REパウダ-ブル-

2017年8月 3日 (木)

最近の遠い畑

 
久しぶりの記事になります。
 
最近ウィンドウズがおかしいのか、ココログが変なのか
記事1行書いたら2行目で動かなくなってしまい、カ-ソルや変換押すと
記事が消えるのです。
ずっとそうだからおっくうになってお休みしていました。
パソコンは去年購入の新しいもの、残容量多いのになんででしょうね~
 
今もまだ解消されず1行ごとに保存しながら、書いています。
ただ最初の10行くらいが終わったら普通に書けるようになる場合もあって
前半に何かの設定をしてしまったのか、良く調べてみたいと思っています。
 
 
さて今日の記事
遠い畑のハウスの中 暑さで片づけも秋になったらで散らかりぱなし~
 
Img_3822
 
 
この中の奥にはブドウの安芸クイ-ン
 
Img_3825
 
 
イチジクはだるまさん ダルマティだったかな。
 
Img_3823
 
 
 
隣接の小苗ハウスはネット越しの撮影
スプリンクラ-散水で微調整できないから水びしょびしょ!暑さで枯れるよりましか。
 
Img_3827
 
 
 
小苗ハウスの隣の花壇では
ポポ-が大木になって
 
Img_3828
 
そら豆のような大きな実がごろごろ 今年は収穫できるかな~台風次第ですね。
 
Img_3829
Img_3830
 
 
 
 
さてここからが本題ブル-ベリ-
 
これはパウダ-ブル- ブル-ム多いですね~
 
Img_3818
 
 
こちらはオクラッカニ- 枝撓ります。
今年は花芽かなり剪定したのに 果実多いけど中粒位。
茂みの奥に時々大粒で・・・あったあ~って嬉しくなる。
 
Img_3820
 
 
下画像が手前パウダ-で奥ののっぽさんがオクラッカニ-です。
 
Img_3817
 
この畑のラビットはこれで最終です。
 
 
市民農園のほうのフクベリ-これも終わり近いのですが
甘さ一番と評価の高いラヒと食べ比べてみました。
 
これは都合で画像なしですが、終わりのフクと最中のラヒですから
当然大粒性はラヒの勝ち。
フクはうちでは9月までは無理で8月お盆まで特に今年は早く、もう終盤です。
 
さて味ですが、ラヒは大変甘いのと無味の水っぽい果実が混ざっている。
酸味はほとんど感じないです。
初期の頃のサザンのレベルを濃くしたような味でしたね。
ジュ-シ-で甘く一般受けはすると思います。
 
フクは終盤果ですから、見栄えは悪く硬そうな外観ですが味はかなり甘い。
ラヒの甘さに劣るとは思えない味でした。
そして僅かな酸味が甘さを引き立てコクを出していると、私と家族の意見です。
 
これはラヒもフクも上手に育てればラビットでも美味しい品種農園ができるかな。
でもどちらも地植えでは収量少なそうな予感です。
この問題をどうクリアするか?
 
収量と言えばバルドウィンとブライトウエルですが、若干のタネといまいちの味
でも外せない品種ですね~
 
今年の冬はあまりぱっとしない多くのラビットをメンバ-替えしたい。
ふとそんな思いにかられた今年の夏でした。
 
 
後1.2週で全部のブル-ベリ-が終わる、思うだけでも少し寂しいです。
 

| | コメント (6)

2015年8月 1日 (土)

残りのラビット果

ラビットも本当に終盤になってきました。

まだ果実の有るのは

ご存じバルドウィン

013

014

この黒色に騙されて収穫すると まだ未熟だったりしますね。

完熟果は甘味もしっかり出てくるのですが、

私的には美味しさの点ではオクラッカニ-などに及びません。

 

 

こちらはパウダ-ブル-

文句なく甘い品種ですが 葉が少なく果実ばかりで

今年は時期遅れで 不調のようです。

001

遠い畑の朝の画像ですが、この畑ではほとんど毎朝露が下りる。

周囲を水路で囲まれているせいか、あるいは山際のせいか

果実が汗だくのように見えるでしょう~

002
003

 

ちなみに去年の7月24日のパウダ-の画像が下です。

市民農園で水キレおこし、果実はゆるゆるのシワシワでした。

Dsc06823

だから、遠い畑に冬の間に植え替えたのですが、

大苗だから少し無理がいったのかもしれませんね。

 

このパウダ-ブル-今年はさらに小粒になったようです。

シワシワないからなんとか収穫してもそのあとは?

