっとも生長しません。

新葉は葉焼けの茶色です。

これは自宅の日当たり悪いバルコニ-に置いています。それなのにこの葉。

 

近くのネットハウスに花の時期終わって引っ越ししたおおつぶ星は 

001

こんなで先が伸びません。

去年は途中にも葉が有ったのですが、落葉の後新葉が出ないのです。

 

僅かな葉先も すでに固まっています。

002

日当たりの良いネットハウスならと思ったのですが、この品種に限っては

日陰のバルコニ-が良いようです。

  

2008年10月家にやってきたときは どちらも青々で小さい。

034

 

今年2月のあまつぶ星 小さな花咲いています。

001

 

おおつぶの過去は2009年8月には こんなに元気だったのです。

011

その後冬に落葉し 1年後で今年の8月に2番目画像になったまま 

休眠期のままなのです。

何が悪かったのか、多分休眠時間の不足のまま、猛暑に突入なのでしょう。

 

結論 この2品種は木漏れ日程度のバルコニ-に置いて様子見。

回復無ければ当地に合わないとして見切り時でしょうかね~。

 

先日のカロラインのシュ-トの先、見てるとムラムラっとして 

やっぱりまた挿してしまいました~

挿し木は増やさないと言ったはずなのに病気ですね。

大きくなる前に厳重チェックで、格好悪いのは鉢まししないってことで・・・

| | コメント (12)

2010年2月18日 (木)

いつの間にか・・・

寒い日続きますね~。

今日はそれでも朝から晴れているので、偶には水遣りを。

バルコニ-は雨水が掛からなくて、室内栽培と同じで乾燥します。

  

小苗の蕾取ったはずなのに 咲いているのが有りましたよ。

002  

これは枯れるの時間の問題と思って、注意してなかったあまつぶ星。

  

左枝にも花芽らしきが着いていますね。

落葉もして無くて、良いのか悪いのか?

001

諦めていたのにやる気有るじゃん!

勿論花芽、花ともにすぐ摘まなくては樹性弱めてしまいますね。

当地でも強い風に温度も低く、西高東低の冬型気圧の毎日なのに・・・

この子はもう春なのでしょうか。

  

このあまつぶ星の去年8月はこれでした。

007  

途中植え替えて、少し持ち直しては居たのですが

005 

この位の回復だから、もう冬にはだめと思っていましたね。

あまつぶ星の開花は子孫残すための最後の一頑張りかな。

これを活かすのは今後の管理次第ですね~。

    

   

リンナイさんからプレゼントのお仲間、おおつぶ星はと見ると

今はまだ休眠期のようです。 

004

こちらは花芽着きの枝先は 切り戻し剪定済みだから

花はないのは当然だけど、まったくの棒3本。

どうして? 同じ場所に置いているのに。

 

おおつぶ星は去年は成長良く、下画像。

これも8月の画像ですよ。

011 

 

    

 

話し変わりますが、畑の開墾作業、昨夕やっと西側に橋鉄板架かって、少し進入が楽になりました。

従来の東の橋は水道パイプのはみ出したようなお家の間を4~5軒分くらい通って、やっと畑へ入れる有様でしたからね。

これは鉄工所依頼だから今朝私は見たのですが、何とか普通車も入れるかなです。

私の運転では軽四がやっとですけどね。ともかく前面道路が狭いのよ~。

  

でもその時、見てしまったのです。畑の東北部分の水まだ乾いてない事を。

やっぱり致命傷、日曜にショ-レンたたき込んで、通らなければまた穴掘り作業。

掘りこんで溝風の石積み作業ですね。

それ終わって、後日の土入れ厚さ30センチの予定ですが、幾ら焦っても完成は遠い。

   

前回記事にした大石やヘドロの片付けも有るし、(これはミニユンボ借りるつもり)

昨日の鉄板も敷地側をもっと固定しなくてはと思っています。

それに水手当、カイショマス湧き水の所に埋めてと・・・

  

ともかく排水と給水がきちんと準備出来ないと、ブル-ベリ-植えには進めません。

日祝しか動けないのが幸いして、手首の痛み少し直ってきましたよ。

二人農業は時間かかりますね~。

| | コメント (10)

2009年10月26日 (月)

バルコニ-の紅葉

最近、皆さんのブログでも紅葉の記事多いですね。

我が家のバルコニ-でもやっと

001

おおつぶ星ですよ。

下葉からの紅葉ですが、枝によってはまだ緑のままも。

 

003

これは重なっていた下の葉どけたところ

当然だけど上の葉にそっくり形残っていますよね。

  

2番手はブリジェッタ

004

上からの撮影だけど、これは樹形悪いね~。

支柱で矯正必要ですね。

バルコニ-の奥のは普段水遣りだけだから、出してビックリ!

