NHデニスブル-

2017年8月 9日 (水)

芽生えは好調

 
皆さま、台風いかがでしたか?
こちらは高知沖を通った割には案外大丈夫でした。
一時はエリアメ-ルで避難準備情報何度も出て、電車や交通機関止まるし、
かなりのお店がお休みで皆で準備していたのですけどね。
 
 
遠い畑は下図のように鉢物は集めていたから、倒れはなし。
でも外の無花果の大木はぽっきり枝折れしていましたね。
花壇の大木ポポ-は今年は大丈夫だったようです。
後小苗ハウスで4鉢位転んでいたでしょうか。
 
Img_3832
 
 
 
昨日からは台風一過の良い晴天、温度もグングン上昇、
最近南国土佐は返上しているのですが、今日なんかは37度の予想。
 
 
今朝市民農園に台風被害チェックに行ったのですが、まったく被害はなし。
良かったです~
 
雨あとの新芽があちこちに目立ちます。
 
Img_3835 
Img_3836
 
 
これはタイタンの新芽 この子は秋に遠い畑に移動しようかと計画ですが
なんかここでも大丈夫のようです。
 
Img_3838
 
 
 
これはノ-ザンのデニスブル- 剪定は先月だけど
こんなにいっぱいの新梢・・・驚きました、茂りすぎです。
 
Img_3837
 
 
少しだけ切りました。まだ切り足りないけど今日はこれから仕事だから
盆休みに切り直しですね~
 
Img_3839
 
 
 
これも茂りすぎのサザンのファ-シング
ひ弱な細枝があちこちで 剪定したけどまだ足りない。
これも盆休みの仕事です。
ちなみに横に置いてるス-パ-のレジ袋、デニスとファ-シングの剪定枝。
 
Img_3840
 
丈夫な品種はどこに植えても強健さ群を抜いていますね。
 
 
 
今日はこんなお客様も結構ぶら下がっていて・・・ともかく夢中で取り除きました。
ミノムシは産卵すると異常にコミノが増えるのですよね。
もうすでに産卵しているかも、注意情報発令です。
 
Img_3834
 
この市民農園はラビット剪定も施肥もすべて終わり 後は水管理ですが・・
 
 
遠い畑はオクラッカニ-、パウダ-ブル-、オノ、ウィトウ、鉢植えアイラが
まだ生っている有様で、なんかすっきりしないのです。
でもまあ本格収穫は終わりと言うことで
 
11日から4日ほど遊びに行ってきます。
今年は北海道よりは近めなのですが、お疲れさんの自分にご褒美と
ストレス解消でしょうかね~

| | コメント (6)

2017年6月 1日 (木)

デニスとスパ

 
昨夕ちょっとだけ降った雨で 今日はブル-ベリ-達も生き返ったように
元気になっています。
いくら水やりをしても自然の雨水にはかないませんね。
 
 
今日のデニスブル- 遠い畑の地植え
ここはジャングルの中で、南にある大樹が邪魔をして日当たりに難ありですが 
色づき果が数か所出てきました。 
 
Img_3582   
Img_3601
 
まだこれからなのですが、まん丸果実は色づくと急に肥大して大粒に。
 
 
 
ちなみに樹はそびえたつように大きくなっています。
 
Img_3580
 
 
 
 
 
日当たり難ありのスパルタンも、こんなに果実ブル-になってきました。
 
Img_3597   
Img_3598
 
市民農園の中苗は 数個味見したのですが、こちらはこれから収穫かな。
ここは先ほどのデニスブル-と同程度の樹が3本で全部絶好調。
収量は多そうだけどスパは完熟まではすごく酸味強いから慎重に吟味ですね~
 
生唾ごっくんのスパ もうすぐいっぱい食べられます!
 

| | コメント (0)

2017年5月16日 (火)

今年もジャングル

 
毎年のことですが今年もまた遠い畑の入口がジャングルになってきました。
去年収穫が終わったら、ばっさり切った部分ですが
画像左が南だから、切っても切っても右の樹の枝が伸びだしてくるのです。
 
この画像の一番手前は鉢植え2鉢だから奥に見える樹たちのことです。
 
Img_3389
 
 
 
左側はデニスブル- これも樹が大きいから北側にも枝伸ばしてくる。
 
こんな果実沢山着いて豊産品種です。
収穫は遅いのですが まん丸の大粒で酸味少なく 非常に存在感ある果実。 
 
Img_3392
Img_3393
 
 
 