汗だく果実は冷や汗かも しれません。

| | コメント (8)

2014年7月24日 (木)

悲喜こもごも

今日は2回目の記事。

同じく市民農園での事件です。

これはラビットのパウダ-ブル-

Dsc06823
Dsc06824

よ~く見て下さい 少しおかしいと思いませんか?

果実が小さくその上縮んでいるのです。

触るとフニャフニャ こんな果実が非常に多くてがっかり

多くの枝がこんなで 果実肥大期に水不足になったようです。

パウダ-ブル-は中粒から小粒くらいで大実は期待してない。

でもこの縮み具合は私の怠慢ですよね。

他のラビットは今のところ大丈夫だから、縮みやすい品種かも・・

 

市民農園は水道が無いから、急遽購入のエンジンポンプで

たっぷり灌水しました。

Dsc06833

でもこれは回復しませんでした・・・


もっと注意すれば良かったけど お金がまた~厳しい(´;ω;`)ウウ・・・


| | コメント (8)

2014年7月 9日 (水)

台風が近づいています

台風が近づいているようで、当地は10日から11日のようです。

今日も生暖かい風が吹いて時々雨降っています。

仕事も一段落したから、午後から市民農園に

 

人っ子一人いない農園で 草引きとハイブシュに御礼肥と軽い剪定。

お母さん有り難う・・・ハイブシュ達の声が聞こえるようで一人満足。

 

さてラビット畑の方見ると オノです。   

Dsc06749

樹高部分的に高くて 下ふっくらの典型的樹形。

果実は大分熟れてきました。

大小揃わない実ですが、収穫すれば多少後のが太るとか?

Dsc06750

 

こちらはパウダ-ブル- 中粒ながら美味しい実

Dsc06752

今年も期待がかかります。

果実はこれ 幼果のピンクが綺麗ですね。

Dsc06753
Dsc06754

 

そしてラビットでは晩生のオクラッカニ-ですよ。

Dsc06764Dsc06763

一番果はとっても大きな実です。

幼果もかわいい素敵な品種

もう完熟してるか味見を・・・甘い~美味しい。

ラビットではこれとノビリスが一番好き。

各品種は実なりが少ない分早くて大粒、中粒すら大きめ。

この品種達を見て、遠い畑での実の着けすぎを反省です。

 

まあ此処は去年の10月3.4年生を持ってきたのですからね。

収量は少なくて当たり前・・・でも遠い畑もこの位充実した果実にしたい。

あちらは枝垂れるばかりの多量の果実、6年生以上の地植え

かなり摘果したつもりなのに

剪っても剪っても果実が多いし当然小粒になってくる・・・

気づいたら小粒ばかり 摘果は手遅れの気配です。 

 

今年のハイブシュのデュ-クがそんなで、遅い摘果は効果無し!

小粒は全部ジャム用になりました。

 

市民農園のラビットは台風前だけど収穫しません。

まだ完熟果は少なく、落果してももっと好天の日に収穫したいのです。

でも被害は少ない方がいい・・台風逸れてくれないかな~


| | コメント (8)

2014年4月 9日 (水)

この中にヤドキンはいるのか?

今日は最高良い天気です。

日曜日にやり残した施肥のため畑に行きました。

市民農園の分です。

 

去年から気になっていたうちのヤドキンの偽物疑い

この農園に植えて比較しています。

まずはうちのニセモノらしき

ヤドキンの花

Dsc06178

 

多分これではないかと指摘されたパウダ-ブル-の花

Dsc06180

なるほどよく似ていますね~

うちのはニセモノで決まりかな。

 

ついでに友人が送ってくれた青田ナ-セリ-のヤドキンの花

下画像2枚

Dsc06183
Dsc06184

これも花型なんかはそっくり!