少し樹勢も弱いようで、多分根張りがイマイチでしょうね。

3月に用土替えして、シュ-ト1本出ているから、この冬の水管理が勝負かな。

 

色は綺麗でまあまあの紅葉でしょう。  

005

不調の樹は早く紅葉が来ると言うけど、でも今頃のは自然現象ですよね。

  

不調樹は触っただけでもはらはらと落ちるし、自然紅葉は葉の寿命くるまで、引っ張っても落ちないそんな葉が有りますよね。

この落葉で病葉も虫食い葉もリセットされて、やがて休眠し、新しく芽生えるのですから、嬉しい事ですね。

当地ではノ-ザン系は殆ど紅葉するのですが、サザン、ラビットには常緑のものもあり、何時紅葉してくるかで、その樹の調子判断していますよ。

| | コメント (12)

2009年8月 3日 (月)

昨日の食事会と今日のブル-ベリ-

昨日日曜の事です。

朝、友人Gさんから電話があって、急遽さぬき市の自然の休憩所さんのカフェでランチする事に。

Gさんは前にも登場した淡路の方、広~い土地で養蜂とブル-ベリ-を遣っているのです。

お互い1時間ちょっとの高速で現地で待ち合わせです。

もっとも私は途中の産直市に寄りながらで2時間ほどかけて行きましたけど。

 

自然の休憩所さんは前にも数度記事にさせていただいたので、詳細は省略です。

その時の記事は去年の12月24日と今年の6月1日参照して下さいね。

トップが大きくてリンク出来ませんでした。

 

野菜中心のランチは美味しくヘルシ-で、ここに来る度に我が家の野菜料理のレシピが増えるのです。

Gさんと相棒とはっぱにベリ-公さんも加わってくれて、楽しい数時間、第一第二農園も案内して頂いて、充実の日曜日でした。

 

写真は第一農園にあった珍しいトマト、2枚は別の品種ですよ。

001 005

  

  

 

さて、今日のブル-ベリ-は最近成長差著しい、あまつぶとおおつぶ星。

これが今朝の画像です。

  

最初はあまつぶ星で

007 010

春以来ちっとも変わりませんよ~。

この芽も生きてはいるようですが・・・もう諦めました・・・ 

 

 

こちらはおおつぶ星   めざましい伸張ぶり   今8号です。

011

 

良いか悪いか分かりませんが、またシュ-トの先剪ってしまいました。

失敗かな?

014 015

去年リンナイさんのプレゼントの苗木で、ほぼ同じ大きさだったのですけど、この違い何でしょうね。

大きなこの葉はカサカサして特別の質感、

どんな花がどんな果実が   来年は未だ無理でしょうね~。

| | コメント (16)

2009年7月 2日 (木)

これも鉢替えです

リンナイさんで当選したあまつぶ星、おおつぶ星のおおつぶの方です。

乾燥気味に育てたところ、最近急に伸びてきて

006

大きな葉が出てきました。

これも用土が軽い分なので、油断するとすぐ水切れです。

今5号鉢で6か7号に鉢まし予定です。

 

葉がこんなで

007 009 010

大きくガサガサした特徴のある葉なのです。

今まで栽培した中でこんな感触の葉は初めてです。

  

コリンズ、コビルの実生からの選抜とかで

糖度9~10度で酸味系の味らしく、私的には果実はいささか期待薄の品種ですが、多汁で濃厚な味とか、やはり一度は味わってみたい思いですね。

 

あまつぶの方は全然生長しないのですが、これは生育が良いです。

当地には難しい品種のようですが、そこが面白いところで、樹は大きくしてみようと変に力入れています。

秋には枯れて駄目になるか、もっと生長しているか乞うご期待ですね。

| | コメント (16)

2009年4月19日 (日)

ハイブシュの小苗達

今日は自宅バルコニ-の小苗達の様子です。

  

デニスブル-

001

最近の温度上昇の為か、新葉の展開に勢いが出てきました。

   

昨年、突然欲しいと思い、あちこちのブログのプレゼント応募をしたけど入手できず、経緯をご存じの大阪のブログお仲間からの頂き物、大事な苗です。

   

おまけにこの苗、手作りの接ぎ木なのですよ。

今も頂いたときの感激、喜びは忘れることが出来ません。

  

 

下の方から大きな葉も出てきそうで

002

えっ  これって台木からの芽?