 
南に出っ張ってる画像右側はデュ-ク
今年は去年よりずっと果実が多い 摘果が足りないかもと思っていたのですが
充実した実が着いてきました。
後はどのくらいまで肥大できるかです。 
収穫はスパルタンの後で もちろんお味は保証付きですよ。
 
Img_3396
Img_3395
 
この2本が通路にはみだし毎年通せんぼ。
栽培者はこそっと小さくかがんでここを通ります。
 
こんな植え方がこの畑には数か所あるのです。
狭い土地に樹間や樹列にゆとりなく植えた結果、初めは小苗だったのが
約3~4年でこんなになるのですよ。
 
 
 
ちなみに遠い畑の地植えネットの中(約20坪程度)は地植え30本の大苗が。
時々いれかえて小さめも数本は有りますけどね。
そのうえ8本の大鉢植え入れてあるのです。
品種はスパルタン3本オニ-ル2本ユーリカ3本トワイライト2本それ以外は
全部1本ずつ違う品種ばかりです。
 
ついでに書くと市民農園は(約40坪)ここにもスパが8本トワイライトとユ-リカで3本
後全部色んな品種でまったくまとまりのない栽培なのです。ここは全部で67本です。
 
合計105本の上に小苗ハウスに約60鉢程度あり、とても大所帯なのです。
各品種の実験栽培園みたいなもので、自分の楽しみのためとはいえ
やっぱり素人の趣味栽培の域をでませんね。
 
 
現在はまたほしいほしい病が出て賃貸の大きな畑探しています。
今度こそ自分のお気に入り品種のみ栽培してみたいのです。
本当に病気ですね 自分でもいい加減にしろよって理性は言ってるのですが・・
 
現在の畑の多くの品種、特別にまずいとか、弱いとか何かないと捨てられない。
ブル-ベリ-の断捨離はなかなかできないで~す。
 
 
 

| | コメント (6)

2017年4月 3日 (月)

市民農園のノ-ザン

風は強いけど日当たりのよい市民農園
ここは排水が悪く雨が降るとすぐ滞流水が発生で秋にはかなり諦めていた
そんな場所ですが
花は多く着いてきました。
 
まだ蕾が多いですが、遠い畑よりは少し早くて こんな場所でも頑張っている
ブル-ベリ-の強健さに驚いています。
 
①はNZ品種のプル 毎年豊産で衰えを感じません。
 
Img_2940
 
 
②ア-リ-ブル- やっぱりノ-ザンとしては早生種
 
Img_2899
 
 
③本当にノ-ザン?と思ってしまう レガシ- 味も大粒性も文句なし!
 
Img_2903
 
 
④チャン様にもやっと春が来そうです。
 
Img_2905
 
 
⑤アメリカでは機械収穫されるとかのペンダ- 甘い実ですね~
 
Img_2909
 
 
⑥デニスブル- 遠い畑ではまだ蕾が硬く割れてないのですがここでは早い。 
 
Img_2942
 
 
 
 
ノ-ザンからは話が外れますが    
これはスタ-にぶら下がってる蜂クン 画像の中央わかります?
 
Img_2913
 
市民農園は40坪くらいだから蜂5匹もいれば十分なんです。
蜂箱には巣枠が7枚入っているから それ2箱で5千いや1万匹くらい
いるのでしょうか。
ブル-ベリ-にはまだ天井網張ってないから 出入りは自由なのですが
まだあまり乱舞してくれません。
多数出入りしているあの蜂たちは どこに行ってるのでしょうね~
 
この蜂2群は地元の友人からの有り難いプレゼント、感謝です。
ここに来てから1年以上経つのよ。
 
ちなみに去年の今日はスパルタン満開と日記に書いてあります。
今年は万端遅れ気味でスパルタンの開花は一花もありません。
こんな年は梅雨なんてどうなるんでしょう。
ハイブシュ系終わってからにしてほしいですね~
 
 

| | コメント (6)

2017年3月21日 (火)

露地植えのノ-ザン

Img_2806_2
Img_2807  
Img_2809
 
上画像は一昨年ホームベルの小枝にチャンドラ-を接ぎ、挿し木したもの。
いわゆる接ぎ挿しの真似事なのですが、まあなんとか成功例。
チャンドラ-の強健性か大きく成長してきました。
昨年秋8号スリットに鉢上げしたのですが、何とか順調に伸びています。
3本の主軸には大き目の花芽が・・・でもまだ硬いですね。
あの小さな接ぎ挿しが台も挿し穂も根がなかったのにと思うと感無量です。
 