少しだけ萼の色が濃いでしょうか。

この時期のラビットの花は似たのが多くて・・わからないです。

 

ちなみにこれはミノウブル-の花

Dsc06186Dsc06187

これだってよく似ていますよね。

ミノウブル-はノビリスと同じって話しもあるから

まあゆっくり観察していきます。

この品種の比較ノビリスは遠い畑の大苗だから

次ぎ行ったら花の画像撮ってきます。

 

それぞれの幼果を見れば違いが分かるでしょうか。

最終は収穫時期や果実の味見でしょうかね~

品種同定はほ~んと難しくて面白い作業です。













|

2012年8月 6日 (月)

甘味系のラビット

最近暑さと忙しさに更新が止まってしまって久しぶりの記事です。

畑のラビットも大分収穫が進んできて今日は晩生種ですよ。

 

まずはフクベリ- 全体像

Dsc04332

下向きシュ-トが多く出て樹形が悪いから

かなり剪定して それでも又下向き枝が出ている。

地植えにしたら樹形が大変になりそうで自信がなくて

コンテナ植え そのせいか実成りは少ない。

Dsc04333_2

少し黒めの果実で かなり大粒

熟成は案外早く 味も甘味が強い。

片親がウッタ-ドだけに 味の感じウッタ-ドの完熟果に似ている。

私はウッタ-ドは果実のブル-ムがまだらになるし、

大粒がだんだん極端に小さくなるから 気に入らなくてリストラ。

フクベリ-はブル-ムは綺麗で全体果実品質は良さそうだし

親の欠点をクリアしている品種と思う。

それに早穫りでも甘くて口当たりが良い、タネもあまり気にならない。

樹形に難はあるけど・・ 果実の甘さと品質が気に入ったね~

 

小苗を昨年畑に移動のパウダ-ブル-

Dsc04334_2

こちらも樹形作りはしていなくて 向きがバラバラの樹形。

 

果実の方も今年は あまり期待してなかったけれど

熟成は早くて甘く美味しい  但し中粒。

Dsc04335

 

ただ熟れてない下画像の幼果見ると  シワシワで多分ダメ。

肥大期に水切れなのか でも梅雨は思いっきりの多雨だった・・・

でももしかの復活期待で 水遣りながら摘み取らないでおいてある。

Dsc04336

 

この2品種どちらも甘くて大変美味しいですね~

ラビットは甘味系が多いけれど、

タネがちょっとのブライトウエルやオ-スチン。

収穫時期が掴めない(新品種だからか)オクラッカニ-やオンズロ-。

そして果皮が硬いウィトウなど。

コロンブスは自宅のは甘味が足りないそれは爽やかって事かな?

 

パウダ-ブル-なんて古い品種の様だけど 見直しましたよ!

パウダ-の親はティフとメンディト-、フクはウッタ-ドとティフだったよね。

ティフの子は優秀なのですね~

 

そんな事考えながら、昨日の作業は

収穫の終わったハイブッシュ達に針葉樹のマルチ。

Dsc04337

前に剪定と御礼肥は済ませているのですが

これからの猛暑 少しでも根を保護してやりたい。

 

だってこんなに可愛いシュ-ト出てきているのですからね。

Dsc04338_3

これはノ-ザンのトロです・・・

| | コメント (2)

2011年8月 3日 (水)

美味品種と豊産品種

まだ小苗で、畑の地植えまでにはいかないパウダ-ブル-です。

10号スリットは試験栽培と言うか、お味確認品種。

パウダ-の大きさは この位

Dsc02526_2

 

実なり具合は

Dsc02527_2 Dsc02528_2

中粒ながら 果実品質が良い。

ヘタの元まで着色したのを食べてみると 確かに極めて美味しい。

栽培始めの頃、美味しい品種はと聞いたらベリ-公さんが

これを推薦された。 もう5,6年昔だけれどね。

今年の初味見で これはまさに合格の味ですね。

  

 

畑の真ん中辺りのウィトウを見ると

Dsc02530

樹は大きく 豊産。

今年は花は多かったが 幼果少なく 受粉はイマイチと思っていた。

去年の大豊作の後だから 仕方ないと諦めていたのね。

 

所がびっくり 房の大きさはイマイチの感あるが

こちょこちょとかなりの実なり。

Dsc02533 Dsc02534

こんな果実だけれど 少しずつ樹全体に着いているのです。

 

