REブライトウェル

2017年6月19日 (月)

ラビットの一番は

 
 
サザンの晩生、ノ-ザンの晩生一斉に熟してきて、毎朝、収穫と不調樹の再生に
大忙しをしています。
 
市民農園のスズメ被害は相変わらずで行くたびに多い時は3羽は侵入してますね。
昆虫網をもって追い掛け回し生け捕りにしてもう入ったらいかんぞねと言って
遠くに持って行って放鳥・・まあスズメにわかるはずないでしょうけどね。
さすがに捕獲してもコガネのように殺す勇気はないです。
 
どうやら子雀が網の目のぴんと張った天井から頭突っ込んで侵入している様子
今年は諦めて、来年は天井ネット買い替えの予定です。
 
遠い畑の井戸ポンプも不調が続き去年は部品替えて何とか治ったけど今年は
もうだめでネットで注文。5~6万かかるのよね。
先日市民農園のポンプも動かなくなって部品替えての修理でやっと直ったばかり
だし、スズメ騒動で鷹のダミ-も高かったのよ~
そして先日はニュ-ウィンズパックの誘引剤購入。
さっそく昨夕遠い畑に仕掛けたら今朝はもう9匹入っていました。(効くね~これは)
そんなこんなでもう踏んだり蹴ったりでお金のいることいること悲しいですweep
 
 
 
 
前置き長くなったけど今まで気に留めってなかったラビットも色づき果
出てきました。
 
これはタイタン 
前に太らないと記事にした苗に摘果残りの果実5個があったのです。
数少ない実ですが、やっぱり大実ですね。
 
Img_3714
Img_3715
 
 
 
 
下はバーノン もう完熟サインも出ていますが 果実はまばら。
 
Img_3711
Img_3712
 
樹もまだ若いのですが果実数は少なく、これでも今年は生ってるほうです。
数年見たけど収穫量は少なかったですが、果実は見事な大実です。
下画像はバ-ノンの全体像。
 
Img_3710
 
 
 
 
これは定番ブライトウエル 
まだわずかの色づき果 まだまだ小苗の様相です。
 
Img_3724
Img_3725
 
 
 
今日記事にした市民農園は自宅から持ち込んだエンジンポンプでの水やり
晴天続いたら一週間に一度の水やり程度、いつも水不足に悩んでいます。
 
今年はまめに頑張ったから、何とか少しは採れそうですがここのラビットは
当てにしてなくて電気を引いてる遠い畑に比べ、たった6本程度です。
 
 
 
ちなみに遠い畑はびっくりするほどラビットは生ってるのですがまだ色づきは
ないようです。
水曜から雨のようだから今のうちに遠い畑の井戸ポンプ買い替えをしなくちゃ
梅雨終わったらアウトになりますからね。
 
 
前置きに書いた通り、資材その他で非常にお金がいるので、今まで遊び半分
だったスーパーの産直市への出荷を今年は増やしました。
そして苗木も少しだけ、〇〇〇〇市場ってところに出しました。
 
そんなわけでさらに忙しく当面はコメントなしの記録記事でごめんなさい。
 

|

2016年4月23日 (土)

ブライトウェル

ブライトウェル

ブライトウェル

ブライトウェル

ラビットのブライトウェルです。
   
花は最後の分が残っていました。
 
他のラビットはまだ幼果小さいです(^^)

| | コメント (6)

2015年12月25日 (金)

遠い畑のラビットは

クリスマスも今日で終わりですね~

一年の経過の速さに驚くばかりです。

毎日毎日現実が忙しく仕事以外でパソコンに向かう時間も取れない

多分皆様もそんな日をお過ごしでしょうね。

 

やっと先日遠い畑に行きました。

小苗ハウスは週に数度は必ず降る雨で、乾燥もなく苗たちは順調。

前回に大部分剪定したから、葉からの蒸散もないようでした。

 

さて地植えのラビットアイはどうなっているか?

こちらもあんまり綺麗ではない紅葉、触れば葉がハラリと落ちる状態です。

数枚画像を撮ってみました。

 

これはオクラッカニ- ちまちまと出る内向き枝や小枝は

剪定済みのつもりですが、下の方に残っていますね。  

006

 

まだ緑葉も残るのはブライトウエル

008

 

大粒が嬉しいウィトウ、今年は果実少なかったから来年の花芽多い。

010

 

甘くて美味しいオノ これは枝暴れすぎて剪定がまだ完了してない。

012

           
    

バルドウィンはかなり下枝切ったけど、果実の重みで垂れるのは

毎年の事ですね。

014

 

そしてこれはラビットではないけどノ-ザンデニス

やっと良い色になりました。

003

 

デニスやスパルタンの列は落葉も多く

001

こんな有様

マルチに絡む落ち葉は取りにくいですね。

002

この日はハイブシュ列を不完全に掃除して、少し施肥したり

若干の手入れをしてマルチを追加。

でもこの畑だけでもまだ2回は掛かりそうです。

まだまだ落ち葉終わりませんからね。

今年中の手入れは無理みたいです。

 

それと今とても多忙でしばらくはコメントのお返しも出来ない状態に

なりそうです。

年末仕事の上に個人的事情があり、今年の記事はこれで終わりです!