この子は順調だったから手元から離し遠い畑で自給自足。
そう自然の雨水以外に冠水はしなかったのです。
もちろん肥料も鉢上げの時に少しですが でもそのほうがよかったりしてね~
 
同時接ぎ挿しの多くの失敗作や動きの少ない苗は今も手じかに有象無象です。
 
 
さて前記事と同じ露地植えノ-ザンですがこちらはまだまだですね~
これはデニスブル-  
 
Img_2788
 
 
スパルタン 少しホ-キが開きかけてるようにも見えます、ひいき目ですね。
 
Img_2792
 
 
エチョ-タ 充実した芽が少なく貧相枝ばかり・・・
 
Img_2796
 
まあこんな種類が多く、期待薄の今年です。
当地の場合12.1.2月が例年より高温で推移したらしく、休眠時間が
足りない上に3月は寒いので開花活動が遅れているそうです。
今年のソメイヨシノの桜開花も26日くらいになったようで、最遅らしいです。
でもまだ延びるかもしれませんね。
 
土日は 温度高く20度にもなったというのに今日は15度寒いです~
日曜日の作業は市民農園の草引き、今年の初草引きです。
月曜には腰が痛く見回りと写真撮影のみで後は愛媛の道の駅に野菜の買い出しに。
 
2,3年前までお休みは毎度早朝から夕方5時ごろまで作業頑張っていたのにね。
もうお昼も抜きでの長時間作業なんてできなくなりました。
すぐにスタミナきれて疲労は後を引く・・・悲しい現実です。
 

| | コメント (10)

2017年2月18日 (土)

ア-アの接ぎ木たち

我が家の接ぎ木お見せするにはあまりにも恥ずかしいですが
手入れが行き届かず変な樹形です 。
 
これは2年経過のスパルタン
 
Img_2720  
 
 
こちらはデニスブル-
 
Img_2723
 
 
オニ-ル 
さすがに早生種 主幹らしき枝の立ち上がりが多いです。
下画像はトップのオニ-ル花芽のアップ
 
Img_2725
Img_2728
 
 
デュ-クは伸びてはいるのですが、樹形が悲しい・・・
 
Img_2729
 
 
チャンドラ-に至っては哀れの一言 台とつながっているの?
 
Img_2733
 
でもチャンドラ-は成長差があるようで、同じ時期の接ぎ挿しでも
遠い畑に行ってるのは凄く立派なガッチリした中苗になっています。
次回にお見せしますね。
 
これらは全部一昨年の2月ごろ、ホームベルの小さな枝に接いだ接ぎ挿し。
自分でナイフでやったのもあれば実験的に接ぎ木ハサミでカットしたのも。
2年経過でこれだから 小さな苗にため息が出ますね~
今年はもっと成長してくれるといいのですが・・・?
 
 
 
先日色づきの気配として記事にしたナイトジェムのその後です。
枝先トップの1クラスタ-ミスで落果してしまい一番果は断念ながら廃棄、
でもその他の果実もブル-になってきました。
今この枝で5個のブル-果
 
Img_2743
 
 
2番目の枝でも1個だけ薄めのブル-果
 
Img_2738
 
せめて10個ブル-になったら試食してみようと思います。
 
 
今日は風が少ないから遠い畑に行ってみたいと思っています。
あちらがどうなっているか、オニ-ルや新品種たちの様子も気がかりです。

| | コメント (10)

2016年6月 6日 (月)

デュ-クとデニス

いよいよ梅雨に入ってしまいましたね。

今日は雨のやみまの晴天です、でも夕方からまた雨の予報です。

 

デュ-クずばり生らせすぎですが、だいぶん着色してきました。

果実にむらがあって全体小さめですけど・・・これも大事な記録。

Img_2267

Img_2268

Img_2270

もうめちゃくちゃの生りようです!