樹勢強く、コンスタントに楽しめる品種。

おまけに大粒が揃うのですよ。

大粒だから幼果少なくても 豊産に見えるのでしょうが・・・

Dsc02531

味もパウダ-ブル-よりは少し落ちるが 美味しい。

 

ハイブシュとラビットを食べ比べると、始めは違和感が有ったけれど

やがてラビットの良さにも目覚めてくる。

甘くて美味しい品種、豊産な品種捨てがたい魅力が有りますね。

  

ハイブシュだけでなくやっぱりラビットも栽培しないと

8月になったら寂しい・・・  今日はつくづく思いましたよ。

 

| | コメント (8)

2009年12月 9日 (水)

ラビットの花芽が少ないよ

昨日はご相談事をして、有益なアドバイス頂いて本当に有り難う御座いました。

おかげで、今はすっきりと前に進みたいと思っています。

ただ持ち主の気持ちが変わらなければの話にはなるのですが、今はあちらも当方もとても多忙ですからね。

   

さて 今日のブル-ベリ-は去年購入のフクベリ-

今朝7時撮影  こんなです。

003

紅葉か葉枯れか下から赤くなってきたのよね~。

最近はシュ-トも出なくて生長は一時中止状態。

葉は下向いてるし、まだ眠ってるわけではないと思うけどね~。

 

花芽はと見ると

      これは枝先に少しだけ。

006 007

来年の収穫は無理な様子ですね。

  

こちらのパウダ-ブル-は

         これも下葉のみ真っ赤

010

手前のフリマで買ったT142は緑のままなのに。

  

花芽も下画像で  お寒いものです。

016 018

下の写真まるで枯れてるように見えるけど 一応大丈夫のようです。

でも全体少しかさかさ  水足りないのでしょうか?

 

こんな2品種で 情けない限り

皆さんのブログで大きなふっくら芽を見る度ちょっと落ち込みですね。

まあこれでも再来年は少しは太るから、今年はだめよの樹からのメッセ-ジと

無理矢理思いこみますよ~。

自分の出来る範囲でゆっくり長いスパンでいきますね。

 

でも小桜インコのフクは今日も6個の卵守って、ベリ-ちゃんの僕になっているのよね。

 

 

この写真は友人からの差し入れ、ブル-ベリ-パンナコッタ

ちょこっとのベリ-が可愛いでしょう。

002

| | コメント (10)

2009年5月20日 (水)

夏の準備

朝から晴れて今日も暑い日です、夕方から曇りで明日には雨も降るとか、一昨日は沖縄、奄美が梅雨入りしたらしいですね。

高知も6月になったらすぐでしょうか。

それまでにハイブシュ全部終わって欲しいですね。

 

今日のブル-ベリ-はパウダ-ブル-の鉢ましです。

去年購入のチビ苗ですが、6号鉢でやたら水切れを起こすので、8号に植え替えしました。

用土を少し弛める程度で、底部分だけちょっとカットしました。

これは植え替え後   ついでに枝もカット

010

シュ-トが広がるものですから、全部先を摘んでしまいました。

左のグンと出た下葉も剪定しなければ、いけませんね~。

 

一応外芽の上で切ってはいるのですが、どんな樹形になるやら・・・

私は樹形作りが下手だから、家のブル-ベリ-は全員そっぽ向いていますよ。

明日から夏の準備で、水切れ株の鉢ましが続きます。

 

ブル-ベリ-栽培も忙しく休む暇ないですね~。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

ティフブル-の子供達

今日も暑いですね~。

当地では近隣の農家の田植えも終わって、今まで水を張っていた田んぼが少しずつ緑に変わって来ています。

その上を通る風の気持ちよく涼しい事!    まさに若葉の季節到来ですよ。

今日は風が強いので鯉のぼりとフラフがはためいて、畑のブル-ベリ-がちょっと心配です。この記事を書いたら見回ってこなくては。

  

さて、自宅バルコニ-の昨年購入の小苗2本

まず、フクベリ-はこんな花咲いてきました。

 

003

可愛い壺型で、雌しべの柱頭が突きだしているでしょう。

開口部が小さくて、そのままでは受粉が難しそうな花かな。

花型はウッタ-ドによく似ています。

  

ティフとウッタ-ドを交配して作出された品種らしいから、それも有りですね。

ちなみにティフの花はラビット系の典型、長めの花でしたよね。

   

  

暮れに購入のパウダ-ブル-の花は

007

驚くほど白い!