皆様には本当にお世話になりました。ありがとうございます。

来年が皆様にとってよい年と成りますよう心から願っております。

|

2015年7月 4日 (土)

毎日の裂果

このところ毎日毎日雨が降って 当地ではラビットの裂果が酷いです。

 

これはオ-シャン品種のバ-ノン

早期に収穫できて 味もとっても甘い 大粒でいいとこばかりなのに 

一度目は無事収穫したのですが、それ以降こんな果実ばかり。 

028

 

そしてお馴染みのブライトウエル

樹は取りのけられないほど大木になって 果実は豊産

左右の大枝は画像に入りません。

043

 

なのにこの果実

球形のまんまるが皮がずるっと剥けたような感じ

ホオズキ剥いたように中身丸出しのも多々ありです。

044

毎年この品種の早生の一番果はこの被害に遭います。

 

他品種にも多少は裂果あるのですが、この二品種は特に顕著。

当地には合わない品種かもしれませんね~

 

今も雨だし、台風も近づいてるようだからますます心配。

焦って早めに収穫すれば、熟してなかったり・・・

悩んでしまいます~  

皆様の地方では如何ですか?

| | コメント (8)

2015年5月15日 (金)

幼果の色の違い

もうそろそろラビットの季節も近づいてきましたね。

わがやの一番手は 量産早生のブライトウエルです。

毎年冬に剪定し、また花の時期、幼果摘果時にもちょこっと剪って

それでも天井に届く勢いです。    

006

果実は緑の中粒の大で こんなです

007
011
012

色づいてから早採りしても甘く失敗の少ない品種。

古くからあって、HCでも売ってる定番品種ですが

私は大のお気に入り。

去年は市民農園用にまた購入したくらいです。

挿し木も作っているのですが、去年はまだ小さかったから

今年収穫出来そうな即役に立つの買いましたよ。

色々新品種もあるけど、小苗の時から強健で豊産

おまけに色づいてあまり待たなくてもOKってことは収穫時期の

見極めも不要で嬉しい品種です。

パテントでなくても素晴らしい品種有るのですね~

 

ブライトウエルの緑の幼果の向かいにはウィトウが。

こちらも樹はやたら大きくはなるのですが

樹形が悪いですね。

008

垂れ下がった枝に着いてる幼果はまばら・・

果実は全体に大きさが揃わないです。

ラビットとしては大粒なのですけどね~

そして幼果の色はピンク藤色 大小全部こんな色


009

緑果のなかで目立ちます。

この品種最初の頃は粒揃い良かったように思うのです。

少し不調なのか・・・

味もイマイチになってきたような・・・私の畑に合わないのかも。

まあ今年の様子見て冬にリストラかな?

|

2014年5月17日 (土)

ブライトウエルは本物か?

先日記事にしたバルドウィンがラビットの東の横綱とすれば

この品種 西の横綱になる豊産種自称ブライトウエル(?)です。

中粒ですが玉太りもよく おまけに早生種で収穫期は長い。

もう古い品種のようだからホ-ムセンタ-で簡単に入手できる。

 

この実なりを見て下さい。

Dsc06522
Dsc06524
Dsc06523

少し生長の悪い枝を剪る程度であまり摘果はしていない。

毎年それですが、無理をさせても収穫量は落ちない。

優秀品種で味も安定して良いのです。

 

樹全体はこんなです  

写真が曲がったけど 樹はまっすぐなのですよ。

Dsc06520

ラビットの収穫期の最初から最後まで楽しませてくれる

うちでは古株で最初の頃はパテントと比べたら知名度もない地味さに

少しバカにしていたのですがどうしてどうして素晴らしい。

果実は中粒で平凡ですが、マルなどの完熟判断の難しい品種と比べると

色づいて早めに穫っても安心の味でした。

そしてバルドウィンとブライトウエルは1980年代に同じジョ-ジアから

発表されたという経緯を近年になって私は知ったのでした・・・

 

 

ここまでこの品種ブライトウエルと信じての記事ですが

よく似た品種にプレミアが有るのです。

もしかしたらこれはプレミアかも知れない 最近こんな疑問も持っていました。

同じ畑にプレミアが有ってそれともよく似ているのです。

記事の品種の出身は何処かのホ-ムセンタ-で同定が出来てない。

 