 

少しアップで撮るとこんなお顔ですよ。

あんまり美人顔ではないけど ブル-ム多めですね。

ブスはお化粧濃いめかな。

Img_2266

大きいのはすでに完熟していて・・・待ち切れず味見。

爽やかで適当にパリ感もあるしちょっと香りもある、懐かしい味です。

ベランダ栽培のころ、日当たりの関係か、受粉の昆虫来ないのか(10階)

他の品種には全部そっぽむかれ・・・唯一なって喜ばせてくれた品種。

自家受粉性が強い品種のようです あの時の感激がよみがえってきますね。

 

デュ-クは斑点病に弱く、この樹は何代目かですが、今年は小粒ながらの豊作。

笑い止まりませんよ~ 

 

 

そしてこれは畑のおばけの後を継ぎそうなデニスブル-

全体像はこれ!  私の身長かなり超えています。

Img_2272

果実の着き方はほどほどで いいバランス

Img_2273

Img_2274

大型の球形果実で

色づいたらもう甘い 下画像のようでも十分食べられるしマイルドな食感。

Img_2276

この大きいの採ったらまた次のが太ってくる、その変化は他と比べて極端です。

 

収穫は毎年ちょうど梅雨入りの頃

オニ-ルの終い果がボロボロ落ちる中で デニスの出番となるのです。

| | コメント (2)

2016年4月22日 (金)

デニスの花と幼果

昨日は大変な雨、こちらでも豪雨でした。

今朝行った畑で花が残っているのは ハイブシュでは昨日記事にした

レビ-ル大部分とデニスが少し5花くらい残ってるだけ。

ラビットではウィトウ、オノ、オクラッカニ-が残り花有りましたね。

オンズロ-やタカヘ、バルドウィンももう幼果だらけ、

そしてブライトウエルは幼果大分大きいですよ。

 

この頃のブル-ベリ-の成長には目を見張るものがあります。

もうそろそろ、最後の花も終わるから天井ネット張り準備しないと。

 

 

さて今日の記事はノ-ザンデニスブル-です。

4月16日画像
   

004

005

 

それから6日後 雨上がりの今朝4月22日画像

018

019_3

もうほとんど幼果ばかり!

小枝が多いから当然幼果も多い。

怠け者の私、これからデニスはさらに摘果です。

花はキレイステキと言ってるうちに落下して 初めてわかる果実の多さ

ある程度は落として有ったのですが、現実の果実見るとやっぱり多い。

いくら地植えで樹が大きくても、ある程度は摘果しなくちゃね~

 

この幼果みてあのまん丸球形の果実想像出来ますよね。

収穫はサザンのサミットとかぶるのですが、まだ大分先になります。

| | コメント (0)

2016年2月 1日 (月)

遠い畑の近況

またまた久しぶりの記事です。

今年元旦に石灰硫黄合剤を散布した遠い畑、また日曜に剪定しました。

未だに剪定時に手が汚れたり温泉臭したりしています。

畑の木々は真っ白けで斑点だらけ! 少し異様な風景です。

そして散布から約1ヵ月、昨日31日の畑を見ると

ギョギョ~ これデニスブル-ですが 枝にはカイガラムシだらけ!

硫黄合剤効かないんでしょうか?

中心の3列並びの裏にもまた別のヤツ張り付いていました。

ともかく手袋してテデト-ル、黄色の体液出るまで押しつけて惨殺。

気持ち悪いことしてしまいましたよ。

Photo

合剤にめげない被害はこのデニスとヌイに多くて 

後の木は一応大丈夫でしたけどね。

この結果は硫黄合剤効かないのかそれとも1ヵ月の間にまた

発生したのか。

でもどちらにしろあんまり効果は続かないってことですね。

 

それに比べてマシン油乳剤はどうか、市民農園はこれでやったのです。

昨日市民の方も仕上げ剪定をしたのですが、カイガラはいなくて

ミノムシの残骸はぶら下がっていました。

中の虫は死んでいるのかスカスカではありましたが、マシン油散布の

効果とも言えないところもあって、冬場の散布効果はどちらも不明です。

来年からどうするか、気のせいかどちらも止めるのは?でマシン油だけに

しようかなと思い強くしました。

 

また遠い畑に戻りますが硫黄合剤のかかった果実、スパルタンと

オニ-ルです。

廃棄前に写した画像 けなげで可愛い~って思いませんか?

035


| | コメント (0)

2015年11月17日 (火)

鉢植え小苗の様子

この頃 鉢植え苗をぼつぼつと鉢まししています。

作業は土曜日午後と日曜日に限られるから、雨だったら延期。

風邪引いて体調悪ければ延期でだらだらしていていまだに終わりません。

今日はノ-ザンから数種を見て下さいね。

 

レガシ-接ぎ木 言うまでもなく美味しく強健で

果実が大粒でないのが玉に瑕でしょうか。左下には蕾も。

後ろに見える枯れ葉はポポ-の黄色葉 まもなくポポ-は丸裸に。

002

 

これはデニスブル-接ぎ木

大粒のまん丸い果実、甘いし豊産 文句なしです。

大苗は遠い畑で毎年の収穫頭!