こちらの枝にも接ぎ木がしてあって、元々は左右2カ所で、右枝が分岐して3本立ちの接ぎ木だったのです。

左の枝は芽が全く動かず茶色の枯れ枝状態になって、今年初めに切断。

  

この芽、2本のカルスがくっついた所の外側からの芽のように見えますよね。

でも本当は接ぎ箇所はこのずっと下なので、間違いなくデニスブル-の芽なのです。

どうしてこんな切り口になったのでしょうね。紛らわしいよね~。

  

 

これはキセ

003

乙さんご本人もスパルタンの台木からの発芽の品種と仰っていた例の苗。

ウチではやっぱりキセとして大事に育てます。

  

品種がはっきり確定された段階で名前変更してもいいですよね~。

こちらも遅れての新葉が展開してきました。

 

 

これはリンナイさんのプレゼント苗おおつぶ星 

005

007

小さな新芽、

もう少し下を剪るべきだったのでしょうか。

あまつぶ星は全然動きがなくて去年のままです。

  

 

下画像はハ-フハイ系ノ-スランド

009

去年の春の緑枝挿し、冬に葉は全部落葉して、最近やっと緑が見えてきました。

まだ小さくて鉢は4号スリット、ハイブシュ系は生長が遅いです。

 

これも友人からの一枝の楊枝挿しです。

ウチの苗にはこんなチビ苗が多くて、それもカテゴリ-に入れてあるのです。

  

それでカテゴリ-を見て随分多くの品種を持ってるねと言われるのですが、本当はチビ苗が結構多いのです。 

大苗ですぐ収穫できるのも勿論良いですけど、こんなチビ苗を育てるのはまた違った楽しみになって、目標も出来て、まだまだ止めないぞって意欲が湧きますよね~。

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

その他 | イチジク | オリ-ブ | グルメ | ブル-ベリ-全般 | ホ-ムセンタ- | 品種不明苗 | 小桜インコ | 旅行 | 植物全般 | 資材 | 遠い畑の開墾 | HBRテラスブル-ベリ- | HBRパシフィックブル- | HBRブル-ジュエル | HHセントクラウド | HHトップハット | HHノ-スブル- | HHノ-スランド | HHポラリス | NHおおつぶ星 | NHじんば青 | NHア-リ-ブル- | NHエチョ-タ | NHカ-ラズチョイス | NHクロ-トン | NHグレ-ティクロップ | NHコリンズ | NHコンコ-ド | NHサマ-タイム | NHサンセット | NHシエラ | NHジュ-ン | NHスタンレイ | NHスパルタン | NHダロ- | NHチャンドラ- | NHデニスブル- | NHデュ-ク | NHトロ | NHヌイ | NHネルソン | NHハナンズチョイス | NHハリソン | NHハ-バ-ト | NHバ-クレイ | NHパトリオット | NHブリジッタ | NHブル-へブン | NHブル-クロップ | NHブル-スタ- | NHブル-チップ | NHブル-レイ | NHブル-ロ-ズ | NHプル | NHペンダ- | NHリンダブル- | NHレガシ- | NHレビ-ル | NH品種X | NH天香ブル-アイバン19 | NH天香ブル-NU105 | NH天香ブル-NU59(ブル-スカイ) | REアイラ | REウィトウ | REオクラッカニ- | REオノ | REオレゴンブル- | REオンズロ- | REオ-スチン | REクライマックス | REグロリア | REコロンブス | REタイタン | REタカヘ | REティフブル- | REノビリス | REバルドウィン | REバ-ノン | REパウダ-ブル- | REピンクレモネ-ド | REフクベリ- | REフロリダロ-ズ | REブライトウェル | REプレミア | REベッキ-ブル- | REホルトブル-ハ-モニ- | REホ-ムベル | REミノウブル- | REモンゴメリ- | REヤドキン | REレッドパ-ル | SHア-レン | SHウィンザ- | SHエメラルド | SHオザ-クブル- | SHオニ-ル | SHカミ-ル | SHガルフコ-スト | SHクラベン | SHク-パ- | SHケストラル | SHサウザンスプレンダ- | SHサウスム-ン | SHサザンゼバブル- | SHサニ-ブル- | SHサファイア | SHサミット | SHサンシャインブル- | SHサンタフェ | SHサンプソン | SHジュエル | SHスタ- | SHスプリングハイ | SHスプリングワイド | SHス-ジ-ブル- | SHセブリング | SHダップリン | SHデキシ-ブル- | SHトワイライト | SHナイトジェム | SHニュ-ハノバ- | SHパマリコ | SHパルメット | SHヒトミ | SHピンクシャンデリア | SHファ-シング | SHフロ-ダブル- | SHブラッデン | SHブル-クリスプ | SHブル-リッジ | SHプリマドンナ | SHホルトブル-ペティット | SHミスティ | SHミレニア | SHユ-リカ | SHリヴェイル | SHレノア | SHレベル | SHTH605