まあどちらにしても豊産で優秀な品種はお気に入りなのですが

一応はっきりさせたい思いで 詳細に観察を。

 

ちなみに最近入手したブライトウエルの小苗(間違いない品種)

これは市民農園に植えています。

Dsc06540

横からみると

Dsc06541_2

こちらとは似ていますね~

 

そしてプレミアは

先ほど写真撮ってきました。

Dsc06544

Dsc06545_2

やっぱり違います~

このプレミアは濁った緑、その濁りようはマルやオノ、ウィトウなどと

共通した沈んだ色。

自称ブライトウエルは澄み切ったマスカット色の幼果で

美しい色です。

収穫期がプレミアより少し早いし、プレミアに多いムダ小果が少ない。

 

やっぱり本物ブライトウエルのようです。

記事を書いたけれど、何か心配になって・・品種同定の真似事を。

もし変だと思ったら教えて下さいね~

| | コメント (4)

2013年4月25日 (木)

ラビットの早生と晩生

昨日に続いて遠い畑のラビットの様子です。

まずは早生で 

場合によってはノ-ザンの遅いのより早かったりするブライトウェル。

Dsc05327

Dsc05328

今年ももうしっかりした果実になっています。

この品種普通に甘くて、中粒くらいだし、何と言っても収穫期の長さ

優秀な品種ですよ。

我が家の最初のラビットはこれとプレミアで とても多収になります。

酸味の効いたノ-ザン食べ慣れた口にはラビットの甘さが嬉しい品種。

 

 

ところが晩生8月末から9月初旬までのコロンブス。

2009年購入のものですが、爪楊枝の最近画像は

Dsc05298

随分大きくなりました。

 

ちなみに購入時の爪楊枝苗はこれです。

021

 

さて 花は大分終わってきたのですが

Dsc05299Dsc05300

受粉しているかどうかも不明の小さな幼果

あの大粒になるのが信じられない・・・

 

2年ほど大粒は成ったのですが 私的には味がはっきりしない

甘さも一応あるのですが酸味もイマイチ、なんかぱっとしない。

外見は大粒と中粒入り乱れて粒が揃わない これでもまだ若いの?

 

ただ大粒のは食べ応えはあってそれなりには美味しいのですが

鉢植えで 最初味見したような感動がないのです。

2011年から地植えして まだ樹が充実してないのかも・・・

その上、去年は雨多く、少し味が薄くなったのかも知れません。

 

昨日、麦芽発酵有機アミノ酸肥料を多めにばらまいてきました。

さあ今年は粒ぞろいと味を再確認してみますね~

皆さんのコロンブスはどんな味でしょうか?

 


| | コメント (4)

2012年7月17日 (火)

どちらもブライトウエルなのか

昨日今日とやっと晴れてきてもの凄い暑さですね。

畑のハウスにいるだけでサウナ状態です。

さて我が家のラビット

各品種熟してきましたが まずは自称プレミアとブライトウエル。

プレミアは

Dsc04299

酷い有様で~す

 

ブライトウェルは 一列ダメなのや下画像のようなの。

Dsc04303_2Dsc04302_2

大きく熟した果実は全部こんな状態なのです。

 

この品種達似てると思いませんか?

このプレミアはHC出身、ブライトウエルととてもよく似ているのです。

まあどちらも美味しい品種、品種違いも許せますけど・・

| | コメント (0)

2011年5月24日 (火)

豊産品種は似すぎ

今日は雨は止んできたけれどとても寒いです。

これは日曜の畑の地植え画像、ちょっと遅れで済みません。

  

まずはラビットプレミアを見て下さい。

Dsc02062 Dsc02061

果実の形長かったり、球形だったり。扁平のも色々あり。

 

 

ラビットのブライトウエルは  こんなのです。 

Dsc02073 Dsc02074

ギョギョ~   これ画像よく見るとプレミアそっくり!

どちらもラビットだから似てはいるのですが・・・

プレミアと同品種なのか?

この幼果は大図鑑によるとブライトウエルではない様に見える。

そうなるとプレミアも真偽の程は判らないですね。

  

そしてどちらも去年に続いて豊産。

今まで似ているのを気づきませんでした。

プレミアは小苗の時、愛媛のダ○キでブライトはナ○バの兵庫三木店

出身なのです。

 

今後は収穫期、完熟果、味、葉の出方色々観察してみますね。

不覚でしたね~  でもまだ最終的には不明です。

でも色々品種違いらしき 有るものですね。

| | コメント (4)

2011年3月25日 (金)

蕾も色々です

今日は温度も14度位、過ごしやすい日です。

昨日まで寒いし TVで次々と放映される暗いニュ-ス見ると

畑やネットハウスに行く気もしなくて、ぼんやりしていました。

        

お水も野菜もどうなるのでしょう。魚も食べられなくなるの?