011

 

ペンダ-特に甘い品種 まだ緑だし常緑樹かもしれませんね。

一度地植えしたのですが、都合で鉢取り、それ以来小苗ハウスに。

機械収穫可能と言われる品種だから硬くて丈夫な果実です。

009

 

カ-ラズチョイス、少し不調でしたが枯れることもなく

果実品質、美味しさは一目おいています。

ただこれは上のペンダ-と同じく自根で先ばかり枝が伸び変な樹形ですね。

015

 

そしてこれはクロ-トン これも中粒が残念な品種。

沢山成るとのことですがうちではまだ実力発揮していません。

やはり接ぎ木にしないと高温多湿では無理でしょうかね~

005

 

最近マルチをした根元には ひっそりと外の様子覗いてる子が

いる鉢も見受けられました・・・

013







| | コメント (2)

その他のカテゴリー

その他 | イチジク | オリ-ブ | グルメ | ブル-ベリ-全般 | ホ-ムセンタ- | 品種不明苗 | 小桜インコ | 旅行 | 植物全般 | 資材 | 遠い畑の開墾 | HBRテラスブル-ベリ- | HBRパシフィックブル- | HBRブル-ジュエル | HHセントクラウド | HHトップハット | HHノ-スブル- | HHノ-スランド | HHポラリス | NHおおつぶ星 | NHじんば青 | NHア-リ-ブル- | NHエチョ-タ | NHカ-ラズチョイス | NHクロ-トン | NHグレ-ティクロップ | NHコリンズ | NHコンコ-ド | NHサマ-タイム | NHサンセット | NHシエラ | NHジュ-ン | NHスタンレイ | NHスパルタン | NHダロ- | NHチャンドラ- | NHデニスブル- | NHデュ-ク | NHトロ | NHヌイ | NHネルソン | NHハナンズチョイス | NHハリソン | NHハ-バ-ト | NHバ-クレイ | NHパトリオット | NHブリジッタ | NHブル-へブン | NHブル-クロップ | NHブル-スタ- | NHブル-チップ | NHブル-レイ | NHブル-ロ-ズ | NHプル | NHペンダ- | NHリンダブル- | NHレガシ- | NHレビ-ル | NH品種X | NH天香ブル-アイバン19 | NH天香ブル-NU105 | NH天香ブル-NU59(ブル-スカイ) | REアイラ | REウィトウ | REオクラッカニ- | REオノ | REオレゴンブル- | REオンズロ- | REオ-スチン | REクライマックス | REグロリア | REコロンブス | REタイタン | REタカヘ | REティフブル- | REノビリス | REバルドウィン | REバ-ノン | REパウダ-ブル- | REフクベリ- | REフロリダロ-ズ | REブライトウェル | REプレミア | REベッキ-ブル- | REホルトブル-ハ-モニ- | REホ-ムベル | REミノウブル- | REモンゴメリ- | REヤドキン | REレッドパ-ル | SHア-レン | SHウィンザ- | SHエメラルド | SHオザ-クブル- | SHオニ-ル | SHカミ-ル | SHガルフコ-スト | SHクラベン | SHク-パ- | SHケストラル | SHサウザンスプレンダ- | SHサウスム-ン | SHサザンゼバブル- | SHサニ-ブル- | SHサファイア | SHサミット | SHサンシャインブル- | SHサンタフェ | SHサンプソン | SHジュエル | SHスタ- | SHスプリングハイ | SHスプリングワイド | SHス-ジ-ブル- | SHセブリング | SHダップリン | SHデキシ-ブル- | SHトワイライト | SHナイトジェム | SHニュ-ハノバ- | SHパマリコ | SHパルメット | SHヒトミ | SHピンクシャンデリア | SHピンクレモネ-ド | SHファ-シング | SHフロ-ダブル- | SHブラッデン | SHブル-クリスプ | SHブル-リッジ | SHプリマドンナ | SHホルトブル-ペティット | SHミスティ | SHミレニア | SHユ-リカ | SHリヴェイル | SHレノア | SHレベル | SHTH605