透明な白さで、黄白色や緑白色系の花の中で一際目立つのです。

こちらは花冠が長くもっとラビットっぽい花型ですが、これも親がティフとメンディト-とか。

やはり花柱が花冠の下に見えますよね。

  

私は初めて見る花でした。前にパウダ-として購入した大苗は品種違いで現在はスパ-タン接ぎ木の台木として活躍しているのです。

親のティフを越えた品種との事に期待が膨らみます。

 

この2品種は未だ小苗なので撮影後、花はすぐ採りました。

今年の生長具合で来年の少しの収穫が決まります。今の季節、水切れが一番怖いので朝晩の見回りに注意力集中です。

 

大きく生長してくれますようにと、この子達に毎日お願いをしていますよ。

 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

その他 | イチジク | オリ-ブ | グルメ | ブル-ベリ-全般 | ホ-ムセンタ- | 品種不明苗 | 小桜インコ | 旅行 | 植物全般 | 資材 | 遠い畑の開墾 | HBRテラスブル-ベリ- | HBRパシフィックブル- | HBRブル-ジュエル | HHセントクラウド | HHトップハット | HHノ-スブル- | HHノ-スランド | HHポラリス | NHおおつぶ星 | NHじんば青 | NHア-リ-ブル- | NHエチョ-タ | NHカ-ラズチョイス | NHクロ-トン | NHグレ-ティクロップ | NHコリンズ | NHコンコ-ド | NHサマ-タイム | NHサンセット | NHシエラ | NHジュ-ン | NHスタンレイ | NHスパルタン | NHダロ- | NHチャンドラ- | NHデニスブル- | NHデュ-ク | NHトロ | NHヌイ | NHネルソン | NHハナンズチョイス | NHハリソン | NHハ-バ-ト | NHバ-クレイ | NHパトリオット | NHブリジッタ | NHブル-へブン | NHブル-クロップ | NHブル-スタ- | NHブル-チップ | NHブル-レイ | NHブル-ロ-ズ | NHプル | NHペンダ- | NHリンダブル- | NHレガシ- | NHレビ-ル | NH品種X | NH天香ブル-アイバン19 | NH天香ブル-NU105 | NH天香ブル-NU59(ブル-スカイ) | REアイラ | REウィトウ | REオクラッカニ- | REオノ | REオレゴンブル- | REオンズロ- | REオ-スチン | REクライマックス | REグロリア | REコロンブス | REタイタン | REタカヘ | REティフブル- | REノビリス | REバルドウィン | REバ-ノン | REパウダ-ブル- | REフクベリ- | REフロリダロ-ズ | REブライトウェル | REプレミア | REベッキ-ブル- | REホルトブル-ハ-モニ- | REホ-ムベル | REミノウブル- | REモンゴメリ- | REヤドキン | REレッドパ-ル | SHア-レン | SHウィンザ- | SHエメラルド | SHオザ-クブル- | SHオニ-ル | SHカミ-ル | SHガルフコ-スト | SHクラベン | SHク-パ- | SHケストラル | SHサウザンスプレンダ- | SHサウスム-ン | SHサザンゼバブル- | SHサニ-ブル- | SHサファイア | SHサミット | SHサンシャインブル- | SHサンタフェ | SHサンプソン | SHジュエル | SHスタ- | SHスプリングハイ | SHスプリングワイド | SHス-ジ-ブル- | SHセブリング | SHダップリン | SHデキシ-ブル- | SHトワイライト | SHナイトジェム | SHニュ-ハノバ- | SHパマリコ | SHパルメット | SHヒトミ | SHピンクシャンデリア | SHピンクレモネ-ド | SHファ-シング | SHフロ-ダブル- | SHブラッデン | SHブル-クリスプ | SHブル-リッジ | SHプリマドンナ | SHホルトブル-ペティット | SHミスティ | SHミレニア | SHユ-リカ | SHリヴェイル | SHレノア | SHレベル | SHTH605