こちらではス-パ-のお水がすぐ売り切れる・・・

電池や懐中電灯などはずっと前に品切れのままですね。

          

津波被害はあったけど、福島原発からは遠い当地でもこれ

関東以北の方、どんなにか不安でしょうね。

       

水が汚染されたらブル-ベリ-も作れないと思いつつ

心底では日本人バカじゃないからきっとその内何とかなると

信じて・・・せっせと水遣りしています。

   

今朝は気を取り直して撮影 久しぶりの畑の写真です。

     

ラビットも寒い中それなりになっていて 

飛び抜けて赤い蕾はタカヘ

Dsc01360 Dsc01361

こんなのが 所々立ち上がっています。

 

白い蕾の代表は ブライトウエル

Dsc01363 Dsc01365

 

後ラヒやウィトウ、T100、マルなんかはこの中間の色でしたね。

今の時期向かいの家の陰になり、陽当たりイマイチなのですが

蕾は多かったです。

 

 

今朝の自宅は関東から頂いた美しいお花が数輪咲いていました。

Dsc01376

 

今日の作業は

前回記事にした挿し木接ぎ木接ぎ挿しをミニ温室から出して

陽当たり弱い屋内に近い場所に移動しました。

今年は特に少ない接ぎ木だから、何とか活着して欲しいです。

| | コメント (8)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

その他 | イチジク | オリ-ブ | グルメ | ブル-ベリ-全般 | ホ-ムセンタ- | 品種不明苗 | 小桜インコ | 旅行 | 植物全般 | 資材 | 遠い畑の開墾 | HBRテラスブル-ベリ- | HBRパシフィックブル- | HBRブル-ジュエル | HHセントクラウド | HHトップハット | HHノ-スブル- | HHノ-スランド | HHポラリス | NHおおつぶ星 | NHじんば青 | NHア-リ-ブル- | NHエチョ-タ | NHカ-ラズチョイス | NHクロ-トン | NHグレ-ティクロップ | NHコリンズ | NHコンコ-ド | NHサマ-タイム | NHサンセット | NHシエラ | NHジュ-ン | NHスタンレイ | NHスパルタン | NHダロ- | NHチャンドラ- | NHデニスブル- | NHデュ-ク | NHトロ | NHヌイ | NHネルソン | NHハナンズチョイス | NHハリソン | NHハ-バ-ト | NHバ-クレイ | NHパトリオット | NHブリジッタ | NHブル-へブン | NHブル-クロップ | NHブル-スタ- | NHブル-チップ | NHブル-レイ | NHブル-ロ-ズ | NHプル | NHペンダ- | NHリンダブル- | NHレガシ- | NHレビ-ル | NH品種X | NH天香ブル-アイバン19 | NH天香ブル-NU105 | NH天香ブル-NU59(ブル-スカイ) | REアイラ | REウィトウ | REオクラッカニ- | REオノ | REオレゴンブル- | REオンズロ- | REオ-スチン | REクライマックス | REグロリア | REコロンブス | REタイタン | REタカヘ | REティフブル- | REノビリス | REバルドウィン | REバ-ノン | REパウダ-ブル- | REフクベリ- | REフロリダロ-ズ | REブライトウェル | REプレミア | REベッキ-ブル- | REホルトブル-ハ-モニ- | REホ-ムベル | REミノウブル- | REモンゴメリ- | REヤドキン | REレッドパ-ル | SHア-レン | SHウィンザ- | SHエメラルド | SHオザ-クブル- | SHオニ-ル | SHカミ-ル | SHガルフコ-スト | SHクラベン | SHク-パ- | SHケストラル | SHサウザンスプレンダ- | SHサウスム-ン | SHサザンゼバブル- | SHサニ-ブル- | SHサファイア | SHサミット | SHサンシャインブル- | SHサンタフェ | SHサンプソン | SHジュエル | SHスタ- | SHスプリングハイ | SHスプリングワイド | SHス-ジ-ブル- | SHセブリング | SHダップリン | SHデキシ-ブル- | SHトワイライト | SHナイトジェム | SHニュ-ハノバ- | SHパマリコ | SHパルメット | SHヒトミ | SHピンクシャンデリア | SHピンクレモネ-ド | SHファ-シング | SHフロ-ダブル- | SHブラッデン | SHブル-クリスプ | SHブル-リッジ | SHプリマドンナ | SHホルトブル-ペティット | SHミスティ | SHミレニア | SHユ-リカ | SHリヴェイル | SHレノア | SHレベル | SHTH605